完璧な太陽のスーパーストーム:1859年の太陽嵐

完璧な太陽のスーパーストーム:1859年の太陽嵐


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

キャリントンイベント
1859年9月1日の朝、アマチュア天文学者のリチャードキャリントンは、ロンドン郊外の彼の田舎の邸宅に併設された私有天文台に登りました。ドームのシャッターをクランキングして開いて澄んだ青い空を見せた後、彼は真ちゅう製の望遠鏡を太陽に向け、その表面をそばかす巨大な暗いスポットのクラスターをスケッチし始めました。突然、キャリントンは、黒点から噴出する「非常に明るく白い光の2つのパッチ」と彼が説明したものを発見しました。 5分後、火の玉は消えましたが、数時間以内にその影響は世界中で感じられました。

その夜、世界中の電信通信が失敗し始めました。電信機から火花が降り注いでいる、オペレーターに衝撃を与え、紙を燃やしているという報告がありました。地球全体で、色とりどりのオーロラが夜空を照らし、鳥がさえずり始め、労働者が太陽が昇り始めたと信じて毎日の雑用を始めたほど明るく輝いていました。世界の終わりが近づいていると考える人もいましたが、キャリントンの裸の目は、奇妙な出来事の真の原因、つまり100億個の原子爆弾のエネルギーを持つ大規模な太陽フレアを発見しました。フレアは帯電したガスと亜原子粒子を地球に向けて噴出し、その結果生じた地磁気嵐(「キャリントンイベント」と呼ばれる)は、地球を襲った記録上最大のものでした。

明るいフレア、暗い線
今日の情報スーパーハイウェイと比較すると、1859年の電信システムは単なる未舗装の道路だったかもしれませんが、「ビクトリア朝のインターネット」はニュースの送信、プライベートメッセージの送信、商取引の重要な手段でもありました。米国の電信オペレーターは、以前に雷雨とオーロラによる局所的な中断を観察していましたが、1859年の夏の衰退期に受けたワンツーパンチのような世界的な混乱を経験したことはありませんでした。

8月28日の夜、2回連続して発生した太陽嵐の最初の嵐が発生したため、北米全体の多くの電信線が動作不能になりました。ピッツバーグの電信マネージャーであるE.W.Culganは、結果として生じるワイヤーを流れる電流が非常に強力であるため、プラチナ接点が溶ける危険があり、回路から「火の流れ」が流れ出していると報告しました。ワシントンD.C.で、電信オペレーターのフレデリックW.ロイスは額がアース線をかすめたときにひどくショックを受けました。目撃者によると、火の弧がロイスの頭から電信機器に飛び込んだ。化学薬品を使用してシートに印を付けたいくつかの電信局は、強力なサージが電信紙を燃焼させたと報告しました。

9月2日の朝、2回目の嵐に起因する磁気騒乱は、電信オペレーターにとってさらに混乱を引き起こしました。 American Telegraph Companyの従業員が午前8時にボストンのオフィスに到着したとき、彼らはディスパッチを送受信することが不可能であることに気づきました。しかし、大気は非常に充電されていたため、オペレーターは信じられないほどの発見をしました。オーロラ電流のみを使用して、バッテリーを抜き、メイン州ポートランドに30〜90秒間隔でメッセージを送信できました。メッセージは通常の状態ほどシームレスに送信できませんでしたが、これは便利な回避策でした。午前10時までに、磁気障害は十分に弱まり、ステーションはバッテリーを再接続しましたが、午前中は送信が影響を受けました。

スカイオンファイア
電報がオンラインに戻ったとき、多くの人は前夜に目撃された天の光のショーの鮮やかな説明でいっぱいでした。フランスからオーストラリアへの新聞は、夜を昼に変えた華麗なオーロラの熱烈な描写を特集しました。サウスカロライナ州のサリバンズアイランドに住む女性の目撃証言の1つが、チャールストンマーキュリーで実行されました。「東の空は真っ赤に見えました。まるで満月、あるいは太陽が昇ろうとしているかのように、それはまさに東で最も明るく見えました。それはほぼ天頂まで伸びました。島全体が照らされました。海はその現象を反映しており、「海は血に変わった」と書かれている聖書の一節を考えずにそれを見ることができませんでした。光を反射する浜辺の貝殻は火の炭に似ていました。

空は真っ赤だったので、それを見た多くの人は、近隣の場所が燃えていると信じていました。南部のアメリカ人は、キューバとジャマイカで見られるほど赤道近くに移動したオーロラに特に驚いていました。しかし、他の場所では、真の混乱があるように見えました。サウスカロライナ州アビービルでは、石工が目を覚まし、時間に気づいてベッドに戻るまで、現場にレンガを敷き始めました。バージニア州ビールトンでは、ヒバリは午前1時に眠りからかき混ぜられ、震え始めました。 (残念ながら、オレンジ&アレクサンドリア鉄道の指揮者も目を覚まし、3人を射殺しました。)アメリカ中の都市では、人々は通りに立ち、天国の花火を見つめていました。ボストンでは、天の火を利用して地元の新聞を熟読し、読書に追いついた人もいました。

氷床コアのサンプルによると、キャリントンイベントは過去500年間で他の太陽嵐の2倍の大きさでした。今日の同様の嵐の影響は何でしょうか?全米科学アカデミーからの2008年の報告によると、電力網、衛星通信、GPSシステムへの影響により、「広範な社会的および経済的混乱」を引き起こす可能性があります。潜在的な値札? 1兆ドルから2兆ドルの間。


衝突する太陽の噴火が宇宙に「パーフェクトストーム」を生み出した

科学者たちは、2012年に太陽からの超高温プラズマの2つの爆発が互いにぶつかり合ったとき、宇宙天気の「完璧な嵐」を作り上げました。これは、宇宙時代の歴史の中で最も強力な太陽の噴火よりも強かったとのことです。 。

2012年7月22日と23日に発生した、2つの個別のコロナ質量放出(CME)の相互作用によって形成された太陽スーパーストームの新しい研究は、地球上の生命を混乱させる可能性のある宇宙天気イベントへの洞察を提供しています。 NASAの双子のSTEREO宇宙船で見られるように、ここで完璧な太陽嵐のビデオを見ることができます。

北京の国立宇宙科学センターのYingLiuが率いる国際チームは、NASAと欧州宇宙機関が共同で運営しているSOHO(Solar and Heliospheric Observatory)と、NASAの2つのSolar Terrestrial RelationsObservatoryによってキャプチャされた嵐の画像を調査しました。 (STEREO)衛星。 [太陽の怒り:歴史上最悪の太陽嵐]

「極端な宇宙天気嵐は定義上まれですが、私たちが想像するほどまれではないかもしれません」と劉は電子メールでSpace.comに語った。

パーフェクトストーム

2012年7月の太陽のスーパーストームの間、太陽は3回目の初期の放出に続いて、2回のショットを連続して宇宙に投げつけませんでした。太陽の向こう側で発生し、地球の近くを通過しなかった噴火は、互いに相互作用して、劉が完​​全な嵐と呼んだものを形成しました。

コロナ質量放出は、太陽が帯電したプラズマの巨大な雲を宇宙に吹き飛ばすときに発生します。 CMEのエネルギーと速度は、CMEが発生するアクティブ領域または黒点によって異なります。 CMEが地球の軌道に到達するまでに、その速度は宇宙を旅することによってさらに影響を受けています。

2つのCMEが極端な宇宙天気嵐を発生させるためには、それらはすばやく連続して発生し、可能な限り太陽の近くで相互作用する必要があります。これらの強力な放出は、それらが宇宙を移動するにつれて拡大しますが、それらの衝突する磁場はそれらの成長を阻害する可能性があります。

「2つのCMEが反応するために、まったく同じ経路に沿って移動する必要はありません」とLiu氏は述べています。 「パス間の差が幅よりも小さい限り、相互作用する可能性があります。」

研究者によると、最悪の状況を作り出すには、太陽風が後のペアに与える影響を最小限に抑えるために、3番目の大きなCMEが早期に発生している必要があります。

それらの前にパスがクリアされると、結合されたCMEは、平均3〜4日の時間よりもはるかに速く地球に向かって移動します。 2012年のイベントは、当時測定された最速の太陽嵐の1つであり、時速800万km(500万マイル)で宇宙を駆け抜けました。高速嵐は惑星間空間に衝撃を与え、エネルギー粒子と電波バーストを生成する可能性があります。

地球に向けられたCMEとスーパーストームによって形成された電場は、私たちの惑星の磁場と相互作用します。相互作用の積が嵐の強さを決定し、積が大きいほど、より激しいイベントが発生します。

2つのCME間の衝突は、太陽から遠く離れた場所でよく見られます。太陽に近いときにプラズマがさらに圧縮されると、放出が拡大するため、相互作用が不可能になります。

また、放出が急速に行われていなくても、強力な嵐が発生する可能性があります。最初のCMEが後流で移動するプラズマの経路をクリアすると、後続の各放出はより速く移動でき、完全なストームを作成するわけではありませんが、前の放出に追いつく可能性があります。

太陽は11年ごとに太陽極大期と太陽極小期の間で振動し、太陽極大期に活動が増加します。平均して、太陽は静かな期間中は1日おきに1つのCMEを放出し、最も活発な期間中は1日最大3つを放出します。研究者によると、2012年のイベントは、2013年の最大値を持つ歴史的に弱い太陽周期の間に発生し、そのようなイベントが以前に考えられていたよりも一般的である可能性があることを意味します。 [2014年のベストソーラーストーム写真(ギャラリー)]

新しい研究は本日(3月18日)オンラインでNatureCommunications誌に掲載されました。

太陽から流れる帯電した物質は、地球と衝突したときに壊滅的な影響を与える可能性があります。少量では、惑星の磁場と相互作用する太陽からの粒子は、オーロラと南の光としても知られている美しいオーロラディスプレイを作成することができます。大量投与では、結果はそれほどきれいではありません。

記録された最も強力な地磁気嵐は1859年に発生しました。キャリントンイベントとして知られる太陽嵐により、オーロラがロッキー山脈を明るく照らし、キューバとハワイで見られました。一部の電信機は、電源から切断されているにもかかわらずメッセージを送受信し続け、いくつかのオペレーターは感電を受けたと報告しました。

1989年3月13日、宇宙時代で記録された最強の単一嵐で地球に接続された強力な磁気嵐。太陽風の乱れに刺激されて、宇宙天気はカナダのハイドロケベック電力網の崩壊と最大9時間の何百万もの人々の電力の損失を引き起こしました。このイベントは、キャリントンイベントの3分の1の力しかありませんでした。

今日、世界中に広がる巨大な電気インフラストラクチャーで、キャリントンイベントと同じくらい強力な嵐は、今それが襲った場合、壊滅的な影響を及ぼしたいと考えています。米国の全米研究評議会宇宙研究委員会によると、極端な宇宙天気のコストは最大1兆ドルに達する可能性があり、連鎖的な社会経済的影響を考慮すると、4年から10年の潜在的な回復期間があります。単一の嵐はまた、衛星、GPSシステム、および電力網に大混乱をもたらす可能性があります。

科学者によると、完璧な太陽嵐の壊滅的な可能性は、それらを駆り立てるそれほど強力ではない単一のスポーンとともに、それらを研究し、よりよく理解する必要性を強調しています。


キャリントンイベント

1859年の太陽嵐&#8211 ウィキペディア、無料
百科事典
から ウィキペディア、 フリー百科事典 1859年の太陽嵐、別名
1859年
ソーラースーパーストーム、または キャリントンイベント、強力な太陽嵐でした

1859年の影響 キャリントンイベント 今日
2011年6月8日 どれだけ悪いことができますか
キャリントンイベント 私たちの電気および電子のために
インフラストラクチャー、
最悪のシナリオ?http:// en。ウィキペディア.org /ウィキ/

スーパーソーラーフレア&#8211NASAサイエンス
2011年9月20日 &#8220の160年の記録
地磁気嵐、 キャリントンイベント それは
最大。&#8221それ&#8217s
調べることで、さらに時間を遡ることができます

1859年の太陽嵐&#8211 キャリントンイベント
[enへのリンク。ウィキペディア.org] キャリントン
イベント
1859年の&#8211最​​大の太陽フレア
これまでに記録された(短いドキュメンタリー
イベントのビデオ)

1:40 1859年のキャリントンイベント&#8211これまでに記録された最大の太陽フレア。

2012年2月11日にorigsillywillyによってアップロードされました

1859年9月1日の正午の直前に、英国の天文学者リチャード・キャリントンは、これまでに記録された最大の太陽フレアを目撃しました。太陽フレアはプラズマ雲を放出し、それは最終的に地球に到達する前に、太陽の表面から18時間強移動しました。 1859年9月1日に夜明けが明けたとき、地球全体の空が赤、緑、紫の光で爆発し、新聞が日光のように読めるようになりました。キューバ、バハマ、ジャマイカの熱帯の緯度で、見事なオーロラが脈動しました。世界中の電信システムは大失敗しました。スパークはショックを受けた電信オペレーターを放電し、電信紙に火をつけます。電信オペレーターが回線に電力を供給しているバッテリーを切断した場合でも、ワイヤーの電流によってメッセージを送信することができました。今日、この種の暴風雨は、地球の衛星と地上の電力網に数十億ドルの損害を与える可能性があります。そして、ラジオや携帯電話の通信を妨害します。地磁気嵐の160年の記録された歴史の中で、キャリントンイベントは最大です。

8:50パーフェクトソーラーストーム&キャリントン

2011年10月2日にlittlejimmy95によってアップロードされました

完璧な太陽嵐とキャリントンイベント&#8211すべての可能性のための準備。今日、巨大なXクラスのフレアとCMEが太陽から噴出し、すでに地球に向かっている巨大な太陽嵐を見ると、私たちは何を期待できますか?キャリントンイベントは地球に到達するのに18時間かかりました!このヒストリーチャンネルのドコを見て、メモを取りましょう!


「空の銀色」:1859年の太陽嵐

昨夜、この緯度でこれまでに目撃された中で最も壮大な大気展示会の1つが開催されました。卓越した広がりと美しさのオーロラの展示は、天を占領し、最も特異な効果を生み出し、不思議な光景を目撃した何千人もの人々の賞賛と畏怖を刺激しました。

この記事は、 ニューヨークイブニングポスト、 1859年の太陽嵐として今日私たちが知っていることを報告していました。この種の記録上最大のこの大規模な嵐は、太陽の最も初期の天文観測のいくつかを行った英国の天文学者リチャード・キャリントンにちなんで、キャリントンイベントとしても知られるようになります。フレア。 1859年のフレアとその結果としての地磁気嵐は、世界中で見られるオーロラを生み出しました。

「顕著な大気現象—天国の風景」と題された報告書は次のように続けています。

東と西には、昇る太陽によって生成されるものとはまったく異なり、可能であればさらに美しい、明るいバラ色のフラッシュで着色された明るい雲の巨大なフィールドがありました。約10分間、このクライマックスは続きました。きらめく星に縁取られたルビーの冠は、天頂での誇らしげな位置を保ち、冷たい夜風に揺れる帝国列車のように、途方もない光の波が浮かび、下向きに震えました。時にはそれは、力強い手と伸ばした腕を、ルビーとダイヤモンドのブレスレットで手首に縛り付け、開いた手のひらを地球の祝祷のように保持し、光の指がほぼ遠くの地平線に到達することを示唆しました。

翌日 プロビデンスイブニングプレス 書きました:

今朝の12時から1時の間、天は日曜日の夜の壮大な現象に決して劣らないディスプレイで照らされました。北、北東、北西には、最初は満月のような光があり、通りのすべてがはっきりと見えていました。この光は波のように見え、大きさ、速度、色が異なっていました。ある瞬間、空は日曜日と同じくらい真っ赤になりました。 11〜2時になると、羅針盤のすべての点から奇妙な光が現れ、南と北に真っ赤な雲が浮かび、天頂から磁気ビームが放射され、一瞬一瞬が違っていました。最後。北から肌寒い風が吹いていました。

9月7日 アレクサンドリアガゼット で最初に公開された記事を転載 ボストンジャーナル 「オーロラの原因」と題され、現象のさまざまな説明を語っています。

これはまだ未定の質問です。大気のより高い領域で屈折した太陽の光に外観を帰する人もいれば、磁性流体の作用に帰する人もいます。—オイラーは、マイランが混合物から生じると考えた彗星の尾を形成した同じエーテルから進むと想像しました。太陽の大気と地球の大気の違い:しかし、電気の光の性質が知られるようになり、希薄な空気の中でのその出現が観察されたとき、これらの仮説はすべて共通の同意によって放棄され、それが何であれ、ほとんど疑いがありませんでしたそれが生成された自然のプロセスの詳細である、オーロラボレアリスは大気電気の影響でした。これは、オーロラ表示中の電信線の乱れによって確認されます。これは、通信を完全に中断することがよくあります。

デイリーオハイオ州議会議員、「オーロラ問題の解決」では、「ワイヤーの乱れ」の影響を確認する前に、以前に開催された説明も提供しました。

日曜日の夜と月曜日の朝に、オーロラの異常に素晴らしい展示会がありました。それは東から西まで北の天の半分をカバーしました。この不思議な光は、現象について最も矛盾した説明を進めてきた自然哲学者を困惑させてきました。北極の氷山からの太陽光線の後退に起因すると考える人もいれば、屈折は北極の氷や雪からのものであり、地球の大気の永続的な振動によって引き起こされる途方もない動きであると信じている人もいますが、磁気電信は問題を解決しました。日曜日の夕方、空が完全に澄んでいて、星が輝いていて、風がまだ残っているとき、唯一の珍しい外観は、北と東の天の赤みであり、ハリスバーグ[原文のまま]オフィスのオペレーターの1人がワイヤーに触れて彼が受けた衝撃の暴力によって、部屋の向こう側に投げられた。

オーロラの壮大な説明に続いて、 セーラムレジスター 発生に関する追加情報を提供しました。

電信への影響は、特にオペレーターによって頻繁に観察されています…。雷雨の間に生成された大気電気は、明るい火花とピストルのパチンという音を発するワイヤーから通過し、ワイヤーに長く留まることはありません。しかし、オーロラによって生成された電気は、突然の放電ではなく、連続した流れでワイヤーを通過します。これは、ガルバニ電池と同じ結果になります。

キャリントンイベント後の数日間で ボストントラベラー オーロラ電流によって送信された最初の会話のトランスクリプトを公開し、ボストンとポートランドのオペレーター間の対話は、9月6日版に転載されました。 アレクサンドリアガゼット.

NS ガゼット 記事は続く:

ワイヤーは、通常のバッテリーなしで、オーロラ電流で約2時間動作し、バッテリーを接続した場合よりも良好に動作しました。電流は交互に増減するように変化しましたが、電流の調整を段階的に行うことで、十分に安定した効果が得られ、ラインを非常にうまく機能させることができました。

ニューヨークヘラルド、9月5日に、現象について報告し、この安心感を提供しました。

多くの臆病で迷信的な人々は、コミュニティの最も啓蒙されたクラスの中でも、先週一晩中空が照らされていたオーロラの壮大な展示会が、世界に降りかかる。それは復活した古い迷信であり、むしろ死んだことのない迷信です。人間の存在の最も遠い時代から、大気現象は常に、少なくとも想像力において、災害と結び付けられ、結びつけられてきました。

NS ヘラルド 記事では、オーロラの表示に起因するいくつかの歴史的な災難について説明し、最終的にはライトショーの真の原因を発見する方法の提案を提供します。

哲学者は問題を解決できないので、なぜ飛行士はそれを試してみませんか?…彼らが気球に乗って上昇し、オーロラの基礎線を垣間見ようとするだろうとしましょう。これらの夜のいくつかを試してみることをお勧めします。彼らは少なくとも私たちに空中の見通しの壮大な説明を与えることができ、おそらくそれらが空の絹のようなものにすぎないかどうかという素晴らしい質問を決定することを可能にします。

部屋の向こう側に投げられたハリスバーグの電信オペレーターが証明できるように、キャリントンイベントと同様の大きさの太陽フレアと嵐は「空の銀色」以上のものです。それらは、衛星、送電網、およびコンピュータシステムに重大な混乱を引き起こす可能性があります。 2012年7月、キャリントン級の太陽スーパーストームが地球をわずかに逃し、ほんの数日前に占領していた地点で軌道を横切りました。いくつかの推定は、軌道が交差していれば、国の地域は10年間電力がないままにされていた可能性があることを示唆しました。


1859年の太陽嵐

1859年の太陽嵐は、1859年9月1日から2日まで、太陽コロナ質量放出(CME)が地球の磁気圏に衝突したときに発生し、歴史上最も強力な地磁気嵐として記録されました。 1859年の太陽嵐は、キャリントンイベントとしても知られており、太陽周期10の間に発生しました。

1859年8月28日から9月2日まで太陽に黒点がたくさん現れました。その後8月29日、オーストラリアのクイーンズランド州まで北に南のオーロラが観測されました。正午直前の9月1日、リチャードキャリントンとリチャードホジソンという名前の英国のアマチュア天文学者が、太陽フレアの最も初期の観測を記録しました。彼らがまとめた独立した報告書は、王立天文学会の月報に掲載されました。彼らの絵は、1859年11月の王立天文学会の会議にも展示されました。

太陽フレアは、地球に向かってまっすぐに移動した主要なCMEに関連していました。 1億5000万キロの旅をするのに17.6時間かかりました。そのCMEの高速性は、以前のCMEによるものと考えられており、8月29日に観測された大きなオーロラがキャリントンイベントの周囲の太陽風プラズマの道を切り開いた原因でもある可能性があります。

キャリントンは、スコットランドの物理学者バルフォア・スチュワートによって翌日のキュー天文台磁力計の記録で観測された地磁気太陽フレアと地磁気嵐のために、太陽と地球の接続を疑っています。アメリカの数学者エリアス・ルーミスによって編集され出版された1859年の地磁気嵐の影響に関する世界的な報告があり、これらはキャリントンとスチュワートの観測を支持しています。

1859年9月1日と2日が来たとき、地上の磁力計によって記録されたように、記録された最大の地磁気嵐の1つが起こりました。世界中でオーロラが見られました。実は、朝だと思って朝食の準備を始めた金鉱夫たちが、その輝きに目覚めたほどの明るさでした。オーロラは、コロンビアのように赤道に非常に近い低緯度でも見えました。

嵐の間、ヨーロッパと北アメリカのすべての電信システムは故障し、それは何人かの電信オペレーターに電気ショックを与えさえしました。電信パイロンは火花を放ち、電信紙に火をつけ、ジブリッシュを送信し、広範囲にわたる通信障害を引き起こしました。ライトショーと電磁嵐は2日間続き、その後消えました。


黒点周期の危険性

完璧な太陽のスーパーストーム:1859年の太陽嵐

www.history.com

今日の文化の中で、そのような出来事が何を引き起こす可能性があるかを想像してみてください。 1859年には、衛星コンステレーション、国の電力網、ラジオ、繊細な回路を備えたコンピューターはありませんでした。電信システムはかなりブルートフォースでした。今日、私たちの通信は多くの脆弱な機器に依存しています。キャリントンイベントは、電力網とインフラストラクチャに引き起こされる可能性のある広範囲にわたる破壊において、熱核交換よりも間違いなく悪いです。私たちには熱核交換の経験的知識がなく(単一兵器の爆発をテストすることからいくつかの情報がありますが)、1859年の太陽嵐についての知識が非常に限られているためです。いずれにせよ、ここでの私の目的は、どちらが悪いかを議論することではありません。どちらも同様の効果があります。このスレッドでの私の目的は、キャリントンイベント、CME、または熱核交換が、DEFCONのこのサブセクションでの私たちの目的が無線で通信することについてどのような影響を与えるかを検討することです。太陽と核爆発は、私たちがどれだけうまくコミュニケーションをとるか、あるいはコミュニケーションをとらないかに直接影響します。私たちは比較的静かないくつかの太陽周期を経験してきました。新しい作戦は、当時の作戦ではなかったか、若すぎるため、以前のより厳しい太陽周期を覚えていない可能性があります。読んだ予測に応じて---そして、災害時に保健福祉サービスの通信またはあらゆる種類の通信を行うことを検討している各操作は、さまざまな予測に精通し、検討し、他の操作と話し合うのに役立ちます。関係するさまざまなグループやネットワーク、さまざまな可能性がグループのコミュニケーション能力にどのように影響するか----特に、あらゆる規模での生存に不可欠な通信の場合 関与しています。災害通信に参加する作戦として、あなたは他の人々の命をあなたの手に握ることを忘れないでください。

今日はその好例かもしれません。私がこれを0136Z5 / 22で書いている時点で、SWPCサイトを見てください


記録上の最大の太陽嵐が今日起こった場合はどうなりますか?

専門家によると、1859年の太陽嵐の繰り返しは現代世界を荒廃させるだろうとのことです。

2月14日、太陽は4年間で最大の太陽フレアで噴火しました。これは、長距離飛行中の飛行機の無線通信とGPS信号を妨害するのに十分な大きさです。

太陽嵐が進むにつれて、バレンタインデーのフレアは実際には控えめでした。しかし、活動のバーストは、次の数年でピークに達するため、次の太陽極大期の始まりにすぎません。

コロラド州ボールダーの宇宙天気予報センターの所長であるトム・ボグダン氏は、今月初めにワシントンD.C.で開催された米国科学振興協会の会議で、「太陽にはハリケーンシーズンのような活動サイクルがある」と述べた。

「それは4年か5年の間冬眠していて、何もしていません。」現在、太陽は目覚めています。次の太陽極大期では、全体的な活動量が過去最低になる可能性がありますが、個々のイベントは非常に強力である可能性があります。

実際、NASAによると、記録上最大の太陽嵐は1859年に発生し、太陽極大期は私たちが入力しているものとほぼ同じサイズでした。

その嵐は、メガフレアを目撃し、太陽の活動と地球の地磁気擾乱との関連を最初に認識した英国の天文学者リチャード・キャリントンにちなんで、キャリントンイベントと呼ばれています。

キャリントンイベントの期間中、北の光はキューバとホノルルまで南に報告され、南の光はチリのサンティアゴまで北に見られました。 (バレンタインデーの太陽フレアによって生成されたオーロラの写真を参照してください。)

コロラド大学大気宇宙物理学研究所のダニエル・ベイカー氏は、昨年12月の地球物理学会議で、フレアは非常に強力だったため、「米国北東部の人々はオーロラの光だけで新聞の印刷物を読むことができた」と述べた。

さらに、地磁気擾乱は十分に強かったため、米国の電信オペレーターは、火花が機器から跳ね上がったと報告しました。火をつけるのに十分なほどひどいものもありました、とマサチューセッツ州ベッドフォードにある米国空軍研究所の宇宙物理学者、エド・クリバーは言いました。

1859年、そのような報告は主に好奇心でした。しかし、今日同様のことが起こった場合、世界のハイテクインフラストラクチャは停止する可能性があります。

宇宙天気予報センターのボグダン氏は、「危機に瀕しているのは、私たちの生活のほぼすべての側面の根底にある高度な技術だ」と語った。

太陽フレアは地球の「サイバー繭」を破壊するだろう

そもそも、コロラド大学のベイカー氏は、電信機を停止させたものと同じくらい強い電気的障害、つまり「時代のインターネット」ははるかに破壊的だろうと述べた。 (ナショナルジオグラフィック誌の「太陽—嵐の星と共に生きる」を参照してください。)

地球を狙った太陽嵐は3つの段階で発生しますが、すべてが特定の嵐で発生するわけではありません。

まず、高エネルギーの太陽光、主にX線と紫外線が地球の上層大気をイオン化し、無線通信を妨害します。次は、無防備な宇宙飛行士にとって潜在的に危険な放射線嵐です。

最後に、コロナ質量放出(CME)が発生します。これは、地球の大気に到達するまでに数日かかる可能性のある、ゆっくりと移動する荷電粒子の雲です。 CMEが衝突すると、太陽粒子は地球の磁場と相互作用して強力な電磁変動を生成する可能性があります。 (関連:「磁気シールドの亀裂により、予想される大きな太陽嵐が見つかりました。」)

「私たちは地球を包むサイバー繭に住んでいます」とベイカーは言いました。 「結果がどうなるか想像してみてください。」

特に懸念されるのは、携帯電話、飛行機、自動車に遍在するようになった全地球測位システム(GPS)の混乱です。 2003年には130億ドルのビジネスでしたが、GPS業界は2017年までに1兆ドル近くまで成長すると予測されています。

さらに、ベイカー氏は、衛星通信(これも多くの日常活動に不可欠)は、太陽嵐の危険にさらされるだろうと述べました。

「クレジットカードで1ガロンのガスを購入するたびに、それは衛星取引です」と彼は言いました。

しかし、大きな懸念は、太陽粒子によって引き起こされる電力サージが巨大な変圧器を吹き飛ばす可能性があるため、電力網に何が起こるかということです。太陽嵐のリスクに関する全国研究評議会の報告書の共著者であるベイカー氏は、このような変圧器の交換には長い時間がかかる可能性があると述べています。

米国空軍研究所のCliverは、「棚にこれらの多くはありません」と同意します。

米国の東半分は、電力インフラストラクチャが高度に相互接続されているため、特に脆弱です。そのため、障害はドミノのチェーンのように簡単にカスケードできます。

「1週間、1か月、または1年間、電力が供給されていない大都市を想像してみてください」とベイカー氏は述べています。 「損失は1〜2兆ドルになる可能性があり、その影響は何年にもわたって感じられる可能性があります。」

Even if the latest solar maximum doesn't bring a Carrington-level event, smaller storms have been known to affect power and communications.

The "Halloween storms" of 2003, for instance, interfered with satellite communications, produced a brief power outage in Sweden, and lighted up the skies with ghostly auroras as far south as Florida and Texas.

Buffing Up Space-Weather Predictions

One solution is to rebuild the aging power grid to be less vulnerable to solar disruptions.

Another is better forecasting. Scientists using the new Solar Dynamics Observatory spacecraft are hoping to get a better understanding of how the sun behaves as it moves deeper into its next maximum and begins generating bigger storms. (See some of SDO's first sun pictures.)

These studies may help scientists predict when and where solar flares might appear and whether a given storm is pointed at Earth.

"Improved predictions will provide more accurate forecasts, so [officials] can take mitigating actions," said Rodney Viereck, a physicist at the Space Weather Prediction Center.

Even now, the center's Bogdan said, the most damaging emissions from big storms travel slowly enough to be detected by sun-watching satellites well before the particles strike Earth. "That gives us [about] 20 hours to determine what actions we need to take," Viereck said.

In a pinch, power companies could protect valuable transformers by taking them offline before the storm strikes. That would produce local blackouts, but they wouldn't last for long.

"The good news is that these storms tend to pass after a couple of hours," Bogdan added.

Meanwhile, scientists are scrambling to learn everything they can about the sun in an effort to produce even longer-range forecasts.

According to Vierick, space-weather predictions have some catching up to do: "We're back where weather forecasters were 50 years ago."


North Magnetic Pole Moving Due to Core Flux :

The facts are : Earth’s north magnetic pole is racing toward Russia at almost 40 miles (64 kilometers) a year due to magnetic changes in the planet’s core, new research says.

“The core is too deep for scientists to directly detect its magnetic field. But researchers can infer the field’s movements by tracking how Earth’s magnetic field has been changing at the surface and in space. Magnetic north, which is the place where compass needles actually point, is near but not exactly in the same place as the geographic North Pole. Right now, magnetic north is close to Canada’s Ellesmere Island.”

Note: National Geographic contacted Roxy Lopez of The Truth Denied in August of 2012 and asked many questions regarding here mini documentary on pole shifts: Please view this important short trailer here:

When they contacted Roxy Lopez about her film, they also asked questions about yet another viral interview she did on 2012 Pole shift: Watch it hear with guest Howard Stein. This interview from 2011 has over 250K hits . Alarming information.

We will have a follow up interview with Howard Stein on Tuesday 12-11-12 as well an article that will aid the public with preparations. Be sure to tune in, or simply put THE TRUTH DENIED on you RSS feeds so you can continue to receive alerts.

Please join Roxy Lopez every Tuesday Night 8-10 PM EST for the most informative shows on these subjects that matter to YOU!


コンテンツ

The eruption tore through Earth's orbit, hitting the STEREO-A spacecraft. The spacecraft is a solar observatory equipped to measure such activity, and because it was far away from the Earth and thus not exposed to the strong electrical currents that can be induced when a CME hits the Earth's magnetosphere, [2] it survived the encounter and provided researchers with valuable data.

Based on the collected data, the eruption consisted of two separate ejections which were able to reach exceptionally high strength as the interplanetary medium around the Sun had been cleared by a smaller CME four days earlier. [2] Had the CME hit the Earth, it is likely that it would have inflicted serious damage to electronic systems on a global scale. [2] A 2013 study estimated that the economic cost to the United States would have been between US$600 billion and $2.6 trillion. [3] Ying D. Liu, professor at China's State Key Laboratory of Space Weather, estimated that the recovery time from such a disaster would have been about four to ten years. [4]

The record fastest CME associated with the solar storm of August 1972 is thought to have occurred in a similar process of earlier CMEs clearing particles in the path to Earth. This storm arrived in 14.6 hours, an even shorter duration after the parent flare erupted than for the great solar storm of 1859.

The event occurred at a time of high sunspot activity during Solar cycle 24.


Carrington Event still provides warning of Sun’s potential 161 years later

On 28 August 1859, a series of sunspots began to form on the surface of our stellar parent. The sunspots quickly tangled the Sun’s magnetic field lines in their area and produced bright, observed solar flares and one — likely two — Coronal Mass Ejections, one major.

The massive solar storm impacted our planet on 1-2 September 1859, causing widespread disruption to electrical and Telegraph services and spawning auroras visible in the tropics.

Officially known as SOL1859-09-01, the Carrington Event as it has become known colloquially showcased for the first time the potentially disastrous relationship between the Sun’s energetic temperament and the nascent technology of the 19th century.

It also resulted in the earliest observations of solar flares — by Richard Carrington (for whom the event is named) and Richard Hodgson — and was the event that made Carrington realize the relationship between geomagnetic storms and the Sun.

Coming just a few months before the solar maximum of 1860, numerous sunspots began to appear on the surface of the Sun on 28 August 1859 and were observed by Richard Carrington, who produced detailed drawings of them as they appeared on 1 September 1859.

The same day that the sunspots appeared, strong auroras began to dance around Earth’s magnetic lines, visible as far south as New England in North America. By 29 August, auroras were visible as far north as Queensland, Australia, in the Southern Hemisphere.

Richard Carrington’s drawings of the sunspots of 1 Sept. 1859, including notations (“A” and “B”) where the solar flare erupted from (“A”) and where it disappeared (“B”). (Credit: American Scientist, Vol. 95)

At the time, the link between auroral displays and the Sun was not yet known, and it would be the Carrington Event of 1859 that would solidify the connection for scientists not only due to observations performed by Carrington and Hodgson but also because of a magnetic crochet (a sudden disturbance of the ionosphere by abnormally high ionization or plasma — now associated with solar flares and Coronal Mass Ejections) recorded by the Kew Observatory magnetometer in Scotland during the major event.

On 1 September, Carrington and Hodgson were observing the Sun, investigating and mapping the locations, size, and shapes of the sunspots when, just before noon local time in England, they each independently became the first people to witness and record a solar flare.

関連項目

From the sunspot region, a sudden bright flash, described by Carrington as a “white light flare,” erupted from the solar photosphere. Carrington documented the flare’s precise location on the sunspots where it appeared as well as where it disappeared over the course of the 5 minute event.

The major CME event traversed the 150 million km distance between the Sun and Earth in just 17.6 hours, much faster than the multi-day period it usually takes CMEs to reach the distance of Earth’s orbit.

Follow-up investigations over the last century and a half point to the auroral displays of the 28 and 29 August 1859 as the clue for why the 1 September CME traveled as fast as it did. It is now widely believed and accepted that a smaller CME erupted from the Sun in late-August and effectively cleared the path between Earth and the Sun of most of the solar wind plasma that would normally slow down a CME.

By the time the 1 September event observed by Carrington and Hodgson began, conditions were perfect for the massive storm to race across the inner solar system and slam into Earth within just a few hours.

Late on Aug. 16, the Sun released a B1-class solar flare, the second smallest and a relatively common class of flare. The activity occurred in an otherwise quiet area of the Sun. Images from our SDO show the flare in 3 different wavelengths: https://t.co/GbHpIJLxTY pic.twitter.com/BBPoBpXthk

&mdash NASA Sun & Space (@NASASun) August 20, 2020

When the CME arrived, the Kew Observatory’s magnetometer recorded the event as a magnetic crochet in the ionosphere. This observation, coupled with the solar flare, allowed Carrington to correctly draw the link — for the first time — between geomagnetic storms observed on Earth and the Sun’s activity.

Upon impact, telegraph systems across Europe and North America, which took the brunt of the impact, failed. In some cases, telegraphs provided electric shocks to operators in other cases, their lines sparked in populated areas and — in places — started fires.

The event produced some of the brightest auroras ever recorded in history. People in New England were able to read the newspaper in the middle of the night without any additional light. Meanwhile, in Colorado, miners believed it was daybreak and began their morning routine.

The auroras were so strong they were clearly observed throughout the Caribbean, Mexico, Hawaii, southern Japan, southern China, and as far south as Colombia near the equator in South America and as far north as Queensland, Australia near the equator in the Southern Hemisphere.

The strength of the Carrington Event is now recognized in heliophysics as a specific class of CME and is named after Richard Carrington.

Historical evidence in the form of Carbon-14 trapped and preserved in tree rings indicates that the previous, similarly energetic CME event to the one in 1859 occurred in 774 CE and that Carrington-class Earth impact events occur on average once every several millennia.

Still, lower energy CMEs erupted from the Sun and impacted Earth in 1921, 1960, and 1989 — the latter of which caused widespread power outages throughout Quebec province in Canada. These three events are not considered to have been of Carrington-class strength.

However, a Carrington-class superstorm did erupt from the Sun on 23 July 2012 and narrowly missed Earth by just nine days, providing a stark warning from our solar parent that it is only a matter of time before another Carrington-class event impacts Earth.

Coming shortly after the 2012 near miss, researchers from Lloyd’s of London and the Atmospheric and Environmental Research agency in the United States estimated that a Carrington-class event impacting Earth today would cause between .6 and $2.6 trillion in damages to the United States alone and would cause widespread — if not global — electrical disruptions, blackouts, and damages to electrical grids.

Cascading failures of electrical grids, especially in New England in the United States, are also particularly likely during a Carrington-class event. Power restoration estimates range anywhere from a week to the least affected areas to more than a year to the hardest-hit regions.

Electronic payment systems at grocery stores and gas stations would likely crash, electric vehicle charging stations — that rely on the power grid — would likely be unusable for some time, as would ATMs which rely on an internet and/or satellite link to verify account and cash disbursement information.

The world’s heliophysics fleet of spacecraft that keep constant watch on the Sun. (クレジット:NASA)

Television signals from satellites would be majorly disrupted, and satellites, too, would experience disruptions to radio frequency communication, crippling GPS navigation.

Planes flying over the oceans would likely experience navigation errors and communications blackouts as a result of the disrupted satellite network.

Astronauts onboard the International Space Station would either seek shelter in one of the radiation-hardened modules of the outpost or, if enough time permitted and the CME event was significant enough, enter their Soyuz or U.S. crew vehicle and come home.

The question of exactly how to best protect astronauts on the Moon or at destinations farther out in the solar system is an on-going discussion/effort.

Unlike 1859, however, today, we have an international fleet — including the Solar Dynamics Orbiter, SOHO, the Parker Solar Probe, and the European Space Agency’s (ESA’s) Solar Orbiter — of vehicles constantly observing the Sun and seeking to understand the underlying mechanisms that generate sunspots, solar flares, and Coronal Mass Ejections, which while linked to one another do not automatically follow each other.

Understanding the underlying mechanisms that trigger CMEs and how severe they would be is a key driving force for heliophysicists. But even with the current fleet in space, all scientists can really do at this moment is provide — at best — a multi-day warning that a CME has occurred and is heading toward Earth.

Simply having a multi-day warning would give us time to shut down power stations and transformers, stop long-haul and transoceanic flights, and basically hunker down and wait for it to pass. The best we could do now is simply try to minimize the damage.

It would take a large financial and time and workforce commitment to preemptively rebuild power grids and communications systems in a way that they could fully withstand a Carrington-class CME, and that is something governments around the world have shown little to no interest in doing.

Still, the Parker Solar Probe from NASA is literally diving into the solar corona to try to unlock the mystery of how Coronal Mass Ejections form and accelerate to incredible velocities as they leave the Sun. What’s more, ESA’s Solar Orbiter mission is attempting to complement that data by looking at the Sun and observing it from an orientation never before possible.

But a harsh truth remains: 161 years after the Carrington Event, the world is still not prepared for a large-scale solar storm and what it would do to us.

The nine day near miss of the 2012 Carrington-class event should have been a major wake-up call, especially given technological advancements and our dependence on it for everyday life.

But it’s warning does not appear to have been heeded as well as it should have.

(Lead image: A Coronal Mass Ejection erupts from the Sun on 2 December 2002 as seen by the Solar and Heliospheric Observatory — SOHO)



コメント:

  1. Zolorn

    私はあなたが間違っていると思います。午後に私にメールしてください、私たちは話します。

  2. Lorne

    私はそれらに同意しません

  3. Winfield

    これはすでに議論されていると確信しています。

  4. Lindberg

    全くない。知っている。



メッセージを書く