ベトナムの写真撮影

ベトナムの写真撮影


&#8216Rain in Our Hearts&#8217:ベトナムの歩兵の象徴的な写真

ジャングルをハッキングした後、Alpha Companyは休憩を取り、NickKnowltonはコカコーラを楽しんでいます。

歩兵はライフルと一緒にカメラを持って、戦争中の兵士の日常生活を記録しました

彼がブーンをこぶしたとき 1969年から1970年までベトナムの歩兵として、ジェームズ・アレン・ログはライフル、リュックサック、ニコンノス35mmカメラを携行していました。

彼は銃撃戦が勃発したときにカメラを落としたが、キャンプ、村、日差しと雨の中で、アルファ社、第4大隊、第31歩兵連隊、第196軽歩兵旅団、第23歩兵の田舎、民間人、仲間の市民兵士の画像を撮った。師団(アメリカ)。

ジムは、南ベトナム北部のクアンティン省にある着陸帯西部の野外と山頂の基地で、2,500枚以上の白黒画像とカラー画像を撮影しました。これは、数十年後、彼と私が長い旅に出たときに命を救うのに役立ちました。一緒。

ジムの40年間の写真撮影のキャリアの後、彼のベトナムの写真は、長い間ファイルされていましたが、心的外傷後ストレス障害の精神的クリープを後退させるのに役立ちました。

退役軍人省のカウンセラーからのアドバイスを受けて、ジムは戦争写真を発掘し、それらが何であるかを見ました。残忍な紛争の画像であり、今ではコンピューター画面に無害な捕虜になっています。

しかし、彼が若い頃に永遠に凍ったアルファの戦士はどうですか?

その質問は私たちを全国的なオデッセイに送りました。私たちは妻に別れを告げ、アメリカを横断して、見つけたすべてのアルファ兵士と、私たちと話すことに同意するだろう人にインタビューしました。 70人が見つかりました。台所のテーブルでコーヒーを飲みながら、多くの退役軍人が「ベトナムについて話したことはありません」と言い始めました。

それから彼らは戦前、戦中、戦後の自分たちの生活について何時間も話しました。ジムと一緒に、彼らは笑って泣きました、そして皆は彼らが仕えることを誇りに思っていると言いました。

彼らの言葉と私の言葉は、ジムの素晴らしいイメージとともに、本にまとめられました。 私たちの心に雨が降る、ベトナムセンターとサムジョンソンアーカイブのキャンパスホーム近くのラボックにあるテキサステックユニバーシティプレスによって発行されました。 V

この記事は、2021年4月号に掲載されました。 ベトナム 雑誌。からのより多くの物語のために ベトナム 雑誌、ここで購読し、Facebookで私たちをご覧ください:


「ナパームガール」:世界を変えた写真

&#8220Napalm Girl&#8221は、1972年にベトナム戦争の恐怖について米国国民に衝撃を与えた有名な写真です。写真は裸の9歳の少女が助けを求めて痛みで叫び、国際的なジャーナリストのカメラに向かって走っているところを示しています。彼女は、ベトナムのタイニン省チャンバンの小さな村で米軍がナパーム弾を爆撃した後の幸運な生存者の一人でした。

1972年6月7日、北ベトナム軍(VNA)が南ベトナムの町チャンバンを占領しました。 VNAは、空爆や大砲を回避するのに役立ったため、村人の間に隠れることがよくありました。

死傷者を防ぐために、多くの村人が逃げて村の仏教寺院に避難しました。その中には、写真のナパームガールの主人公の女の子であるキムフックも含まれます。 2日目、戦闘は寺院にどんどん近づいていきました。何人かの村人は、早すぎる運命に会うためだけに寺院から逃げることを決心しました。ナパーム弾を含む爆弾が村に降り立ち、VNAを殺害した。

脱出中にキムフックのいとこが亡くなり、彼女の体の半分以上がひどく火傷しました。キムは、サイゴンの病院に連れて行ったベトナム人写真家のニック・ウトの助けがなければ、爆弾が投下されてから数時間後に亡くなったでしょう。

ニックは1972年にAPの従軍記者として働いていました。

ニックは、有名な「ナパームガール」の写真を撮ったとき、AP通信で働いていました。彼の写真は1972年にピューリッツァー賞を受賞し、ベトナム戦争を変えた写真と名付けられました。

ニックの写真への愛情は、元AP通信の写真家である兄から来ました。彼はベトナム戦争をカバーしている間に27歳で1965年に殺されました。

兄が亡くなった後、ニックは1966年にAPでの仕事に応募しました。A.P。のサイゴンオフィスの写真ディレクターであるホルストファースは、ニックが兄のように戦場で死ぬのではないかと恐れて、最初にニックを断りました。

ニックは彼の主張で暗室で最初の仕事に就き、その後間もなく彼は兄のように従軍記者になりました。彼は、戦争を変える可能性のある写真を作成するという兄の夢を実現しました。

昨年10月、&#8220Napalm Girl&#8221の写真は、過去50年間で最も強力なニュース画像に選ばれました。英国の聴衆を対象にヒストリーチャンネルが実施した世論調査では、この写真が世界を変えた写真のリストのトップになりました。投票の37%を獲得しました。この写真は、これまでに撮影された最も影響力のある100枚の写真のTIMEのリストにも含まれています。

ピューリッツァー賞を受賞した写真&#8220Napalm Girl&#8221は、1972年にNickÚtが撮影したものです。

興味深いことに、ハンフリープログラムのために米国に来たとき、私はこの有名な写真をよく見ました。時々、ウィリアム・B・シルコック博士のジャーナリズムの歴史の授業でその写真を見ることがありました。別の時、私はワシントンD.C.のニュース博物館に展示されている写真を見ました。

&#8220Napalm Girl&#8221の写真は通常、戦争の恐怖と写真のメッセージの貴重な役割を説明するための例として撮影されました。去年の11月、カリフォルニア州ロサンゼルスでフォトジャーナリストのニック・ウトとつながる機会がありました。この写真についておもてなしのインタビューを受けました。


ベトナム戦争の象徴的な画像

ベトナム戦争の最も象徴的な画像を特定するのは難しいですが、生の性質のおかげで人々を悩ませている重要な画像がいくつかあります。

ThíchQuảngĐứcの焼身自殺–マルコム・ブラウン

の焼身自殺 僧侶ThíchQuảngĐức 南ベトナム政府による仏教徒への迫害に対する抗議として起こった。戦争の文脈を要約した暴力的な現実。

マルコムブラウンは 西洋の写真家だけ 僧侶が次の数日以内に何か大きなことが起こるだろうとマスコミに知らせたにもかかわらず、彼はなんとか犠牲を捕らえることができました。

ベトナム政府はマスコミを支配しましたが、ブラウンの犠牲の記録のおかげで、この途方もない抗議行動は世界的な日の目を見ることになりました。

画像自体は本当に 当時の象徴的なイメージ.

サイゴン通りの大まかな正義&#8211エディ・アダムズ

画像は示しています グエン・ゴク・ローン将軍がベトコン将校を殺害 として知られている グエンヴァンレム.

YouTubeでもまだ利用できる映像があるため、この瞬間がすぐに起こったことはわかっていますが、エディアダムズの素早い反射神経のおかげで、静止画像が存在し、モーションフィルムよりも強力です。

この画像は実際に 正確な死の瞬間 弾丸がグエンヴァンレムの頭を出るとき。

この画像はによって見られました 全世界、。絶えず示されているこのような画像は、人々が戦争の恐ろしさについて自分自身の自己認識を形成するのに役立ちました。

戦争の恐怖&#8211 Huynh Cong Ut

この画像は、戦争の恐ろしい悲劇について語っています。写真は、9歳の裸の少女、ファン・ティー・キム・フックがカメラに向かって走り、チャンバン村での北ベトナム軍に対する南ベトナムのナパーム弾攻撃から離れているところを示しています。

虐殺の報道による文書は、推定425人の殺害された民間人の何人かを人々に示しました。


ベトナムのカメラマン

彼らは自分たちを「シューター」と呼んだが、これまでに撮影したのは映画だけだった。ベトナムで奉仕した米空軍の戦闘カメラマンにとって、戦争の記憶は決して衰えることはなく、写真家がそこで撮影した何千もの画像に凍結されています。

彼らの任務は野心的で、気が遠くなるようなものでした。空軍の戦闘への参加の子孫と実用的な知性の記録です。ミッションはうまくスタートしませんでした。 Michael R.Potochickはそれを証明することができます。

1964年に生まれたばかりの中尉であるポトチックは、「映画の役員」として喜んで務め、ハリウッドのスタジオに頻繁に出入りし、空軍のトレーニング映画の制作を監督していました。アジア。基幹要員に過ぎなかった彼は、急速に本格的な戦争になりつつあることを記録するように命じられました。 Potochickは入隊した要員を監督したことはありませんでした。彼は航空写真を撮ったことがありません。彼は戦闘服を着たことさえありませんでした。 &#8220私は非常に準備ができていませんでした&#8221と彼は言います。

彼は、サイゴン郊外のタンソンニャット空軍基地で、写真家、映画用カメラオペレーター、映画技術者の約20人の男性を指揮しました。 Potochickを含むすべての人は、戦闘任務を飛行する必要がありました。彼らはまた、爆弾やミサイルの攻撃を記録するために使用される攻撃機のカメラポッドを維持する責任がありました。ポッドが抗力を増加させ、飛行機の速度を落とし、燃料を燃やしたため、パイロットは彼を好きではありませんでした。空軍の諜報員は、ポッドからフィルムを処理するのに非常に時間がかかったため、彼を嫌っていました。

&#8220私たちが&#8217dが彼らの写真を取り戻すまでに、それは数週間になる可能性があります&#8221Potochickは言います。 &#8220その時までに、彼らは&#8217dが使命を忘れていました。とてもイライラしました。&#8221

そしてその仕事は危険でした。ポトチックと彼の部下の3人は、サイゴンでの手榴弾攻撃で負傷した。彼の1年間の任務のツアー中に、敵の地上火災から600近くのヒットを持続したことで有名な、C-123Kプロバイダーの輸送機関である&#8220Patches&#8221で枯葉剤のミッションを撮影しているときに、有毒な除草剤エージェントオレンジにさらされました。 (飛行機は本日、オハイオ州のライトパターソン空軍基地にある米空軍国立博物館に展示されています。)

ポトチックがステートサイドに戻ってから4か月後の1966年2月、空軍は第600写真飛行隊を活性化し、偵察を除く東南アジアのすべての空軍写真サービスの提供を任務としました。ユニットは最終的に南ベトナムとタイの16の分遣隊に散らばっている550人以上の人員を含むように成長するでしょう。

戦隊の最初の司令官であるジェームズP.ワーンドルフ大佐は、1967年に空軍の報告者に、静止画と戦闘映像の処理を高速化するという絶え間ないプレッシャーにさらされていたと語った。ワーンドルフは、ある空軍中佐が彼を講義したと述べています。&#8220あなたの目標は、パイロットが次のミッ​​ションを飛行する前に、最後のミッションのフィルムを見せることです。&#8221

2人のT-39セイバーライナーは、空軍の写真ラボが24時間稼働している、離れた飛行場からより大きな基地に露出したロールを泡立てるために待機していました。 1967年1月と2月の間に、戦隊は63万フィートのフィルムを開発しました。このような出力では、技術者は休日なしで12時間、多くの場合3か月から4か月連続で作業する必要がありました。ワーンドルフによれば、数人の男性が緊張の下でひび割れ、入院しなければならなかった。少なくとも1人が自殺した。

最後の米軍がベトナムから撤退する11か月前、1973年3月、第600写真飛行隊は非活動化されました。今日、800人近くの空軍兵、兵士、船員、海兵隊員が、多くの現役および予備の戦隊に所属しており、総称して戦闘カメラとして知られています。

サイゴンの写真家マイケル・フェリッティ、1970年(デイブ・スパイチャー)

空軍のチーフマスター軍曹ダグラスW.モレルが燃えている飛行機からパラシュートで降下しなければならなかったのは、第二次世界大戦中、ルーマニア上空での爆撃を撮影していたときでした。 25日間、彼は捕獲を回避し、ユーゴスラビアとアルバニアをハイキングした後、.45口径のピストルと100ドルの金貨を使用して、漁師に連合国占領下のイタリアに連れて行くよう説得しました。 2か月後、モレルのB-24は、プロイエシュチの油田でドイツ空軍の戦闘機に襲われました。再び、彼はリベレーターが爆発する数秒前になんとか脱出することができました。他の5人の乗組員はそれほど幸運ではありませんでした。モレルは結局、捕虜収容所で60ポンドを失ったドイツの捕虜収容所に行き着きました。

&#8220ダイエットをするのにとても良い方法です&#8221彼は今日冗談を言います。

98歳のとき、モレルは軍事ビデオグラファーの守護聖人と広く見なされています。映画を通じて戦闘ストーリーテリングの芸術を実際に発明したことで彼を信用している人々は、彼を単に伝説として知っています。 &#8220ストーリー&#8217sだけです&#8221はモレルが言います。 &#8220それは常に重要です。&#8221

&#8220ダグモレルは、歴史を捉え、画像のためにすべてを危険にさらす勇気と犠牲を払うために、コンバットカメラの意味に本当の意味を与えました。若い空軍兵として、彼自身が伝説に会うことは幸運であると考えました。

1969年2月28日のベトナムでの最初の戦闘任務で、50歳の誕生日を恥ずかしがりながら、57mm機関銃の火が彼のO-2スカイマスターにタグを付けたとき、モレルはホーチミントレイル上空のセンサードロップを撮影していました。観測機の左翼が炎上し、ロケットポッドに危険なほど接近した。パイロットは彼に保釈するように命じた。モレルは二度言われる必要はありませんでした。

&#8220目を閉じていたのは、これらの大きな古いプロペラが回転しているだけだったからです&#8221と彼は言います。 &#8220そのうちの1つがどうして私を捕まえなかったのか、私にはわかりません。&#8221

彼は降りる途中で木にぶつかり、かかとを骨折した。ヘリコプターに救助される前に9時間隠れていたモレルは、サバイバルラジオを使用して、飛行機を空から撃ち落とした対空砲台への戦闘機の攻撃を指示しました。彼の努力は彼に勇気のためのブロンズスターを獲得するでしょう。残念ながら、彼のパイロットは捕虜として4年間捕虜になりました。

モレルは、被災したバードドッグから飛び降りたときに写真機材を失ったその日を記録するフィルムがないことを嘆きます。

&#8220空軍は私を軍法会議にかけませんでした&#8221彼は1969年以来住んでいたカリフォルニア州ハイランドの自宅から笑いながら言います。&#8220しかし彼らも私を宣伝しませんでした。&# 8221

ピート・シールは航空を中心に育ちました。彼の父は、戦後の第二次世界大戦でB-25ミッチェル爆撃機を飛行中に殊勲飛行十字章を受け取り、小型航空機を操縦しました。ですから、ベトナム戦争の最盛期にシールが空軍に加わったとき、それはほとんどストレッチではありませんでした。

彼はセントルイスのワシントン大学で建築を勉強していましたが、3学期後、彼の人生は「あまりにも腐敗し、組織化された」と判断しました。大学在学中に、彼は自分の建築の写真を撮るためにカメラを購入しました。モデル。空軍は彼の才能を認め、彼を写真家にした。彼は2年間、デンバーのローリー空軍基地の写真ラボに配属された後、18か月の戦闘ツアーに志願しました。

&#8220私はそれを壮大な冒険と見なしました&#8221は、今日フォートコリンズにあるコロラド州立大学のジャーナリズム教授であるSeel(68歳)は言います。 &#8220人々は私がクレイジーだと思った。&#8221


城塞での戦い

モバイル出身のグランサムは高校を中退し、友人のフレディ・スリフトと職人として働き始めました。ドラフトが迫る中、2人は1967年に海兵隊に加わった。「海兵隊は最高の戦闘機であると評判であり、とにかくベトナムに行くつもりなら、彼らは最高の戦闘機で行くほうがよい」とボーデンは書いている。

グランサムとスリフトは、一緒に参加すれば一緒にいられると信じていましたが、サウスカロライナ州のパリスアイランドのブートキャンプに到着する前から離れていました。グランサムはスリフトの2週間前に卒業し、第5海兵連隊に行ってM60機関銃の分隊に加わりました。

「グランサムは、一緒にいた海兵隊員が残酷であることに気づきました。しばらくすると、なぜ彼らがそうだったのか理解しましたが、それでも彼を悩ませることはありませんでした」とボーデンは書いています。

この感覚は、仲間の海兵隊員がベトナムについて話している方法と彼らがベトナム人と交流した方法など、日常の観察から生じました。 「人間の感情と行動の通常の規則は中断されたように見えた」とボーデンは指摘する。

フエでの戦闘の多くを通して、海兵隊員は通りや路地だけで敵から離れていることに気づきました。海兵隊は敵の火を枯らし始めたため、甚大な犠牲者を出しました。

グランサムの経験も例外ではありませんでした。 「彼が負傷した日、彼の機関銃部隊の他の4人全員が破片に襲われた」とボーデンは書いている。 「彼だけが無傷でした。彼は彼らを一つずつ引きずって覆いました。」

他の人を実行して銃を回収した後、グランサムは通りを駆け下り、角にある家に向かって走りました。そこでは、誰かが銃が必要だと叫んでいました。

ボーデンの説明によると、目的地の前の最後の家に着くと、グランサムは立ち止まって角を曲がったところをのぞき、敵の​​兵士がライフルを向けているのを見つけた。彼は家の後ろに潜り込み、弾丸のあられをかろうじて避けた。それから彼は後部窓に銃を構え、彼に発砲した兵士に向かって撃った。

火を交換した後、グランサムは別の窓の外を覗き見しました。その時、彼は胸を四角く叩かれました。

「バスにぶつかったような気がした。足を後ろに倒し、背中に着地した」とボーデンは書いている。

別の海兵隊員が彼の傷を治療し始めました。

「彼のシャツは引き裂かれ、彼が息を吐き出したときに血が穴から噴き出し、吸い込もうとしたときに彼に吸い戻されたのを見ることができた」とボーデンは書いている。 「海兵隊員はセロハンをタバコのパックから取り出し、傷口に詰めました。それから彼はその上に湿布を置き、胸と首に包帯を巻いてしっかりと縛りました。」

グランサムの肋骨のいくつかが粉々になり、彼の作業中の肺が血で満たされないように彼は横向きになりました。他の海兵隊員は、彼がドアに入れられて戦車に運ばれるまで、彼を目覚めさせました。セカンドエイドステーションで彼は到着し、タンクから降ろされてボディバッグに詰め込まれた後、誰かが彼が実際に死んでいないことに気づきました。

手術後、彼は日本の陸軍病院に移送されました。彼は3月末までにまた歩いていた。彼はベトナムでマラリアにかかったことに気づき、日本にいる間に腸チフスにかかった。 50ポンドを流した後、彼は回復を続けるためにフロリダに送られました。そこに着くと、医者が彼がまだ腸チフスを持っていることを発見したとき、彼は隔離されました。

彼は一年間病気でした。医師たちは最終的に、ベトナムの赤痢の発作から残ったアメーバを肝臓で発見しました。

「彼は1969年4月まで再び正常に感じなかった」とボーデンは書いている。


19世紀のベトナムに対するセピア調の外国人の視点

写真家ジョン・トムソンによる「若いサイゴンの女性」は、186年から1868年頃にベトナムで撮影された最初の写真の1つです。
写真では、女性はを着ています ao nam than (5部構成のドレス)。 4つの部分は夫婦の両親を表しており、5番目の部分は着用者を象徴していると言われています。衣装には常に5つのボタンがあり、儒教における5つの一定の美徳、つまり優しさ、礼儀正しさ、正直さ、知恵、忠実さを表しています。
写真は今月初めにベトナムで出版されたテリー・ベネットの本で紹介されています。

ソンラの北部州の男性少数民族グループの女性。
写真は1925年に匿名のレンズマンによって撮影されました。 「ベトナムの初期の写真」は、フランス植民地支配の世紀におけるベトナムの写真の絵画的記録です。ここで初めて公開された500枚以上の写真の中で、この巻はベトナムのフランス人による捕獲と占領、そしてベトナムの多様な民族と文化を記録しています。

夫がラオカイ州北部の男性少数民族グループの女性。

この老夫婦の写真は、1890年代にAurélienPestelによって撮影されました。
年代順に整理された6つの章で、この本は植民地時代の文脈をスケッチしています。冒険家または植民地時代の兵士、あるいはその両方として同時にアジアに旅行した著名な写真家、主にフランス人の作品です。また、ベトナムでの写真撮影の初期にベトナム人のレンズマンを紹介します。

AurélienPestelによって捕らえられた19世紀のベトナムの子供たち。

1890年代にAurélienPestelが撮影した「ベトナムの家族」の写真。

「ゆりかごの中の子供」は、1922年頃、北部のバクニン州にある「Namky-Photo」という名前の写真店によって撮影されました。

皇后トゥクンは1935年にベトナムのNghiemXuanThucが撮影したタンホア省中央部を訪れました。

この本には、ベトナムの自然の写真も掲載されています。この写真では、フランスのフェルナンドナダルが、1920年代にサイゴンの近くに住んでいた住民が釣りに行く瞬間を捉えました。

フランスの医師であり探検家でもあるチャールズエドゥアールホッカードが撮影した、1884年から1885年頃のバクニンの北部州。
「この本はベトナムでの写真撮影の完全な歴史ではありません。しかし、それは最初の輪郭、予備的な地図、多くの足跡が横断されたルートを記録することを提供することができます」とテリーベネットは彼の本について言いました。


バイオグラフィー

レハーンはフランスのノルマンディーのバイユーで生まれました。熱心な旅行者である彼は、カメラを持って35か国以上を航海した後、海岸沿いの町ホイアンに定住しました。ベトナムとその文化は、彼がフランスのNGOであるLes Enfants du Vietnamとの人道的任務中に初めて訪れて以来、彼にインスピレーションを与えました。


誰かと呼ばれる 「彼のモデルの魂をとらえる」 (Wanderlust Travel Magazine、2018年)、Réhahnはカメラの後ろにいる単なる男ではありません。

それぞれの写真の後ろには物語があります。それぞれの画像は、経験の集大成です。彼の主題の物語と、彼らの文化、多様性、変化する伝統についてもっと学ぶことへの情熱が、レーハーンの仕事を推進しています。

良いつながり(そして写真)は、敬意を持って始めなければなりません。信頼が有機的に構築されるように、私は常にカメラを片付け、会う人に十分な注意を払います。

—レハーン

レハーンのユニークな組み合わせ ファインアート写真 ドキュメンタリースタイルは、情報を提供し、魅了するイメージを生み出します。彼のベトナム、キューバ、インドの肖像画は、まさにこの理由で特によく知られています。彼らは視聴者を航海に連れて行き、人々との本物の相互作用を垣間見ることができます。彼は彼らの笑顔、彼らの知恵、彼らの日常生活をとらえています。

マダムソンの象徴的な肖像画

2011年に、彼は彼の人生とキャリアのコースを変えるであろう女性に会いました&#8211 Bui ThiXong。

72歳の遊覧船の船長は、ホイアンの川を上下に浮かんで一生を過ごしました。レハーンが写真を撮ってもいいかと尋ねると、彼女は笑って口を覆った。結果の画像、 &#8220隠された笑顔&#8221、レハーンのキャリアの中で最も重要な写真になりました。それは世界中で出版され、最終的には現代ベトナムの最も象徴的なイメージの1つになりました。

写真家にとってより重要なことは、この出会いがXongとの生涯にわたる友情を開始し、彼に刺激を与えたことです。 ギブバックプロジェクト.

私にとって、この写真は本物のベトナムを代表するものです。それは謙虚さとユーモア、老後と幸福をブレンドします。それは今私のミューズになった女性の真の精神、忘れられないマダム・ソンを包含しています。

—レハーン

マダム・ソンの写真を賞賛するエマニュエル・マクロンとグエン・フー・チョン

2015年には、 ハバナのアジアンハウス博物館、キューバは、その恒久的なコレクションのために「隠された笑顔」を選びました。 1年後、ハノイ女性博物館はそれを国際女性デーの常設コレクションに追加しました。

ベトナムの党書記であるグエン・フー・チョン(現ベトナム大統領)は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領に「隠された笑顔」の版を贈った。。この最高の瞬間は、2018年にフランスとベトナムの45年間の友情を祝う公式式典で発生しました。 ((式典のビデオを見る)

「HiddenSmile」はRéhahnの最初の本の表紙を飾った 「ベトナム、コントラストのモザイク第1巻」 2014年。ベトナムの27,000枚の写真からキュレーションされ、この本はベストセラーになり、29か国以上で販売されました。

本の成功に続いて、Réhahnはリリースしました 「ベトナム、コントラストのモザイク」の第II巻と第III巻 2015年と2020年に。各ベストセラーの本は、ベトナムの多様な風景、ライフスタイル、文化を紹介しています。

このシリーズに加えて、彼は2つのコーヒーテーブルエディションをリリースしました。 「「コレクション、写真の10年」(2018年)と「100の象徴的な肖像画」(2019) 彼の写真作品は、ベトナムに加えて、キューバ、マレーシア、中南米、インド亜大陸で展示されています。

ムノン族のキム・ルアン

レハーンの作品は、多様な文化を敏感に描写することに重点を置いています。写真 "親友" (2014)は、ベトナムの民族グループとのアーティストの作品の最も高く評価されている画像の1つです。象の前で祈る6歳の少女は、ムノン族が動物と持つ独特の結合を表しています。

親友」は25か国以上で発行され、コンデナストトラベラー、タイムズ、BBCなどの雑誌の表紙に取り上げられました。 2015年、写真の3部(1 x 1.5 m)のみの最後のオリジナル限定版がアムステルダムのコレクターに17,000米ドルで販売され、&#8220ベトナムでこれまでに販売された中で最も高価な写真&#8221 (フォーブスベトナム)。

2015年には、キューバのハバナにあるアジアンハウスミュージアムの常設コレクションの一部になりました。

青い目をした少女、アン・フォックの最も有名な肖像画

レハーンは、写真を成功させる秘訣は尊敬であると常に信じてきました。それでも、それは彼の小さな出会いでした 青い目のチャムの女の子 それは本当にこの哲学を固めました。 2014年にベトナム中部でAnPhuocとその家族に会ったとき、彼は彼女の肖像画を撮りたいと思っていました。家族の躊躇により、写真家はカメラを片付け、時間をかけて信頼を築くようになりました。偶然の出会いは、レハーンとアンフォックの家族の間のインスピレーションと生涯にわたる友情の物語になりました。

肖像画を成功させる秘訣は、テクニックとは関係がなく、被写体との本物の意味のあるつながりを持つことと関係があります。

—レハーン

フランスのGlobe-Trottersand Geo誌の表紙だけでなく、National Geographic、BBC、Business Insider、IndependentUKなどの国際メディアでも取り上げられました。 「Phuoc」 と一緒にアーティストの3つの最も象徴的な写真の1つになりました 「隠された笑顔」"親友".

2016年には、「ÉchappéesBelles」、人気のあるフランスの旅行プログラムは、写真の航海でレハーンと一緒に続き、彼の作品を彼の母国に紹介しました。このイベントは彼のキャリアにおける重要な一歩を示しました。それ以来、彼の作品はフランスやヨーロッパのファインアートコレクターの間で非常に人気があります。

博物館の一部

レハーンの作品は、ファインアートとドキュメンタリー写真の境界線を曖昧にすることがよくあります。彼の周りの世界に対する絶え間ない好奇心を武器に、彼は常により深い物語を求めています。

貴重な遺産プロジェクト ベトナムに存在する54の多様な民族についての情報を探す方法として始まりました。それは、各部族の文化遺産、職人技、物語を調査し、文書化するためのほぼ10年の長い旅へと発展しました。レハーンは2019年にこの目標を達成しました。

ベトナムに来る前は、これほど多くの言語、伝統、そして別々の文化的アイデンティティが共存できる国を想像することはできませんでした。これらの部族グループについて発見すればするほど、つかの間の遺産がいかにあり得るかを実感しました。この貴重な遺産のいくつかを生かしておくことがいかに重要であるかを実感しました。

—レハーン

2017年、 プレシャスヘリテージコレクション 肖像画や伝統的な衣装の数々は、芸術家の貴重な遺産博物館に恒久的な家を見つけました。ベトナムのすべての民族グループの情報、写真、工芸品を展示する、この種の文化博物館は世界で唯一です。ユネスコの世界遺産に登録されているホイアンの古代の町にある貴重な遺産博物館のコレクションは、100枚以上の写真、62の伝統的なワードローブのアンサンブルで構成され、5つの部屋と500平方メートルにまたがっています。

衣装のほとんどは、各村の長からレハーンに渡されました。博物館は、その贈り物を称え、共有する方法として、完全に無料で公開されています。

レハーンは、ベトナムに住む人々の多様な文化的アイデンティティについての認識を広めるために、文書化されていないサブグループについてより多くの情報を探すという彼の使命を続けています。

自宅では、彼は写真と人道主義の仕事と本を集めることへの情熱の間で時間を分けています。

古い本のページをめくるときほど安心することはありません。私の手には歴史のスリルと、これからの知識の興奮があります。

—レハーン

レハーンのファインアート写真コレクションは、彼の3つに展示されています。 RÉHAHNギャラリーのカラー。 2つはユネスコの世界遺産であるホイアンエンシェントタウンにあり、2つはサイゴンにあります。1つは歴史的なドンコイ通りにあり、もう1つはインターコンチネンタルサイゴンホテルにあります。


&#8220平和運動&#8221の驚くべき側面を示すベトナム戦争の抗議の動く写真

抗議の歴史は長く複雑なものです。同じ言語を話し、共通の目的で団結することができる人々のグループが存在する限り、組織化する能力は、政治的および社会的変化のための効果的なツールでした。 20世紀半ばには、幅広い抗議運動が繰り広げられました。人々はアフリカ系アメリカ人、女性、チカーノを巻き込んだ市民権運動の組織化と行進を始め、大学のキャンパスの学生はより組織化されました。

1960年代半ば、抗議者たちは組織の力を利用して外交政策に影響を与えることができることに気づき、別の社会運動が出現した。平和運動は1960年代半ばに始まり、ベトナム戦争への米国の関与に反対し、市民権運動の多くのメンバーが戦争の終結を支持し、終戦への反対を世界的な運動に変えました。 。

メディアは、米国のベトナム戦争に反対する上で重要な役割を果たしました。戦争の両側の荒廃と残忍さの画像とビデオはすぐに一般に公開され、それらは運動の弾薬でした。終戦の支持者は、ほとんどの場合、衝撃値のために標識を使用しました。いくつかの抗議はドラフトオフィスの前で行われ、そこでは抗議者がドラフトカードを燃やし、警察はしばしば徴兵または自発的な兵役のために現れた人々を護衛して保護しなければなりませんでした。平和のために組織したにもかかわらず、いくつかの抗議は暴力的になり、彼らが意図したものとは反対に終わった。抗議者は警察と衝突し、場合によっては警察は残忍な力を行使した。これらの画像はいくつかの抗議の物語であり、平和運動が常に平和であったとは限らないことを私たちに思い出させます。

警察は、抗議者がオークランド誘導センターに到着する人々に干渉するのを阻止します。サンフランシスコクロニクル、1967年10月17日。http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111437 バーニングモンク、1963年6月11日。反戦運動につながった最も衝撃的な写真の1つ。仏教の僧侶が、南ベトナム政府による仏教徒の扱いに抗議するために火をつけた。マルコムブラウン/ APによる写真。 http://time.com/3791176/malcolm-browne-the-story-behind-the-burning-monk/#1 A protestor mails his draft card back to the Selective Service at an anti-war protest on October 20, 1967. Photograph by Bruce Hopkins/Tucson Citizen. http://tucson.com/news/retrotucson/photos-vietnam-war-protests-in-tucson/collection_ffb397d4-3547-51b2-ba9e-7894bfef9d52.html#3 A protestor puts flowers into the rifles of guns at a protest at the Pentagon, October 21, 1967. Photograph by The Washington Post/Getty Images. https://www.theguardian.com/us-news/2017/oct/21/1967-vietnam-war-protest-american-division A protestor holding a sign, &ldquoNixon&rsquos Peace Plan is a Bomb,&rdquo 1970. Unknown photographer. http://www.vintag.es/2015/04/30-color-photographs-of-anti-vietnam.html Protester David M. Rehfield burns his draft reclassification card at an anti-war protest in downtown Tucson, AZ. December 5, 1967. Photograph by Dave Acton/Tucson Citizen. http://tucson.com/news/retrotucson/photos-vietnam-war-protests-in-tucson/collection_ffb397d4-3547-51b2-ba9e-7894bfef9d52.html#3 Police respond to a protest against the Vietnam War at George Washington University, 1971. http://www.vintag.es/2015/04/30-color-photographs-of-anti-vietnam.html A man has to step over protesters at the Selective Service Office as he reports to be sworn into the Army. December 5, 1967. Photograph by Bill Hopkins/Tucson Citizen. http://tucson.com/news/retrotucson/photos-vietnam-war-protests-in-tucson/collection_ffb397d4-3547-51b2-ba9e-7894bfef9d52.html#3 April 27, 1967: a protestor at the Harlem Peace March to End Racial Oppression. Photograph courtesy of Builder Levy. http://www.amistadresource.org/civil_rights_era/black_opposition_to_vietnam.html December 5, 1967: protestors sit in front of a bus carrying drafted service members, preventing it from taking off. Photograph by Bill Hopkins/Tucson Citizen. http://tucson.com/news/retrotucson/photos-vietnam-war-protests-in-tucson/collection_ffb397d4-3547-51b2-ba9e-7894bfef9d52.html#3 Clashes between the police and protesters at an anti-war protest becomes violent, knocking many protesters to the ground. San Francisco Chronicle, October 20, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111436 U.S. Marshals physically remove a protester from the anti-war protest at the Pentagon, October 22, 1967. Wikimedia Commons. Protesters and police clash at the Oakland Induction Center protest. San Francisco Chronicle, October 17, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111445 Injured hospital intern John Ibetinis treats another injured war protester at the Oakland Induction Center protest. San Francisco Chronicle, October 17, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111451 The LAPD removes a demonstrator from a protest at the Century Plaza Hotel, June 23, 1967. Photograph: Frank Q. Brown/Los Angeles Times. http://beta.latimes.com/visuals/photography/la-me-fw-archives-1967-anti-war-protest-turns-violent-20170620-story.html Police attack war protesters with clubs at the Oakland Induction Center protest. San Francisco Chronicle, October 20, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111457 November 11,1971: protesters lay on the ground pretending to be dead to call awareness to the death toll in Vietnam. Washington, D.C. Photographed by Dorothy Mader. https://www.swarthmore.edu/Library/peace/Exhibits/Dorothy%20Marder/MarderExhibit2_files/MarderExhibit2.html A protester is grabbed by his shirt by a police officer. San Francisco Chronicle, October 20, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111458 Demonstrators at an anti-war protest in Wichita, Kansas.米国国立公文書館。 http://all-that-is-interesting.com/vietnam-war-protests#9 Medical professionals treat injured war protesters at the Oakland Induction Center protest. San Francisco Chronicle, October 20, 1967. http://www.sfchronicle.com/thetake/article/1967-Vietnam-War-protest-photos-show-savagery-by-12338190.php#photo-14111459


Combat Photographer: Vietnam through the lens of Marine Corporal William T. Perkins, Jr.

The Vietnam War was the nation's first televised war. Within hours, combat footage of young Americans in uniform in the jungles of South Vietnam could be seen in living rooms across the country. Among those capturing the footage was Corporal William T. Perkins Jr., a 20-year-old Marine deployed to Vietnam as a combat photographer.

Armed with a Bell and Howell 16mm motion picture camera and his personal 35mm still camera, Perkins documented the actions of his fellow Marines as they supported and defended the South Vietnamese people against the communist Viet Cong and North Vietnamese forces. For his heroism in protecting those Marines, Perkins became the only combat photographer ever honored as a recipient of the Medal of Honor.

Born on August 10, 1947, Perkins grew up hearing rich stories of his family's military service in the Civil War and World War II. After Perkins expressed an interest in photography, his father bought him a Kodak camera that he used to learn about the hobby while a member of his high school photography club. After graduation, in 1965, Perkins enrolled at Los Angeles Pierce College to study photography. Restless and patriotic, the following year Perkins enlisted in the Marine Corps.

During boot camp, Perkins expressed a desire to be a Marine photographer. After receiving this assignment, to his chagrin, he found the work as a still photographer at Marine Corps Supply Center, Barstow, California, dull and unfulfilling. "All I do is take photos of the general in parades," he told his family, as his father recalled years later.

That fall, Perkins requested assignment to the U.S. Army Signal Center at Fort Monmouth, New Jersey, to receive training in motion picture photography. His headquarters agreed, but with a caveat: Perkins could attend the school, but his follow-on assignment would likely include service in the Republic of Vietnam. Undeterred, Perkins headed east and eagerly immersed himself in the art. "I can't believe how lucky I am to be doing exactly what [I want] to be doing," he wrote home to his family.

On July 17, 1967, Perkins arrived in the Republic of Vietnam. The following day in Phu Bai, the Marines assigned Perkins as a photographer with Service Company, Headquarters Battalion, 3d Marine Division (Reinforced), and issued him a Bell and Howell 16mm Filmo motion picture camera and a .45 automatic pistol. The Bell and Howell proved Perkins's primary weapon in the field, supplemented with his personal 35mm still camera. Almost weekly, Perkins mailed his family rolls of his film, taken throughout the Marine bases in the northern provinces of South Vietnam.

Below are examples of photographs Perkins took during his travels in and around the northern provinces of the Republic of Vietnam in August and September 1967, paired with words he wrote home in letters to his family.

On October 11, Perkins joined the men of Charlie Company, First Battalion, First Marine Regiment, for Operation Medina. The operation intended to find, fix, and destroy enemy North Vietnamese Army (NVA) bases in the Hai Lang National Forest. The following day, NVA forces ambushed the Marines in a shower of grenades and bullets. As the ambush intensified, other Marines established a defensive perimeter where they cleared fields of fire and prepared a landing zone to fly out the 11 wounded and one killed and bring in reinforcements. Medevac helicopters arrived that afternoon and Perkins filmed the entire operation.

Just as the last helicopter flew off from the clearing in the dusk's fading light, all hell broke loose. Three NVA companies assaulted Charlie Company on two sides. Enemy blast and fragmentation grenades rained down upon the Marines from NVA soldiers who tied themselves high up in the trees on the perimeter edge. Green tracers of the enemy weapons slashed across the American lines as friendly red tracers answered back, the roar of battle punctuated by screams of the wounded. Enveloped by darkness, Perkins took up a position by a log on the edge of the landing zone perimeter together with Marine Corporal Fred Boxill and Lance Corporals Michael Cole and Dennis Antal.

Enemy fire was relentless. Suddenly, an enemy grenade appeared in the air, silhouetted against the flash of another explosion. Antal saw the grenade falling, as did Perkins. Propping himself up on his arms, his Bell and Howell still strapped to his chest, Perkins cried out "incoming grenade" as the explosive landed behind the log, three feet from the huddled Marines. Perkins dove at the grenade, kicking Antal in the process, and tucked it securely beneath his chest. The grenade exploded, the blast lifting Antal in the air as shrapnel wounded both him and Boxill.

As a fellow Marine treated the two wounded men, a navy corpsman arrived to check on Perkins. When Antal asked, "Is he all right?" the corpsman shook his head. As dawn broke on October 13, 1967, eight Marines—including Perkins—lay dead, 39 men were wounded, and 40 enemy lay dead scattered in and around the landing zone perimeter.

In a private ceremony at the White House on June 20, 1969, President Richard M. Nixon presented Corporal Perkins's posthumously awarded Medal of Honor to his parents, William and Marilane Perkins. The citation accompanying the decoration proclaimed how Perkins,

in a valiant act of heroism, hurled himself upon the grenade absorbing the impact of the explosion with his own body, thereby saving the lives of his comrades at the cost of his own. Through his exceptional courage and inspiring valor in the face of certain death, Corporal Perkins reflected great credit upon himself and the Marine Corps and upheld the highest traditions of the United States Naval Service. He gallantly gave his life for his country.

Fifty years after his heroic deed, Perkins's actions are not forgotten. In the Medal of Honor section of the museum's exhibition The Price of Freedom: Americans at War, visitors will be able to view Perkins's posthumously awarded Medal of Honor and Purple Heart beginning in early November 2017. These decorations accompany Perkins's Bell and Howell camera, bearing the scars of an enemy grenade and dirt from the Hai Lang Forest. The camera is on loan to us from the National Museum of the Marine Corps this display is the first time the camera and Medal of Honor have ever been presented together. They'll be on display here for at least a year. Perkins's films from his time in Vietnam remain preserved for viewing at the National Archives in College Park, Maryland. His footage captures the faces and actions of his fellow Marines, images preserved by a selfless young man whose love of country and photography made him a national hero.

Frank Blazich Jr. is a curator in the Division of Armed Forces History.


ビデオを見る: ベトナム ハノイ美人 撮影会 Vietnam Hanoi beauty girl photo shooting Chụp ảnh xinh gai Hà nội việt nam