ウィルトシャーで最高の史跡の10

ウィルトシャーで最高の史跡の10


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1.ソールズベリー大聖堂

ウィルトシャーの南西郡(ストーンヘンジから8マイル)にある英国大聖堂は、初期の英国ゴシック建築(1175年にカンタベリー大聖堂が完成したイギリスで設立された)の英国で最も優れた例の1つであり、興味深いことに、鐘の輪がないイングランド–他の2人はエリーとノーウィッチです。

ソールズベリーは、英国で最も高い教会の尖塔(123m)、最大の回廊、最大の大聖堂の近くにあると主張しています。 1386年頃にさかのぼる世界最古の機械式時計の本拠地であり、バラ窓を含む中世のステンドグラスの壮大なコレクションがあります。


英国で最も人気のある10の遺産

ロンドン塔は、英国への訪問者にとって必見のアトラクションです。

1.ロンドン塔

世界で最も有名な要塞の1つであるロンドン塔には、貴重な戴冠宝器があります。約1、000年前に王宮と刑務所として建てられたこの城壁には、魅力的な物語がいくつかあります。

セントポール大聖堂も必見の歴史的ランドマークですクレジット:Graham Lacdao

2.ロンドンのセントポール大聖堂

象徴的なセントポール大聖堂は、ウィンストンチャーチル卿の葬儀や、チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚など、英国の歴史の中で多くの重要な出来事を目の当たりにしてきました。訪問は1200年の歴史と、壮大なドームの頂上まで237段の階段を上るチャンスを提供します。途中、ロンドンのスカイラインの素晴らしい景色を眺める前に、100フィート離れたところからささやきの音が聞こえるささやきの回廊を見ることができます。

歴史的建造物であり、主要な観光名所であるエディンバラ城は、エディンバラ市の上のキャッスルロックにあります。クレジット:VisitBritain / Andrew Pickett

3.エディンバラ城

歴史的な証拠は、西暦600年頃から城の敷地に要塞が存在していたことを示唆しています。エディンバラ城は、スコットランドのエディンバラ市のスカイラインをキャッスルロックの位置から支配する歴史的な要塞です。

ウィンザー城は女王陛下の公邸です

4.ウィンザー城、バークシャー

ウィンザー城は、現在の君主のお気に入りの週末の隠れ家の1つです。 それ 世界で最も古く、最大の占領下の城であり、女王陛下の公邸です。訪問者は、レンブラント、ルーベンス、ゲインズボローの絵画が収められているステートアパートメンツを見学できます。

国会議事堂のビクトリアタワーからの眺めクレジット:VisitBritain / Andrew Pickett

5.国会議事堂、ロンドン

ウェストミンスター宮殿は、英国議会の2つの家である庶民院と貴族院の待ち合わせ場所です。ウェストミンスターの元の宮殿が火事で破壊された後、1834年から1860年の間に国のゴシック様式で再建された国会議事堂は、一般に公開されています。

ローマ浴場は、サマセット州バースの世界遺産に登録されています。クレジット:VisitBritain / Simon Winnall

6.ローマ浴場とポンプ室、バース

ローマ浴場複合施設は、バース市の歴史的名所です。この家は、保存状態の良いローマの公衆浴場用地です。バース寺院の向かいのストリートレベルの下に位置するローマ浴場の訪問者は、聖なる泉、寺院、大浴場を含む驚くほど広い場所をツアーできますが、水に入るのは許可されていません。

ユネスコの世界遺産に登録されているストーンヘンジは、ウィルトシャーの平原にある土工の中にある巨大な立っている石の先史時代の輪です。クレジット:VisitBritain / Andrew Pickett

7.ストーンヘンジ、ウィルトシャー

世界の驚異の1つであり、ヨーロッパで最も有名な先史時代の記念碑であるストーンヘンジの建設は、紀元前3、000年に始まりました。もともとは埋葬地として使われていたと思われますが、最近では新異教徒の巡礼地になっています。

ウォーリック城エイボン川沿いの中世の城クレジット:VisitBritain / LeeBeel

8.ワーウィック城

ウィリアム征服王によって1068年に建てられたウォーリック城は、17世紀まで要塞として使用されていましたが、その後、グレビル家によってカントリーハウスに改築されました。今では、訪問者にその千年の驚異的な歴史を見ることができます。

ストラトフォードアポンエイボンのヘンリーストリートにある吟遊詩人の発祥の地クレジット:ロジャーGハワード

9.シェイクスピアの生家、ストラトフォードアポンエイボン

シェイクスピアの生家は、イギリスのウォリックシャーのストラトフォードアポンエイボンのヘンリーストリートにある復元された16世紀の木骨造りの家で、ウィリアムシェイクスピアは1564年に生まれ、幼少期を過ごしたと考えられています。

ピークディストリクトにある歴史的なチャッツワースハウス、広大な敷地のある風格のある家クレジット:VisitBritain / Tomo Brejc

10.ダービーシャー、チャッツワースハウス

デヴォンシャー公爵の壮大な席であるチャッツワースハウスは、ベイクウェル近くのダーウェント川の東岸にあります。その有名な庭園は105エーカーの面積をカバーし、カントリーハウスは多くのテレビの改作や映画に登場しています。

関連記事

BRITAINMagazineを携帯電話にダウンロード 今日


歴史愛好家のための10のトップサイト

英国には、世界で最も美しく保存されている教会やモニュメントがたくさんあります。ここに歴史愛好家のための私たちの10のトップサイトがあります。

1ヨークミンスター

ヨークミンスターは、アーチ型の天井と中世のステンドグラスの窓で有名です

アーチ型の天井と絶妙な中世のステンドグラスで有名なヨークミンスターは、イングランド北部で最も重要な教会です。

礼拝所として7世紀にまでさかのぼり、教会は再建され、その長い寿命にわたって拡張され、13世紀と14世紀に身廊とアーチ型天井が完成しました。ステンドグラスは大聖堂の王冠の宝石であり、最近改装されたグレートイーストウィンドウを含め、ガラスの修復と保存のために多くの作業が行われています。没入型のアンダークロフト博物館を訪れる機会もあります。ここでは、ミンスターとバイキングヨークとのつながりについて知ることができます。

  • 必見 街の景色を望むセントラルタワーのopまで275段の階段を上る
  • 滞在場所ヨークキャラバンパーク

2ストーンヘンジ

ストーンヘンジはヨーロッパで最も有名な先史時代の遺跡です

ウィルトシャーの中心部にあるこのユネスコ世界遺産は、ヨーロッパで最も有名な先史時代の記念碑です。今日、この地域はイングリッシュヘリテッジによって管理されています。

南西に向かうA303に沿って運転している人は、道路から神秘的なストーンサークルを見ることができます。探索をやめた場合は、250を超える考古学的なオブジェクトや宝物があるビジターセンターがあります。しかし、ストーンサークル自体はどうですか?石は、巨大なサーセンス(砂岩ブロック)を使用して、紀元前2500年頃の新石器時代後期に建てられました。有名なヒールストーンだけでも30トンの重さがあります。今日、彼らの魅力と謎は残っており、ドルイド僧と観光客の両方にとって魅力的です。夏至に訪れるのは避けるのが最善です&#8211とても忙しくなります。

  • 必見 日没時の石には独特の魔法の魅力があります
  • 滞在場所ストーンヘンジキャンプサイトとグランピングポッド

3ハドリアヌスの壁

ハドリアヌスの壁はローマ時代にまでさかのぼります

AD117から138まで統治していたローマ皇帝ハドリアヌスは、カンブリアとノーサンバーランドの郡にまたがる強力なハドリアヌスの壁を除いて、英国人に関する限り不明瞭に陥った可能性があります。ローマ帝国の北のフロンティアを保護するために西暦122年に建設されたこの80マイルの障壁は、砦と集落、そして長い石の壁自体で構成されていました。

驚くべきことに、壁の多くは今日も残っており、田舎のこの美しい部分を歩くために真面目なトレッカーや日帰り旅行者を魅了しています。探索すべき壁がたくさんあります。しかし、開始するのに適した場所は、ノーサンバーランドのヘイドンブリッジ近くのハウスステッドローマンフォート&アンプミュージアムです。

ここでは、訪問者は要塞を探索し、北からの攻撃を防ぐ軍団兵であることがどのようなものであったかを感じることができます。

おなじみのように聞こえますか? ゲーム・オブ・スローンズ ファンはこれを人気のテレビシリーズの壁のインスピレーションとして認識します。

  • 必見 砦からの風景のパノラマの景色をご覧ください
  • 滞在場所ハドリアヌスの壁

4ダラム大聖堂

最高のノルマン建築の素晴らしい例である大聖堂は、ダラムの大聖堂、城、およびそれらの間にある建物で構成されるユネスコ世界遺産の一部を形成しています。

1093年から1133年の間に建てられた大聖堂には、2人の有名な聖人、ヴェネラブルベーダとセントカスバートの神社があります。

旅行作家のビルブライソンは、ダーラムを「地球上で最高の大聖堂」と表現しました。その理由は、巨大なノーマンの柱、ロマネスク様式のアーチ、印象的なステンドグラス、ホグワーツ魔法魔術学校の映画のロケ地である理由が簡単にわかります。ハリーポッターと賢者の石。この教会にはすべてがあります!

  • 必見 身廊の美しい石細工、そしてもちろん、刺激的な回廊
  • 滞在場所ダラムグランジC&ampMCサイト

5つのローマ浴場

もう1つの素晴らしいローマ遺跡であるバスは、ハドリアヌスの城壁とともに、おそらく英国で最も美しく、最も保存状態の良いローマ帝国の遺跡です。

敷地は現在も流れている温泉で、訪問者は素晴らしいお風呂を探索したり、美しい柱を眺めたり、PumpRoomレストランで温泉水を試したりすることもできます。この水には43種類のミネラルが含まれており、2000年にわたって治療目的で使用されてきました。

古代の浴場で泳ぐことはできなくなりましたが、ローマ帝国での生活を味わうために、同じ水を使用して安全に入浴できる近くのサーメバーススパに行くことができます。

  • 必見 ポンプルームレストランで温泉水をお試しください
  • 滞在場所バスチューバレーキャラバンパーク

6アイアンブリッジ

産業革命の始まりの象徴であるシュロップシャーのアイアンブリッジ

おそらくあまり知られていない、確かにより現代的なものを求めて、シュロップシャーの中心部にあるセバーン川に架かる世界初の鉄橋に向かいましょう。1779年に建設されました。

先駆的なエンジニアリングプロジェクトであるアイアンブリッジは、祖父が最初にコークスを使用して鉄を精錬したエイブラハムダービーIIIによって鋳造されました。橋自体は、1986年にユネスコによって指定されたアイアンブリッジ峡谷の世界遺産に囲まれています。これは、18世紀の産業革命の誕生に対するこの地域のユニークで比類のない貢献が認められたものです。

7タイタニックベルファスト

不運なタイタニック号が建てられた造船所を探索する

北大西洋の底にある不運な船自体を訪れることはできませんが、タイタニックエクスペリエンスは、市内で建造されたこの有名な船についての素晴らしい洞察を提供します。

タイタニックベルファストは、9つのインタラクティブなギャラリーで構成されており、展示にはさまざまな側面があり、特殊効果、乗り物、本格的な再構成などの機能がまとめられています。訪問者は造船所を探索し、事実上海の深さまで旅行することができます。世界で最後に残ったホワイトスター船&#8211タイタニック&#8217sオリジナルテンダー船&#8211を見る機会もあります SSノルマディック.

  • 必見 ウォーキングツアーに参加して、どこの場所を見てください RMSタイタニック 発売されました
  • 滞在場所ダンドナルドツーリングキャラバンパーク

8アーカート城

ネス湖のほとりにあるアーカート城

雰囲気と歴史について語る&#8211ネス湖のほとりにあるこの中世の要塞は、息を呑むような景色と1000年以上前にさかのぼる重要な歴史を兼ね備えています。

城の元の場所はピクト人にまでさかのぼり、聖コルンバが6世紀にこの地域を訪れた可能性があるという証拠があります。

しかし、現在見ることができる建物の残骸は13世紀にさかのぼり、1296年にイギリスのエドワード1世(スコットランドのハンマーとして知られています)によって捕獲されました。今日、それは大部分が廃墟ですが、それでも大広間を訪れて暗い刑務所の独房を見ることができます。

  • 必見 グラントタワーに登って、湖の壮大な景色を眺めましょう
  • 滞在場所Borlum Farm

9ケアフィリー城

夕暮れ時のケアフィリー城

ウェールズには素晴らしい城がたくさんあり、その中から選ぶのは難しいですが、ケアフィリーは最大で、&#8216適切な&#8217城&#8211砲塔、跳ね橋、塔、堀。

城はもともと13世紀にマーチャーロードのギルバートドクレアのために建てられ、20世紀にビュート侯爵によって復元されました。訪問者は、橋、塔、ゲートハウスの修復を含む、驚くべき再建と保全作業を楽しむことができます。

  • 必見 城の南東の塔は不安定な角度で傾いています
  • 滞在場所トレデガルハウスカントリーパークC&ampMCクラブサイト

10ポーツマス歴史ドックヤード

ポーツマスのメアリーローズ博物館には、ヘンリー8世の偉大な軍艦があります。

ネルソンの有名な旗艦であるHMSビクトリー号でのビジター体験など、数多くのアトラクションがあるこの素晴らしいビジターセンターでは、たくさんの「海軍の視線」を行うことを許されます。

1545年のソレントの戦いで沈没し、1982年にダイバーのチームによって育てられた、ヘンリー8世の偉大な船の本拠地であるメアリーローズ博物館もあります。

大事なことを言い忘れましたが、王立海軍国立博物館とポーツマス歴史ドックヤードには、過去350年の重要な海軍の宝物があります。ここの膨大な数の展示は本当に印象的です。

  • 必見 ユニークで歴史的な メアリーローズ、ソレントの深みから引き上げられた
  • 滞在場所フィッシャリークリークツーリングパーク

あなたがこれが好きなら&#8230これらを読んでください:

この記事を読んで楽しんだら、ぜひお試しください 毎月、ドアや受信トレイに直接配信される最新のニュース、レビュー、機能を入手できます。 NS 私たちの素晴らしい実用的なモーターホームマガジンを活用してください 加入者のオファー ニュースレターにサインアップする キャンピングカーに関連するすべてのものに関する定期的な毎週の更新


スウィンドンの8つの必見の史跡

あなたが一生スウィンドンに住んでいる場合、またはあなたがここを訪れるだけの場合、私たちの町には必見の目的地がたくさんあります。以下にそれらのいくつかの概要を示しますが、表面を引っかいただけです。

リディアードパーク

名前: リディアードパーク

どこ: リディアード・トレゴズ、スウィンドン、SN53PA。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: 260エーカーの広大な緑地と、豪華なマナーハウス、壁に囲まれた庭園、教会を組み合わせることで、リディアードパークを十分に推薦することはできません。家を見学したり、家族全員で楽しめる魅力的な展示を体験したり、見事なコーチハウスティールームでアフタヌーンティーを楽しんだりできます。

トップチップ: ピクニックと毛布を持って、家の前のメインフィールドに自分のスペースを見つけてください。景色を眺めて、終わったら、敷地内を歩いて家のツアーに参加しましょう!

グレートウエスタン鉄道のスチーム博物館

名前: グレートウエスタン鉄道のSTEAM博物館、または略してSTEAM博物館。

どこ: ファイアーフライアベニュー、スウィンドン、SN22TA。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: 鉄道工事に言及せずに、スウィンドンの遺産について長く話すことはできません。スウィンドン鉄道工場は1843年1月に開業し、1900年までに12,000人以上を雇用しました。 STEAMはそこで働いた男性と女性の信じられないほどの物語を語り、機関車自体のいくつか、さらにはヴィンテージの広告資料の本拠地でもあります。

トップチップ: 電車の運転シミュレーターをオンにして、蒸気機関を運転するのがどのようなものかを感じてください!

スウィンドンデザイナーアウトレット

名前: スウィンドンデザイナーアウトテ

どこ: ケンブルドライブ、スウィンドン、SN22DY。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: STEAM Museumにいる場合は、Swindon DesignerOutletへの旅行を強くお勧めします。元のスウィンドン鉄道工場内に同情的に配置されたショッピングの目的地。 RRP以下で行われるデザイナーファッションの取引は別として、ショッピング、レストラン、歴史的関心の組み合わせは、このリストの必需品であることを意味します!

トップチップ: 小さな子供がいる場合は、中心部を周回するミニ蒸気エンジンであるHooterExpressに乗ってください。そうでない場合は、多くの素晴らしいレストランの1つで昼食をとることを忘れないでください。

旧市街

名前: 旧市街

どこ: ウッドストリートから伸びるスウィンドンの広いエリア。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: 旧市街はスウィンドンの元の部分です。鉄道が出現する前に、「ニュースウィンドン」が形成され、最終的に丘を登り、2つを接続しました。もともとはマーケットタウンでしたが、現在は新旧のバランスが取れています。見事なオープンスペース、繁栄している独立したビジネス、歴史的建造物を見つけることができます。詳細については、旧市街のトータルガイドをご覧ください。

トップチップ: スウィンドンで最も古いイタリアンレストラン、マリオを楽しんだ後、ナイトライフを楽しむ前に、スウィンドンの景色を望むローンズパークでリラックスした散歩に出かけましょう。

鉄道村

名前: 鉄道村

どこ: タウンセンター、スウィンドン。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: 1840年代、GWRは鉄道工場の近くに小さな村を建設し、労働者の一部を収容しました。魅力的なテラスハウスは今日も残っています!家の中にはGWR医療基金クリニックがあります。GWR医療基金クリニックは、労働者の賃金から少額と引き換えに歯科と薬を処方します。 NHSの青写真を検討しました。鉄道村の近くには、ミルトンロードトルコ風呂とかつての宿泊施設があり、現在はコミュニティセンターになっています。

トップチップ: ファリンドンロードパークも散歩するのに最適です。 1866年にさかのぼるChildren&#39sFeteを開催した豪華なオープンエリア。

スウィンドンミュージアムアンドアートギャラリー

名前: スウィンドンミュージアムアンドアートギャラリー

どこ: バスロード、スウィンドン、SN14BA。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: スウィンドンミュージアムアンドアートギャラリーには、多くの魅力的な歴史的アイテムや、畏敬の念を起こさせるアートがあります。コレクションには、現代英国美術のスウィンドンコレクション、考古学、スウィンドン社会史、地球と自然界、ビクトリアホールの歴史的コレクションが含まれます。彼らは定期的にさまざまなテーマについての講演やワークショップを開催しています。

トップチップ: 私たちは少し偏見があるかもしれませんが、スウィンドン社会史コレクションが私たちのためにそれを勝ち取ります!

リチャードジェフリーズ博物館

名前: リチャードジェフリーズ博物館

どこ: マールボロロード、コート、スウィンドンSN36AA。 Googleマップで表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: リチャードジェフリーズは、1848年11月6日にコートのカントリーコテージで生まれたネイチャーライターでした。イギリスの田舎での田舎の生活を説明する執筆で最もよく知られており、近くの田舎をインスピレーションとして使用しました。現在も残っているコテージには、生涯を通じて彼の作品の展示や例を展示する博物館があります。

トップチップ: 四柱式ベッドで本を読んでいる少年としてのジェフェレイスのオリジナルの原稿とモデルがある古いコテージをずっと見学してください。

スウィンドンとクリクレード鉄道

名前: スウィンドンとクリクレード鉄道

どこ: ブランズドン駅、タッドポールレーン、ブランズドン、スウィンドン、SN252DA。 Googleマップを表示するには、ここをクリックしてください

だいたい: スウィンドン鉄道とクリクレード鉄道の旅客線は、実際の蒸気機関車で4マイルの往復で構成されています。ブランズドン駅とヘイズノールの間を行き来し、土産物店や軽食用の屋内と屋外のスペースもあります。

トップチップ: 実際のロコを運転したいですか? SteamまたはDieselDriver Experienceコースのいずれかをお試しください!

スウィンドンデザイナーアウトレット

グレートウエスタン鉄道工場のグレードIIに指定された建物内にある、マッカーサーグレンのスウィンドンデザイナーアウトレットの前哨基地は、ヨーロッパで最大の屋根付きデザイナーアウトレットの1つです。スウィンドンデザイナーアウトレットはあなたのために何かを持っているはずです!

ケンブルドライブ、スウィンドン、ウィルトシャー、SN2 2DY

リディアードパーク

リディアードパークはスウィンドンでの家族の一日に大人気です。リディアードパークはスウィンドンの西端にある見事な歴史的邸宅です。

リディアード・トレゴズ、スウィンドン、SN5 3PA

グレートウエスタン鉄道のスチーム博物館

グレートウエスタン鉄道のスチーム博物館は、グレートウエスタン鉄道を建設、運営、旅行した男性と女性の物語を語っています。

ファイアーフライアベニュー、スウィンドン、SN2 2TA

スウィンドンとクリクレード鉄道

スウィンドン&クリクレード鉄道は、ウィルトシャーの田園地帯で約4マイル半の往復旅客旅行を提供しています。


ヨーロッパで最高の史跡

1)ベルリンの壁 &ndashベルリン、ドイツ

1961年にドイツ民主共和国によって建設されたベルリンの壁は、冷戦が東ヨーロッパ全体で解け始めた1989年まで、ベルリンを物理的および思想的に2つに分割していました。

今日のベルリンの壁の遺跡はほとんどありませんが、この場所は1.3kmにある世界で最も長い屋外ギャラリーの1つです。壁の残りの部分は、地元の芸術家によって描かれたカラフルな壁画のため、イーストサイドギャラリーとして知られています。

2)アヤソフィア&ndashイスタンブール、トルコ

2つの大陸にまたがる世界で唯一の都市であるイスタンブールには、ヨーロッパで最も重要な史跡がいくつかあります。

世界最大級と考えられている息を呑むような大聖堂であるアヤソフィアは、西暦537年頃に建てられました。この壮大な建造物の焦点は、その最高の例の1つと見なされている大きなドーム型の屋根です。保存されたビザンチン建築。

長年にわたり、大聖堂はモスクのホストでもあり、1453年までコンスタンディヌーポリ総主教の本拠地でした。現在、アヤソフィアはトルコで2番目に人気のある博物館であり、毎年300万人以上の訪問者を魅了しています。

3)マルタ、セントポール&rsquos大聖堂&ndashイムディーナ

かつてマルタの首都であった中世の城壁都市イムディーナ(マルタ&rsquosサイレントシティとしても知られています)には、4、000年の歴史があります。イムディーナを訪れることは、中世とバロック建築が立ち並ぶ狭く曲がりくねった通りで、時間を遡るようなものです。人気テレビシリーズのファン、 ゲーム・オブ・スローンズ 初期のシーンのいくつかがイムディーナで撮影されたことを発見することに興味があるかもしれません。

イムディーナの最も人気のある歴史的ハイライトの1つは、聖パウロ大聖堂です。これは、西暦60年にマルタへの使徒聖パウロを迎えたローマ総督のパブリウスがかつて住んでいた別荘の敷地に12世紀に建てられたと言われています。元の大聖堂は16世紀後半の地震で破壊され、1696年から1705年にかけてマルタの建築家ロレンツォガフ&アグレイブによって伝統的なバロック様式で再建されました。今日、セントポール大聖堂はグレードIに指定された記念碑であり、マルタで最も人気のある観光名所の1つです。

4)ブダ城&ndashブダペスト、ハンガリー

ハンガリーの首都、ブダペストの街は、他の3つの都市、オブダ、ブダ、ペストが合流したときに形成されました。今日、ブダとペストはドナウ川にまたがるチェーンブリッジで結ばれています。

ブダペストは、ヨーロッパで最も歴史的な場所の1つとして高く評価されており、いくつかの重要な史跡と世界のどこよりも多くの温泉があります。

おそらく、ブダペストのすべての歴史的アトラクションの中で最も象徴的なのはブダ城です。キャッスルヒルの頂上にあるブダ城に行くには、鎖橋のブダ端からケーブルカーに乗るのが一番です。 1265年に最初に完成した、城と巨大なバロック宮殿は1749年から1769年の間に追加されました。

5)城壁&ndashドゥブロヴニク、クロアチア

&lsquothe pearl of the Adriatic&rsquoとして知られるドゥブロヴニクは、中世の教会、修道院、美術館など、ゴシック、バロック、ルネッサンスのモニュメントを保存しています。かつて海賊からの保護として使用されていた港は、現在、地元の漁師によって使用されています。

ドゥブロヴニクへの訪問は、城壁のツアーなしでは完了しません。長さ約2,000メートル、高さ約25メートルのこれらのきれいな白い壁は、周囲を取り巻く紺碧の海とは対照的です。

城壁のガイド付きツアーでは、城壁がどのように建てられたのかを理解できます。また、城壁のさまざまな塔を探索しながら、パノラマビューと見逃せない写真撮影の機会を利用できます。

6)セントマーク&rsquos大聖堂&ndashヴェネツィア、イタリア

イタリアで最も人気のある観光スポットの1つであるヴェネツィアには、118の島、177の運河、417の橋にまたがる歴史的アトラクションの終わりのないセレクションがあります。街とそのラグーンの両方がユネスコの世界遺産に登録されているのは当然のことです。

ヴェネツィアで最も有名な教会であり、世界で最も簡単に認識できる教会の1つであるサンマルコ寺院(サンマルコ寺院)は、もともとはドージェ教会(ヴェネツィア共和国の指導者)であるプライベートチャペルでした。内部では、教会はコンスタンティノープル陥落後にベネチアの船によって捕らえられたビザンチン美術の貴重な作品で飾られています。ドームと壁を覆う金のモザイクに驚嘆してください。もちろん、2,000近くの貴重な宝石と石で構成されていると言われる、輝かしい黄金の祭壇画&ndash the Pala d&rsquoOro&ndashもあります。

7)アウシュビッツビルケナウ&ndashクラクフ、ポーランド

すべての強制収容所の中で最も悪名高い、ポーランドのクラクフにあるアウシュビッツビルケナウへの訪問は、不気味で感情的な体験になりますが、ヨーロッパで最も興味深い歴史的な場所の1つでもあります。

このユネスコの世界遺産には、要塞の壁、有刺鉄線、兵舎から絞首台、ガス室、火葬オーブンまで、ホロコースト中にここで起こったナチスの虐殺の身も凍るような兆候が今も残っています。

8)コロッセオ&ndashローマ、イタリア

世界の七不思議の1つであるコロッセオまたはコロシアム(旧称フラビアン円形劇場)は、紀元80年頃に完成した当時、この種の劇場としては最大のものであった古代ローマの円形劇場です。

80のアーチ型の入り口が特徴のコロッセオは、かつては一度に50,000〜70,000人の観客を迎え、ランクに応じて着席していました。訪問者は、剣闘士の飛行と狩猟のシミュレーションを見に来るでしょう。

今日、観光客は、動物、剣闘士、風景機械を活気のある群衆に紹介するために、地下劇場システムのホイスト、ランプ、トラップドアがどのように操作されたかを自分で見ることができます。

9)ストーンヘンジ&ndashイングランド、英国

イギリスのウィルトシャーに本拠を置く先史時代の記念碑であるストーンヘンジは、世界で最も神秘的な場所の1つであり、間違いなくヨーロッパで最も歴史的な場所の1つです。

ストーンヘンジは、同心円状のリングと立っている石の馬蹄形の配置で構成されており、それぞれ高さ約13フィート、幅7フィート、重さ約25トンです。これらの石がどのようにしてここにあるのかという謎は、何千年もの間科学者を困惑させてきました。

毎年夏至(6月21日)には、ストーンヘンジで特別な儀式が行われ、岩の輪の中にある馬蹄形の石の中心にあるヒールストーンに合わせて太陽が昇ります。

10)フランス、パリのカタコンベ

気弱な人のためではなく、パリのカタコンベはかつての石灰岩の採石場のトンネル内に建てられ、フランス革命中に殺された600万人以上の骨格の遺骨を保持していると言われています。

サイトの繊細な性質を維持するために、そして安全上の理由から、一度に200人の訪問者だけがカタコンベに入ることができます。ですから、事前に訪問の計画を立て、静かな時間帯に参加することを目指してください。

ヨーロッパでお気に入りの歴史的な場所はどこですか?下のコメントボックスであなたの考えを共有してください。

この記事で言及されている目的地をカバーする他の投稿のいくつかを次に示します。

この投稿が役に立ったと思ったら、後で参照できるようにピン留めしてみませんか?


歴史的なウィルトシャー

今世紀まで、エイムズベリーは主に農業に依存していましたが、現在、約6000人の住民は、主に近隣の防衛施設またはソールズベリーに雇用を求めています。かつてハイストリートを形成していた「大通り」は近代的なバイパスに流れ込んでいますが、町の中核とその中世の修道院教会は残っています。 979年に建てられた修道院の邸宅は、現在はナーシングホームになっており、町の中心部にある18世紀の家々には近代的な商店が点在し、住宅団地が共有地に侵入しています。エイムズベリーは、ソールズベリー(まったく若い場所)のように歴史的な感覚でカジュアルな訪問者や居住者を感動させることはないかもしれませんが、エイムズベリーの過去には覚えておく価値のあるものがたくさんあります。

歴史的に、ジョセフ・プリーストリー博士は、1772年から1779年までカルネに住んでいたときに酸素を発見しました。セントメアリー教会からそう遠くないところに、ドクターズポンドのそばに彼の記念碑があります。

Walter Goodall George(1858-1943)は、カルン市庁舎の近くで生まれ、1886年から1915年まで1マイルの世界記録を保持しました。これを記念して、1986年に100周年を迎えた次の英国人ランナーであるシドニーウッダーソンが(1935年に)最速タイムを達成したことを発表しました。

CalneにはStMary&#8217s Girls PublicSchoolもあります。国立学校のリーグテーブルで非常に高いランクにある卓越性を教えるためのセンター。

カルンは、中心部に立って、白い馬に向かって周りの丘を見上げて見ることができる数少ない町の1つです。

幸いなことに、トーマス卿のポストの1つは、ハンプシャー海岸のハースト城の知事のポストであり、スペインの艦隊の間に、スペインの船の1つがそこで座礁しました。峡谷夫人は女王に難破船を持てるかどうか尋ねました、そしてその要求は認められました、女王が知らなかったのはその船が銀を積んだスペインの宝船の一つであるということでした。


5.考案する

出典:flickr Devizes

マーケットタウンを取得することでいっぱいの郡でさえ、あなたが去った後、Devizesはあなたと一緒にいます。

センターは非常によく保存されており、500以上の指定建造物があります。

そのため、さまざまなスレッドをピックアップして、町とウィルトシャーの過去について詳しく知ることができます。

そのうちの1つはワッドワース醸造所で、150年近く経った今でもシャイヤー馬でエールを届けており、醸造所を案内してくれます。

次に、Caen Hillのジョージ王朝時代の工業工学があります。16の水門の飛行により、丘を上り下りする運河の交通が行われます。

ウィルトシャー博物館は、青銅器時代の宝物が手押し車に埋葬されているのを目の当たりにするファブアトラクションです。


ウィルトシャーで訪れるのに最適な12の場所

ゴージャスなイギリスの田舎に囲まれたウィルトシャーは、イギリスを探索しながら探索するのに素晴らしい郡です。何よりも、ローマの都市バースやロンドンからも簡単にアクセスできます。それで、あなたがウィルトシャーで訪問するのに最適な場所を見つけるのを助けるために、私は私たちが愛する私たちのお気に入りのスポットのいくつかを共有したいと思いました。

ご覧のとおり、ウィルトシャーは完全に素晴らしいだけでなく、世界で最も象徴的な歴史的スポットのいくつかを見ることができます。それは、何千年もの歴史、風変わりなスポット、そしてゴージャスな町や村でいっぱいになったような場所です。

今では、ロードトリップの一環としてウィルトシャーを探索する方が簡単だといつも思っています。 This way, you can get to some of the smaller, lesser-connected, spots that are totally idyllic. That being said, if you don’t drive you can easily hop on a train or bus to some of Wiltshire’s best places.

Take a look, below, at the best places in Wiltshire to visit. Have an amazing time exploring!

1.) Lacock

Just like Castle Combe, Lacock is one of the smaller (but totally gorgeous) villages you can’t miss in Wiltshire.

Over the centuries, Lacock hasn’t changed at all. It’s as if time has stood still and feels like you’ve gone right back to the 1600s!

As you wander Lacock. Pop to grab an afternoon tea at King Johns Hunting Lodge. Their tea garden is everything! Also, be sure to visit the Manger Barn and stop by Lacock Abbey, too.

As Lacock is so small, you don’t really need to worry about getting lost. So, let the streets take you around and wander till your heart’s content.

You can easily spend a short afternoon here. We love it.

2.) Marlborough

Nestled within North Wessex Downs in Wiltshire, Marlborough is a gorgeous little market town that’s lovely to visit. It’s the kind of town that’s perfect for a little afternoon stroll and well worth spending a few hours traversing the quaint streets.

After arriving, be sure to visit the historic Merchant’s House that dates all the way back from the 1600s. Today, you can take a gander inside the restored silk merchant’s abode and have a good nosey at what life would have been like.

Tucked away, it’s pretty easy to miss, so make sure to look out for it when walking High Street.

Afterwards, book a table at Rick Stein’s for a delicious evening treat. Yes, it can be pricier than most other spots in the town but the food is so good.

Oh, and don’t forget, you can easily visit the Neolithic ruins at West Kennet Long Barrow which’s pretty close by. It’s totally amazing to see something that’s thousands of years old.

Plus, if you fancy a stroll through the nearby woodland trails, head over to Savernake Forest.

3.) Salisbury

Salisbury is certainly up there as one of my favourite cities in England, especially with all its history. Trust me, once you arrive you’ll quickly see what I mean.

After arriving, the first port-of-call has to be Salisbury Cathedral. It’s easily one of the finest in all of England and towers over the city itself.

Not only that, one of the best-preserved copies of the Magna Carta, from 1215 is inside and you can see it! Although photos aren’t allowed of the Magna Carta itself, you can walk through and see the protected text that’s so epic to see. Plus, you might even spot the oldest working clock in the world (just off the nave area).

Looking for more? head across to some of Salisbury’s other iconic spots like Mompesson House, Museums, Arundells and Wilton House, too.

Finally, as you leave Salisbury, you’ll be able to hop over to see Old Sarum. It’s an Iron-age hillfort that’s been occupied for thousands of years.

4.) Castle Combe

Possibly my favourite spot in all of Wiltshire (shhh, don’t tell the others), Castle Combe is history and quaint little village to visit. Honestly, it looks like some that have fallen right out of a movie set!

With thousands of years of history, Castle Combe has long been established as a settlement that’s great to explore today. As you wander the main street, be sure to pop in the Castle Inn for a tipple and spot the medieval Market Cross (where traders once used).

Afterwards, take a gander at Castle Combe Church and spot the iconic Water Lane street. It’s so picturesque.

Fancy staying longer? Book a room at The Manor House. A gorgeous period property that’s so cosy and inviting. We love it.

5.) Avebury

Although pretty small and cosy, Avebury is a village that’s packed-full with history.

With the National Trust Museum (with lovely gardens), the iconic Avebury Manor before popping into the family-run cafes on the main street.

Don’t forget to explore the Stone Circle which dates back to the Neolithic times (between 2500 to 2000 BC). It’s considered to be the biggest in all the continent and sometimes forgotten in lieu of visiting Stonehenge.

Talking of Stonehenge, from Avebury you can also visit Silbury Hill (just outside the village). The chalk mound is part of the wider Stonehenge complex and a UNESCO-protected manmade mound that’s said to be the largest in the world.

6.) Stonehenge

Easily one of the best places in Wilshire to visit, Stonehenge is known the world over for its iconic history.

Dating back thousands of years, the stones are incredible to walk around and visit, especially on a sunny day. That being said, it can get pretty busy at certain times of the day. If you want to avoid the majority of the crowds visit first thing in the morning or just before closing time.

We always head across just before closing and you almost have the circle to yourself!

Finally, during certain days, Stonehenge operates tours within the stone circle itself. These operate before the site officially opens and need to be booked on the English Heritage website.

7.) Coate Water Country Park

Not too far from nearby Swindon (and technically not Wiltshire), Coate Water Country Park is one of the best spots to visit to chill.

It is a large country park perfect for a picnic and to walk around you can also find a play area for kids and the park offers some of the amazing views to sit and relax.

Take some time to walk around Coate Water which’s right on the fringes of Wiltshire and too easy to visit as you’re road tripping through England.

8.) Stourhead

Nestled within the gorgeous countryside, Stourhead is one of the best places in Wiltshire to visit in the western fringes of the county.

With a vast garden area to explore Stourhead garden is an idyllic 18th-century landscaped garden that’s just too good to miss.

As you wander the trails and paths, be sure to stop off at the Temple Of Apollo, see the Gothic Cottage and Grotto and explore the wider Pantheon, too.

Plus, you’ve got the gorgeous house to see, too!

Afterwards, if you’ve got time, pop over to King Alfred’s Tower (that’s technically just over the border in Somerset. It’s a great place for 360-degree views and was initially erected as part of the wider Stourhead Estate.

9.) Iford Manor Gardens

Not too far from the city of Bath, Ilford Manor Gardens is well worth a gander whilst driving from Bath to Salisbury.

Historically, this beautiful garden was built by the architect Harold Peto and is now open for us all to enjoy and explore. On a sunny day, it feels like you’re walking through the Tuscan countryside garden and it’s totally beautiful.

A visit to Iford Manor Gardens will likely take around 1-2 hours. This means it’s a perfect stopping point to stretch your legs.

10.) Cranborne Chase

Overlapping a few different counties, Cranborne Chase is totally easy to visit as you drive east towards Southampton.

Whilst in the area, be sure to explore the ruins of Old Wardour Castle that dates all the way back to the 1300s. It’s pretty epic to see and not too far from Shaftesbury (just across the border).

Also, it’s pretty easy to visit the Elizabethan mansion of Longleat House. It’s in the north of Cranborne Chase and totally iconic to visit. They even have their own drive-through safari park, too.

11.) Bradford-on-Avon

Right on the western fringes, Bradford-on-Avon is one of the best places in Wiltshire to visit for a half-day trip.

Once here, take a gander inside the cosy Bradford on Avon Museum. Yes, it’s small but size isn’t everything when it comes to museums. This place is packed full of exhibits to see.

Afterwards, head over to the medical Tithe Barn for a little wander. It’s considered one of the largest surviving medieval barns in all of England.

Also, for a fantastic lunch, book a table at The Bunch Of Grapes. It’s got a lovely menu of classic British favourites. Their sticky toffee pudding is everything.

12.) Cherhill White Horse

One of the oldest white horses in Wiltshire, the Cherhill White Horse is pretty iconic to see. Said to have been created in the 1700s, it’s one of the best places in Wiltshire to see some of the counties unique history.

It’s really easy to visit from the Calstone and Cherhill Downs and not too far from Lacock. This means it’s really easy to visit after spending some time in the village.


Avebury named second best World Heritage site by Which?

It came second to Mexico's Monte Alban, but outscored sites such as Peru's Machu Picchu and India's Taj Mahal.

The sites were judged on 25 criteria, including visitor experience, the preservation of the site and the holiday appeal of the local region.

Avebury's stone circle attracts more than 250,000 visitors each year.

Wiltshire Council's Stuart Wheeler said: "We have always known we have a wonderful piece of history on our doorstep and now we have official confirmation.

"Being placed second only to Mexico in providing visitors with the best heritage site experience in the world is a wonderful accolade."

The Which? report described the Unesco World Heritage site as "the best-preserved and most impressive complex of prehistoric sites in Europe".

The report states Avebury's key attraction is the "quiet, bucolic setting, the lack of crowds and the ability to wander freely".

Dr Nick Snashall, National Trust archaeologist at Avebury, said: "Our dedicated team of staff and volunteers work year round to ensure that it remains a source of inspiration and delight.

"So it's wonderful to see that the very special qualities of Avebury have been recognised in this way."

A Which? spokesperson said: "Avebury came an impressive second in our list of World Heritage sites with a score of 78%.

"Our experts found the idyllic rural setting, lack of crowds and freedom to wander freely through the historic site made for a rewarding visit."


コンテンツ

The county, in the 9th century written as Wiltunscir, later Wiltonshire, is named after the former county town of Wilton. [5]

Wiltshire is notable for its pre-Roman archaeology. The Mesolithic, Neolithic and Bronze Age people that occupied southern Britain built settlements on the hills and downland that cover Wiltshire. Stonehenge and Avebury are perhaps the most famous Neolithic sites in the UK.

In the 6th and 7th centuries Wiltshire was at the western edge of Saxon Britain, as Cranborne Chase and the Somerset Levels prevented the advance to the west. The Battle of Bedwyn was fought in 675 between Escuin, a West Saxon nobleman who had seized the throne of Queen Saxburga, and King Wulfhere of Mercia. [6] In 878 the Danes invaded the county. Following the Norman Conquest, large areas of the country came into the possession of the crown and the church.

At the time of the Domesday Survey the industry of Wiltshire was largely agricultural 390 mills are mentioned, and vineyards at Tollard and Lacock. In the succeeding centuries sheep-farming was vigorously pursued, and the Cistercian monastery of Stanley exported wool to the Florentine and Flemish markets in the 13th and 14th centuries.

In the 17th century English Civil War Wiltshire was largely Parliamentarian. The Battle of Roundway Down, a Royalist victory, was fought near Devizes.

In 1794 it was decided at a meeting at the Bear Inn in Devizes to raise a body of ten independent troops of Yeomanry for the county of Wiltshire, which formed the basis for what would become the Royal Wiltshire Yeomanry, who served with distinction both at home and abroad, during the Boer War, World War I and World War II. The Royal Wiltshire Yeomanry currently lives on as Y (RWY) Squadron, based in Swindon, and B (RWY) Squadron, based in Salisbury, of the Royal Wessex Yeomanry. [7]

Around 1800 the Kennet and Avon Canal was built through Wiltshire, providing a route for transporting cargoes from Bristol to London until the development of the Great Western Railway.

Information on the 261 civil parishes of Wiltshire is available on Wiltshire Council's Wiltshire Community History [8] website which has maps, demographic data, historic and modern pictures and short histories.

The local nickname for Wiltshire natives is "Moonrakers". This originated from a story of smugglers who managed to foil the local Excise men by hiding their alcohol, possibly French brandy in barrels or kegs, in a village pond. When confronted by the excise men they raked the surface to conceal the submerged contraband with ripples, and claimed that they were trying to rake in a large round cheese visible in the pond, really a reflection of the full moon. The officials took them for simple yokels or mad and left them alone, allowing them to continue with their illegal activities. Many villages claim the tale for their own village pond, but the story is most commonly linked with The Crammer in Devizes. [9] [10]

Two-thirds of Wiltshire, a mostly rural county, lies on chalk, a kind of soft, white, porous limestone that is resistant to erosion, giving it a high chalk downland landscape. This chalk is part of a system of chalk downlands throughout eastern and southern England formed by the rocks of the Chalk Group and stretching from the Dorset Downs in the west to Dover in the east. The largest area of chalk in Wiltshire is Salisbury Plain, which is used mainly for arable agriculture and by the British Army as training ranges. The highest point in the county is the Tan Hill–Milk Hill ridge in the Pewsey Vale, just to the north of Salisbury Plain, at 295 m (968 ft) above sea level.

The chalk uplands run northeast into West Berkshire in the Marlborough Downs ridge, and southwest into Dorset as Cranborne Chase. Cranborne Chase, which straddles the border, has, like Salisbury Plain, yielded much Stone Age and Bronze Age archaeology. The Marlborough Downs are part of the North Wessex Downs AONB (Area of Outstanding Natural Beauty), a 1,730 km 2 (670-square-mile) conservation area.

In the northwest of the county, on the border with South Gloucestershire and Bath and North East Somerset, the underlying rock is the resistant oolite limestone of the Cotswolds. Part of the Cotswolds AONB is also in Wiltshire, in the county's northwestern corner.

Between the areas of chalk and limestone downland are clay valleys and vales. The largest of these vales is the Avon Vale. The Avon cuts diagonally through the north of the county, flowing through Bradford-on-Avon and into Bath and Bristol. The Vale of Pewsey has been cut through the chalk into Greensand and Oxford Clay in the centre of the county. In the south west of the county is the Vale of Wardour. The southeast of the county lies on the sandy soils of the northernmost area of the New Forest.

Chalk is a porous rock, so the chalk hills have little surface water. The main settlements in the county are therefore situated at wet points. Notably, Salisbury is situated between the chalk of Salisbury Plain and marshy flood plains.

Green belt Edit

The county has a green belt mainly along its western fringes as a part of the extensive Avon Green Belt. It reaches as far as the outskirts of Rudloe/Corsham and Trowbridge, preventing urban sprawl particularly from the latter in the direction of Bradford-on-Avon, and affording further protection to surrounding villages and towns from Bath in Somerset.

Along with the rest of South West England, Wiltshire has a temperate climate which is generally wetter and milder than counties further east. [11] The annual mean temperature is approximately 10 °C (50.0 °F). Although there is a marked maritime influence, this is generally rather less pronounced, than it is for other south-western counties, which have a greater proximity to the sea. The summer months of July and August are the warmest with mean daily maxima of approximately 22 °C (71.6 °F). In winter mean minimum temperatures of 1 °C (33.8 °F) or 2 °C (35.6 °F) are usual and air frost normally occurs frequently. In the summer the Azores high pressure affects southwest England however, convective cloud sometimes forms inland, reducing the number of hours of sunshine. Annual sunshine rates are slightly less than the regional average of 1,600 hours. [11]

In December 1998 there were 20 days without sun recorded at Yeovilton (Somerset). Most of the rainfall in the southwest is caused by Atlantic depressions or by convection, though a proportion is caused orographically (uplift over hills). A greater proportion of rainfall is in autumn and winter, caused by the Atlantic depressions, which is when they are most active. Even so, any month can be the wettest or driest in a given year but the wettest is much more likely to be in the winter half-year (Oct-Mar) and the driest in the summer half-year (Apr-Sept). In summer, a greater proportion of the rainfall is caused by sun heating the ground leading to convection and to showers and thunderstorms, though it is often the northern half of the county that sees most of the showers with south-westerly winds, in summer, whereas in the south of the county, the proximity of a relatively cold English Channel, often inhibits the development of showers. In autumn and winter, however, the sea is often relatively warm, compared with the air passing over it and can often lead to a higher rainfall in the south of the county e.g. Salisbury recorded over 200mm of rain in Nov 2009 and January 2014. Average rainfall for the county is around 800 mm (31 in), drier parts averaging 700mm (28ins)and the wettest 900mm (around 35ins). About 8–15 days of snowfall is typical. November to March have the highest mean wind speeds, and June to August have the lightest winds. The predominant wind direction is from the southwest. [11]

This is a chart of trend of regional gross value added (GVA) of Wiltshire at current basic prices [12] with figures in millions of British Pounds Sterling.

Regional gross value added [13] Agriculture [14] Industry [15] Services [16]
1995 4,354 217 1,393 2,743
2000 5,362 148 1,566 3,647
2003 6,463 164 1,548 4,751

The Wiltshire economy benefits from the "M4 corridor effect", which attracts business, and the attractiveness of its countryside, towns and villages. The northern part of the county is richer than the southern part, particularly since Swindon is home to national and international corporations such as Honda, Intel, Motorola, Patheon, Catalent (formerly known as Cardinal Health), Becton-Dickinson, WHSmith, Early Learning Centre and Nationwide, with Dyson located in nearby Malmesbury. Wiltshire's employment structure is distinctive in having a significantly higher number of people in various forms of manufacturing (especially electrical equipment and apparatus, food products, and beverages, furniture, rubber, pharmaceuticals, and plastic goods) than the national average.

In addition, there is higher-than-average employment in public administration and defence, due to the military establishments around the county, particularly around Amesbury and Corsham. There are sizeable British Army barracks at Tidworth, Bulford and Warminster, and the Royal School of Artillery is at Larkhill. Further north, RAF Lyneham was home to the RAF's Hercules C130 fleet until 2011 the MoD Lyneham site is now a centre for Army technical training. Wiltshire is also distinctive for the high proportion of its working-age population who are economically active (86.6% in 1999–2000) and its low unemployment rates. The gross domestic product (GDP) level in Wiltshire did not reach the UK average in 1998, and was only marginally above the rate for South West England. [17]

Wiltshire has thirty county secondary schools, publicly funded, of which the largest is Warminster Kingdown, and eleven independent secondaries, including Marlborough College, St Mary's Calne, Dauntsey's near Devizes, and Warminster School. The county schools are nearly all comprehensives, with the older pattern of education surviving only in Salisbury, which has two grammar schools (South Wilts Grammar School and Bishop Wordsworth's School) and three non-selective schools. All but two of the county secondary schools in the former districts of West Wiltshire and North Wiltshire have sixth forms, but only half of those in the rest of the county.

There are four further education colleges, which also provide some higher education: New College (Swindon) Wiltshire College (Chippenham, Trowbridge and Salisbury) Salisbury Sixth Form College [19] and Swindon College. Wiltshire is also home to a University Technical College, UTC Swindon, specialising in engineering. A second UTC, South Wiltshire UTC, was based in Salisbury but closed in August 2020.

Wiltshire is one of the few remaining English counties without a university or university college the closest university to the county town of Trowbridge is the University of Bath. However, Bath Spa University has a centre at Corsham Court in Corsham, and Oxford Brookes University maintains a minor campus in Swindon (almost 50 km from Oxford). Outline plans for a projected University of Swindon or University of Wiltshire were announced by the Borough of Swindon in November 2008, but the scheme remains uncommitted. Swindon therefore remains the UK's largest centre of population without its own university.

The county registered a population of 680,137 in the 2011 Census. Wiltshire (outside Swindon) has a low population density of 1.4 persons per hectare, when compared against 4.1 for England as a whole. [20] [21] [22]

Wiltshire Swindon 合計
Usual resident population 470,981 209,156 680,137
Age 65 or over 18.1% 13.7% 16.8%
Density (persons per hectare) 1.4 9.1 2.0
Households 194,194 88,360 282,554

Historical population of Wiltshire county: [23]

1801 1851 1901 1951 2001
185,107 254,221 271,394 386,692 613,024

ヨーロッパ編集

Westminster Parliamentary Edit

At the 2019 general election, all seven Wiltshire constituencies (including the two Swindon constituencies) returned Conservative MPs.

Councils Edit

The ceremonial county of Wiltshire consists of two unitary authority areas, Wiltshire and Swindon, governed respectively by Wiltshire Council and Swindon Borough Council.

As a result of elections held in 2017, Wiltshire Council comprises 68 Conservatives, 20 Liberal Democrats, seven Independents and three Labour members.

Until the 2009 structural changes to local government in England, Wiltshire (apart from Swindon) was a two-level county, divided into four local government districts, Kennet, North Wiltshire, Salisbury and West Wiltshire, which existed alongside Wiltshire County Council, covering the same area and carrying out more strategic tasks, such as education and county roads. However, on 1 April 2009 these five local authorities were merged into a single unitary authority called Wiltshire Council. With the abolition of the District of Salisbury, a new Salisbury City Council was created at the same time to carry out several citywide functions and to hold the city's charter.

The county is represented in the Football League by Swindon Town, who play at the County Ground stadium near Swindon town centre. They joined the Football League on the creation of the Third Division in 1920, and have remained in the league ever since. Their most notable achievements include winning the Football League Cup in 1969 and the Anglo-Italian Cup in 1970, two successive promotions in 1986 and 1987 (taking them from the Fourth Division to the Second), promotion to the Premier League as Division One play-off winners in 1993 (as inaugural members), the Division Two title in 1996, and their promotion to League One in 2007 after finishing third in League Two.

Chippenham Town are the area's highest ranked non-league football club they currently play in the National League South after winning the Southern Premier League in 2016/17, with a league record points tally of 103. After Salisbury City went into liquidation in 2014, a new club, Salisbury, was formed and plays in the Southern Premier League.

Swindon Robins Speedway team, who compete in the top national division, the SGB Premiership, have been at their track at the Blunsdon Abbey Stadium near Swindon since 1949. Swindon Wildcats compete in the English Premier Ice Hockey League, the second tier of British ice hockey, and play their home games at Swindon's Link Centre.



コメント:

  1. Nyle

    多くの場合、人は国家を所有しており、女性は愛に会わずに所有しているので、幸福を知りません。 -A.リバロール

  2. Jaedon

    なんて良いフレーズでしょう

  3. Brando

    長い間どこで姿を消しましたか?

  4. Mykal

    とても好奇心が強い:)

  5. Joby

    あなたは間違っています。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはコミュニケーションします。

  6. Chanler

    それについて話し合いましょう。



メッセージを書く