ファーゴ級軽巡洋艦

ファーゴ級軽巡洋艦

ファーゴ級軽巡洋艦

ファーゴ級軽巡洋艦は、多作のクリーブランド級の改良版でしたが、大規模な生産が計画されていましたが、実際に完成したのは2隻のみで、どちらも第二次世界大戦に間に合うように到着しませんでした。新しいデザインは、戦争が終わるまで別個のクラスとして認識されていなかったようですが、代わりにクリーブランドクラスの修正と見なされていました。

修正されたクリーブランドの設計は1942年の前半に開発され、年の半ばに海軍艦船局はそれを生産に採用することを提案しました。新しい設計では、クリーブランド級と同じ6インチ砲と5インチ砲の組み合わせが採用され、4つのトリプルタレット(2つの前部と2つの後部)に12の6インチ砲があり、6つのダブルマウント(両側に2つ、前部に1つ)に12の5インチ両用砲があります。と1つの後方)。クリーブランド級軽巡洋艦は1942年半ばまでに完成していませんでしたが(最初の2隻は6月に就役しました)、設計の安定性についてはすでに懸念がありました。

変更された設計では、6インチ砲が1フィート落下しました。側面の5インチ砲のマウンティングは上甲板に下げられ、隣の40mm砲のマウンティングも下げられました。上部構造は対空砲の射撃弧を改善するために変更され、クリーブランド級のツインファンネルは単一のトンネルに置き換えられました。航空機ハンガーのサイズが半分になり、運ぶことができる航空機の数が2機に減りました。予備のスペースは、船の他の場所で失われた部屋を補うために乗組員の宿泊施設に使用されました。橋も再設計されました。

もともと海軍は新しいデザインを大量に構築することを目的としていました。 1942年8月7日、クリーブランド級軽巡洋艦16隻が発注されました(CL103からCL118)。同月、海軍はクリーブランド級軽巡洋艦としてCL103-CL105を、ファーゴ級巡洋艦としてCL106-CL118を建造することを決定しました。

1943年6月、クリーブランド/ファーゴ級巡洋艦にさらに2隻の発注があり、CL148とCL149は6月14日に発注され、CL143-147は6月15日に発注されました。これらの船ではほとんど作業が行われていないようで、その数でさえすぐに他の設計に再割り当てされました。

CL144からCL147はに割り当てられました ウスター クラス巡洋艦、および1044年10月5日、CL112からCL115は、これらの新しい船のリソースを解放するためにキャンセルされました。この段階では、これらの船はどれも敷設されていませんでした。

CL108-CL111とCL116-CL118はすべて、太平洋での戦闘の終わりに1945年8月12日にキャンセルされました。 7つすべてが敷設されましたが、 ニューアーク (CL-108)が発売されました。彼女は完成することはありませんでしたが、1948年3月から7月に衝撃試験に使用された後、1949年4月にスクラップとして売却されました。

実際に完成したのはファーゴ級軽巡洋艦2隻だけでした。 USS ファーゴ (CL-106)は1945年12月9日に完成し、USS ハンティントン (CL-107)1946年2月23日。これは、遅延が許容されなかった1940年にクリーブランド級に固執するという当初の決定の知恵を示しています。両方のファーゴ級軽巡洋艦は戦時中の就役には遅すぎ、1949-50年に短期間の現役が予備に置かれ、それぞれ1970年と1961年に打撃を受けました。

変位(標準)

11,744t

変位(ロード済み)

14,131トン

最高速度

32.5kts

範囲

15ktsで11,000nm

鎧–ベルト

3-5インチ

-アーマーデッキ

2インチ

-隔壁

5インチ

-バーベット

6インチ

-砲塔

6.5インチの顔
トップ3インチ
3インチ側
1.5インチリア

-司令塔

5インチ
2.25インチの屋根

長さ

610ft 1in oa

66フィート4インチ

兵器(軽対空砲は大きく異なります)

6インチ/ 47門12門(トリプルタレット4門)
5インチ/ 38砲12門(ダブルポジション6門)
28基の40mm砲(4x4、6x2)
20mm口径弾10発
4機

乗組員の補数

1,285

クラスの船

運命

CL106 USS ファーゴ

打たれた1970

CL107 USS ハンティントン

1962年に解散

CL108 USS ニューアーク

船体は1949年に解体

CL109 USS ニューヘブン

1945年にキャンセル

CL110 USS バッファロー

1945年にキャンセル

CL111 USS ウィルミントン

1945年にキャンセル

CL112 USS ヴァレーホ

1944年にキャンセル

CL113 USS ヘレナ

1944年にキャンセル

CL114無名

1944年にキャンセル

CL115 USS ロアノーク

1944年にキャンセル

CL116 USS タラハシー

1945年にキャンセル

CL117 USS シャイアン

1945年にキャンセル

CL118 USS チャタヌーガ

1945年にキャンセル


ファーゴ-クラスの巡洋艦

NS ファーゴ-クラスの巡洋艦 の修正版でした &#8197クリーブランドクラスの巡洋艦の設計の主な違いは、対空(AA)砲の射撃弧を改善することを目的とした、単一トランク漏斗を備えたよりコンパクトなピラミッド型上部構造でした。同じタイプの変更により、 &#8197ボルチモア&#8197オレゴン&#8197シティ&#8197クラスのヘビー&#8197クルーザー。 [2]クリーブランド級軽巡洋艦の不安定性、特に危険な状態で転がる傾向を減らすために変更が加えられました。 [3]主砲塔は約1フィート下にあり、翼の砲塔(5インチ、船の側面にあるツインガンマウント)はメインデッキに下げられました。中型(40 mm)の対空マウントも下げられました。 [4]

全部で13隻のクラスの船が計画されましたが、 ファーゴハンティントン はこれまでに完了しましたが、残りはさまざまな完了状態でキャンセルされ、エスカレーションが解除され、最終的にはWorld&#8197War&#8197IIが終了しました。 [5]

ファーゴクラスの主力艦である、は1945年2月25日に進水しましたが、「戦争」が終了してから4か月後の1945年12月9日まで就役しませんでした。 ハンティントン 2隻の船は1949年から1950年に廃止され、再活性化されることはありませんでした。


ファーゴ級軽巡洋艦-歴史

少佐ジェフリーBメイソンRN(Rtd)(c)2004

HMSARETHUSA-アリシューザ級軽巡洋艦
コンボイ護衛運動を含む

海軍のゴードン・スミス編集-History.Net

HMS Arethusa(Navy Photos / Mark Teadham、クリックして拡大)

アリシューザ級巡洋艦は、1931年9月1日にHMドックヤードチャタムに1931年プログラムの下で発注され、1933年1月25日に就役しました。前の船にこの名前を付けるように命じた人。それは賞を与えられたときに1759年に最初に使用されました。前の船は1913年に建造され、ハリッジ沖の北海の鉱山によって深刻な被害を受けた後、1916年に就役しなくなった巡洋艦でした。ビルドは1935年5月20日に1,280.463の費用で完了し、ウォーシップウィークの全国貯蓄キャンペーンが成功した後、1941年11月にグラモーガンシャーのスウォンジーの市民コミュニティに採用されました。

USHANT 1778&amp 1781-ST LUCIA 1796-CURACOA 1807-BLACK SEA 1854-CHINA 1900-HELIGOLAND 1914-DOGGER BANK 1915-NORWAY 1940-41-MALTA CONVOYS 1941-42-NORMANDY 1944

バッジ:フィールドグリーン上でウェーブレット上の三日月形のゴールド

Celeriter Audax:「迅速かつ大胆に」。

S u m m a r y o f P r e-War S e r v i c e

2月の請負業者の試験

26日試験の補足を減らして委託。

測定されたマイルとフルパワーを含むトライアルのためのクライドへの4回目の通過。

トライアル完了時のソレントへの19回目の通過。

4月試験から生じた欠陥の修理

5月最終造船所の作業が完了しました。

第21巡洋艦隊、第3巡洋艦隊の旗艦としての任務を委託されました。

(注:フラッグシップとしてHM Cruiser DELHIを置き換えました。)

6月サービスの準備。

完全に補完するために12日完了

20日ポートランドでの精密検査のためにチャタムから通過した。

22日ポートランドで精密検査を開始。

11日ポートランドからジブラルタル行き

ジブラルタルで15日、地中海艦隊を旗艦CS3として配備

20日マルタ到着時に接地され、タグボートの助けを借りて再浮上しました。

29日マルタから演習と訪問プログラムのための艦隊ユニットで出航。

9月地中海艦隊ユニットと共に東地中海に配備。

12月まで(注:イタリアによるアビシニアの侵略は、地中海艦隊の強化をもたらしました

英国の軍艦に対する準備状態の向上。)

継続中の旗艦任務と艦隊演習と訪問プログラムに参加しました

毎年春の訪問中にジブラルタルで本国艦隊の船との共同演習を含みます。

スペインでの内戦の勃発は艦隊の要件に大きな影響を与え、

西地中海のパトロール機関。

継続中の旗艦CS3としての1月の艦隊任務

2月荒天時に構造的損傷が続き、修理のためマルタに戻った。

3月完了時に旗艦業務を再開。

地中海での4月中隊の任務。

HM駆逐艦HARDYと共にスペインのアルメリアに渡航する可能性があります。

深刻な被害を受けた駆逐艦HMSHUNTERを牽引して通過するアルメリアから14隻目

HM駆逐艦IMOGENとICARUSが護衛したジブラルタルへ。

(注:この駆逐艦は、非介入中に地雷によって深刻な被害を受けました

スペインの南海岸沖をパトロールします。)

15日HMSHUNTERを牽引してジブラルタルに到着。

6月は地中海で戦隊と共に配備されました

旗艦、第3巡洋艦としてのさらなるサービスのために再就役するために英国に戻るために7月にノミネートされました

修理後の地中海艦隊の戦隊。)

23日マルタからシアネスのために出航

31日修理前に弾薬を取り除くためにシアネスに到着した。

9月チャタム工廠のHMドックヤードが返済し、修理のために手に取った。

地中海艦隊の第3巡洋艦隊の旗艦としてのサービスのために2番目に再委託されました。

15日マルタに戻ってサービスを受ける前に、チャタムからスピットヘッドに向けて出航しました。

20日ジブラルタルに到着。

マルタの第23再加入戦隊と旗が移籍。

12月マルタの戦隊と共に配備されました。

春の本国艦隊との合同演習を含む、戦隊との地中海艦隊の任務。

春夏の運動に参加し、準備を含むプログラムを訪問しました

ミュンヘン危機の間の戦争サービスのために。マルタの定期メンテナンス期間。

1月地中海の戦隊と共に配備され、

地中海東岸での戦隊と艦隊の訪問に続く艦隊の配備が可能です。

7月CinCが手配したイタリアとの戦争を見越して、艦隊演習に参加した。

8月黒海の港の訪問がキャンセルされ、戦争サービスの準備ができたときにアレクサンドリアに戻った。

密輸品管理パトロールにノミネートされました。

D e t a i l s o f W a r S e r v i c e

(船の詳細については、海軍の歴史のホームページにアクセスし、サイト検索に名前を入力してください

9月地中海でのパトロール任務のためにHMクルーザーGALATEAとCOVENTRYと共に配備されました。

アレクサンドリアを拠点とする10月まで

11月パトロール任務継続。

12月本国艦隊第2巡洋艦戦隊への編入にノミネートされました。

マルタへの通過中のパトロールのためにアレクサンドリアから最初に出航しました。

7日マルタで修理中。

18日運用サービスを再開。

30日マルタに帰国。 HM CruiserCALEDONによりフラッグシップとして安心。

31日本国艦隊サービスのために英国に向かう途中でジブラルタルへの通路を取りました。

6日ポーツマスに到着し、本国艦隊での就役の準備をしました。

26日ポーツマスからスカパフローまで航海し、HM Cruisers PENELOPE、GALATEAでサービスを提供

第2巡洋艦戦隊としてのAURORA。

29日スカパフローに到着。

2月北海および北西アプローチでの迎撃パトロールのために配備されました。

HM駆逐艦COSSACK、INTREPID、IVANHOE、NUBIAN、および

SIKHがイギリスの商人を乗せていたドイツのタンカーALTMARKを捜索

通商破壊者に捕らえられた船員。

17日HMSINTREPIDとHMSIVANHOEを別々の検索グループとして展開中

エグロライト沖の目撃された敵船

検索の詳細については、CBarnettによるENGAGETHE ENEMY MORE CLOSELYを参照してください。

(注:HMS COSSACKの搭乗隊は、後にALTMARKから囚人を救出しました

迎撃のためにスカゲラクで2回の攻撃スイープを実行するために戦隊と共に配備された3月

北海および北西アプローチでの輸送を攻撃するための通過中の敵軍艦の

封鎖突破船としてドイツに戻る。

HM Cruiser GALATEA、HM Destroyers AFRIDI、GURKHA、SIKH、Rosythから7隻目

MOHAWK、ZULU、COSSACK、KASHMIR、KELVIN、ポーランド駆逐艦ORP GROM、BURZA

とBLYSKAWICAは、北の通過で報告されたドイツの軍艦の検索を実行します

8日HM駆逐艦ソマリア、マタベレ、マショナ、タルタルが参加。そして続けた

9日ドイツの侵攻軍の後、ベルゲン/トロンハイム地域の本国艦隊の船に加わるよう命じられた

HMSケルヴィンとHMSカシミールが衝突に巻き込まれ、HMSズールーと切り離された

港に戻る際の護衛としてのHMSCOSSACK。

HM Cruiser GALATEA、EMILE BERTIN、2隻のフランス駆逐艦を搭載して分離

敵の援軍を防ぐために、フェジョセンフィヨルドとコルスフィヨルドの南の間を一掃する

スタヴァンゲルとベルゲンに到着。

11日給油のためにスカパフローへの通路を取りました。

13日はHMSGALATEAでスカパフローからロサイスに向けて航海しました。

ナムソースへの計画された上陸のための第14乗船部隊と保管(モーリス作戦)

16日:着陸先がアンダルスネスに変更されたが、軍隊は駆逐艦に移送される

モルデでの輸送(シックル作戦)。

17日ロサイスからHMクルーザーGALATEA、CARLISLE、CURACOAが上映

HM駆逐艦アケロンとアローが軍隊輸送船オリオンの護衛として

対空砲の乗船が遅れ、その後、収納配置を修正する必要が生じた後のモルデ

と軍隊の分布。詳細については、キャンペーンの海軍作戦を参照してください。

ノルウェー、1940年4月から6月(HMSO))

HMSキュラソーとモルデで18番目の転送された軍隊。

(注:HMSGALATEAとHMSCARLISLEはアンダルスネスに軍隊を上陸させました。

20日無事にHMSガラティアと共にロサイスに到着。

レジャスコグに飛行場を確立するための通過のための21番目の乗船したRAF要員と対空砲。

アンダルスネスに22番目に着陸した乗客と装備。

30日、HM Cruisers SHEFFIELD、GALATEA、SOUTHAMPTONと共にアンダルスネスに配備されました。
HM駆逐艦MASHONA、SIKH、TARTAR、WALKER、WANDERER、WESTCOTT

軍隊の避難のため。ノルウェー沖での悲惨な作戦の詳細については、上記の参考文献を参照してください。

アダムズによるDOOMEDEXPEDITION、敵とより緊密に連携し、

JWintonによるCARRIERGLORIOUSとDMacIntyreによるNARVIK。)

7日ノア管区に移され、軍の支援を支援するためにハリッジに渡された

11日オランダのエイマイデンからサウスエンドに金地金を運ぶ2人のオランダの商人を護衛した。

24日ポーツマスからHMSGALATEAで出航し、沿岸砲撃を実施

カレーの近く。日暮れ前に船が到着できなかったため、運航を中止した。

26日HMSガラティア、HM駆逐艦GRAFTON、GREYHOUND、

VERITY、VIMIERA、WESSEX、WOLFHOUND、ポーランドのORPSLAZAK。

HMSWESSEXが沈没した空襲中。

27日シアネスに戻った。

6月フランスからの同盟要員の避難を支援するために配備された(エアリアル作戦)

17日ジロンド河口口のル・ヴェルドンに到着し、避難を担当。

英国大使と第一海軍卿との間の会合のためのル・ヴェルドンでの18日

フランス海軍に対処するための将来の政策。

英国大使館から19番目の乗船職員。

20代目ポーランド大統領と外交スタッフが乗船し、プリマスに渡航

HMSGALATEAによるSNOLeVerdonとしての救済について。

21日プリマスに221人の乗客が着陸しました。

27日ポーツマスで、地中海への移籍にノミネートされました。

第28乗船提督ジェームズ・サマヴィル、海軍将官H部隊が指定し、ジブラルタルに向けて出航した。

ジブラルタルに到着すると、30番目の旗がHM BattlecruiserHOODに転送されました。

ジブラルタルを拠点とするフォースHの一部としてサービスを開始。

HMS HOOD、HM Battleships VALIANT and RESOLUTIONでジブラルタルから2隻目、

HM空母アークロイヤル、HMクルーザーエンタープライズ、HMデストロイヤーアクティブ、

ESCORT、FAULKNOR、FEARLESS、FORESTER、FOXHOUND、KEPPEL、VIDETTE、

3番目フランス軍艦のドイツによる使用を拒否することを目的とした作戦のためにオラン沖に配備された。

フランスのGensoul提督との交渉が失敗した後、

メルス・エル・ケビールのフランス海軍基地にある軍艦で、フランス人の命が大幅に失われています。

詳細については、WTuteによるRELUCTANTENEMIESを参照してください。

HMS HOOD、HMS VALIANT、HMS RESOLUTION、HM Cruisers DELHI、

およびエンタープライズ、HM駆逐艦FAULKNOR、FOXHOUND、FEARLESS、FORESTER、

ESCORT、DOUGLAS、ACTIVE、VELOX、VORTIGERN、WRESTLERがカバーを提供

カリアリへの計画された空襲中のHMSアークロイヤルのために(作戦MA5)。

(注:空襲は、

地中海艦隊はイタリアの軍艦とカラブリアの行動に従事しました。)

空襲後に放棄された第10作戦。

11日同じ船でジブラルタルに戻った。

計画された空中のHMSアークロイヤルのカバーを提供するためにフォースHで22番目に配備されました

25日気象条件により運転が中止となり、通過中にジブラルタルに帰国

31日HMSVALIANT、HMS RESOLUTIONで配備され、HM駆逐艦によってスクリーニングされました

HM航空機からのマルタ航空機の配達をカバーするグループ2としてのESCAPADEとVELOX

キャリアARGUS(ハリー作戦)。

(注:これは、オペレーションCRUSHと一致していました。HMSからのカリアリへの空襲

他の部隊の船に覆われていたアークロイヤルH)

航空機の打ち上げに成功し、フランス語の検索に失敗した後、2番目に分離

商人の総督-取っていると信じられていた総督

アルジェからマルセイユまでのフランスの大臣エドゥアール・ダラディエ。フォースHの再加入した船。

4日HURRYからジブラルタルに戻ると、HM CruiserSHEFFIELDによってフォースHで解放されました。

修理と定期的なドッキングのための大西洋からチャタムへの7番目の通路。

12日チャタム工廠による修理中

第9巡洋艦戦後の試験を実施し、スカパフローの第2巡洋艦戦隊に再加入するために通過しました。

商業的および持続的な構造的損傷との衝突に関与。

(注:出典は修理場所に関して異なります。1つはチャタムで、もう1つは別の記録です。

31日ニューカッスルで修理のために手に取った。確認予定。

(注:ある情報源は、チャタムの乾ドックにいる間に対空砲で発砲した船を記録しています

空襲中に、その結​​果、船はタワー近くのテムズ川に配備されました

海岸AA防衛を補うための橋。確認予定。)

23日タイン沖で修理後の試験を実施し、飛行隊での運用サービスを再開しました。

NWアプローチにおける迎撃パトロール。

12月ロンドンAAの展開が確認されます。

8番目にHM補助機雷敷設艦によって北海への数回の機雷敷設艦をカバーするために配備されました

MENESTHEUSとAGAMEMNON(オペレーションSN10A)

すべての機雷敷設作戦の詳細については、海軍司令長官の歴史(採掘)を参照してください。

3番目エーゲルスン沖のHM駆逐艦INTREPIDとICARUSによってminelayのカバーを提供しました。

HM Cruiser AURORAと艦隊駆逐艦スクリーンを備えたノルウェー(オペレーションDZ)

スカパフローに戻ったときに戦隊とのパトロール任務を再開しました。

2月パトロール展開に加えて、地雷原のカバーの提供にノミネートされました。

ノルウェーのフロヘイブ沖でHMSINTREPIDが計画した鉱山のカバーを提供するために最初に配備されました

HMS AURORAと艦隊駆逐艦スクリーン付き(EA作戦)

気象条件により通過中に運転を中止し、スカパフローに戻った。

17日HM補助機雷敷設艦AGAMEMNON、PORT QUEBEC、および

北海への数回の地雷除去中のメネステウス(SN7BおよびSN68A作戦)

護送船団の防衛のために切り離されました。

20日(注:1つの情報源は、通過中の軍の護送船団の護衛としての配備も記録しています

ジブラルタルへ。 WSシリーズコンボイの護衛の記録はこれを確認していませんが

定期船団OG53は、2月18日にリバプールから出航し、到着しました。

3月1日にジブラルタルで)

10番目のエスコートされたssSTRATHMOREからグリノックへ。

13th Detachedは、HM BattlecruiserRENOWNとHMSARKROYALに参加して

HM戦艦が目撃したドイツの巡洋戦艦シャルンホルストとグナイゼナウ

カーボベルデ諸島近くのMALAYA。

ドイツの船がブレストに戻ったとき、スカパフローに戻るために通路を取りました。

スカパフローで戦隊との30回目のパトロール任務を再開。

4月大西洋での迎撃パトロールのために配備されました。

フェロー諸島-アイスランドギャップでのパトロールのために配備される可能性があります。

23日ドイツ軍の迎撃のためにHMクルーザーバーミンガムとニューキャッスルに参加

大西洋の護送船団を攻撃するために通過していることが知られている戦艦ビスマルク。

24日アイスランド沖に留まり、BISMARCKの帰還通路が北向きになった場合、BISMARCKを迎撃しました。

3回目パトロールからスカパフローに戻る。

25日HM補助機雷敷設艦AGAMEMNONとMENESTHEUSにカバーを提供

北海への数回回戦中(SN70B作戦)。

マルタ救援隊の支援にノミネートされた(サブスタンス作戦)

7月(注:RAF Air-Surfaceレーダーが設置されました。これは、海軍用に変更されていました。

タイプ286Mと指定されました。空中線が回転できなかったため、使用が制限されていました。

RNでのレーダーの開発と使用の詳細については、RADAR ATSEAを参照してください。

12隻目は、HM戦艦ネルソン、HM巡洋艦MANCHESTER、HM駆逐艦とともに配備されました。

コンボイWS9Cの護衛のためのコサック、ライトニング、ネストル(RAN)およびSIKH

スカパフローからロンドンデリーへの通路。

13日NWアプローチの通過中にコンボイに参加しました。詳細については、マルタ船団を参照してください

Rウッドマン、海軍司令長官の歴史、敵をより緊密に関与させる、

Dマッキンタイアによる地中海の戦い、海戦

詳細については、JGreenとAMassignaniおよび海軍司令長官の歴史によるMEDITERRANEAN。)

軍隊の護衛としてHMSCOSSACKとHMSSIKHを使用してWS9Cから17番目に分離

(注:LEINSTERはマルタへの通過のために軍隊を乗船させることでした。以下を参照してください)

22番目にHMクルーザーEDINBURGH、MANCHESTERおよびMANXMAN、HMと共に配備

駆逐艦COSSACK、MAORI、NESTOR(RAN)、FEARLESS、FOXHOUND、

護送船団の護衛のためのFIREDRAKE、ENCOUNTER、ERIDGE、FARNDALE

シチリア海峡がフォースXとしてマルタに接近。西部の通過のためにカバーが提供された

ジブラルタルに拠点を置くフォースHの船による地中海

23日フォースXとメルカンティルによる空中攻撃。

(注:HMSMANCHESTERとHMSFEARLESSは魚雷に襲われました。

HMSFEARLESSはHMSFORESTERによって沈められなければなりませんでしたが、巡洋艦はそうしなければなりませんでした

HMSAVONVALEに付き添われてジブラルタルに戻ります。

フォースHのHMSハーマイオニーがフォースXのHMSマンチェスターに取って代わりました)

24日パンタレリア西部のイタリアの魚雷クラフトによる攻撃を受け、その間にマーカンタイルSYDNEY

STARは魚雷で撃たれ、軍隊はHMASNESTORに移送されました。

(注:SYDNEY STARは後で通過を更新することができ、空襲にもかかわらず到着しました

マルタに店舗を上陸させるためにHMSEDINBURGHとHMSMANXMANと切り離され、

フォースXに再び加わり、シチリア海峡を一晩通過しました。

25番目のメットフォースHはボーンから出荷され、ジブラルタルに渡りました。

28日計画された作戦のためにジブラルタルに留まり、部隊Hに加わった(作戦スタイル)

30日ジブラルタルからHMSHERMIONEとHMSMANXMANがHMSに付き添われて出航

以前にssLEINSTERに乗り出したSIKHとLIGHTNINGの担当者

(注:LEINSTERは、Gibraltarを離れてConvoy GM1に参加する際に座礁しました。)

フォースHの船によって提供されたシチリア海峡への通過のための最初のカバー。

イタリアの2隻目の潜水艦TEMBIENは、輸送中にチュニスから沈没しました。

(注:この潜水艦は水面でバッテリーを充電し、突っ込んでいました。)

乗客と店が上陸した後、同じ船でマルタから出航しました。

3番目はフォースHのグループIIに再加入し、彼らと一緒にジブラルタルに戻りました。

(注:HM Destroyer FARNDALEはマルタを離れて帰路に加わりましたが、後に撤退しました。

グループIIには、HMS NELSON、HMS MANXMAN、HMDestroyersも含まれていました。

FAULKNOR、FURY、FOXHOUNDおよびFORESIGHT。)

ジブラルタルから英国への7番目の通路。

タイン商業造船所の修理にノミネート

24日修理のために手に取った。

10月までレーダータイプ272は、表面の航空機と土地の警告を提供するために取り付けられました。

火器管制レーダータイプ284が主砲に装備されました。上記のリファレンスを参照してください。

1日修理後の試験が完了すると、スカパフローで本国艦隊の任務が再開されました。

迎撃パトロールのために配備されました。

12月コマンドー部隊によるロフォーテン諸島への計画された着陸の支援にノミネートされた(作戦

ANKLETの準備演習に参加しました。

HM駆逐艦ASHANTI、BEDOUIN、ESKIMO、SOMALI、ScapaFlowから24隻目

WHEATLAND、LAMERTON、ポーランド駆逐艦ORPKUJAWIAKおよびKRAKOWIAK

HMコルベットACANTHUSとEGLANTINE、HMフリートマインスイーパハリアー、

HALCYON、SPEEDWELLおよびSCOTT、HM Landing Ships(Infantry)PRINSES

ロフォーテン諸島への着陸を実行するためのCHARLOTTEとPRINCEALBERT。

(注:HMS SCOTTは、航海船およびHM潜水艦SEALIONとして配備されました。

マーカーとして着陸エリアに配置されていた。)

26日ノルウェーのトロール船2隻が捕獲されたベストフィヨルドの捜索を実施し、

ドイツの補助軍艦GEIER(V5904)は、HMSASHANTIのパーティによって搭乗されました。

この船の損傷した曳航が試みられたが、後に空襲が始まったときに放棄された。

(注:ANKLETの主な目的は、ENIGMAに関する情報を取得することでした。

コーディングマシン。 1つは関連するホイールとGEIERから取得され、

ドキュメントは、ブレッチリーパークに配達するためにGEIERから取得されました。

詳細については、H Sebag-MontefioreによるENIGMAを参照してください)

27回目の運用はエアカバー不足のため中止。カークフィヨルド、ロフォーテン諸島で。

空襲中のニアミスによる持続的なわずかなダメージ

同じ船でスカパフローへの28回目の通過。

1月修理にノミネートされ、シアネスに渡った。

チャタム工廠のHMドックヤードが修理のために手に取った。

3月まで(注:航空機の警告用のタイプ281レーダーが取り付けられ、近距離AA兵器が改良されました。)

4月アレクサンドリアを拠点とする第15巡洋艦戦隊と共に地中海での任務にノミネートされました。

スカパフローに渡って後処理を行う前に、修理後の試験を実施しました。

5月完成すると、喜望峰と紅海を経由してアレクサンドリアに渡りました。

9日アレクサンドリアに到着し、15日にはEURYALUS、DIDO、HERMIONEに参加。

13日アレクサンドリアからHMクルーザーARETHUSA、BIRMINGHAM、CLEOPATRA、

HM駆逐艦HASTYが上映したDIDO、EURYALUS、HERMIONE、NEWCASTLE、

HERO、INCONSTANT、JAVELIN、JERVIS、KELVIN、NAPIER。ネストル、ニザーム、

NORMAN、PAKENHAM、PALADIN、SIKH、ZULUがマルタに護衛を提供

地中海東岸通過中のコンボイMW11(ヴィガラス作戦)。

(注:この操作は、来たジブラルタルからの同様の救援隊と同時発生しました

2隻の商人が到着したが、空中、潜水艦、水上艦の攻撃

第二次世界大戦の勃発前に武装解除されたHM戦艦センチュリオンも配備されました

MW11を搭載し、KGVクラスの戦艦に似せて偽装しました。

他の12隻の駆逐艦も、MW11の緊密な護衛として一定期間配備されました。

地中海艦隊ユニットの到着前。)

詳細については、Dマッキンタイアによる地中海の戦いを参照してください

ヒトラーのUボートであるCバーネットが敵とより緊密に交戦する

Cブレアによる戦争と海軍司令長官の歴史。)

14日艦隊ユニットでMW11に参加。重くて持続的な空襲の下で。

HMSパケナムによって追い払われたU77による潜水艦攻撃。

イタリア艦隊ユニットによる攻撃の脅威にさらされているコンボイ。

アレクサンドリアに上陸するCinCからコースを逆にするように命じられた15番目のコンボイ。

ドイツのEボートによる夜間攻撃の下で、HMS HASTYは魚雷を発射され、

HMSHOTSPURによって沈められる。 HMS NEWCASTLEも魚雷に襲われ、撤退しました

護衛からアレクサンドリアに戻るまで。

空襲は日光の後に再開したが、船団は西向きの通過を再開するように命じたが

空襲の間、損害を被りましたが、護衛と共に残りました。

(注:HMSBIRMINGHAMおよびHMSCENTURIONも破損しています。

HMSAIREDALEとHMSNESTORは沈められなければなりませんでした。

残されたであろう護衛によるAA弾薬の多額の支出のために

マルタへの安全な通過を確保するのに十分な在庫がないため、作戦は中止されました。

16日艦隊ユニットと共にアレクサンドリアに戻った。

7月修理が完了すると、戦隊とのサービスが再開されました。

20日HM巡洋艦DIDOでメルサマトルで砲撃を実施

8月地中海東部の迂回護送船団の護衛にノミネートされた(MG3作戦)。

(注:これは、マルタの通過中に東地中海で敵の注意を引くためでした

ジブラルタル作戦からの救援隊(ペデスタル作戦)

HM駆逐艦JERVIS、KELVIN、PAKENHAMが上映したHM CruiserDIDOで10回目の帆走

アルデンハム、ビューフォート、ダルバートン、エリッジ、ハースリー、ハーワース、HMコルベット

ヒヤシンスとHM補助護衛アントワープが3つの商人のMW12の護衛として

地中海東岸のクルーズ

11隻目のHMクルーザーCLEOPATRAとDIDOがHM駆逐艦JAVELINSIKHとZULUによって上映されました

ハイファからの1つの商人とコンボイに参加しました

HMS EURYALUS、HMS JAVELIN、HMS KELVIN、HMS SIKH、HMSZULUでデタッチ

ロードス島への砲撃を実行する。

帰路のための12番目の再結合されたコンボイMW12

13日護衛付きでアレクサンドリアに到着。

9月地中海東部に戦隊と共に配備

10月まで(この期間中、艦隊の運用はリソースの不足により制限されていました。)

11月マルタ救援隊MW13(オペレーションストーンエイジ)の護衛にノミネートされました。

16日HM駆逐艦やり投げ、ジャービス、ケルビン、ヌビア、パッケナム、パラディンとのコンボイに参加

ポートサイドを出た後の護衛としてのペタード。

17日HM駆逐艦ALDENHAM、BEAUFORT、BELVOIR、CROOME、

ダルバートン、エクスムーア、ハースリー、ハーワース、テットコット、ギリシャ駆逐艦PIN​​DOS。

元の画面でアレクサンドリアに戻りました。

18th HM Cruisers CLEOPATRA、DIDO、ORION、および同じ駆逐艦でMW13に再加入しました。

空襲が失敗した後、夕暮れ時に魚雷を搭載した航空機がさらに攻撃を仕掛けました。

B砲塔に沿って左舷を叩き、左舷にヘビーリストを載せた。

石油燃料と洪水による前方構造物の大規模な火災。 156人が死亡、42人が負傷

(注:構造物の穴は、後で長さ53フィート、深さ35フィートであることが判明しました。

19回目の火災は制御下にあり、HMSの護衛により、緊急操舵を使用して自力で通過しました。

ペタード、HMSジャーヴィス、HMSジャヴェリン。

セクションのバッキングが損傷した場合、PETARDによって牽引されます。他の駆逐艦は分離して戻ってきました

20th Tow by HMSPETARD船尾が最初に続きます。

21日アレクサンドリアに到着し、メインエンジンを使用してさらなる損傷を防ぐためにタグボートを支援しました。

12月アレクサンドリアで一時的な修理を行い、海を通過できるようにしました。

1月一時修理中

チャールスタウンの米海軍造船所で恒久的な修理が手配されました

紅海経由でアメリカに渡るためにアレクサンドリアから7番目に出航

ダーバンに寄港した後のインド洋での3月の航路

大西洋の再開された通過

30日バミューダに電話した後、サウスカロライナ州チャールストンに到着。

4月修理と修理のために手に取った

11月まで(注:作業には、搭載するレーダー装置の設置準備が含まれていました

運用サービスを再開する前の英国。接近に対する防御のためのAA兵器

射程攻撃も改善されました。

3日修理後の港と海上公試が完了すると、バージニア州ノーフォークの米海軍ヤードに渡されました。

1月ノーフォークからチャタムへの通過。バミューダに電話。

2月アメリカでは不可能な修理作業と設置の完了のために手に取った。

(注:AA兵器用の火器管制レーダーの適合およびAAマウンティングの弾幕制御

3月HMドックヤードチャタムによる修理中。

4月ポスト修理港の試験。

6回目ノレ地区で修理後の海上公試を実施。

ノルマンディーで計画されている同盟上陸作戦(作戦NEPTUNE)の支援にノミネートされました。

22日スカパフローの本国艦隊第1巡洋艦戦隊に参加

着陸時の支援砲撃に備えて訓練のために配備された30日

のSWORDビーチへの着陸を支援するために爆撃部隊Dの任務に割り当てられる可能性があります

東部タスクフォースエリア。火災計画の目標には、サルネルの沿岸砲が含まれていました。

着陸前および着陸中の海軍活動の詳細については、ノルマンディーの着陸を参照してください。

1944年6月(HMSO)およびKエドワーズによる作戦ネプチューン。

クライドで24番目のフォースDに参加。

第26回HM戦艦WARSPITEとNWアプローチで砲撃演習を実施

砲撃部隊D、E、Kの船。

June Returned to Clyde on completion of exercises.

3rd Sailed from Clyde for passage to Portsmouth with HM Battleships WARSPITE and RAMILLIES,

HM Cruisers MAURITIUS DANAE, FROBISHER and Polish cruiser ORP DRAGON as Convoy S6

escorted by HM Destroyers SAUMAREZ and SWIFT, Norwegian destroyers SVENNER and STORD,

HM Frigates ROWLEY and HOLMES.

Operation postponed 24 hours.

5th HM Monitor ROBERTS joined Force D.

Sailed for SWORD beach head.

6th Carried out bombardment of SWORD Beach with HMS WARSPITE, HMS RAMILLIES, HMS

FROBISHER, ORP DRAGON screened by HM Destroyers SAVAGE and UNDINE.

Took part in brief engagement with German destroyers from Le Havre which retired.

Remained off beach head with Eastern Task Force for gunfire support apart from periods for

14th At Portsmouth for special duty.

16th Embarked HM King George VI and Chiefs of the Defence Staff for visit to beach heads.

Sailed from Portsmouth escorted by HM Destroyers SCOURGE and UNDINE.

Returned to Portsmouth and visitors disembarked.

24th Under air attack in Seine Bay and sustained slight damage from near-miss.

25th Damaged by magnetic mine dropped by aircraft and sustained internal damage when it exploded

30th Under temporary repair by HM Dockyard Portsmouth

August Passage to Greenock for refit and completion of repair in commercial shipyard.

4th Taken in hand for refit

to December Nominated for service in 15th Cruiser Squadron, Mediterranean Fleet on completion.

January Carried out post refit trials

On completion took passage to Gibraltar .

February Passage to Malta

13th Deployed at Piraeus for support of military operations

March Squadron duties in Mediterranean in continuation.

to April (Note: Support was provided by RN warships during re-occupation of islands in Aegean

and Adriatic as well as for military operations in Italy and France .)

May Deployed for support of British troops in Trieste and for Fleet training exercises

to August with ships working-up for operational service in Pacific.

In addition for interception patrol to prevent illegal immigration into Palestine .

HMS ARETHUSA was deployed as Guardship at Trieste in September 1945 and on relief by HM Cruiser LIVERPOOL, she returned top Chatham in October that year to reduce to Reserve status. After Paying-off and de-storing she was initially laid-up at Sheerness before being transferred to Falmouth. Placed on the Disposal List in January 1948 the ship was offered to Norway but no sale was arranged and she remained at Falmouth until selected for use during Ship Target Trials in August. On completion the ship was sold to BISCO for demolition during 1950 and towed to Newport, Glamorgan for breaking-up by J Cashmore. She arrived at the Breaker s yard on 9th September 1950 after 15 years service in peace and war.

CONVOY ESCORT MOVEMENTS of HMS ARETHUSA

These convoy lists have not been cross-checked with the text above


歴史

During the Clone Wars, they served as fast-attack escorts for larger ships like Dreadnaught-class heavy cruisers. A group of Carracks Lorth Needa commanded along with other Republic vessels, helped bring down the Confederate flagship Invisible Hand at the Battle of Coruscant.

Over time, the rise of Star Destroyers as the dominant starship of the Imperial Navy saw a strategic realignment of the Carrack-class. Pairs of the light cruisers were assigned as system patrol vessels in quieter areas of Imperial space, where their lack of starfighters was less important. While not a match for most large warships, a Carrack in open space could outrun most threats that it could not fend off, and it was also fast and tough enough to break through a blockade fleet. Some were even assigned as personal transports to important Imperial dignitaries.

Other ships of this class were put to more esoteric uses. In 5 BBY, during a campaign to exterminate the Oswaft, the Empire blockaded the entrance to the sack-shaped ThonBoka with five hundred capital ships (mostly Carrack cruisers modified to contaminate the "interstellar plankton" drifting into the nebula), intending to starve the entire Oswaft race into extinction. Luckily for the Oswaft, the Imperial plot was thwarted with the arrival of Lando Calrissian and Vuffi Raa.

Perhaps one of the best examples of the Carrack-class' capabilities came with the Invasion of Bakura in 4 ABY. As the sole cruiser in the Bakuran system, the Imperial starship Dominant was the primary target of the invading Ssi-Ruuvi fleet, who heavily damaged the vessel. In a display of the class's toughness, the vessel remained nominally operational despite major damage, and became the cornerstone of the new Bakuran Defense Fleet soon afterwards.

In the years after the Battle of Endor, Imperial commanders like Zsinj, Thrawn and Josef Grunger deployed them in skirmish lines ahead of their primary screening forces of Strike-class cruisers at battles like Tralus and Sluis Van.


Rogue Trader Use

While many Rogue Traders aspire to acquire the vast behemoth that a cruiser-displacement vessel represents, others find that a light cruiser is more suited to the kinds of missions they undertake and the operating expenses they can absorb.

NS Endeavor is one of the oldest and most common of the many light cruiser classes operating throughout Imperial space. As such, there is a great surplus of decommissioned Endeavor Light Cruisers in a large variety of patterns available throughout the Imperium, and it is not unusual for many of these to find their way into the hands of Rogue Traders or the merchant families that fund their exploits.

It is also commonplace for the Imperial Navy or even the Adeptus Mechanicus to lend one or a small number of these vessels to a Rogue Trader expedition.

The Adeptus Mechanicus in particular operates a large number of these vessels, modified in various ways with all manner of advanced technology they have at their disposal, and they are quick to detail them on such Rogue Trader exploratory missions in their never-ending quest for archeotech and technological perfection.


私たちにあなたの電子メールを与えることによって、あなたはネイビータイムズのデイリーニュースラウンドアップにオプトインしています。

Body parts fell from the sky.

/>The light cruiser Juneau sits in New York Harbor on Feb. 11, 1941. Less than two years later at the pivotal battle of Guadalcanal, a torpedo from Japanese destroyer Amatsukaze ripped into the port side of the warship, taking out its steering and guns and killing 19 men in the forward engine room. (米国海軍歴史および遺産司令部)

The men below deck almost certainly drowned at once. The explosion’s aftereffect might have sucked most of those on deck to the bottom, while the blast blew others to bits.

Many of those pitched clear soon died of their injuries, or of poisoning from the black fuel oil, scalding water, or flying metal. They were burned from the fire of the blowup, covered with thick oil, belching salt water.

The dead, the quickly dying, and assorted human carnage floated in a huge oil slick.

Almost two months later, in early January 1943, the Navy gave fuller details of the eventual American victories at Guadalcanal, but also announced the great cost of the engagements.

Among the losses on Juneau were the five brothers from Iowa, the Sullivans: George, 27 Francis, or “Frank,” 26 Joseph, known as “Red,” 24 Madison, or “Matt,” 23 and Albert, or “Al,” 20.

It was — and remains — the single greatest wartime sacrifice of any American family.

The Navy immediately picked up a thread begun before the brothers’ deaths to weave a story about the Sullivan family — one continued by newspapers, filmmakers, and Midwestern and national leaders. It was American myth-making at its finest, serving to distract a grieving family from its loss, misdirect attention from a series of Navy bungles, and help accustom a nation to the idea of sacrifice for the greater good.

Varied authorities with mass media pull would convince Americans of the boys’ luster as the brothers and their family became cogs in a propaganda machine that would transform them all into heroes — individuals unrecognizable to their Waterloo, Iowa, hometown.

/>"The five Sullivan brothers 'missing in action' off the Solomons. THEY did their part." It shows the Sullivan brothers on board the light cruiser Juneau in early 1942. All were lost with Juneau on 13 November of that year. (Office of War Information poster 42, number 1943-0-510254)

The five Sullivan brothers and their sister Genevieve, or “Gen,” grew up with little parental guidance, according to interviews conducted soon after the disaster and in the years that followed.

Locals repeatedly told investigators that their father, Tom, was a physically abusive alcoholic who went on benders whenever he had a couple days off his job as a freight conductor on the Illinois Central railroad. Their mother, Alleta, was often “blue” and, when she had her “spells,” would take to bed for days at a stretch.

All five boys had left school at age 16 or so, barely completing junior high, and were often out of work — in part a result of the Great Depression. Without jobs, Tom’s underage sons snitched their dad’s moonshine and shadowed him to the downtown backstreets to pick up drink.

In 1937, George and Frank enlisted in the peacetime Navy, serving together for four years when they returned home in May 1941 they found work with their brothers at the local meatpacking plant.

Through the 1930s, the family lived a stone’s throw north of the black neighborhood. Like most whites, the ethnic working class of Waterloo was not at all friendly to “the colored” and kept its distance.

Not the Sullivans, according to town residents. Neighbors spoke of the boys lurking in the African American slum there they “stirred the shit,” one of its residents recalled, initiating fights so they could beat up blacks.

This was too much even for white Waterloo, which saw the Sullivan youth as “mischief-makers,” acting out a malicious streak a few blocks south of their home.

By the late 1930s, the brothers were mainstays in an early motorcycle club. The “Harley Club” organized rallies and meetings at a biker bar and sped around Waterloo wearing military-style outfits of Italian Fascist design.

The more genteel folks in Waterloo averted their eyes from the scene, intimidated by a large group of men in soldiers’ outfits. One often-repeated story claimed that the boys filched gasoline to fuel their vehicles, and stole and “refurbished” bikes.

The motorcycle club to which they belonged only underscored a way of life not particularly admirable in the eyes of their fellow Iowans. By 1940 and 1941, the brothers had grown up to be habitués of saloons and dance halls, drinking and brawling.

/>Alleta Sullivan, left, mother of the five Sullivan brothers who lost their lives in the sinking of the light cruiser Juneau, works alongside actress Marlene Dietrich as they serve servicemen in the USO Hollywood Canteen, Calif., Feb. 9, 1944. (U.S. Naval History and Heritage Command)

Then came the Japanese attack on Pearl Harbor on Dec. 7, 1941. The dramatic American entry into World War II galvanized the five Sullivans, giving their lives an object and shape they had not previously had. The brothers immediately decided to join the Navy — even the youngest, Al, who had married at 17 and had a 21-month-old son, Jimmy.

“We had 5 buddies killed in Hawaii. Help us,” George wrote to the Department of the Navy in late December, asking that the Sullivans and two friends from their motorcycle club be allowed to serve together, as they “would make a team together that can’t be beat.”

“That’s where we want to go now, Pearl Harbor,” explained Frank to the Des Moines Register.

When the boys passed their physicals at the Des Moines recruiting headquarters in early January, the Register wrote that “five husky Waterloo brothers” who had lost friends at Pearl Harbor were accepted as recruits. A photo of them reenacting their physical exams ran along with the story.

In January 1942, the seven team members — the Sullivans and their Harley Club sidekicks — began their month-long training at Great Lakes Naval Training Center near Chicago.

With their prior Navy experience, George became a gunner’s mate second class and Frank a coxswain the three younger boys and two friends who enlisted with them were all seaman second class.

The Navy acceded to the Sullivans’ wish that they serve on the same ship the service may not have encouraged family members to serve together, but it did not discourage the practice and even emphasized how it might keep families—two, three, four siblings—whole.

On the day the brothers’ assigned ship, the Juneau, was commissioned— Feb. 14, 1942 — a photographer took a shot of the five smiling Sullivans on board the vessel.

The publicity photo would later become a familiar emblem of American sacrifice.

The family now regularly made the front pages in Waterloo, and the city knew Tom and Alleta’s children as “the Navy’s five Sullivans.”

In March 1942, Secretary of the Navy Frank Knox asked Mrs. Sullivan to “sponsor” a ship she agreed to christen a fleet tug, Tawasa. Ceremonial duties and honors continued to roll in.

/>The launching ceremonies at Federal Shipbuilding Company, Kearny New Jersey, on 25 October 1941 of the light cruiser Juneau. From left to right: Rear Adm. Adolphus Andrews, commandant of the 3rd Naval District, Rear Adm. Harold G. Bowen, Naval Officer in Charge of Federal Shipbuilding and Drydock Company, Juneau Mayor Harry I. Lucus, and Mrs. (Ina Priest) Harry I. Lucas, sponsor of the warship. (米国海軍歴史および遺産司令部)

The brand-new Juneau spent its first months in service at the periphery of combat against Germany, in the Caribbean and North and South Atlantic before steaming for the southwestern Pacific on Aug. 22, 1942.

With its specialized array of antiaircraft guns, the speedy Atlanta-class light cruiser could protect naval forces from enemy planes. But, with its lightly armored hull and deck, it could be a deathtrap if called upon to attack surface vessels, or if put in their way.

The insubstantial armor also made the light cruiser dangerously vulnerable to torpedoes. After the war, many authorities would testify that these antiaircraft cruisers were high-speed ammunition dumps, easily wiped out by ship-to-ship combat — exactly the sort of battle in which the Juneau was engaged in November 1942.

After the Juneau sank, the crippled group of ships it had trailed hastened on: Japanese subs were still in the area.

“It is certain that all on board perished,” an officer on one of the vessels noted. “Nothing could be seen in the water when the smoke lifted.”

Within a half hour of the sinking, however, an American B-17 bomber flying overhead spotted men in the sea. There were 100 to 200 sailors — many of them badly injured — clinging to debris from the cruiser: mattresses, life jackets, tarpaulins, and three oval rafts, 10 by 5 feet, with decks of wooden slats and attached ropes to accommodate hangers-on.

The B-17 radioed the commander of the flotilla, Capt. Gilbert Hoover of the light cruiser Helena, who continued onward — perhaps misunderstanding perhaps not wanting to risk more men.

The aircraft circled again to drop supplies, yet for several days the Navy did nothing to assist the sailors. As time went by, their numbers thinned as the remnants of Juneau’s crew succumbed to their injuries, dehydration, or shark attack — a common cause of death.

When South Pacific Area commander Adm. William F. Halsey learned what had happened, he immediately stripped Capt. Hoover of his command.

By the time the survivors were collected — a week after the sinking, on Nov. 19-20 — only 10 men remained.

At least one, maybe two, of the Sullivans survived the initial sinking. Two survivors remembered the death of the eldest Sullivan, George, in particular. He had been on board one of the small life rafts and, after three or four days, was weak and hallucinating.

One night, Gunner’s Mate 2nd Class Allen Heyn recalled, George declared that he was going to take a bath. He removed his uniform and jumped into the water.

A little way from his raft, “a shark came and grabbed him and that was the end of him,” Heyn told a naval interrogator.

/>The light cruiser Juneau firing on attacking Japanese aircraft (marked by arrows), during the Battle of the Santa Cruz Islands, 26 October 1942. (U.S. Naval History and Heritage Command)

In early 1943, gossip circulating through Waterloo compelled Alleta to send a poignant letter to the Department of the Navy: “I am writing you in regard to a rumor going around that my five sons have been killed in action in November. A friend from here came and told me she got a letter from her son and he heard my five sons were killed.”

She added, “I am to christen the U.S.S. TAWASA Feb. 12th at Portland, Oregon. If anything has happened to my five sons, I will still christen the ship as it was their wish that I do so. I hated to bother you, but it has worried me so that I wanted to know if it was true. So please tell me.”

On Monday morning, Jan. 11, she got her answer.

“I’m afraid I’m bringing you very bad news,” Lt. Cmdr.Truman Jones told Tom and Alleta and Al’s wife, Keena, as they gathered in the family’s living room.

Jones read from a prepared script: “The Navy Department deeply regrets to inform you that your sons Albert, Francis, George, Joseph, and Madison Sullivan are missing in action in the South Pacific.”

The formal announcement made no mention of the foul-ups that punctuated the final act of this drama. As attention across the United States focused on the family at home, the service reframed the colossal loss as an explicable national misfortune and came forward to sympathize and show solidarity.

At the behest of the Navy, President Franklin D. Roosevelt wrote Alleta a personal letter of condolence.

“As Commander in Chief of the Army and the Navy, I want you to know the entire nation shares your sorrow. I offer you the condolence and gratitude of our country. We, who remain to carry on the fight, must maintain the spirit in the knowledge that such sacrifice is not in vain,” he wrote.

Naval authorities encouraged the parents to come to Washington, where First Lady Eleanor Roosevelt and Vice President Henry A. Wallace met with the parents.

Some of this may have stirred resentment among Waterloo families who had also suffered losses. In a letter, Alleta later told a friend that the Navy had urged her to disregard the unkind treatment or talk she had complained of receiving back home, telling her — perversely — “it was just jealousy.”

Vice Adm. Clark H. Woodward, at the helm of the Navy’s Industrial Incentive Division, arranged a further project for the grieving parents.

For four months, beginning in February 1943, the Sullivan couple traveled around the United States with a message for the millions in defense industries on the importance of productivity on the home front.

/>Fleet ocean tug Tawasa (ATF-92) departs Subic Bay, Philippines, in 1973 for the Haiphong, North Vietnam area, to take part in Operation End Sweep, which was designed to clear mines from North Vietnamese waters. (国立公文書館)

The Navy had other goals as well. If citizens, at the urging of Mom and Pop Sullivan, rededicated themselves to winning the war, the nation might justify the five deaths.

What had happened to the Juneau had also shocked Navy officers, who wanted to mourn with the parents. The service would give Alleta and Tom something to do so that they would not focus on what could not be altered or alleviated.

Finally, the Navy wanted to keep the nation’s attention away from details of the deaths.

The Sullivan parents made scores of stops at defense production plants and war bond rallies.

“We have no regrets that our boys joined the Navy,” Alleta told one audience, in remarks typical of the tour. “I’d want them to do it again it made men of them. I have a little grandson, Jimmy, who is almost two, and when he gets old enough, I want him to join…. My boys did not die in vain.”

The circuit had to have been grueling — Alleta was reported to have broken down, sobbing, at a stop in San Francisco — but she did see one positive in it: “The trip has kept me from thinking…,” she told a reporter. “It’s bad to think too much.”

Manufacturing and military leaders were appreciative as well. Businessmen praised the Sullivan parents in letters to the Navy, saying that these “plain common Americans” “stirred…workers deeply.”

In an internal memo, Undersecretary of the Navy James V. Forrestal wrote to Navy Secretary Knox that the parents were a “remarkable success” and hoped that the Navy could “use them to the maximum degree.”

On Feb. 22, 1943, Alleta christened Tawasa, as she had agreed to do when the brothers came to the Navy’s attention a year earlier.

Less than two months later, the service gave her a greater honor, when she christened a destroyer, The Sullivans.

Then, in the crowning event, in the spring and summer of that year, the Navy led an effort to make a feature Hollywood film about the brothers.

The Navy’s Woodward and members of his staff persuaded Tom and Alleta to sign a contract that eventually had 20th Century Fox produce “The Sullivans” — quickly re-released as “The Fighting Sullivans.”

The film, which opened in February 1944, told — in the words of its producer — the “wonderful story” of the Sullivans and paid tribute to “an American family and their devotion and loyalty.”

Hollywood showed Tom and Alleta, honest and hard-working, raising their children in a typical American community. Kept in line by strict but caring parents and their church, the children grew up, proper and white-picket-fence, their lives defined by little adventures, minor scrapes, and a growing fraternal bond.

Nonetheless, every happy moment in the movie foreshadowed what all Americans knew was in store.

Critics called it “a distillation of Americanism, of American family life, of American boyhood,” and “deeply touching because of the personal sacrifice it represents.”

The Sullivans were “poor in worldly goods but rich in the stuff that really makes for character.”

The film industry told exhibitors “you can stand in your lobby with your head up while you are playing this one.”

One audience, however, wasn’t buying it: that in Waterloo, Iowa.

The film studio set March 9, 1944, as the date for the local premiere at Waterloo’s 1,800-seat Paramount Theatre.

The city’s newspaper, the Courier, reported the continuing honors showered on Tom and Alleta. The movie house widely advertised the opening two regional radio stations featured four to eight spots of advertising for the movie per day. Handouts went to grocery stores, and downtown department stores put placards in their windows.

Commemorative festivities supplemented the Waterloo opening. Dignitaries would be present. A 25-member chorus of WAVEs would sing, and an orchestra would perform.

The Courier headlined: “Eager Audiences Wait in Waterloo.” The paper talked about “Iowa’s Own Heroic Family” and “The Name that’s on the Lips of the Nation,” urging: “See the Picture that all Waterloo will be proud to be a part of.”

Promoters spoke about a “capacity” crowd that might generate something like $3,000 for the evening — far above the $1,000 a day similar-sized theaters elsewhere were pulling in.

They warned that patrons might get turned away if they did not put their money down ahead of time.

/>The light cruiser Juneau off New York, 1 June 1942, with an ammunition barge alongside its starboard quarter. The ship’s superstructure retains its original camouflage scheme, but her hull has been repainted to a different pattern. (国立公文書館)

The day after the premier, Friday, March 10, the news was about who hadn’t shown up. The box office gross for the opening was just $493 — one-sixth of what was expected. In a shattering story, the Courier wrote about how the citizens of Waterloo had resoundingly rejected the Sullivan family.

“From their cold watery graves of the South Pacific,” the story read, the five brothers had come back to their native city. And Waterloo’s thousands disrespected their arrival by sending “fewer than 500 people to welcome them home.”

While the rest of the nation could embrace the family as the symbols that they had become, inside Waterloo the Sullivans remained all-too-real people. An enormous gap existed between what the military, civic leaders, and elected officials wanted and what Waterloo’s residents were willing to give.

The Sullivan Brothers’ story, unlike the brothers themselves, has had a long life span.

In 1952, a stand of trees near the Capitol in Washington, D.C., was planted in their honor.

President Ronald Reagan reflected on “the special burden of grief borne by Mr. and Mrs. Thomas Sullivan of Waterloo, Iowa,” in a 1987 address.

In 1995, Jimmy Sullivan’s daughter, Kelly Sullivan Loughren, christened a new guided-missile destroyer The Sullivans.

And a song, “Sullivan,” by the group Caroline’s Spine, climbed high on the music charts in 1997.

The following year, the film Saving Private Ryan mentioned the deaths in an inspiring scene. Tributes continued into the 21st century.

None of this relieved the unthinkable hardship of the remaining members of the Sullivan family.

“Inconsolable darkness burdened the parents’ last years and reached across generations,” wrote author John R. Satterfield, who interviewed many Sullivan acquaintances, no longer living today, in his 1995 book, We Band of Brothers: The Sullivans in World War II.

As an old man, Jimmy Sullivan said of his grandparents, “I don’t know how they stood it, I really don’t.”

WWII’s Sullivan brothers remembered at Mayport

All five brothers died when a Japanese torpedo struck their ship, the light cruiser Juneau, on Nov. 13, 1942.

博士 Bruce Kuklick is Nichols Professor of American History Emeritus. His historical interests are broadly in the political, diplomatic, and intellectual history of the United States and in the philosophy of history. He has written many books among them one on baseball, To Every Thing A Season. His most recent books are Death in the Congo: Murdering Patrice Lumumba (with Emmanuel Gerard) (2015) The Fighting Sullivans: How Hollywood and the Military Create Heroes (2016). This story was originally published in the May/June 2017 issue of 第二次世界大戦 magazine. Subscribe here!

play_circle_filled
Sunken ship of legendary Sullivan brothers discovered nearly 3 miles beneath the surface

A total of 687 men from the Atlanta-class light cruiser died in the attack, including all five Sullivan brothers.


コンテンツ

Starboard view of a Shroud-class Light Cruiser.

In 998.M41 five Shroud-class vessels launched a suicidal assault on the Adeptus Mechanicus' homeworld of Mars and landed near the Noctis Labyrinth, seeking to carry out an unknown objective, though some analysts of the Ordo Xenos fear that their mission may have been to awaken the sleeping Void Dragon. Since this Mars gambit, Shroud-class Light Cruisers have been identified on six occasions acting as the long-range eyes and ears of a Necron fleet.

Notable Encounters

  • 992.M41 First Encounters in Segmentum Pacificus - Shroud-class Light Cruisers are encountered for the first time in a series of multiple contacts with patrol fleets of Battlefleet Pacificus in the Segmentum Pacificus.
  • 996.M41 Bora Culpa IncidentShroud-class vessels are identified by non-combat observers before the population of Bora Culpa mysteriously disappears.
  • 998.M41 Assault on the Noctis Labyrinth – Five Shroud Light Cruisers somehow manage to slip past Sol’s defences and penetrate the formidable planetary defences of the Adeptus Mechanicus' homeworld of Mars. After pursuing the invaders to the Noctis Labyrinth, a mine complex in the planet’s northern reaches, Mechanicus defence ships were finally able to catch the Necron vessels. Though all five were destroyed, it was only at a fearfully high cost, and one of the Shroud-class warships actually managed to land on the blessed red soil of Mars itself before being destroyed. What the Necrons hoped to gain remains a mystery, and various local members of the Adeptus Mechanicus have voiced wildly differing opinions regarding the future of the mine complex, ranging from its total destruction to the enforcement of a Perdita zone. Fresh from his expedition to the Dead World of Naogeddon, Magos Prime Reston Egal proved most strident in his cries for the site’s destruction with fusion bombs and its sealing with ferrocrete, but thus far his demands have been overruled by the higher echelons of command. It is known to the Inquisition's Ordo Xenos that the Noctis Labyrinth is the legendary home of the being called the Void Dragon, and they fear that the Necron incursion may have been linked to an attempt to awaken this ancient enemy of the Emperor.

Brooklyn class light cruiser

APNS ブルックリン (CL-40) in the Hudson River, off New York City, 1939. The Palisade Amusement Park is in the center background.

NS ブルックリン-class light cruisers were a class of seven light cruisers in the American People's Navy that served in World War II. Armed with five (three forward, two aft) triple turrets mounting 6-inch guns, they and their two near sisters of the St. Louis-class mounted more heavy-caliber guns than any other US cruisers. NS ブルックリン-class cruisers were all commissioned during 1937 and 1938 in the time between the start of the war in Asia and before the outbreak of war in Europe. They served extensively in the Pacific Theatre in World War II. Though some were heavily damaged, all survived the war. All were decommissioned shortly after the end of the war, and five were transferred in 1951 to navies of the Wake Island Association, including the Argentine People's Armada and Peruvian Navy, where they served for many more years.


Io-class light cruiser


NS Io-class light cruiser was class of light cruisers used by the UNSC during both the Insurrection and the Human-Covenant War .

The ship was designed as part of the UNSC's military rearmament program along with the Hades-class heavy cruiser. At the time it was considered a top-of-the-line warship armed with a new heavy coil Magnetic Accelerator Cannon and twenty-six archer missile pods. NS Io-class was well liked by the Navy who found to be well-suited for patrolling and economically appealing.いつ Halcyon-class was introduced the Navy still preferred the Io which for every Halcyon they could build four. They were deployed in great number during the Eridanus II Insurrection where they assisted in combating the Insurrectionist's fleet.

The class was very popular with their crews who found the living conditions aboard them preferable to other ships. The interior was spacious for a naval ship and its simple and straightforward design made maintenance a simple matter. However, it was considered the glass cannon of the fleet having only 1-1.3 meters of Titanium-A armor and lacking much internal bracing.

Even though production ceased in 2512 with the introduction of the マラソン-class the Io-class was still in service by 2525 in reserve fleets and patrolling the Outer Colonies. NS Io-class took catastrophic losses in the early years of the Human-Covenant War where their thin armor and light armaments made them easy prey for Covenant plasma weapons. The Admiralty considered decommissioning the Io-class but simply could not afford to scrap an entire line of cruisers given the desperation of their situation. They continued to serve in the war participating and taking heavy losses in the battles of Harvest , Alpha Aurigae , XI Boötis A and numerous other battles until the Io-class was rendered extinct by 2535.


Origins and Design Notes [ edit |ソースを編集]

NS Avalon class was a light cruiser variant based on the same design studies that created the Saganami-B-class heavy cruiser, and shared many of the same advantages in terms of fire control, protection, off-bore launching and electronics. The matching destroyer class was the Wolfhound-class. Although categorized and deployed as a light cruiser, it was actually smaller than the Roland-class destroyer. (Companion)

Making ample use of automation to reduce their manning needs, the Avalons were equipped with the same off-bore launching missile tubes employed on the Saganami-B ' s and Saganami-C ' s, which gave them the capability to fire from the broadside at targets on the fore and aft arcs, but due to their size they were unable to use missiles as powerful as those fired by the heavy cruisers. (SI1)