テキサス民兵がサンジャシントの戦いでメキシコ人を敗走させる

テキサス民兵がサンジャシントの戦いでメキシコ人を敗走させる


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

テキサス独立戦争中、サムヒューストンの下のテキサス民兵は、サンジャシント川沿いのメキシコ将軍サンタアナの軍隊に対して奇襲攻撃を開始しました。メキシコ人は徹底的に敗北し、サンタアナ将軍自身を含む数百人が捕虜になりました。

1820年代にスペインから独立した後、メキシコは人口の少ないテキサスへの外国人入植者を歓迎し、スティーブンF.オースティンが率いるアメリカ人の大規模なグループがブラゾス川沿いに定住しました。アメリカ人はすぐに居住メキシコ人を上回り、1830年代までに、これらの半自律的なアメリカ人コミュニティを規制しようとするメキシコ政府による試みは反乱を引き起こしました。 1836年3月、メキシコ政府との武力紛争の最中に、テキサスはメキシコからの独立を宣言しました。

テキサスの志願兵は当初、サンタアナの軍隊に敗北しました。サムヒューストンの軍隊は東方への撤退を余儀なくされ、アラモは倒れました。しかし、4月下旬、ヒューストンの軍隊はサンジャシントでメキシコ軍を驚かせ、サンタアナは捕らえられ、テキサスを征服するメキシコの努力に終止符を打ちました。彼の自由と引き換えに、サンタアナはテキサスの独立を認めました。条約は後に廃止され、テキサスとメキシコの国境に沿って緊張が高まったが。

いわゆるローンスター共和国の市民は、サムヒューストンを大統領に選出し、テキサスの米国への入国を承認しました。しかし、テキサスが奴隷州として連合に加わる可能性は、米国議会による正式な行動を10年以上遅らせました。最後に、1845年、ジョン・タイラー大統領は、テキサスが奴隷州として米国に加わるという妥協案をまとめました。 1845年12月29日、テキサスは28番目の州として米国に入り、奴隷制の問題と米墨戦争の発火をめぐって米国の抑制できない違いを広げました。


サンジャシント歴史博物館

&rdquo正午、ラスク将軍が私のテントで夕食に参加するようになりました。彼は私に、メキシコ人がその時間にシエスタを取る習慣がなかったかどうか尋ねました。さらに、私は肯定的に答えて、そのような場合、彼らは彼らの主な警備員と高度な警備員を歩哨の列で武装させた。ラスク将軍はそれを観察した。その瞬間は彼にとって敵を攻撃するのに好意的であるように見えた。彼は次のように付け加えました。&lsquoあなたは戦いたいと思いますか?&rsquo私はいつでも戦う準備ができていて喜んでいると答えました。 &rsquo&rdquo

&mdash Juan Segu&iacuten、彼の編集された回想録から、 記憶された革命


サンジャシント歴史博物館は、ディアパークの火災後も閉鎖されたままです

先週末、テキサス州ラポートにあるサンジャシント歴史博物館に何千人もの人々が集まり、1836年のサンジャシントの戦いを再現することになっていました。ほぼ35年ぶりに、再現とそれを取り巻くフェスティバルは中止されました。

毎年恒例の再現は州で最大のものであり、250人以上がメキシコ軍とテキサス州民兵共和国を描いています。

サンジャシントの戦いの博物館と記念碑は、ほぼ1か月間閉鎖されています。 Larry Spasicは博物館の社長であり、再現の閉鎖とキャンセルは3月のディアパークのITC工場での化学火災の結果であると言います。

&ldquo私たちは、この分野の法務当局と法執行機関の決定を尊重し、すべての人が安全な環境を享受できるように協力しています&hellipこの特定の事故の終結に向けて準備を進めています&rdquoSpasicは言います。

しかし、公園当局は、火災が史跡に被害をもたらしたとは考えていません。

&ldquo&hellipのように見えますが、事件が終わった後はかなり確実です。これは、サイトが良好な状態であることがすでに確認されているためです。&rdquo Spasicによると、1,200エーカー以上の自然が生息する史跡についてです。草原、復元された湿地帯、動植物。 &ldquoPeopleは、このインシデントの前に実行できたすべてのことを実行できるようになります。&rdquo

Spasicは、再現のキャンセルに対する一般市民の反応は理解と失望であると述べています。

&ldquoがっかりした人がいました。しかし、私はサポートのレベルに驚いていました。私たちがこの決定を軽くしなかったことは誰もが知っていたと思います。スポンサーとともに、私たちは35年以上にわたってこのイベントを行ってきました。これは、私たちの教育プログラムのハイライトであり、計画に5〜6か月かかると述べています。

民間の非営利教育団体にとって、1か月間閉鎖されると費用がかかります。

&ldquo私たちは予算のために州または連邦の資金を受け取っていません。私たちの使命は非常に重要であり、私たちが代表するものは非常に重要であるため、ヒューストンテキサンズとテキサンズがこれを通じて私たちを助けてくれると本当に感じています」とSpasicは言います。

サンジャシントの戦いの博物館と記念碑は、少なくとも4月21日まで閉鎖されます。Spasicは、その後すぐに再開することを望んでいます。


サンアントニオはサンジャシントの歴史的な戦いを記念します

投稿者RocíoGuenther2017年4月22日2018年3月19日

これを共有:

テキサス共和国のスーザンリーデセル大統領(右)と孫娘のカーリー(9歳)の娘たちは、アラモプラザでのサンジャシントの勝利の祝賀会で頭を下げて祈りました。クレジット:Bonnie Arbittier / San Antonio Report

サンジャシントの戦いでテキサス独立のために戦った勇敢な英雄たちを祝うために、土曜日の寒い風の中で小さな群衆がアラモ伝道所に集まりました。

無料のニュースレターTheDailyReachを毎朝受信トレイに配信します。

無料のイベントは、サンアントニオでの11日間の文化的祝賀会であるフィエスタの期間中に市内で行われた数百のイベントの1つでした。

アメリカ陸軍総司令官南少将K.K.チンは、アラモプラザでのサンジャシント勝利祝賀会で群衆に話しかけます。クレジット:Bonnie Arbittier / San Antonio Report

テキサス共和国の娘アラモヒーローズチャプターとテキサス共和国の子供たちのメンバーが出席し、テキサスと世界の歴史を永遠に変えたイベントを記念して群衆に加わりました。

1836年4月21日、メキシコからの独立戦争中に、サムヒューストン率いるテキサス民兵が、現在のテキサス州ヒューストン近郊での奇襲攻撃でアントニオロペスデサンタアナ将軍のメキシコ軍と交戦し、敗北しました。サンタアナを含む何百人ものメキシコ人が囚人として捕らえられました。メキシコの将軍は、彼の自由と引き換えにテキサスの独立を認める条約に署名しました。サンジャシントの戦いから181年経った今でも、テキサンズは歴史的な出来事を祝い続けています。

群衆は、アラモプラザでのサンジャシント勝利のお祝いの間にテキサスの旗を掲げます。クレジット:Bonnie Arbittier / San Antonio Report

実際、サンアントニアンはフィエスタを熱狂的に受け入れ、多くの祝賀会に出席し続けていますが、多くの人は、サンジャシントの戦いでのテキサスの勝利への敬礼として市全体の祭りが設立されたことを忘れています。

テキサス共和国の娘たちのメンバーであるジーニー・トラビスは、次のように述べています。

フィエスタとイベントの完全なスケジュールの詳細については、ここをクリックしてください。

ミリタリーシビリアンクラブは、アラモプラザでのサンジャシントビクトリーセレブレーション中にステージで拍手します。クレジット:Bonnie Arbittier / San Antonio Report


軍事史

軍事問題はテキサスの歴史を劇的に形作った。この地域のインド人の間では、部族の経済と文化は戦争に大きく依存していました。同様に、軍隊はスペインの探検と植民地化の重要な要素でした。テキサス共和国は力によってのみメキシコからの独立を確保し、合衆国による併合により、北軍が南軍の別の国設立の試みを打ち負かすことができると確信した。探検を後援し、フロンティア要塞を建設することにより、軍は非インディアンの西方への移住を奨励し、事実上すべての部族の追放を確実にした。第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、防衛および防衛関連産業はテキサス経済においてますます大きな役割を果たしました。 20世紀の後半までに、国のより大きな恒久的な軍事施設は、州の経済の基本になりました。

ヨーロッパ人が到着する前に、テキサスに住むインディアンはしばしば戦争を通して彼らの違いを解決しました。カドはテキサス南部の散在する部族に防御的な同盟を確立し、リオグランデデルタは季節的な確執と小規模な襲撃を互いに実践しました。内陸の敵への恐れはしばしばカランカワを湾岸近くの彼ら自身の部族のために主張した地域を粘り強く保護し続けました。テキサスの平原を支配するようになったこれらのグループと他のグループの中で、コロンブス以前の戦争は一般的に個人的な勇気を強調しました。馬と銃器の導入は、ヨーロッパの侵入から生じるより大きな圧力とともに、しばしば戦争の文化により暴力的な口調を与えました。文化が戦争に基づいていたグループである多数のアパッチ族とコマンチ族の到着は、さらなる圧力を加えました。襲撃とゲリラスタイルの嫌がらせは通常これらの衝突を特徴づけ、後者は南部平原の支配的な軍事力としてのアパッチ族との長い闘いの後の1720年代後半に出現した。

陸軍は、後にローンスター州となったスペインの占領において基本的な役割を果たしました。武装した柱が16世紀の探検家のほとんどを護衛し、軍の分遣隊がリオグランデ川沿いの初期の任務施設を守っていました。セントルイス砦のフランス植民地は、テキサスでの活動を強化するようスペインに要求しました。テキサス東部での最初の任務は、駐屯地がわずかでしたが、1690年代に失敗しましたが、次の世紀のその後の取り組みには、より大きな武装した部隊が含まれていました。それでも、強力なインドの支援を得ることができなかったため、鶏戦争(1719)の間に、10人未満の武装したフランス軍に直面して、スペインは一時的に東テキサスを避難させました。スペインの名誉を取り戻すことを決意したMarqu&eacutes de San Miguel de Aguayoは、2つのプレシディオを残して、イーストテキサスのミッションを再確立しました。海岸への潜在的なフランスの脅威を未然に防ぐために、彼はまた、La Bah&iacuteaにプレシディオとミッションを設定し、Bexarに急成長している複合施設を強化しました。しかし、特にフランスの脅威が弱まったため、そのような努力の費用は利益を上回っているようでした。コマンチ族によって北から圧力をかけられたアパッチ族は、スペインの中央テキサスへの拡大、さらにはベクサー自体への拡大に挑戦しました。部族がより多くの銃を確保し(多くの場合フランスの貿易業者から)、ヨーロッパの軍事的方法に慣れるにつれて、スペインの政策が依存していた罰的な報復を提供することはますます困難になりました。たとえば、1758年と59年に、いくつかの部族の戦士がサンサバデラサンタクルスミッションを破壊し、ディエゴオルティスパリラ大佐が率いるその後の懲罰的な列が、囲い柵のタオバヤ村への攻撃に失敗した後、サンアントニオに戻ってきました。

七年戦争(1756&ndash63)での敗北は、スペインの防衛の見直しにつながりました。 Marqu&eacutes de Rub&iacuteとJos&eacute Bernardo de G&aacutelvez Gallardoの報告を受けて、1772年の王立規則はフロンティア全体にプレシディオを移転しました。テキサス東部の前哨基地は放棄され、北部の州は最終的に、民事、司法、軍事の権限を与えられた総司令官の下でニュースペインの副王領から分離されました。それでも、散在する駐屯地​​は訓練、装備、供給が不十分であり、より機動性の高い平原インディアンに対して真に効果的ではありませんでした。スペイン人がアパッチ族かコマンチ族のどちらかを互いに戦わせようとしたが、隣接するニューメキシコでのインドの同盟によって生み出された成功を再現することはできなかった。テキサスで軍事的覇権を獲得することは決してできませんでしたが、軍はスペイン人の入植地の要塞であり続けました。 1792年の国勢調査では、BexarとLa Bah&iacuteaの720人の兵士とその家族が、スペイン領テキサスの全人口のほぼ20パーセントを占めていました。そして、軍事力は望まないアメリカの侵入を遅らせました。フィリップ・ノーランと約2スコアのアメリカ人は、1801年に敗北しました。1813年には、ジョス&イーキュート・ベルナルド・マクシミリアーノ・グティ&イーカテレス・デ・ララ、オーガスタス・W・マギー、サミュエル・ケンパーの緩いリーダーシップの下で数百人の革命家と冒険家がサンアントニオからスペイン当局を一時的に追い出しました。次に、ホアック&イアキューテン・デ・アレドンドの王族によるメディナの戦いで押しつぶされた。アレドンドはテキサスからのスペインの支配に対する組織的な反対を一掃したが、帝国の継続的な衰退は将来に悪い兆候を示した。 1819年のアダムズオニスキュート条約で、米国はテキサスに対するスペインの主張を認めたが、ジェームズロングと、約300人のアメリカのフィリバスターとメキシコの革命家がナコドチェスを抗議して捕らえるように仕向けた。スペイン軍はロングの動きを打ち砕いたが、アメリカの脅威は消えなかった。アメリカの侵入者が最終的にテキサスを占領することを恐れて、王冠当局者は、より多くの人口基盤が防衛ニーズを満たすのに役立つかもしれないという絶望的な希望で、数百人の新しい入植者を連れてくるというモーゼスオースティンの要求を承認しました。

結局、外部からの侵入ではなく内部の混乱がスペイン領テキサスを運命づけました。リオグランデ川の北にある王立兵士は、インディアンを打ち負かすことも、東からの武力侵入を防ぐこともできませんでしたが、不安定な足場を維持しました。しかし、テキサスのスペインの権威は、独立したメキシコの設立で崩壊しました。スティーブンF.オースティンのリーダーシップの下、テキサスのアメリカ植民地は軍事活動を開始し、最終的にテキサスの独立につながりました。カランカワは全滅し、1826年の短命のフレドニアン共和国は抑圧されました。メキシコ当局は、アングロの影響力の高まりを恐れて、1830年4月6日の法律により、さらなるアメリカ人の移民を阻止し、テキサスのメキシコ駐屯地を強化しようとしました。アントニオ・ロアキューテペス・デ・サンタ・アナが中央主義に転向し、政策を執行するために軍隊に依存することは、テキサス人に敵対し、テキサスの独立運動に直接つながった。 1835年の秋、ゴンザレスとゴリアドでメキシコの常連と小競り合いをした後、数百人のテキサンズがサンアントニオを包囲しました。 11月下旬、エドワード・バールソンが「人民軍」(見る オースティンが米国からの援助を求めるために去った後の革命軍)。コンセプシオンとグラスファイトでの交戦は、ベンジャミンR.ミラムとフランク(フランシスW.)ジョンソンがメキシコ軍に対する攻撃に成功した数百人の志願兵を率いた12月5日までの包囲を強調しました。自信過剰のテキサンズは、さらなる征服を夢見ていました。テキサス軍を指揮するための協議会の選択であるサム・ヒューストンはこの動きに反対したが、マタモロスでの行進案のためにいくつかのグループがテキサス南部に集まった。一方、ユカット&アキューテンで反乱を起こしたサンタ・アナは、テキサスに目を向けた。それでも、メキシコ軍が北に移動する前に春まで待つと仮定して、テキサンズはダラダラした。 2月23日、サンタアナはサンアントニオに到着しました。そこでは約150人の反政府勢力が古いアラモ伝道所に閉じ込められました。論争は依然としてテキサス軍を悩ませていたが、ジェームズ・ボウイの健康状態の悪化により、ウィリアム・B・トラビスがテキサス軍の効果的な指揮をとることができた。トラビスの援軍の嘆願はゴンザレスから32人の代表団だけをもたらした。 3月6日、サンタアナは軍隊が大きな犠牲者を出したにもかかわらず攻撃し、防御側は殺害された。サンタアナの沿岸部隊を保護するために、ジョス&イーキュートデウレア将軍は、サンパトリシオのジョンソン、アグアダルシーのジェームズグラント博士、レフュージオのアモンB.キング、ビクトリア近郊のウィリアムワードの下に散在するテキサス軍を派遣しました。約300人の男性とゴリアドを保持したジェームズW.ファニンは、キャンペーン全体を通して麻痺しているように見えました。最初はその場所を守ることに固執し、次にアラモの助けを借りなければならないと確信し、最後に撤退を試みたファニンは、3月19日にコレトプレーリーで彼の命令を捕まえることを許可した。水が少なく、ウレアの800人の軍隊が数を上回っていたファニンは、翌日降伏した。 27日、サウステキサスキャンペーンで捕らえられたもののほとんどは、ゴリアド虐殺で処刑されました。

自信過剰、不注意、そして優柔不断は、これまでテキサンズの軍事作戦を特徴づけていました。現在、メキシコ軍とサビーン川の間に立っていたのは、サム・ヒューストンとゴンザレスの400人未満の兵士だけでした。他に実行可能な選択肢がなかったため、ヒューストンはコロラド川とブラゾス川を越えて後退しました。サンタアナは敗走を完了することを望んで前進し、ほとんどの入植者をパニックな後退に参加させました。暫定大統領デービッド・G・バーネットを含む一部の人々は、ヒューストンに計画がないと非難し、彼自身の助言を維持するという将軍の決意によって助長されたと非難した。ヒューストンが撤退すると、彼の軍隊は、復讐への欲求によって解雇され、撤退中に行われた訓練演習の恩恵を受けて、よりまとまりのある軍事力に発展しました。アメリカ合衆国と古いテキサスの入植地からの援軍が彼の軍隊をさらに強化した。そして、サンタアナは次第に弱くなっていきました。現在、数千人のメキシコ軍がテキサスにいたが、ヒューストンまたはテキサスの指導者を捕まえるという大統領の熱意は、彼の総勢力のほんの一部で彼をサンジャシント川のほとりに導いた。ヒューストンは4月21日の午後に向きを変えて攻撃した。疲れ果てたメキシコ人を驚かせて、テキサス人は敵の陣営に落ちた。ヒューストンは、9人の男性が殺され、30人が負傷したという犠牲を払って、630人のメキシコ人が殺され、730人が捕虜になったと記載しました。後者の中には、メキシコの首長、サンタアナがいました。したがって、テキサスの独立が保証されました。

サンジャシントは戦場で決定的な勝利を収めましたが、新たに宣言された共和国は依然として軍事問題に直面していました。ヌエイシス川の北には約2,000人のメキシコ軍が残っており、テキサス軍の構成は変化していました。テキサスの住民はサンジャシントで部隊を支配していた。しかし、1836年の夏までに、軍隊は2,500人以上に膨れ上がり、その4分の3はサンジャシントの戦いの後にテキサスにやって来ました。さらに悪いことに、痛みを伴う足首の傷により、これまで多数の軍隊を制圧できた唯一のテキサス人であるサム・ヒューストンは、ニューオーリンズで治療を受けることを余儀なくされました。ベラスコ条約は軍事危機の解決に失敗しました。メキシコでは、政府は彼らを無効にし、戦争を続けると脅した。メキシコ軍は撤退したが、テキサス軍はサンタアナの釈放を拒否した。フェリックス・ヒューストンが率いる軍内の多くは、マタモロスに対する攻撃キャンペーンを要求した。不安定な臨時政府への激しい挑戦で、軍隊はミラボー・B・ラマーをその司令官として受け入れることを拒否した。 1837年5月、軍の暴動を恐れ、政府支出の削減を切望していたヒューストン大統領は、軍隊の大部分を解雇した。防衛は現在、マウントされたレンジャーの小さな分遣隊、17歳から50歳までのすべての健常な男性の理論で構成される無秩序な民兵、そして緊急事態に対応するために呼び出されたボランティアにかかっていました。インド人との暴力的な遭遇とメキシコの侵略の噂は続いたが、米国による併合を確保することを期待して軍事行動を遅らせるという大統領の決意は、彼の防衛予算の削減と一致していた。

ヒューストンの後継者であるラマーは、積極的なインドの政策を支持した。フロンティアを保護し、攻撃的な行動の拠点を提供するために、1838年に議会は、共和国の北と西のフロンティアに沿って、840人の連隊が配置され、レッドリバーから伸びる軍用道路によって支援される一連の軍事基地を提供しました。 Nuecesに。東部では、メキシコと同盟を結んだ疑いのあるチェロキー族が、ネチェスの戦いの後、現在のオクラホマに追いやられました。コマンチ族に対するキャンペーンはそれほど決定的ではないことが証明されましたが、その部族のほとんどがさらに西と北に撤退しました。ラマーはまた、メキシコからの譲歩を強制することを望んでいた。大統領は、承認または境界に関するある種の和解を購入しようとした短い試みの後、メキシコ政府に対する国内の反乱を奨励し、テキサス海軍をユクタンの反政府勢力に貸し出しました。 1841年夏に共和国の西側の主張を賭けるために、彼はまた、ヒュー・マクロード大佐が率いる軍隊を派遣してサンタフェを占領した。不幸と貧弱なリーダーシップに悩まされ、疲れ果てたテキサンズはその都市に到着すると降伏しました(見る サンタフェ出征)。

1841年に大統領に再選された後、ヒューストンはラマーの政策に起因する問題に没頭していることに気づきました。インド人に対する作戦だけでも、政府の領収書が合計100万ドルをわずかに超える3年間で250万ドルの費用がかかりました。ヒューストンは軍隊をレンジャーズの数社に分割し、海軍を売却しようとし、いくつかのインディアン部族と条約に調印した。しかし、メキシコは再びサンタアナを指揮し、最近の脅威に対して報復した。 1842年3月、ラファエルV&aacutesquez将軍と約500人の軍隊がサンアントニオを一時的に占領しました。議会は宣戦布告しましたが、ヒューストンは依然として慎重で、この措置を拒否しました。北のフロンティアに沿った継続的な紛争とテキサスの港の封鎖の試みに激怒したメキシコは、別の攻撃を開始した。 9月中旬にAdri&aacutenWoll将軍がサンアントニオを占領した。彼はテキサスの民兵からの圧力を受けて撤退し、ヒューストンはリオグランデ川沿いにローンスターの旗を示すために750人の兵士と共にアレクサンダーサマヴェルを派遣した。サマーベルはその12月に撤退したが、ウィリアムS.フィッシャーに率いられた約300人の兵士が命令に逆らい、リオグランデ川を渡った。しかし、ミエールでは、侵略者ははるかに大きなメキシコ軍に降伏しました。

テキサスの軍事状況は併合によって劇的に変化しました。米国は少数の正規軍と海軍を維持していましたが、人口と産業基盤の増加により、米国は手ごわい軍事力を発揮しました。そのような資源は、最近のテキサス併合によって引き起こされた米墨戦争で利用されました。紛争中、約6,000人のテキサンズが、メキシコ北部と中央部でそれぞれザカリーテイラーとウィンフィールドスコットと戦ったローンスターユニットの中で最も目立つ兵役を見ました。テキサスレンジャーズと名乗るこれらの軍隊は、優れたスカウトと激しい戦闘機を証明しましたが、彼らの暴力的な方法とメキシコの市民に対する復讐は、苦い遺産を残しました。グアダルーペイダルゴ条約の後、州は連邦政府の支援を受けて、西部の国境をパトロールするためにさまざまな数の測距会社を雇用し続けました。しかし、米国の常連は、防衛任務の大部分を引き受け、トランスペコスとパンハンドル地域の探検を促進しました。メキシコとインドの侵入の可能性に応えて、いくつかの軍事基地がブラウンズビルからイーグルパスまでリオグランデ川に並んでいました。他の人々は、フォートワースからフレデリックスバーグ、コーパスクリスティに至る巨大な半円を構成し、非インド人の入植地が拡大するにつれて砦はさらに西に押しやられました。カリフォルニアに向かう何千人もの移民と旅行者に保護と支援を提供するために、軍はサンアントニオからエルパソまでの道路に沿っていくつかの位置を占めました。

テキサスで居留地を確立するための短い試みは失敗しました、軍は敵対的なインディアンに対して一連の攻撃を開始しました。これらのキャンペーンの中で最も重要なのは、Bvtです。アールヴァンドーン少佐は、同盟のインドの偵察隊と補助隊によって強化されたテキサスを拠点とする分遣隊を率いて、ラッシュスプリング(1858年10月1日)とクルックドクリーク(1859年5月13日)のレッド川を渡るコマンチ族の野営地に勝利した。しかし、テキサス人はさらに多くの行動を望んでおり、ジョンS. "リップ"フォードが率いるレンジャー部隊は、1859年5月12日、インディアン準州のアンテロープヒルズ近くのかなりのコマンチ族の野営地を打ち負かしました。 1861年2月、テキサス州の分離条約は、州が連邦を離れる理由の1つとして、連邦政府が市民をインドの攻撃から保護できないことを挙げました。 1850年代に全軍の4分の1がテキサスに駐屯していたため、これは陸軍省当局者にとって皮肉に思えたに違いありません。物議を醸す動きで、テキサス軍管区を指揮するデビッドE.トゥイッグスは、彼の軍隊の安全な通過と引き換えに、テキサスのすべての連邦財産と砦を降伏させました。しかし、すべての兵士が乗船する前に、戦争の勃発により、州当局は合意を破棄しました。 Bvtが率いるいくつかのトランスペコス要塞からの駐屯地。アイザックV.D.リーブ中佐は、サンアントニオのすぐ西にある南軍に加わったアールヴァンドーンに降伏した。

新しい南軍政府との関係は、州当局にとって厄介な問題であることが証明されました。州の権限の原則は、テキサスがその部下と戦争資料に対する支配を維持するべきであると示唆したが、南軍の指導者は、より中央集権化された権威の下で資源をプールすることを要求した。そして、ボランティアの最初の急増が色に群がった間、1862年の初めに南軍は徴兵法を制定し、それは最終的に17歳から50歳までのほとんどの非黒人男性に拡大されました。適格な100,000から110,000のうち、60,000から90,000の間はおそらく軍隊に勤めていました。ほとんどのテキサス人は、義務の強化と、規律を強化するための努力を制限する激しい独立への強い願望を示しました。南北戦争の初期、州の連隊はインディアン準州に侵入し、西部とリオグランデ川のフロンティアをパトロールしました。 1861年後半から1862年初頭にかけて、ブリッグ。ヘンリー・H・シブリー将軍とテキサスの3個連隊は西にニューメキシコに進軍したが、グロリエタの戦いの後でテキサスに戻った。 1862年10月、北軍の海軍がガルベストン島を占領しました。テキサスの南軍の司令官であるジョン・B・マグルーダーは、1863年の元旦にガルベストンを再訪した。ウィリアム・B・フランクリン少佐が指揮する26隻の船と4,000人の軍隊を含む別の連邦侵攻軍が、 1863年9月、リチャードW.ダウリング中尉と1個の砲兵隊。 1863年後半、北軍はブラウンズビルを占領し、テキサスとマタモロスの間の儲かる貿易を断ち切りました。北軍はリオグランデをリオグランデシティまで前進し、別の列がコーパスクリスティを過ぎて海岸に沿って北に押し出されました。しかし、南テキサスの攻勢はその後停止され、軍隊は南テキサスからルイジアナのナサニエル・バンクス将軍に加わるように移された。しかし、バンクスがテキサスに到着する前に、リチャード・テイラーはレッド川方面作戦で彼の軍隊を打ち負かした。テキサスに対する最後の主要な連合の脅威は鈍化されたが、戦争はローンスター州で終わっていなかった。 1864年7月、リップフォードのテキサンズはブラウンズビルを奪還し、南北戦争の最後の遭遇でパルミトに別の連邦軍を派遣した。しかし、南軍のテキサス人は、フロンティアの入植者をインドの攻撃から守ることにあまり成功していませんでした。西側のポストからの連邦軍の撤退に伴い、白人の侵入者に対して報復することを切望していたいくつかの部族が反撃した。州が国境を守ることができないことは、ダブクリークの戦い(1865年1月)で例証されました。そこでは、インディアン準州からメキシコに移住した140人のキカプーが370人の州軍を打ち負かしました。戦争自体はミシシッピ川の東で解決されました。北バージニア軍では、数千人のテキサス人がフッドのテキサス旅団の大部分を形成し、最初の指揮官であるテキサスジョンベルフッドにちなんで名付けられました。第8テキサス騎兵隊(テリーのテキサスレンジャーズ)やロス旅団などの他のテキサス部隊も、アーカンソー、ミシシッピ、ジョージア、テネシー、カロライナで戦った。テキサス共和国の元陸軍長官であるアルバート・シドニー・ジョンストンは、シャイローの戦いで殺されるまでミシシッピ連邦軍の指揮官でした。 1864年、ジェファーソンデイビス大統領は、フードをバージニア州からジョージア州に移し、アトランタ方面作戦の終盤とフランクリンとナッシュビルでの悲惨な敗北で南軍を指揮しました。 1863年7月、ユリシーズS.グラントがビックスバーグを捕らえたため、テキサスとリッチモンドの間の直接通信はせいぜい不安定になりました。行政の行き詰まりを解決するために、南軍は、エドマンド・カービー・スミスの指揮下で、テキサス、アーカンソー、ミズーリ、およびルイジアナの大部分を網羅するミシシッピ横断局を設立した。戦争の残りの間、この部門は他の南軍から事実上隔離されていた。ロバートE.リーがアポマトックスに降伏した後、スミスは戦争を続けようとしましたが、支援が弱まり、6月2日に降伏しました。

連邦軍(一部は黒人)がローンスター州に注いだ。マクシミリアン皇帝とフランス人をメキシコから追い出すのを助けるために、1865年に約50,000人のアメリカ兵がリオグランデ川の近くに集まった&ndash66。マクシミリアンの死、フランスの静止状態、および議会が1867年の再建法で旧南軍のほとんどの州に対する軍事政権を宣言したことで、軍は国内問題に目を向けました。テキサス州とルイジアナ州が統合されて、フィリップH.シェリダン将軍が指揮する第5軍事地区が形成されました。連邦当局を設立することを決意したシェリダンは、新たに選出されたジェームズW.スロックモートン知事と他の数人の役人を追放した。地区軍司令官のチャールズ・グリフィン将軍とジョセフ・J・レイノルズ将軍は、彼らの軍隊を使って、初期の共和党を支持する州および地方選挙に介入した。軍はまた、元奴隷が労働契約を確保し、別個の裁判所を設立し、初歩的な教育システムを設立するのを支援した自由人局を支援した。エドマンド・J・デイビス知事によるいくつかの郡での戒厳令の宣言と州警察軍(40%が黒人)の使用は、州民兵を再編成する努力を悩ませた汚職と同様に、白人をさらに激怒させた。ブレナムのような町では、兵士が公然と民間人と衝突しました。しかし、不安な平和は州のほとんどを特徴づけました。保守派は、軍隊が青の男たちに公然と挑戦するのではなく、インドの攻撃から身を守るために必要であると軍と連邦当局を説得しようとしました。 1867年の夏までに、いくつかの企業がインドのフロンティアに戻ってきました。リチャードソン砦、グリフィン砦、コンチョ砦、ストックトン砦、デイビス砦、クラーク砦はすぐに常連のかなりの駐屯地を保持し、すぐに旅行者や地元の非インド経済にとって非常に貴重であることが証明されました。

デイビス知事の選挙で、ユリシーズ・グラント大統領はテキサスでの復興が終わったと宣言しました。 The army's emphasis thus shifted to Indian service. In late 1868, columns from New Mexico, Indian Territory, and Kansas moved against several Southern Plains tribes. The resulting campaign brought a temporary peace, but as railroads and White settlers pushed west and the slaughter of the buffalo herds began in earnest, violence continued. Texans claimed that many tribes conducted raids into the state, then retreated to the safety of their reservations. To help patrol the frontiers, in 1874 the state legislature mustered two ranger forces: the Frontier Battalion, designed to control Indians and the Special Force, organized to guard the Mexican border. During the early 1870s, the army stepped up its campaigns on the Llano Estacado. Col. Ranald S. Mackenzie, the most effective regular commander, routed a large Comanche village near McClellan Creek in September 1872. The Red River War, which involved troops from Texas, New Mexico, Kansas, and Indian Territory, began in summer 1874. From Fort Concho, Mackenzie delivered the most telling blow at Palo Duro Canyon on September 28, 1874. Human casualties were minimal, but Mackenzie's decision to kill nearly 1,500 captured Indian ponies helped force several tribes to surrender the following year. Farther west, several Apache groups had also resisted encroachment. After witnessing several futile pursuits of Victorio and the Apaches, Col. Benjamin H. Grierson seized upon an effective tactic in summer 1880. Rather than attempt to overtake the Indians, Grierson stationed his men at strategic waterholes throughout the Trans-Pecos. After several sharp skirmishes, Victorio withdrew across the Rio Grande, where he was killed by Mexican soldiers. Throughout the period, regulars clashed with their rivals, the Texas Rangers, over methods and effectiveness. In their efforts to punish Indian and Mexican raiders, several state and federal officers crossed over the Rio Grande. In 1873, Mackenzie destroyed several Indian villages near Remolino, about forty miles inside of Mexico. Texas Rangers splashed across the river two years later near Las Cuevas, seeking to stamp out cattle rustlers. Lt. Col. William R. Shafter led several army sorties in 1877, even as Mexican protests increased. The following year, Mackenzie and a large United States column twice engaged in long-range skirmishing with Mexican troops. The actions of Texas, United States, and Mexican military forces, the slaughter of the buffalo, the expansion of the railroads, and the westward migration of non-Indian settlers combined to destroy the military power of the Plains Indians in Texas. But the armed forces' influence was far greater than simply that of its military campaigns. Frontier posts stimulated civilian settlement, and army contracts proved a tremendous boon to local businesses and job-seekers. The state militia, organized as the Volunteer Guards upon passage of the Militia Law of 1879, provided supplemental income to another 2,000 to 3,000 guardsmen as well as a lucrative, if sometimes sporadic, source of appropriations.

About 10,000 Texans served in the Spanish-American War. In April 1898, Congress allowed soldiers in existing organized militia units to volunteer for federal service. Under this law, state troops formed the First Texas Volunteer Infantry Regiment, which sailed to Havana in late 1898. Other Texans joined assorted regular and volunteer formations such as the Rough Riders (the First United States Volunteer Cavalry), organized and trained at San Antonio and made famous by their flamboyant lieutenant colonel, Theodore Roosevelt. Texas and the military remained closely linked during the early twentieth century. Although incidents at Brownsville, Houston, Del Rio, El Paso, Waco, San Antonio, and Texarkana between Black garrisons and White and Hispanic residents were symptomatic of the racial tensions that divided American society, this relationship was generally amicable. Early Signal Corps experiments in aviation were conducted at Fort Sam Houston, San Antonio. Turmoil within Mexico in 1911 led the War Department to concentrate a "Manuever Division" at San Antonio. Eighteen months later, the Second Division was mobilized at Galveston and Texas City. By 1914 other regular army forces, totaling some 12,000 men, were also stationed along the border. After Pancho (Francisco) Villa's strike into New Mexico in March 1916, President Woodrow Wilson called the national guards of Texas and Oklahoma into federal service. The president soon expanded the call-up, and by late July, 112,000 national guardsmen from fourteen states had massed along the Rio Grande. As the Mexican crisis cooled, the guardsmen were in the process of demobilizing when in April 1917 Congress declared war on Germany. Most Texas and Oklahoma national guard units formed the Thirty-sixth Infantry Division, a process formalized that fall. Texans also composed most of the Ninetieth Division several thousand others were funneled into the Forty-second Division, the so-called "Rainbow Division," a unit that comprised men from twenty-six states. In all, the selective service registered nearly a million Texans for possible duty of these, 197,389 were drafted or volunteered. Engaging in the patriotic fervor that swept much of the United States, Texas became a major military training center during the First World War. More than $20 million was spent constructing camps Bowie (Fort Worth), Logan (Houston), Travis (San Antonio), and MacArthur (Waco) for new recruits. Forts Sam Houston (San Antonio) and Bliss (El Paso) also underwent major expansion. Likewise, military aviation found a warm reception in the state, where Fort Worth, San Antonio, Dallas, Houston, Waco, and Wichita Falls housed key flight and service training centers.

Most soldiers from Texas never went abroad. However, the Thirty-sixth Division, supplemented by wartime recruiting and the draft, left for Europe in midsummer 1918. Elements of the Thirty-sixth finally saw combat, as part of the Fourth French Army, at St. Étienne and during the Aisne offensive, for which the units earned substantial accolades from an adoring press. The Forty-second Division was one of the most acclaimed American units of the war, and the Ninetieth Division, composed largely of Oklahomans and the "Texas Brigade" (the 180th Infantry Brigade), also fought in the St. Mihiel and Meuse-Argonne operations. In all, more than 5,000 Texans died overseas.

Numerous bases, availability of land, public support for the military, and an increasingly influential congressional delegation made Texas an important military training center in World War II. The Third and Fourth armies, which oversaw basic and advanced training in several southern and western states, respectively, were headquartered at San Antonio. More than 200,000 airmen trained in Texas, which had more than fifty airfields and air stations, including naval air stations at Corpus Christi, Beeville, and Kingsville. Carswell Field, Fort Worth, was home to Air Force Training Command headquarters. Seventy camps in Texas held 50,000 prisoners of war. About 750,000 Texans (roughly 6 percent of the national total) saw military service during the war. Texas claimed 155 generals and twelve admirals, including the supreme Allied commander in Europe, Dwight D. Eisenhower, and Pacific Fleet admiral Chester W. Nimitz. Col. Oveta Culp Hobby directed the Women's Army Corps Walter Krueger commanded the United States Sixth Army. Among units that included large Texas contingents, the Thirty-sixth Infantry, including the famous "Lost Battalion," fought in Java and Italy in some of the war's bloodiest combat. The division suffered heavy casualties in an unsuccessful attempt to cross the Rapido River under enemy fire. This action, ordered by Fifth Army commander Mark Clark to support Allied landings at Anzio, led to an inconclusive congressional investigation in 1946. The First Cavalry, Second Infantry, and Ninetieth Infantry divisions saw extensive duty in the European Theater. In the Pacific campaigns were the 112th Cavalry and 103rd Infantry. In all, some 23,000 Texans lost their lives overseas. The war had a tremendous impact upon the Texas economy, in which federal and private investments brought massive industrial development. Aircraft production blossomed in Dallas-Fort Worth shipbuilding boomed in Orange, Port Arthur, Beaumont, Houston, and Galveston. Sprawling industries along the Gulf Coast also formed the world's largest petrochemical center. Munitions plants, steel mills, and tin smelters were built, and increased demand for food, timber, and oil offered new opportunities throughout the state. With labor at a premium, half a million rural Texans moved to the cities, and women and minorities took jobs once reserved for White males.

After the war the United States retained a much larger permanent military establishment in Texas. Between the active military, the organized and inactive reserves, the national guard, and the selective service, most male Texans of eligible age experienced the military or its bureaucracy in some direct manner. Thousands of Texans served in the Korean conflict, in which native Texan Walton H. Walker held command of all United Nations ground forces from July to December 1950. During the 1960s and early 1970s, the nation's involvement in Vietnam dominated military affairs. More than 500,000 Texans saw service. In addition, several Texas-based units were transferred to South Vietnam. Fort Hood contributed the United States II Field Force Vietnam, assigned to coordinate operations of the III and IV Corps, and the 198th Infantry Brigade, which joined the Americal (Twenty-third) Division. The Forty-fourth Medical Brigade was dispatched from Fort Sam Houston. More than 2,100 Texans died in Vietnam. Texans and Texas-based forces also remained a major source of the nation's military strength through the 1980s and early 1990s. During the 1980s, Texas was second only to California as home of record for both active-duty and retired military personnel. Sprawling military complexes at San Antonio, El Paso, and Fort Hood, as well as defense manufacturing plants in the Dallas-Fort Worth area, had become essential to national defense as well as the state's economy. During the Desert Shield-Desert Storm operations of 1990&ndash91, for example, the Third Armored Cavalry Regiment and Eleventh Air Defense Artillery Brigade were dispatched to the Persian Gulf from Fort Bliss, while Fort Hood contributed the First Cavalry Division, the First Brigade of the Second Armored Division, and the XIII Corps Support Command. Texas National Guard units, which included more than 20,000 members (many of them part-time) during the early 1990s, supplemented the regular forces and were often called out to assist victims of natural disasters. In 1991 the state militia maintained 138 armories in 117 Texas cities and spent about $250 million in state and federal money.

Post-Second World War trends thus continued to emphasize the historic relationship between the armed forces and the people of Texas. Indian tribes, Spain, Mexico, the Republic of Texas, the Confederacy, and the United States all resorted to warfare to resolve their perceived differences with other societies and governments. Their cultures, societies, economies, and demographic compositions were linked to things military. In sum, the influence of military affairs upon Texas history can hardly be overstated. も参照してください INDIAN AFFAIRS , ARMY OF THE REPUBLIC OF TEXAS.

John Francis Bannon, The Spanish Borderlands Frontier, 1513&ndash1821 (New York: Holt, Rinehart, and Winston, 1970). Alwyn Barr, Texans in Revolt: The Battle for San Antonio, 1835 (Austin: University of Texas Press, 1990). Garna L. Christian, Black Soldiers in Jim Crow Texas, 1899&ndash1917 (College Station: Texas A&M University Press, 1995). Stephen L. Hardin, Texian Iliad: A Military History of the Texas Revolution (Austin: University of Texas Press, 1994). Elizabeth A. H. John, Storms Brewed in Other Men's Worlds: The Confrontation of Indians, Spanish, and French in the Southwest, 1540&ndash1795 (College Station: Texas A&M University Press, 1975). Joseph Milton Nance, After San Jacinto: The Texas-Mexican Frontier, 1836&ndash1841 (Austin: University of Texas Press, 1963). James W. Pohl, The Battle of San Jacinto (Austin: Texas State Historical Association, 1989). William L. Richter, The Army in Texas during Reconstruction, 1865&ndash1870 (College Station: Texas A&M University Press, 1987). David Paul Smith, Frontier Defense in Texas, 1861&ndash1865 (Ph.D. dissertation, North Texas State University, 1987). Robert M. Utley, Frontier Regulars: The United States Army and the Indian, 1866&ndash1891 (New York: Macmillan, 1973). Robert L. Wagner, The Texas Army: A History of the 36th Division in the Italian Campaign (Austin, 1972). Richard P. Walker, "The Swastika and the Lone Star: Nazi Activity in Texas POW Camps," Military History of the Southwest 19 (Spring 1989). David J. Weber, New Spain's Far Northern Frontier (Albuquerque: University of New Mexico Press, 1979). Ralph A. and Robert Wooster, "`Rarin' For a Fight': Texans in the Confederate Army," Southwestern Historical Quarterly 84 (April 1981). Robert Wooster, "The Army and the Politics of Expansion: Texas and the Southwestern Borderlands, 1870&ndash1886," Southwestern Historical Quarterly 93 (October 1989). Robert Wooster, "Military Strategy in the Southwest, 1848&ndash1860," Military History of Texas and the Southwest 15 (1979). Robert Wooster, Soldiers, Sutlers and Settlers: Garrison Life of the Texas Frontier (College Station: Texas A&M University Press, 1987).


Civil SocietyLone Star LifeTexas History Today in Texas History: Remembering the Alamo 184 Years Later

In the Lone Star State, the phrase “Remember the Alamo!” embodies heroism, courage, and refusal to surrender, even in the face of insurmountable odds.

The Battle of the Alamo was fought on March 6, 1836, between the Republic of Texas and Mexico.

After laying siege for thirteen days, more than 1,000 Mexican soldiers led by Mexican President and General Santa Anna stormed the roughly 4-acre adobe mission, killing nearly all of the 200 Texan soldiers inside.

The Texan soldiers, however, didn’t go down without a fight.

Led by Lieutenant Colonel William Travis, among other Texas heroes like James Bowie and folklore hero, Davy Crockett, the defenders refused to retreat.

Though they had received word of Santa Anna’s approach, the Texas soldiers, which included Texans from all walks of life, including doctors and farmers, made the decision to stay and fight despite being vastly outnumbered.

After only 90-minutes, the Alamo was taken and nearly all defenders, including William Travis, James Bowie, and Davy Crockett, were killed.

With the exception of some women, children, and servants, Santa Anna ordered the execution of all prisoners, even those who reportedly surrendered.

Although the battle culminated in the defeat and massacre of the Texan soldiers inside the fort, “Remember the Alamo!” became the rallying cry of Texans as they continued their fight against Santa Anna and his Mexican forces.

Specifically, “Remember the Alamo!” became the chant that galvanized the Texas militia led by commander Sam Houston at the Battle of San Jacinto, which ultimately led to victory, independence, and the end of the Texas Revolution on April 21.

History remembers the Battle of the Alamo as the turning point in the revolution leading up to Texas independence.

Today, the San Antonio landmark originally built in the 1700s as a home for Spanish missionaries sees more than 2.5 million visitors each year and remains an indelible part of the culture and lifeblood of Texas.

Disclosure: Unlike almost every other media outlet, The Texan is not beholden to any special interests, does not apply for any type of state or federal funding, and relies exclusively on its readers for financial support. If you&rsquod like to become one of the people we&rsquore financially accountable to, click here to subscribe.


The Battle of San Jacinto

位置: La Porte
日にち: April 21, 1836
死傷者: Approximately 640 killed

The triumph of Santa Anna&rsquos army at the Battle of Coleto Creek and the deadly efficiency with which the Mexican dictator&rsquos wishes were carried out at Goliad led him to believe he really was the Napoleon of the West, a military genius on the cusp of quelling an annoying little rebellion. At the Battle of San Jacinto, he learned how wrong he was.

Santa Anna led seven hundred Mexican troops toward Harrisburg to capture officials from the Texas government. But when he arrived, he found that everyone had fled to Galveston, so he burned the town and headed toward Lynchburg. Santa Anna considered Houston a rival of no consequence. He was wrong about that too.

Houston, on the other hand, seemed destined to lead a rebellion. A man of intrigue and daring, he was intemperate, grave, and absorbed in his own vision of Manifest Destiny. He had resigned under a cloud of scandal as the governor of Tennessee lived for years with the Cherokee, who knew him as Big Drunk and come to Texas, like other rowdies and misfits, seeking redemption. But by San Jacinto, his troops were close to mutiny: Many of them thought Houston gutless, more interested in retreating than fighting.

&ldquoSan Jacinto was not so much a battle that Houston won but rather one that Santa Anna squandered,&rdquo explained Stephen L. Hardin, a professor at the Victoria College, who showed me around the battle site. A robust man with a silver beard, Hardin is the author of a history of the revolution titled Texian Iliad。 He is firmly convinced that Houston is an overrated military leader, and he spent much of our afternoon together making his case.

We were sitting on a park bench on an elevated bank overlooking Buffalo Bayou, at the edge of what would have been the Texan camp on April 20, 1836. Just behind us were paved walkways, statues, and granite markers identifying sites where various units of Houston&rsquos army camped. One marked the spot where Santa Anna surrendered to a wounded Houston. Off to our right, rising out of the marsh like a black hulk from hell, was the battleship テキサス、 which is berthed near where Juan Seguín&rsquos men would have pitched their tents. Except for the misplaced battleship, the park seemed to be an attractive and friendly place to contemplate history, here among a thick grove of oaks that gave the Texan army an advantage over the Mexican cavalry. Hardin is a battlefield purist, however, and he was disgusted by the way the site had been turned into a patriotic shrine. &ldquoThis isn&rsquot a monument, though that&rsquos what everyone calls it,&rdquo he fumed. &ldquoIt&rsquos a damn battleground!&rdquo

Directing my attention to the bayou, Hardin reminded me that the waterway was much narrower in 1836. &ldquoI think Houston was trying to find a way not to fight this battle,&rdquo Hardin told me. &ldquoI think it crossed his mind that he had time to build a bridge for his retreat across the bayou. United States Army units were stationed on the Sabine, and if Santa Anna got too close, they would move into Texas to defend U.S. sovereignty.&rdquo

&ldquoWouldn&rsquot that have changed the whole dynamics of the revolution?&rdquo I suggested.

&ldquoYou&rsquove heard the expression &lsquoI&rsquom a Texan first and an American second&rsquo?&rdquo Hardin replied. &ldquoWell, that applies to me. Houston, on the other hand, was an American first. If U.S. troops had entered the battle, Texas would have joined the Union immediately, and we never would have been a republic. Those ten years as a republic explain the exceptionalism that is the core of the Texas character.&rdquo

Hardin believes that all great battles have a crossroads. Houston&rsquos army came to just such a point soon after marching away from Groce&rsquos plantation, on the Brazos River. The men were spoiling for a fight Houston had other plans. Meanwhile, Santa Anna and his troops were headed for the coast.

Photograph of the battlefield, with the towering San Jacinto Monument in the background. Photograph by Jeff Wilson

Houston&rsquos fateful crossroads was an intersection near the town of Hempstead. The north road led to Nacogdoches and safety, the south road to Harrisburg and the enemy. As they approached the intersection, men began shouting, &ldquoTo the right, boys! To the right!&rdquo The small band of musicians leading the column made the turn without waiting for Houston&rsquos orders.

&ldquoOld Sam knew that if he took the north road, he would travel alone,&rdquo Hardin told me. &ldquoThe army led him toward the enemy against his will.&rdquo

So that I could better appreciate what it was like to be part of the battle, he walked me along the swampy path the Texan army took as it advanced on the Mexican position. Crossing Battleground Road, we headed in the direction of the San Jacinto Monument (as Miss Bayless never tired of reminding us, at nearly 570 feet, it is the tallest masonry column in the world). It rises from the crest of a ridge that gave cover to the advancing rebel army. The grounds crew had mowed a wide strip along the route, but Hardin insisted that we thrash through the tall grass, as Houston had.

I also wanted to appreciate the battle from Santa Anna&rsquos point of view, so we headed toward the far side of the field. There were no walkways or statues at the Mexican camp, no gravestones marking the 630 soldiers who were killed.

The Mexicans never saw the Texans coming. Santa Anna had expected Houston to attack on the evening of April 20, so he kept his troops up all night building barricades and breastworks. He then prepared for an attack at dawn, but that didn&rsquot happen either. At about nine o&rsquoclock in the morning on April 21, Mexican reinforcements arrived, hungry and exhausted. As shadows began to fall across the field late in the afternoon, Santa Anna gave an order to stand down. The men collapsed on their blankets, and according to legend&mdashwhich Hardin disputes&mdashSanta Anna went off to his tent to entertain a mulatto beauty who later became known as the Yellow Rose of Texas.

&ldquoIt drives me crazy to hear people say that Houston held off his attack until the Mexicans took their siesta,&rdquo Hardin told me.

&ldquoYeah, I remember my Texas history teacher telling us, &lsquoIsn&rsquot that just like a Mexican?&rsquo &rdquo I replied.

The battle began at about four-thirty with a deadly shower from the Twin Sisters, a pair of cannons donated to the rebel cause by the people of Cincinnati. At the same time, Mirabeau Lamar&rsquos horsemen charged on the Mexicans&rsquo left flank, and a four-piece band broke into its version of &ldquoWill You Come to the Bower?&rdquo Houston, mounted on his great stallion, Saracen, led rebel infantrymen as they swarmed the camp, mowing down the Mexicans before they could reach their weapons. Santa Anna had made the mistake of positioning his troops with their backs to the marsh, so there was no retreat.

The battle lasted just eighteen minutes, though the killing went on for hours. With memories of the Alamo and Goliad still searing, the bloodthirsty rebels committed atrocities every bit as deplorable as the Mexicans had. Mexicans fleeing into the woods were hunted down and slaughtered. Some were scalped. Others ran into a shallow pond called Peggy Lake. Rebel soldiers pursued and stood at the water&rsquos edge, shooting them for sport.

Hardin and I stood on the banks of the water for a time, trying to reconcile the price of liberty with the horror of this kind of warfare. As my friend Stephen Harrigan once observed in this magazine, &ldquoThe Texas Revolution, for all its airs, was in its darkest aspects a mean little race war.&rdquo It didn&rsquot start that way. It started as a rebellion against Santa Anna&rsquos rule. But Harrigan was right: In time it became something else.


Texas History Today in Texas History: John Henry Moore Leads Texian Militia at Battle of Gonzales

John Henry Moore led the ragtag Texian militia at the nearly bloodless and rather anticlimactic Battle of Gonzales — of “ Come and Take It ” fame.

But his path to Gonzales was a strange one.

Growing up in Rome, TN, Moore was like many of the men who eventually played a role in the Texas Revolution: young, brash, and in a hurry.

In 1818, after becoming burned out by studying Latin at college, Moore absconded to Texas — only to be dragged by his ear back to Tennessee by his father.

But even a father’s austerity could not squash the allure of Texas as Moore later left Tennessee for the state in which he’d spend the rest of his life.

Moore was granted a league, 4,428 acres of land away from the river, and a labor, 177 acres of land adjacent to the river together with his partner Thomas Gray. The pair were part of Stephen F. Austin’s original 300 Texans.

The two farmed and ranched their parcel together along with Gray’s daughters and the four slaves between them.

In modern day La Grange, Moore built a twin blockhouse and dubbed it, fitting and pithily, “ Moore’s Fort .” He married Eliza Cummins and together they had seven children, one of whom died in infancy while another lived to see a new century.

His first military action pitted him against American Indian tribes, such as the Waco and Tawakoni tribes, in the years that would lead up to the Texas Revolution.

As tensions bubbled up between Texas and Mexico, and not one to hold his tongue, Moore unabashedly backed Texian independence. So outspoken was Moore that his arrest was ordered by Martín Perfecto de Cos, Mexican President Antonio López de Santa Anna’s enforcer sent to curb the Texian unrest.

In the burgeoning fall of 1835, Moore was dispatched to Gonzales as Mexican forces rushed to confiscate a cannon from the Texians — one of enduring renown.

Accounts vary of just who came up with the iconic “Come and Take It” banner — a simple cannon insignia sandwiched by a lone star and the words which bear its name. But one of the theories holds that it was Moore’s brainchild.

Regardless, the banner would not be Moore’s most significant contribution to the spark that lit the fuse of the Texas Revolution.

Rather than sit back and wait, Moore ordered the militia attack the Mexican Army at dawn, taking them by relative surprise. The attack, coupled with the cannon’s boom, caused Captain Francisco Castañeda to request a ceasefire, upon which he and Moore conferred.

The main divide in Mexico and its territories was between its government’s, led by Santa Anna, preference for centralization and those outside the capital city’s, like the Texians, preference for federalism.

Disdain for a far-off power’s controlling edicts is a frequent theme to revolutions. The Texan one, just as the American Revolution 60 years prior, exemplified this as much as any.

Castañeda informed Moore he was a federalist but had to follow orders. And so, Moore returned to his line and ordered the Texians to fire on the Mexican regulars. Further following orders, Castañeda did what he could to avoid open conflict, retreating after suffering two losses to his opposition’s zero.

This enraged Santa Anna, something he viewed as a personal affront, who then ordered the full-scale invasion of Texas — which directly fed his ordered brutality at the Alamo and Goliad .

Moore was elected a colonel of the Texian Army and served in the new nation’s council of war during the revolution. A field report by Moore shows one of his responsibilities: head counting.

Austin even tasked him with forming his own pistol and double-barrel shotgun-wielding cavalry unit.

Moore remained in military service after Texas secured its independence at the Battle of San Jacinto , defending, at the personal direction of then-President Sam Houston, San Antonio from Indian and Mexican attack.

An 1842 letter from Moore to Edward Burleson, congratulating him on being selected Brigadier General for his volunteer force, shows the worries Texans faced of a potential second invasion by the Mexican forces.

This conflict would culminate in the Mexican-American War only a few years later, after which Texas joined the United States of America.

Later in life, in 1861, Moore joined the now-fabled 8 th Cavalry, dubbed “Terry’s Texas Rangers” but was too aged to fight. Instead, he sold war bonds. During the Civil War, Moore lost much of his possessions — mostly due to the freeing of his slaves.

In 1880, Moore died and was buried in his family cemetery just north of La Grange, but his grave marker was incorrectly dated 1877.

Moore planted roots in Texas and played a direct part in the reshaping of the American continent. It’s a legacy enshrined in the iconic banner which beamed overhead his militiamen in Gonzales 185 years ago today.

And it’s a legacy bookended by the peculiarity life often produces. What began with a schoolboy’s scorn ended with a graveyard gaffe, yet the pages in between convey lightyears more about John Henry Moore.

Disclosure: Unlike almost every other media outlet, The Texan is not beholden to any special interests, does not apply for any type of state or federal funding, and relies exclusively on its readers for financial support. If you&rsquod like to become one of the people we&rsquore financially accountable to, click here to subscribe.


1836 The Battle of San Jacinto

During the Texan War for Independence, the Texas militia under Sam Houston launches a surprise attack against the forces of Mexican General Santa Anna along the San Jacinto River. The Mexicans were thoroughly routed, and hundreds were taken prisoner, including General Santa Anna himself.

After gaining independence from Spain in the 1820s, Mexico welcomed foreign settlers to sparsely populated Texas, and a large group of Americans led by Stephen F. Austin settled along the Brazos River. The Americans soon outnumbered the resident Mexicans, and by the 1830s attempts by the Mexican government to regulate these semi-autonomous American communities led to rebellion. In March 1836, in the midst of armed conflict with the Mexican government, Texas declared its independence from Mexico.

The Texas volunteers initially suffered defeat against the forces of Santa Anna–Sam Houston’s troops were forced into an eastward retreat, and the Alamo fell. However, in late April, Houston’s army surprised a Mexican force at San Jacinto, and Santa Anna was captured, bringing an end to Mexico’s effort to subdue Texas. In exchange for his freedom, Santa Anna recognized Texas’s independence although the treaty was later abrogated and tensions built up along the Texas-Mexico border.


1836-1844

Texans rebel against government of Mexico revolution ends at Battle of San Jacinto.

Sam Houston becomes first president of Republic of Texas.

Republic of Texas constructs Forts Little River, Houston, and Colorado to protect the northern and western frontiers of white settlement.

A large force of Indians, mostly Comanches, attack a private fort built by Silas and James Parker near the upper Navasota River. Silas and two women are killed, his daughter Cynthia Ann (9), son John (6), Mrs. Elizabeth Kellogg, Mrs. Rachel Plummer and her son James are carried away.

Mirabeau B. Lamar, second president of the Republic of Texas, convinces Texas Congress to move capital from Houston to Austin, near what is then the northwestern frontier of white settlement.

Lamar sends a large force to evict Cherokee and Kickapoo villagers from Texas. Cherokee Chief Bowl (Duwali) is killed in the ensuring battle near the upper Neches River. As a group of Cherokees tries to reach Mexico, a battle near the San Saba River ends the effort and the Cherokee War in Texas.

A force of rangers under John H. Moore, and Lipan allies under Chief Castro, attack a Comanche camp near the San Saba river, but loses its horses and is forced to retreat.

A battle near the present-day city of Temple between a ranger force under Capt. John Bird and a group of Indians results in the deaths of Bird and a Comanche chief.

A negotiation with Comanche chiefs in San Antonio results in the battle known as the "Council House Fight."

In retaliation for the deaths of most of their chiefs in San Antonio, hundreds of Comanches sweep through central Texas, attacking Victoria and Linnville, on the Gulf Coast.

Indians returning from the raid on Victoria and Linnville are intercepted by a force of rangers and militia at Plum Creek and suffer severe losses.

Moore leads a punitive expedition of rangers and Lipans against a Comanche camp on the upper Colorado River. An estimated 125 men, women, and children are killed and 500 horses captured.

A policy of offering land for colonization is adopted, ultimately resulting in The Peters Colony contract (north Texas), Castro Colony contract (west and south of San Antonio) and Fisher-Miller Grant (hill country).

A large militia force attacks a group of Indian villages on Village Creek near the upper Trinity River. The Indians, estimated at more than 1,000, subsequently abandon the area. Fort Bird is established nearby as the most northwesterly white outpost on the frontier. The subsequent town of Birdville serves as the Tarrant County seat from 1849 to 1856.

Sam Houston, elected to a second term as president, orders government moved temporarily from Austin to Houston to reduce vulnerability to Mexican army.

Mexican forces under Generals Rafael Vasquez and Adrian Woll retaliate for Texan expedition to Santa Fe by invading Texas and occupying San Antonio.

A series of negotiations, known as the Tehuacana Creek Councils, results in treaties of commerce with numerous Indian bands, including southern Comanches. The trade relationships help reduce frontier warfare for a short period.

John Coffee Hays' 14-man ranger company attacks a Comanche raiding party under Yellow Wolf near the Guadalupe River. Yellow Wolf, a number of other Indians, and one ranger are killed. The battle is fought on horseback and is believed to be the first such matching the rangers' Colt revolvers against Comanche lances.



コメント:

  1. Bryant

    スタイルとファッションに関するテーマ別のオンラインマガジンでは、現代のファッションに関する資料や記事に精通することができます。私たちの写真は読書プロセスを明るくし、あなたに喜びを与えます。当サイトは定期的に更新されており、新しい記事や写真を掲載しています。

  2. Elihu

    気付いていません

  3. Keril

    それは驚くべき、非常に便利な作品です

  4. Ethelbert

    Yandexブログのブロゴスフィアのパルスに従ってください。ソサ・ソーラが彼女の秘密の成分を明らかにしたことがわかりました!これらはワームです:)

  5. Orick

    私には素晴らしい考えのようです

  6. Eliot

    あなたが言うこと

  7. Tzion

    お詫び申し上げますが、私の意見では、あなたは間違っています。ポジションを守ることができます。



メッセージを書く