ドイツ国民は1945年にスイスに入国するためにビザが必要でしたか?

ドイツ国民は1945年にスイスに入国するためにビザが必要でしたか?

私は第二次世界大戦の終結直後にヨーロッパで演じられる物語を研究しています。キャラクターがいます

  • ドイツ市民であり、
  • スイスへの旅行

1945年(ナチスドイツの降伏後)、彼女は連合国の占領下で生活したくないからです。

この人は合法的にスイスに行くためにビザが必要ですか?ドイツ難民(東ドイツから逃げる民間人)に特権はありましたか?


厳密に言えば、入国にビザは必要ありませんでした。しかし、合法的に入国し、そこにとどまるために必要になるでしょう。どこからでもドイツ人には特権はありませんでしたが、スイス人が受け入れた理由を引用する人々とスイスの人々との関係を文書化した人々には特権がありました。ソビエト占領下のドイツからの歓呼だけでは、受け入れられた理由のリストで特に高くはないでしょう。


ワーナービショフ:1945年5月3日のスイスとドイツの国境にある聖マルガレーテンの町:捕虜と強制労働者がスイスに渡るのを待つ
(マグナムフォトグラファーがスイスをどのように見ているか)

この写真は、次の写真とは対照的です。

難民
ドイツと国境を接する中立国として、スイスはナチスからの難民にとって容易に到達できました。しかし、スイスの難民法は、特にドイツから逃げるユダヤ人に関しては厳しく、第二次世界大戦の終わり以来論争を引き起こしてきました。 1933年から1944年まで、難民の亡命は、政治活動のみのために個人的な脅威にさらされていた人々にのみ許可されました。人種、宗教、民族などの理由で脅威にさらされていた人々は含まれていません。この定義に基づいて、スイスは1933年から1945年の間にわずか644人に亡命を許可しました。これらのうち、252件が戦争中に認められました。他のすべての難民は、個々のカントンによって許可され、カントンに住むことはできるが働くことはできない「許容許可」を含む、さまざまな許可が与えられました。戦争の過程で、スイスは30万人の難民を収容しました。これらのうち、104,000人はハーグ条約で概説されている中立国の権利と義務に従って抑留された外国軍でした。残りは外国の民間人であり、州当局によって抑留されたか、寛容または居住許可を与えられました。難民は仕事をすることを許されなかった。難民のうち、60,000人はナチスによる迫害から逃れた民間人でした。これらのうち、26,000から27,000人はユダヤ人でした。 10,000人から24,000人のユダヤ人民間難民が入国を拒否された。スイスは他のどの国よりも多くのユダヤ人難民を抱えていましたが、これらの難民はすでに物資が減少しているという理由で入国を拒否されました。入国を拒否されたスイス政府の代表は、「私たちの小さな救命ボートは満員です」と述べました。戦争の初め、スイスのユダヤ人の人口は18,000人から28,000人で、総人口は約400万人でした。戦争の終わりまでに、スイスにはすべてのカテゴリーの115,000人以上の難民を求める人々がいました。これは、一度に最大数の難民を表しています。

難民政策は次第に厳しくなっているようです。

ドイツが西ヨーロッパから集中収容所にユダヤ人を移送し始めたちょうどその時(1942年8月)、スイスは国境を閉鎖すると発表しました。「ユダヤ人などの人種的理由で逃げる難民は、政治亡命の資格がありません。」この動きは、とりわけ宗教指導者による執り成しにつながり、議会の討論につながり、連邦参事会はその決定をいくらか緩和することになった。その結果、病気の妊婦、65歳以上、16歳未満の子供、6歳未満の子供を持つ親、スイスの近親者は引き返されませんでした。戦争中、約2万人のユダヤ人難民が国境で追い返され、約1万人のビザ申請が拒否されたと推定されています。
戦時中のスイス(1914-1945)

誰もが緑の国境を越えて不法に侵入した可能性がありますが、そこにとどまるには公式の文書が必要になります。そのためには、最初にビザが必要になり、その後、将来の計画に一致するために必要な残りの書類を申請します。あなたはただ国境に現れて、すぐに背を向けられるリスクを受け入れるかもしれません-あるいは、入れてください。

それが公式の方法です。もっと興味深いのはもちろん、 Fluchthelfer また Passeure:スイスの人々。普通の偽造者や犯罪者から、例外を作ったり文書を改ざんした人道的な役人まで。

当時の法律に反して脱出支援を提供したスイス人は罰せられ、かなり後にリハビリされました。ブダペストのスイス副領事として、カール・ルッツは6万人以上、つまり生き残ったハンガリー系ユダヤ人の約半分を、違法に書類を発行することでナチスの絶滅から救いました。それは彼らがパレスチナに向けて出発することを可能にしました。 23年前に亡くなり、1940年に「公務違反」でザンクトガレンの警察署長として有罪判決を受けたポール・グリューニンガーに対する1995年の評決が覆された後、スイス議会はナチスからの脱出ヘルパーのための独自のリハビリ法を可決した。時代。それ以来、50人以上が有罪判決を受けました Passeure 1933年から1945年までの期間からリハビリが行われました。しかし、毎週のWoZの調査によると、リハビリを行ったのは2人だけでした。

WP:Schweiz im Zweiten Weltkrieg

UEKの公式レポートで見つかった非常に素晴らしい逸話は次のとおりです。

GrenzübertrittundAufenthalt
1942年8月22日午前。überschrittEduardGrosgemeinsammit Hubert und Paul Kan bei Genf die Grenze zurSchweiz。 Kurz nach ihrerillegalen Einreise wurden die drei staatenlosen Juden von der Genfer Heerespolizei festgenommen、im Auto zu dem auf Schweizer Boden gelegenen deutschen Zollposten von La Plaine gebracht und zu Fuss a die Grenze zum besetzten AlsdieFlüchtlingediedeutschenGrenzpolizistenerblickten、sprangen sie in dieRhoneundschwammenzurückansSchweizerUfer。 Dort flehten sie verzweifelt umAsyl。オーネ・エルフォルグ。 Einer versuchte、sichdieSchlagadernzuöffnen。 Seinem Suizidversuch zuvorkommend、schlepptenSchweizerGrenzwächterundSoldatendiedreianeinandergeklammertenMännervomUferweg、um sie den bereitstehendendeutschenBeamtenzuübergeben。 Auslieferung erwies sichaberalsundurchführbarを死ぬ。 DamanaufsehenerregendeZwischenfällevermeidenwollte、vereinbarte Daniel Odier、Polizeioffizier des Genfer Territorialkreises、mit den deutschen GrenzbeamteneineoffizielleÜbergabederFlüchtlingeaufdemBodendes besetztenFrankreichs。 Dort wurden die drei Juden von der deutschen Grenzpolizei verhaftet und--wieandereFlüchtlingespäterberichteten--insGefängnisvonGexgebracht。午前18日。1942年9月、アウシュヴィッツ強制送還のエドゥアルド・グロス、ヒューバート、ポール・カン・ドランシー・ナック。

Dieses Beispiel zeigt die Schwierigkeiten undRisikeneinesGrenzübertrittsaudfrastischeArtund Weiseauf。 FüreineerfolgreicheFluchtwaren verfolgte MenschenaufgrundderbeschränktenFluchtmöglichkeiten、 wegen des Visumzwangs und der Grenzschliessungen フォンデアヒルフェドリッターabhängig。 FürdenunmittelbarenGrenzübertrittmusstensichdieFlüchtlingeofteinermitden lokalen Gegebenheiten vertrauten Person-einem sogenannten Passeur-anvertrauen、welchem sie in der Folge auf Gedeih und Verderb ausgeliefert DieNotlagebotdenFlüchtendenkeineSicherheit-wederSchutzvor Beraubung und Erpressung noch davor、nach erfolgter Bezahlung vom Passeur im Stich gelassen oder gar denunziert zuwerden。 UndauchnachdemÜberschreitenderGrenzewardie Gefahr noch nicht vorbei、seitdieSchweizerBehördendasGrenzgebietbis 12 km ins Landesinnere ausgedehnt hatten und indiesemStreifengefassteFlüchtlingemitderZurück

翻訳:1942年8月22日、エドゥアルド・グロスはジュネーブ近くのヒューバートとポール・カンと共にスイスとの国境を越えました。違法な入国直後、3人の無国籍ユダヤ人はジュネーブ憲兵に逮捕され、車でラプレーヌのスイスの土地にあるドイツの税関に運ばれ、占領下のフランスとの国境に徒歩で送られました。難民はドイツの国境警備隊を見たとき、ローヌ川に飛び込み、スイスの海岸に戻った。そこで彼らは必死に亡命を懇願した。成功せずに。それらの1つは彼の動脈を開こうとしました。彼の自殺未遂の礼儀正しく、スイスの国境警備隊と兵士は、一緒に固定された3人の男性を岸から引きずり出し、待機しているドイツの将校に引き渡した。しかし、引き渡しは実行不可能であることが判明しました。センセーショナルな事件を回避するために、ジュネーブ領土サークルの警察官であるダニエル・オディエは、占領下のフランスの領土で難民を正式に引き渡すことでドイツの国境当局に同意しました。そこで3人のユダヤ人はドイツの国境警備隊によって逮捕され、他の難民が後で報告したように、ゲックス刑務所に連れて行かれました。 1942年9月18日、エドゥアルドグロス、ヒューバート、ポールカンは、国境を越えることの難しさとリスクの劇的な例であるドランシーを経由してアウシュヴィッツに強制送還されました。脱出を成功させるために、迫害された人々は、脱出の可能性が限られているため、第三者の支援に依存していました。 ビザの必要条件と国境の閉鎖。国境をすぐに越えるために、難民はしばしば地元の状況に精通している人に身を任せなければなりませんでした-いわゆる 通行人 -彼らがその後良くも悪くもさらされた人。窮状は難民に安全を提供しませんでした-強盗や恐喝に対する保護も、支払いが行われた後に通行人によって見捨てられたり、非難されたりすることからの保護もありませんでした。そして、国境を越えた後でも、スイス当局は国境地域を内陸12 kmまで拡大し、このストリップで捕らえられた難民は拒否を考慮しなければならなかったので、危険はまだ終わっていませんでした。 Jean-FrançoisBergeir:「DieSchweiz、der Nationalsozialismus und der Zweite Weltkrieg:Schlussbericht」、2002年。

1938年から1942年まで、これらの法律と慣行は次第に厳しくなりましたが、制限が比較的低くなった小さなウィンドウがありました。 1944年7月12日から、「生命と手足に本当に危険にさらされている」すべての人を許可する新しい指令が発行されました。 (「死ぬLeib undLebenwirklichgefährdet」警告)。数千人がこの政策の恩恵を受けたようです。それは、国境管理がどういうわけか緩いという意味ではありません。これは比較的リラックスしたものにすぎません。それでも、全員が参加したわけではありません。それどころか、これは、既知のナチスや戦争犯罪者が立ち入ることを許可されないようにするためのさらなる制限と並行して発行されました。これはほぼ「機会の窓」と呼ぶことができますが(警告あり)、1945年5月22日に、ビザの要件がこれまで以上に厳しくなり、実際には例外ははるかに少なくなりました。(出典:Guido Koller& Heinz Roschewski:「Flüchtlingsakten1930-1950-ThematischeÜbersichtzuBeständenimSchweizerischenBundesarchiv」、Schweizerisches Bundesarchiv:Bern、1999.、p 23.) 1947年まで、これらの規則は、中央/連邦政府が移民と難民の取り扱いをカントンレベルに戻したため、ゆっくりといくつかのステップで再び緩和されたとき、非常に厳格なままでした。


シェンゲンビザに関するよくある質問

シェンゲン協定加盟国のいずれかが取得したシェンゲンビザは、その有効期間と期間まで、シェンゲン圏全体の所有者への自由な移動を許可します。

シェンゲン協定に参加している国はどこですか?

ビザが発給されたとき、シェンゲン圏にどのくらい滞在できますか?

シェンゲン協定加盟国の特定の大使館/領事館が発行するビザの種類に応じて、旅行の性質やその他の関連する状況に応じて、特定のビザに適用されるさまざまな制限があります。ただし、旅行者に発行される最も一般的なタイプのビザは、入国日から6か月ごとに最大90日に達する可能性があります。

シェンゲンビザを申請できるのはいつですか?

すべての人は、必要なすべての書類を順番に入手でき、シェンゲン圏に滞在している間自分自身を維持するための経済的手段を持っている限り、シェンゲンビザを申請することができます。

どのタイプのシェンゲンビザが必要ですか?

旅行の目的/性質に応じて、指定された大使館/領事館によって発行されるシェンゲンビザには3つの主要なタイプがあります。

    • 統一シェンゲンビザは、シェンゲン協定加盟国の1つが、入国日から6か月ごとに最大90日間まで、特定の期間、目的の地域を通過または居住することを許可することを意味します。
    • 限定領土有効性ビザでは、ビザを発行したシェンゲン協定国、またはその他の場合には、ビザ申請時に特に言及された特定のシェンゲン協定加盟国にのみ旅行することができます。
    • 国内ビザは、シェンゲン協定加盟国の1つで勉強、就労、または永住する特定の個人に付与されます。

    ユニフォームシェンゲンビザとは何ですか?

    旅行の目的に応じて、ユニフォームシェンゲンビザは「A」と「C」の2つのカテゴリーすべてに適用されます。

    • 「A」カテゴリーは、所有者がシェンゲン協定加盟国に入国せずにシェンゲン協定加盟国空港の国際ゾーンを通過できる空港トランジットビザの略です。シェンゲン協定国の空港でのフライトの変更を通じて、シェンゲン協定国以外の州から別のシェンゲン協定国以外の州に旅行する市民には、空港通過ビザが必須です。
    • 「C」カテゴリーは、その保有者がビザの有効性に応じて一定期間シェンゲン協定国(シェンゲン協定地域)に居住することを許可する短期ビザを表します。

    空港トランジットビザとトランジットビザの違いは何ですか?

    空港トランジットビザは、所有者がシェンゲン協定加盟国エリアに入ることなくシェンゲン協定加盟国空港の国際ゾーンを通過することを許可しますが、所有者が車、コーチで複数のシェンゲン協定国を5日以内に通過することを許可するトランジットビザまたは非シェンゲン協定国に向かう途中の飛行機。

    シングルエントリーとマルチエントリーのシェンゲンビザの違いは何ですか?

    シングルエントリービザは、その所有者が特定の期間に一度だけシェンゲンエリアに入ることができます。シェンゲンエリアを離れると、シェンゲンエリアに滞在できる期間がまだ終わっていなくても、ビザの有効期限が切れます。複数入国ビザでは、所有者はシェンゲンエリアに自由に出入りできます。

    限定領土有効ビザとは何ですか?

    限られた領土の有効性とは、ビザを発行したシェンゲン協定国、またはその他の場合には、ビザ申請時に旅程に具体的に記載されている特定のシェンゲン協定加盟国のみを旅行することを許可する文書です。これらのシェンゲン協定国を除いて、この特定のビザは、以前に指定されていない他のシェンゲン協定加盟国には無効です。

    国民ビザとは何ですか?

    国内ビザは、シェンゲン協定加盟国に一定期間居住する必要のある人々に与えられ、その後彼らが自国に帰国するという唯一の目的のために、単一の入国であることができます。一方、特定の個人にはマルチエントリーの国内ビザも付与されており、所有者はこのシェンゲン協定国を好きなように出入りでき、追加のビザなしでシェンゲン協定加盟国全体を旅行することもできます。

    シェンゲン協定加盟国への格安航空券を見つける方法は?

    さて、ヨーロッパへの格安航空券を見つけることが低品質の旅行の同義語であったとき、それはもはやほとんど寓話です。この点で良いニュースは、あなたが今必要としているのは、ヨーロッパへの手頃で楽しい旅行を保証するランダムに隠された格安航空券を探索して見つけることだけです。シェンゲン協定加盟国への格安航空券の記事では、ヨーロッパへの次のフライトを予約するときに、時間、欲求不満、そして最も重要なことにお金を節約する可能性が最も高いいくつかの重要なヒントを紹介します。

    シェンゲンビザはどこで申請できますか?

    申請者が唯一のシェンゲン協定国に旅行する場合、申請者は指定された国の適切な大使館/領事館で申請する必要があります。

    複数のシェンゲン協定加盟国に旅行する場合、どの大使館でシェンゲンビザを申請しますか?

    申請者が2つ以上のシェンゲン協定国を訪問することを計画している場合は、主な目的地と呼ばれる、ほとんどの旅行日の間、居住する国の大使館/領事館でビザを申請することを強くお勧めします。

    ビザ申請のフライト日程とは何ですか?

    フライトの旅程は、特定のフライトのスケジュールについてオンラインで確認できる確認済みのドキュメントです。

    シェンゲンビザを取得する場合、どのような手順に従いますか?

    シェンゲン協定加盟国を訪問するためにビザを申請することを希望するすべての人は、直接申請し、すべての必須書類を収集し、何よりもまず規則と規制に従って、事前に予約する義務があります。ビザを申請する人は、有効なパスポートを所持していることを確認する必要があります。これは、発行されてから10年以内で、有効期限まで6か月のパスポートに相当します。


    1930年代後半にナチス政権の攻撃が激化するにつれ、ドイツの数十万人のユダヤ人が米国への移民を試みました。米国に入国するには、各自がパスポートにスタンプされた移民ビザが必要でした。

    1930年代後半に移住しようとしたドイツのユダヤ人が直面している官僚的なハードルは圧倒的でした。各国は、入手が事実上不可能であることが多い広範な文書を必要としていました。以下は、ビザを取得するために米国が必要とする書類のリストです。

    • ビザ申請書の5つのコピー
    • 申請者の出生証明書の2つのコピー
    • クォータ番号(順番待ちリストでの申請者の位置を確立する)
    • 将来の移民の近親者が好まれた
    • スポンサーは、米国市民であるか、永住権を持っている必要があり、サポートとスポンサーシップの宣誓供述書の6つのコピーを完成させて公証する必要がありました。
    • 最新の連邦税申告書の証明されたコピー
    • 申請者の口座に関する銀行からの宣誓供述書
    • 他の資産に関する他の責任者からの宣誓供述書(スポンサーの雇用主からの宣誓供述書または商業的格付けの声明)

    ドイツの警察当局からの善行証明書。それぞれのコピーが2部含まれています。

    • 警察関係書類
    • 刑務所の記録
    • 軍事記録
    • 個人に関するその他の政府の記録

    いくつかの責任ある無関心な人々からの善行の宣誓供述書(1940年9月以降)

    米国領事館での身体検査

    ドイツを離れる許可の証明(1939年9月30日課された)

    将来の移民が西半球への通過を予約したという証拠(1939年9月に課された)


    よくある質問(FAQ)

    ドイツのパスポートを持っていますが、米国を訪問するにはビザが必要ですか?

    いいえ。ドイツの訪問者にはビザは必要ありませんが、ビザ免除プログラムに基づく許可を取得する必要があります。このプログラムの資格を得るには、最初にオンラインでESTAを申請する必要があります。

    渡航認証用電子システム(ESTA)とは何ですか?

    電子渡航認証システム(ESTA)は、ビザ免除プログラム(VWP)に基づいて米国への渡航資格を判断し、そのような渡航が法執行機関やセキュリティ上のリスクをもたらすかどうかを判断するのに役立つ自動システムです。 ESTA申請が完了すると、旅行者はVWPに基づいて米国に旅行する資格があることが通知されます。

    ビザ免除プログラム(VWP)とは何ですか?

    ビザ免除プログラム(VWP)は、DHS(国土安全保障省)によって管理されており、資格のある市民または指定国の国民が、最初に取得することなく、観光またはビジネス(最大90日間の滞在)のために米国に旅行することができますビサ。

    私はすでに有効なビザを持っています。米国への旅行にはまだESTAが必要ですか?

    有効なビザを所持している個人は、発行された目的のためにそのビザで米国に旅行することができます。 有効なビザで旅行する個人は、ESTAを申請する必要はありません。

    ドイツのパスポートを持っている訪問者はどのくらい米国に滞在できますか?

    ドイツの訪問者は、エントリーごとに最大90日間米国に滞在できます。すべての訪問はビジネスまたは観光に厳密に制限されているため、有給の仕事や雇用を求めることはできません。

    申請に必要な書類は何ですか?

    iVisaを使用してオンラインでUSESTAに申請する前に、次のものが必要です。

    • NS 電子パスポート 生体認証情報を含むデジタルチップと 少なくとも6か月の有効期間 エントリー予定日から。
    • あなたの パスポート番号と暗証番号 (ピン)。

    ESTAはどのくらい有効ですか?

    ESTAは次の場合に有効です 2年 承認日から。

    処理時間と価格はいくらですか?

    米国ESTAの場合、 iVisa 処理時間と価格には3つのオプションがあり、次のとおりです。

    標準処理–アプリケーションは24時間以内に処理され、価格は39.00米ドル(サービス料を含む)です。

    急ぎの処理– EST​​Aは4時間以内に届き、合計金額は69.00米ドル(サービス料込み)です。

    スーパーラッシュ処理–これが最速のオプションです。 ESTAはわずか30分で入手でき、89.00米ドル(サービス料込み)が請求されます。

    ここをクリックしてアプリケーションを開始します。

    ESTAの申請にはどのくらい時間がかかりますか?

    ESTAの申請書があなたを連れて行きます 10分未満。次に、申請状況をメールでお知らせします。

    ESTAを申請するにはどうすればよいですか?

    ESTAの申請は本当に簡単です。これは、3つの簡単なステップで構成されています。

    最初のステップでは、 あなたの一般的な情報を記入してください。あなたもする必要があります 処理時間を選択してください 上記のオプションから。

    2番目のステップでは ステップ1を修正し、支払いを行います.

    最後のステップは、 アンケート。他の書類も必要になる場合がありますが、それは個人的な状況によって異なります。

    ここをクリックして開始します。アプリケーションに記入するための支援が必要な場合、iVisaには24時間年中無休で電話できる素晴らしいサポートサービスがあります。

    申し込み後はどうなりますか?

    申請が完了したら、VWPの下で米国に旅行する資格があることを通知する電子メールが送信されるのを待つ必要があります。

    ESTAで米国に入国できるのは何回ですか?

    US ESTAでは、複数のエントリが許可されています。

    ESTAは米国への入国を保証しますか?

    いいえ。ESTAが承認された場合、ビザ免除プログラムに基づいて米国に旅行する資格があると記載されているだけで、米国への入国を保証するものではありません。米国に到着すると、入国管理官によって検査され、ビザ免除プログラムおよび/またはその他の米国法の下で許可されているかどうかが判断されます。

    子供用のESTAも取得する必要がありますか?

    はい、同伴者と同伴者のいない子供(年齢に関係なく)は、米国に旅行する前に自分のESTAを必要とします。両親のパスポートに記載されている子供はESTAの資格がありません。 ESTAの資格を得るには、子供は自分の(有効期限が切れていない)パスポートを持っている必要があります。

    家族や友達に申し込むにはどうすればよいですか?

    必要な書類がすべて揃っていることを確認するだけで、他の人に完全に申請することができます(上記のこの記事で確認できます)。ここで彼または彼女のデータを紹介して申請することができます。複数の方に申請する必要がある場合は、申請書の「新規申請者の追加」をクリックし、必要なデータを記入してください。

    アプリケーションを間違えた場合はどうすればよいですか?

    オンラインでデータを入力する際に​​間違いを犯した場合は、オンラインチャットを介してできるだけ早くカスタマーサービス担当者に連絡してください。

    すでに申請書を提出している場合は、変更を加えることはできず、再度申請する必要がありますが、別のサービス料金を請求することはありません。

    IVisaを使用してESTAを取得しても安全ですか?

    iVisa 個人データの安全性と機密性を最大限に高め、データベースのセキュリティに多額の投資を行っています。あなたの個人情報はこれ以上安全ではありません。ここでは、何百人もの満足している顧客が私たちについて何を言っているかを確認できます。

    ドイツ市民はどのようにして米国に移住できますか?

    ドイツ国民は、米国に移住するために適切なビザを申請する必要があります。いくつかの人気のあるオプションは、H1-B、E-2、O-1、およびEB-5ビザです。適切なビザの種類は、資格と滞在期間によって異なります。引っ越す予定がなく、代わりに短期滞在する場合は、 ESTA エントリごとに90日間有効です。

    さらに質問がありますが、どこでより多くの情報を見つけることができますか?

    迅速な回答については、ここをクリックして、カスタマーサービス担当者の1人とチャットを開始してください。または、ここで詳細情報とFAQを見つけることができます。


    労働者と学生

    労働者または学生の場合は、カナダの入国要件も満たす必要があります。就労許可または就労許可はビザではありません。ほとんどの場合、カナダに入国するには有効な訪問者ビザまたはeTAも必要です。

    初めての勉強や就労許可を申請する場合

    ビザまたはeTAが必要な場合は自動的に発行され、申請が承認されます。カナダに旅行するときは、次のものがあることを確認してください。

    • あなたの紹介状
    • 有効なパスポートまたは渡航文書
      • ビザが必要な場合は、私たちが貼ったビザステッカーが含まれている必要があります
      • eTAが必要で、カナダの空港に飛行機で行く場合は、eTAに電子的にリンクしているパスポートである必要があります。

      すでに就労許可または学習許可をお持ちの場合

      ビザが必要な場合、カナダを出て再入国することを選択した場合は、訪問者ビザが引き続き有効であることを確認してください。

      eTAが必要で、カナダの空港に飛行機で行く場合は、eTAに電子的にリンクされているパスポートを持って旅行するようにしてください。

      有効な学習許可証または就労許可証、有効なパスポート、および渡航文書を持って旅行する必要があります。

      許可なしに仕事や勉強をする資格がある場合

      許可なしに仕事や勉強をする資格がある場合は、カナダへの訪問者と見なされます。あなたはあなたの国の市民権からの旅行者の入国要件を満たさなければなりません。


      COVID-19&#8211米国市民向けFAQ

      疾病管理予防センター(CDC)は、COVID-19により、スイス向けにレベル4の旅行健康通知を発行しました。

      米国大使館ベルンからのすべてのアラートとメッセージについては、ここをクリックしてください

      • 1月26日の時点で、米国に旅行する2歳以上のすべての航空旅客は、搭乗前に飛行から72時間以内にCOVID-19の検査を受け、否定的な結果の証拠を提出する必要があります。
        :
      • 米国へのすべての旅行者は、CDC検疫の推奨事項を順守する必要があります。

      陰性のCOVID-19検査が必要ですか?

      はい。 CDCは、米国に旅行する2歳以上のすべての航空旅客は、フライトが出発する3日前までにテストを受け、フライトに搭乗する前に航空会社に否定的な結果の証拠を提供することを義務付けています。過去3か月間にCOVID-19のウイルス検査が陽性であり、隔離を終了する基準を満たした航空乗客は、代わりに、陽性のウイルス検査結果の文書と医療提供者または公衆衛生からの手紙を持って旅行することができます。彼らは旅行のために許可されたと述べている当局者。陽性の検査結果と手紙を合わせて「回復の文書化」と呼びます。このテスト要件の詳細については、よくある質問をご覧ください。

      詳細については、CDCのテストと国際航空旅行のページを参照してください。旅行に関連する州および地方の推奨事項または要件に常に従ってください。

      • 詳細については、CDCのWebサイトにアクセスしてください。
      • COVID検査を受ける方法については、ここに記載されている情報に従ってください。

      米国への旅行にはどのような種類のCOVID-19検査が必要ですか?

      米国に旅行するには、ウイルス検査(NAAT / PCRまたは抗原検査)が必要であり、陰性の結果が得られます。

      スイスではどこでテストを受けることができますか?

      テスト場所は州によって異なります。ここであなたのカントンとテスト場所を見つけてください。

      期限切れの米国パスポートで米国に旅行できますか?

      海外にいて、2020年1月1日以降にパスポートの有効期限が切れた場合、有効期限が切れたパスポートを使用して、2021年12月31日まで直接米国に戻ることができる場合があります。

      君は 資格を得る この例外の場合 以下はすべて NS:

      • あなたは米国市民です。
      • あなたは現在、米国への直接の帰国を求めて海外にいます。
      • あなたは、米国、米国領土に直接飛んでいるか、米国または米国領土に直接戻る際に、外国を経由する短期間のトランジット(「乗り継ぎ便」)しかありません。
      • 期限切れのパスポートは元々10年間有効でした。または、パスポートの発行時に15歳以下の場合、有効期限が切れたパスポートは5年間有効でした。
      • 期限切れのパスポートは破損していません。
      • 有効期限が切れたパスポートは変更されません。
      • 期限切れのパスポートはあなたが所有しています。

      君は 資格がない この例外の場合:

      • あなたは米国から国際的な目的地に出発したいと思っています。
      • あなたは現在、米国または米国領土への途中の空港接続よりも長い滞在期間で外国への旅行を求めています。
      • 有効期限が切れたパスポートの有効性は限られていました。
      • 有効期限が切れたパスポートは、特別発行パスポート(外交、公務、サービス、または無料の通常のパスポートなど)です。
      • 期限切れのパスポートが破損しています。
      • 期限切れのパスポートが変更されます。
      • 期限切れのパスポートは所有していません。

      現在、そのことをご承知おきください、米国での定期的なパスポート処理 10〜12週間かかる場合があります。 海外旅行プランのために10〜12週間以内にパスポートが必要な場合は、パスポートを迅速に処理するために追加の60ドルの手数料を支払うことができます。これにより、処理時間が4〜6週間に短縮されます。

      2019年12月31日以前に米国のパスポートの有効期限が切れた場合、旅行前にパスポートを更新する方法については、当社のWebサイトを参照してください:https://ch.usembassy.gov/u-s-citizen-services/passports/

      私は米国を通過しているだけです。 COVID-19検査が必要ですか?

      はい。 米国へのフライトで2歳以上の乗客は、接続の場合でも、フライトに搭乗する前にネガティブテストが必要になります。

      予防接種を受けました。それでもCOVID-19検査を受ける必要がありますか?

      はい。米国に旅行する2歳以上のすべての乗客は、予防接種の状況に関係なく、検査を受ける必要があります。

      私はすでにCOVID-19を持っていました。 Do I need to get tested before traveling to the United States?

      You must provide proof that you had a positive viral test within the past 90 days, have no symptoms, and have a letter from your doctor or health department that states you have been cleared for travel.

      Does my child have to get tested for COVID-19?

      YES。 All air passengers age 2 and older must provide negative test results prior to boarding.

      Do the COVID-19 test results have to be in English?

      Please check with your airline on the accepted language.

      Is a waiver available for the testing requirements?

      Waivers to the testing requirement may be granted by the CDC on an extremely limited basis when extraordinary emergency travel (like an emergency medical evacuation) must occur to preserve someone’s health and safety, and testing cannot be completed before travel. There are no waivers available for individuals who test positive for COVID-19. Individuals – or air carriers seeking to allow boarding by potentially qualifying individuals – who believe they meet the criteria for a waiver should contact the U.S. Embassy Bern and provide the information below. The U.S. Embassy will then submit the request to the CDC for consideration.

      The following information must be provided by email for each passenger:

      1. Name (family name/surname, given name), passport number and country
      2. Cell phone number including country code of passenger or head of household if family unit
      3. Email address of passenger or head of household if family unit
      4. U.S. destination address
      5. Is U.S. destination home address?
      6. Departure date
      7. Flight itinerary
      8. Name of submitting entity if different from passenger
      9. Name of company submitting on behalf of passenger(s) (if applicable)
      10. Name of point of contact submitting on behalf of passenger(s) (if applicable)
      11. Phone and email address for POC submitting waiver request on behalf of passenger(s) (if applicable)
      12. Purpose of travel to the U.S. (provide brief explanation of why urgent travel is needed and how travel will contribute to health and safety of passengers(s))
      13. Justification for testing waiver (e.g. no testing available, impact on health and safety)
      14. Documentation to support justification for test waiver, if available (e.g. medical records or orders for medical evacuation)

      Does CDC require quarantine after international travel?

      CDC does not require that international travelers undergo mandatory federal quarantine, but does recommend travelers get tested 3-5 days after travel AND stay home or otherwise self-quarantine for 7 days after travel. For more about CDC’s after travel recommendations for preventing COVID-19 see After you Travel Internationally.

      CDC has also provided strong guidance to state and local public health officials to use their authorities to protect the health, safety, and welfare of persons within their jurisdictions. CDC will continue to work closely with state/local public health officials to control the spread of SARS-CoV-2, and encourage them to use their own authorities to enforce the use of isolation and quarantine when necessary. Always follow state, territorial, and local recommendations or requirements related to travel.


      Regular naturalisation

      Foreigners with no direct blood ties to Switzerland through either birth or marriage must live in the country for at least ten years before they can apply for citizenship (of which three in the five years before applying for citizenship). Years spent in the country between the age of eight and 18 count double (although the actual length of residence must amount to at least six years).

      Knowledge of a national language to a minimum spoken level of B1 and written level of A2 will be required. Applicants for naturalisation need a “C” residence permit to apply for a Swiss passport. People on welfare and anyone with a criminal offence are in theory excluded.

      The State Secretariat for Migration examines whether applicants are integrated in the Swiss way of life, are familiar with Swiss customs and traditions, comply with the Swiss rule of law, and do not endanger Switzerland's internal or external security.

      The State Secretariat for Migration will then “green light” an applicant’s request to begin the naturalisation process but that does not mean citizenship is certain. Rather, cantons and municipalities have their own requirements that must be met.

      Why a Polish/Scottish couple became Swiss

      This content was published on Sep 28, 2017 Sep 28, 2017 A Polish/Scottish couple decided to apply for Swiss citizenship to boost their children's integration. This is their story.

      A Moldovan becomes Swiss

      This content was published on Jul 16, 2017 Jul 16, 2017 You have to be very patient if you want to become Swiss, or so says Valentin Cazacu, from Moldova. It took him years to become naturalised. (Julie.

      After submitting your naturalisation application, you will be invited to a personal interview where you will be informed of the subsequent steps to be taken.

      Naturalisation procedures vary considerably from one commune or canton to another: some communes, for instance, require applicants to take a verbal or written naturalisation test while others leave the naturalisation decision up to the communal assembly. The duration of the procedure also varies considerably from one canton to another.

      Becoming Swiss: ‘Where do I sign?’

      This content was published on Jul 2, 2019 Jul 2, 2019 Swiss citizenship is highly sought after – and correspondingly hard to get. swissinfo.ch looks at how to get the naturalisation ball rolling.


      Coronavirus (COVID-19)

      Starting March 19, 2020, Switzerland temporarily stopped accepting visa applications and issuing Schengen and national visas.

      The visa services will resume and/or have resumed as follows:

      All categories of national type D visa applications.

      No Schengen visa applications type C are acceptedfor short-term stays of up to 90 days in the Schengen area for tourism, business or visit. It is at the moment unfortunately unclear when the situation will allow the issuance of Schengen visas again. As soon as the acceptance of visa applications is possible, it will be published on this website.

      For further information please visit: SEM

      Various regulations apply for entering Switzerland. A basic distinction is made between citizens of the European Union (EU) and European Free Trade Association (EFTA) countries and those of other countries. The State Secretariat for Migration (SEM) is the responsible authority in Switzerland.

      Since Switzerland’s adherence to the Schengen and Dublin agreements came into force (12 December 2008), Swiss representations abroad are able to issue certain categories of visa, depending on the length of stay and purpose of the journey in Switzerland. Please select one of the following options.

      Schengen visa for a stay of up to 90 days

      For persons wishing to enter Switzerland for a short stay of up to 90 days within a 180-day period: for example, in a context of tourism, a visit to relatives or friends, short-term language studies, participating in a conference or in sporting/cultural events, etc.

      National visa for a stay of more than 90 days

      For persons wishing to enter Switzerland for a stay of more than 90 days within a 180-day period. It is subject to the authorisation of the cantonal migration authority competent for the intended place of residence. For example: long-term student, family reunification, marriage in Switzerland, etc.


      Interpreting length of stay and number of entries [ edit ]

      Pay particular attention to the validity dates and length of stay: make sure to leave before they expire (whichever comes earlier/first).

      The validity dates simply provide the window in which you can travel to the Schengen area. If you decide to postpone and shorten your trip however, the original expiry date will still stand and you must still exit on or before this date even if the allowed number of days stated in your visa won't be totally used-up by this said date.

      If you were given a multiple-entry visa, the number of days indicated on the visa will refer to the total amount of time you can spend in the Schengen area, regardless of the number of entries you plan to make or are allowed to make, in a six-month period. Hence, if you are given a multiple-entry visa but valid for three months but the length stay only allows 10 days, the 10 days won't be reset by you leaving the Schengen Area and returning later, you may only be readmitted for the remaining time you have. Arrival and departure dates are included in the number of days you have stayed in the Schengen Area, regardless of actual arrival and departure time, so plan accordingly to maximize time.

      Likewise, if you were only given a single entry visa for 30 days but have decided to cut your trip short by leaving only 20 days into your trip, you can no longer use that same visa any more and the remaining days you have left on that visa are forfeited (though this will not be taken against you when you apply for another visa in the future since you did not overstay). Keep this in mind if you wish to visit non-Schengen states (e.g. UK, Ireland, Romania, Bulgaria) in between two Schengen states and make it clear in your application that you need to do so (though you may also wish to visit such non-Schengen states only before entry or after visiting the Schengen Area).

      If you have been issued a multiple-entry C visa with a long validity period (i.e. more than 6 months) or several single-entry visas, please be aware that you are only allowed a combined maximum stay of 90 days within a 180-day period in the Schengen area.