ノースブリトン

ノースブリトン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1762年、新しい王ジョージ3世は、彼の親友であるビュート伯爵が首相になるよう手配しました。この決定は、ビュートが無能であると考えた多数の議員を動揺させた。ジョンウィルクスは庶民院でビュートの主要な評論家になりました。 1762年6月にウィルクスが設立されました ノースブリトン、反対の週刊新聞 ブリトン、ビュートの管理をサポートするジャーナル。ウィルクスは新聞を編集するために元教区副牧師であるチャールズ・チャーチルを任命した。次の45週間は ノースブリトン 王と彼の首相を激しく攻撃した。

1763年4月23日に掲載されたある記事の後、ジョージ3世とその大臣たちは、ジョン・ウィルクスを煽動誹謗中傷で起訴することを決定しました。彼は逮捕されたが、主席判事が国会議員として名誉毀損の罪で逮捕から特権によって保護されているとの判決を聞いた裁判所で。彼の退院は非常に人気のある称賛で迎えられ、ウィルクスは自由の擁護者として法廷を去った。しかし、政府はウィルクスがさらなる版を出版するのを阻止することに成功しました。 ノースブリトン.


ジョンウィルクス

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

ジョンウィルクス、(1725年10月17日生まれ、ロンドン— 1797年12月26日、ロンドンで亡くなりました)、18世紀のジャーナリストであり、ロンドンの人気政治家であり、迫害の犠牲者と見なされ、自由の擁護者と見なされるようになりました。議会。彼の広く普及した支持は、英国の過激主義の始まりだったのかもしれません。


ウォーホース:高速切断ブラック


闘鶏の初期のイギリスで最も人気のあった2つの猟鳥は、ノースブリトンのホワイトハックルとアイルランドのストーンアイリッシュまたはウォーホースでした。これらの2つの血統は、アメリカのブリーダーが純粋な株を入手できた唯一の既知の真の供給源と見なされていました。

1855年、マサチューセッツ州マーブルヘッドのジョンストーンが南の友人であるトムベーコン大佐を訪ね、サウスカロライナ州コロンビアのダービーで彼を殴打したとき、彼はベーコンに対して2つのスタイルのコックを使用し、そのうちの1つを「アイリッシュブラウン」と呼んだ。レッズ。」途中、ストーンはハンドラーの1人と誤解し、スポーツをやめ、「ストーンアイリッシュ」のトリオがピーターシェロンに配られました。シェロンは、鳥の歴史を調べたアメリカ・アイルランド人のコッカーであり、この特定の種の猟鳥が旧国から来ていることを発見しました。ストーン氏のアイルランドのエージェントは、1世紀以上にわたって注意深く熱心に守られてきた群れから、3羽の鳥を調達したと述べました。ストーンのエージェントがアメリカから持ち込んだペットのアライグマとオポッサムのために盗まれたトリオ。

シェロンは、オーガスタの闘鶏サーキットでこれらの闘鶏と戦うことに大きな勝利を収めました。これらのストーンブラウンレッズの子孫の1人である「ストアキーパー」として知られるひなは、アイルランド人の店やバーの内部をぶらぶらするのが大好きで、町の時計が時を刻むと鳴く習慣がありました。店主はピットで戦いました、そして、両方の鳥が均等にマッチして、しばらくしてすり減ったので、どちらの党も町の時計が10時を打ったときに鳴るまで引き分けに同意しませんでした。 「ストアキーパー」は目覚め、取り戻そうと努力し、ついにぐらついた足に立ち、本能的にコンディショニングされたベルに応えてできるだけ大きな声で鳴き、オールドシェロンは彼のコックを応援した。古い軍馬に!」誰もが驚いたことに、ブラウンレッドはよろめき、他のコックに襲いかかり、貧しい相手が死んでしまうまでシャッフルしました。

別のピットファイトでは、この一組のチンポが入ったとき、賭けはすごかったと言われています。男性は、各オンドリに不可能な賭けをする彼らの努力に必死になりました。 「ストアキーパー」は彼の大きなチャペルの敵対者を取り出し、彼をサイズに縮小し、次に彼を肉の細切りにシャッフルしました。戦いの騒ぎの上で、シェロンは叫び声を聞いた-「そして彼は軍馬ではないか?」アンダードッグファイトのニュースが広まり、「オールドウォーホース」は南部の闘鶏の世界で最も有名なコックでした。

ピーター・シェロンは、1869年に亡くなるまで、ウォーホースの名前でアイルランドの家禽を飼育しました。シェロンの死後、ジャック・アレンは株全体を購入し、義理の兄弟であるヘンリー・ヒックスは、ある日、病気のためにアレンが怒るまで、一緒に戦いました。ウォーホースは彼のハンドラーによってメインの後に与えられました。家に帰る途中、彼はハリソン・バトラーとジム・クラークに会い、彼らに彼の意図を話しました。バトラーは翌日、すべてのウォーホースを購入し、ジョージア州ドーソンのジムクラークにウォーホースのトリオ、ジョンフェア大佐にトリオ、甥のピアスバトラー博士にトリオを贈りました。

ファイティングスタイル

これらの雄鶏はほとんどが茶色の赤で、ハックルまたはサドルのいくつかの茶色またはマホガニーの羽を除いて、ほとんどが暗い羽と黒でした。彼らはブラウンレッド、速い殺人者、そして主にグラウンダーである致命的なスラッシャーのように戦います。


研究はイギリスとヨーロッパの間の古代の陸橋の歴史を書き換えます

つい最近2万年前に&#8212地質学的に長くはない&#8212英国は実際には島ではありませんでした。代わりに、イギリス諸島になった地形は、初期の中石器時代の狩猟採集民が住み、定住し、旅行した現在水没した地域であるドッガーランドによってヨーロッパ本土にリンクされていました。

海面上昇がこの地域に氾濫するにつれて、ドッガーランドは徐々に縮小しました。その後、紀元前6150年頃、災害が発生しました。ノルウェー沖の海底地すべりであるストレッガ海底が北海で津波を引き起こし、英国の海岸線を浸水させ、沿岸集落に拠点を置く数千人の人間を殺害した可能性があります。 ガーディアン。

歴史家は長い間、この津波が最終的にイギリスをヨーロッパ本土から分離した決定的な要因であると考えてきました。しかし、12月号に掲載された新しい考古学研究 古代 ドッガーランドは、実際にはさらに数世紀の間、島々の群島として生き残った可能性があると主張しています。

ブラッドフォード大学の考古学者である共著者のヴィンセントガフニーは、過去15年間、ヨーロッパのロストフロンティアプロジェクトの一環としてドッガーランドの水中遺跡を調査してきました。地震マッピング、コンピューターシミュレーション、その他の手法を使用して、ガフニーと彼の同僚は、領土の沼地、川、その他の地理的特徴のマッピングに成功しました。

この最近の研究では、英国とエストニアの考古学者のチームが、水中の岩石のコアをサンプリングすることによって得られた地形調査とデータを利用しました。ノーフォークの北海岸から集められた1つのサンプルには、昔のストレッガ海底洪水の堆積証拠が含まれていました。 ガーディアン。水中の堆積物コアのサンプリングは、それ自体が「主要な事業」でした。レディング大学の考古学者で、研究に関与していなかったカレン・ウィックスは、マイケル・マーシャルに次のように語っています。 ニューサイエンティスト.

考古学者は、約10、000年から8、200年前の極めて重要な時期に北海の海岸線を再建しました。 (古代)

改訂された歴史によると、研究の著者は、約9、000年前までに、気候変動に関連する海面上昇により、ドッガーランドはすでに島の集まりになっていると推定しています。その後の津波は、英国の海岸沿いに住んでいた既存の狩猟採集社会や漁業社会に大混乱をもたらしましたが、「ドガー島」や「ドガー群島」などの陸地の一部は、ウェールズとほぼ同じ大きさの地域です。 #8212は大変動の出来事を生き延びた可能性が高い、とルース・シュスターは報告します ハアレツ.

それでも、メモ ニューサイエンティスト、土地のいくつかの部分は波の矢面から守られていましたが、他の部分は彼らの側から木を引き裂くのに十分強い波に襲われました。

&#8220 8、200年前のその日に海岸線に立っていたとしたら、それはあなたにとって悪い日だったことは間違いありません」とガフニーは言います ガーディアン。 &#8220それは大惨事でした。多くの人、おそらく数千人が亡くなったに違いありません。&#8221

科学者たちは、ドッガーランドのこの改訂された歴史は、人間がどのように英国に到着したかについての学者の理解を変える可能性があると指摘しています。 BrooklynNeustaeterがCTVNewsについて報告しているように、Dogger群島は、英国に移住して島に恒久的な集落を建設し始めた最初の新石器時代の農民の舞台として機能した可能性があります。この農業への移行は、ロンドン自然史博物館によると、約6、000年前に行われました。

約7、000年前までに、ドッガーランドは海面上昇によって完全に水没し、長い間消えていたであろうことを研究は示唆しています。

&#8220最終的に、ドッガーランドを殺したのは気候変動でした&#8221ガフニーは言います ハアレツ。


金日成

朝鮮戦争後、金日成は&#x201CJuche&#x201D(自立)のナショナリストのイデオロギーに従って彼の国を形作りました。州は経済を厳しく管理し、農地を集合化し、すべての私有財産の所有権を効果的に主張しました。

国が管理するメディアと国への出入りのすべての制限は、北朝鮮の政治的および経済的活動の周りの秘密のベールを維持し、ほとんどの国際社会からの孤立を維持するのに役立ちました。少数の中国人移植を除いて、国の人口はほぼ完全に韓国人のままです。

鉱業、鉄鋼生産、その他の重工業への投資のおかげで、北朝鮮の民間および軍事経済は当初、南部のライバルを上回りました。多くの普通の民間人が貧しくなったとしても、ソビエトの支援を受けて、キムは彼の軍隊を世界で最も強力なものの1つに作り上げました。しかし、1980年代までに、韓国の経済は活況を呈し、北部の成長は停滞しました。


コンテンツ

創造

イギリスの占領地域は1941年にすでに決定されていました。しかし、イギリスが敗北した後、どの国もゾーンを安定させる方法を決定していませんでした。 1942年に敗北したとき、北イングランドの地域はスコットランドとともにドイツ軍によって支配されていました。 1945年に傀儡政権が樹立され、首都が設立されました。

復活

独自の通貨(南部では採用されていなかったポンド)を持っていたものの、ドイツ帝国と経済的に結びついていたため、国は財政的に苦戦しました。戦後、帝国自体が問題を抱えていました。これらは1950年代半ばに解決されました。

この後、イングランド北部は重要な自己同一性の感覚を育み始めました。この地域は最終的な再統一を望んでいると一般的に考えられていましたが、多くの人々は現状にかなり満足していました。オズボーン会議の条件は、英国が50年間再統一できないことを意味しました。

再統一と秩序の崩壊

1993年に国民投票が行われ、国の将来が決定されました。有権者の84%が南部への参加に賛成票を投じ、11%が反対票を投じ、5%が反対票を投じました。 3月11日、南北が再会しました。スコットランドとウェールズは、1か月後に参加したものの、この時点ではまだ国民投票の過程にありました。

やがて労働党と労働党の間で連合が結成されたが、彼らは互いにわずかに反対していた。

ほとんどの政治家にとって心配なことに、投票は明確な地理的格差を示しました。ほとんどの社会主義者の投票は南東部とウェールズからのものであり、最も保守的な投票はイングランドの南西部と北部からのものでした。連立が発表されると、これらの地域で暴動が発生した。政府の建物には稲妻が描かれていました。暴動は鎮圧されたが、さらなる暴動の恐れが残った。

1995年までに、政府は経済の改善に失敗しました。独立派運動は急速に力を増してきました。議会は重要な法律を通過させることができませんでした。

3月、南部の独立を求める国会議員が疑わしい状況で射殺された。北からのテロリストが非難され、議会で亀裂が示された。 4月、北部が組合を脱退するための国民投票が承認された。 7月に終了し、成功しました。

スコットランドも組合を去ることに投票し、冬までにライバルの派閥の間で暴動が発生した。警察はヨークとリバプールの抗議者に発砲することを拒否した。 12月15日、ヨークの政府の所在地が全焼し、市内の派閥間の仮想戦争が引き起こされました。これらのイベントは、国の残りの部分で反映されました。年末までに、国際連盟は北イングランドを失敗国家と宣言しました。

レクリエーション

2002年の内戦の終結後、リバプールやその他の小さな国境の変更を除いて、北イングランドが再現されました。それは一般的に戦争から回復することに成功し、安定していると考えられています。


アクセスオプション

1 デイヴィッド・ヒューム宛ての著名人の手紙、ed。 J. H.バートン(エジンバラとロンドン、1849年)、214(私自身の翻訳)。手紙には日付がありませんが、ヒュームが英国にいるという事実は、それがウィルカイトの動揺の後期からのものであることを示しています。

2 Bongie、L。L.、David Hume:Prophet of the Counter-Revolution(Oxford、1965)、30 GoogleScholar。

3 1760年代後半のヒュームの考え方の例については、ヒュームを参照してください。 デイヴィッド・ヒュームの手紙、ed。 J. Y. T.グレイグ、2巻(オックスフォード、1969)、2:178–235。ヒュームとウィルクスの関係については、フォーブス、D。、ヒュームの哲学政治学(ケンブリッジ、1975)、187 –92Google Scholar Miller、D。、ヒュームの政治思想における哲学とイデオロギー(オックスフォード、1981)、182 –4Google Scholar Stewart、 JB、ヒュームの政治哲学における意見と改革(プリンストン、NJ、1992)、269 –71Google Scholar Livingston、DW、哲学的憂鬱とデリリウム:ヒュームの哲学の病理学(シカゴとロンドン、1998)、256 –89GoogleScholar。 Pocock、J。G。A。、「ヒュームとアメリカ独立戦争:北ブリトンの死にゆく思想」も参照してください。 idem、美徳、商取引および歴史:主に18世紀の政治思想に関するエッセイ(ケンブリッジ、1985)、137 –8CrossRefGoogleScholar。

4ヒューム、 手紙、2:208(1769年10月16日)。

5ウィルカイト運動の一般的な説明については、Christie、IR、Wilkes、Wyvill and Reform(London、1962)、25 – 67 Google Scholar Brewer、J。、Party Ideology and Popular Politics at the Accession of George III(Cambridge、1976)を参照してください。 、3 – 25、163–218CrossRefGoogle Scholar Dickinson、HT、「ウィルクスとワイビルの時代のラジカルと改革者」、ブラック、J。編、英国の政治と社会からウォルポールからピットまで:1742–1789(Basingstoke and London、1990)、123 –46CrossRefGoogle Scholar Wilson、K。、The Sense of the People:Politics、Culture and Imperialism 1715–1785(Cambridge、1995)、206 –36GoogleScholar。ウィルカイトの群衆の議論については、ジョージ・リューデを参照してください。 ウィルクスとリバティ:1763年から1774年の社会的研究 (ロンドン、1962年)。ウィルクス自身については、トーマス、P。D。G.、ジョンウィルクス:自由への友(オックスフォード、1996)CrossRefGoogle Scholar Cash、A。H。、ジョンウィルクス:市民の自由のスキャンダラスな父(ニューヘブンとロンドン、2006)Google Scholar J. Sainsbury、 ジョンウィルクス:自由の生活 (アルダーショット、2006年)。

6 ノースブリトン、 番号。 12(1762年8月12日) 1763年のイギリスの憲法試験 (ロンドン、1763年)、24。

7タワーズ、J。、陪審員が法の裁判官であるかどうか、そして事実(ロンドン、1764)、vi Google Scholar セントジェームスクロニクル、1764年3月1日。以前の出版物のタイトルページには、ヒュームのエッセイからの碑文も含まれています。タワーズのパンフレットでは、ウィルクスの起訴に対する攻撃が明示的に行われています。 セントジェームスクロニクル 批判の手紙は、フリープレスの弁護の公表のタイミング(判決の1週間後)に暗示されています。

8 Churchill、C。、The Journey(London、1765)、6 – 7 GoogleScholar。

9この脚注には、ヒュームへのすべての参照が含まれています。 ノースブリトン (1768–71)。ヒュームの素材の性質は角括弧内に示されています。 「クレジット付き」という用語は、論文がヒュームを著者として認めている箇所を指すために使用され、借用が記載されていない箇所は「クレジットなし」としてリストされます。ページ参照は、によって参照される特定のパッセージへの参照です。 ノースブリトン。使用されているエディションは お問い合わせ、ed。 L. A. Selby Bigge、P。H。Nidditchにより改訂(Oxford、1998) エッセイ道徳的な政治と文学、ed。 E.F.ミラー(インディアナポリス、1985年) ジュリアスシーザーの侵略から1688年の革命までのイングランドの歴史、6巻(インディアナポリス、1983年)。 ノースブリトン 47(1768年5月10日)[ヒュームからの引用、「報道の自由について」 エッセイ, 12–13, 605] ノースブリトン 57(1768年7月16日)[「道徳の原則に関する問い合わせ」のクレジットされた言い換え お問い合わせ, 183 パッシム] ノースブリトン 58(1768年7月23日)[「公的信用」からのクレジットなしの引用、 エッセイ, 360–61] ノースブリトン 60(1768年8月6日)[「その政治は科学に還元されるかもしれない」からの信用されていない引用、 エッセイ, 18–21] ノースブリトン 61(1768年8月13日)[ 歴史]、[からのクレジットされた引用 歴史、6:404]、[「英国の締約国」のクレジットされていない言い換え、 エッセイ、67]、[「迷信と熱意」からのクレジットされていない引用、 エッセイ, 78] ノースブリトン 73(1768年11月5日)[「お金の」のクレジットされた言い換え、 エッセイ, 281–94] ノースブリトン 105(1769年5月6日)[ 歴史, 4: 84–94] ノースブリトン 195(1770年12月8日)[「いくつかの注目すべき税関」からの引用、 エッセイ, 374–5].

10 18世紀の新聞は、競合他社から資料をコピーするのが一般的でした。 *でマークされたエントリは、このリストでそれらの直前の定期刊行物から資料を転載したものです。 ノースブリトン 47(1768年5月10日) セントジェームスクロニクル、1768年6月9日 地名集と毎日の広告主、1768年6月13日* ミドルセックスジャーナル、または自由のクロニクル、1769年10月5日 ミドルセックスジャーナル、または自由のクロニクル、1770年6月16日 パブリック元帳、1770年6月16日、 リポジトリ:またはMDCCLXXの政治と文学の宝庫 (ロンドン、1771年)、40 セントジェームスクロニクル、1773年11月18日 一般的なイブニングポスト、1773年11月18日* 地名集と新しい毎日の広告主、1773年11月19日* ロンドンイブニングポスト、1774年3月8日。エッセイからの抜粋は、 エッセイ、歴史的政治的および道徳的 (ダブリン、1774年)、233。

11ヒュームの 歴史 見る ミドルセックスジャーナル, または自由のクロニクル、1769年4月11日 一般的なイブニングポスト、1770年5月24日。ヒュームのより否定的な評決 歴史 野党政治に関連して、 セントジェームスクロニクル、1768年6月9日。 パブリックアドバタイザー、1768年6月13日 地名集と新しい毎日の広告主、1768年6月14日。「英国政府が絶対君主制に傾いているのか、それとも共和国に傾いているのか」への言及: ロイドのイブニングポスト、1765年7月31日 セントジェームスクロニクルまたはブリティッシュイブニングポスト、1769年5月18日。「その政治は科学に還元されるかもしれない」への言及、 ロンドンクロニクル、1769年12月2日。「税金」への言及、 ロンドンクロニクルまたはユニバーサルイブニングポスト、1765年3月9日N.フォースター、 現在の高額な引当金の原因に関する調査 (ロンドン、1767年)、49–66 王国の政策、商取引、および状況に関する考慮事項 (ロンドン、1771年)、63。


軍事地域

地理的には、英国は2つの部分で構成されています。(1)農業に適しており、大陸、つまりローマ帝国の他の地域に開かれている、南、東、中部の比較的平坦な低地と、(2)以下を含む地域です。デボン、コーンウォール、ウェールズ、およびイングランド北部。これらの後者の地域は、海抜600フィート(183メートル)以上にあり、峡谷や深い谷があります。それらは山岳性であり、軍隊が横断するのは困難です。低地は簡単かつ迅速に征服されましたが、中部は西暦79年頃まで駐屯していました。高地は2世紀の終わりまで完全に鎮圧されることはほとんどありませんでした。さらに、彼らはローマの職業の性格が異なります。低地は市民生活の場でした。町、村、カントリーハウスは、丘の端にあるいくつかの要塞と、南および南東の海岸を守るために4世紀に建てられた一連の要塞を除いて、軍隊がほとんど見られなかった顕著な特徴でした。サクソンショア。ウェールズの高地と北部はまったく別の問題でした。そこの市民生活はグラモーガンとペンブルックシャーに行き詰まり、ブレックノックシャーにさえ触れましたが、北部ではダラム州まで浸透しました。しかし、丘は1つの広大な軍政国境地帯であり、砦とそれらを結ぶ戦略的な道路で覆われていました。砦の外の交易集落だけが、組織化されたローマの共同体のヒントを与えました。

この地理的区分は、州のどの行政区画でもローマによって再現されませんでした。当初、全体は1つの帝国の合衆国によって統治されていました(レガトゥスアウグスティ)領事館の地位。カラカラはそれを2つの州にしました、 優れました劣る、前者にはカーリーアン、モンマスシャー、チェスターが含まれ、後者にはリンカーン、ヨーク、ハドリアヌスの城壁が含まれます。 4世紀には、ブリタニアプリマ、ブリタニアセクンダ、フラビアカエサリエンシスの、4つの州がありました。 praesides、およびMaxima Caesariensisは、 執政官級 (領事館の知事)、すべての下で ウィカリウスブリタニアラム (英国副知事)。 369年後、Valentiaという名前の5番目の州が追加されました。政治的には、ブリタニアプリマにはサイレンセスターが含まれていたことが知られています。陸軍組織内では、コマンドは ドゥクスブリタニアラム、または「英国公爵」、ヨークとハドリアヌスの城壁を担当し、 litorisSaxoniciが来る、または「サクソンショアのカウント」は、艦隊と沿岸防衛を担当していました。ローマの支配の後期には Britanniarumが来る、または「英国の数」は、フィールド軍に命じました。


北部の記録

イギリスでは、フランクリン遠征の悲劇的な運命が最終的に1859年に発見され、北極遠征に対する国民のアンビバレンスにつながりましたが、イギリス海軍は依然として賞を求めていました。 1875年、イギリス海軍はジョージ・ナレスが指揮する遠征を開始しました。 2隻の船、 アラート発見、 スミスサウンドを経由してグリーンランドの西海岸に沿って航海します。探検家たちは、ルートが開けた北極海と北極につながると信じていました。 NS 発見 ホール湾沖のレディフランクリンベイ​​に立ち寄り、冬の宿舎を設置しました。 アラート さらに北に航海し、エルズミーア島近くの湾に避難した。今日まで、それはヨーロッパの船が到達した北の最も遠い地点でした。

この時点で、ナレスは遠征について考え直し始めました。彼の観察は彼に開けた北極海がないと信じさせました。彼の不安にもかかわらず、任務は続いた。それぞれの場所で越冬した後、両方の乗組員は春の地形を探索するためにいくつかのソリパーティーを送りました。彼らは残忍な北極圏の条件に十分に備えていなかったことが判明しました。彼らは83°20 'まで行くことができました。これは、西洋の探検家がこれまでに到達した中で最も遠い場所です。しかし、それは彼らの目標を450マイル下回っていました。

氷の力

ジョージナレスの1875-76極地探検隊の乗組員は、2隻の船のドックを彫るために氷のこぎりを使用しました。それでも、流氷はすぐに船を閉じ込める可能性があります。 アラート 乗組員のアルバート・ヘイスティングス・マーカムは、次のように記録しています。梁のひび割れや木材のうめき声の音は、一度聞いたことは決して忘れられない音でした。」

チームは病気と過酷な状況のために引き返す必要がありました。多くの人が壊血病に苦しんでおり、多くの人が亡くなりました。遠征隊は目標を達成できず、2隻のボートは最終的に1876年11月にイギリスに戻りました。イギリス国民は、この任務はポールに到達できず、多くの男性が死亡したことによる災害であると感じました。ナレスの使命は、英国が後援する最後の主要な使命となるでしょう。


カロライナコロニー

&quotCarolinaは、1563年または1564年に、フランス国王シャルル9世(ラテン語でCarolus、チャールズを意味する)に敬意を表して、フランス人によってそのように呼ばれました。

このように名前が付けられた領域には、北緯30度から36度の間の土地が含まれ、大西洋から太平洋に広がっていました。 1663年、この定義された領土は、キャボットの発見によってそれを主張したイギリス国王チャールズ2世によって、クラレンドン卿、ウィリアムバークレー卿、ジョージカートレット卿、および定住と統治に十分な力を持つ他の4人に伝えられました。それ。

1640年から1650年の間に、クラレンドンらへの上記の助成金の前に、アルベマール湾の北岸にあるチョーワン川の河口近くのバージニア州からのプランターによって入植が始まりました。この和解は、ウィリアム・ドラモンドの監督の下、バージニア州のバークレー知事によって行われた。小さなプランテーションは、の名前を受け取りました アルベマール郡コロニー、所有者の1人であるアルベマール公爵に敬意を表して。

1665年、バルバドス島からの移民によって、クラレンドン川またはケープフィア川の河口近くで2回目の定住が行われました。これはと呼ばれていました クラレンドン郡コロニー。それはバージニアと同様の憲法を持っていました。ジョン・イーマンズ卿が初代知事でした。上記の両方の和解は、現在の制限内でした ノースカロライナ州.

1670年に、3番目のコロニーが設立されました。 カータレット郡コロニー、ジョージ・カートレット卿の後。入植者には、以前に海岸を探検したセイル知事が同行しました。移民を産んだ船は最初にビューフォート近くのポートロイヤルの港に入ったが、その場所に満足せず、すぐにアシュリー川に航海し、 オールドチャールストン。 1680年、この集落はオイスターポイントのために放棄され、現在の都市であるオイスターポイントが始まりました。 チャールストン。これがの始まりでした サウスカロライナ.

セイル知事の政権時代、所有者に代わって行動する有名なシャフツベリ伯爵の要請により、さらに有名なジョン・ロックによって、これらの植民地のために政府の形態が準備されました。それは、構成する裁判所を提案した。そのうちの1人は終身官に選出されることになっていた所有者、遺伝的貴族、および議会、後者は2人の前者、および各地区の代表者で構成されます。全員が1つのアパートで会い、平等な意見を持つことになっていました。この不自然で馬鹿げた政府の計画は実際に適用されようとしましたが、それは実行不可能であることがわかりました。アルベマール郡では、それが暴動を引き起こした。したがって、それは放棄され、かつての領主植民地政府が復活しました。

1671年、セイル知事が亡くなり、クラレンドン知事のジョン・イーマンズ卿が彼の後任に任命されました。この出来事と、主にその土壌の不毛から生じた植民地のわずかな繁栄の結果として、この後の入植地の住民は、数年以内にチャールストンの住民に移され、その結果、3つの政府は減少しました2つに。広く分離されて、ノースカロライナとサウスカロライナの独特の名前がそれらに関して使われ始めました。

ノースカロライナ植民地

アルバマールまたはノースカロライナ植民地の進歩は、国内の不和によって長い間遅れていました。ロック氏の政府の計画を執行しようとしたことから、住民の反乱状態が発生しました。税金は莫大であり、商業上の制限は恥ずかしいものでした。 1677年、ニューイングランドからの密輸業者に対して歳入法を施行しようとした後、人々は政府に立ち向かい、植民地の大統領と6人の評議会のメンバーを投獄し、これを行った後、統治の特権を引き受けました。彼ら自身。

1683年に、所有者は、静かで満足感を取り戻すことを望んで、彼らの数の1つであるセスソテルを送りました。しかし、彼は既存の障害を増やすだけでした。 6年間、住民は彼の不当と抑圧に耐え、それから彼を捕らえ、そして彼を試みた後、彼を植民地から追放した。歴史家はかつてソテルについて次のように述べています。「彼の性格の暗い色合いは、一筋の美徳によって軽減されませんでした。」

バージニア州のフィリップ・ラッドウェルは、悪名高い厳格なソテルを引き継ぎ、彼が犯した過ちを是正しました。彼の下で、彼の後継者であるジョン・アーチデール卿は、1695年にクエーカー教徒で優秀な男であり、植民地に秩序が回復しました。移民が群がり始め、数年の間に領土の他のさまざまな部分が定住しました。土地の自由な割り当ては所有者によって行われ、ここでは宗教的迫害や外国での戦争の荒廃から逃れた多くの人々が平和でありがたい亡命を見つけました。これは、1707年に到着し、ヌース川の支流であるトレント川に定住したフランスのプロテスタントの会社と、1710年に迫害から逃れて同じ場所に植えた多数のドイツ人に特に当てはまりました。州の一部。

しかし、この植民地の住民はすぐに悲しく、そして多くの人にとって致命的な災難を経験する運命にありました。海岸のインディアンの部族は、かつては数が多く強力でしたが、入植者の事業の前に急速に減少していました。より内陸の部族、特にタスカローラ族とコア族にとって、これは彼らの繁栄の時代が急速に数えられていたことを誤解しないように示していました。彼らの前の見通しに悲しみ、憤慨した彼らは、他の部族と合流して、新しい入植者を完全に根絶しました。彼らが実行しようとしたこの目的は非常に成功し、1711年10月2日のある夜、ロアノーク川とパムリコ湾沿いの集落に属する130人を虐殺しました。

逃げ出した数人の入植者がサウスカロライナに急いで助けを求めた。クレイヴン知事は、バーンウェル大佐の下で、すぐに千人近くの兵士を援助に派遣した。彼が到着すると、彼はいくつかの行動で敵を打ち負かし、やがて彼らを彼らの要塞化された町に追いかけました。
結論。

しかし、それは短期間であることが証明されました。インド人は敵意を新たにし、南部植民地の支援が再び関与した。それに応えて、ムーア大佐は、有能な部隊と40人の白人男性と800人の友好的なインディアンと共に敵対的な領土に向かった。彼らはタスカローラ族の砦を縮小し、それに伴って800人の囚人を要した。この敗北によって崩壊し、落胆した部族は、1713年に北に移動し、5と呼ばれることもある偉大なイロコイ連邦の6番目の国になりました。この出来事の後、 シックスネイションズ。 1715年、コアーズと条約が締結されました。

1719年、植民地の開拓から現在まで続いていた所有権政府は、住民と所有者の間の困難のために終了しました。彼らの憲章は王冠によって無効にされ、王立政府が代用した。 1729年の10年後、所有者は、州が北とに分割された国王に、政府への権利と土壌への関心を放棄しました。サウスカロライナとその知事および評議会は国王によって任命されました。

サウスカロライナコロニー

The foundation of the Carteret or Southern Colony, was laid by Governor Sayle and emigrants accompanying him, in the settlement of Old Charleston, in 1670. Sayle fell victim to some disease of the climate early in the following year, and Sir John Yeamans, then Governor of Clarendon Colony, was appointed his successor. On being transferred, he drew after him a considerable portion of the latter colony.

The progress of the southern colony was, from the commencement, more rapid than the northern. Several circumstances contributed to this. The soil was more feasible and fertile. Many Dutch families from New York, dissatisfied with the transfer of their home to the English, in 1664, were ready to find a home here and, in 1671, shiploads of them were transported by the proprietors to Carolina, free of expense, and liberal grants of land were made to them. They chiefly concentrated at a place called ジェームズタウン, west of the Ashley River, where they were, from time to time, enforced by emigrants from Holland. The profanity and licentiousness of the court of Charles II, also, drove many Puritan refugees across the Atlantic, a considerable number of whom settled in Carolina.

In 1680, the people of Old Charleston, attracted by the more pleasant location of a point of land between thee rivers Ashley and Cooper, called Oyster Point, removed there, and there laid the foundation of the present City of Charleston, which, from that time, has had the honor of being the capital of the colony and state.

They were, however, immediately afterward, annoyed, and the safety of the place even endangered, by the hostile and predatory conduct of the Westoes, a powerful tribe of Indians in the neighborhood. Retaliatory measures became necessary numbers of the Indians were shot and others, who were captured, were sent into slavery in the West Indies. Fortunately, peace was made with them the following year.

In 1686, soon after the revocation of the edict of Nantes, by Louis XIV, a large number of Huguenots, or French Protestants, came over, and settled in the colony. To the English settlers, who were Episcopal, these refugees being of so different a faith, were by no means welcome and they were quite disposed to drive them from the colony, notwithstanding the latter had been introduced by the proprietors under an assurance of enjoying the rights of citizenship.

About this time, James Colleton, a brother of Sir John, was appointed governor, under an expectation that he would be able to reduce the people to a proper submission to proprietary authority, to which they had for a long time seemed averse. But his arbitrary conduct, in excluding refractory members from the colonial assembly, and in attempting to collect rents claimed by the proprietors as due, drove the people to open resistance. The public records were seized, the colonial secretary imprisoned, the governor defied, and, at length, banished from the colony.

In 1690, that notable person, Seth Sothel, who, for his corrupt conduct, had been driven from North Carolina in disgrace, appeared in the province, and was allowed by the people to assume the government. But, impelled by his avarice to acts of meanness and oppression, as formerly at the expiration of two years he was banished from the colony. Next, Philip Ludwell was appointed by the proprietors as the person to teach the South Carolinians submission and good manner but they were too turbulent, as he thought, and he became glad, at no distant day, to retire.

In 1695, John Archdale, the Quaker, was appointed governor, with power to redress all grievances. The people had long complained against their rulers, and had quarreled among themselves. Archdale, by a wise and conciliatory course, restored harmony, and removed the causes of civil dissatisfaction. He introduced a more republican form of government, thus restoring to the people rights and privileges which had been monopolized by the proprietors, or their agents.

One difficulty, however, still remained, and which he was compelled to leave to the 'softening influence of time' to remove. This was the jealousy and antipathy already alluded to, of the English Episcopalians against the French Protestants. The latter, it was contended, could not legally hold real estate in the colony that the French ministers could not lawfully solemnize marriages and that the children of the refugees must be debarred inheriting the property of their fathers.

But these animosities and differences found an end. When, at length, the inoffensive and even exemplary lives of these exiles, were observed by the English, and also their uniform and liberal efforts to sustain and advance the interests of the colony, prejudice and opposition yielded and, in a few years, the colonial assembly gladly extended to them all the rights of citizens and freemen.

Soon after the declaration of war in 1702, by England against France and Spain, called Queen Anne's War, Governor Moore proposed to the assembly of the colony an expedition against the Spanish settlement of St. Augustine, in Florida. To this the more considerate of the assembly were opposed but, the enterprise being approved by a majority, nearly ten thousand dollars were appropriated for the object, and twelve hundred troops raised, one half of whom were Indians. With the forces above named, and some merchant vessels impressed as transports, Governor Moore sailed for St. Augustine. The design for Colonel Daniel, an enterprising officer, was to proceed by the inland passage, and then attack the town by land, with a party of militia and Indians while Moore was to proceed by sea, and take possession of the harbor. Daniel advanced against the town, entered and plundered it, before the governor's arrival. The Spaniards, however, retired to the castle, with their principal riches, and with provisions for four months.

The governor, on his arrival, could effect nothing, for want of artillery. In this emergency, Daniel was dispatched to Jamaica for cannon, mortars, etc. During his absence, two large Spanish ships appearing off the harbor, Governor Moore hastily raised the siege, abandoned his shipping, and made a precipitate retreat into Carolina. Colonel Daniel, having no intelligence that the siege had been raised, on his return, stood in for the harbor, and narrowly escaped the ships of the enemy. In consequence of this rash and unfortunate enterprise, the colony was loaded with a debt of nearly thirty thousand dollars, which gave rise to the first paper currency in Carolina, and was the means of filling the colony with dissension and tumult.

The failure of this expedition was soon after, in a measure, compensated by a successful war with the Appalachian Indians, who, in consequence of their connection with the Spaniards, became insolent and hostile. Governor Moore, with a body of white men and Indian allies, marched into the heart of their country, and compelled them to submit to the English. All the towns of the tribes between the rivers Altamaha and Savannah were burnt, and between six hundred and eight hundred Indians were made prisoners.

In 1704, Sir Nathaniel Johnson succeeded Governor Moore and now, under his influence, a long-cherished object of the proprietors was accomplished. This was the establishment of the Church of England forms of worship as the religion of the province, and the exclusion of dissenters from all participation in the government. But, in 1706, these laws of exclusion or disfranchisement were repealed, by direction of the English Parliament, which decided that they were inconsistent with the laws of England. But the acts establishing the Church of England religion continued in force, until they were abrogated by the American Revolution.

In 1706, while yet Queen Anne's War continued, a French and Spanish squadron, consisting of a French frigate and four armed sloops, appeared before Charleston, with a design of annexing Carolina to Florida but, by the prompt and energetic efforts of the governor, seconded by Colonel Rhett and the inhabitants, this issue was averted. When, at length, the enemy had passed the bar, he sent a summons to the governor to surrender. Four hours were allowed him to return his answer. But the governor informed the messenger that he did not wish one minute. On the reception of this answer, the enemy seemed to hesitate, and attempted nothing that day.

The day succeeding, a party of the enemy, landing on James Island, burnt a village by the river's side. Another party landed at Wando Neck. The next day both these parties were dislodged the latter party being surprised, and nearly all killed or taken prisoner.

This success so animated the Carolinians, that it was determined to attack the enemy by sea. This was attempted with a force of six vessels, under command of Rhett but, on his appearance, the enemy weighed anchor, and precipitately fled.

In 1715, the province came near the verge of ruin, by reason of a combination of the Yamassees and other Indian tribes&mdashstretching from Cape Fear to Florida&mdashagainst them. The 15th of April 1715, was fixed upon as the day of their general destruction. Owing, however, to the wisdom, dispatch and firmness of Governor Craven, and the blessing of Providence, the calamity was, in a measure, averted, and the colonies saved, though at the expense during the war, of near four hundred of the inhabitants. The Yamassees were expelled from the province, and took refuge among the Spaniards in Florida.

In 1719, the people of Carolina, having been long disgusted with the management of the proprietors, were resolved, at all hazards, to execute their own laws, and defend the rights of the province. A subscription to this effect was drawn up, and generally signed. On the meeting of the assembly, a committee was sent with this subscription to the governor, Robert Johnson, requesting him to accept the government of the province, under the king, instead of the proprietors. Upon Johnson's refusal, the assembly chose Colonel James Moore governor, under the crown and on the 21st of December, 1719, the convention and militia marched to Charleston fort, and proclaimed Moore governor, in his majesty's name.

The Carolinians, having thus assumed the government, in behalf of the king, referred their complaints to the royal ear. On a hearing of the case, the privy council adjudged that the proprietors had forfeited their charter. From this time, therefore, the colony was taken under the royal protection, under which it continued until the Revolution. This change was followed, in 1729, by another, nearly as important. This was an agreement, between the proprietors and the crown, that the former should surrender to the crown their right and interest, both to the government and soil, for the sum of seventeen thousand five hundred pounds sterling. This agreement being carried into effect, the province was divided into North and South Carolina, each province having a distinct governor, under the crown of England.

ソース: A History of the United States, by Charles A. Goodrich, 1857



コメント:

  1. Evarado

    あなたはこれを読んで考えます...

  2. Sheiling

    Sorry to interfere, but, in my opinion, this topic is no longer relevant.

  3. Zolozuru

    これは単に驚くべきメッセージです

  4. Ragnorak

    あなたは、絶対に正しい。この中で何かが良い考えであり、私たちは維持します。

  5. Garaden

    ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、ご意見をお聞かせください。

  6. Niel

    それはただの素晴らしいアイデアです



メッセージを書く