ポリュクレイトス、槍を持つ人(槍を持つ人)

ポリュクレイトス、槍を持つ人(槍を持つ人)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

>

その他の無料レッスン:http://www.khanacademy.org/video?v = EAR9RAMg9NY
ポリュクレイトス、槍を持つ人(槍を持つ人)、cからのギリシャのブロンズオリジナルの後のローマの大理石のコピー。西暦前450〜440年(Museo Archaeologico Nazionale、ナポリ)


ギリシャ美術

陶器やギリシャの彫刻の形をした古代ギリシャの絵画のレッスンは、実際の人間のプロポーションと姿勢を達成するための芸術家の探求についての幅広い議論の絶好の機会を提供します。ギリシャ美術の初期の幾何学時代から、高古典派時代のプロポーションの解剖学的規範の発展まで、あなたは議論のバックボーンとして形象形態の進化を使用することができます。

このレッスンには、紀元前800年から31年までのギリシャの作品のみが組み込まれています(後の例のいくつかは、失われたギリシャのオリジナルの後のローマのコピーですが、提供された日付はギリシャの作成に関連しています)。それは解剖学的比率と人間の形の進化を中心にしています。このテーマを通して、ギリシャ文化における神話の人物や神々を理想的な形で表現することの重要性、またはヒューマニズムの概念の発展、特に芸術において偉大さを達成するための人間の計り知れない可能性を中心としたイデオロギー的アプローチを探求することもできますと科学。あるいは、人間の形に関するギリシャの研究を、ギリシャ建築の理想的な比率に関連付けることもできます(たとえば、フィデアスとパルテノン神殿での彼の努力、西暦前447年から432年)。このレッスンの作品はまた、指名された芸術家の出現の最終的な平行を証明します。西洋美術史の正典で初めて目撃したのはギリシャ美術を通してであり、彼らの作品に署名する芸術家の突然の急増は、尊敬される芸術家であることの新たな誇りを示唆しています。

クラスにこのテーマを紹介するのに最適な方法は、メトロポリタン美術館の画像からレッスンを開始することです。 クーロスの像 (西暦前590年から580年)。以前にエジプト美術を扱ったことがある場合は、この彫像が生徒に何を思い出させるかを生徒に尋ねることから始めることができます。たとえば、 メンカウラー王とその女王 (西暦前2490年から2472年)。次に、これら2つの彫刻を比較対照するか、教室の前に学生ボランティアを募集して続行することができます。その生徒にクーロスのメトロポリタン像のポーズを模倣してもらい、ポーズをとった生徒が自分の体をより自然に見えるように調整する方法について生徒に提案を求めます。

背景の読み

ポリュクレイトス、 槍を持つ人(槍を持つ人)、紀元前440年のギリシャのオリジナルのローマのコピー、大理石。

授業の前に、メトロポリタン美術館のギリシャ美術に関するテーマ別エッセイは、古代ギリシャの芸術作品のピーク世紀の素晴らしいテキストスナップショットを提供します。これを、芸術作品の幾何学的な時代に焦点を当てた美術館のエッセイと組み合わせて、より完全な全体像を提供することもできます。 Smarthistoryの概要は、ギリシャの芸術作品の初期に始まり、視聴者をローマの芸術に引き継ぐ巧妙で迅速な概要でもあります。これは、後続の講義のトピックに便利なセグエを提供することもできます。

コンテンツの提案

黒像式:アルカイック時代(紀元前600年から480年)の塗装された鍋のスタイルで、焼成前に黒いスリップを適用することで図や形が作成されます。

コントラポスト:ある部分が別の部分と反対に回転する人物のポーズ。通常、体の重さを片方の足にかけ、中心軸を中心に体のバランスを取ります。

幾何学的なスタイル:抽象的なモチーフ(蛇行パターンなど)と黒いスリップを通して運ばれる動物が支配的な幾何学時代(紀元前900年から700年)の塗装された鍋のスタイル。

ヒューマニズム:神の力や天の力ではなく、人間の重要性と、あらゆることにおける達成または偉大さに対する人間の可能性を強調するイデオロギー的または哲学的アプローチ。

コレ:若い女性を描いた「若い女性」の彫像タイプのギリシャ語。

クーロス:若い男性を描いた「若い男性」の彫像タイプのギリシャ語。

クラテール:古代ギリシャ人がワインと水を混ぜるために使用した大きな船は、男性の葬式の目印としても使用されることがあります。

赤像式:アルカイック時代(紀元前600〜480年)の塗装された鍋のスタイルで、黒いスリップがないことで図や形が作成され、テラコッタの赤が通り抜けてデザインの詳細が向上し、紀元前6世紀後半にフィネスが現れました。 。

対称性:コントラポストポーズによって達成される、比例感とバランス感を含む対称性。

白地スタイル:アルカイック時代(紀元前600年から480年)の塗られた壺のスタイルで、白い土鍋に図や形が描かれ、より詳細になり、多色性も紀元前6世紀後半に登場しました。

紀元前800年頃の古代ギリシャ美術の台頭から、紀元前4世紀のアレキサンダー大王の治世中の衰退まで、この時代の芸術家たちは人間の形の扱いに革命をもたらしました。様式化され抽象化された形式の過去の慣習を続けた初期の幾何学時代に先駆けて、比喩的な扱いと比率の急速な進歩は、次の世紀にわたって古代ギリシャ美術の特徴であり、その後のローマ帝国の両方の芸術家によって最もエミュレートされた特徴になりましたそして何世紀も後のルネッサンス。

ギリシャ美術における解剖学的比率の発展の重要な推進力の1つは、神や天の力ではなく、人間の重要性を強調するイデオロギー的または哲学的アプローチであるヒューマニズムの出現でした。ヒューマニズムは、人間の経験と自然主義的な視点に焦点を当て、すべてのことにおいて達成または偉大さに対する人間の可能性を強調します。

1時間15分の授業中にギリシャの芸術家が人間の形を表現する進行を説明するために使用できる、期間ごとに整理されたいくつかの重要な作品があります:

タイムライン:
幾何学的な期間(西暦前800年から700年)
東方化時代(西暦前700年から600年)
アルカイック期(紀元前600〜480年)
初期の古典派(紀元前480年から450年)
高古典派(紀元前450年から420年)
古典派後期(紀元前420年から323年)
ヘレニズム時代(紀元前323年から31年)

  • 葬儀クラテール、ディピュロン墓地、c。紀元前760年、幾何学、メトロポリタン美術館、ニューヨーク
  • Mantiklos Apollo、ギリシャ、c。西暦前700〜680年、東方化、ボストン美術館
  • エクセキアス、 AchillesとAjaxPlaying Dice、 NS。紀元前530年、古語、バチカン美術館、ローマ
  • エウフロニオス、 サルペドンクラテールの死、西暦前515年、古語、国立エトルリア博物館、ローマ
  • フィアーレペインター、 エルメスが幼児ディオニュソスをパポシレノスに連れて行く、 NS。紀元前440〜435年、古語、バチカン美術館、ローマ
  • クーロスの像、c。西暦前580年、古語、メトロポリタン美術館
  • クロイソス・クーロス、Anavysos、c。西暦前530年、古語、高さ76インチ、国立考古学博物館、アテネ
  • クリティオスの少年、紀元前480年、初期の古典、高さ34インチ、アクロポリス美術館
  • 死にゆく戦士、アファイア神殿、西、紀元前500〜490年(対東ペディメント、紀元前490〜480年)、グリプトテーク、ミュンヘン
  • ポリュクレイトス、 槍を持つ人(槍を持つ人)、紀元前440年のギリシャのオリジナルのローマのコピー、高古典、ナポリ考古学博物館
  • プラクシテレス、 エルメスと幼児ディオニュソス、cからのギリシャ語のオリジナルのローマのコピー。西暦前340年、後期古典、ルーブル美術館、パリ
  • ガリックチーフテンが彼自身と彼の妻を殺す、cからのギリシャ語のオリジナルのローマのコピー。西暦前320〜220年、ヘレニズム、パラッツォアルテンプス、ローマ
  • 敗北したボクサー、 NS。紀元前100〜50年、ヘレニズム、ローマ国立博物館、ローマ国立博物館

NS 葬儀クラテール ディピュロン墓地からは、初期の幾何学時代の本質的な特徴があります。この時代の幾何学模様やモチーフの繰り返しの使用からその名前が付けられています。ここでは、明確に分割された装飾のレジスターまたはレベルが、ポットの上唇に見られる蛇行パターンを含む、異なる抽象的な幾何学的デザイン間で交互になっています。クレーターの腹は、幾何学模様で区切られ、葬列の様式化された表現で満たされた2つの大きなレジスターで飾られています。上のレジスターは、葬式のビールの向こう側にしっかりと配置された故人を明らかにし、どちらの側にも抽象的な女性の形が現れます。下のレジスターは、兵士と馬の行列を示しており、抽象化された人物への傾向の追加の例を示しています。たとえば、兵士は手足のある盾のように見えますが、戦車の馬は多数の脚を持つ1つの馬のような形に溶け込んでいます。

この形の抽象化は、東方化時代まで続きました。 マンティクロスアポロ。この名前は、太ももの上の碑文から次のように書かれています。「マンティクロスは、銀の弓の持ち主である遠い射手に什分の一として私を寄付してくれました。あなた、フィーバス(アポロ)は私に喜ばしい何かを与えてくれます。

アルカイック時代に入ると、たくさんの陶器が描かれているのを目撃します。これらの陶器の作品は、比喩的な自然主義を表現するためのギリシャの画家の才能を反映しています。これらの作品に必要なスキルは、アーティストが描いた作品の多くに署名したという事実によって証明されています。最初に登場したスタイルは、黒像式陶器として知られていました。これは、塗布とそれに続く塗布されたシリカスリップの窯酸化によってフィギュアが現れるためです。エクセキアス&#8217 AchillesとAjaxPlaying Dice このスタイルのポットを示しています。これをディピュロンの葬式クラテールと比較すると、繰り返される幾何学模様と抽象化された図が、ここでは1つの中央レジスターに縮小された物語と、図と構成要素のより明確な表現に置き換えられていることがわかります。それはまるで、エゼキヤがゲームの熱狂的な瞬間にアキレスとアヤックスを捕まえたようであり、両方とも観察でボードの上に腰を下ろした。

エウフロニオスが示すように、赤像式陶器でも同じ感覚が得られます。 サルペドンクラテールの死。ここで、図は、組成物内でより複雑な詳細を可能にするという利点を備えた、シリカスリップがないことによって形成されている。たとえば、サルペードーンの死のクラテールのメインナラティブパネルでは、エウフロニオスが赤像式の技法を習得したことで、筋肉組織と出血している傷を描写することができました。トロイ戦争は、眠りと死によって戦場から運び出されます。

ギリシャの塗られた陶器の3つのスタイルの最後である白地技法は、多色の要素、またはマルチカラーのフォームを導入することによって、フィールドを前進させました。このスタイルは、PhialePainterの エルメスが幼児ディオニュソスをパポシレノスに連れて行く、白い土鍋に多くの色で物語のシーンを描くことを含みました。その結果、帆布の絵のように、赤と黒のフィギュアポットに見られるような複雑な画像が得られましたが、ここでは鮮やかな色を追加することで、これらの物語が生き生きとしています。

また、アルカイック期には、芸術家が人体の自然主義を想起させることに指数関数的に熟練するようになることがわかります。 クーロスの像 たとえば、腹部と太ももの筋肉を描くために使用される切り込みのある線で、男性の体型の筋肉組織をよりよく伝えるための努力を明らかにします。このクーロス、または「若い男」はまた、より大きな表情を示し、この時代の彫刻の共通の特徴である「古風な笑顔」として知られているタイトなマネキンのような表情を示しています。

メトロポリタンのクーロス像と クロイソス・クーロス、40年後に刻まれ、アーティストがフィギュアへのアプローチをいかに早く革新したかを感じることができます。クロイソスクーロスのフィギュアは、古風な笑顔、マットのような編んだ髪の層、メトロポリタンのクーロスに似た堅固な姿勢を維持していますが、アナヴィソスのクーロスは、ギリシャ人の解剖学と筋肉組織の理解に大きな進歩を示しています。輪郭のある筋肉が切り込みの入った線に取って代わり、太ももと胴体の全体的な周囲が自然主義的な人間の姿にさらに近づきます。

NS クリティオスの少年 ペルシャの侵略者に対するギリシャ人の勝利から始まり、高古典派とともに古代ギリシャ文明のピーク年と見なされた、初期古典派への移行中のこの進化の次のステップを反映しています。クリティオスの少年の顔はまだ比較的無表情ですが、古風な笑顔は消えており、もともと石をはめ込んでいたはずの彫刻された目は、人物に個性を吹き込むための一歩を示唆しています。また、芸術家の筋肉組織の理解も向上しているため、彫刻はその肉の触覚を感じさせます。しかし、この図で最も印象的なのは、肩が骨盤の反対側に移動し、片方の脚に体重をかけ、もう一方の脚をわずかに曲げる、コントラポストの自然なスタンスを捉える努力です。

西部ペディメントの視覚的分析によって示されるように、自然主義の発達は古語法から初期古典派への移行の中心でした 死にゆく戦士 (西暦前500年から490年)および 東部ペディメント死にゆく戦士 (紀元前490年から480年)アイギナ島のアファイア神殿から。これらの2つの図は、互いに10年以内に完成しましたが、この本質的な移行を明らかにしています。 Western Pediment Dying Warriorは、彫刻表現に対するこのアプローチの限界を明らかにしながら、彼の古風な前任者と同じ特徴(古風な笑顔、マネキンのような外観)を維持しています。この姿は、胸を突き刺した矢を掴んで死の危機に瀕することを意図しているが、無表情な顔と硬直した笑顔はそのような苦痛を暗示していない。この失われた感情的な文脈に加えて、この戦士の体が折りたたまれている厄介な位置があります。彼は片方の腰でバランスを取りながら、死にかけている兵士は言うまでもなく、誰もが想定するのが難しい位置である彼の足を陽気に交差させます。しかし、彼のイースタンペディメントウォリアーのカウンターパートは、ポーズだけでなく表現においても、より自然主義的な感覚を示しています。

ギリシャの彫刻家ポリュクレイトスは、芸術に関する最も影響力のある既知の古代論文の1つであるキヤノンの執筆に関連して、コントラポストのスタンスを完璧にしたことで知られていました。このテキストでは、ポリュクレイトスは彫刻の対称性を提唱しています。これは基本的に、彫刻のすべての部分が互いに完全に比例して設計されている必要があることを意味します。この原則は彼の 槍を持つ人(槍を持つ人)特に、フィギュアの肩と腰のバランスが取れています。右足に体重をかけた状態で、この人物の左足は曲がり、槍を持つ人がストライドの途中で捕まったかのように、左足が後ろに伸びています。この脚の配置により、槍を持つ人の左腰が下に下がりますが、ポリュクレイトスは左肩を上に調整することでこれを補います。このバランスをとることで、彫刻の対称性が可能になり、ポリュクレイトスの美しさの基準に適合します。 (下記のナイジェルスパイビーシリーズから抜粋した、ポリュクレイトスのカノンを示す素晴らしいクリップがここにあります。)

高古典派のギリシャ美術が、槍を持つ人の洗練された理想主義によって特徴付けられる場合、プラクシテレスなどの彫刻を通して示される、その後の古典派後期 エルメスと幼児ディオニュソスは、芸術的描写へのより人間的なアプローチへの関心が高まっている時代を捉えています。この変化は、前世紀の比較的穏やかな状況が4世紀に激動と不確実性に取って代わられたギリシャの政治的雰囲気の変化に一部起因していました。このシフトで最も注目に値するのは、紀元前338年頃に父親がギリシャの領土を支配したが、わずか2年後に死に至ったアレキサンダー大王の設置でした。アレキサンダー大王の軍事作戦がギリシャの支配を前例のない国境にまで拡大した一方で、不安の雰囲気が芸術的な変化を引き起こしました。

エルメスと幼児ディオニュソスでは、エルメスが幼児ディオニュソスを腕の曲がりくねったところに抱きかかえているときに、柔らかなコントラポストスタンスを採用している姿を見ることができます。エルメスの視線はポリュクレイトスの槍を持つ人に見られるものよりも穏やかで、彼の右腕はかつてふざけてブドウの房を持っていたでしょう。要するに、ここで見られる相互作用は、2つの神の間の交換ではなく、介護者と子供の間の交換のようであり、これらの以前に理想化された神の人間性を強調しています。

紀元前323年のアレキサンダー大王の死は、彼の広大な帝国を彼の最高の将軍の間で分割し、芸術家がより斬新な表現手段を模索するにつれて、別の芸術革命を示しました。後期古典芸術のヒューマニスト的資質に基づいて、ヘレニズム芸術は感情、演劇、演劇性を強調しました。これは、次のような軍事記念碑のために予約された作品で特に明白でした。 ガリックチーフテンが彼自身と彼の妻を殺す。もともとは、現在のトルコのベルガマ近くのペルガモン王国のアクロポリスに建てられた彫刻グループの一部でしたが、この劇的なグループは、ガリア人に対するペルガモンの勝利を強化すると同時に、敗北における貴族への敬意を表すことを目的としていました。

ここで、ガリックの酋長は剣を自分の胸に打ち込む準備ができており、刃の先端はすでに皮膚を突き刺しており、下に血の小川を引き起こしています。彼は妻を殺した直後に描かれています。妻の体は彼の隣にぐったりと垂れ下がっています。彼の力強いポーズは、死が捕獲よりも受け入れやすいことを意味し、妻の生命のない体のそれとは強い対照を提供し、ラウンドでこの彫刻を観察すると、次に何が起こるかを想像できるかのようです。

ガリアの首長が彼自身と彼の妻を殺している間、この強いドラマと演劇性の感覚を伝えますが、ヘレニズム時代の他の彫刻は、より繊細な感情を提供します。そのような作品はブロンズのような作品で示されています 敗北したボクサー。戦いに負けたばかりのボクサーを描いたこのフィギュアは、肩を丸めて哀れな表情で、完全な敗北感を表現しています。したがって、ガリックチーフテンのような作品ほどすぐには劇的ではありませんが、比較すると、敗北したボクサーは、ヘレニズムの彫刻家が達成できた本当に驚くべき感情表現の範囲を示しています。

クラスの終わりに

このクラスで説明されているテーマのいくつかを強化するために、生徒にクリップまたはナイジェルスパイビーの最初のエピソード全体を見てもらうことができます。 アートが世界を作った方法、「モア・ヒューマン・ザン・ヒューマン」と題されています。この記事は、ギリシャの芸術に関する講義を補完するものであり、 ヴィレンドルフの女 ギリシャの時代に。また、ポリュクレイトスのカノンの優れた視覚的説明も提供します。

古代ギリシャの芸術についての議論はまた、文化的遺産の現在の「ホットトピック」と長年の質問「誰が過去を所有しているのか」を組み込む機会を提示します。この質問は、このレッスンに含まれるいくつかのオブジェクトに特に関連しています。たとえば、エウフロニオスのサルペドンクラテールの死は、長い法廷闘争の末、2008年にイタリアに送還されました(ただし、このトピックに関する1つの記事はここにありますが、関連する記事はここにあります)。ケースは簡単に見つけることができ、より最新のものである可能性があります)。この問題に関する最近のニュース記事を生徒に読んでもらい、簡単な回答用紙を書くか、クラスの討論に取り入れることができます。

その他のリソース

アレクシス・クロッタ (著者)は、ワシントン大学の博士課程の候補者です。

ジョン・マン (編集者)は、リーマンカレッジの補助講師、Artsyの上級寄稿者、Art History TeachingResourcesおよびArtHistory Pedagogy andPracticeの講義寄稿者および編集者です。

ケガンスパークス (編集者)は、CUNY大学院センターの博士課程の学生であり、ニューヨークのニューミュージアムのクリティカルアンソロジーの出版アソシエイトです。

AHTRは、サミュエルH.クレス財団とCUNY大学院センターからの資金提供に感謝しています。


ポリュクレイトスによる「槍を持つ人」紀元前450年頃(APおよび調査美術史)

形:この正面向きの若い男性像の彫刻は、実物大をはるかに超えており、理想化されており、自然主義的です。顔、腹部の筋肉、性器の上の特徴のいくつかは、肉体的な美しさの理想に合うように歪められています。髪の毛、人物の鼻、眉毛は、人物の全体的な解剖学的構造と同様に、かなり幾何学的に様式化された側面を持っています。古風な笑顔のヒントがまだあります。

この人物は、体が全体的に「s」カーブを描くコントラポストポーズ(ポストポスチャとは対照的)のような生活の中に立っています。腰に体重の変化があり、フィギュアの体重の大部分は片足にかかっています。胴体は腰の角度と反対のわずかな角度で回転します。ポーズはまるでフィギュアが動いているように見えます。

これは、ローマ人によって作られた大理石の彫刻で、ブロンズのオリジナルからコピーされたもので、中空の鋳造物、またはロストワックスプロセスを使用したものです。このプロセスは、ロストワックスと呼ばれます。これは、プロセスを失ったためではなく、元々、プロセスで失われたワックスからフィギュアが彫刻されているためです。オリジナルは粘土で包まれています。 2つの排水穴が粘土に配置され、粘土が加熱されると、ワックスが穴から流れ出て空洞を残します。次に、ブロンズが空洞に注がれ、ブロンズが冷えると、粘土の型が壊れて開き、ブロンズの彫刻が現れます。青銅はかなり柔らかい金属なので、青銅が冷えている間に細部をエッチングして成形することができます。
(図についてはこちらをご覧ください)


図像学:この彫刻は、完璧で美しい青年がカロスの本質を描いています。

ギリシャの叙事詩では、主人公は常にハンサムまたは美しいと表現されており、その外見はキャラクターの美徳を反映しています。ギリシャの人物の理想主義や美しさは、本を表紙で判断できるという概念に関連しています。ギリシャ語で美を表すのはカロス(calos)です。カロスという用語は、善と交換することもでき、善と同義です。したがって、誰かまたは何か美しいものを呼ぶことは、それも「良い」ことを意味します。

元の彫刻は、実際には人間の形の物理的な完成度、つまり神のようなカロスを表すアイコンとして設計されました。ポリュクレイトスの槍を持つ人は、「カノン」(一連の規則、基準、または判断基準)と呼ばれるほど、比例して完璧であると見なされていました。

教科書と学習ガイドを順番に並べた私のすべてのビデオについては、次のサイトにアクセスしてください。
http://art-and-art-history-academy.usefedora.com/

コントラポストのポーズは、古風な笑顔と同じ目的を果たします。どちらも、作品をよりリアルな錯覚にするように設計されています。古風な笑顔の場合、まるで顔に動きの始まりがあるかのようであり、体が動こうとしているように見えるコントラポストについても同じことが言えます。

コンテキスト:スキーマと修正は、この作業に大きく影響します。一歩前進、理想化された形、古風な笑顔など、オリジナルのクーロスのフィギュアから派生した要素がありますが、ポリュクレイトスは自然主義に基づいて彫刻をよりリアルにしています。

これはブロンズのオリジナルの後のローマの大理石のコピーであるため、これはこれをさらに別の修正されたビューにします。この作品のコピーはギリシャ人のオリジナルの「スキーマ」の「修正」であるため、その正確性には疑問があります。歴史家やローマ人はしばしばこの作品をキヤノンと呼んでいます。この作品は、ポリュクレイトスによって、完璧な彫刻を作るための彼の規範または論文(ある種の完全なガイド)となるように設計されました。残念ながら、彼の彫刻も書かれたテキストも生き残っていませんでしたが、テキストのローマの説明と彫刻のローマのコピーがあるため、ローマ人はそれを「キヤノン」と呼びました。この彫刻の命名は、この理由やその他の理由で複雑です。

元の青銅は長い槍を持っていたと考えられており、それが彼の名前の由来です。ギリシャ語の槍を持つ人は「槍を持つ人」と訳されます。槍を持つ人のこの大理石の彫刻は、ポリュクレイトスによる最初のオリジナルのブロンズのローマのコピーです。幸運なことに、元の槍を持つ人がどのように見えたかに近い、リアーチェのブロンズまたはリアーチェの若い戦士(c 460-450 BCE)と呼ばれる元の槍を持つ人と同時に作られた彫刻があります。


槍を持つ人とアウグストゥスを比較する

次の質問リスト(拡張あり)に回答して、選択内容を評価してください。選んだ作品を必ず紹介してください。

-作品の形は?
-芸術作品には主題がありますか?
-内容は?

©BrainMassInc。brainmass.com 2021年3月5日、午前12:37 ad1c9bdddf
https://brainmass.com/art-music-and-creative-writing/ancient-and-medieval-art/compare-doryphoros-and-augustus-520867

ソリューションプレビュー

私は、この課題で選択できるように提供された2つのセットにリストされている最初の2つの項目を比較することを選択しました。別のペアを調査することを選択した場合は、このソリューションをモデルとして使用して、代わりに選択した2つの比較を完了してください。

Doryphoros(Polykleitos、450 BCE)Webサイトから:http://www.artsconnected.org/resource/5851/the-doryphorosこの画像が表示されます:アーティストは(明確に)不明ですが、Polykleitos(この大理石のコピーが作成された元のブロンズ)、またはギリシャのアポロニオスオブアテネ(大理石のコピーを作成したと思われる)。紀元前120〜50年に彫刻されました(このコピーはミネアポリス美術館のコレクションの一部です。元のブロンズは、教授がギリシャの例として使用してほしいと思っていたものですが、元のブロンズは失われ、これらは後で、それのコピーは、元のギリシャの作品を想像するために私たちが残したすべてです。
この特定のWebサイト(画像にリストされている)は、特に優れた教育的なWebサイトであり、想定されるアーティストクリエーターに関する情報や、その構造、バランス、および芸術的なスタイル。サイトのコンテンツをコピーしてここに貼り付けて、詳細を確認し、次の回答(以下)がどこから来たのかを確認できるようにします。

紀元前1世紀にさかのぼるMIAの槍を持つ人は、紀元前450年の間に作られたギリシャのブロンズ彫刻のローマ時代の大理石のコピーです。紀元前440年彫刻家、ポリュクレイトスによる。これは、この有名な傑作の全身の5つの既知のコピーの中で、比較的無傷で生き残った最高のものです。1アスリート(またはおそらくアキレス)を表す、理想的なプロポーションを持つこの調和のとれたバランスの取れた人物は、ギリシャの古典派時代の芸術を象徴しています。 。
この槍を持つ人のレプリカは、紀元前1世紀のものです。仕事の質が高く、この特定の時期に典型的なドリルワークがほとんどないためです。髪の毛の表現とサポートの形(切り株)も、特定のローマ時代の他の既知のオブジェクトにスタイル的にリンクできるため、この作品の年代測定に役立ちます。

有名なギリシャの芸術家によって作られたブロンズの彫刻は今日まで生き残っていないため、槍を持つ人や他のギリシャの彫刻のローマのコピーは非常に貴重です。これらの作品は戦時中に溶けてしまうことが多く、その金属は武器に使われていました。したがって、ローマのコピーは、古典ギリシャ彫刻の利用可能な唯一の視覚的な文書を私たちに提供します。私たちのコピーの存在が知られる前は、最高のバージョンはナポリのナツィオナーレ美術館(ポンペイの市立体育館にあります)のものでした。さらに、フィレンツェのウフィツィ美術館とバチカン市国のブラッチョヌオーヴォの両方が大幅にバージョンを復元しました。

来歴:
博物館の槍を持つ人は、1970年代初頭から学者に知られています。当館は1986年2月に美術商から購入しました。鋤が上を向いたためと思われる側面の深い傷や、植物の根の頬や腕の跡などの証拠があります。何世紀にもわたって地面に埋められていました。彫刻はそれが見つかった6つの部分から再組み立てされました。

槍を持つ人の回復と状態:
MIAの槍を持つ人は非常に良好な状態です。左腕を除いてすべての休憩は古く、頭が折れたことはありません。彫刻の修復は最小限に抑えられています。右脚を支える木の幹に鋼のピンが挿入され、発見された6つの部分(頭から膝までの胴体、2つのふくらはぎ)から彫刻が再組み立てされました。 、左足、木の幹と基部、右足と基部、および肘の曲がりを囲む左腕の領域。鼻の先が折れ、左前腕と手(槍を持っていた)、右足の前部、台座の部分、陰茎、右手の指の先が失われています。 。左腰の長方形のくぼみは、左前腕に走っていた支柱が壊れた場所を示しています。右脚の腕、脚、胴体、木の幹のサポートは、大理石に変色と深い縞模様があり、脚と胴体には褐藻のかすかな外皮があります。

バックグラウンド:
2つの重要な歴史的出来事、ペルシャ戦争(紀元前5世紀初頭)とマケドニアのフィリップ2世(紀元前338年)によるギリシャの一時的な統一は、私たちがギリシャの古典派と呼ぶようになったものの始まりと終わりを示しています文明。ペリクレス(紀元前461年に最初に総長に選出された)の下で、アテネは西側世界の政治的、文化的、商業的中心地になりました。古典時代のギリシャ人の誇り、自己認識、自信は、ペロポネソス戦争の堕落した英雄のための公の葬式でのペリクレスの言葉に反映されています。

「現代が私たちに不思議に思うように、未来の時代は私たちに不思議に思うでしょう。」

古典派時代には、パルテノン神殿が建てられ、アイスキュロスが最初のドラマを上演し、ヘロドトスがペルシャ戦争の歴史を書き、民主主義が政府の一形態として確立されました。ヒューマニズムの哲学、社会における個人の重要性を強調する哲学が発展しました。ソポクレスは書いた、

「世界は不思議に満ちていますが、人間ほど素晴らしいものはありません。」

理想の人は完璧な体だけでなく、完璧な心を持っていました。 At the festivals, such as the Olympic Games at Olympia and the Pythian Games at Delphi, prizes were awarded not only to the best athletes, but to the best poets, orators, dancers, and musicians as well. Through scientific observations of nature, the concepts of harmony and balance achieved through symmetry and correct proportion became the basis of Greek philosophy. The search for ideal beauty and perfection manifested itself in all areas of life including the visual arts.

The Parthenon on the Acropolis summarized the Greek ideals of harmony and rational order in architectural forms. Polykleitos codified these ideals in sculpture. The Doryphoros exemplifies Polykleitos' Canon (rule) of ideal proportions. The Doryphoros combines the naturalism of the human body, at rest and in motion, with an idealization, based on theoretical perfection. Because the Doryphoros so completely embodies Greek ideals, it has remained, over time, the primary image of Classical Greece.

Given this degree of perfection, it is not surprising that the Romans adopted the pose of the Doryphoros and other Greek statues as models for their own sculpture. Before the end of the 3rd century B.C., the Romans had begun to collect Greek statues. After Rome absorbed Greece into its empire in 146 B.C., increasing numbers of Greek originals were acquired by Romans. According to some accounts, nearly 500 statues were robbed from the sanctuary of Delphi alone.

Because many wealthy Roman aristocrats wanted sculpture for their townhouses and country villas, the demands for Greek sculpture were greater than the supply. The demand created a thriving industry that provided replicas of and variations on famous Greek originals. Roman copies were considered works of art in their own right, as the Romans were more concerned with how the ideal qualities conveyed by the original could be translated into Roman terms than with honoring the more modern idea that a work of art must be the result of individual genius. Most of these replicas were actually made by Greek artists living in Greece or the Greek cities on the coast of Asia Minor, or by Greek artists working in Rome.

During the Imperial period, beginning with Emperor Augustus, Greek sculpture was produced for political reasons, as well. Roman rulers recognized the potential of the arts to promote the ideals of their administrations, particularly as the basis of propaganda related images of Imperial power. It became common Roman practice to make full-length portrait statues by topping a body that was copied from a Greek original with a specific portrait head. In contrast to the timeless quality of their Greek models, the Romans made commemorative sculpture that depicted specific people and events. Over time, the Roman adaptation of Greek sculpture resulted in the new art form of portraiture that signified the importance of ancestry to the Roman patrician families. By depicting real individuals, the Greek ideal gave way to Roman realism that emphasized actual physical appearance as well as the character of the individual portrayed.

Whereas Greek art was overwhelmingly public, Roman art was generally commissioned for private villas and townhouses, even when the commission was a direct copy of the Greek original like the MIA's Doryphoros.

Polykleitos:
The two prominent names in the study of Classical Greek sculpture are Phidias (the master sculptor who planned the decorative program of the Parthenon and is renowned for his cult statues of Athena and Zeus) and Polykleitos, famous for his sculptures of victorious athletes. Little is known of the life of Polykleitos. He lived during the latter half of the 5th century B.C. (approximately 450-405 B.C.), and was from the Greek city-state of Argos in the eastern Peloponnesus. Polykleitos worked chiefly in bronze and became the most influential sculptor of the Peloponessian school. He wrote a treatise on art called the Canon and created the bronze sculpture of the Doryphoros to demonstrate his theories. Both the treatise and the sculpture are referred to as the Canon.

The Doryphoros is Polykleitos' most famous work. Although about 20 of his statues are recorded in ancient sources, none of his original works has survived. The Doryphoros has been called the most copied statue of antiquity. It was certainly among .

Solution Summary

A description of two sculptural works, the Greek Doryphorus (lost), known to us only through later copies, and the Roman Augustus of Primaporta. This solution includes a discussion of the style and content, as well as content from two reference web-based resources, from which answers and comparisons are made.


The menisci are made up of fibrous crescent shaped cartilage. The medial meniscus is attached to the tibia on the inside of the knee and the lateral meniscus is attached to the tibia on the outside of the knee. The menisci sit on top of the tibia which allows the weight bearing force to be spread across a larger area and not have that pressure concentrated on one specific area (Scuderi and Tria, 2010). The menisci’s specific structure of a shallow shaped socket for the femur to sit in is another factor that helps stability. The menisci also help the articular cartilage from wearing away at the friction points because it is able to spread that weight bearing across the structure (Marieb & Hoehn,&hellip

They were proud of their victory and even compared it to the Athenian victory over Persians. They even dubbed themselves the new Athens. They constructed a great altar engraved in sculpture showing the battle between the gods and the giants for their god Zeus. This was very similar to what Athenians had done centuries before. The sculpture of Zeus body was similar to that of Poseidon that was located at the west pediment of Parthenon (Hurwit, The Parthen and the Temple of Zeus at Olympia).&hellip


Gibby's AP Art History

Mckenna
Form-The original figure was made of bronze.
Function- This piece of art was a Roman copy, created to represent a Greek statue.
Content- The figure is represented in the nude.
Context- Was found in Pompeii in a place for athletic training.
Artistic intent- Was to represent the ideal male figure.
Change/Tradition- Unlike earlier Greek statues which were very rigid, this statue demonstrates Contrapposto a more balanced and relaxed way to create a figure.

Form: The Roman copy was made of marble
Function: Showcases the beauty of the human body
Content: alternating tense and relaxed elements of the body
Context: One of the most copied Greek sculptures, Romans copied it.
Tradition/Change: Considered a canon for classical form, the general rule for beauty and form
Audience Response: Was viewed with admiration because he was supposed to represent the ideal Greek man who all Greeks aspired to be

form- life sized sculpture
function-to be uses as a reference for other artists
content- standing in contrappasto
context- polyklietis canon
tradition/change- the canon was eventually made so the head was 1/8th of the body
audience response- held in high regard for being the "perfect sculpture"


Editorial Reviews

レビュー

&ldquoThis is an essential text for the classical archaeologist/ art historian or for anyone who has seen and admired any of the Doryphoroi.&rdquo&mdashVernon Hyde Minor, International Journal of the Classical Tradition

&ldquoThe rich and varied fare offered in this volume does honor both to the Minneapolis Doryphoros and to the methodologies, traditional and new, which can be brought to bear on ancient art and culture.&rdquo&mdashGuy P. R. Métraux, Phoenix

&ldquoThe wealth of photographs and meticulously documented essays make this book the first place to consult upon initiating any further research into the diverse aspects of Classical art treated by the contributors.&rdquo&mdashRobert Steven Bianchi, Religious Studies Review

著者について

Warren G. Moon (1945&ndash93) was professor of art history and classics at the University of Wisconsin&ndashMadison. He is editor of Ancient Greek Art and Iconography , also published by the University of Wisconsin Press, and coeditor, with Louise Berge, of Greek Vase Painting in Midwestern Collections .


Difference between Polykleitos Doryphoros (Statue A) and Portrait of Augustus (Statue B) Objective Differences: Statue A:DoryphorosArt through the hands of Polykletious of Argos have been considered mystic pieces of historical Roman regalia. ‘Doryphorus’ or ‘Spear Bearer’ has been an epic piece of art in Roman history inspired from ancient Greek art. Produced in 440-450 B.C this marble replica of Greek Bronze sculpture depicts Greek imitation of masculine beauty in Rome (Learner.org, 2014).

Doryphorus aimed to represent the notion of perfection through masculine beauty. As Romans were highly inspired by Greek art and tried to imitate them in all walks of life. The sculpture was crafted to produce an everlasting impression of Roman masculine beauty (idealized by every man) through Greek techniques of sculpturing and meticulously measured body parts.Statue B: Augustus of Prima PortaThe sculpture of Augustus of Prima Porta was an ideological depiction of Caesar’s adopted son Augustus in 20 B.C. Though, Augustus was middle age when he won against ancient rival Parthian, but the status represents a prefect version of Roman victor.

Unlike Doryphoros, which shows the perfection idealized by Roman male citizens, Augustus through his portrait intended to proclaim his authenticity as Athens supreme ruler and progeny of God. Objective similarities:Statue A: DoryphorosThe mathematical formula devised to measure all the body parts into equal proportions was known as ‘Canon’. Canon was supposed to depict equality and harmony through calculation, which intended to show perfection in human facial features and figure and to emanate aesthetic aura of male precision.

Doryphoros contains canon/ rule of perfection by all means.Statue B: Augustus of Prima PortaThe portrait contains military regalia, which depict his designation as a commander, emperor and warrior. Perfection was the most obsessed idea by Romans hence, Augustus in the portrait depicts a perfectly youthful and athletic body of a ruler and warrior, who ruled for peaceful 200 years.Subjective Differences:Statue A: DoyphorusThere are no signs of armor or weapon to show that the sculpture was produced to show military power or warrior in battlefield.

However, Doryphoros is nude and with nudity it represented beauty and perfection in Rome since, nudity was considered a sign of civilization in Greek and Roman history. Ancient Romans were fanatical about perfection though they did understand that perfection was an inaccessible idea. Doryphorus meant to depict an aesthetic view of every Roman man, its facial features and body parts show perfection and this perfection was idealized by Romans. Statue B: Augustus Prima PortaThe self-supporting marble sculpture of Augustus the ruler is accessorized with armour on which 200 year Pax Romana history is inscribed in illustrations.

Moreover, he has cupid next to him who is a son of Venuse riding on the dolphin. This symbolic representation was devised by Augustus to show that he is a descendant of God and he has all the support of super natural on his side. Subjective Similarities:Statue A: Doryphorus The equal proportions and balanced end results for perfections were known as symmetry to Greeks and thus, Polykletious took significant care of body proportion in a manner that his body weight is rested on right leg. The left foot is slightly bent which gives a shift to right hip and in the due process left hip is downwards.


Scriptario

“DORYPHOROS” (“Lance Bearer”) depicts an athlete with a javelin in his hand. In this Roman copy, preserved in the Archaeological Museum of Naples, there is no lance that was held by the left hand and rested on the shoulder.
The style of POLYKLEITOS is essential: the volumes have a clear definition, without however falling into geometric simplification, and there is a lack of superfluous surface finishings. In some ways it is a statue that reveals a clear origin from the previous sculptural Doroc examples.


A modeled, therefore, essential, but combines a balanced search for proportions. The body is carefully studied, not so much in its anatomical particularities, but above all in its measurements. What Polykleitos tends to is a perfect body as a whole: every single part is at all like it would be in a real human body, ideally perfect. In practice, his search for perfection is precisely in dialogue and in the comparison between the real and the ideal. Real is the starting point: the ratios at the base of its fee are detected by real measures carried out on human bodies ideal is the effect to which it tends: discarding any defect that, although minimal, is always present in every single individual, the statue becomes an ideal of human perfection superior to reality itself.But this statue also highlights, in a wonderful way, the new position that he invented for the standing statues: the chiasm. The term “chiasmus” derives from the Greek letter X (which in Greek is pronounced “chi”) and indicates an arrangement in which the parts create an intersection. In the case of the Policleto statues, the crossed arrangement is between the lower limbs and the upper limbs.


An analysis of the Doryphoros (Polykleitos, 450 BCE) and Augustus of Primaporta (c. 20 BCE)

An analysis of the Doryphoros (Polykleitos, 450 BCE) and Augustus of Primaporta (c. 20 BCE)

The Doryphoros is a Greek bronze sculpture made at around 450 BC. The sculpture, which the shows the perfectly harmonious and balanced proportion of the human body was made by Greek Sculptor, Polykleitos. Augustus of Primaporta is a Roman bronze sculpture that was made in 20 BC. The sculpture is 7 ft/ (2.08M) tall shows a young man in military uniform. There are a number of similarities and differences between the two sculptures.

A number of similarities exist between the tow sculptures. For instance, both sculptures are made of bronze and demonstrate the ideal nature of human proportions. The two structures feature barefoot men, which symbolizes or illustrates their divine status. The fact that the sculptures are barefoot also shows that they are made in honor of heroes in their society. Both are holding spears in their left hands. Doryphorus is naked while the Augustus of Primoporta is semi-naked. This illustrates the effort of the society in which they were made to search for harmony and beauty. Both sculptures are made of strength, harmony and beauty. The structures illustrate the perfect and flawless nature of leaders in society who had capacity to control what to control and stabilize society

There are also a number of differences between the two sculptures. For instance, Augustus of Primaporta has its hand raised as if he is giving a speech while Doryhporus has his hand lowered and he is walking. Another difference is in the intent that encouraged their making. Polyteikus made Dolyphorus was to illustrate the “Canon”=”rule” which stated that mathematical terms can be used to explain the relationship between the parts of the body. For instance, Polykleitos aimed to show that the head is one seventh of the body. On the other hand, the Sculpture aimed to illustrate the perfect leader in society.

You can place an order similar to this with us. You are assured of an authentic custom paper delivered within the given deadline besides our 24/7 customer support all through.



コメント:

  1. Kalei

    あなたはすぐに答えました...

  2. Matt

    記事は非常に興味深いです。ブログに写真を投稿できますか?

  3. Severi

    ご容赦をお願いします。この亜種は私には合いません。

  4. Istu

    重要な答え:)



メッセージを書く