古代の将軍

古代の将軍


関羽

関羽。

関羽(162-219)は、古代史で最も有名な歴史上の人物の1人です。この理由の一部は、彼が人気のある漫画や映画に出演していることです。

彼はまたの主人公です 三王国のロマンス それは元王朝時代(1279-1368)の終わりに羅貫中によって書かれたと言われている半歴史小説です。

この小説は、中国の4大古典小説の1つです。彼は神でもあります!何百万人もの人々が彼を崇拝し、彼らの住居に入れるために彼の小さな彫像を作ります。彼は強い戦士であり、彼の支配者に忠実な成功した大胆な将軍であると言われていました。彼がした珍しいことの一つは、彼が彼の長年のリーダーであり友人である劉備と敵のリーダーである曹操の両方によく仕えたことでした。彼がこれをどのように行ったかは、それ自体が興味深い話です。

最後に、彼は219年に亡くなりました。漢帝国の崩壊の血なまぐさい紛争の重要な指導者としての彼の人生の間に、彼は大胆さと公正さを示し、そして彼は神になりました。

Guanyuは今日、特に中国南部、台湾、香港で多くの中国人に崇拝されています。 Guanyuの小さな神社は、伝統的な中国の店やレストランにほぼ遍在しています。


古代の将軍-歴史

歴史と社会の変化

歴史社会学-このトピックには、数百の記事、数十の本、歴史的主題に関する数千のリンクが含まれています。教師や学部生が、さまざまな視点から子供や若者の生きた経験に関するデータを認めることにより、若者が最初から果たしてきた重要な役割を知るのに役立つように設計された世界史の資産。

過去の社会や人間の進歩における思春期と若さについての認識を変えるだけでなく。


    世界の歴史資料、国と地域の歴史、および話題の歴史との歴史リンクコレクション。
  • ニコラス・アルバリー
    [1992] Book ofVisions-ソーシャルイノベーションの百科事典
    参照:Wa​​lter Schwarz [2001]死亡記事:ニコラス・アルバリー。で:ガーディアン、8.7.2001
    オランダ語で、世界史上最も興味深い逸話。
    世界中の国立公文書館へのリンク。この最も古いリンク-オランダのアーカイブ向けサービスは、ズボーレの市立アーカイブによって提供されています。

歴史上の子供と若者
過去の文化や文明における子供と青年の概念を変えるだけでなく、さまざまな視点から子供と若者の生きた経験に関する情報へのアクセスを提供することにより、教師と学生が歴史を通して若者の重要な役割について学ぶのを助けるように設計された世界史リソース。ポータルは、センターフォーヒストリーアンドニューメディアCHNMによって開発されました。

    (HTA)
    数百の記事、数十の本、歴史的主題に関する数千のリンクが含まれています。 Donald J.Mabryによって作成および保守されています。
    あなたの批評的なコメントの機会とともに歴史の理論に関するエッセイを提供します。 -ドイツ
    Network Subject Gatewas Historyは、歴史上の学術的に関連するWebサイトやデジタルテキストへのアクセスを提供します。すべてのリソースは、ダブリンコアメタデータのセットを使用して記述および評価されます。歴史ガイドはもともと、ゲーティインゲン州立大学図書館で作成され、配置されました。 Network Subject Gateway Historyは、歴史の分野で学術的に関連するインターネットリソースに公的にアクセスできるようにするという使命を共有している機関(研究図書館、主題書誌、研究センター)の同盟です。
    英語サーバーからの歴史と歴史学のアーカイブとリソース。 (SocioSite)
    サスカチュワンニュースタートと呼ばれるカナダの社会発明センターの設立を担当した未来派のスチュアートコンガーによって書かれました。より長い記事のこの要約では、彼は社会的発明を、人々が個人的または集合的に、自分自身またはお互いに関係する方法を変える新しい法律、組織、または手順として定義しています。彼はこれらの社会的発明のいくつかの例を挙げ、それらの意味について論じています。
    世界史クラスのリソースサイト。アフリカ、アステカ、中国、エジプト、ギリシャ、マヤ、メソポタミア、ローマ、オルメカ、先史時代、中世、第二次世界大戦の文化は、芸術、伝記、日常生活、地図、写真、研究などのカテゴリに分類されます。レディング大学のヘンリービジネススクールでエリックライマーによって提示されました。
    同期ライフライン、タイムライン、マップをインタラクティブに組み合わせて、3、000年の世界史を紹介する徹底的な科学プロジェクト。物語では、それはかなり単純なものから、より複雑で複雑な性質と行動へと拡大しました。
    (IHR)(IISG)
    アムステルダムの社会史と独立した科学研究所に関するアーカイブ。研究所の大規模なアーカイブには、ローザ・ルクセンブルグ、フリードリヒ・エンゲルス、カール・マルクスの論文を含む、いくつかの国際社会組織の論文が収められています。 IISGは調査を実施し、労働、労働者、労使関係の世界史に関するデータを収集します。
    このサイトには、古代世界、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、インド、中東、オーストラリアとアメリカ大陸。マグナカルタやアメリカ独立宣言などの歴史的文書を含むセクションと、世界の宗教、哲学、科学的発見やアイデアに関連するセクションがあります。
    履歴リソースの構造化されたリスト。歴史サイトは、主題と期間、社会政治学サイト、歴史雑誌、歴史のメーリングリストごとに編成されています。編集者:Patrick D. Reagan(テネシー工科大学)
    A. F.ポラードによって1921年に設立されたIHRは、世界中の研究者にとって重要なリソースであり、出会いの場です。最先端のオープンアクセスライブラリ、一般に公開されている会議やセミナー、歴史研究室、デジタル形式と印刷物の両方での歴史研究のためのリソースを提供しています。 --About.com

Kuchenbrod、Matthias

  • [1999] Bausteine der Wirtschafts- und Sozialgeschichte
    ドイツのテキストとグラフィックのコレクションは、社会的および経済的歴史のいくつかの実践的および理論的問題(文学資源、簿記、統計、社会学的および経済理論など)を扱っています。
  • [2013] Grundlagenliteratur f&uumlr das Fach Wirtschafts- und Sozialgeschichte
    経済社会史に関する基礎文献。このリストは、経済社会史をテーマにした重要な基礎研究の指定に焦点を当てています。

    一般的な歴史的資料、古典/古代、中世研究、ルネッサンス、18世紀と19世紀、アメリカの歴史、旧西部。編集者:Michael Kearl(トリニティ大学、米国)。
    の第20章 マクロ経済安定化政策、A。JoyceFurferoによる。

歴史のマスター
オンラインで無料の歴史リソースへの究極のガイド
メアリーハバードと彼女のチームによって作成されました。

  • シネルヴォ、バリー
    • [1997-2006]社会の進化
    • [2001]近代化
      で:ヨーロッパの社会史の百科事典。
      彼の著書「世界史百科事典」を参照してください。
    • [2003/2008]世界史における西洋文明

    トップ50の世界史ブログ
    歴史を学ぶ学生なら誰でも、これまでに行ったことのある人から学ぶべきことがたくさんあり、他の国の歴史から学ぶべきことがたくさんあることを知っています。

    シャトルの声:歴史
    国やトピックごとに整理された歴史サイトへのリンク。

      (AHS)[要約]
  • アメリカ歴史学会(AHA)の公式出版物。 AHSは、歴史研究のすべての主要分野からの奨学金を集めた世界でも数少ないジャーナルの1つです。内容と解釈が新しく、歴史的知識に大きく貢献する記事を公開しています。ジャーナルはまた、この分野で最も重要な現代の歴史的学問を調査および評価し、年間約1,000冊の書評を発行しています。 --Histoire、Sciences Sociales [要約]
    社会史を扱ったフランスの学術雑誌。 1929年にMarcBlochとLucienFevvreによって設立されました。異なる社会科学間の対話のためのプラットフォーム。 (CJOH)[要約]
    英語とフランス語の両方で出版されている一般的な歴史の査読付きジャーナル。専門家による記事とレビューを特集し、すべての地理的、時間的、および主題のサブフィールドからの寄稿を招待します。 (ČMM)-チェコ共和国
    このチェコの歴史ジャーナルは1869年に設立され、国際的な編集スタッフがいます。モラビア、チェコの土地、中央ヨーロッパの歴史と文化に関する査読付きの記事を公開しています。 (GG)[要約]
    GGの焦点は、社会変化の議論と分析にあります。 GGは、現代、特に19世紀と20世紀に一時的に焦点を当てています。構造史的アプローチがイメージを支配します。これには、社会集団(労働者、貴族、ブルジョアジー)の研究だけでなく、経済的および社会的プロセスの研究も含まれます。 [要約]
    によって追求される目的 歴史と測定 ツールの提案と情報の統計的処理方法の提示、歴史的現象の測定とプロセスの分析のための図の利用が含まれます。これは、データの内容と関連性、それらの精緻化の条件、および大部分が事前に構築されたカテゴリーでのそれらの登録についての考察を発展させることを目的としています。それは、学問的および時系列の分離を超えて、歴史と測定を問題の中心に置く記事と書評を出版することによってそうしようとします。 [要約]
    歴史優等生協会であるファイアルファシータに代わってブラックウェル出版が四半期ごとに発行する歴史ジャーナル。歴史学のすべての分野でオリジナルの記事と書評を出版しています。 (HIS)[要約]
    ケンブリッジ大学出版局が発行した査読付き学術雑誌。 1500年以降の英国、ヨーロッパ、世界の歴史のあらゆる側面に関するおおよその記事を発行しています。各号には、幅広い歴史文献をカバーする多数のレビュー記事が含まれています。 (HR)[要約]
    ロンドン大学歴史学研究所(IHR)が発行する学術雑誌。その記事は、中世初期から20世紀にかけて、英国から極東まで、地理的および時間的に広い範囲をカバーしています。社会的、政治的、都市的、知的、文化的歴史など、さまざまなアプローチからの記事の提出を奨励しています。
    最初で、かつては最も重要な歴史雑誌。 (HT)[要約+一部の全文]
    歴史と経済史の研究のためのスウェーデンの主要なジャーナル。これは、国際歴史科学委員会(CISH)のメンバーであるSvenska Historiska F&oumlreningen(SHF)によって発行された、四半期ごとの査読付きジャーナルです。毎年の巻には4つの号があり、約800ページが含まれています。歴史科学の独自​​の研究に基づいた記事を公開しており、年代順、主題、懲戒、地理的な制限はありません。 [要約]
    歴史協会(HA)に代わってWiley-Blackwellが発行した査読付き学術雑誌。 1916年に設立され、歴史学のすべての分野でオリジナルの記事、書評、アーカイブ作品を出版しています。それは、その幅広い年代順の報道と、社会的、政治的、文化的、経済的および教会の歴史家からの寄稿を特徴とする記事の地理的な広がりとのバランスをとっています。各号の不可欠な部分は、最新の奨学金の批評的なレビューを提供するレビューセクションです。 (HC)[要約]
    Wiley-Blackwellが発行した査読付きオンライン学術ジャーナル。それは、分野全体からの最も重要な研究と現在の考え方の最新の記事を公開しています。 HCは、何世紀にもわたって大陸にまたがる研究を促進する上で積極的な役割を果たし、非専門家に理想的な入り口を提供します。 [全文]
    真面目で権威のある歴史をできるだけ多くの人に紹介するイラスト入りの歴史雑誌。それはすべての期間と地理的地域をカバーし、新しい研究と歴史学と一緒に伝統的な物語の歴史の記事を公開します。 (HWJ)[要約+一部の全文]
    オックスフォード大学出版局が発行する学術雑誌。鋭い奨学金と想像力豊かなプレゼンテーションを通じて、HWJは過去と現在を対話に持ち込み、大学内外の読者を引き付けます。 HWJは、文学から経済学、地方史から地政学的分析に至るまで、さまざまなエッセイ、レポート、レビューを発行しています。スタイルの明確さ、挑戦的な議論、ビジュアルソースの創造的な使用は特に重要です。
    査読付きジャーナルは、さまざまな言語文化と学術文化の間のインターフェースです。年に2回、ドイツ語と英語のオリジナル論文を発行しています。 (ジン)[要約]
    MITPressが発行した査読付き学術雑誌。歴史を経済学や人口統計学などの他の学問分野にリンクし、幅広い歴史的テーマと期間をカバーします。社会的、人口統計学的、政治的、経済的、文化的、技術的歴史をカバーし、1つの地理的領域または歴史的期間に限定されません。 (&OumlZG)-オーストリア歴史研究ジャーナル
    &OumlZGは、女性と性別の歴史、文化史、科学史、社会史、経済史、政治史のために、ドイツ語と英語の両方で革新的な貢献を公開しています。実証的研究は主にヨーロッパ地域に関連しており、グローバルな比較研究を歓迎します。このジャーナルは、ウィーン大学の歴史文化研究学部とウィーン市の文化局によって財政的に支援されています。 [要約]
    過去と現在の社会(PPS)に代わってオックスフォード大学出版局が発行した社会史に関する英国の学術雑誌。それは1952年にマルクス主義と非マルクス主義の歴史家の組み合わせによって設立されました。マルクス主義の歴史家には、E。P。トンプソン、クリストファーヒル、エリックホブズボーム、ロドニーヒルトン、ドナトアなどの共産党歴史家グループのメンバーが含まれていました。世界各地の歴史的、社会的、文化的変化に関するさまざまな学術的および独創的な記事を掲載した年4回の発行を行っています。 (RHR)[全文]
    デューク大学出版会が発行する学術雑誌は、厳格な歴史的学問と積極的な政治的関与が収束するポイントです。 RHRは、性別、人種、セクシュアリティ、帝国主義、階級の問題に取り組み、歴史分析の境界を広げて、西洋と非西洋の歴史を探求します。それは、熱心で批判的な政治的立場から歴史に近づきます。 (RH)[要約]
    1876年にプロテスタントのガブリエルモンドとカトリックのグスタフファニエスによって作成されたフランスの歴史雑誌。 RHは、いかなる宗教、いかなる党、いかなる教義も主張していません。記事は、古代から現在まで、さまざまな分野で、経済から政治まで、社会的問題から宗教的および文化的問題まで、歴史の分野全体をカバーしています。 RHは、学校のさまざまな歴史的解釈を受け入れています。 (RSI)[要約]
    1884年に設立されたイタリアの学術史ジャーナル。これは、地域的およびグローバルな視点で、幅広い歴史的テーマと時代をカバーしています。 -スウェーデン
    1928年以来発行されており、主にスカンジナビア諸国の中心的なテーマを扱っている歴史に関する学術雑誌。 (SDH)-歴史学の歴史
    歴史学の歴史に興味のあるすべての学者にフォーラムを提供する年2回のジャーナル。 (WHR)[要約]
    ラウトレッジが発行する、隔月で査読された女性の歴史に関する国際的なジャーナル。これは、女性の歴史の分野における新しい学術論文を発表するためのフォーラムを提供します。対象となる期間には、19世紀、20世紀、21世紀、およびそれ以前の時代が含まれます。ジャーナルは、女性やジェンダー関係についてのフェミニストの知識と議論をさらに深める、さまざまな分野(歴史、社会学、文化研究、メディア研究、映画研究、文学、人類学、政治、社会政策、哲学)からの寄稿を公開しようとしています。歴史。 [全文&無料]
    社会史学の分野で、今日の世界社会が直面している問題の分析に貢献するジャーナル。この努力は主に、政治的に活動している、またはそうなりたいと考え、私たちの複雑な現在を理解できるのは歴史的観点からのみであり、これが解放行動の基本的な前提条件であることを理解している読者を対象に行われます。これは、20世紀および21世紀の社会史協会(Verein f&uumlr Sozialgeschichte des 20. und 21. Jahrhundertse。V.)によって発行されています。
  • 先史時代と考古学

      (SocioSite)-プリンストン大学、米国

        Boguckiは、ポーランド中北部のオスロンキの遺跡で行われた考古学的研究について説明しています。
      • (Ryszaard Grygielと共に)ポーランドのBrzcśćKujawskiでのアントラー軸の新石器時代の製造
        In:Archeomaterials、4:69-75。

      古代世界(紀元前4000年頃-西暦500年頃)

      一般的およびその他の情報源


        古代オリエントの研究に関連するネットワーク化されたオープンアクセスデータへのガイド。インデックスには、プライマリとセカンダリの2つのグループがあります。主要なインデックスは、プロジェクトまたは機関の所属と著者によって分けられます。二次索引には、ディレクトリ(住所、リスト)、オンラインジャーナル、図書館目録、美術館のコレクション、出版社、書籍販売業者、地域および主題索引が含まれます。編集者:チャールズE.ジョーンズ(オリエンタルインスティテュート、シカゴ、米国の研究アーカイブ)。
        それらの土地と文明の人々と彼らの生き方、そして彼らの考え、希望、夢、人生を織り交ぜながら、古代世界への旅。
        メキシコ、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラスのマヤ遺跡。
        編集者:Paul Halsall、フォーダム大学、米国。
        ギリシャとローマの世界のバリントンアトラス(ノースカロライナ大学、チャペルヒル、米国)。
        古代世界の女性とジェンダーを研究するためのフォーラムと資料。多くの重要な文学および歴史上の人物、エッセイ、記事、レビュー、参考文献および画像の伝記が含まれています。編集者:スザンヌ・ボネファスとロス・スカイフ。
        古代史学のオンラインジャーナル。古代の歴史的テキストとメディアに焦点を当てた査読付き電子ジャーナル。これには、元の記事のほか、関連する会議や歴史的プロジェクトのレビュー、ディスカッション、読者の回答、通知が含まれています。ダラム大学(英国)の古典学部によって発表されました。 (IHARE)
        さまざまな学生、教師、公的なプログラムや活動を通じて、古代から現在に至るまで、人間の文化に関する知識と認識を拡大することを目的とした非営利団体。 (NECJ)
        ニューイングランド6州の古典主義者のための専門組織であるニューイングランド古典協会(CANE)に代わって発行された、古典世界に関する学術雑誌。 CANEは、CANE関連のアナウンスに加えて、一般的なClassicsのアナウンスを受け入れます。また、教育学的に関心のある項目、CANE情報、およびクラシックの愛好家に役立つリソースに関するより長い記事を公開しています。
        古代ギリシャとローマのデジタルライブラリ。13,000を超える美術品、遺跡、建物の画像。それぞれに、オブジェクトとそのコンテキストの説明があります。ギリシャ語のテキスト、ギリシャ語の語彙集、二次資料の選択もあります。画像とテキストのデータベースはいくつかの異なる方法で検索でき、結果のレコードはカテゴリ化され、一緒にハイパーリンクされます。
      • ウィキペディア
        私たちの多くの側面の中でローマ軍を生き返らせることを専門とするローマの研究と再制定の社会。彼らは多くの歴史的専門家や愛好家で構成されており、正確に再構築された鎧や装備を使用して生きた歴史を示すために定期的に公に現れます。このグループは、スコットランドのアントニヌスの城壁に駐屯していた第6軍団レジオビクトリックスを拠点としています。協会の目的は、ローマの英国、特にローマのスコットランドの生活と時代における国民の教育を促進することです。
        歴史上の人物の詳細な記事、マルチメディア、タイムライン、短い伝記。女性やポンペイ市民の視点からローマの生活様式を探求し、英国のローマ文化について調べてください。
        ローマのバーチャルツアーに参加したり、神話の辞書を探索したり、ローマの歴史やラテン語や文学について読んだり、人々の写真を見たり、ギリシャやローマ時代の手術器具を調べたりできます。デビッドカムデンは、主にローマ人への感謝を育むための趣味としてこのサイトを作成しました。
        ローマ皇帝のオンライン百科事典(De imperatoribus Romanus)とその家族:アウグストゥス(紀元前27年-西暦14年)からコンスタンティノス11世古生物学(1449-1453)まで。百科事典は、(1)1500年の帝国の間に支配したすべての皇帝の索引、(2)個々の皇帝に関するいくつかの伝記エッセイ、(3)家系図(3)で構成されています。ステムマタ)重要な帝国王朝、(4)帝国の歴史における重要な戦いの指標、(5)これらの戦いのカプセルの説明と地図の数、および(6)さまざまな時期の帝国の地図。可能な限り、これらの資料はライブリンクによって相互参照されています。編集者:リチャード・D・ワイゲル。
        ローマ法と大陸法、古典学と出版社に関する多くのリソースが含まれています。このサイトの目的は、ローマ法に関心のある人々がインターネット上の情報や資料を利用できる単一の場所を提供することです。編集者:アーネストメッツガー、アバディーン大学法学部(スコットランド)。
      • 戦士の魂
        ローマ軍団の武器庫
      • ウィキペディア

      エジプト人


        エジプト学者JacquesKinnaer(ベルギー)によって作成されました。このサイトには、古代エジプトの歴史と言語、およびSaqqara(死者の都)。また、非常に便利なアルファベット順のキーワードリスト、古代エジプトの参考文献、この魅力的な文化に対する現代の関心を探る&lsquoHitchhikersガイド&rsquoもあります。 (AEB)
        オランダ、アイトホールンのPeitJohによって作成されました。 -米国ペンシルベニア大学。
        エジプトに関連するオンラインリソース。 (ER)-ケンブリッジ大学
        このページは、エジプト学情報のオンラインリソースを提供するために、フィッツウィリアム美術館の支援を受けて作成されました。
        古代エジプトの遺物のバーチャルツアー。 67のアーティファクト、説明、一般的な期間、およびユーザーが移動してよりよく見ることができる4つのQuickTimeVRアーティファクトが含まれています。 2つのRealAudioファイルがあります。1つは個別に聞くこともサイトの選択した部分と組み合わせて使用​​することもできる55分のツアーで、もう1つはペリツェウス博物館の館長であるArneEggebrecht博士による1時間25分の講義です。ドイツのヒルデスハイム。その所蔵品からこの展示品が引き出されました。作成者:ヒューストンクロニクル(バーチャルボイジャーシリーズの一部として)、ヒューストン美術館と共同。
        ギザの大ピラミッド、バビロンの空中庭園、オリンピアのゼウス像、エフェソスのアルテミス神殿、ハリカルナッソスの霊廟、ロドス島の巨像、アレクサンドリアの灯台。このサイトでは、これらの7つの不思議を見て、それらについて読むことができます。そして、他の驚異についてもう少し学ぶことができます:忘れられた驚異(万里の長城やインドのタージマハルなど)、現代の驚異(エッフェル塔など)、自然の驚異(ナイアガラの滝など)。
      • ウィキペディア

      封建制-中世(約500-1500)

        -編集者:ポール・ハルセル。
      • Googleグループ:soc.history.medieval
      • エルウェル、フランクW。
        ノルベルト・エリアスの社会学
        エリアスは、エチケットの本を調べて、1930年代までの中世の人々の習慣(食事、睡眠、性別、自然な身体機能、入浴などの個人的な習慣)の変化を調べました。
      • Krieken、Robert van
        ノルベルトエリアスとプロセス社会学
        ジョージタウン大学が後援する中世研究のためのWWWサーバー。
        目標は、利用可能なパブリックドメインとコピー許可されたテキストからインターネット中世ソースブックを構築することです。最初の部分は、パブリックドメインのソースまたはコピーが許可された翻訳から派生した、かなり短い教室サイズの抜粋で構成され、2番目の部分は、完全なドキュメント、または完全なドキュメントへのWWWリンクで構成されます。編集者:ポール・ハルソール。
        オンライン中世リソースの注釈付きリスト。編集者:Axel M&uumlller、英国リーズ大学中世研究所。 [目次]
        M&eacutedi&eacutevalesは、歴史、文学、言語学だけでなく、法律、考古学、美術史など、中世のあらゆる側面に関する記事を公開しています。各号には、専門家によって調整されたセミナーやチームワークから生じることが多いテーマ別の主題が含まれています。最も多様な主題に関する記事は、ルーブリック&laquoEssais et recherches&raquoの下でも公開されています。ルーブリックの&laquoPoint de vue&raquoは、現在の研究テーマに関する作品または重要な速報のクロスリーディングを提案しています。最近の作品に関する読者のメモは、各番号に含まれています。
        オランダの視点から見た中世に関する記事のコレクション。 | 文明化のプロセス
      • ジャンフランコ・ポッジ
        [1968]マックス・ウェーバーの封建制の概念的肖像
        In:British Journal of Sociology、29(2):211-227。 --About.com
      • ウィキペディア
          |中世初期|中世盛期|中世後期|ビザンチン帝国の衰退|ろくでなし封建制|新封建制| Serdom |貴族|イギリスの封建制|インド封建制|パキスタンの封建制|ロシアの農奴制
      • 現代世界(約1500現在)

          (MoA)
          南北戦争以前から復興までのアメリカの社会史における一次資料の大規模なデジタルライブラリ。このコレクションには、19世紀の出版物を含む約1,600冊の本と50,000冊のジャーナル記事が含まれています。このプロジェクトは、歴史的テキストの保存と電子アクセスにおける主要な共同作業を表しています。
        • ウィキペディア |近代後期|現代史|近代化理論|都市化|合理化
          -古代、中世、近世、近世。差出人:ハノーバー大学。
          編集者:リチャードハッケン(ハロルドB.リー図書館、ブリガムヤング大学、プロボ、ユタ州、米国)。
          歴史的テキストアーカイブ。編集者:Don Mabry(ミシシッピ州立大学、米国)。ピーター・N・スターンズ著。
        • フランス -世界史アーカイブ
          (BHO)
          デジタルライブラリには、イギリス諸島の中世と現代の歴史に関する主要な印刷された一次資料と二次資料の一部が含まれています。サブジェクトガイドは、BHOのいくつかの資料をガイドするように設計されています。各主題ガイドは、その特定の分野を専門とする学者によって作成されています。 BHOは、2003年に歴史研究所と議会トラストの歴史によって設立されました。(GBH)
          主に1851年から1939年の期間に作成された、地理的に配置された英国の歴史統計の大規模な統合データベース。 -世界史アーカイブ-世界史アーカイブ(MERL)
          Museum&rsquosの展示ギャラリーは、1世紀前の村を拠点とする社会と、グローバル化されたハイテクでおそらく持続不可能な今日の世界との比較を引き出すように設計されています。 MERLは、農業と農村生活のアーカイブの主要な全国リポジトリです。コレクションの強みは次のとおりです。主要な農業製造会社の記録農業組織と協同組合の歴史的アーカイブ個人記録の大規模なコレクションとイギリス全土の農場の農場労働者会社の会計のジャーナルと田舎と農業に関連する映画。

          ジャーナリスト、学者、政策立案者のためのアーカイブ。
          オランダおよびその他の国のアーカイブサービスによるサイトの検索デバイス。
          40以上のオランダのアーカイブサービスへのアクセスを提供する歴史的なポータル。オランダとフランダースの数百キロメートルの検索可能なアーカイブのデータバンクが含まれています。
          オランダは平坦な国です。山や岩はありません。しかし、半径わずか20マイル以内の北部では、53の巨石記念碑が美しい風景に点在しています。 5500年前の埋葬室の花崗岩の骨格。これらの20トンの岩はどこから来たのか、どのように積み上げられたのか、誰が、そしてなぜか。過去のこれらの遺物の背後にある謎は何ですか。あなたのインターネットガイドはHansMeijer(Assen)です。オランダ語と英語版。
          このサイトには歴史が書かれています。過去に触発され、生きた歴史を書こうとしています。
          オランダの歴史に関するポータル。
          オランダの歴史からの章。
          史料、伝記および書誌の参考図書へのガイドを提供します。 -世界史アーカイブ
          ニュースの毎日の歴史的背景。
          国立公文書館は6000以上のアーカイブを管理しています。オランダ最大の公文書館(125キロメートル)です。これらのアーカイブのすべてがコンピューター化されているわけではありませんが、オンラインで多くのコレクションを検索できます。このサイトには、オランダの歴史に関する素晴らしいタイムラインが含まれています。 (DANS)
          人文科学および社会科学からの研究データを保存し、アクセスを提供するための全国組織。 DANSは、既存のデータアーカイブを管理し、これがない領域でのデータストレージとアクセスのための新しいインフラストラクチャを開発します。 DANSは、オランダ王立芸術科学アカデミー(KNAW)とオランダ科学研究機関(NWO)の共同イニシアチブです。 (VGN)
          オランダの歴史と政治の教師の協会。

          アフリカの一次資料の情報センター。
          インターネット上のサハラ以南のアフリカに関する情報への注釈付きガイド。米国カリフォルニア州スタンフォード大学図書館が発表-米国ペンシルベニア大学[目次]
          アフリカ、西インド諸島、黒アフリカの社会科学に関する国際的かつ学際的なバイリンガルジャーナル(フランス語と英語)。 1960年に設立されたこのジャーナルは、研究と場の理論の最新の傾向とそれらが生み出す議論を証明するさまざまな問題とエッセイを公開しています。
          レオアフリカヌスから痩果までの地図と旅行の物語の展示。バーチャル展示は、素材の島々に編成されています。 Patrick Scott(選択とテキスト)とJason Pierce(ハイパーテキスト開発)によって作成されました。
          南アフリカの政治、大学、文学、芸術に関するインターネットリソースの短いリスト。編集者:Allison Drew(ヨーク大学、英国)。
        • 世界史アーカイブ:アフリカの歴史

          世界で最も包括的なアフリカ系アメリカ人の歴史のコレクションの1つ。マークE.ミッチェルは、アフリカ系アメリカ人の歴史に関連する原稿、文書、新聞、手紙、写真、および本の大部分が視覚的で博物館品質のコレクションを集めました。
          米国移民によって提示されました。
          このサイトは、米国の歴史調査コースの高校および大学の教師向けに設計されており、Webリソースへのゲートウェイとして機能し、米国の歴史を教えるための独自の教材、一人称の主要なドキュメント、スレッド化されたディスカッションを提供します。 A project of the American Social History Project/Center for Media and Learning of the City University of New York and the Center for History and New Media at George Mason University with funding from the W.K. Kellogg Foundation.
          Compliments March 1999 Journal of American History Roundtable of the same title, contains the declaration as it has been translated into different languages and at different times. (JSA) [abstracts]
          Founded in 1896, JSA is a scientific journal with an international reputation. Devoted to Amerindian societies and cultures, considered in the totality of their history, JSA owes its originality and its richness to a disciplinary openness that leads to the encounter of prehistory, archaeology, ethno history, ethnology, ethno-linguistics and more rarely, sociology and biological anthropology, in its pages. A similar spirit of openness characterizes the languages used by the journal: French, English, Spanish, and Portuguese, besides Indian languages. Specialised, but resolutely turning its back on the compartmentalisation of disciplines, JSA's readers are anthropologists working on native America.
          An archive with educational films on the history and culture of North America between 1905 and 1969. All films are presented offered in MPGEG-2 format (full-screen video). Academic and educational institutions may freely download the films. (NDN)
          The Great Depression, the 1930s, and the Roosevelt Administration. ウィキペディア
            | Northern America | Central America | Middle America | South America | History of Central America | History of South America

            The Internet Guide to Asian Studies. A large-scale distributed, collaborative project that provides an up-to-date hypertext map and a seamless acces tool to the networked scholarly documents, resources and information systems in the field of Asian studies. You get regional data (whole of Asia-Pacific, Middle East, Caucasus, Central Asia, South Asia, South East Asia, Pacific Ocean, East Asia), countries/territories data (from Afghanistan to Yemen), and Asia-Pacific Global Data. This is probably the only site you have to visit. It's comprehensive, well structured, user friendly and it's fast.
          • Okamoto, Tomochika - Waseda University, Tokyo
            The Distortion and the Revision of History in Postwar Japanese Textbooks, 1945-1998
            A sociological content analysis of history school textbooks in Japan. It reviews the changes in contents of high school history textbooks in postwar Japan, and analyzes the transformation of history education in terms of the rise and fall of postwar Japanese nationalism. The study is focused on (1) the effects of postwar ethnocentric Japanese nationalism in the 1960s and 1970s on history textbooks, and (2) the new movement of history education toward "transnationalism" after the mid-1980s. - World History Archive - Sinological Institute, Leiden University, Netherlands
            (AHS)
            AHS is concerned with Australian history and with other histories in so far as they inform the understanding of history in Australia. It is published by the University of Melbourne and is supported by the Faculty of Arts. You&rsquoll get recent issues tables of contents and abstract. - University of Melbourne Library (Research Guide) (EJANZH)
            A peer reviewed electronic publication for the dissemination of research and other professional outcomes by historians of Australia and Aotearoa New Zealand. The editors of the Journal have a special interest in providing a peer evaluated forum for appraisal of new technologies in research and teaching. It is concerned with how interactive multi-media be most effectively used to represent the past in all its richness and complexity. The site is an initative of the School of History and Politics, James Cook University and the Department of History, Melbourne University. Editor: Paul Turnbull and Alan Mayne.
            H-Net&rsquos discussion list for the history of Aotearoa / New Zealand and Australia, and related fields. The aim of H-ANZAU is to provide a forum for the discussion of research projects and ideas, as well as providing news of resources, conferences and events of interest to researchers, teachers, archivists and librarians. They provide information which will enhance quality teaching in universities and secondary schools, and they support teachers and researchers of the history of Australia and Aotearoa / New Zealand working in overseas centres. - World History Archive

            Includes resources on Canadian Women&rsquos History.
            Canada&rsquos national museum of human history collects, studies, preserves, and presents material objects that illuminate the human history of Canada and the cultural diversity of its people. Provides many online resources pertinent to Canadian heritage.
          • Canadian Studies - Toronto
            - University of Oxford, UK - University of Oregon
            Atlas resources for Europe, Middle East, North Africa & North America.
          • Map History / History of Cartography - Library of Congres
            Known also as bird&rsquos-eye views, perspective maps, and aero views, panoramic maps are nonphotographic representations of cities portrayed as if viewed from above at an oblique angle. Although not generally drawn to scale, they show street patterns, individual buildings, and major landscape features in perspective. - University of Texas at Austin, USA
            The site does not only offer historical country maps of general interest, but also maps of current interest (especially actual conflict zones). - Hargrett Library, University of Georgia, USA
            A collection of more than 1,000 historical maps spanning nearly 500 years, from the sixteenth century through the early twentieth century. The maps are very detailed (the average JPEG size is 400k). - Stanford University, USA

          Google Scholar - Stand on the shoulders of giants

          A comprehensive, step-by-step guide on creating a successful blog..

          If you think your blog, home page or social media representation should be included on this listing, please don’t hesitate to inform us.

          Chief editor: dr. Albert Benschop
          Department of Sociology and Anthropology Social & Behavioral Sciences
          アムステルダム大学
          Created: August, 2000
          Last modified: 23rd December, 2020


          What Can an Ancient General Teach Us About Modern Leadership?

          Few military leaders hold as much allure for historians as Hannibal Barca of Carthage (today’s Tunisia). Born in 247 B.C., he is still studied today because of his unparalleled ability to strategize and get inside the mind of his opponent in battle. Archaeologist Patrick N. Hunt, who had been the director of Stanford’s Alpine Archaeology Project, has written a new book about the legendary figure that is simply titled ハンニバル。 He joined the [email protected] show on SiriusXM channel 111 to explain why Hannibal was so intriguing and why his story still endures. An edited transcript of the conversation follows.

          [email protected]: Why did you want to write a book about Hannibal, and why was he considered to be such a great military leader?

          Patrick N. Hunt: He’s really an enigma because here’s a guy who wins almost every battle, except the last one. Here’s a guy who is enormously capable of wonderful tactics that totally strike fear into the heart of his enemy, but he doesn’t win the war. All history, in my whole purview, is economic history. The bottom line is ultimately history. Hannibal was successful until his silver ran out — the Spanish silver from the Spanish silver mines. Once the Romans took those silver mines and stopped that flow of his supply chain, Hannibal’s military intelligence dried up. He could no longer find out and exploit the weaknesses of his enemies because he didn’t have enough dirt on them.

          When you read Machiavelli’s 王子, Machiavelli goes into lengthy details surrounding Hannibal’s circumstances, how he was both a fox and a lion, stealthy but also strong. You’ve heard that famous phrase, “It’s better to be feared than loved.” Yet Hannibal might have preferred to be loved feared.

          Hannibal is the actual story about which Machiavelli is writing. People don’t always realize that. Hannibal struck fear into the hearts of Rome, the fear of Hannibal at the gates. Hannibal went with his father at a very early age, between 9 and 10, to Spain from Carthage and saw how much silver was coming out of those mines. Carthage was run as a mercantile society. For them, economics is the bottom line. And Hannibal, with his father, built up a war chest in Spain to take the war back to Rome, the second war called Hannibal’s War.

          Hannibal could buy his spies. He had a huge spy network [built using] that Spanish silver. When you think about it, you don’t need a financial algorithm here, it’s plain as day. Hannibal’s successes ran out when he could no longer purchase grain, purchase food, when he had to depend upon just burning and looting instead of being able to buy things. Without Spanish silver, Hannibal suddenly was no longer successful.

          “Carthage was run as a mercantile society. For them, economics is bottom line.”

          [email protected]: What drew his father to go to Spain in the first place?

          Hunt: That’s fascinating, too, because Hannibal was a very successful general in the First Punic War. When that war was over, reluctantly, because he felt that Carthage threw in the towel too early, he came back and put down some mercenary revolts. Most of the Carthaginian army was paid. It was mercenary, and that’s very unusual. They didn’t have a high population density like other places, including the archenemy, Rome. Their soldiers had to be paid. You have a lot of soldiers who might be fighting for loot booty. But his father goes to Spain because the council of elders in Carthage are very uncomfortable with this successful charismatic general, Hannibal’s father, around. We don’t know for sure whose idea it was, but when he takes off for Spain to help run the colony there, the council of elders is thrilled to get this potential dictator out of the way.

          [email protected]: This is a period of strength for the Roman Empire. Carthage was in Tunisia, which was close to the core of the Roman Empire.

          Hunt: 丁度。 National Geographic supported quite a bit of my research, and I’m one of their expedition experts. Carthage is only 100 miles from Sicily, and that’s way too close for comfort. Everybody will remember the later anecdote of Cato, who holds up a ripe fig in the Senate and says, “This came from Carthage, and it’s still edible.” That’s how uncomfortably close Carthage was to Rome.

          [email protected] High School

          [email protected]: What was his relationship with his men?

          Hunt: He can be pretty intimidating. You know he’s going to be brutal towards the enemy, so you better not cross him. But he was charismatic enough and a dedicated leader who did not accrue personal wealth through his campaigns. He distributed very fairly. Even more important for leadership, he endured the same hardships as his men. He literally would lie down on the cold, hard ground with a blanket and sleep with them. I think that’s really impressive.

          “Hannibal was successful until his silver ran out — the Spanish silver from the Spanish silver mines.”

          [email protected]: One of the battles that Hannibal is associated with is in Italy, the Battle of Cannae (in the Second Punic War). That was one of the more effective events of his career, correct?

          Hunt: Hannibal exploited at every battle where he could the two-consul command that Rome had. One of the commanders was always a military veteran, and on alternating days it would be a political appointee as a consul. Hannibal always found out what he could about the other opponent, got into his mind. This opponent at Cannae, Terentius Varro, was someone who was hasty and impetuous. Hannibal knew how to draw him out. Hannibal always chose the battle site first, reconnoitered, scouted it out, learned the topography, checked out the terrain, chose the best spot.

          At that time of year in August — and I’ve endured it myself — even in the Mediterranean and around Sicily and in Italy there are big sand storms that can blow out of the Sahara Desert. Hannibal chose his position carefully. He boxed the Romans in, with their almost 80,000 men, in a valley where they couldn’t outflank him because there’s the river on one side and the hills on the other. He compressed them into this box. And of course, he had the advantage of cavalry. But the Romans with far more men outnumbering them could outflank Hannibal if they had the space. Hannibal wouldn’t let them do it.

          He made Varro come to battle when the other general said, “No, don’t do it. We’re not ready.” So, Hannibal primes the battle scene, gets a premature Roman Army that’s not terribly trained, a lot of recruits, the sand is blowing in the Roman Army’s eyes because they’re facing south. He has some of his soldiers on his two sides disguised like Romans because they took so much armor from previous battles.

          And Hannibal does this thing. He has this bulge at the first part of the battle. His slingers, using slingshots, take out the real general with a face wound. He’s bleeding profusely. He’s out of commission. Everything is dependent on this political appointee, Terentius Varro. Hannibal makes the army chase him into this box, so he pulls back in the center, leaving his two sides out there. The Romans move in until they are surrounded on three sides, and the wind with the dust in their faces. Maybe they didn’t even realize that the two flanks of Hannibal are actually not their own men.

          Hannibal’s cavalry had chased the Roman horsemen totally off the field, and Terentius Varro had fled the battle completely, so the Roman soldiery is leader-less. Hannibal closes that box on all four sides with his return cavalry, and the compressed Roman Army can really only fight on the outside of that box. They are so close together in the middle, they can’t even raise their weapons. And Hannibal just butchers 55,000 Roman soldiers.

          [email protected]: You have spoken glowingly about his tactics. If you were to bring him forward into the realm of war since World War II, where would he fit in terms of being an effective general?

          Hunt: Excellent question. I think that he’s been so carefully studied around the world even today. I speak often at the U.S. Naval War College in Newport, R.I., and you wouldn’t believe how many officers come to hear about, “How did Hannibal do this? What are his tactics?” I knew one of the military attaches for Gen. Norman Schwarzkopf, and Schwarzkopf believed that Hannibal’s tactics, like the famous Hannibal Double Envelopment, were important.

          “All history is economic history, that bottom line is everything.”

          We often remember, not all so fondly, the German blitzkrieg. That was probably a maneuver adapted from Hannibal, the lightning quick move to come in. You have to move fast, but you move effectively and you do your recon first. The name Barca, his family name, clan name, actually means lightning strike. Napoleon, too, loved Hannibal. In fact, Napoleon hedged his bets and went over at least four Alpine passes to make sure he followed in Hannibal’s footsteps

          I mentioned that all history is economic history, that the bottom line is everything. I may be one of the few historians who really takes that seriously. People think that literature is important, but what we forget in the history is writing was invented not for literature but for accounting.

          Accounting comes first, thousands of years of people scratching in ledgers. You can see that the numeracy came long before literacy. If you are applying Hannibal to modern day history, modern day battles, it is intriguing to me that everyone recognizes how brilliant his tactics were, how he could thoroughly take an enemy and surprise them and then strike fear into them, paralyzing them with the fear in the pit of the stomach. But again, if you don’t have the financial resources to carry on a war, to sustain it for years, if you can’t count on the people back home supporting it, if you can’t count on a supply line that keeps your soldiers paid — forget it.

          [email protected]: The twist at the end of the story of Hannibal is the fact that he is exiled after he loses his last war. I guess the people of Carthage were like, “you lost. Why do we want you anymore?

          Hunt: That’s right. They even tried to ship him off to Rome. Intriguingly, Hannibal spends the rest of his life in exile as a mercenary. He has to hire himself out to try to foment rebellion against Rome, to Macedon, to Bithynia, and his life is sort of a sad story. It’s a tragic story. It’s an enigma. This is a man who never gave up fomenting trouble for Rome. But again, he has to have the resources to do it.

          There’s another funny story about Hannibal: He got tipped off that they were going to take him away, so he fled Carthage to the island of Crete. The Greeks knew he had wealth with him. You store your wealth in a temple where it’s safe. Well, the Cretans tried to get into that temple and steal his wealth, but he had hidden most of the money in his villa, buried in the ground. What was in the temple were just these big clay pots with just a little bit of silver on the top. Everything underneath was just garbage.

          [email protected]: When you think history, there weren’t too many generals that could match up with the Roman Empire at that time like Hannibal could.

          Hunt: No, and Rome had endless manpower and was never going to throw in the towel.


          Ancient Generals - History

          The Punic Wars 264–146 BC (Essential Histories)

          出版社: Osprey Publishing: February 2002

          Seller ID: 422820

          ISBN-13: 9781841763552

          The Mummies of Urumchi

          出版社: W. W. Norton & Company: April 2000

          Seller ID: 399618

          ISBN-13: 9780393320190

          Stonehenge People

          出版社: Random House UK: November 1989

          Seller ID: 399733

          ISBN-13: 9780712621045

          The Penguin Atlas of Ancient History

          出版社: Penguin Books: July 1986

          Seller ID: 91587

          ISBN-13: 9780140511512

          The Ancient Celts

          Price: $11.95

          出版社: Penguin Books: March 2000

          Seller ID: 399781

          ISBN-13: 9780140254228

          Celts and the Classical World

          Price: $14.95

          出版社: Routledge: October 1996

          Seller ID: 345479

          ISBN-13: 9780415150903

          Stonehenge Revealed

          出版社: Facts on File: January 1997

          Seller ID: 373023

          ISBN: B0025ZJNQA

          The Royal Hordes: Nomad Peoples of the Steppes

          出版社: MCGRAW HILL: January 1895

          Seller ID: 345458

          ISBN: B01K3IMZ1K

          Primitive Architecture (History of World Architecture)

          Price: $19.95

          出版社: Harry N. Abrams: January 1978

          Seller ID: 344695

          ISBN-13: 9780810910263

          Twilight of the Gods: The Mayan Calendar and the Return of the Extraterrestrials

          出版社: Weiser: July 2010

          Seller ID: 315598

          ISBN-13: 9781601631411

          Twilight of the Gods: The Mayan Calendar and the Return of the Extraterrestrials

          出版社: Weiser: July 2010

          Seller ID: 362113

          ISBN-13: 9781601631411

          Knossos Searching for the Legendary Palace of King Minos (Discoveries)

          出版社: Harry N. Abrams: September 1996

          Seller ID: 418080

          ISBN-13: 9780810928190

          Archives of Ebla: An Empire Inscribed in Clay (Translation of Ebla: Un Impero Inciso Nell'Argilla)

          出版社: Doubleday: September 1981

          Seller ID: 369528

          ISBN-13: 9780385131520

          Ebla to Damascus: Art and Archaeology of Ancient Syria : An Exhibition from the Directorate-General of Antiquities and Museums, Syrian Arab Republic

          出版社: Smithsonian Inst Traveling Service: August 1985


          Different Cultures, Different Timelines

          The dividing line between pre-history and ancient history also varies across the globe. The ancient historic period of Egypt and Sumer started about 3100 B.C.E. perhaps a couple of hundred years later writing began in the Indus Valley. Somewhat later (c. 1650 B.C.E.) were the Minoans whose Linear A has not yet been deciphered. Earlier, in 2200, there was a hieroglyphic language in Crete. String writing in Mesoamerica began about 2600 B.C.

          That we may not be able to translate and make use of the writing is a problem of historians, and would be a worse one if they refused to avail themselves of the non-written evidence. However, by using the pre-literate material, and contributions from other disciplines, especially archaeology, the boundary between prehistory and history is now fluid.


          World History Compass

          ABZU Regional Index Home Page
          Guide to Resources for the study of the Ancient Near East available on the Internet.

          ArchNet
          ArchNet serves as the World Wide Web Virtual Library for Archaeology. This server provides access to archaeological resources available on the Internet. Information is categorized by geographic region and subject. Catalan, Dutch, French, German, Italian, and Spanish language versions of the home page are also available. Archaeological Research Institute at Arizona State University.

          Diotima: Women and Gender in the Ancient World
          Materials for the Study of Women and Gender in the Ancient World.

          Exploring Ancient World Cultures
          An introduction to Ancient World Cultures on the World Wide Web.

          Gnomon Online
          The Eichst&aaumltt Information System for Classical Studies.

          History Link 101
          Resource page for Egypt, Greece, Mesopotamia and Rome for World History Classes.

          Kelsey Online
          The Kelsey Museum of Archaeology, University of Michigan.

          Seven Wonders of the Ancient World

          Underwater Archaeology
          Discovery of shipwrecks and their cargoes in the Mediterranean, and the English Channel.

          The data on this web page was last updated on 19-Jul-2001.
          © 1996-2001 World History Compass All Rights Reserved.
          The World History Compass logo is a trademark of World History Compass.


          Top 10 famous generals of ancient China

          At the age of 30, Yue Fei supposedly wrote his most famous poem "Man Jiang Hong," which was a great encouragement for his army and still inspires people today. The army he led was called the "Yue Army" and there was a popular saying among the people: "It's easy to shake a mountain, but it's not easy to shake the Yue Army." This was the highest appraisal for the army led by Yue.Yue Fei (1103-1142), also known as Pengju, was a famous military general in Chinese history who fought for the Southern Song Dynasty against the Nvzhen armies of the Kin Empire. He was born in Xiangzhou (in today's Henan Province) during the Northern Song Dynasty. He was the first of the "Four Generals of Zhongxing" – Yue Fei, Han Shizhong, Zhang Jun and Liu Guangshi – in the Southern Song Dynasty. His extraordinary military talent earned him the title of "most outstanding military general" during the period of Song, Liao, Kin and Xixia.

          On January 27, 1142, Yue was poisoned to death in prison in Hangzhou by Chancellor Qin Hui after being accused of false charges. However, 21 years later, Emperor Xiaozong of the Song ascended the throne, and ordered the rehabilitation of General Yue's reputation. The emperor decreed that Yue's tomb be built near Hangzhou's West Lake.


          Ancient History,Archaeology andBiblical Studies

          The primary purpose of this site is to provide on-line text documents from archaeologists and ancient writers, and some tools for Bible study. Everything is provided in an HTML format which has internal reference markers. These internal markers are not visible when simply reading the text, but they allow HTML search tools to index information available here. A simple search program is provided here.

          Ancient Historians and Generals:

          • Julius Caesar - Wars against France and Germany. Roman civil war.
          • Gaius Cornelius Tacitus - History of Rome
          • Titus Livius (Livy) - History of Rome
          • Herodotus - History of Persian Wars
          • Plutarch - A few of Plutarch's biographies

          Assyrian and Babylonian texts

          Information about Persia

          考古学

          Bible Study Resources

          Text Search Tool

          • It helps you build a list of related words to locate information on a topic
          • It uses the list of words to search one or more files in a directory for any sentences which use any of the words
          • It generates an HTML document which prints out the sentences found, with the words highlighted in bold, and it makes a hypertext link back to the source text so that you can click and read the context of the sentence

          There is a Windows Shareware text editor (EmEditor) which will do a similiar text search process, and it works very well with any ASCII files, which my tool does not.

          Another problem with my tool is that I do not have access to a current Microsoft compiler to correct errors or enhance the features. What I would like to do in a few months is to convert the program to work under Linux and release both the Linux and Windows source code to the open source community. If the features prove to be useful, the open source community might be willing to upgrade it or incorporate the search capability to existing text editor programs.


          大英帝国

          At the height of its power in the late 1800s, the British Empire had made up for the 13 colonies it lost to America and then some. It controlled half of North America, slivers of Central and South America, great swaths of Africa, the whole of Australia and the entire Indian subcontinent. At its height, it controlled 25% of the world’s landmass — geographically, the largest empire ever — and 412 million subjects or 23% of the world’s population.

          From spices in India to fur in Canada, the entire thing was propped up by a global network of exploitative colonial “trading” posts. The system subjugated and impoverished native people in their own lands and shipped the riches of the world back to London. To this day, currency in countries from Canada to Australia bears the image of the British queen.

          More From GOBankingRates

          Photo Disclaimer: Please note photos are for representational purposes only.


          ビデオを見る: התרגיל המבריק שהפיל את נפוליאון