軍の階級の装置としてシェブロンの使用が始まったのはいつですか?

軍の階級の装置としてシェブロンの使用が始まったのはいつですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

米国、連邦、およびその他の特定の軍隊では、シェブロンは下士官のランクデバイスとして使用されます。この練習がいつ始まったのか興味があります。歴史的に、19世紀まで、ランクデバイスは、異なる色またはスタイルの鎧、衣類、頭飾り、またはその他の装身具であるように見えました。


1812年の米英戦争百科事典によると:政治的、社会的、軍事的歴史:

1802年、イギリスは下士官の階級を区別するためにシェブロンのシステムを導入しました…伍長は2つのシェブロンを着用し、軍曹は3つを着用しました…曹長とクォーターマスター軍曹は4つのシェブロンを身に着けていました。選ばれた男の階級は…単一のシェブロンを持っていました…ランス伍長の階級に進化しました…

イギリス海兵隊は1810年に続き、陸軍の階級と記章を採用しました。

ナポレオンフランス軍は、上腕にシェブロンを使用して退役軍人のステータスを示しました。1つのシェブロンは5〜15年の勤務を示し、2つのシェブロンは15〜20年の勤務を示し、3つのシェブロンは20年以上の勤務を示しました。ランクは袖口のストライプで示されていました。

フランス軍は1914年以前にランクにシェブロンを導入しましたが、一部のユニットのみでした。正確な時期を見つけるのに苦労しています。

米陸軍は1847年にシェブロンを導入しました。以前は、ボタンの配置と袖口のひもを組み合わせてNCOランクを示していました。

シェブロンの世界的な普及に関しては、イギリス人は彼らの植民地の多くに地方連隊を設立し、あらゆる種類の伝統とシンボルを導入しました、そしてこれらはイギリス人がもはや支配しなくなった国でさえぶらぶらしているようです。国々が他のさまざまな植民地勢力からの独立を獲得するにつれて、彼らはおそらくイギリスとアメリカの軍隊からシェブロンと他の記章をコピーしました。


アメリカ海兵隊の階級記章

任命された将校は、他の将校と区別されます 手数料は、米国大統領の名前で発行された正式な書面による権限であり、海兵隊の将校の地位と権限を付与します。任命された将校は、米国大統領の「特別な信頼と信頼」を持っています。 [1]任命された将校のランクは、さらに将官、フィールドグレードの将校、および企業グレードの将校に細分されます。海兵隊は海軍省の下にある独立した海軍サービスであるため、海兵隊の最高のビレット、海兵隊の司令官、および海兵隊の副司令官は、法律により、4つ星のランクです。 [2]

米国国防総省
有料グレード
O-1 O-2 O-3 O-4 O-5 O-6 O-7 O-8 O-9 O-10
NATOコード OF-1 OF-2 OF-3 OF-4 OF-5 OF-6 OF-7 OF-8 OF-9
記章
常装の記章
題名 少尉 中尉 キャプテン 選考科目 中佐 大佐 准将 少将 中将 全般的
略語 2ndLt 1stLt 大尉 マジ LtCol 大佐 BGen MajGen LtGen Gen

准尉は、専門分野とスキルのリーダーシップとトレーニングを提供します。他の国の軍隊(准尉を下士官に相当するものとしてランク付けする)とは異なり、米軍はその准尉に令状と任務を与え、それらをすべての入隊した階級(将校候補を含む)、士官候補生、と准尉。准尉は将校レベルの技術専門家であるため、通常、専門外の指揮をとることはありません。准尉は主に下士官(SNCO)のランクから来ています。

MOS 0306「歩兵兵器将校」に所属する准尉CWO2–CWO5は、彼の階級に代わるものではない特別な称号「海兵隊砲手」を持っています。海兵隊の砲手は、左首輪の准尉の記章を爆弾の記章に置き換えます。他の准尉は時々誤って「ガンナー」と呼ばれます。

米国国防総省の賃金等級 W-1 W-2 W-3 W-4 W-5 マリンガンナー
記章
NATOコード WO-1 WO-2 WO-3 WO-4 WO-5
記章
題名 准尉1 准尉2 准尉3 准尉4 准尉5
略語 WO CWO2 CWO3 CWO4 CWO5

賃金等級がE-4およびE-5の入隊海兵隊員は下士官(NCO)であり、E-6以上の海兵隊員は下士官(SNCO)です。 [3] E-8およびE-9レベルには、それぞれ給与等級ごとに2つのランクがあり、それぞれが異なる責任を負っています。砲術軍曹(E-7)は、年次評価(「フィットネスレポート」と呼ばれる)で、優先するプロモーショントラックであるマスター軍曹またはファースト軍曹を示します。ファーストサージェントとサージェントメジャーのランクは、コマンド指向のシニア入隊アドバイザーであり、これらのランクの海兵隊は、ユニット内のシニア入隊海兵隊として機能し、規律、管理、および士気と福祉の問題で指揮官を支援する責任があります。ユニット。マスター軍曹とマスター砲術軍曹は、特定のMOSの職業スペシャリストとして技術的リーダーシップを発揮します。曹長は通常、会社、砲台、または同様の階層の他の部隊で上級入隊した海兵隊員として機能し、曹長は大隊、戦隊、またはより大きな部隊で同じ役割を果たします。 [4]

海兵隊の曹長はビレットであり、海兵隊の司令官によって個人的に選ばれた、海兵隊全体の上級入隊海兵隊に授与される特別な階級章が付いています。 [5]それとマリンガンナーは、伝統的な階級章の代わりに修正された階級章を評価する唯一のビレットです。 [ 要出典 ]


軍の階級の装置としてシェブロンの使用が始まったのはいつですか? - 歴史

旧軍団入隊ランク 1798 -- 1958 特に明記されていない限り、以下の情報は、米国海兵隊の入隊ランク記章1798--1958 *からのものです。 Michael O'Quinlivan、Historical Branch、G-3 本社米国海兵隊 ワシントンDC。 1959年6月 *注:大陸海兵隊が着用している階級章に関する情報はありません。 1798年7月に海兵隊が議会によって再建されたとき、軍曹は各肩に1つずつ、伍長は左肩に1つずつ、絹の肩章によって非任務の階級が示されました。 1804年に、肩章は軍曹と伍長のために黄色の絹の肩の結び目に置き換えられました。
1年後、軍曹は、プルームを帽子に固定するために他の入隊した男性が着用したものと同様の革の花形帽章を彼に許可することで、さらなるランクのマークが与えられました。追加の区別として、軍曹は帽子の左側に彼の羽を着ていましたが、他の入隊した男性は帽子の前に彼らの羽を着ていました。

軍曹と伍長の階級の記章としての肩の結び目は、軍曹のプルームが追加されて1833年まで有効でした。その年、軍曹とクォーターマスター軍曹の4つのボタンでドレスユニフォームの非委任階級のシンボルが表示されました。 、他の軍曹用の3つのボタンと、伍長と民間用の2つのボタン。さらに、肩章の梳毛の黄色いフリンジは、事実上、修正された肩章であり、すべての下士官に処方されました。 1833年は、入隊した海兵隊の制服にシェブロンが登場した年でした。下士官のこのおなじみのシンボルは、もともと海兵隊に、少尉と少尉の下着の袖にポイントダウンで着用された「角度」の形で現れました。シェブロンは1833年にサバルタンのユニフォームから脱落し、勤続年数の象徴として入隊しました。4年間の勤続ごとに、1つのシェブロンが肘の上に上向きに着用されました。後に海兵隊の精勤章として使用されることになっていた同様に馴染みのある「ハッシュマーク」も、1833年に入隊したユニフォームに初登場しましたが、皮肉なことに、疲労ユニフォームの階級の記章として登場しました。 -軍曹と伍長はそれぞれ肘の下に2本の縞と1本の縞を着ていました。

指定は1859年まで普及しました。その年に発行された統一規則は、現在まで一般的に普及していたパターンを設定するため、下士官のランク記号に関して歴史的に非常に重要です。 1859年に、下士官のマークとして、袖の縫い目から縫い目まで伸びる、幅1/2インチの「ポイントアップ」黄色レースシェブロンのバリエーションが確立されました。曹長の場合、クォーターマスター軍曹の緋色の地面に3つのシェブロンと3つの弧があり、ドラムメジャーの緋色の地面に3つのシェブロンと3つのバーがあり、5つの尖った星のある緋色のラウンドに3つのシェブロンと3つのバーがありました。最初の軍曹の中央には、他の軍曹の場合は3つのシェブロン、3つのシェブロン、そして体の場合は2つのシェブロンの角度で、すべて赤で縁取られた分離したロゼンジがあります。

新しい階級の挿入とフィールドサービスの記章の導入を除いて、1859年の規則は、第一次世界大戦と小さなシェブロンの採用まで実質的に変更されていませんでした。海兵隊の制服に関するフィールドサービスの記章が最初に言及されたのは1900年の規則でしたが、これらの記章はスペイン戦争中に海兵隊によってフィールドで使用されていました。初期の形では、これらのサービスの記章は、「夏の服を脱ぎ、キャンペーンコートに着用された灰色のリネンブレードの規制シェブロンで構成されていました。

スペイン戦争の時からさかのぼる新しい階級は、1900年の規則にも登場しました-砲術軍曹。砲術軍曹に処方された元の記章は短命であり、外観は海兵隊の記章の中で独特でした。砲術軍曹に処方された設計は、3つの山形と3つの棒で構成され、中央に「応用学校の装置」(地球儀、錨、鷲の後ろにある交差したライフルと艦砲)がありました。 (ここをクリック!)この記章は、1904年の規則の次の改訂で、砲術軍曹が伝統的に知られることになっていた設計、3つの角度に設定された緋色のフィールドでの爆弾と交差したライフルに取って代わられました。シェブロン。 (ここをクリック!)

特徴的な記章によって認識される次のランクは、1908年に、クオーターマスター軍曹の記章の中央に着用される羽ペンが交差する金貨の山を表す装置を与えられた、ペイマスター部門での奉仕のために詳述されたクオーターマスター軍曹のランクでした。 。 1908年の規制では、ドラマーとトランペット奏者を区別する装置も規定されていました。ドラマーは両方の袖に交差したドラムスティックのペアを着用し、トランペット奏者は紺色の地面にトランペットを着用しました。 1908年にオリーブドラブがカーキ色のユニフォームに着用したときのシェブロンの色としてマリンの記章でデビューしたときに、フィールドサービスの記章がさらに変更されました。

海兵隊のユニフォームの次の主要な改訂は1912年に行われました。入隊した階級の記章の基本的な構成を継続しながら、それにもかかわらず、変更は、今日まで普及している前例を確立する際に1859年の規則に従ってランク付けする必要があります。他の変更を必要とした1912年の規制における革新の基本は、今では伝統的な「マリングリーン」の冬のフィールドサービスユニフォームの採用でした。ドレスと冬のサービスの両方に使用されていた古い青いユニフォームからこの根本的な逸脱をしました。新しい形と色の記章が規定されました。1912年以前は、フィールドユニフォームに着用されていた記章は、素材と色を除いてドレスユニフォームとまったく同じでした。新しい規則では、シェブロン、アーク、バーの幅を狭くすることが求められていました。 1/2から3/8インチまで、そして現在着用されているドレスとサービスシェブロンに非常に似た新しいデザイン。緑の冬のサービスユニフォームの採用とともに、緋色の裏地に緑の色をノンコムシェブロンも1912年に採用されました。緋色のドレスシェブロンの古い金のサイズと形状は1912年に変更されていませんでしたが、ダイはケースであり、次の統一規則の完全な改訂までにn年後、優雅な幅広のドレスシェブロンは、サービスシェブロンに適合するように切り詰められ、再設計されました。これらの基本的な革新とは別に、1912年の規制は下士官の基本的なシンボルにほとんど変更を加えませんでした。

初めて下級伍長の記章が処方されました-右袖に1つのシェブロンを着用します。入隊した階級の記章の次の重要な改訂は、1912年に発足したサービスの記章と同じパターンのドレスの記章の採用により1922年に行われました。緋色の金、ドレスの記章の伝統的な色は変わりませんでしたが、カーキの濃い緑色サマーサービスのユニフォームの色は、1908年以来使用されていたカーキの古いオリーブドラブを置き換えました。紺色の地面に交差したライフルで構成される珍しいバッジがプライベートファーストクラスのランクに採用されました。軍曹の階級は、1922年の基本規則で認められるには遅すぎました。この階級の記章は、1924年に、3つの山形と1つの弧で構成されるように規定されました。

20代半ばに下士官のいくつかの新しい階級が追加されたため、記章に多くの変更が加えられ、1929年の統一規則に反映されました。最も重要な変更は、それまで実質的に同じままであったクォーターマスター軍曹の記章に加えられました。 1859年に採用されたデザイン。伝統的にクォーターマスター軍曹をマークしていたおなじみの3つのシェブロンと3つのバーが、新しく作成されたマスターテクニカルサージェントのランクに与えられました。中央に車輪が付いた3つのシェブロンと3つのバーがクォーターマスター軍曹の新しい記章になり、中央に盾が付いた3つのシェブロンと3つのバーが、副官および検査官部門の任務に割り当てられたクォーターマスター軍曹の記章になりました。 1908年にペイマスター部門での奉仕のために詳述されたクォーターマスター軍曹に採用された記章(金貨の山に羽ペンを重ねた3つのシェブロン)は、1929年に新しく作成されたペイマスター軍曹に正式に割り当てられました。 1929年に登場したもう1つのまったく新しい記章は、補給軍曹の記章でした。中央に車輪が付いた3つのシェブロンと2つのバーです。 1929年の規則では、最初の軍曹と砲術軍曹の記章がそれぞれ2つの弧を追加することで変更され、1859年以来中央に星が付いた3つの山形と3つの棒で構成されていたドラムメジャーの記章が変更されました。 1本のバーの取り外し。下級伍長の1シェブロンの記章は、上等兵に再割り当てされました。

1934年から1937年の間に、多数の階級と称号がありました。これらのいくつかには、特定の短命の記章が処方されていましたが、システムは明らかに非常に複雑になり、どこかで停止を呼び出さなければなりませんでした。海兵隊のための統一規則の次の発行は、入隊したタイトルごとに個別のシンボルを確立しようとするのではなく、単純さを強調しました。このように、1937年に、入隊した階級の記章が賃金等級に従って設定されました。記章の3つの基本的なタイプが規定されました:プレーンシェブロン、バー付きシェブロン、アーク付きシェブロン。ここでは、ラインとスタッフの明確な区別が初めて提供されました。これらの新しい簡略化された記章の割り当ては次のとおりです。

1年生、ライン(3つの山形と3つの弧):
曹長
マスター砲術軍曹
1年生、スタッフ(3つのシェブロンと3つのバー):
二等軍曹
二等軍曹(混乱)
クォーターマスター軍曹
ペイマスター軍曹
2年生、ライン(3つのシェブロンと2つの円弧):
最初の軍曹
砲術軍曹
2年生、スタッフ(3つのシェブロンと2つのバー):
二等軍曹
二等軍曹(ペイマスター部門)
二等軍曹(混乱)
ドラムメジャー
軍曹を供給する
3年生、ライン(3つのシェブロンと1つの弧):
小隊軍曹
3年生、スタッフ(3つのシェブロンと1つのバー):
軍曹(事務)
軍曹(機械)
軍曹(混乱)
4年生(3つのシェブロン):
軍曹
混乱した軍曹
チーフクック
ドラム軍曹
トランペット軍曹
5年生(2つのシェブロン):
伍長
伍長を台無しにする
フィールドクック
ドラム伍長
トランペット伍長
6年生(1つのシェブロン):
プライベートファーストクラス
アシスタントクック
ドラマーファーストクラス
トランペット奏者ファーストクラス

階級や肩書きではなく賃金等級によって記章を割り当てるシステムは、第二次世界大戦中も有効でした。戦争中に構造に変更がありましたが(たとえば、最初の軍曹は1943年に最初の賃金等級に上がりました)、新しい役職が追加されました(たとえば、スチュワードとスチュワードのアシスタント)、記章は一定のままでした。
(ここをクリック)


ランク構造の完全な刷新が1946年の後半に行われ、賃金等級内の過剰な称号が等級ごとに1つに削減されました。この再編成は、1937年に確立された記章システムにほとんど影響を与えませんでしたが、スタッフまたは技術ランクで識別されるようになった古いスタイルの「正方形」シェブロンからバーが削除されました。このようにして、現在使用されている記章の基本システムが確立されました。

1年生(3つの山形と3つの弧):
曹長
2年生(3つのシェブロンと2つの弧):
二等軍曹
3年生(3つのシェブロンと1つの弧):
軍曹
4年生(3つのシェブロン):
軍曹
5年生(2つのシェブロン):
伍長
6年生(1つのシェブロン):
一士

1946年から現在までの間に、海兵隊の階級章の歴史に起こった重要な変化は3つだけでした。 1954年12月、新たに復活した曹長と最初の軍曹の記章が承認されました。それぞれ、中央に星とひし形が付いた3つの山形と3つの弧です。
同時に、シェブロンのストライプのサイズは、当時の3/8インチの幅ではなく、第一次世界大戦の1/2インチの幅に戻りました。第二次世界大戦で育った袖に階級章を描く手順に代わって、ユーティリティユニフォームの襟に階級のシンボルとして着用する金属製のシェブロンの使用も承認されました。
注:1959年の入隊ランク構造を表示するには-現在、CLickHere!

これはの拡張/衛星サイトです ガニーGの海兵隊

Webサイト ディック・ゲインズGySgt USMCRet。 (1952--72) 戻る:GunnyGのホームページこのページはNetscapeNavigatorGoldで作成されました


軍の階級と記章に関する民間人の入門書

あなたが私のような普通の民間人であるなら、あなたは軍隊に多くの敬意を払っているかもしれませんが、あなたは軍隊の文化についてあまり知りません。たとえば、軍の階級。テレビ、本、映画のおかげで、そして私の人生のすべてをアメリカに住むことによってエーテルから物を吸収するだけで、私は軍のさまざまな部門でランキングがどのように機能するかについて少し学びました。しかし、私の知識はかなり大雑把でした。肩の星は制服を着た人が将軍であることを意味し、袖の単一のシェブロンは彼らがプライベートであることを意味していると言えますが、それはそれについてです。

軍の階級は、自分が軍隊に所属していない場合に知っておく必要のあることではないと思うかもしれませんが、伝記や軍事史の本をたくさん読んでいる私は、迷子になって少し混乱していることに気づきました。さまざまなランクが投げかけられたり、あるランクから次のランクに移動することの重要性、または特定の人物が別の人物に対して持っていた、または持っていなかった権限。

そこで私は、米軍のさまざまな支部の階級、それぞれの記章、そしてこの記章を見つけるために制服を探す場所について調べて学ぶことにしました。言わざるを得ないのですが、これは私がしばらくの間行った中で最も実り多い知識構築の演習の1つであり、歴史的な読書ですでに見返りが見られます。そして、私が軍隊のメンバーに遭遇した場合、彼らが階層のどこに位置するかを一目で知ることができることを知ってうれしいです。

調査の過程で、十分に包括的で有用であると判断したランク付けのガイドが実際には存在しないことを発見しました。それで、私は自分で作成して、それをあなたの仲間の無知な民間人全員と共有することに決めました。テンハット!そして読んでください。

アメリカ合衆国陸軍の階級と記章

どこを見れば

階級章が体に配置される軍のすべての部門では、2つの要因に依存します:1)ユニフォームのタイプ(戦闘、服装など)、および2)個人が入隊しているか役員であるか。

すべてのブランチは、両方の要因に関してほぼ同じパターンに従いますが、いくつかの微妙な違いがあります。

戦闘服

胸の中心: 彼が将校であろうと入隊したものであろうと、兵士のランクは戦闘服の胸の真ん中にあるパッチになります。

常装

入隊: 両方の袖。

役員:肩。海兵隊と空軍は制服の肩にあるピンを使用して将校のランクを示していますが、陸軍は海軍と同様の肩板を使用しています。彼らは、役員のランクが刺繍された生地です。

陸軍入隊ランクと記章(最低から最高へ)

ランク記章
プライベート
一士
スペシャリスト
伍長(伍長以降、すべての下士官は下士官と見なされます。大統領からの委任によって権限を受け取る下士官とは異なり、下士官は単に下士官から権限を取得します。)
軍曹
軍曹
一等軍曹
曹長
最初の軍曹
曹長
曹長
陸軍最先任曹長

陸軍准尉の階級と記章

准尉は技術指導者および専門家です。諜報、航空、憲兵の准尉がいます。彼らは任命された将校と同じ誓いを立てますが、彼らは任命された将校の下にランクされています。

ランク記章
准尉
准尉2名
准尉3名
准尉4名
准尉5人

陸軍士官ランクと記章

委任された役員は、米国大統領から権限を受け取り、エグゼクティブリーダーシップトレーニングに参加します。

陸軍の元帥の最高ランク、またはしばしば「5つ星の将軍」と呼ばれるものは戦時中のランクであることに注意してください。現在、米軍では活動しておらず、20世紀半ばから開催されていません。同じことが空軍の将軍と米海軍の艦隊提督にも当てはまります。

ランク記章ショルダーボード
少尉
中尉
キャプテン
選考科目
中佐
大佐
准将
少将
中将
全般的
元帥

アメリカ海兵隊の階級と記章

どこを見れば

戦闘服

入隊および将校: 襟。入隊者と将校の両方にとって、階級章は戦闘服の襟に固定されています。入隊したランキングの記章はブラックメタルです。士官ランキングの記章は、守備隊が野外で黒く落ち着いている間、磨かれたピンです。

サービスユニフォーム

入隊: 両方の袖。

役員: 両方のジャケットのエポレットおよび/または両方のシャツの襟のピン。

同じプロトコルが、青いドレス、青白いドレス、赤いドレス、およびイブニングドレスのユニフォームに適用されます。入隊した海兵隊員は袖に記章を着用し、将校は肩にピンを着用します。

海兵隊の入隊ランクと記章(最低から最高へ)

ランク記章
一士
ランス伍長
伍長(これ以降、すべての階級は下士官と見なされます。)
軍曹
軍曹
砲術軍曹
曹長
最初の軍曹
マスター砲術軍曹
曹長
海兵隊曹長

海洋准尉のランクと記章

ランク記章
准尉
准尉2名
准尉3名
准尉4名
准尉5人

海兵隊の士官ランクと記章

ランク記章ショルダーストラップ
少尉
中尉
キャプテン
選考科目
中佐
大佐
准将
少将
中将
全般的

アメリカ合衆国空軍の階級と記章

どこを見れば

空中戦闘服

入隊: 両方の袖には、入隊したエアマンのランクの黒い刺繍パッチがあります。

役員: 衿の両サイドには階級章が刺繍されています。

常装

入隊: 両方の袖。ユニフォームの上袖の両方に青と白のパッチが表示されます。

役員: ショルダーピン。

空軍入隊ランクと記章(最低から最高へ)

ランク記章
エアマン
一等空兵
シニアエアマン
軍曹(これ以降、すべての階級は下士官と見なされます。)
二等軍曹
曹長
曹長
チーフマスターサージェント
コマンドチーフマスター軍曹
空軍最先任上級曹長

空軍准尉のランクと記章

空軍は1958年に准尉の等級を廃止しました。

空軍士官ランクと記章

ランク記章ショルダーストラップ
少尉
中尉
キャプテン
選考科目
中佐
大佐
准将
少将
中将
全般的
空軍の将軍

アメリカ海軍の料金と記章

どこを見れば

その豊かな航海の歴史のおかげで、海軍は、特に将校のドレスユニフォームで、ランクの表示方法に微妙な違いがあります。

ネイビーワーキングユニフォーム

入隊および将校: 胸の中央にパッチを当てます。入隊した船員と将校の両方が、作業服の胸の中央に記章パッチを縫い付けています。

海軍常装

入隊および将校: シャツの襟にピンで留めます。入隊した船員と役員の両方が、常装をしているときにシャツの襟にランクを表示します。

サービス/フルドレスブルー

入隊: 左袖にパッチを当てます。

上等兵曹: 左袖にパッチを当てます。

役員: 両方のジャケットの袖の底に縞模様。

サービス/フルドレスホワイト

入隊: 左上袖にパッチを当てます。

上等兵曹: 襟の両側のピン。

役員:肩のボード。

海軍入隊率と記章(最低から最高へ)

ランク袖の記章カラーデバイス
水兵見習い
シーマン
三等兵曹(これ以降、すべての階級は下士官と見なされます。)
二等兵曹
一等兵曹
チーフペティオフィサー(チーフペティオフィサーは下士官ですが、海軍内で別のコミュニティを形成します。シーマンがチーフペティオフィサーになる前に、多くの専門試験、ピアレビュープロセス、さらには議会による承認さえあります。 )
上級上等兵曹
マスターチーフペティオフィサー
コマンド上級上等兵曹
コマンドマスターチーフペティオフィサー
フリート/フォースマスターチーフペティオフィサー
海軍の最先任上級兵長

海軍准尉の料金と記章

ランク記章ショルダーボード
准尉2名
准尉3名
准尉4名
准尉5人

海軍士官料金と記章

ランク記章ショルダーボード
(ドレスホワイト)
袖口袖口
(ドレスブルー)
少尉
中尉
中尉
少佐
司令官
キャプテン
少将(下半分)
少将
副提督
提督
艦隊提督

米国沿岸警備隊の階級と記章

海軍のランキングや記章と非常によく似ていますが、2つのブランチを区別するためにいくつかのスタイルが変更されています。


軍の階級の装置としてシェブロンの使用が始まったのはいつですか? - 歴史

海軍の階級は見た目ほど習得するのは難しくなく、彼らを知ることであなたはトラブルから逃れることができます。

E-2 = 2ストリップ、次にE-3用にもう1つ追加します。

下士官も同じです。E-4からE-6に進むときに、シェブロンを追加するだけです。

チーフも同じようなことをします。ランクが上がるにつれて、星を追加し続けてください。チーフはアンカーを取得し、シニアチーフはスターを取得し、マスターチーフは2つ星を取得します。フリートとフォースマスターチーフは2つの別々のランクですが、同じ記章を着用しているという事実に注意してください。

あなたはそれを理解するでしょう。 2005年にRTCに着いたとき、私は下士官が何であるかさえ知りませんでしたが、私はすぐに習得でき、かなり簡単にそれを理解しました。 BootCamp4Meや他のサイトを検索しているような人にとって、皆さんは電話を超えて進んでいます。それは素晴らしいことです。だから勉強に取り掛かる。

有料グレード ランク 肩の記章 音声による説明 カラーデバイス カラーデバイスの説明
海軍の入隊ランクと記章
E-1 シーマンリクルート(SR) 記章なし 説明なし 説明なし 説明なし
E-2 シーマン見習い(SA) 2つの対角線 2つの対角線
E-3 シーマン(SN) 3つの対角線 3つの対角線
E-4 三等兵曹(PO3) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、1シェブロン とまり木イーグル、1シェブロン
E-5 二等兵曹(PO2) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、2シェブロン 止まったワシ、2つのシェブロン
E-6 一等兵曹(PO1) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、3シェブロン 止まったワシ、3つのシェブロン
E-7 チーフペティオフィサー(CPO) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、シェブロン3個、ロッカー1個 ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN
E-8 上級上等兵曹(SCPO) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、シェブロン3個、ロッカー1個、シルバースター1個 ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN、1シルバースター
E-9 最先任上級兵長(MCPO) とまり木イーグル、スペシャリティマーク、シェブロン3個、ロッカー1個、シルバースター2個 ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN、2シルバースター
E-9 コマンドチーフペティオフィサー(MCPO) とまり木イーグル、スペシャリティマークの代わりにシルバースター1つ、シェブロン3つ、ロッカー1つ、シルバースター2つ ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN、2シルバースター
E-9 フリートフォースマスターチーフペティオフィサー 止まったワシ、特別なマークの代わりに1つのゴールドスター、3つのシェブロン、1つのロッカー、2つのゴールドスター ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN、2シルバースター
E-9 海軍の最先任上級兵長(MCPON) 止まったワシ、特別なマークの代わりに1つのゴールドスター、3つのシェブロン、1つのロッカー、3つのゴールドスター ゴールドファウルアンカー、シルバースーパーインポーズドUSN、3シルバースター

いくつかの違い

海軍は、認識を助けるために低賃金の等級の色を変更します。あなたは下士官ではなく、あなたの袖にあなたの率がないので、海軍はチームでのあなたの位置を示すために色を使用します。

たとえば、あなたの仕事が飛行機で働くことだとしましょう。基本的なトレーニングを卒業するときにE-2 / E-3の場合、ユニフォームに緑色のパッチがあります。あなたが消防士または建設業者である場合も同じ違いがあります。他の誰もが白黒を取得します。

有料グレード ランク 通常のパッチ 建設業者 エアマン 消防士
海軍の入隊ランクと記章
E-2 水兵見習い(SA)
E-3 シーマン(SN)


軍の階級の装置としてシェブロンの使用が始まったのはいつですか? - 歴史

JOSHUAKARSTEN著|星条旗公開日:2019年3月26日

バーレーン、マナーマ—海軍は、月曜日に発表された新しい統一政策で概説されている他の変更の中でも、上級船員のための「不正行為」の赤い縞模様を廃止しています。

海軍作戦部長のロバート・バーク中将が署名したメッセージによると、13の変更は艦隊から受け取ったフィードバックの結果です。

6月1日以降、12年のサービスマークを超えるすべての船員は、ドレスと常装に金のシェブロンを着用することが許可されます。これは、一部の上級入隊船員が、ある時点からの不正行為の目に見える兆候として着用する赤い縞模様とはまったく対照的です。彼らのキャリア。

現在の方針では、過去12年以内に非司法的処罰または軍法会議を受けた船員は赤い縞模様を着用することが義務付けられています。すでにマイルストーンに達した船員は、さらに違反があった場合、12年の時計を再開しなければなりませんでした。各ストライプは4年間のサービスを表しており、以前はゴールドが良好な動作を示していました。

複数の入隊した船員が赤い縞模様に関連する汚名の除去を歓迎した一方で、他の船員はCNP Facebookページでファウルを叫び、彼らの金色の縞模様を名誉のバッジと見なしました。

「金色の縞模様は何かを意味します」とあるユーザーはコメントしました。 「いくつかの伝統は維持する価値があります、これはそれらの1つでした」と別の人は言いました。

「それはあなたが10年以上の間正しいことをしたと言います、そしてそれはあなたのユニフォームに反映されました」と金の縞を持っていて海軍にちょうど20年恥ずかしがり屋である上等兵曹スティーブ・オウズリーは星条旗に言いました。 「多くの場合、軍人が海軍で間違いを犯したとき、最も重要な部分はその間違いを所有し、その責任を受け入れることです。」

Another change is the authorization of the command patch to replace the left-shoulder “Don’t Tread On Me” patch, currently a standard across the fleet since the Navy transitioned to the Type III green digital camouflage uniform in 2016.

Although the command patches will be considered optional, sailors have pushed for this change as a source of pride and distinction between commands.

“I think the option for sailors to wear command or unit patches is a great, new change,” said Petty Officer 3rd Class Tristan Collop, currently serving in Bahrain. “It allows commands to wear their unit pride on their sleeves, literally.”

The design of a command logo patch must be approved by the unit’s commanding officer, the message said.

Meanwhile, the all-too common occurrence of E-4 sailors receiving salutes now has a potential remedy. Navy captains will have the option to purchase silver-thread O-6 rank insignias for the Type III uniform to distinguish them from 3rd class crows, which have a strong resemblance to the black O-6 eagle when seen at a distance.

Other items will affect female uniforms, including new slacks and skirts for chiefs and officers, flat shoes for dress uniforms and a clarification on the use of ponytails, previously ambiguous for both style and use in uniform. The message also introduced an optional-wear T-shirt for nursing sailors.

Other updates include information on mandatory sea bag items. The full message can be found at https://www.public.navy.mil.

The Navy released a new uniform policy update. Dress and service uniform gold chevrons for 12-year sailors and the long-awaited type III uniform command patches are among the list.
JOSHUA KARSTEN/STARS AND STRIPES


Navy Ratings

Rating Structure
The U.S. Navy rating structure is confusing to most people outside the organization. A brief overview of Navy enlisted rate and ratings follows. Two similar sounding terms are used to describe Navy enlisted status - rate and rating. Rate equates to military pay grade and rating is one's occupational specialty. Petty officer third class (PO3) is a rate. Boatswain Mate is a rating. Used in combination, Boatswain Mate Third Class (BM3), defines both the rate, petty officer third class, and rating Boatswain Mate.

有料グレード
Pay grade constitutes a numbering system from junior to senior, and is linear across all five branches of the U.S. military. The lowest military enlisted pay grade is E-1 and the highest E-9 in the Army as well as the Navy. Officer pay grades include W-1 through W-5 for warrant officers and O-1 through O-10 for officers. Enlisted personnel may be promoted from enlisted to warrant officer status and in some cases directly to officer status. In example, the writer served as an E-1 through E-7, W-1 through W-4, and O-2 through O-6, sixteen different pay grades in a four decade career.

Rate or rank?
Rate, such as First Class Petty Officer, describes the Navy enlisted pay grade E-6. Officers do not have rates but are said to have rank. Lieutenant (rank) describes a Naval officer of pay grade O-3. The officer's occupational specialty is described in a numerical code.

評価
A Navy rating is defined as an occupation that consists of specific skills and abilities. Each rating has its own specialty badge which is worn on the left sleeve by all qualified men and women in that field. In the Navy and Coast Guard, pay grades E-4 through E-9 fall within a rating and reflect a distinct level of achievement within the promotion pyramid.

General ratings. Broad occupational fields such as Electronics Technician, Machinist Mate or Electrician are general ratings. During World War I the Navy survived with but thirteen ratings. Through the years the Navy has used over 100 ratings with 60+ remaining in use today. In some cases ratings combine at the Senior Chief Petty Officer (E-8) or Master Chief Petty Officer (E-9) level. In example, CU Constructionman combines the Builder (BU), Engineering Aide (EA and) Steelworker (SW) Seabee ratings at the Senior Chief and Master Chief Petty Officer levels.

Service ratings
. Service ratings are sub categories of general ratings that require further specialized training and qualifications. They are established and deleted with service requirements and changes in personnel management philosophy. In example, Gunner's Mate, a general rating, has been at times divided into the service ratings of Gunner's Mate Guns (GMG) and Gunner's Mate Missiles (GMM). Service ratings are most used in the E-4 and E-5 pay grade with the ratings merging at the senior Petty Officer level.

Navy Enlisted Classifications (NEC)。 Numerical codes appended to a rating are heavily used in the modern Navy to indicate specialized qualifications. For example, a Master-at-Arms First Class with a specialty of handling drug detecting dogs, is a MA1 (2005). A list of these NEC codes is provided in the Navy Personnel Command's reference library NAVPERS 180086F. The pdf file located off site. Note: NEC's are undergoing major revision (July 2017).

Emergency ratings . Emergency ratings may be established in time of war. World War Two saw twenty-two Navy Specialist ratings and the Coast Guard used six additional Specialist ratings. The term Specialist evolved to Emergency Service Rating and finally to Emergency Rating in the thirty-two years of use. Emergency rating badges are distinguished by a letter of the alphabet enclosed in a diamond below the eagle. One example is Welfare & Recreation Leader, a "W" inside a diamond. This emergency rating most often worked with the chaplain. The rate was discontinued following World War Two. For a number of years the chaplain's assistant was a Yeoman with NEC 2525. The YN (2525) became a full fledged rating in 1979 as the present day Religious Program Specialist, RP.

Non rate
A non rate (not rated) is one serving in pay grade E-1 to E-3. The non rate is further subdivided by a general career path, aviation (airman), deck (seaman), engineering (fireman), construction (constructionman), and medical (hospitalman).

Many bluejackets enter advanced training schools following recruit training to complete the entry level requirements for a career field. Graduates are designated in an occupational specialty even though they have not achieved Petty Officer status of pay grade E-4 and up. CSSN Jane P. Jones has passed the specific career field qualifications for entry into the general rating of Culinary Specialist, but is not a petty officer. CS denotes the career field of Culinary Specialist and SN is the abbreviation for Seaman, the non rated E-3 pay grade.

Sailors who go directly to a station, ship or squadron without specialized school training following recruit training are encouraged to select a career field. Through correspondence courses provided for self study and on-the-job training (OJT), they may qualify for entry into a rating. This path is called "striking for rate." A seaman working in the deck department of a ship will by work assignment find herself most often in training for the deck rating of Boatswain Mate. Many "strikers" will venture into other departments to become a Yeoman, Damage Controlman or other rating as openings occur. Many technical ratings are restricted to formal school graduates and thereby closed to "strikers." Having experienced the width and depth of Navy life, most "strikers" become excellent petty officers.


Going to extremes

The US Army Alpha and Beta test results garnered widespread publicity and were analyzed by Carl Brigham, a Princeton University psychologist and early founder of psychometrics, in a 1922 book A Study of American Intelligence. Brigham applied meticulous statistical analyses to demonstrate that American intelligence was declining, claiming that increased immigration and racial integration were to blame. To address the issue, he called for social policies to restrict immigration and prohibit racial mixing.

A few years before, American psychologist and education researcher Lewis Terman had drawn connections between intellectual ability and race. In 1916, he wrote:

High-grade or border-line deficiency … is very, very common among Spanish-Indian and Mexican families of the Southwest and also among Negroes. Their dullness seems to be racial, or at least inherent in the family stocks from which they come … Children of this group should be segregated into separate classes … They cannot master abstractions but they can often be made into efficient workers … from a eugenic point of view they constitute a grave problem because of their unusually prolific breeding.

There has been considerable work from both hard and social scientists refuting arguments such as Brigham's and Terman's that racial differences in IQ scores are influenced by biology.

Critiques of such "hereditarian" hypotheses — arguments that genetics can powerfully explain human character traits and even human social and political problems — cite a lack of evidence and weak statistical analyses. This critique continues today, with many researchers resistant to and alarmed by research that is still being conducted on race and IQ.

But in their darkest moments, IQ tests became a powerful way to exclude and control marginalized communities using empirical and scientific language. Supporters of eugenic ideologies in the 1900s used IQ tests to identify "idiots", "imbeciles", and the "feebleminded." These were people, eugenicists argued, who threatened to dilute the White Anglo-Saxon genetic stock of America.

Compulsory sterilization in the US on the basis of IQ, criminality, or sexual deviance continued formally until the mid 1970s when organizations like the Southern Poverty Law Center began filing lawsuits on behalf of people who had been sterilized. In 2015, the US Senate voted to compensate living victims of government-sponsored sterilization programs.


Add one rank level for each set of chevrons. For example, three wings denotes an E-4 Senior Airman.

Make note of the chevrons being added on top of the Air Force insignia. Once five chevrons have been added to the middle and bottom of the insignia to denote the rank of E-6 Technical Sergeant, ranks will then fill in additional chevrons on top of the insignia. Again, each chevron indicates another increase in rank. For example, five chevrons on the middle and bottom and two above the insignia for a total of seven chevrons indicates the rank of E-8.


Union Troops Capture Atlanta

With the outcome of the Civil War still in doubt, the North turned its hopes to Ulysses S. Grant, who in March 1864 was given command of all Union armies and promoted to lieutenant general, a rank last held in wartime by George Washington. In this capacity, Grant came up with a plan to attack the Confederacy simultaneously on multiple fronts, using 𠇊ll parts of the army together.” 

He participated in the so-called Overland Campaign himself, in which a large Union force engaged Confederate General Robert E. Lee in several bloody battles around Richmond, Virginia, the Southern capital. But after suffering an estimated 55,000 casualties (killed, wounded and missing) in just a few weeks, Grant was forced to back off and initiate a siege of Petersburg, Virginia, a rail hub that Richmond depended on for supplies. 

Smaller Union forces fared no better on Virginia’s Bermuda Hundred peninsula and in the Shenandoah Valley, whereas a planned offensive against Mobile, Alabama, never even got off the ground following the disastrous Red River Campaign in Louisiana. To add insult to injury, Confederate raiders in July came within a hair’s breadth of entering Washington, D.C.

William T. Sherman (center, with arm on cannon) surveys the field during the siege of Atlanta.

Only a campaign against Atlanta seemed to be making progress. Under General William T. Sherman, the successor to Grant as the top Union commander in the West, about 100,000 men departed Chattanooga, Tennessee, in May, heading south along a railroad line. In their way stood some 63,000 troops led by Confederate General Joseph E. Johnston, who took up a series of strong defensive positions only to retreat each time after being outflanked by long, roundabout Union marches. 

Wary of engaging his numerically superior opponents head on, Johnston tried to goad them into attacking. This strategy worked once, as his trench-protected soldiers cut down roughly 3,000 northerners who charged up Kennesaw Mountain on June 27, while losing fewer than 1,000 of their own. 

But neither this setback nor near-daily skirmishes prevented Sherman from continuing his advance, oftentimes through heavy rain, including one storm in which a single lightning bolt killed or wounded 15 of his men. By the second week of July, Sherman’s force had reached the outskirts of Atlanta, then a city of around 20,000 that served as a rail hub and manufacturing center.

Lieutenant General John Bell Hood

Fed up with the constant withdrawals, Confederate President Jefferson Davis replaced Johnston on July 17 with the aggressive General John B. Hood, whose right leg had been amputated at the Battle of Chickamauga and whose left arm had been permanently crippled at the Battle of Gettysburg. True to form, Hood decided not to rely on the extensive defensive fieldworks ringing Atlanta, which had been built largely by slave labor, and instead went on the attack. 

His first offensive took place on July 20, when he attempted to drive back one of the three armies under Sherman’s command as it crossed Peachtree Creek. But although the Union force bent, it ultimately held its position, suffering about 1,700 casualties while inflicting at least 2,500.

Undeterred, Hood targeted a second Sherman army two days later in what would become known as the Battle of Atlanta. Prior to the fighting, he sent thousands of men on a secret, overnight march around the Union’s left flank. Despite arriving into position hours later than planned, they caught their opponents by surprise. 

The delay proved costly, however, because Union commanders had readjusted their troops that morning. As a result, they were able to meet certain Confederate divisions head-on rather than being attacked from the side or rear. During the course of the battle, the southerners launched assault after assault from seemingly all directions, killing high-ranking General James B. McPherson and briefly breaching the Union line. Yet the Yankees rallied under McPherson’s replacement, General John A. 𠇋lack Jack” Logan, and when darkness fell the rebels were no closer to dislodging them. 

Once more, the Confederates suffered more casualties than their Northern counterparts𠅊n estimated 6,000 compared to 3,700𠅊 particularly devastating outcome considering their already limited manpower.

Major General James B. McPherson was the second highest ranking Union officer killed during the war.

On July 28, Hood initiated still another battle, his third in nine days. But his troops were defeated again at Ezra Church, an encounter that cost him some 3,000 men, in contrast to only 632 on the Union side. With it now clear that Hood could no longer effectively confront Sherman in the field, the Yankees stepped up their artillery bombardment of Atlanta and maneuvered to cut its railroad supply lines. 

Once the last line fell in the midst of a fourth Union victory𠅊rguably the most one-sided yet—Hood evacuated the city on September 1, blowing up a long munitions train on the way out so that it wouldn’t fall into enemy hands. As Yankee troops prepared to pour in the following day, Atlanta’s mayor officially surrendered. 𠇊tlanta is ours, and fairly won,” Sherman boasted in a telegram.

Just a few weeks earlier, President Lincoln had doubted his re-election chances. “I am going to be beaten𠉪nd unless some great change takes place, badly beaten,” he purportedly told a White House visitor. Yet the capture of Atlanta, along with a subsequent Union victory in the Shenandoah Valley, completely changed the national mood. Lincoln would go on to win 55 percent of the popular vote and all but three states that November, receiving overwhelming support from the armed forces. 

Meanwhile, Sherman’s troops were still in Atlanta, deporting over 1,600 of the city’s remaining civilian residents and destroying factories, warehouses and railroad installations, along with numerous private homes. “If the people raise a howl against my barbarity and cruelty,” Sherman wrote to another general, “I will answer that war is war and not popularity-seeking.”

Rather than spend much time chasing Hood, who was attacking his supply line from Chattanooga to Atlanta, Sherman decided to press onward. On November 15, he and some 60,000 men set out on their so-called March to the Sea, in which they wrecked railroad tracks, pillaged and otherwise terrorized Georgia’s populace from Atlanta to Savannah. 



コメント:

  1. Ryton

    申し訳ありませんが、私はあなたを助けることができません。あなたは正しい解決策を見つけると思います。

  2. Ket

    私の意見では、間違いがありました。

  3. Orham

    これには何かがあります。それを手に入れました、情報をどうもありがとう。

  4. Hallam

    あなたは確かに正しいです。その中で何かが私も思う、それは素晴らしい考えだと思います。



メッセージを書く