トーマス・ジェファーソンが生まれる

トーマス・ジェファーソンが生まれる


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

独立宣言の起草者であり、米国の著名な政治理論家であるトーマスジェファーソン未来大統領は、1743年4月13日に生まれました。

歴史家で伝記作家のジョセフ・エリスは、アメリカの政治を形作る上で記念碑的な役割を果たしたジェファーソンを、彼の謎めいた性格のためのアメリカのスフィンクスと呼んでいます。彼の任期以来、政治的スペクトルの両端の大統領と政治家は、ジェファーソンの政治哲学から借用して、彼ら自身のリーダーシップをこの最も影響力のある、称賛された建国の父と結びつけようとしています。

男性または大統領としてのジェファーソンの性格は、白黒での定義に反します。彼はすぐに知識人、建築家、哲学者、音楽家、エッセイストでした。彼の科学への興味は、彼の研究と化石の収集を促しました。彼は地味でリラックスした型破りな態度を投影し、庶民として見られたいという彼の願望は、ホワイトハウスの訪問者をローブとスリッパで迎えたいという彼の好みに反映されていました。ジェファーソンは抑圧的な政府を非難し、言論と宗教の自由を強く支持した。彼は、建国の父であるジョージワシントン、ジョンアダムズ、アレクサンダーハミルトンが、君主制の後にアメリカ大統領を作るためのデザインを持っていることを心配していました。ワシントンとハミルトンが国立銀行と国債の国家債務の引き受けを提案したとき、ジェファーソンは抗議してワシントンの内閣を辞任した。彼は、強力な連邦軍を建設するというハミルトンの計画を断固として拒否し、それがアメリカ市民に対する専制的な指導者によって使用されるのではないかと恐れた。

続きを読む:トーマス・ジェファーソン:アメリカの先駆的なグルマン

ジェファーソンは非常に原理的でしたが、彼は政敵に対してスミア戦術を使用することを上回っていませんでした。彼は匿名で彼の犠牲者を仮名で活字で襲撃し、反連邦主義の報道機関に資金を提供するのを手伝った。

理論的にはジェファーソンは奴隷制の廃止を望んでいましたが、ジェファーソンが彼のプランテーションで働いていた他の人間を所有していたのは事実です。歴史的な説明によると、ジェファーソンは奴隷にされた労働者を時代の文脈の中でほとんどの人よりもよく扱った。彼の奴隷労働者の一人、サリー・ヘミングスはジェファーソンの恋人だったと長い間主張されてきました。彼女は1808年にエストンという名前の息子を産みました。200年間、ヘミングス事件とエストンの父性は、激しい学術的分析の焦点でした。 1998年、DNA鑑定により、ジェファーソンがエストンの実の父親であることが証明されました。これは、多くの人が、彼が確かにトーマスジェファーソンの息子であると解釈しました。これは、ヘミングス家の口承の伝統に裏付けられた事実です。しかし、他の学者はこの結論に同意しておらず、それは熱心な議論のトピックのままです。

1782年に妻のマーサが亡くなって以来未亡人であるジェファーソンは、フランスの大臣を務めていたときに出会った美しい(そして結婚した)英国の画家兼音楽家であるマリア・コスウェイとも関係があったと考えられています。ジェファーソンとコスウェイの関係は、1786年10月にロマンチックなエッセイ「頭と心の対話」を書くように促しました。ジェファーソンとコスウェイがパリス近くの田園地帯でロマンチックな散歩をしたとき、ジェファーソンは恋愛中の男子生徒として描かれています。フェンスを飛び越えようとし、倒れて手首を骨折した。

ジェファーソンの反連邦主義政策とジョン・アダムズへの個人的な攻撃は、2人の元友人の間で大きな脱落を引き起こしました。しかし、引退後、アダムスとジェファーソンは彼らの個人的なつながりを再燃させました。生きていた最後の2人の元の革命家、ジェファーソンとアダムスは同じ日に亡くなりました:1826年7月4日。

続きを読む:2人の大統領が同じ7月4日に亡くなりました:偶然かそれ以上か?


トーマス・ジェファーソン:重要な事実と簡単な伝記

トーマス・ジェファーソンはアメリカ合衆国の3番目の大統領でした。おそらくジェファーソンの最大の功績は、大統領になる数十年前の1776年の独立宣言の起草でした。


ジェファーソンの人生のタイムライン

トーマス・ジェファーソンの父であるピーター・ジェファーソンは、モンティセロとなった1,000エーカーの土地の特許を取得しました。

トーマス・ジェファーソンは、1743年4月13日にシャドウェルで生まれました(現代の暦によると)。

トーマスジェファーソンはウィリアムアンドメアリー大学に通いました。

ジョージ・ワイスと法律の勉強を始めました。

一般裁判所で法務を行うことを認められた。

バージニア植民地法院に選出された。モンティセロ山頂の平準化を開始。

モンティセロの建設を開始。シャドウェルの家が燃えた。モンティセロのサウスパビリオンに移転。

結婚したマーサ・ウェイルズ・スケルトン。娘マーサが生まれました。

モンティセロの墓地は、ジェファーソンの友人で義兄のダブニー・カーの埋葬によって設立されました。

「英国アメリカの権利の概要」を書いた。法務から引退した。彼の義父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続した。家庭菜園のために解雇された。娘のジェーン・ランドルフが生まれました。

大陸会議に選出されました。娘のジェーン・ランドルフが亡くなりました。

独立宣言の草案。バージニア州下院議員に選出される。バージニア州法を改正するために任命された。

1786年に総会で可決された信教の自由に関するバージニア信教自由法案。無名の息子が生まれて亡くなりました。

より一般的な知識の普及のための法案。娘メアリー(マリア)生まれ。最初のモンティセロのレンガが完成しました。

バージニア州知事を務めた。

バージニア州に関するメモを開始しました。娘ルーシーエリザベスが生まれました。

モンティセロのイギリス軍。娘のルーシー・エリザベスが亡くなりました。

2番目のルーシーエリザベスが生まれました。妻マーサが亡くなりました。モンティセロハウスの最初のバージョンが実質的に完成しました。

議会への選出された代表。

フランスでコミッショナーおよび米国大臣を務めた。

娘のルーシー・エリザベスが亡くなりました。

最初の米国国務長官を務めた。

マルベリーロウの釘の商業生産を開始。奴隷制のロバート・ヘミングスを解放した。

サリー・ヘミングスの娘ハリエット・ヘミングスが生まれました。

モンティセロの改造​​と拡大を開始。奴隷のジェームズ・ヘミングスを解放した。

ジョン・アダムズの下で2番目の米国副大統領を務めた。

アメリカ哲学協会の会長を務めた。ハリエット・ヘミングスは1797年に亡くなりました

サリー・ヘミングスとトーマス・ジェファーソンの最年長の生き残った子供、ビバリー・ヘミングスが生まれました。

モンティセロに建設されたドーム。

3番目の米国大統領を務めた。

サリー・ヘミングスとトーマス・ジェファーソンの唯一の生き残った娘、ハリエット・ヘミングスが生まれました。

ルイジアナ買収は終了した。ルイス・クラーク探検隊が発足しました。

娘のマリア・ジェファーソン・エペスが亡くなりました。

ルイスとクラーク探検隊は終了しました。ポプラの森で家の建設を始めました。

モンティセロ近くの楕円形の花壇がレイアウトされています。シャドウェル商人工場が完成しました。

サリー・ヘミングスとトーマス・ジェファーソンの末息子であるエストン・ヘミングスが生まれました。モンティセロの北パビリオンが完成し、南パビリオンが改造されました。ウェストローンの曲がりくねった散歩と花壇がレイアウトされました。

大統領職と公的生活から引退した。モンティセロの改造​​と依存関係の構築はほぼ完了しました。ベジタブルガーデンプラットフォームが完成しました。

ガーデンパビリオンが建設されました。

6,700冊の図書館を議会に売却した。

セントラル大学(後のバージニア大学)の基礎が築かれました。

モンティセロの屋根はブリキの屋根板で覆われています。

ビバリーとハリエット・ヘミングスはモンティセロを去りました。彼らは白人コミュニティのメンバーとして通過し、歴史から姿を消しました。

ジェファーソンは、歴史的な再会でラファイエット侯爵をモンティセロに迎えました。

バージニア大学が開校しました。

ジェファーソンは7月4日にモンティセロで亡くなりました。ジョン・アダムズも同じ日にマサチューセッツ州クインシーの自宅で亡くなりました。

住所:
931トーマス・ジェファーソン・パークウェイ
シャーロッツビル、バージニア22902
一般情報:
(434) 984-9800


トーマス・ジェファーソンが重要なのはなぜですか?

トーマス・ジェファーソンは、バージニア大学を設立し、憲法を制定し、在職中に公務員としての行為を行った、米国の第3代大統領を務めました。 ジェファーソンは50年以上アメリカの政治に関わっていました。彼はウィリアム&メアリー大学で正式な大学教育を受け、法律と政治を学んだ後、地方自治体のレベルで政治のキャリアを卒業して開始しました。

ジェファーソンは、政府の下位レベルで治安判事および中尉を務めました。彼は後にバージニア植民地法院に加わり、その後議会に進んだ。そこで、仲間のメンバーがジェファーソンに独立宣言の内容を起草するように命じました。ジェファーソンは、宣言を通じて、男性と女性、およびすべての社会経済的地位の人々の平等を含む、市民の基本的権利を確立しました。ジェファーソンは、連邦政府を民主的なシステムとして割り当て、国民の参加を許可および奨励する透明な組織として設計されました。議会での在職後、ジェファーソンはバージニア州の議員および知事を務めるために戻った。その後、ジョン・アダムズの下で副大統領を務めた後、大統領に就任しました。ジェファーソンは大統領として、ルイジアナ領土の買収を通じて主要な土地を取得しました。彼はルイス・クラーク探検隊にも資金を提供することで探検と拡大を奨励しました。ジェファーソンは外交において中立的な立場をとったが、それにもかかわらず、米国が米英戦争に入るのを見守った。


アメリカの歴史において

アメリカで最も影響力のある人物の1人ですが、当時、物議を醸した指導者であったジェファーソンは、いくつかの重要な陰謀エピソードの中心でした。

植物探検隊

トーマスジェファーソンとジェームズマディソンは、1791年4月と5月にニューヨークへの1か月にわたる植物の遠足に出発しました。旅行者の目的は、この地域の動植物とその風光明媚な美しさを観察し、革命的な名声。これらの男性は、彼らが訪れた町で政治的な調査をする機会を歓迎した可能性があります。そのような活動は見過ごされませんでした。


実際、彼らのツアーの秘密の目的は、ニューヨーク共和党員と南部の旧ドミニオン党員との間の同盟を固めることであったというのは、一部のニューヨーク連邦党員の見解でした。ジェファーソンとマディソンは、彼らの旅の主要な政治訪問を通じて共和党を統一し、人気のある基盤を確立しました。

確かに、連邦党はこの旅行を脅威と見なし、陰謀説は豊富でした。 (政党連合の構築が陰謀と見なされるのは奇妙に思えるかもしれませんが、政党の概念そのものが創設者の時代には陰謀と見なされていました。)

ニューヨーク州知事のクリントン氏は、バージニア州民のツアーに気づいておらず、彼を呼び寄せていなかったようです。ジェファーソンとクリントン、バー、またはこの旅行で他の誰かとの間に何らかの同盟が結ばれた場合、それらは確かに非常に秘密でした。

フランスと革命の代理人としてのジェファーソン

ジェファーソンに関する最も強烈で重要な陰謀説は、彼と彼の信奉者がフランスのジャコビンの仲間の旅行者または完全な代理人であり、過激な共和主義、社会的平等主義、および宗教的な「不誠実」という革命的な議題であるという広範な連邦党の信念でした。 8221

この信念は、ジェファーソンが1790年代初頭に国務長官であったときに最初に現れました。フランス人が自国を共和国と宣言し、ルイ16世を処刑したとき、アメリカはフランス革命とその結果としてのフランスとヨーロッパの君主制の間の一連の戦争について論争を巻き起こしました。

マスコミに漏れた彼の数通の手紙と彼の多くの同盟国の声明に基づいて、ジェファーソンはアメリカでフランス革命の主要な支持者としての評判を獲得しました。その後、彼は単なる友人ではなく、フランスの道具であるという非難がジェファーソンの反対派の主要なテーマとなり、彼の残りの政治的キャリアのほとんどの間、その状態が続くでしょう。

共謀者としてのジェファーソンは、アメリカで最も初期の政治漫画の1つである「プロビデンシャル・ディテクション」の主題でした。 &#8220Altar to Gallic Despotism&#8221は、アメリカでのさらなる民主化は必然的にフランスと同様に独裁につながるという保守的な議論をカプセル化したものです。

ワシは、ジョン・アダムズ政権の好戦的で抑圧的な連邦党の政策を表しており、これには、外国人法と扇動法、ジャコバン派の陰謀を完全に打ち砕くことを目的とした法律が含まれていました。

重要なことに、ジェファーソンの祭壇への火は、2つの主要な民主共和党の新聞、フィラデルフィアオーロラとボストン独立クロニクルのコピー、およびトマスペイン(理性の時代)とウィリアムゴドウィンの反キリスト教の著作によって煽られています。

これは、確立された政治的および宗教的教義に反対する出版物は公の議論への貢献ではなく、米国政府だけでなく、連邦主義者が擁護していると信じていた秩序ある階層的なキリスト教社会に対するより大きな陰謀の一部であるという連邦主義者の信念を反映しています。一部の連邦党員は、ジェファーソンと彼の追随者が密かに悪名高いバイエルンのイルミナティのアメリカの翼であるとさえ信じていました。

政治では、連邦主義者は特に、リベラルであるが無神論的な宗教観念からはほど遠いジェファーソンがアメリカのキリスト教にもたらしたとされる脅威に依存していた。 (フランスでの「テロの治世」期間中に、ロベスピエールのジャコバン政権は教会を理性の神殿に改宗させました。)

全国的に読まれているフェデラリストの新聞である米国のフィラデルフィア官報は、1800年9月の選挙シーズンを通して通知を出し、フェデラリストのメッセージを率直に述べました。

ジェファーソンに対する宗教的キャンペーンは、かつてのピューリタンのニューイングランドで最も激しいものでした。ニューイングランドは、初期のアメリカのバイブルベルトであり、連邦党の選挙の拠点でもありました。

ニューイングランドの連邦党の政治家と聖職者は、1800年の大統領選挙でのジェファーソンの勝利の結果についての終末論的な警告でこの地域の人々を攻撃しました。確立されたすべての変換&#8221。

また、ジェファーソンが就任した後も、この種の話は止まりませんでした。国全体を失ったが、1800年にニューイングランドを保持した連邦党は、州の有権者に勝つための激しい民主共和党の努力に直面して、荷馬車を一周した。ジェファーソンに関する彼らの警告は、特にジェファーソン政権が当時実施していた比較的控えめな政策変更を考えると、ほとんど滑稽なヒステリックになりました。

故郷のコネチカット州を結集して敵に抵抗しようと試み、要塞の門に入るだけで、セオドア・ドワイトは、「安定した習慣の地」に屈した場合にそれを待っていた「民主的な祝福の完成」について概説しました。すでにヨーロッパの大部分を制圧し、最近の選挙で確保された革命的な軍団。これらの米国の大部分を支配している。&#8221

コネチカットが立ち向かわない限り、彼女の人々は、ブロックヘッドによって統治されている国の文字通り地獄のような見通しに直面し、結婚の絆を知っています。私たちの妻と娘たちを破壊しました。私たちの子供たちのシチューに投げ込まれました。忘れてしまった。正義もなく、科学もなく、愛情もなく、無知、不純、罪悪感に満ちた世界。礼拝なし、祈りなし、神なし!&#8221。

ニューイングランドの女性と子供たちがジェファーソン大統領から危険にさらされていないことが明らかになるにつれて、この種の脅迫はますます空洞になり、その地域のほとんどが1804年に彼を手軽に再選することに加わった。

アーロン・バーと選挙人団の行き詰まり

ジェファーソンと彼の支持者は、1800年に独自の陰謀問題を抱えていました。主要な立法府が勝利した後、ジェファーソンの差し迫った勝利を確信していました。多くの州が依然として大統領選挙人を任命しているため、アーロンバーが十分な票を獲得できるように手配しました。南部の州から副大統領になります。

ジェファーソンは、南部での投票が予想よりもバーに大きく下がったことを知って驚いた。選挙の結果、ジェファーソンとバーはそれぞれ73票の選挙人票を獲得し、下院で決議されました。

ジェファーソンと彼の共和党のイデオロギーに激しく反対し、連邦党は彼の大統領職を否定するために共謀した。連邦党は、立候補を否定したと報告されているにもかかわらず、挑戦者であるアーロン・バーを支持して同盟を結んだ。

彼らの最善の努力にもかかわらず、2月17日火曜日に、衆議院での36回目の投票でジェファーソンの選挙が行われました。 &#8220敗北したとしても、彼らは惨めな役割を果たし、ほとんどの連邦党員はジェファーソンから最後まで投票を差し控えた&#8221。

大統領として、バーは彼を支持した連邦主義者に見守られ、連邦政府における彼らの継続的な影響力を確保したであろう。ジェファーソンとバーの関係は悪化し、数年後、ジェファーソンは彼に反逆罪を宣告し、逮捕を求めた。


コンテンツ

ジェファーソンは1782年に39歳で男やもめになりました。彼は再婚せず、1826年に亡くなりました。「クワドルーン」(3/4白)のサリーヘミングスは彼のはるかに若い奴隷であり、おそらく妻の異母姉妹でした。 1787年にヘミングスが14歳のとき、彼女は娘のマリアと一緒にフランスに行き、そこでジェファーソンはフランスへのアメリカ大使を務めていました。ヘミングスとジェファーソンは、1789年にモンティセロに戻ったときよりも前のある時期に性的関係を開始したと考えられています。現在、ほとんどの歴史家は、この関係はジェファーソンが死ぬまで40年近く続き、ヘミングスによって6人の子供をもうけたと信じています。 [9] [10]

ヘミングスの子供のうち4人は成人期まで生き残った。南北戦争以前の南部では、彼女は「影の家族」と呼ばれていたでしょう。 [11]サリー・ヘミングスは影の家族の子供でもありました。歴史家は、彼女の父親はジェファーソンの義父であるジョン・ウェイルズであると信じています。ジョン・ウェイルズは、未亡人としてムラートの奴隷ベ​​ティ・ヘミングスと12年間連絡を取り、6人の子供を父親として育てました。これらの子供たちは、ヨーロッパ人の4分の3、アフリカ人の4分の1の祖先を持ち、ジェファーソンの妻マーサ・ウェイルズ・スケルトン・ジェファーソンの兄弟の半分でした。 [12]サリー・ヘミングスはこの影の家族の末っ子でした。 [13] Issac Jeffersonは、サリーを「白に近い強大な。非常にハンサムで、背中に長いストレートの髪がある」と説明しました。 [14]

成人期まで生き残った4人のヘミングスの子供たち(ウィリアムビバリー、ハリエット、マディソン、エストンヘミングス)のうち、マディソンヘミングスを除くすべてが最終的に白人と特定され、白人コミュニティで成人として生活しました。バージニア州法の下で partus sequitur ventrem、 サリー・ヘミングスは奴隷だったので、彼女の子供たちも奴隷として生まれました。しかし、子供たちは祖先によってヨーロッパ人の7/8、アフリカ人の8分の1でした。もし無料なら、当時のバージニア州では合法的に白人と見なされていたでしょう。 [15] [16]

初期の主張編集

1802年、ジャーナリストのジェームズT.カレンダーは、ジェファーソンによって郵便局長の任命を拒否され、「結果」のベールに包まれた脅迫を発した後、ジェファーソンがサリーという名前の奴隷側室を持つ数人の子供を父親にしたと報告しました。彼の家族はその主張を否定した。他の人は私的または公的に主張をしました。 [17]ニューグラスゴーアカデミー(バージニア州アマースト郡)の校長であるエリヤフレッチャーは1811年にジェファーソンを訪れ、彼の日記に次のように書いている。

黒人サルの話は茶番劇ではありません—彼が彼女と同居し、彼女のそばにたくさんの子供がいるというのは神聖な真実です—そして最悪の場合、彼は同じ子供たちを奴隷にしているということです—これらの部分で非常に一般的な不自然な犯罪です。 [18]

ジェファーソンはこの問題について公のコメントをしなかったが、ほとんどの歴史家は1805年から海軍長官ロバート・スミスへの彼のカバーレターを、失われたより完全な返答をほのめかす否定として解釈している。 [19]

ジェファーソン-ウェイルズの子孫とほとんどの歴史家は、彼がヘミングスの子供たちの父親であることを200年近く否定していました。 20世紀半ば以降、歴史家が証拠のいくつかを再検討し、それを別の方法で解釈しようと考えたため、その否定には課題がありました。この問題に関連する歴史的証拠をどのように解釈するかについて、20世紀後半から意見の不一致が生じています。ジェファーソンの伝記作家ヘンリー・S・ランドールが歴史家のジェームズ・パートンに宛てた1868年の手紙によると、ジェファーソンの孫であるトーマス・ジェファーソン・ランドルフは、ジェファーソンの生き残った娘マーサが死の床で、ジェファーソンがヘミングスの1人の前に15か月間モンティセロから離れていたと述べたと述べた子供が生まれたので、父親になることはできませんでした。しかし、歴史家のデュマ・マローンは後に、ジェファーソンがヘミングスの子供たちのそれぞれの誕生の9か月前にモンティセロにいたことを記録しました。 [20]

[S]彼[ヘミングス]にはジェファーソン氏に非常によく似た子供がいたので、彼らは彼の血を静脈に持っていたのは明白でした。彼[ランドルフ]は、ある例では、ジェファーソン氏と食事をしている紳士が、ジェファーソン氏から彼の後ろの使用人に目を上げたとき、非常に驚​​いたように見えたので、彼の類似性の発見はすべての人に完全に明白でした。 [21]

ランドルフは、モンティセロへのすべての訪問者が見ることができる「驚くべき」密接な類似性の説明として、故ピーター・カー、彼の妹と当時の既婚男性によるジェファーソンの甥がヘミングスの子供たちの父親であったとランドールに語った。法学教授のアネット・ゴードン・リードによれば、この行為によって、彼は、訪問者に見られる強い身体的類似性を説明するために、白人を奴隷の子供の父親として指名することに対する強い社会的タブーに違反していた。彼女は、彼が祖父を保護するというより説得力のある理由のためにのみそうするだろうと提案した。 [22]

このトピックに関する社会的なタブーのために、ランドルフは要求し、ランドールは、ランドールの3巻の伝記でヘミングスと彼女の子供たちの言及を省略することに同意しました。 トーマス・ジェファーソンの生涯 (1858)。 [21]しかし、ランドールは歴史家ジェームズ・パートンへの手紙でランドルフのオーラルヒストリーを伝えた。彼はまた、それを裏付ける記録を個人的に見たことがあると示唆しましたが、そのような記録は見つかりませんでした。ピーター・カーの父性に関するランドルフの家族の説明に関するランドールの1868年の手紙は、カーがヘミングスの子供たちの父親であり、ジェファーソンはそうではなかったという後の歴史家の主張の「柱」でした。 [22]

マディソンヘミングス編集の主張

1845年11月、オハイオ州の新聞は、オハイオ州中央部に住むサリー・ヘミングスのジェファーソンの息子の1人が、オハイオ州の人種に関する法律により、法廷で投票または証言することを許可されなかったと報じました。 [23]この話はその後、ウィリアム・ロイド・ガリソンの新聞によって報告された。 リベレーター. [24]

1870年7月7日、オハイオ州チリコシーの国勢調査担当者のウィリアムウィーバーは、「ヘミングス、マディソン」のエントリの横にある公式の国勢調査の本で、「この男はトーマスジェファーソンの息子です」と記しています。 [25]

1873年、ジェファーソンが彼の父親であると主張したマディソンヘミングスとのインタビューが発表された後、この問題は新たな注目を集めました。彼はモンティセロでの奴隷としての生活についてインタビューを受け、彼のアカウントはオハイオ州の新聞に掲載されました。それから68歳で、ヘミングスはジェファーソンを彼と彼の兄弟の父親であると主張しました。彼は、ジェファーソンとサリー・ヘミングスがまだパリにいたとき、彼女は彼の子供を妊娠したと言いました。奴隷はフランスでの自由を請願することができ、ジェファーソンがバージニアに戻るように彼女に頼んだとき、ヘミングスは最初に非難した。ジェファーソンが子供たちを年をとったときに解放するという約束に基づいて、彼女は彼と一緒にフランスから米国に戻った。 [26]同じくモンティセロの元奴隷であるイスラエル・ジェファーソンは、同じオハイオ新聞がその年に発表した彼自身のインタビューで、ジェファーソンのヘミングスの子供たちの父親の話を確認した。 [27]批評家は、政治的動機として新聞記事を攻撃し、以前の奴隷は誤った、またはさらに悪いものとして攻撃した。 [28]

1874年、ジェームズパートンはジェファーソンの伝記を出版しました。この伝記では、マディソンヘミングスの回想録の内容は、彼にインタビューしたジャーナリストの政治的動機によるものでした。彼と他の批評家は本質的にマディソンの回想録を軽視し、彼の話をするためのさまざまな否定的な動機を彼に帰した。パートンは彼の作品の中で、カーの父親についてのジェファーソン家のオーラルヒストリーと、ヘミングスの子供の1人の受胎期間中にジェファーソンが不在だったという主張を繰り返しました。 [29] [30]

現代の歴史家編集

メリル・ピーターソンやダグラス・アデアなどの20世紀以降の歴史家は、論争に関連するものとしてパートンの本に依存していました。 [31]次に、デュマ・マローンは彼らの立場を採用した。 1970年代、ジェファーソンの6巻の伝記の一部として、マローンは、カーの父親の物語に追加されたランドルフの妹であるエレンランドルフクーリッジによる手紙を最初に出版しました。しかし彼女は、ピーターの兄弟であり、妹を通してジェファーソンの甥でもある故サミュエル・カーがヘミングスの子供たちの父親であったと主張した。ピーターのように、サミュエルはヘミングスの子供たちが生まれたときに結婚しました。ランドルフのどちらも、男性が死ぬまで、ジェファーソンの甥をヘミングスの子供たちの推定上の父親として指名しませんでした。 [32]

上記の20世紀の歴史家や、ジョセフエリスやアンドリューバーシュタインなどの20世紀後半の他の主要な伝記作家は、ジェファーソン/ランドルフ家の証言に基づいてジェファーソンを「擁護」しました。そして家族はピーターまたはサミュエル・カーをヘミングスの子供たちの父親として特定しました。 [33]また、歴史家はジェファーソンの性格と見解の解釈から、彼はそのような関係を持っていなかっただろうと結論付けた。彼らは、彼が彼の著作の中で黒人と異人種間混交に反感を表明したことを指摘し、彼は「高い」道徳的性格を持っていると考えられていました。 [34]

の原稿 トーマス・ジェファーソンの農場の本 エドウィン・M・ベッツが編集した1953年に初めて再発見され出版されました。彼らは、サリー・ヘミングスのすべての子供たちを含む奴隷と奴隷の誕生に関する広範なデータを提供し、研究者によって広く使用されてきました。

黒人のオーラルヒストリーは、ジェファーソンヘミングスの関係と米国の歴史の中心にあるアフリカ系アメリカ人の場所の説明を保存しました。黒人の歴史家は、混血のヘミングスの子孫に関連する資料を出版し始めました。 Lerone Bennettは、彼の記事「Thomas Jefferson's Negro Grandchildren」で、 黒檀 1954年11月、この組合からの降下を主張する個人の現在の生活を調査した。 [35]

1961年、歴史家のパールM.グラハムが ネグロ歴史ジャーナル ジェファーソンとヘミングスについて。それはからの材料に基づいていました ファームブック、 歴史家のデュマ・マローンが彼の広範な伝記で開発したジェファーソンの活動の詳細なタイムラインと同様に。これは1940年代からいくつかの巻で出版されました。グラハムは、ヘミングスが子供たちを妊娠させたのは、ジェファーソンがモンティセロに住んでいたとき、彼が頻繁に旅行し、長期間不在だったときだけだったと述べました。グラハムはまた、ヘミングスとジェファーソンが一緒に数人の子供を持っていたというアカウントを支持したサリーの子供たちの伝記情報を提供しました。 [36]

1972年、フォーンM.ブロディは「グレートジェファーソンタブー」を アメリカの遺産 雑誌。 [4]彼女は、ジェファーソンと彼のクワドルーンの奴隷であるサリー・ヘミングスとの関係の噂に取り組み、広範な調査を行い、彼らは長い関係を持っていると結論付けました。 [37]「避けられない論争」を予期して、雑誌はその通常の慣行を破り、彼女の記事のためにブロディの広範な脚注を発表した。 [37] [38]

1953年、 トーマス・ジェファーソンのファームブック 再発見された後、編集されたバージョンで公開されました。奴隷の誕生、死亡、購入と販売、およびその他の情報の記録は、サリー・ヘミングスのすべての既知の子供たちの誕生を含む、モンティセロでの奴隷の生活に関するかなりのデータを研究者に提供しました。 [39]

デュママローンは、ジェファーソンの活動と居住を何年にもわたって記録しました。彼の複数巻の伝記(1948年から1981年に発行)の彼の文書は、ジェファーソンがヘミングスの子供たちのそれぞれの概念のためにモンティセロにいたことを示すためにパールグラハムが分析した詳細を提供しました。彼がそこにいなかったとき、彼女は決して妊娠しませんでした。マーサ・ウェイルズ・ジェファーソンとジェファーソンの娘であるマーサ・ランドルフは、ヘミングスの子供たちの1人が妊娠した15か月間、ジェファーソンが不在だったと死の床で主張していました。 Gordon-Reedは、この主張は、各子の受胎時にジェファーソンがモンティセロにいたマローンの文書では裏付けられていないことを示しています。 [20] [40]

1968年、歴史家のウィンスロップジョーダンは、ジェファーソンがヘミングスの子供たちの「各誕生の9か月前」にモンティセロにいたと述べました。この間、彼は一度に何ヶ月も不在でした。彼はその関係が可能であることを認めた。 [41]フォーン・ブロディはジェファーソンの伝記でもこの情報を使用し、ヘミングスの子供たちの父親であるという彼女の結論に貢献した。 [42]子供の生年月日の出典は、ジェファーソンのファームブックです。 [43]

2000年に、受胎データとジェファーソンの居住地の統計分析は、彼が彼女の子供たちの父親である可能性が99%であり、彼がすべての子供たちの父親ではない可能性はわずか1%であると結論付けました。この分析は、一般にモンテカルロシミュレーションと呼ばれ、モンティセロの考古学責任者であるフレイザーD.ネイマンによって行われました。 [44] [45] 2001年、トーマス・ジェファーソン遺産協会の学者委員会報告書は、ニーマンが複数の父親の可能性を説明していなかったと述べたため、この研究を批判した。 [46] [47]

ヘミングスの子供たちは、ヘミングス家の人々ではなく、ランドルフ・ジェファーソン家の人々、またはジェファーソンにとって重要な人々にちなんで名付けられました。混血の子供たちが主人によって産まれたとき、彼らはしばしば彼の家族の人々にちなんで名付けられました。 [48]ジェファーソンはヘミングス家に特別な待遇を与えた:若い頃の3人の少年は非常に軽い家事をしていた。労働年齢で、彼らはそれぞれ、彼らの叔父でもあった最も熟練した職人である地所の大工に見習いをしました。これは彼らに自由な大人として良い生活を送るためのスキルを提供するでしょう。 [48]

アネット・ゴードン・リードによれば、トーマス・ジェファーソンがサリー・ヘミングスの子供たちを扱ったことは、彼が子供たちの父親になった可能性があることを示す良い兆候です。ハリエット・ヘミングスは、14歳になるまで織工として働き始めませんでした。 [49]ジェファーソンの奴隷の多くは10時に始まったであろう。別の例は、他の奴隷とは異なり、マディソン・ヘミングスは、彼らが仕事に就くまで、サリーと一緒に用事を実行すると述べたということです。これは非常にまれでした。

最も重要なことは、ゴードンリードはジェファーソンがすべてのヘミングスの子供たちを解放したと述べています。彼らはモンティセロから解放された唯一の奴隷家族であり、彼らは若い頃に解放された唯一の奴隷であり、彼らが年をとったとき、ハリエット・ヘミングスは彼がこれまでに解放した唯一の女性奴隷でした。 [50] He allowed Beverley (male) and Harriet to "escape" in 1822 at ages 23 and 21, although Jefferson was already struggling financially and would be $100,000 (US$2,287,353 in 2020 dollars [51] ) in debt at his death. [48] He gave his overseer money to give to Harriet for her journey. Jefferson avoided publicity this way, but the gentry at the time noted the Hemingses' absences Monticello overseer Edmund Bacon noted in his memoir (published after Jefferson's death) that people were talking about Harriet's departure, saying that she was Jefferson's daughter. [50] [52]

In his 1826 will, Jefferson freed the younger brothers Madison and Eston Hemings, who were approaching the age of 21. To enable them to stay in Virginia, Jefferson's will petitioned the legislature for permission for them to stay in the state with their families. (Such legislative approval was required by laws related to manumission and free blacks.) Jefferson also freed three older males from the extended Elizabeth Hemings family they had each served him for decades. His will also requested that they be allowed to stay in the state. [53] Jefferson's daughter Martha Randolph gave Sally Hemings "her time" after Jefferson's death, an informal freedom, and the former slave lived with her two younger sons, Madison and Eston, in nearby Charlottesville for nearly a decade before her death. [50]

According to an initial report on the findings of a 1998 DNA study which tested the Y-chromosome of direct male-line descendants of Eston Hemings, and other related tests, there is a high probability that Thomas Jefferson was the biological father of Eston Hemings, with a nearly perfect match between the DNA of Jefferson's paternal uncle and the descendants of Eston Hemings. [54] These initial claims were later relativised by the lead researcher in the case, acknowledging that the DNA was compatible with the paternity of some of Jefferson's relatives and that it was inconsistent with paternity by one of the Carr brothers. [55]

In the Monticello Commission's report on the paternity question, Dr. David Page, one of the committee's scientific case reviewers, recommended that additional research needed to be done into "the local population structure around Monticello two hundred years ago, as respects the Y chromosome," before entirely ruling out the possibility of the paternity of any of the other 7 potential paternity candidates. [56]

With the Eston Hemings descendant found consistent with the Jefferson male line, and inconsistent with the Carr male line, formerly skeptical biographers, such as Joseph Ellis and Andrew Burstein, publicly said they had changed their opinions and concluded that Jefferson had fathered Hemings' children. [57] [58] As Burstein said in 2005,

[T]he white Jefferson descendants who established the family denial in the mid-nineteenth century cast responsibility for paternity on two Jefferson nephews (children of Jefferson's sister) whose DNA was not a match. So, as far as can be reconstructed, there are no Jeffersons other than the president who had the degree of physical access to Sally Hemings that he did. [57]

In 2000, the Thomas Jefferson Foundation, which operates Monticello, issued a report of its own investigation, which concluded by accepting Jefferson's paternity. [59] Dr. Daniel P. Jordan, president of the foundation, committed at the time to incorporate "the conclusions of the report into Monticello's training, interpretation, and publications." This included new articles and monographs on the Hemings descendants reflecting the new evidence, as well as books on the interracial communities of Monticello and Charlottesville. New exhibits at Monticello show Jefferson as the father of the Sally Hemings children. [59] [60] In 2010, the Monticello website noted the new consensus that has emerged on Jefferson's paternity of Hemings' children in the decade since those major studies. [61]

In its January 2000 issue, the ウィリアムとメアリークォータリー published Forum: Thomas Jefferson and Sally Hemings Redux, a total of seven articles noting the changed consensus and the developing new views on Jefferson. [62] One article had the results of an analysis by Fraser D. Neiman, who studied the statistical significance of the relationship between Jefferson's documented residencies at Monticello and Hemings' conceptions. [44] He concluded that there was a 99 percent chance that Jefferson was the father of Hemings' children. [44]

In May 2000, PBS 最前線 produced, Jefferson's Blood, a program about the issues related to the DNA test and historical controversy. It stated in its overview:

More than 20 years after CBS executives were pressured by Jefferson historians to drop plans for a mini-series on Jefferson and Hemings, the network airs Sally Hemings: An American Scandal. Though many quarreled with the portrayal of Hemings as unrealistically modern and heroic, no major historian challenged the series' premise that Hemings and Jefferson had a 38-year relationship that produced children. [63]

In the fall of 2001, the National Genealogical Society published a special issue of its quarterly devoted to the Jefferson–Hemings controversy. In several articles, its specialists concluded that, as the genealogist Helen M. Leary wrote, the "chain of evidence": historical, genealogical, and DNA, supported the conclusion that Thomas Jefferson was the father of all of Hemings' children. [64]

In 1999, the Thomas Jefferson Heritage Society (TJHS) commissioned its own report. Its founder and Director Emeritus Herbert Barger, [65] a family historian, had assisted Eugene Foster by finding descendants of the Jefferson male line, Woodsons and Carrs for testing for the DNA study. Foster later said that Barger was "fantastic" and "of immense help to me". [66] The TJHS Scholars Commission included Lance Banning, Robert F. Turner and Paul Rahe, among others. In 2001 the group published its report, in which the majority concluded there was insufficient evidence to determine that Jefferson was the father of Hemings' children. The report states that it is a matter about which reasonable people can disagree but the majority of the authors' conclusions, "range from serious skepticism about the charge to a conviction that it is almost certainly false". Their report suggested that his younger brother Randolph Jefferson, or one of his sons, was the father, and that Hemings may have had multiple partners. They emphasized that more than 20 Jefferson males lived in Virginia, eight within 20 miles of Monticello. Their report summary goes on to state "The most important results from the DNA testing may well have been the determination that Thomas Woodson, long thought by many to be the Tom referred to by James Callender in 1802 as having been conceived by Sally Hemings in Paris, and having a strong physical resemblance to the President could not have been the son of Thomas Jefferson. Subsequent DNA testing of descendants of a third Woodson son confirmed the earlier results. Most of us believe this goes far towards undermining any remaining credibility of the original Callender allegations." Paul Rahe published a minority view, saying he thought Jefferson's paternity of Eston Hemings was more likely than not. [67]

But the Monticello Jefferson-Hemings Report, examining Randolph Jefferson as a candidate, found that he made only four recorded visits to Monticello (in September 1802, September 1805, May 1808, and sometime in 1814), and none coincided with possible dates of Sally Hemings' conceptions. [68] In August 1807, a probable conception time for Eston Hemings, Thomas Jefferson wrote to his brother about visiting, but there is no evidence that the younger man arrived. Similarly, no documentation of a Randolph visit appears at the probable conception time for Madison Hemings. [69]

John H. Works, Jr., a Jefferson-Wayles descendant and a past president of the Monticello Association, a Jefferson lineage society, wrote that DNA tests indicated that any one of eight Jeffersons could have been the father of Eston. The team had concluded that Jefferson's paternity was the simplest explanation and consistent with historic evidence, but the DNA study could not identify Thomas Jefferson exclusively of other Jefferson males because no sample of his DNA was available. [70]

In the fall of 2001, articles in the National Genealogical Society Quarterly criticized the TJHS Scholars Commission Report for poor scholarship and failure to follow accepted historical practices of analysis, or to give sufficient weight to the body of evidence. [64] In the same year, historian Alexander Boulton wrote that Randolph Jefferson had never been seriously proposed as a candidate by historians before the 1998 DNA study. He noted "previous testimony had agreed" that Hemings had only one father for her children, and criticized the idea that she had multiple partners for her children. [71] Jeanette Daniels, Marietta Glauser, Diana Harvey and Carol Hubbell Ouellette conducted research and in 2003 concluded that Randolph Jefferson had been an infrequent visitor to Monticello. [72]

Monticello Association Edit

In 1999, Lucian Truscott IV, a Wayles-Jefferson descendant and member of the Monticello Association, the Jefferson lineage society, invited Hemings' descendants to that year's annual meeting. [73] The Association decided to commission its own report to determine whether it would admit Hemings' descendants to the lineage society (termed the MAC report or Membership Advisory Committee Report). The report was to determine whether the Hemings descendants could satisfy the society's requirements for documentation of lineage. The 2002 report to the Monticello Association concluded the evidence was insufficient to establish Jefferson's paternity. The majority of members voted against admitting the Hemings descendants as members of the group. [74] [75]

Truscott noted in アメリカの遺産 magazine that the Association had not had such strict documentation standards before the DNA study results were published in 1998. He checked the previous membership rules and found the following:

ARTICLE III — Membership . 。 。 Any lineal descendant of Thomas Jefferson who applies for membership, and annually pays dues as stated in the By-Laws of this Association, shall be a Regular Member of the Association. 。 。 ." Only those 33 of the 93 words in that section of the article address membership criteria the rest of the paragraph was largely concerned with the payment of dues. [73]

In 2010, Shay Banks-Young and Julia Jefferson Westerinen (descended from Sally Hemings' sons Madison and Eston, respectively they identify as African American and white), and David Works (brother of John H. Works, Jr., and descended from Martha Wayles), were honored with the international "Search for Common Ground" award for "their work to bridge the divide within their family and heal the legacy of slavery." [76] The three have spoken about race and their extended family in numerous appearances across the country. [76] After organizing a reunion at Monticello in 2003 of both sides of the Jefferson family, they organized "The Monticello Community", for descendants of all who lived and worked there during Jefferson's lifetime. [77] In July 2007, the three-day Monticello Community Gathering brought together descendants of many people who had worked at the plantation, with educational sessions, tours of Monticello and Charlottesville, and other activities. [78]

Shay Banks-Young, a descendant of Madison Hemings, had grown up with a family tradition of descent from Jefferson. David Works had originally resisted the new DNA evidence, but after he read the commissioned reports, he became convinced of Jefferson's paternity. [76] Julia Jefferson Westerinen is descended from Eston Hemings. [79] After Hemings moved his family to Madison, Wisconsin in 1852, they took the surname Jefferson and entered the white community. His descendants married and identified as white from then on.

In the 1940s, Julia's father and his brothers changed the family oral tradition and told their children they were descended from an uncle of Jefferson, as they were trying to protect them from potential racial discrimination related to their descent from Sally Hemings. In the 1970s, a cousin read Fawn McKay Brodie's biography of Jefferson and recognized Eston Hemings' name from family stories. She contacted Brodie and learned the truth about their descent. [79] Their family was later contacted to recruit a male descendant for the 1998 DNA testing. Julia's brother, John Weeks Jefferson, was the Eston Hemings' descendant whose DNA matched that of the Jefferson male line. [80]

In his last book before the DNA test results were published, Andrew Burstein wrote that Jefferson could not have been the father of Hemings' children. [57] Since then he published Jefferson's Secrets: Death and Desire at Monticello (2005), in which he concluded that Jefferson did have a long-term sexual relationship with Sally Hemings. [81]

Burstein said in an interview about his 2005 book,

On Jefferson's isolated mountaintop, sex took place as part of a hierarchy that everyone involved understood. Jefferson, and those of his class, did not share our current understanding of sexual morality. Sally Hemings was his servant, and had little power. She was dependent economically, though this does not mean her feelings were irrelevant. But it does mean that he had extraordinary power, and she very little, and so, as his concubine, she had probably replicated her mother's relationship with Jefferson's father-in-law for she was, in fact, Jefferson's late wife's half-sister, and I have described the Hemings family as a parallel, subordinate family to the all-white Jeffersons. [57]

In 2005 Christopher Hitchens published a new biography of Jefferson, whom he had always admired and praised. While continuing that praise, he assessed the president and his views. In an interview on NPR about the book, Hitchens discussed Jefferson's pessimistic views of the possibility of the co-existence of whites and blacks in the United States.彼は言った、

Then there's the odd, of course, fact that he had a very long love affair with a woman who he owned, who he inherited from his father-in-law, who was his wife's half-sister, and produced several children by her, whose descendants have mainly been brought up on the white side of the color line. So in a strange way, his own patrimony disproves his own belief that there couldn't be coexistence between black and white Americans. [82]

In her Pulitzer Prize-winning The Hemingses of Monticello: An American Family (2008), Annette Gordon-Reed recounts the history and biography of four generations of the enslaved Hemings family, focusing on their African and Virginian origins and interrelationships with the Jefferson-Wayles families, until the death in 1826 of Thomas Jefferson. [83] She discusses Jefferson's complex relationships as the family's master, Sally Hemings' partner, and the father of her children. [84]

Gordon-Reed is frequently asked about the emotional relationship between Jefferson and Hemings when giving talks. She writes, "In all the venues I have visited, from Houston to Stockholm, one question always arises: Did they love each other?" The question brings up many thorny issues in the context of a master-slave relationship. "Rape and the threat of it blighted the lives of countless enslaved women," she notes. "At the same time, some black women and white men did form bonds quite different in character than from those resulting from sexual coercion." [85]

In 2012, the Thomas Jefferson Foundation (which operated Monticello as a house museum and archive) and the Smithsonian Institution collaborated on a major exhibit held at the National Museum of American History, Slavery at Jefferson's Monticello: The Paradox of Liberty (January–October 2012). Described as a "groundbreaking exhibit", it was the first on the national Mall to address Jefferson as slaveholder and the family lives of slaves at Monticello. [86] Members and descendants of six families, including the Hemings, were documented and the strength of the enslaved families was shown. The exhibit also noted that "evidence strongly support[s] the conclusion that Jefferson was the father of Sally Hemings' children." [87] More than one million visitors saw the exhibit. Following the Washington run, the exhibit toured the US, being held at museums in Atlanta, St. Louis and other venues. Both the United States National Park Service and the University of Virginia's Miller Center of Public Affairs note in their online biographies that Jefferson's paternity of Hemings' children has been widely accepted. [2] [3]

In 1979, Barbara Chase-Riboud published a novel on Hemings that gave her a voice, portraying her as both an independent woman and Jefferson's concubine. [88] Jefferson historians succeeded in suppressing a planned CBS television film based on this novel. [63] In 1995, the film Jefferson in Paris was released, which portrayed a Jefferson-Hemings liaison. CBS aired the television film Sally Hemings: An American Scandal (1999), also portraying this relationship it was not challenged by any major historian. [63]

While historians have discussed the issue, numerous artists, writers and poets have grappled with the meaning of Jefferson's paternity in American history, as in these selections from a list of resources listed in a Lehigh University student project of "History on Trial": The Jefferson-Hemings Controversy: [89]


Thomas Jefferson (1743-1826)

Thomas Jefferson © Jefferson was a man of many talents. He was the author of the Declaration of American Independence, a founding father of the United States and the country's third president.

Thomas Jefferson was born in Shadwell, Virginia, on 13 April 1743 into a wealthy landowning family. He studied law and practiced until the early 1770s. He served as a magistrate and was a member of the Virginia House of Burgesses from 1769 to 1775.

By 1774, he was actively involved in organising opposition to British rule, and in his pamphlet 'A Summary View of the Rights of British America' Jefferson articulated the colonial position for independence. As a member of the second Continental Congress, he was the principal author of the Declaration of Independence. He returned to Virginia and served as governor from 1779 to 1781.

In 1784, Jefferson went to France where he served first as trade commissioner and then as American ambassador. He was in France for four years and witnessed the beginning of the French Revolution.

In 1790, he became the first secretary of state, a position he held until 1793, when he resigned after a quarrel with secretary of the treasury, Alexander Hamilton. Out of the diverging views of Jefferson and Hamilton were forming two separate political parties, the Democrat-Republicans and the Federalists.

In 1796, Jefferson reluctantly stood as the Republican candidate for president, losing by three votes to Federalist John Adams. He served as Adams' vice president between 1797 and 1801. In 1801, after a bitterly fought election, Jefferson became the third president of the United States, serving for two terms.

In 1803, Jefferson purchased the Louisiana territory from Napoleon for $15 million, almost doubling the size of the United States. He also authorised the Lewis and Clark Expedition (1804-1806), which explored the American west and north west.

During Jefferson's second term he attempted to maintain American neutrality in the Napoleonic wars, despite both England and France interfering with American shipping. Jefferson responded by forbidding American ships to sail to any European ports. This was disastrous for the American economy and the legislation was repealed shortly before Jefferson left office in 1809.

Jefferson retired to Monticello, the house he had built in Virginia. The founding of the University of Virginia was his most important achievement in these final years. In 1815, he sold his library to the federal government in Washington, where it became the nucleus of the Library of Congress. Jefferson died on 4 July 1826.


When Thomas Jefferson penned “all men are created equal,” he did not mean individual equality, says Stanford scholar

When the Continental Congress adopted the Declaration of Independence on July 4, 1776, it was a call for the right to statehood rather than individual liberties, says Stanford historian Jack Rakove. Only after the American Revolution did people interpret it as a promise for individual equality.

In the decades following the Declaration of Independence, Americans began reading the affirmation that “all men are created equal” in different ways than the framers intended, says Stanford historian Jack Rakove.

With each generation, the words expressed in the Declaration of Independence have expanded beyond what the founding fathers originally intended when they adopted the historic document on July 4, 1776, says Stanford historian Jack Rakove. (Image credit: Getty Images)

On July 4, 1776, when the Continental Congress adopted the historic text drafted by Thomas Jefferson, they did not intend it to mean individual equality. Rather, what they declared was that American colonists, as a people, had the same rights to self-government as other nations. Because they possessed this fundamental right, Rakove said, they could establish new governments within each of the states and collectively assume their “separate and equal station” with other nations. It was only in the decades after the American Revolutionary War that the phrase acquired its compelling reputation as a statement of individual equality.

Here, Rakove reflects on this history and how now, in a time of heightened scrutiny of the country’s founders and the legacy of slavery and racial injustices they perpetuated, Americans can better understand the limitations and failings of their past governments.

Rakove is the William Robertson Coe Professor of History and American Studies and professor of political science, emeritus, in the School of Humanities and Sciences.彼の本、 Original Meanings: Politics and Ideas in the Making of the Constitution (1996), won the Pulitzer Prize in History. His new book, 信念を超えて、良心を超えて:宗教の自由な行使の根本的な重要性 will be published next month.

With the U.S. confronting its history of systemic racism, are there any problems that Americans are reckoning with today that can be traced back to the Declaration of Independence and the U.S. Constitution?

I view the Declaration as a point of departure and a promise, and the Constitution as a set of commitments that had lasting consequences – some troubling, others transformative. The Declaration, in its remarkable concision, gives us self-evident truths that form the premises of the right to revolution and the capacity to create new governments resting on popular consent. The original Constitution, by contrast, involved a set of political commitments that recognized the legal status of slavery within the states and made the federal government partially responsible for upholding “the peculiar institution.” As my late colleague Don Fehrenbacher argued, the Constitution was deeply implicated in establishing “a slaveholders’ republic” that protected slavery in complex ways down to 1861.

But the Reconstruction amendments of 1865-1870 marked a second constitutional founding that rested on other premises. Together they made a broader definition of equality part of the constitutional order, and they gave the national government an effective basis for challenging racial inequalities within the states. It sadly took far too long for the Second Reconstruction of the 1960s to implement that commitment, but when it did, it was a fulfillment of the original vision of the 1860s.

As people critically examine the country’s founding history, what might they be surprised to learn from your research that can inform their understanding of American history today?

Two things. First, the toughest question we face in thinking about the nation’s founding pivots on whether the slaveholding South should have been part of it or not. If you think it should have been, it is difficult to imagine how the framers of the Constitution could have attained that end without making some set of “compromises” accepting the legal existence of slavery. When we discuss the Constitutional Convention, we often praise the compromise giving each state an equal vote in the Senate and condemn the Three Fifths Clause allowing the southern states to count their slaves for purposes of political representation. But where the quarrel between large and small states had nothing to do with the lasting interests of citizens – you never vote on the basis of the size of the state in which you live – slavery was a real and persisting interest that one had to accommodate for the Union to survive.

Second, the greatest tragedy of American constitutional history was not the failure of the framers to eliminate slavery in 1787. That option was simply not available to them. The real tragedy was the failure of Reconstruction and the ensuing emergence of Jim Crow segregation in the late 19th century that took many decades to overturn. That was the great constitutional opportunity that Americans failed to grasp, perhaps because four years of Civil War and a decade of the military occupation of the South simply exhausted Northern public opinion. Even now, if you look at issues of voter suppression, we are still wrestling with its consequences.

You argue that in the decades after the Declaration of Independence, Americans began understanding the Declaration of Independence’s affirmation that “all men are created equal” in a different way than the framers intended. How did the founding fathers view equality? And how did these diverging interpretations emerge?

When Jefferson wrote “all men are created equal” in the preamble to the Declaration, he was not talking about individual equality. What he really meant was that the American colonists, as a people, had the same rights of self-government as other peoples, and hence could declare independence, create new governments and assume their “separate and equal station” among other nations. But after the Revolution succeeded, Americans began reading that famous phrase another way. It now became a statement of individual equality that everyone and every member of a deprived group could claim for himself or herself. With each passing generation, our notion of who that statement covers has expanded. It is that promise of equality that has always defined our constitutional creed.

Thomas Jefferson drafted a passage in the Declaration, later struck out by Congress, that blamed the British monarchy for imposing slavery on unwilling American colonists, describing it as “the cruel war against human nature.” Why was this passage removed?

At different moments, the Virginia colonists had tried to limit the extent of the slave trade, but the British crown had blocked those efforts. But Virginians also knew that their slave system was reproducing itself naturally. They could eliminate the slave trade without eliminating slavery. That was not true in the West Indies or Brazil.

The deeper reason for the deletion of this passage was that the members of the Continental Congress were morally embarrassed about the colonies’ willing involvement in the system of chattel slavery. To make any claim of this nature would open them to charges of rank hypocrisy that were best left unstated.

If the founding fathers, including Thomas Jefferson, thought slavery was morally corrupt, how did they reconcile owning slaves themselves, and how was it still built into American law?

Two arguments offer the bare beginnings of an answer to this complicated question. The first is that the desire to exploit labor was a central feature of most colonizing societies in the Americas, especially those that relied on the exportation of valuable commodities like sugar, tobacco, rice and (much later) cotton. Cheap labor in large quantities was the critical factor that made these commodities profitable, and planters did not care who provided it – the indigenous population, white indentured servants and eventually African slaves – so long as they were there to be exploited.

To say that this system of exploitation was morally corrupt requires one to identify when moral arguments against slavery began to appear. One also has to recognize that there were two sources of moral opposition to slavery, and they only emerged after 1750. One came from radical Protestant sects like the Quakers and Baptists, who came to perceive that the exploitation of slaves was inherently sinful. The other came from the revolutionaries who recognized, as Jefferson argued in his Notes on the State of Virginia, that the very act of owning slaves would implant an “unremitting despotism” that would destroy the capacity of slaveowners to act as republican citizens. The moral corruption that Jefferson worried about, in other words, was what would happen to slaveowners who would become victims of their own “boisterous passions.”

But the great problem that Jefferson faced – and which many of his modern critics ignore – is that he could not imagine how black and white peoples could ever coexist as free citizens in one republic. There was, he argued in Query XIV of his ノート, Jefferson argued that there was already too much foul history dividing these peoples. And worse still, Jefferson hypothesized, in proto-racist terms, that the differences between the peoples would also doom this relationship. He thought that African Americans should be freed – but colonized elsewhere. This is the aspect of Jefferson’s thinking that we find so distressing and depressing, for obvious reasons. Yet we also have to recognize that he was trying to grapple, I think sincerely, with a real problem.

No historical account of the origins of American slavery would ever satisfy our moral conscience today, but as I have repeatedly tried to explain to my Stanford students, the task of thinking historically is not about making moral judgments about people in the past. That’s not hard work if you want to do it, but your condemnation, however justified, will never explain why people in the past acted as they did. That’s our real challenge as historians.


7. He helped popularize ice cream in the U.S.

Jefferson spent time in France in the 1700s as a diplomat, and that’s where he was likely introduced to the dessert delicacy known as ice cream. While not the first to port over recipes to the United States, his frequent serving of it during his time as president contributed to increased awareness. Jefferson was so fond of ice cream that he had special molds and tools imported from France to help his staff prepare it because there was no refrigeration at the time, the confections were typically kept in ice houses and brought out to the amusement of guests, who were surprised by a frozen dish during summer parties. He also left behind what may be the first ice cream recipe in America: six egg yolks, a half-pound of sugar, two bottles of cream, and one vanilla bean.


Thomas Jefferson's 10 Rules Of Life — Mocked

Thomas Jefferson was a great one for giving out advice. As Anna Berkes points out on the Monticello website, the third U.S. president often took the opportunity to advise family and friends on all-around "best practices."

Over the years, she writes, Jefferson "developed a list of axioms for personal behavior. Some seem to have been of his own invention others derived from classical or literary sources."

Here is a "decalogue of canons for observation in practical life" that the former president imparted in 1825. The list was more popularly known as

Thomas Jefferson's 10 Rules Of Life

  1. Never put off till tomorrow what you can do to-day.
  2. Never trouble another for what you can do yourself.
  3. Never spend your money before you have it.
  4. Never buy what you do not want, because it is cheap it will be dear to you.
  5. Pride costs us more than hunger, thirst and cold.
  6. We never repent of having eaten too little.
  7. Nothing is troublesome that we do willingly.
  8. How much pain have cost us the evils which have never happened!
  9. Take things always by their smooth handle.
  10. When angry, count ten, before you speak if very angry, an hundred.

Throughout the 19th century, "Jefferson's 10 Rules" were printed and reprinted in newspapers and magazines. The Western Farmer published the rules in 1839 Southern Planter proffered them in 1843. "I vividly remember," wrote Margaret Cleveland in the August 1873 edition of Shaker and Shakeress Monthly, "in my early school-days, committing to memory Thomas Jefferson's Ten Rules of Life."

All across the country, the rules were recited and debated and taken to heart.

And, this being America, the rules were eventually satirized.

Obviously inspired by Jefferson's commandments, a twisted list of rules appeared in the Chicago Daily Tribune on Nov. 11, 1878. Numbered and rearranged for clarity, here are


Jefferson University Hospitals

We are reimagining diversity and inclusion to promote and cultivate an inclusive environment that celebrates the differences and similarities of our patients, families, students, workforce and the communities we serve to achieve an equitable culture.

The Web site for Thomas Jefferson University Hospitals, its contents and programs, is provided for informational and educational purposes only and is not intended as medical advice nor, is it intended to create any physician-patient relationship. Please remember that this information should not substitute for a visit or a consultation with a healthcare provider. The views or opinions expressed in the resources provided do not necessarily reflect those of Thomas Jefferson University Hospitals, Thomas Jefferson University or their staffs. By using this Web site, you accept these terms of use. Please read our online privacy statement. Please read our privacy practices.

Copyright © 2021 Thomas Jefferson University Hospitals.全著作権所有。


ビデオを見る: アメリカ第3代大統領トマスジェファソン独立宣言起草


コメント:

  1. William

    私はそれを喜んで受け入れます。質問は興味深いです、私も議論に参加します。

  2. Biast

    漂白剤の新しいエピソードが出てくることはめったにありません。私はブログでもlazyuです。著者、ありがとう。

  3. Aescford

    私は謝罪しますが、私の意見ではあなたは間違いを認めています。説明してください。

  4. Zololl

    Blimey!



メッセージを書く