アーサーサベージ:第一次世界大戦

アーサーサベージ:第一次世界大戦


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アーサーサベージは1899年に生まれました。失業者で、1916年にイギリス軍に加わりました。

西部戦線に到着した直後、サベージは銃殺隊に行くように命じられ、そこで彼は自分の部下の1人を処刑しなければなりませんでした。

休戦後、彼は仕事を見つけるのに苦労しましたが、最終的には棺桶職人になりました。

92歳のとき、サベージは第一次世界大戦中の彼の経験についてインタビューを受けました。

私の記憶は、壊疽になった塹壕の足を持っていたので、男性がすすり泣くのを見るのはまったくの恐怖と恐怖でした。彼らは自分たちが足を失うことになることを知っていました。あなたを夢中にさせるあなたの服のシラミの思い出。汚物とプライバシーの欠如。彼らがあなたの食糧配給を盗んだのであなたの恐れを示さなかった巨大なネズミの。そしてどこでも冷たい深く湿った泥。そしてもちろん、死体。私は戦争に行く前に死体を見たことがありませんでした。しかし、塹壕の中で死者はあなたの周りに横たわっています。突然彼が狙撃兵に襲われてあなたのそばで死んでしまったとき、あなたはあなたの隣の仲間と話しているかもしれません。そして、彼は何日も滞在しています。

私は1917年に銃殺隊に行くように命じられました。その男は憲兵と司祭によって導かれました。それから彼はこのポストに縛られました。彼は約20を見て、あまり背が高くありませんでした。警官が立ち上がって目隠しをした。私とあなたがこの部屋で話しているのと同じくらいはっきりと、彼の声が聞こえます。彼は、「私は私の目の上に目隠しをする必要はありません。あなたとあなたの目隠しをのろい、そしていつかあなたに確実に判決を下す裁判官があなたが私に示したよりも多くの慈悲をあなたに示すかもしれません。」と言いました。

それから私たちは狙いを定めなければなりませんでした。私の手はとても震えていました。それで私は彼の左に1フィートほど狙いを定めました。それから私たちは解雇した。私たち9人がいて、1発だけが彼を横に捕らえました。彼は前に倒れて負傷した。ですから、意図的に大きく発砲したのは私だけではありませんでした。船長は彼に近づき、頭に弾丸を入れた。男性の何人かは病気で、他の人は泣いていました。

貧しい芝生のほとんどは、主に医師の証拠で有罪判決を受けました。彼らは、塹壕戦の結果として彼らの神経と脳がパチンと鳴るとき、男性が完全な倦怠感に達する可能性があることを受け入れませんでした。これらのいわゆる「医師」は、シェルショックのような病気があったことを知らないでしょう。彼らは、男性は臆病者であり脱走兵であると主張した。

私がとても愛情を込めて思い出したのはウッドバインウィリーでした。彼の正式な名前はスタッダートケネディ牧師でした。彼は軍のチャップリンでした。彼は塹壕に降りてきて、男性と一緒に祈りを捧げ、汚れたブリキのマグカップからカップを取り出し、私たちと同じくらい良い冗談を言いました。彼はチェーンスモーカーであり、いつも私たちの若者に一握りで配るウッドバインタバコのパケットを持っていました。それが彼が彼のニックネームを得た方法です。 Mesines Ridgeで、彼は負傷者と死にかけている人の世話をするために、殺人的な機関銃の火の下で無人地帯に駆け出しました。彼を除いてすべての人が銃を持っていた。彼は木製の十字架を持っていた。彼は死にゆくドイツ人にも慰めを与えました。彼は武功十字章を授与され、それに値する。

彼はある日私たちを元気づけるために塹壕を降りてきました。いつものように彼と一緒に聖書を持っていました。ええと、私は何週間もそこにいて、家に書くことができませんでした、もちろん、私たちはその日遅くにトップを越えていました。私は彼に、家にいる私の恋人に手紙を書いて、私がまだ生きていると彼女に言ってくれないかと尋ねました。彼はそうすると言ったので、私は彼に住所を教えた。さて、数年後、戦後、彼女は彼が送った手紙を見せてくれました。とても素敵でした。素敵な手紙。妻は死ぬまでそれを保管していました。

彼は戦後、ホームレスと失業者の間でロンドンのスラム街で働いた。ウッドバインウィリーという名前は、当時、この国のすべての人に知られていました。彼は非常に若くして亡くなりました、そして彼の葬式で人々は彼の棺と彼の墓に尊敬と愛の印としてウッドバインのタバコのパケットを置きました。

もちろん、その戦争で本当に死んだのは若者、つまり若い男性の世代でした。私が育った私の通りでは、1つの家族が6人の息子を失い、すべてフランスで殺されました。人口のバランスが崩れていました。非常に多くの男性が殺されたため、20代から30代を通して女性の大規模な余剰がありました。戦争で男性を失い、子供たちが父親なしで育ったために一人で年を取り、結婚することのなかった孤独な女性は何千人もいました。その影響は広範囲に及んでいました。非常に多くの人々が一生壊れて失われました。念のために言っておきますが、すべての戦争指導者は熟した老後を生きていました。

フィリップ・ギブスは従軍記者として戦争全体を経験しました。素晴らしい男。彼はそのすべての本当の恐怖について真実を語った。恐ろしい虐殺、恐ろしい無視、そして指揮官による人間の生命の浪費。しかし、彼の報告が故郷の新聞に届く前に、彼らは徹底的に検閲されました。それで、家に帰る人々は、男性が経験している地獄についてほとんど何も知りませんでした。

彼は塹壕の中で男と一緒にいて、それをすべて直接見ました、そして彼は会い、すべての指揮官を知るようになりました。彼はそれらについてもすべて書いた。しかし、あなたが想像できるように、英国の出版社はあえてそれに触れることはありません。非公式に禁止されました。だからあなたはその男が何をしたか知っていますか?彼はアメリカに行き、そこで出版されました。ここに戻っていくつかのコピーが見つかりました。私は何年も前にコピーを持っていました、それを10回読んだに違いありません。


アーサーサベージ:第一次世界大戦-歴史

スティーブンスとサベージ
米軍のライフルとショットガン
Copyright 2003、JohnSpangler。全著作権所有

。スティーブンスとサベージはスポーツ用の武器でよく知られていますが、軍用の武器は見過ごされがちです。スティーブンスは1864年に操業を開始し、サベージは1894年に操業を開始しました。サベージは1920年にスティーブンスを購入し、そのデザインの多くとスティーブンスの名前を使い続けました。


ジョシュア・スティーブンス

1838年にC.B.アレンの工具メーカーとして銃器の経験を始め、エルギンの「カトラスピストル」とコクランの砲塔ライフルの製造を手伝いました。 1847年までに、彼はイーライホイットニーで働いていました。そこでは、サミュエルコルトの最初の「ホイットニーウォーカー」ピストルが製造されました。その後、スティーブンスはサミュエルコルトのハートフォード工場で働きましたが、他のリボルバーデザインを開発するために去りました。その後、マサチューセッツアームズカンパニーの設立を支援しました(ホーレススミスとダニエルウェッソン、後のスミス&アンプウェッソンのスターター、エドウィンウェッソン兄弟、エイムズの剣作り家のJTエイムズと共に)。1864年、ジョシュアスティーブンスはマサチューセッツ州チコピーフォールズに引っ越しました。そして彼自身の会社を設立し、1907年に彼が死ぬまでそれを運営しました。1920年にスティーブンスの会社はサベージに買収されました。


ジャマイカで生まれ、オーストラリアに住み、結婚しました。彼は鉱山労働者として働き、(魚雷や無反動砲などの)発明者になり、最終的には鉄道と製造の監督としてニューヨーク州ウティカに移りました。 1893年に彼はレバーアクション連発銃を設計し、それは現在も生産されているサベージ99に進化しました。 1894年に彼はニューヨーク州ウティカにサベージアームズカンパニーを設立し、ライフルのデザインを製造し、後に他の武器をラインに追加しました。 1920年にスティーブンスを購入した後、サベージはウティカとチコピーフォールズの両方の場所で銃を作りました。 1946年に彼らはチコピーフォールズのすべての事業を統合し、1959年にマサチューセッツ州ウェストフィールドに移転しました。

スティーブンス/ニューイングランドウェスティングハウス
モデル1891ロシアのモシンナガン

ロシアのスティーブンス工場で作られ、
しかし、米陸軍によって購入されました
750,000生産1917-1918

第一次世界大戦中、スティーブンスの施設は「ニューイングランドウェスティングハウス」に引き渡され、ザリスト政府との契約の下で約75万丁のロシアのモシンナガンライフルを製造しました。 1917年のロシア革命後、米国政府はニューイングランドウェスティングハウスとレミントンから約28万丁の未配達のライフルを購入しました。これらの多くは訓練部隊に発行されたが、後に共産主義者の「赤ロシア人」に対して「白人ロシア人」の側でロシアで戦うために送られた米軍に送られたものもあった。米国で発行されたライフルには、米国式のワシと不発弾の検査官のマークが付いています。


スティーブンスモデル416-2.22口径


射撃訓練用ライフル
10,338調達1941-43

基本的なライフル射撃訓練は、多くの場合、.22口径のライフルで実施されました。第二次世界大戦中に、サベージからのモデルに加えて、ウィンチェスター、レミントン、モスバーグからさまざまなモデルが購入されました。

スティーブンスモデル416-2は、1938年に導入された中程度の重量の目標品質のライフルでした。1941年から1943年の間に、合計10,338ドルがそれぞれ17.98ドルの費用で購入されました。

サベージリーエンフィールドNo.4マー​​クI

米軍のために作られましたが、米軍に発行されたことはありません
1,030,228生産1941-44

英国政府は1940年にライフルを必死に必要としており、ダンケルクからの避難中に750,000近くの小型武器を失いました。サベージは、新しいリーエンフィールド第4マークIライフルを製造することに同意しました。 1941年7月から1944年6月の間に、彼らはこれらのライフルを100万丁以上配達しました(わずかに変更されたNo. 4 Mark I *を含む)。

&#9米軍への発行を意図したものではありませんが、これらのライフルは米国の契約に基づいて製造され、「U.S.PROPERTY」とOrdnanceBombのマークが付けられています。これにより、「レンドリース」兵器としての製造と出荷が可能になりました。 「レンドリース」は、悲惨な財政難にある間、イギリスへの武器の出荷を許可し、1941年12月の米国の戦争への参入前に施行された中立法の下で許可された「現金と持ち運び」の購入を行うことができませんでした。 by Savageは、角が四角い「S」でマークされており、シリアル番号には、マサチューセッツ州チコピーフォールズでの製造を示す文字「C」が含まれています。

スティーブンス520-3012ゲージショットガン

35,306件の確認済み購入1942-45

これは、捕虜との戦闘または捕虜の保護を目的とした「トレンチガン」です。 520-30は、銃身が短いが銃剣のラグがない「暴動銃」、および銃身の長い訓練銃としても調達されました。

スティーブンス620A12ゲージショットガン

12,174件の確認済み購入1942-45

これは、警備任務または戦闘に使用される「暴動銃」です。これは、米国の財産が綴られた非常に初期の例であり、華やかな兵器爆弾、検査官のイニシャルGHS、および証明マーク「P」があります。 620Aは、バヨネットラグと熱シールドを備えた「トレンチガン」構成で、トレーニング用の長いバレルガンとしても製造されました。モデル620Aは、第二次世界大戦後も使用できるように保持されていました(ウィンチェスターモデル97および12とともに)。

サベージ72012ゲージショットガン

14,527件の確認済み購入1942-45

これは、トラップ射撃やスキート射撃と同様に、移動するターゲットを撃つ方法を空中砲手に教えるために使用される「トレーニングガン」です。この半自動モデルは、ブラウニングの特許に基づいており、レミントンモデル11、およびFNによってベルギーで製造されたモデルと非常によく似ていました。これらの半自動散弾銃は、銃剣ラグと銃剣が銃身に余分な重量を追加すると正しく機能しないため、これらは短い銃身の「暴動銃」と長い銃身の「訓練銃」構成でのみ作成されました。


サベージモデル24ライフル-ショットガンサバイバルガン
.22ロングライフルと.410ショットガン

(1950年頃に少量調達)

これは、遠隔地で活動する米空軍の乗組員がサバイバル兵器として使用するために1949年頃に空軍が購入した標準的な商用設計でした。この例は、フレームの下部にUSAFとマークされています。その後、特別に設計されたサバイバルガンが採用されました(.22ホーネット口径のM4ボルトアクションライフル、および.22ホーネットライフル/.410ゲージショットガンのM6オーバーアンダー)。


サベージの他の第二次世界大戦の武器生産

ここに示されているライフルとショットガンに加えて、サベージは

1,501,000トンプソンサブマシンガン(1940-44
295,361 .50口径のブローニングマシンガン(1941-45)
14,800 .30口径のブローニングマシンガン(1940-41)
また:爆弾信管、ロケットノズルアセンブリ、


タンパのA.R.野蛮な船積みは75年と4世代の家族を祝います

タンパ— A.R. Savage&Sonは、タンパの海運会社の名前を再び文字通りにすることで、2020年に75歳の誕生日を祝いました。

アーサーラッセルサベージが会社の社長であり、息子のウィリアムサベージを雇用して以来、A.R。野蛮人と息子が会社で一緒に働いています。

アーサーラッセルサベージは1968年に引退しました。

ウィリアムサベージは1982年に亡くなり、妻のシャーリーマッケイサベージが社長に就任しました。

「私が1984年に彼女のために働きに行ったとき、彼女はそれをサベージと息子と義理の娘と孫に改名したいと冗談を言った」と彼女の息子アーサー・レンフロ・サベージ、59歳は言った。

彼は1998年に社長に就任しました。

12月、彼は27歳の息子ビルサベージがA.R.の副社長に就任したと発表しました。家族によると、Savage&Sonは、フロリダの西海岸で最大の船舶代理店、海上貨物輸送、海事顧問サービス会社です。

「私たちは正式にA.R.再び野蛮人と息子」とアーサー・サベージは言った。 「それは会社の私たちの家族の4世代をマークします。」

しかし、彼らの海のルーツはタンパの初期の年にまでさかのぼります。

タンパは1823年に定住し、1849年に村として法人化されました。

アーサーサベージの母方の曽祖父は、1840年代半ばにアラバマからタンパに移り住み、村を都市に成長させるのを手伝ったジェームズマッケイシニア大尉です。

スコットランド生まれの起業家は、1850年代にタンパとキューバの間で牛の貿易を確立し、「タンパ湾を出入りする定期的な商業輸送を開発した」とアーサー・サベージ氏は語った。

マッケイはタンパの6番目の市長に選出され、後に南北戦争中に封鎖突破船として民間人と兵士に物資を届けました。

アーサーラッセルサベージは、ポートタンパを運営するために1929年にアトランティックコーストライン鉄道によってタンパに送られました。

「第二次世界大戦の開始時に、サベージ氏は米陸軍輸送部隊に加わり、そこで彼は最終的に中佐とアントワープの港湾司令官になりました」と同社のウェブサイトは読んでいます。 「戦争から戻ったとき、サベージ氏は鉄道を離れ、自分の会社であるA.R.サベージカンパニーを設立することを選択しました。」

ウィリアム・サベージが雇われたとき、「息子」が会社名に追加されました。

エージェントとして、A.R。 Savage&amp Sonは、「ロジスティクスとコンプライアンスの取り決めを管理して、船を港に運び、積み込み、荷降ろし、または荷降ろしする」ことで船を代表しています。

会社での彼の最初の記憶は子供時代にまでさかのぼります。

「私たちはドイツ人、日本人、ギリシャ人、世界中からの人々が彼らの船が積み込まれるのを見たいと思っていました」と彼は言いました。 「私たちは彼らをスポーツフィッシングボートに乗せました。そして、私が覚えている限り若い頃、父は私に食事を提供し、各ターミナルの目的を説明してくれました。」

彼の息子も同様の記憶を持っています。

「私が6歳か7歳のときに使っていた小さな漁船がありました」とビルサベージは言いました。 「私たちはそれを港のツアーに使用します。」

父と息子はどちらも、入社する前に家業以外の経験を積みたいと考えていました。

アーサー・サベージは、父親のウィリアムが亡くなったとき、19歳でした。彼は母親と一緒に会社の経営に参加することを検討しましたが、代わりに次の2年間を海で過ごしました。最初はルイジアナの石油リグにサービスを提供するボートで、次に中央アメリカに貨物を運ぶデルモンテの冷凍船で過ごしました。

陸軍州兵の中尉であるビルサベージは、過去2年間、タンパのスカイブリッジタクティカルのアシスタントプログラムマネージャーとして、クウェート、ドバイ、アフガニスタンの内外に人員と装備を移動する特殊作戦軍の兵站を調整してきました。


アーサー・W・サベージ

アーサー・W・サベージ(おそらく1890年頃)

サベージアームズ社は今日、ボルトアクションライフル(私が自分のモデル10が大好きなお金に特に良い価値を提供する)で知られていますが、会社はスタートしました、そして2つの成功を収めた大手企業のためです他の銃。これらは、モデル99レバーアクションライフルとモデル1907(およびその後のバリエーション)自動ピストルでした。興味深いことに、これらの銃の1つだけが、ピストルが製造されるまでに会社への関心を売り渡した会社の創設者によって設計されました。アーサー・W・サベージは、ある場所にとどまったり、仕事をしたりする人ではありませんでした。彼は常に新しい課題や機会に惹かれていました。

サベージの旅の多い生活はキングストン(ジャマイカ)で始まり、1857年5月13日にジョンとジェーンサベージに生まれました。彼の父親はジャマイカで熱心に宗教的な学校の先生でしたが、アーサーは彼に会わずに幼少期に15年近く過ごしました。 1865年、ジェーン・サベージはアーサーとその兄弟を連れてイギリスを訪れ、ジャマイカの当時のイギリス植民地で不安が高まり、彼らが戻るのを妨げました。彼の母親は最終的にボルチモアに移住しましたが、アーサーは学校教育と宣教師の訓練のためにイギリスに滞在しました。彼が特に楽しいと思ったものではありませんでした。彼が何をするかから判断すると、若いアーサーはこの期間が気が遠くなり、耐えられないと思ったであろうことは容易に推測できます。彼は最終的に、1871年に母親に再加入するための父親の許可を得ることができました。

アーサーが彼女に加わった直後、ジェーンは再び移動しました。今回はサベージが家族を持っていたグラスゴーに移動しました。ジェーンは1873年に軽度の手術の合併症で亡くなり、アーサー(当時16歳)はロンドンで叔父と一緒に引っ越しました。チャールズ・ダーウィンが自然界の素晴らしさについて講義するのを聞いたとき、美術学校での短い期間が終わり、アーサーは彼の叔父に冒険を求めるためにオーストラリアへの通路を買うように説得しました。

オーストラリアでのサベージの時代は、金とオパールを探している3人の仲間から始まりました。この計画は、すぐに失敗を証明しました。サベージはアボリジニの一団と合流し、2年間一緒に暮らし、アウトバックを横切って移動しました。 1876年に彼は白人社会に戻り、羊の毛刈り機、医者の助手、ホテルの警備員、牧場主として働きました。この真っ只中に彼はアニーブライアントに会い、2人は1879年に結婚しました(そして彼らは1919年に彼女が死ぬまで一緒にいました)。サベージは1884年までオーストラリアに滞在し、最終的に8人の子供のうち最初の4人をアニーと一緒に育てた後、ジャマイカに戻ってバナナ農園を管理しました。通常サベージにとって、この雇用は彼が彼の家族を再びニューヨークに移した1886年まで彼を興味を持ったままにしました。

ニューヨークでは、サベージは特許と科学論文の出版社であるマン&アンプカンパニーに就職しました。特許の波が続くことになっていたので、この環境は発明のためにサベージの才能を解き放ったようです。最初の(1886年)は麻や他の繊維をきれいにする機械であり、これに続いて銃器(おそらくオーストラリアで賞金のためにカンガルーを撃った日以来彼の頭の中でガタガタ鳴っていたもの)への彼の最初の進出がありました。英国政府はマティーニヘンリーを連発銃に置き換えることを検討しており、サベージは銃床にマティーニのような尾栓とチューブマガジンを回転させる.45-70ライフルを設計し、英国の裁判に提出しました。それは失敗し(代わりにボルトアクションのリーが選ばれました)、サベージはデザインを改善するために数年を費やしてから、ハートリー&グラハムという名前の会社に販売しました(特許権に10,000ドルを支払ったと報告されていますが、ライフルを製造することはできませんでした)。

ご想像のとおり、サベージはこの時までにニューヨーク州ウティカの町に再び引っ越してきました。そこで彼はさらに別の新しいキャリアを引き受けました。今回はベルトライン鉄道のマネージャーとして。彼は荒廃した鉄道の再建に目覚ましい成功を収め、サラトガスプリングスの別の失敗した路面電車の路線でこの偉業を繰り返しました。この期間中、彼は自由時間に発明をいじり続け、初期の海軍魚雷に多くの改良を加え、新しい軍用ライフルを設計しました。この新しい設計はレバーアクション設計であり、サベージは、チューブマガジンでの小口径カートリッジの使用に固有の問題(つまり、マガジン内のプライマーを爆発させる弾丸)を防ぐために、一種の回転マガジンを発明しました。 2つのプロトタイプが作成され(明らかにコルトによって)、1892年に米陸軍の裁判に提出され、サベージは再び拒否されました。今回の主な原因は、負荷が遅いことと、レバーアクションを腹臥位で操作することの厄介さでした。クラッグ・ヨルゲンセンは最終的に優勝デザインとして採用されました。

サベージは1893年にこのライフルの設計のいくつかの側面の特許を取得し、1894年にサベージリピーティングアームズカンパニーを設立しました。彼はマーリンに生産を委託し、ライフルをモデル1895として商業スポーツ市場に販売しました。それは見栄えの良い銃であり、スピッツァーカートリッジの5ラウンドマガジンは、ウィンチェスターのようなシングルスタックマガジンデザインよりもエレガントに改良されました。 1895年またはチューブマガジンのデザイン&#8211とその密閉されたアクションにより、他の競合する銃よりもはるかに汚れの影響を受けにくくなりました。これらのライフルのうち約5000丁が今後4年間で販売され、サベージは自分の工場を開設することを決定し、更新されたモデル1899(別名モデル99)の生産を開始しました。これは、1980年代に製造されたバージョンで、非常に長寿命のライフルを証明するでしょう。

しかし、アーサー・サベージは会社に縛られることができませんでした。 1905年に彼は会社への興味を売り、カリフォルニアに移り、オレンジ栽培事業を始めました。これは予想通り数年続き、1911年に彼の興味は代わりに自動車に向けられ、彼はサンディエゴに移り、ラジアルタイヤの特許を取得しました。この追求で彼はサベージタイヤ会社を設立し、1919年に売却するまで経営しました。サベージはこの間銃をいじり続け、1917年に息子のアーサーJと提携して新しい銃会社を設立しましたが、会社は成功しませんでした。 。サベージは、石油掘削、金採掘、パイプ、レンガ、タイルの製造、セラミックに関与し、しばらくの間サンガブリエルウォーターカンパニーを管理していました。彼の一連の新しい冒険は1938年に終わり、彼は痛みを伴う末期の癌と診断されました。アーサー・サベージは彼が抑えた男ではなかった、そしてゆっくりと長引く死の見通しは彼にとって全く忌まわしいものだったに違いない。彼の本性と同様に、彼は劇的な行動を取り、1938年9月22日にピストルからのシングルショットで自分の人生を終えました。彼は83歳でした。

1905年に彼が出発した後、サベージアームズ社は大成功を収めた.32ACPピストルを製造し、両世界大戦中の軍事兵器の主要な供給者となり、今日に至るまで尊敬されている銃器のラインを製造しました。この遺産がアーサーサベージの多くの通過努力の1つにすぎないと考えると、確かにその男の才能に感心することになります。

参考文献

ブロワー、ベイリージュニア 野蛮なピストル。 Stackpole Books、ペンシルベニア州メカニクスバーグ、2008年。


アーサーの死亡記事を共有するか、彼の遺産を保存するためにあなた自身を書いてください。

1819年12月14日、アラバマ州は第22米国州として認められました。以前は「アラバマ準州」と呼ばれていた入植者と土地投機家が、アラバマフィーバーと呼ばれる領土に流入し始め、州の創設につながりました。

1820年1月29日、ジョージ4世は、父親のジョージ3世(王位継承順位59年後)が亡くなったときにイギリス王位継承順位を上げました。ジョージ3世(独立戦争中のイングランド王)は精神的に病気であり、ジョージ4世は1811年以来摂政皇太子であり、父親に代わって支配していました。

1839年1月2日、月の最初の写真は「写真の父」として知られるルイ・ダゲールによって撮影されました。次の6月、彼は自分のカメラを申請して特許を取得しました。フランスは、ルイと彼の共同発明者の甥の生涯年金と引き換えに権利を取得しました。カメラは9月までに一般に公開されました。それは400フラン(当時は約50米ドル、今日はほぼ1270米ドル)で、重さは120ポンドでした。

1930年、アメリカの映画製作者および配給業者の責任者として、ウィリアム・ヘイズは映画で受け入れられるものを概説した良識の規範を確立しました。国民(そして政府)は、20年代の映画はますます危険になり、そのスターの振る舞いはスキャンダラスになりつつあると感じていました。法律は可決されていました。これに応えて、映画スタジオの長は、立法を回避することを望んで、自主的な「コード」を採用しました。コードの最初の部分は、「それを見る人々の道徳的基準を下げる」ことを禁止し、「正しい生活基準」の描写を要求し、法律に対するいかなる種類の嘲笑を示すことや「その法律への共感を生み出すこと」を写真に禁じました。違反"。第2部では、同性愛、特定の冒とく的な言葉の使用、異人種間混交など、映画の特定の行動を扱いました。


先祖の遺言や検認を取得できますか?

検認は、故人の財産を管理する検認プロセスの記録です。これらは政府の公式記録であり、ニュージーランド公文書館で保管されています。

検認状にアクセスする場所に関するアドバイスについては、Archives NewZealandの個人的アイデンティティ調査ガイドを使用してください。

ほとんどがそこにリストされるので、あなたはアーチウェイで検認状の検索を始めることができます。ファミリーサーチのボランティアは、ニュージーランド公文書館の検認記録、特に1848年から1998年までのニュージーランド公文書館の記録を着実にデジタル化および索引付けしています。レコードを簡単に並べ替えることはできませんが、「その他の年」のフィルターを使用して結果を制限し、1800年代または1900年代のいずれかを選択することは可能です。これらの検認は無料ですが、ニュージーランド国立図書館またはニュージーランド公文書館のいずれかにオンサイトにいる場合を除き、ファミリーサーチに登録し、ログインとパスワードを使用する必要があります。

検認インデックスには、あなたの先祖の名前と検認の日付がリストされている場合があります。これは多くの場合、死亡日に近いものです。故人の親戚の検認状も探す価値があります。これらには関連する文書が含まれている場合があるからです。

検認インデックスは通常、関連文書を含む検認のファイル番号をリストします。実際のファイルをリクエストできるように、番号をメモしておく必要があります。 Archwayレコードには必要な詳細が含まれます。

アレクサンダーターンブル図書館は、個人的および組織的な記録を保持しています。ここでは、一般的に写本コレクションにある個人の個人的な論文の中で、少数の遺言または検認状のみが保持されています。


アーサーサベージ:第一次世界大戦-歴史

最近の記事を読みました フィールドとストリーム 記事はこれまでに作られた50の最高の銃をランク付けしていました。私はすぐに紹介をスキップして、リストに直接行きました。

私は偉大なサベージモデル1899とその後の99に心からの愛情を持っており、それをアメリカの銃器の歴史における宝石の1つとして高く評価しています。驚いたことに、サベージ99は35位にランクされました。私はそれが少なくともトップ5になると確信していました。私の謙虚な意見では、偉大なモデル99はより高くランク付けされるべきでした。

1890年代にアーサーサベージが開発した時代を真に先取りした素晴らしいデザインでした。彼は陸軍省との契約を勝ち取ることを期待して1899年を設計しました。彼はそうしませんでしたが、彼のデザインは耐え、99はその作成者の天才の表現になりました。

北米のゲームを狩猟するために、サベージ99は今でも史上最高の狩猟用ライフルの1つです。実際、それは前世紀の後半、それが作成されてからほぼ100年後まで、堅実なパフォーマーでした。サベージ99が老朽化した機械とコストの増加により製造中止になる前に、100万丁以上のライフルが製造され、ほぼ1世紀にわたって製造されました。

引退する前に、同社は.30-06や.270ウィンチェスターなどのロングアクションカートリッジを処理する機能を備えた99を導入する計画を立てていたと言われています。そのようなプロトタイプの1つはサベージ工場で展示されており、もう1つは最近6000ドルで販売されました。

99のデザインは、高強度のカートリッジを処理できるため、ウィンチェスター94やマーリン336などのレバーアクションよりも優れています。ブローニングBLRや、ウィンチェスターモデル70のような最新のボルトアクションに匹敵する優れた設計機能がいくつかあります。ロータリースプールマガジンでは、先の尖った弾丸を使用できます。管状マガジン付きレバーガン。その強力な作用により、多くの最新の短時間作用型高強度カートリッジに収容することができました。最も人気のある口径のいくつかは、.243ウィンチェスター.250-3000サベージ、.30-30ウィンチェスター、.300サベージ、.303サベージ、.308ウィンチェスターでした。

1800年代の最後の10年間に設計されたライフルの場合、現在製造されているライフルにまだ普及している多くの現代的な機能がありました。タングの上部にコッキングインジケーターがあり、使用済みのカートリッジを斜めに排出するため、望遠鏡の照準器の使用に簡単に適応できます。

ほとんどの99年代は、1950年代後半まで、スコープマウント用に掘削およびタップされていませんでした。その時まで、ほとんどはドリルでタップされたタングに取り付けられたのぞき見照準器または標準的な鉄の照準器でのみ利用可能でした。それは良い引き金を持っており、伝えられるところによると非常に正確で信頼できるライフルです。

言及する価値のある99のもう1つの特徴は、その見栄えとバランスの取れた持ち運びの質です。初期のモデルは、ストレートグリップストックとスリムなシュナブルフォアエンドで製造されていました。ライフルのこの時代は堂々としていて、それが使用するのに満足していたのと同じくらい目に心地よいものでした。その後のモデルは、ピストルグリップストックと丸みを帯びたフォアエンドチップを備えて登場しました。 1960年代に、印象的なチェッカーがデラックス(DL)モデルの標準になりました。

回転マガジンにより、アクションの下部が丸みを帯び、手に自然にフィットしました。 1950年代に製造されたライフルに付属の「使用説明書」ガイドで、サベージは、丸みを帯びたアクションの下部で運ぶと完全にバランスが取れるように、ライフルを完全に装填して運ぶよう顧客に勧めました。これが、今日でも非常に多くのライフルが、底が摩耗したレシーバーを持っている理由です。回転マガジンは5つのカートリッジを保持するため、ライフルに合計6発の弾丸を完全に装填することができます。その際立った美的特徴のもう1つは、カラーケース硬化トリガーガードとレバーでした。これは、すでに魅力的なライフルに際立ったタッチを提供しました。

1899年と99年に開発され、提供されたカートリッジは、ライフルと同じくらい時代を先取りしていました。ライフルは最初に.303サベージで提供されました。このカートリッジは、.30-30の弾道ツインでした。

次の製品は.22ハイパワーでした。このカートリッジはチャールズニュートンによって開発され、70グレインの弾丸を2,800fpsの初速に押し上げます。それは今日でもヨーロッパで人気があり、5.6x52Rとして知られています。

その後まもなく、3000 fpsの初速を提供する最初の商用カートリッジである.250サベージ(.250-3000)が登場しました。 .250は、87グレインの弾丸でこのブレークスルーを達成しました。比較のために、現代の.243ウィンチェスターは90グレインの弾丸を3100fpsにプッシュします。

次のサベージカートリッジである.300サベージは、これまでで最も人気のあるショートアクションの.30口径の鹿とエルクのカートリッジの1つになりました。その後、米軍が.30-06サービスライフルカートリッジの代替品の開発を開始したときに、米軍が実施した実験の基礎となる予定でした。最終的には、7.62mm NATO /.308ウィンチェスターがその結果でした。

私のお気に入りのモデル99は、1947年にニューヨーク州ウティカの工場で製造された戦後の99EGです。私はそれを純粋に運によって入手しました。 I walked into my local gun shop and asked if there was anything odd or unique that had come in. As it happened an older fellow had just cleaned out his safe and asked the shop to help him sell some of his guns. He had an older Savage 99EG. I picked it up, looked it over and made my offer.残りは歴史です。

Mine weighs just slightly over seven pounds, has a 24 inch medium taper barrel, a steel shotgun style butt plate and slim Schnable fore end. It is chambered in .300 Savage and shoots and handles as well as any rifle I've ever owned. It is not drilled or tapped for a scope, but with iron sights I consistently place shots in a 5-inch circle at 100 yards using Remington's 150 grain Core-Lokt PSP bullet at a muzzle velocity of 2630 fps.

All said, the Savage 99 is a genius of a rifle that epitomizes the best in American craftsmanship, creativity and originality. Although no longer produced it remains highly revered, as it was the foundation from which Arthur Savage built one of America's great gun companies.

A few notes to those who might consider the purchase of an older 99. All older models have matching numbers on the fore end, butt plate, butt stock and bottom of the receiver. The model is stamped in front of the receiver just behind the fore end. For example EG, R, or other variations.


The Internment Camps of Germans in America During WW2

Internment of Japanese Americans during the Second World War is widely known and well documented. However, less is known about the thousands of “ethnic Germans” who were also detained, as well as smaller numbers of Italians and Italian Americans.

The precedent was set during the First World War when laws dating back to the 18th Century were used to authorize the detention of anyone considered to be an “enemy alien” and therefore a possible threat to security and the war effort.

The Government set up four camps. The main ones were located in Hot Springs, CA and at Fort Oglethorpe in Georgia. These camps were referred to as DOJ (Department of Justice) Camps. Those interned included not only German nationals but also those of recent German descent. As they were now considered to be enemy aliens, many had their homes and property seized by the Government. By 1940, Germans made up a large percentage of the “non-American” population in the United States. There were approximately 1.2 million German nationals as well as another 11 million US citizens who had at least one German-born parent.

As the war in Europe continued, America was laying the groundwork. The 1940 census introduced a new question. It now required that all respondents included their ethnicity. This would make them easier to identify after America entered the war.

Also in 1940, a new law was passed so that all aliens over the age of 14 had to be registered. Following the attack on Pearl Harbor in 1941, but before America had declared war on Germany, Roosevelt announced that Germans, Italians, and Japanese were now considered to be enemy aliens under the DOJ Alien Enemy Control Unit Program.

Anyone who could be described as an ethnic German came under suspicion. Cases were looked at on an individual basis. In theory, people were only to be detained if they there was some evidence to suggest that they posed a threat. As a result, 11,000 people were taken to DOJ camps. The majority of these were German nationals, but the number also included US citizens of German descent. The number of those who spent the war in such camps was, in fact, much higher than the 11,000 detainees.

Only enemy aliens could be interned by law. However, their families could come along voluntarily. Although living in the DOJ camp wasn’t an ideal option for a family, many chose this rather than being separated. In addition, families could be left without income if the main earner was detained so the camp may have been the most practical solution.

The American camps also held a large number of Germans who had been living in Latin America. An estimated 4,058 people were thought to have been expelled and sent to the United States to be interned. A small number of these were believed to be Nazi party members who were recruiting for the Nazi Party’s overseas branch. A further eight were suspected of spying.

Under Roosevelt’s orders, a total of 4,058 Germans were removed as well as 2,264 Japanese and 288 Italians. Most were sent to the two main camps which were in Ellis Island or Crystal City in Texas. Not all the Latin American countries deported their German population. Several, including Brazil, Mexico, and Venezuela among others set up their own camps.


Arthur Savage : First World War - History

First introduced by the Germans, gas warfare was soon embraced by all the combatants. By the end of the war, one in four of the artillery shells fired on the Western Front contained gas.

Arthur Empey was an American living in New Jersey when war consumed Europe in 1914. Enraged by the sinking of the Lusitania and loss of the lives of American passengers, he expected to join an American army to combat the Germans. When America did not immediately declare war, Empey boarded a ship to England, enlisted in the British Army (a violation of our neutrality law, but no one seemd to mind) and was soon manning a trench on the front lines.

Emprey survived his experience and published his recollections in 1917. We join his story after he has been made a member of a machine gun crew and sits in a British trench peering towards German lines. Conditions are perfect for an enemy gas attack - a slight breeze blowing from the enemy's direction - and the warning has been passed along to be on the lookout:

But I waited for no more, grabbing my bayonet, which was detached from the rifle, I gave the alarm by banging an empty shell case, which was hanging near the periscope. At the same instant, gongs started ringing down the trench, the signal for Tommy to don his respirator, or smoke helmet, as we call it.

Gas travels quietly, so you must not lose any time you generally have about eighteen or twenty seconds in which to adjust your gas helmet.

A gas helmet is made of cloth, treated with chemicals. There are two windows, or glass eyes, in it, through which you can see. Inside there is a rubber-covered tube, which goes in the mouth. You breathe through your nose the gas, passing through the cloth helmet, is neutralized by the action of the chemicals. The foul air is exhaled through the tube in the mouth, this tube being so constructed that it prevents the inhaling of the outside air or gas. One helmet is good for five hours of the strongest gas. Each Tommy carries two of them slung around his shoulder in a waterproof canvas bag. He must wear this bag at all times, even while sleeping. To change a defective helmet, you take out the new one, hold your breath, pull the old one off, placing the new one over your head, tucking in the loose ends under the collar of your tunic.

For a minute, pandemonium reigned in our trench, - Tommies adjusting their helmets, bombers running here and there, and men turning out of the dugouts with fixed bayonets, to man the fire step.

Reinforcements were pouring out of the communication trenches.

Our gun's crew was busy mounting the machine gun on the parapet and bringing up extra ammunition from the dugout.

It's the animals that suffer the most, the horses, mules, cattle, dogs, cats, and rats, they having no helmets to save them. Tommy does not sympathize with rats in a gas attack.

At times, gas has been known to travel, with dire results, fifteen miles behind the lines.

A gas, or smoke helmet, as it is called, at the best is a vile-smelling thing, and it is not long before one gets a violent headache from wearing it.

Our eighteen-pounders were bursting in No Man's Land, in an effort, by the artillery, to disperse the gas clouds.

The fire step was lined with crouching men, bayonets fixed, and bombs near at hand to repel the expected attack.

Our artillery had put a barrage of curtain fire on the German lines, to try and break up their attack and keep back reinforcements.

I trained my machine gun on their trench and its bullets were raking the parapet. Then over they came, bayonets glistening. In their respirators, which have a large snout in front, they looked like some horrible nightmare.

Suddenly, my head seemed to burst from a loud 'crack' in my ear. Then my head began to swim, throat got dry, and a heavy pressure on the lungs warned me that my helmet was leaking. Turning my gun over to No. 2, I changed helmets.

The trench started to wind like a snake, and sandbags appeared to be floating in the air. The noise was horrible I sank onto the fire step, needles seemed to be pricking my flesh, then blackness.

I was awakened by one of my mates removing my smoke helmet. How delicious that cool, fresh air felt in my lungs.

A strong wind had arisen and dispersed the gas.

They told me that I had been 'out' for three hours they thought I was dead.

The author recovering from
wounds received at the Front
The attack had been repulsed after a hard fight. Twice the Germans had gained a foothold in our trench, but had been driven out by counter- attacks. The trench was filled with their dead and ours. Through a periscope, I counted eighteen dead Germans in our wire they were a ghastly sight in their horrible-looking respirators.

I examined my first smoke helmet, a bullet had gone through it on the left side, just grazing my ear, the gas had penetrated through the hole made in the cloth.

Out of our crew of six, we lost two killed and two wounded.

That night we buried all of the dead, excepting those in No Man's Land. In death there is not much distinction, friend and foe are treated alike.

After the wind had dispersed the gas, the R. A. M. C. got busy with their chemical sprayers, spraying out the dugouts and low parts of the trenches to dissipate any fumes of the German gas which may have been lurking in same."

参照:
Empey, Arthur Guy, Over The Top (1917) Lloyd, Alan, The War In The Trenches (1976).


第2条

In the wake of the Civil War, the West offered perceived opportunities for nearly every element of society. So it was that some black Americans banded together in groups of ‘exodusters,’ who crossed the Mississippi River bent on establishing a new society in Kansas. Other blacks came on their own to farm, set up businesses, or engage in various livelihoods, including the profession of arms.

Indeed, a number of blacks, many of whom previously had been slaves, joined the Army as a potential avenue to advancement and adventure. They saw the Army as a means to economic or social betterment. Perhaps the promise of education also motivated some knowledge-thirsty men, particularly after the Freedmen’s Bureau, which had established schools for blacks, shut down in 1866. Individuals who had been displaced by the Civil War could find food, shelter, clothing and to some extent medical benefits, by entering the military.

Then, too, certain veterans who had served in the Union forces, as well as other blacks inspired by what those veterans had accomplished during the war, thought soldiering was well worth continuing. Jacob Wilks, who had spent more than three years fighting for the Union cause as a member of the 116th Colored Volunteer Infantry, fell into this category. Consequently, he signed on for a hitch in one of the Regular Army units formed in 1866. In other cases, young men whose fathers or family members had served in the Civil War decided to follow suit and join the Army. George Conrad, Jr., who became a private in Company G, 9th Cavalry, after enlisting in the fall of 1883, said: ‘When my father went to the army, old master told us he was gone to fight for us niggers’ freedom. My daddy was the only one that came back out of 13 men that enlisted….’

Others thought that, after the expiration of their tour of duty, they might parlay an honorable discharge into civilian employment with the government, a goal that Samuel Harris gave as one of his reasons for enlistment. Horace Wayman Bevins, a native of Accomack County, Va., stopped attending Hampton School because he had ‘a great desire for adventure and to see the Wild West.’ Charles Creek turned to the Army as a chance to break with the drudgery of field work. Creek frankly stated, ‘I got tired of looking at mules in the face from sunrise to sunset, thought there must be a better livin [sic] in this world.’ George Bentley, who at 26 signed on for five years, said he joined the Army simply to get away from his mother and a brother, neither of whom he liked.

Sampson Mann went to the recruiter out of ‘devilment.’ After Mann’s mother caught him ‘doin’ wrong’ by selling ‘moonshine’ to the neighbors, she demonstrated her displeasure and ‘whomped’ him twice. Since Mann was told at the recruiting station ‘how good it was in the Army,’ he thought the military might be better than facing future maternal wrath. Mansfield Robinson went to an Evansville, Ind., recruiter on a lark because one of Robinson’s friends, who wanted to enlist, talked him into going along. The officer on duty convinced the disinterested man to take the entrance examination. Although the friend failed the test, Robinson passed and ‘decided on the spot to enlist, and stayed in the Army until retirement.’

Whatever the motives, the option of military service would have been moot after the Civil War had not Radical Republicans and others championed the cause of blacks entering the ranks of the Regular Army, previously the exclusive domain of whites. The proposition of African Americans forming part of the nation’s standing peacetime force sparked considerable debate in many forums, including the halls of Congress.

Eventually such opposition on Capitol Hill went down in defeat. In 1866, Congress–for a variety of reasons that ranged from rewarding officers and the black troops they had commanded during their Civil War service to simply providing employment for large numbers of freed slaves–legislated six segregated black units, the 9th and 10th Cavalry regiments, along with the 38th, 39th, 40th and 41st Infantry regiments, into existence. (See ‘Army’s Unluckiest Regiment,’ 開拓時代の米国)西部地方 June 1991 for more on the 38th Infantry.) Three years later, a reorganization of the national military structure brought about the consolidation of the original four outfits of foot soldiers into two organizations, the 24th and 25th Infantry regiments.

For the remainder of the century, the two cavalry and two infantry regiments comprised approximately 9 percent of the men who wore the Army uniform. During this period, they usually carried out their duties on the frontier, away from the centers of white population, supposedly because of political pressures to keep blacks from being stationed in Northern states.

Some of the earliest African-American foot soldiers posted to the West served in Texas, the 24th Infantry gathering there at a time when the area was considered a’soldier’s paradise,’ with beautiful rivers and grassy plains that teemed with game. The black infantry units also served in Arizona, Colorado, the Dakotas, Kansas, Minnesota, Montana, New Mexico and Utah. As in the Lone Star State, they occupied and maintained outposts that sometimes were isolated and lonely, and participated in the full gamut of garrison and field duties. The men drilled often and sometimes even engaged in physical fitness exercises that were beginning to come into vogue in the late-Victorian era. They stood inspection, did their turn at guard mount and similar martial duties, and paraded. They also went to the target range. The soldiers were assigned many nonmilitary physical tasks known as fatigues–cutting ice (where possible), securing wood for lumber and fuel, working as teamsters or day laborers for the quartermaster, serving as janitors in the post exchange, and picking wild berries near the fort to supplement the issue ration. From time to time, the soldiers chased after military prisoners, chiefly deserters from white regiments, although they sometimes went in pursuit of black comrades. Field maneuvers increasingly became part of their routine, with emphasis being placed on war games.

When called upon, black infantrymen also responded to disturbances that sometimes flared up in the final days of war between the American Indians and the people who came to displace them. While the cavalry performed daring deeds recorded by newspaper reporters and artists, black infantry units faithfully played their part, too. Infantrymen, blacks and whites, were called ‘walk-a-heaps’ by some Indians because these soldiers had to travel on foot rather than on horseback like the cavalry.

That is not to say that the walk-a-heaps never took advantage of mounts available to them they did, and when this happened they temporarily became mounted infantry. In Texas in the early 1870s, Captain F.M. Crandal and some of the rank and file from his Company A, 24th Infantry, were using mules and horses to pull wagons when a raiding party attacked them between Fort Stockton and Fort Davis. Another time an officer and his patrol were surprised and 200 of their mules were run off by Indians who could strike swiftly on horseback against the slower foot soldiers.

Years later, and far to the north, during the spring of 1890, Company H of the 25th responded to the killing of three prospectors near Montana’s Flathead Lake, and the subsequent shooting of one Kutenai and the lynching of two others, by moving into the area as a deterrent to further mayhem. Later in the year, black soldiers were called out as reinforcements during the Ghost Dance of 1890-91, with several companies gathering at Fort Keogh, Mont., as a ready reserve.

Besides forays against native peoples, African-American foot soldiers were sometimes even dispatched to quell strikes, such as those that broke out in the mines of Idaho during 1892. In 1894 came the threat posed by Coxey’s band of jobless anti-railroad men (known as Coxey’s Army), who were organized by social reformer Jacob Sachlee Coxey after the panic of 1893. Two companies of the 25th Infantry at Fort Missoula, Mont., set up a temporary camp near the railroad depot in Missoula while another company went out to guard trestles that might be targeted by dissidents for destruction. The soldiers had orders to ‘be prudent and cool in the discharge’ of their assignment to protect railway property and maintain peace. Despite that admonition, a minor incident occurred when some local civilians heckled two railroad employees who were continuing to work during the strike. A sentry from the 25th stepped in, and after one of the civilians reportedly ‘refused to budge’ despite twice being warned to move on, the sentry decided to prod him with a bayonet. The civilian withdrew. The sentry was to be served with a warrant for arrest on a charge of assault. According to one account, ‘there was some difficulty in serving the warrant and for a moment a ruction seemed imminent.’ Matters did not come to a head, however, and calm returned.

Another less dramatic but more unusual duty came when some of the men of the 25th Infantry took part in an 1896-97 bicycle experiment, an early effort to mechanize the American military. A group of adventurous volunteers in Montana peddled their way from Fort Missoula to Fort Harrison, north of Helena, then moved on to Fort Yellowstone and Yellowstone National Park in Wyoming, where they tested their equipment and stamina traveling across the rugged terrain there before coming home–a grueling 800-mile journey. The next year, this hardy team wheeled off from Fort Missoula toward St. Louis. They completed the grueling 1,900-mile trek, averaging 52 miles a day in the process.

For the most part, brave and determined black infantrymen did everything they could to do their duty well. As one officer observed during an ‘excessively hot’ march, the white infantry arrived in camp very tired, but the black infantry showed they still were ready to give something extra. After reaching their destination at the end of the long day, these black soldiers threw off their equipment and began to practice their military drill. They carried on for an hour, ‘largely at the double time, completing the maneuvers by a grand charge on a neighboring hill which was taken with a rush amid great cheers.’ The following day, when the temperature soared to ‘over 100 degrees in the shade,’ the black infantrymen ‘tramped along with a springy step, joshing each other,’ their bursts of laughter contrasting sharply with their white counterparts, who, ‘bowed under their heavy packs, seemed half-dead with fatigue.’ Similar praise came from a white cavalry sergeant who had seen some of the black infantry troops at work in the summer of 1869. He said these men ‘were well adapted to the life and the duties of a soldier’ and that ‘many of them were exceedingly clean and neat soldiers.’

Such indications of professionalism remained very much a part of the story of black infantrymen, as was the case with their comrades in the cavalry. Although their diligence and dedication to duty were seldom rewarded, African-American soldiers received some recognition for their higher re-enlistment rates and fewer incidents of alcoholism. Desertion ranked as an even worse personnel problem for the U.S. Army in the 19th century, but was rare in the black regiments. The 24th Infantry boasted the lowest desertion rate in the entire Army from 1880 through 1886, and it shared this honor with the 25th Infantry in 1888. At that time, the secretary of war paid tribute to the black troops: ‘There are two regiments of infantry and two of cavalry of colored men, and their record for good service is excellent. They are neat, orderly, and obedient, are seldom brought before court martial, and rarely desert.’

One more manifestation of unit pride could be found in the excellent bands that formed part of the black regiments. The 25th Infantry’s band was very highly regarded. During the summer of 1883 an invitation came from Minneapolis’ Shattuck Military School for the musicians of the 25th to perform at the school. The commandant of the school later commented, ‘The band proved to be all that we had expected from the reports which had reached us before we heard them.’ The same observer pronounced them,’skilled in the use of their instruments, and orderly in their deportment.’ On September 13, 1883, the bandsmen from the 25th pleased crowds at the Minnesota State Fair. Some five years later, on Memorial Day, they ‘discoursed the sweetest music ever heard in Missoula,’ according to one account. In 1895, the musicians, along with seven companies from the regiment, performed’smart maneuvers’ and offered stirring marches when writer Mark Twain came to visit Fort Missoula.

The popularity of these music-makers even prompted the regiment to erect a bandstand in front of the Missoula court-house right after the 25th reported to the area. The band offered regular concerts at the courthouse on Thursday evenings, thereby cementing good relations between the civilian population and the personnel of the regiment. One time, the entire band played at the funeral of a prominent Missoula citizen, C.P. Higgins, whose passing brought an estimated 600 mourners to pay their respects. Bands also provided accompaniment for ‘hops,’ or dances. The string players among the bandsmen at Fort Missoula entertained at an ‘Old Folks’ program attended by the town’s ‘best people.’ Proceeds from this event went to benefit the local Episcopal church. The strings additionally provided music until midnight at a domino-mask dance held in Missoula.

In Texas, a similar use of black infantry musicians was recalled by Elijah Cox, an old-timer and fiddle player of the 25th Infantry, when he reminisced in a 1924 newspaper interview: ‘There wasn’t none of them turkey trots in that day. Folks danced the schottische, the polka, the square dance, and the quadrille. We had real music in them days, too. I’ll bet I can play 300 waltzes, all of them different, without stopping.’

Locals in many Western communities also could watch some of the athletic competitions that were held by troops at the forts located near towns. Sometimes there were baseball games that pitted soldiers against civilians. Occasionally soldiers from one fort would travel to another post to compete, which no doubt drew local spectators from town. And there were other occasions for black soldiers to mingle with townspeople and others outside their circle. Civilians might even go to a nearby post for such offerings as open-air Sunday services, where they heard gospel songs accompanied by the band and the post chaplain’s daughter at the organ, as was the case at Fort Keogh.

Sometimes white clergymen were assigned to black regiments, but by the 1880s African-American chaplains began to be assigned to the black infantry regiments, beginning with Reverend Allen Allensworth of the 24th and Reverend Theophilus Steward of the 25th. Both these remarkable men of the cloth helped many soldiers in their congregation to understand that they played an important role in the opening up of the region. These ministers not only taught lessons about right and wrong but also provided educational fundamentals so that black infantry troops could learn to read and write, and gain other knowledge that would help them both in and out of the Army.

The two chaplains hoped many of these soldiers would have successes that were similar to their own. For instance, Allensworth hailed from Kentucky, where he had been enslaved before the Civil War. When the fighting broke out, he escaped from his bondage and fled north. For a time he served with the Illinois volunteers, assisting with hospital work. He eventually joined the U.S. Navy and ended the war as a petty officer.

Allensworth, whose quest for learning caused him to acquire the then illegal arts of reading and writing while ‘playing school’ with a slave owner’s child, continued on the path of education. After the war’s end, he explored new roads to advancement in civilian life, beginning with a brief stint with the Freedman’s Bureau. Eventually he returned to school to complete a degree in divinity.

After writing President Grover Cleveland that he relished the ‘opportunity to show, in behalf of the race, that a Negro can be an officer and a gentleman,’ Reverend Allensworth secured his appointment as chaplain of the 24th Infantry in 1886. Conscious of the color line that existed, he continually had to balance his own vision of the future for African Americans with the harsh political and social realities of his time.

In spite of the narrow path he was forced to walk, Allensworth dedicated himself to spreading the gospel and providing education for his soldiers. While at Fort Bayard in New Mexico Territory, for example, he wrote one of the first army manuals on education for enlisted personnel. Innovative and diligent, he served the black soldiers and the Army well for two decades. As partial reward for his devotion, when he retired in 1906, Allensworth was promoted to lieutenant colonel, and thus became the highest-ranking black officer in the U.S. Army to that date.

But for most of the men who served in the ranks, Allensworth’s story seemed like a fairy tale. For the most part, their own life in the Army usually brought meager rewards, while their daily experiences at military posts were boring and on the thankless, thorny side.

Detached service was a welcome break from the routine drudgeries of the fort, but could be dangerous. This was the case when on May 11, 1889, Major Joseph Washington Wham took charge of more than $28,000 in gold and silver. This hefty sum was being transported to pay troops at various posts in Arizona Territory. The paymaster had an escort of several men from the 10th Cavalry and 24th Infantry along to protect the money. Since a private was paid only $13 per month, their cargo must have seemed like a king’s ransom to the detail, as the officer, his white clerk and 11 black enlisted men rolled along in two mule-drawn vehicles.

Near Cedar Spring, Ariz., the small convoy halted. A large boulder blocked the road ahead. The ranking NCO (noncommissioned officer), Sergeant William Brown of Company C, 24th Infantry, called to several of the men to leave their vehicles and help remove the obstruction. Almost as soon as he gave the order, a shout came from the nearby rocks not to disturb the blockade then a volley rang out from concealed assailants who had improvised barricades to flank the roadway and offer protection for the ambush. The driver of the lead wagon toppled first with a shot in the stomach. His mules bolted, and in the ensuing exchange of fire, one of the animals was killed, bringing the first vehicle to a halt.

The outlaws raked the escort with a hail of lead. Sergeant Brown was hit in the stomach, but he grabbed a rifle from one of the other men who had been struck, and continued to blaze away until a second round ripped into his arm. The other NCO in the detachment, Corporal Isaiah Mays, also of the 24th, kept up a return fire until driven to seek shelter underneath a wagon. As the barrage continued, Mays crawled out of range. He then went off for help to a ranch some two miles away from the ambush site. When he returned, he found nine men in the contingent wounded. The entire escort was cited for bravery, while Brown and Mays were presented the Medal of Honor for their valor. Their assailants, however, made off with the money and were never brought to justice.

This devotion to duty exhibited by Brown, Mays and their comrades came in part from pride in the uniform and loyalty to comrades. And such outstanding examples of bravery were one reason why black infantrymen assumed the nickname ‘buffalo soldiers’ (which originated with the Plains Indians as a term of respect). As one writer said, ‘So proudly was the name carried, that the infantrymen adopted what the horse soldiers had won.’ (See ‘Buffalo Soldiers Won Their Spurs,’ 開拓時代の米国)西部地方 February 1995 for additional details.) Indeed, given their fine record, it seems that the black walk-a-heaps more than deserved to share this name with black cavalrymen as these ‘common’ soldiers helped change the face of the West in the late 1800s.

This article was written by John P. Langellier and originally published in the February 1997 issue of 開拓時代の米国)西部地方 雑誌。

より優れた記事については、必ず購読してください 開拓時代の米国)西部地方 今日の雑誌!


ビデオを見る: 第一次世界大戦から100年 どんな戦争だった


コメント:

  1. Evan

    ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、ご意見をお聞かせください。

  2. Fidel

    それは起こります...そのような偶然

  3. Rupert

    これは特定のケースです。

  4. Scotty

    オールオンワンであり、同様に無限です

  5. Amiti

    それは驚くべき、むしろ面白いフレーズです

  6. Frederik

    どうすればよいですか、どうすればよいですか?



メッセージを書く