イングランドタイムラインのヘンリー7世

イングランドタイムラインのヘンリー7世


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

  • 1455 - 1487

    イギリスの薔薇戦争。

  • 1457年1月28日

    ウェールズのペンブローク城でのヘンリーチューダー、将来のイギリスのヘンリー7世の誕生。

  • 1485 - 1509

  • 1485年8月8日

    ヘンリーチューダー、将来のイギリスのヘンリー7世は、南ウェールズのミルフォードヘブンにフランスの傭兵の軍隊と共に上陸します。

  • 1485年8月22日

  • 1485年10月30日

    ウェストミンスター寺院でのイギリスのヘンリー7世の戴冠式。

  • 1486

    フランシス・ラヴェル子爵は、イングランド南東部でイングランドのヘルニーVIIに対して失敗した反乱を主導しています。

  • 1486年1月18日

    イングランドのヘンリー7世は、イングランドのエドワード4世の娘であるヨークのエリザベスと結婚します。

  • 1487年6月16日

    イースト・ストークの戦いで、偽装者のランバート・シムネルが率いるイギリスのヘンリー7世に対する反乱が打ち負かされました。

  • 1489 - 1492

    イギリスのヘンリー7世は、ブルターニュのフランスからの独立を守るために部隊を派遣します。

  • 1489

    イングランドのヘンリー7世に対する反乱は、ヨークシャーのサースクで鎮圧されました。

  • 1489年3月

    イギリスのヘンリー7世とアラゴンのフェルナンド2世は、子供たち、アーサー王子とアラゴンのキャサリン王女が将来結婚するように手配します。

  • 1491年6月28日

    将来のイギリスのヘンリー8世はグリニッジ宮殿で生まれます。

  • 1497

    イギリスのヘンリー7世は、ジョン・カボットの北アメリカ東海岸への先駆的な航海を支援しています。

  • 1497年10月

    偽りのパーキン・ウォーベックが率いるイギリスのヘンリー7世に対するコーンウォールでの反乱は鎮圧された。

  • 1498

    探検家のジョン・カボットは、北アメリカの東海岸への2回目の航海を行います。その結果は不明です。

  • 1499

    イギリスのヘンリー7世の王位を装ったパーキン・ウォーベックが処刑される。

  • 1501年11月14日

    イギリスのアーサー王子とアラゴンのキャサリン王女が結婚します。

  • 1502

    イギリスのヘンリー7世の長男で後継者であるアーサー王子が亡くなりました。

  • 1502年4月2日

    キャサリン・オブ・アラゴンの最初の夫であるイギリスのアーサー王子が病気で亡くなりました。

  • 1502年9月

    イギリスのヘンリー7世は、次男ヘンリー(将来のイギリスのヘンリー8世)が将来、アラゴンのキャサリンと結婚するように手配します。

  • 1509年4月21日

    イギリスのリッチモンド宮殿でのイギリスのヘンリー7世の死。

  • 1509年6月24日

    ウェストミンスター寺院でのイギリスのヘンリー8世の戴冠式。


イングランドタイムラインのヘンリー7世-歴史

生まれ1457年1月28日 で生まれたペンブローク城
死亡しました1509年4月21日 埋葬ウェストミンスター寺院
父親チューダー、エドマンド(リッチモンド伯) 母親ボーフォート、レディマーガレット
前任者リチャード(III、イングランド王1483-1485)成功 ヘンリー(VIII、イングランド王1509-1547)
ロイヤルハウス チューダー タイトルが含まれます 1485年からのイングランド王

将来のイギリス王ヘンリー7世であるエンリーチューダーは、1457年1月にペンブローク城で生まれました。彼はエドマンドチューダーのリッチモンド伯爵とマーガレットボーフォート夫人の息子でした。エドマンドテューダーは、イギリス国王ヘンリー5世と結婚したフランスのキャサリンの息子でした。エドマンド・テューダーの父はヘンリー5世ではなく、キャサリンがヘンリー5世の死後に結婚したオーウェン・テューダーでした。ヘンリー・チューダーのイギリス王位への主張は、キャサリン・スウィンフォードとの結婚を通じてエドワード3世の息子ジョン・オブ・ゴーントの直系の子孫である、母親の側であるボーフォートのマーガレット夫人にありました。この簡略化された家系図は、マーガレット夫人からエドワード3世へのリンクを示しています。

エドワード(III、イングランド王1327-1377)
b.1312
d.1377
フィリッパ(ハイノーの)
b.1314
d.1369
ジョン(ランカスター公爵、ゴーントの)
b.1340
d.1399
キャサリン・スウィンフォード
b.1350
d.1403
ジョン・ボーフォート(サマセット公1世)
d.1410
オランダ、マーガレット
b.1385
d.1439
ジョン・ボーフォート(サマセット第一公爵)
d.1444
マーガレット・ビーシャン(Bletsoeの)
b.1410
d.1482
ボーフォート、レディマーガレット
b.1441
d.1509
チューダー、エドマンド(リッチモンド伯)
d.1456
ヘンリー(VII、イングランド王1485-1509)
b.1457
d.1509

エドマンド・テューダーは、1455年にマーガレット夫人と結婚したのは12歳のときでした。エドマンドが1年後に捕われの身で死んだとき、マーガレット夫人は彼らの最初の子供、ヘンリーを期待していました。ヘンリーの初期の頃は、叔父のジャスパーテューダーとペンブルック伯爵と過ごしました。 1471年、ヘンリー6世とプリンスオブウェールズが殺害され、ランカスター朝が敗北した後、ヘンリーチューダーはランカスター家の長であることに気づきました。彼がイギリスに留まるのは危険だったので、ヘンリーとジャスパー・テューダーはイギリスの王位を主張するチャンスを待つためにブルターニュに逃げました。

ヘンリーチューダーは1485年8月にフランスのシャルル8世から兵士と船のためにウェールズのミルフォードヘブンに上陸しました。数日以内に彼の軍隊はシュルーズベリーに到着し、支援を得て、8月22日にボスワースの戦いでリチャード3世を破りました。

イングランドの王位に対するヘンリーの主張だけではありませんでした。リチャード3世には、甥のエドワード、ワーウィック伯爵がいました。


ヘンリー7世

公衆がチューダーについて尋ねられるとき、彼らはヘンリー8世について話すためにいつでも頼ることができます、 エリザベス そして当時の素晴らしいイベント アルマダ おそらく、または 多数の妻。しかし、王朝の創設者であるヘンリー7世に言及する人を見つけることはまれです。ヘンリーチューダーは、その後に続く彼の王朝のどれよりも、あらゆる点で刺激的であり、間違いなくより重要であると私は信じています。

ヘンリーチューダーは劇的な状況で王位に就き、戦場で現職の君主リチャード3世を無理矢理死に至らしめました。 14歳の少年として、彼はイギリスをブルゴーニュの比較的安全な場所に逃げました。イギリスの王位を主張する最強のランカスター朝の主張者としての彼の立場が、彼が留まるのは危険すぎたのではないかと恐れていました。彼の亡命中、薔薇戦争の混乱は続いたが、ランカスター朝がヨーク朝のエドワード4世とリチャード3世から王位に就くための支援は依然として存在した。

この支持を得ることを望んで、1485年の夏にヘンリーはイギリス諸島に向かう彼の軍隊の船でブルゴーニュを去りました。彼は彼の故郷であり、彼と彼の軍隊を支援する拠点であるウェールズに向かった。彼と彼の軍隊は8月7日にペンブロークシャー海岸のミルベイに上陸し、内陸に進軍し、ロンドンに向かってさらに移動するにつれて支援を集めました。

ヘンリー7世はボスワースの戦場で戴冠しました

1485年8月22日、両者はレスターシャーの小さなマーケットタウンであるボスワースで会い、ヘンリーが決定的な勝利を収めました。彼は新しい君主、ヘンリー7世として戦場で戴冠しました。戦いの後、ヘンリーはロンドンに向かって行進しました。その間、バージルは全体の進歩を説明し、ヘンリーは「勝利を収めた将軍のように」進んだと述べ、次のように述べました。

「遠く離れた人々は道端に集まり、彼を王として敬礼し、彼の旅の長さを荷を積んだテーブルと溢れるゴブレットで満たして、疲れた勝利者がリフレッシュできるようにしました。」

ヘンリーは24年間統治し、その間にイギリスの政治情勢は大きく変化しました。ヘンリーにとって安全な期間はありませんでしたが、直前の期間と比較してある程度の安定性があると言えます。彼は慎重な政治的操作と決定的な軍事行動を通じて外国勢力からの偽装者と脅威を見送り、1487年に薔薇戦争の最後の戦いであるストークの戦いに勝利しました。

ヘンリーは力ずくで王位を獲得しましたが、相続を通じて正当で議論の余地のない相続人に王冠を渡すことができると決心しました。この目的で彼は成功し、1509年に亡くなったとき、息子であり相続人であるヘンリー8世が王位に就きました。しかし、ボスワースの戦いを取り巻く事実と、ヘンリーがイングランド王の役割を引き受けることができた迅速さと明らかな容易さは、しかしながら、彼の治世の直前と最中に存在する不安定さの全体像を示していません。また、この「スムーズな」継承を達成するためにヘンリーと彼の政府によって行われた作業もありません。

ヘンリー7世とヘンリー8世

ヘンリーの王位への主張は「恥ずかしいほど細く」、根本的な立場の弱さに苦しんでいました。リドリーはそれを「彼と彼の支持者がそれが何であるかを明確に述べたことは決してないほど不十分である」と説明しています。彼の主張は彼の家族の両側から来ました:彼の父はオーウェンチューダーとヘンリー5世の未亡人であるキャサリン女王の子孫であり、彼の祖父は高貴な出生でしたが、この側の主張はまったく強くありませんでした。マーガレット・ボーフォートはジョン・オブ・ゴーントとキャサリン・スウィンフォードの曾孫であり、彼らの子孫は議会によって合法化されていたが、王冠を継承することを禁じられていたため、母親の側では事態はさらに複雑でした。 。しかし、彼が王と宣言されたとき、彼が正当な王であり、彼の勝利が彼を神によってそのように裁かれたことを示したとして、これらの問題はある程度無視されたようです。

ロードスが説明するように、「リチャードの死はボズワースの戦いを決定的なものにしました」彼の死は子供を持たず、彼の甥であるリンカーン伯爵として彼の相続人を明らかにしました。彼の王位が安全な王位になるために、ガンはヘンリーが「良い統治が必要であった:効果的な正義、財政の慎重さ、国防、王室の素晴らしさの適合、そして公益の促進」をどのように知っていたかを説明します。

その「財政の慎重さ」は、おそらくヘンリーが最もよく知られているものであり、子供たちの韻「6ペンスの唄を歌う」に影響を与えています。彼は、同時代の人々によってコメントされた彼の貪欲で有名でした(またはそれは悪名高いはずです):「しかし、彼の晩年には、これらの美徳はすべて貪欲によって隠され、彼は苦しみました。」

ヘンリーはまた、彼の陰鬱な性格と彼の政治的洞察力で知られていますが、ごく最近まで、この評判は彼を軽蔑のメモで見られるようになりました。新しい奨学金は、王の評判を退屈なものから英国の歴史における刺激的で決定的なターニングポイントの評判に変えるために働いています。この重要性のレベルについての合意は決してありませんが、これは歴史とその議論の方法ですが、これはそれをさらに面白くし、この忘れられがちな、しかし真に極めて重要な君主と個人の知名度を上げるものです。


ヨーク朝の陰謀

しかし、ヘンリーの王位は決して安全ではありませんでした。多くの影響力のあるヨーク家は政権の変化に取り憑かれ、失望しており、ボスワースの決定が必ずしも最終的なものではないように、生きた記憶の中で非常に多くの運命の逆転があった。ヨーク朝の不満は、イングランド北部とアイルランドで強みを持ち、リチャード3世の姉妹マーガレット(ブルゴーニュのダウジャー公爵夫人)に強力な同盟国を持っていました。ヨーロッパのすべての勢力は、ヘンリーが生き残る能力を疑っており、ほとんどの人が彼に対して原告を保護することをいとわなかった。したがって、王は彼の治世のほぼ終わりまで陰謀に悩まされていました。

1486年にリチャード3世の侍従長であったラヴェル卿の最初の上昇は準備が整っておらず、重要ではありませんでしたが、1487年にはランバートシムネルのはるかに深刻な反乱が起こりました。リチャード3世の兄、ジョージ、クラレンス公の息子であるワーウィック伯爵のエドワードであると主張し、リチャード3世の相続人であるリンカーン伯爵、多くのアイルランドの首長たちのジョン・ド・ラ・ポールの手ごわい支援を受けました。ブルゴーニュのマーガレットによって支払われた2,000人のドイツの傭兵。反乱軍はストーク(ノッティンガムシャーのニューアーク近くのイーストストーク)での激しい戦いで敗北しました(1487年6月)。そこでは、一部の王室軍の疑わしい忠誠心が、ボスワースでのリチャード3世の困難を彷彿とさせます。ヘンリーは、シムネルが単なるだまされていたことを認識し、王室の厨房で彼を雇いました。

それから1491年にさらに深刻な脅威が現れました:エドワード4世の次男であるリチャードになりすますためにマーガレットによって指導されたパーキンウォーベック。フランス、オーストリアのマクシミリアン1世、オランダの摂政(1493年の神聖ローマ皇帝)、スコットランドのジェームズIV、そしてアイルランドとイギリスの両方の強力な男性によって、パーキンは3回イギリスに侵攻しました。ヘンリーはまた、1497年にハンプシャーのボーリューで捕らえられました。ヘンリーは、イングランドに逃亡し(1499)、マクシミリアンに支援されたエドワード4世の妹エリザベスの長男であるサフォーク伯爵のエドマンドデラポールの反逆にも心配していました。間違いなく、プロッターは1500年と1502年のヘンリーの息子と、1503年の妻の死に勇気づけられました。ヘンリーがついに安全を感じることができたのは、1506年にロンドン塔でサフォークを投獄したときでした。彼が死んだとき、彼の唯一の生き残った息子、ヘンリー8世は、反対の息をすることなく彼を引き継ぎました。


英国について少し

これは、1485年のヘンリー7世のボスワースでの勝利から、1603年の孫娘エリザベス1世の死まで、チューダー朝の英国のタイムラインです。

1485
ヘンリーチューダーは、ボスワースの戦いで勝利した後、イギリスのヘンリー7世になります。
|
1487
ランバート・シムネルは、エドワード4世の息子のふりをして、王位に挑戦します。反乱軍はノッティンガムシャーでのイーストストークの戦いで敗北し、シムネルは王室の厨房で仕事を与えられました。
|
1492
より広い文脈で –クリストファー・コロンブスが日本ではなくバハマに到着。
|
1495
アバディーン大学が設立されました。
|
1497
ヘンリー7世の委託により、ジョン・カボット(ベネチア人、ジョヴァンニ・カボト)がニューファンドランドを発見しました。
|
1503
スコットランドのジェームズ4世は、イギリスのヘンリー7世の娘であるマーガレットと結婚します。
|
1509
ヘンリー8世はアラゴンのキャサリンと結婚し、イギリスの王になります。
|
1512
フランスとスコットランドとの戦争でイギリス。
|
1513
スコットランドはイングランドに侵攻し、フロドゥンの戦いで敗北しました。スコットランドのジェームズ4世は殺された人々の1人です。
|
1517
より広い文脈で、ヴィッテンベルクで、マルティン・ルターは彼を釘付けにしました 95論文 オールセインツ教会のドア、または シュロス教会、ローマカトリック教会の過剰と腐敗に疑問を投げかける。
|
1519
より広い文脈で –ポルトガルの探検家フェルディナンドマゼランは、スペインが後援する遠征隊を率いて、世界一周を初めて実現しました。
|
1521
教皇レオ10世は 信仰の擁護者 またはイギリスのヘンリー8世の「信仰の擁護者」。英国が主にプロテスタントの土地になったにもかかわらず、歴代の英国の君主はイングランド国教会の長としてこの用語を使い続けています。
|
1522-25

フランスとの戦争でイギリス。
|
1526
ドイツのワームズで、ジョン・ティンデールは新約聖書の翻訳を英語で出版しています。
|
1528
スペインとの戦争でイギリス。
|
1529
ヘンリー8世がウォルシー枢機卿からハンプトンコートを奪取。
|
1530
ウォルシー枢機卿の死。
|
1533
トマス・クランマー大司教はヘンリー8世とキャサリン・オブ・アラゴンの結婚を無効にし、ヘンリーはアン・ブーリンと結婚します。
|
1534
国王至上法-ヘンリーはイングランド国教会の長になります-英国宗教改革の公式の始まり。
|
1535
イギリスの修道院解散が始まります。トマス・モア卿が処刑されます。
|
1536
アン・ブーリンが処刑される。ヘンリー8世はジェーンシーモアと結婚します。
恩寵の巡礼–ヘンリー8世の宗教改革に対する、特にヨークシャーでの反乱。
最初の「ウェールズ法」は、イングランドとウェールズの間の「連合法」と誤って呼ばれることが多く、マーチャーロードを廃止し、ウェールズの行政区域と議員を設立し、ウェールズの行政と法律を英語と調和させることを目的としていました。
|
1537
ジェーン・シーモアは息子、将来のエドワード6世を出産して亡くなりました。
|
1539
ヘンリー8世の英語での聖書の出版。
|
1540
ヘンリー8世はアン・オブ・クレーヴズと結婚して離婚します。宗教改革の主任建築家であるトマス・クロムウェルが処刑される。ヘンリーは、5番目の妻であるキャサリンハワードと結婚します。
|
1541
ヘンリー8世は彼自身をアイルランドの王にします。
|
1542
イギリス軍はソルウェイモスで侵略したスコットランド軍を打ち負かしました。
キャサリンハワードが処刑される。
|
1543-51
乱暴な求愛-ヘンリーの暴力的で失敗した試みは、息子のエドワードを将来のスコットランドの女王メアリーと結婚させることによってスコットランドとの同盟を強制する試みでした。
|
1543
2番目の「ウェールズ法」は1536年法の規定を強化しました。イギリスはフランスと戦争をしていました。ヘンリー8世は最後に結婚しました-キャサリンパーは彼を生き延びました。
|
1547
ヘンリー8世が死去。エドワード6世がイングランド王になります。新しい王はイギリス国教会を改革し、それをよりプロテスタントにすることを決意しています。
|
1549
最初の統一法は、イングランドとウェールズ全体の標準的な礼拝形式である聖公会祈祷書を制定します。
ノーフォークのケットの乱–当時のいくつかの反乱の中で最大のものであり、主に家主の共有地の囲い込みに抗議しています。反乱軍はイングランドの2番目の都市であるノリッジを占領しましたが、最終的には敗北しました。
|
1553
エドワード6世が死去。ジェーン・グレイ夫人は無冠でした 9日間の女王 ヘンリー8世とアラゴンのキャサリンの娘であるメアリーが王位に就く前に。メアリーはイギリスをローマカトリックに戻す決心をしている。プロテスタントは迫害され始めます。
|
1554
メアリーはスペイン国王フィリップ2世と結婚します。
ワイアットの乱–イギリスがスペインに支配されるのではないかという恐れから生じた。ジェーン・グレイ夫人は予防措置として処刑されます。
|
1555
著名なプロテスタント教会員のヒュー・ラティマーとニコラス・リドリーが火刑に処せられました。
|
1556
元大司教クランマーは火刑に処せられた。
|
1557
フランスとの戦争。
|
1558
カレーはフランスに占領され、イギリスはもはやフランスに領土を持っていません。メアリーが死ぬ。ヘンリー8世とアンブーリンの娘であるエリザベスは、イギリスのエリザベス1世になります。
|
1559
熱狂的なプロテスタントのジョン・ノックスが亡命からスコットランドに戻る。イギリスでは、聖公会祈祷書が再び唯一の合法的な礼拝形式になり、カトリックの大衆は今後違法になります。
|
1562
キャプテンジョンホーキンスはカリブ海でアフリカの奴隷を販売しています。
|
1566
エディンバラのホリールード宮殿での、スコットランドの女王の秘書、メアリー、リッツィオの殺害。
|
1567
スコットランドの女王メアリーは、リーベン湖の城に投獄されています。
|
1568
ラングサイドの戦いで敗北したスコットランドの女王メアリーは、イギリスに逃亡した。
|
1569
イギリスの北部反乱。
|
1570
教皇はエリザベス女王を異端者と宣言し、彼女を非難します。
|
1572
フランシス・ドレークがスパニッシュ・メインを襲撃します。
|
1576
マーティンフロビッシャー卿は北西航路を探します。
|
1579-83
アイルランドの反乱。
|
1580
フランシス・ドレークは世界一周を経てイギリスに戻る。
|
1583
エディンバラ大学が設立されました。
|
1584
バージニアの植民地化。エリザベス女王はウォルターローリーに、遠隔地、異教徒、野蛮な土地の探検と植民地化を許可する憲章を与えます。
|
1586
ウォルター・ローリーは、タバコ、トウモロコシ、ジャガイモを英国に紹介します(少なくとも、それ以前にこの国ではタバコが知られていた可能性があります)。
|
1587
エリザベスを暗殺し、彼女をメアリーに置き換えるいくつかの計画の1つであるバビントン事件に関与した結果として、フォザリンゲイ城でスコットランドの女王メアリーが処刑された。
|
1588
スペインの艦隊–イングランドへの侵攻の試みは、より良いリーダーシップと悪天候の組み合わせによって阻止されています。
|
c1590
シェイクスピアの戯曲の初演-おそらくヘンリー6世、パートI、2、3。
|
1600
英国東インド会社がその憲章を受け取ります。
|
1601
エセックス伯爵の反乱
|
1603
エリザベス1世が死ぬ。イギリスの王位は、イギリスのジェームズ1世、イギリスの最初の王となるスコットランドのジェームズ6世に捧げられます。


ヘンリー8世の署名

「私たちは、神の苦しみによって、過去にイングランドの王とイングランドの王には、神以外の優れた者がいなかったのです」ヘンリー8世

「男が兄の妻を連れて行くとしたら、それは汚れたものです。彼らは子供がいないでしょう」ヘンリー8世(以前に兄のアーサー王子と結婚していたアラゴンのキャサリンから離婚を求める正当な理由として、聖書、レビ記、XX、21を引用)

。私の恋人の腕の中で(特に夜)自分自身を願うために、そのかわいいアヒル[胸]私はすぐにキスを信頼します -ヘンリー8世(アン・ブーリンへのラブレター)

「あなたは私にフランダースの牝馬を送ってくれました!」-ヘンリー8世王(4番目の妻になろうとしていたアン・オブ・クレーヴズとの最初の出会いで)


イギリスのヘンリー7世

ヘンリー7世&#160(ウェールズ語:&#160ハリ・トゥドゥル 1457年1月28日-1509年4月21日)は、1485年から彼の死まで、イングランド王、ノルマンディー、アンジュー、ガスコーニュ-アキテーヌ、アイルランドの領主でした。彼はテューダー朝の最初の君主でした。彼はとして知られていました ハリ・ファウル (アンリ大王)ウェールズと ヘンリールグラン ノルマンディーでは、イギリスにはそのような形容詞はありませんでしたが

ヘンリーは、彼の軍隊がボズワースの戦いでキングを破ったときに王位に就きました。これは、バラの戦争の集大成です。彼はイギリスの最後の王であり、戦場で王位を獲得しました。彼は、リチャードの兄弟の娘であるヨークのエリザベスと結婚することによって彼の主張を固めました。ヘンリーは内戦後のイギリス君主制の権力と安定を回復することに成功しました。彼はフランス戦争を続け、最終的に彼自身と国のための利益でそれらを終わらせました、年内に、彼は3つの新しい王国を獲得しました(彼は以前に支配しましたが、実際には王国としてではありませんでした)。

ヘンリーは、多くの行政的、経済的、外交的イニシアチブで評価されています。彼の「支持政策」と「イングランドの羊毛産業」と「低国」との対立は、英国経済全体に長期的な利益をもたらしました。彼は細部に非常に細心の注意を払い、惜しみなく費やす代わりに、新しい収入を上げることに集中しました。彼の死後の委員会は、徴税プロセスで広範囲にわたる虐待を発見したが、新しい税金は政府の財政を安定させた。ほぼ24年の治世の後、彼は息子のヘンリーVIIIに平和的に引き継がれました。


3.彼は、エドワード4世の娘であり、リチャード3世の姪である、ヨークのエリザベスと結婚することによって主張を確保しました。

彼は戴冠式が終わるまでエリザベスと結婚しませんでした。戴冠式は彼が自分の権利で支配したことを強調しました。しかし彼は、結婚がそれほど極端ではないヨーク家の何人かを満足させ、チューダー王の受け入れにつながることを望んでいた。

結婚は1486年1月18日にウェストミンスター寺院で行われました。彼らはさらに大家族を持ち、将来のヘンリー8世を含む4人の子供が成人期まで生き残った。

ヨークのエリザベス、ヘンリー7世の妻、エドワード4世の娘。


チューダーズ:王朝を形作った51の瞬間

チューダーは歴史上最も有名な王朝の1つであり、ヘンリー8世、アンブーリン、エリザベス1世などに人気があります。この時代を形作った最も重要な瞬間は何ですか。チューダー時代にまたがるこのタイムラインでは、歴史家のトレイシーボーマンが、1485年から1603年までの51の重要なイベントを選択しています…

このコンテストは終了しました

公開日:2021年2月16日午前6時18分

1485年のボズワースの戦いでのヘンリー7世の勝利から、エリザベス1世のまばゆいばかりの治世まで、歴史家トレイシーボーマンによるこの年代順のガイドは、最も重要な51の瞬間を通してイギリスで最も有名な王朝の歴史を描いています。チューダー時代を形作った手ごわいキャラクターと重要なイベントについて学ぶために読んでください…

ボズワースの戦い

1485年8月22日

チューダー時代は、レスターシャーの遠隔地で始まりました。ボズワースの戦いは、ヨーク朝の王リチャード3世の勢力を、ランカスター朝の挑戦者であるヘンリーチューダーの勢力と戦わせました。リチャードの治世は、12歳の息子と相続人であるエドワード5世の少数派の間に彼を護国卿に任命した弟のエドワード4世の死からわずか2年前に始まりました。しかし、リチャードはすぐにエドワードと彼の弟を宣言しました。非合法であり、彼自身のために王位を主張しました–彼らは後に塔の王子として知られるようになりました。 2人の少年は、1483年の夏にロンドン塔で姿を消し、ほぼ確実に死刑に処されました。その命令については、まだ熱心に議論されています。

その後の混乱は、翼で待っていたヘンリーチューダー(またはブルターニュ)にチャンスをもたらしました。王位への彼の主張は希薄でしたが、彼は生き残った数少ないランカスター朝の子孫の一人であり、侵略のためにできる限りの支援をしました。彼の軍隊は国王の軍隊よりもかなり数が多かったが、リチャードは戦闘の途中で陣営を変えた強力なスタンレー兄弟の裏切りによって元に戻された。彼は戦いの最中にハッキングされて死んだ。伝説によると、彼の王冠はサンザシの茂みの下で発見され、王と宣言されたヘンリー7世のヘンリーチューダーにもたらされました。

ヘンリー7世はヨークのエリザベスと結婚します

1486年1月18日

ヘンリーチューダーはボスワースで勝利したかもしれませんが、王位を保持することは決して安全ではありませんでした。彼の被験者の多くは彼を皇位簒と見なし、彼よりも間違いなく強い血の主張を持つ他の請求者がいました。ヘンリー自身の主張は、彼の不屈の母親、マーガレットボーフォート夫人の側にありました。彼女はジョン・オブ・ゴーントの曾孫であり、エドワード3世の4番目の息子であり、彼の3番目の妻(そして長年の愛人)であるキャサリン・スウィンフォードでした。しかし、キャサリンはまだジョンの愛人であったときにヘンリーの曽祖父を出産していたので、ヘンリーの主張は非嫡出でした。それは彼が痛々しいほど気づいていたことであり、それは彼をライバルの主張者、特にヨーク朝の子孫の主張者についてますます妄想的にさせるでしょう。

したがって、ヘンリー7世は、その家の花嫁と結婚することによって、新しいチューダー朝の正当性を高めることにしました。そして候補者の中の首長は、エドワード4世の長女であるヨークのエリザベスでした。エリザベスの美しさと王族の血は、過去に他の求婚者を魅了していました。おそらく、ボスワースの直前に彼女と結婚することを計画していたと噂されていた彼女の叔父、リチャード3世を含みます。エリザベスは彼のチューダーのライバルにとって優れた選択であることが証明されました。結婚式からわずか8か月後、彼女は息子のアーサーを出産しました。さらに6人の子供が続き、そのうち3人は成人期まで生き残った。チューダー朝が確立されました。

ストークフィールドの戦い

1487年6月16日

ライバルの原告に関するヘンリー7世の妄想は、彼の治世が進むにつれて強くなりました–正当な理由があります。彼の加入に至るまでの30年間、王冠の手が何度も変わるのを見ており、この最新の王が彼が奪った王よりも長く生き残ることを疑う理由はありませんでした。ヘンリーの権威に対する最初の深刻な挑戦は、1487年に10歳のふりをしたランバートシムネルの形で起こりました。少年がエドワード4世の息子に似ていることに気づき、シムネルの家庭教師であるリチャードサイモンズはキングメーカーになることを決心しました。最初、彼はシムネルを、タワーに姿を消した2人の王子の末っ子であるヨーク公リチャードになりすますことを計画しました。しかし、王子が殺害されたという噂を聞いたとき、彼は少年の身元をエドワード4世の兄弟ジョージの息子であるクラレンス公エドワード伯爵に切り替えました。

ヘンリー7世は、ワーウィックをロンドン塔に閉じ込める予防策を講じていましたが、シモンズは彼が逃げ出したという噂を広めました。ヨーク家に同情する人々からの支持を得て、彼は少年をアイルランドに連れて行き、侵略軍を集め始めました。シムネルの軍隊は、ワーウィックの叔母であるヨークのマーガレットによって送られた2,000人のフランドル、ドイツ、スイスの傭兵に支えられて、1487年6月5日にランカシャーに上陸しました。バラの戦争の戦い。ヘンリーはシムネルを許し、彼を台所で唾を吐くようにした。

ヘンリー8世が生まれる

1491年6月28日

1491年までに、ヘンリー7世は彼の王位をより安全に感じる理由がありました。彼は彼の権威に対する初期の脅威を見送り、ヨークのエリザベスとの結婚は、いくぶん不利なことに、愛の一致のようなものに成長しましたが、男性の相続人と娘のマーガレット・チューダーを生み出しました。さて、エリザベスは再び妊娠し、6月にグリニッジのプラセンティア宮殿に監禁されました。もともとはグロスター公ハンフリーによって1443年に建てられましたが、その後2世紀の間主要な王宮の1つであり続けました。

次男の誕生は、王朝の強化に常に目を向けていた王にとって大きな喜びの原因でした。王子はヘンリーと名付けられ、後にヨーク公になりました。彼は優れた教育を受け、ラテン語とフランス語に堪能になり、スポーツに対する自然な適性を示しました。彼は幼少期の多くをエルサム宮殿で母親と過ごし、1503年2月に母親が亡くなったときに壊滅的な打撃を受けました。兄がいたことを考えると、ヘンリーは王になることは期待されていませんでした。教会–この騒々しい若い王子がまったく不向きだったキャリア。

最後のプリテンダーが実行されます

1499年11月23日

パーキン・ウォーベックの初期の人生についてはほとんど知られていませんが、彼の後の告白によれば、彼はトゥルネーで生まれ、アントワープやオランダの他の主要な貿易都市で商人としての訓練を始めました。 1490年、約16歳で、彼はブルゴーニュに旅行し、エドワード4世の次男であるヨーク公のシュルーズベリーのリチャードであると最初に主張しました。

ブルゴーニュはヨーク朝の共感者の中心でした。その摂政であるマーガレットはエドワード4世の姉妹であり、ヘンリーチューダーの支配に異議を唱えた人を喜んで支援しました。 1495年7月3日、ウォーベックはマーガレットから提供された小さな軍隊と共にケントのディールに上陸した。彼はヘンリーの軍隊に素早く敗北し、最初にアイルランド、次にスコットランドに逃げました。そこで彼は、イングランドへの侵攻を支援すると約束したジェームズ4世に好意を示しました。これは無に帰し、ウォーベックはもう一度逃げ出した。

1497年9月、彼はランズエンドの近くに上陸し、最近ヘンリーの支配に反抗したコーンウォール人の間ですぐに支援を受けました。ボドミンムーアでリチャードIVと宣言された後、彼と彼の6,000人の軍隊はロンドンに向かって東に行進しました。しかし、ウォーベックはハンプシャーのボーリュー修道院で捕らえられました。

ヘンリーは当初、詐欺師に対して恩赦を示し、彼を法廷に迎えたとしても、ウォーベックは自由を維持するには非常に大きな危険をもたらしました。彼はエドワード、ワーウィック伯爵と一緒にロンドン塔に閉じ込められ、2人は1499年11月に処刑された。

アーサー王子はアラゴンのキャサリンと結婚します

1501年11月14日

ヘンリー7世は、長男であり相続人であるアーサー、プリンスオブウェールズのために野心的な結婚計画を立てていました。彼は、十分な身長の花嫁を確保することは、彼の王朝をさらに正当化するだけでなく、英国に切望されていた国際的な同盟国を提供することを知っていました。彼が目を向けた女性は、スペインのフェルディナンドとイザベラの娘であるアラゴンのキャサリンでした。これらの強力なカトリック両王と同盟を結ぶことで、イギリスの伝統的な敵であるフランスに対するヘンリーの手を大幅に強化することができたため、彼は精力的に交渉を進めました。メディナデルカンポ条約は1489年3月27日に正式に署名され、アーサーとキャサリン(当時は2歳と3歳)が年をとったときに結婚することを誓約しました。

スペインの王女は最終的に1501年10月にイギリスに到着しました。キャサリンとアーサーは翌月結婚し、ウェールズ国境地帯のラドロー城に居住しました。

アーサーの死、プリンスオブウェールズ

1502年4月2日

結婚後まもなく、アーサーの健康は衰え始め、1502年4月2日、彼はおそらく粟粒熱のために15歳で亡くなりました。彼の両親はそのニュースを聞いて荒廃しました。現代の記録には、泣いている王と女王が悲しみの中でお互いを慰め合った様子が記録されています。その間、イギリスには新しい相続人がいました:ヨーク公ヘンリー。

その後、アーサーの若い妻キャサリンはヘンリー王子に婚約しましたが、彼の父とキャサリンの両親は彼女の持参金について意見が一致せず、キャサリンはヘンリー7世の死後まで政治的苦境に陥りました。

アーサーの死は、ヘンリーが兄を引き継いだため、確かにイギリスの歴史の流れを変えました。おそらく、ヘンリーのローマとの劇的な決別に直接影響を与えた最大の論争の問題は、キャサリンとアーサーが結婚を完了したかどうかでした。いずれにせよ証明されたことはありませんでしたが、ヘンリーはそれが彼の後の廃止のきっかけになったと主張しました。

マーガレット・テューダーはスコットランドのジェームズ4世と結婚する

1503年8月8日

ヘンリー7世とヨークのエリザベスの長女、マーガレットは1489年に生まれました。王室に数えられるのは息子でしたが、娘は6歳の誕生日の前から同盟を結ぶのに役立ちましたが、ヘンリーはマーガレットの結婚を計画していました。スコットランド王のパーキンウォーベックへの支援に大いに悩まされたヘンリーは、長女を結婚させることで彼を同盟に誘惑することを決意しました。停戦は1497年に締結されましたが、婚姻条約が最終的に合意されたのは1502年1月のことでした。ヘンリーの評議員の何人かは、それがスチュアート朝に英国の王位を主張するだろうと主張して、試合に反対しました。しかしヘンリーは、「イングランドはスコットランドに吸収されるのではなく、スコットランドがイングランドに吸収されるので、私たちの領域は害を被らないだろうと予見している」と反論した。

結婚は1年後にリッチモンド宮殿で代理人によって完了し、1503年8月にマーガレットはスコットランドに到着しました。その直後、「アザミとバラ」の結婚式が行われました。

ヘンリーの評議員が予測したように、スコットランドの統治者は英国の王位を主張しましたが、それを利用するにはしばらく待たなければなりませんでした。結婚から1世紀後、マーガレットとジェームズの子孫の1人が英国の王位に就きました。

ヘンリー7世の死ヘンリー8世の加入

1509年4月21日

彼の妻と長男の死は、ヘンリー7世を深い憂鬱に陥れ、完全に回復することはありませんでした。ますます妄想的で惨めなことに、彼はイギリス人に勝つことができませんでしたが、比較的安定した新しい王朝とはるかに健康的な財務を確立することに成功しました。これは、1509年4月にリッチモンド宮殿で亡くなったときに彼が17歳の相続人であるヘンリーに受け継いだ遺産でした。

「将来的には、全世界が彼のことを話すでしょう」と、ヘンリー8世の加入について驚くべき先見の明を持ってベネチア大使は述べました。誰もがこの活気に満ちた、カリスマ的で、知性があり、喜びを愛する新しい王、真のルネッサンスの王子、そしてほぼすべての方法で彼の父のアンチテーゼを称賛しました。

ヘンリーは、母親の家族であるヨーク家の魅力、カリスマ性、美貌を継承していました。エラスムスによれば、彼は気さくで、機知に富み、理想主義的で、非常に寛大で、「最も心に満ちた男」でした。ヘンリーの最初の行動の1つは、老王から距離を置くかのように、父親の軽蔑された大臣であるリチャードエンプソンとエドマンドダドリーを反逆罪で逮捕し処刑することでした。彼はまた、彼の兄の未亡人であるアラゴンのキャサリンを花嫁として採用しました。これは、今後数年間で広範囲にわたる結果をもたらすでしょう。

フロドゥンの戦い

1513年9月9日

1502年にヘンリー7世とジェームズ4世が署名した条約は、それが主張しているように、「永遠の平和」の1つではありませんでした。長年の敵対行為はその後すぐに再開され、1513年に彼らは開かれた紛争に波及しました。ジェームズは、ヘンリー8世の軍隊をフランス王ルイ12世に対するキャンペーンからそらすことにより、フランスとのスタリオン同盟を称えるためにイギリスに宣戦布告しました。ヘンリーはすでにスコットランドの大君主であると主張してジェームズに敵対しており、1513年8月下旬にスコットランドの王は彼の軍隊を集めて南にイギリスに向かって行進した。

彼はノーサンバーランドのブランクストンの村の近くで(フロドゥンの戦いの名前の由来となったフロドゥンではなく)サリー伯爵の指揮下でイギリス軍に遭遇した。その後に続いたのは、イングランドとスコットランドの間でこれまでで最大の衝突であり、歴史上最も激しく争われた戦いの1つでした。 「戦いは残酷で、他の人を惜しまなかった。王自身が勇敢に戦った」とある現代のクロニスタは述べた。

ジェームズは彼の勇気に高い代償を払った。彼はサリーに向かって進んでいたときに矢で致命傷を負った。彼の妻マーガレットは、幼い息子(現在はジェームズV)の正式な保護者に任命され、最初は摂政時代の権力を与えられましたが、彼女が再婚したときに撤退しました。

ウォルシーが大法官に任命される

1515年12月24日

トマス・ウルジーが権力を握ったのは、彼自身の政治的罪悪感と、政府の事業よりも楽しい追求を好む若い王の明らかな好みのおかげでした。ヘンリーの父に仕えたトーマス・ウルジーは、新しい王に彼の価値を急速に証明しました。彼の使用人であるジョージ・キャヴェンディッシュは、彼が「彼の特別な優雅さと好意で、法廷でのキョンに毎日出席した」ことを観察しました。彼の教会の任命-特にヨーク大司教と枢機卿としての任命-はすぐに政治的な任命に続いた。 1515年の終わりごろ、ヘンリーは彼を大法官の地位に引き上げました。

その後間もなく、ヘンリーの宮廷でかなりの時間を過ごしたエラスムスは、ウォルシーを「王自身よりも実際に」統治していると説明しました。ウォルシーが肉屋の息子に過ぎなかったという事実は、ヘンリーの評議会の青い血のメンバーを飲み込むために苦い薬を目立たせ、すぐに危険な敵の同人を迎えました。しかし、ウォルシーはそれをほとんど気にかけず、彼の野心は際限がありませんでした。彼が大法官に任命されたのと同じ年に、彼は400人以上のスタッフの世帯とともに、貴重な家具や芸術作品で満たされた壮大な新しい宮殿、ハンプトンコートの建設に着手しました。 Soon, envious courtiers were whispering that Wolsey’s magnificence was beginning to eclipse that of his royal master.

Birth of the future Mary I

1516年2月18日

Although the early years of Henry VIII and Catherine of Aragon’s marriage were happy and harmonious, a string of stillbirths and miscarriages had started to put a strain on their relationship. The joy that accompanied the birth of a son on New Year’s Day 1511 proved short-lived: the little prince died just seven weeks later. The birth of a healthy princess, christened Mary (and later to become Mary I), in February 1516 eased relations between Henry and Catherine. Even though she was not the hoped-for son, she could still be useful in the international marriage market and, more importantly, she was proof that Catherine could bear healthy children.

But Mary would be the only surviving child from the marriage, and Henry became increasingly convinced that he had displeased God by taking his late brother’s widow as a bride. For the first few years of her life, though, Mary was a source of delight to her parents. A pretty and precocious child, she entertained a visiting French delegation with a performance on the virginals when she was just four and a half years old. She would grow to be particularly close to her mother, with whom she shared a devout Roman Catholic faith and a love of all things Spanish. By contrast, her relationship with her father became increasingly strained.

The Field of the Cloth of Gold

7-24 June 1520

Henry VIII and Francis I, king of France, were natural rivals. Close in age, they were both lauded for their good looks, sporting prowess and cultural accomplishments, and had established magnificent courts. But on the surface, they were careful to maintain the impression of cordiality. To this end, they had signed a treaty in 1514 and, six years later, it was decided that the two kings should meet to “increase their bonds of friendship”.

The Field of the Cloth of Gold, which was organised by the Francophile Cardinal Wolsey and took place near Calais in June 1520, was one of the most ostentatious ever seen. This was an opportunity not just for a political rapprochement, but for each king to try to outshine the other. A dazzling array of fireworks, feasts and tournaments was staged, costing Henry and Francis millions in modern-day money. The tents, clothes and other fabrics displayed so much cloth of gold that it gave the meeting its name. The English king triumphed with an enormous temporary palace (covering an area of 10,000 square metres and erected by 6,000 men sent ahead for the purpose) and a wine fountain, but his French rival outwitted him in the field of combat.

Their natural competitiveness ensured that the meeting actually worsened, rather than cemented, their relationship. Within a short time, they were at war again.

Anne Boleyn arrives at court

In 1522 the ambitious politician and diplomat Thomas Boleyn secured a place for the younger of his two daughters, Anne Boleyn, in Catherine of Aragon’s household. Having taken up her appointment, Anne swiftly established herself as one of the leading ladies of the court. What set her apart was her style and sophistication, both of which had been honed to perfection during her service at the French court. Although she had strikingly dark eyes which “invited conversation”, Anne was no great beauty. The Venetian ambassador was clearly bemused by Henry VIII’s later fascination with her. “Madam Anne is not one of the handsomest women in the world,” he wrote. “She is of middling stature, swarthy complexion, long neck, wide mouth, bosom not much raised.”

The early relationship between Henry and Anne showed little of the intensity that it would later develop. Indeed, Anne had been at court for four years by the time there was any hint of romance. This was very different to Henry’s previous infidelities Anne proved to be the most unyielding of mistresses. She persistently held out against the king’s increasingly fervent advances, insisting that while she might love him in spirit, she could not love him in body unless they were married.

It was an extraordinarily audacious ploy. She would not be a mistress she would be queen.

Exit Wolsey, enter Cromwell

31 October 1529

When Henry’s VIII’s chief adviser Cardinal Wolsey fell from grace in October 1529 for failing to gain his master an annulment from Catherine of Aragon, it was expected that his favourite servant, Thomas Cromwell, would fall with him. Cromwell feared this himself and wept bitter tears of regret. But he soon rallied, pronouncing that he would go to the court and “make or marre”.

Acting as an intermediary between his fallen master and the king had all the makings of a thankless task, but Cromwell turned it to his advantage with spectacular success. Henry was quick to appreciate the skill of this self-trained lawyer and soon put it to his own use. Within days of his arrival, Cromwell had secured a seat in parliament and he was appointed a member of the council the following year. Far from being overawed by such a meteoric rise, he was outspoken and persuasive in his opinions, much to the annoyance of his higher-born colleagues. The similarity between this new kid on the block and the man whom he had effectively replaced could not have been lost on the king. Wolsey and Cromwell shared more than their humble birth: both were highly intelligent, ambitious, audacious and extraordinarily industrious.

But Henry had had his fingers burnt with the cardinal and was not about to entrust another adviser with as much power as he had enjoyed. Cromwell would have to work hard to gain his trust.

Henry marries Anne Boleyn

25 January 1533

In late 1532, Anne Boleyn finally submitted to Henry’s advances and became his mistress. The gamble seemed to have paid off: Eustace Chapuys, the Holy Roman empire’s ambassador to England, noted with some disgust that “the king cannot leave her for an hour”. By December, Anne was pregnant. Her royal lover and his ministers now had to act fast if the baby was to be born legitimate. On 25 January 1533, Henry married Anne in his private chapel at Westminster. The ceremony was conducted in great secrecy, for the divorce from Catherine of Aragon had not yet been secured. Convinced that the child Anne carried was a son, the king immediately ordered Cromwell to legitimise their union. The very day after the wedding, parliament was recalled to pass the necessary legislation. The divorce was finally confirmed on 23 May, and Anne was crowned on 1 June.

But the child that was born to Anne on 7 September was not the expected son and heir. It was a girl. Henry was devastated. He had overturned the entire religious and political life of England in order to marry Anne, on the promise that she would give him the prince upon which the stability of his realm depended. Little did he know that this “useless girl”, Elizabeth, would go on to become the longest-reigning of all the Tudor monarchs, Elizabeth I.

First Act of Supremacy

16 November 1534

In November 1534, during one of the most revolutionary parliaments of the Tudor age, the Act of Supremacy was passed. This legislation is often seen as the beginning of the English Reformation, although the foundations had been laid during the previous five years.

It declared Henry VIII to be supreme head of the Church of England and rejected all “foreign authority”.

At a stroke, this ended centuries of papal jurisdiction over the religious life of England. The initial inspiration for this seismic shift had been the king’s desire for a divorce from Catherine of Aragon: when the pope refused to grant it, Henry’s ministers concluded that the only option was to reject his authority. But the wording of the act made it clear that there were more revolutionary changes to come. It stipulated that Henry and his heirs “shall have full power and authority from time to time to visit, repress, redress, reform, order, correct, restrain, and amend all such errors, heresies, abuses, offences, contempts, and enormities, whatsoever they be”. This gave Cromwell carte blanche to undertake a thoroughgoing reformation of the English church, but its revolutionary tendrils would reach even further than that. By the end of his ascendancy, the entire government of the realm had been overhauled by his reforms.

The Dissolution of the Monasteries

21 January 1535

On 21 January 1535, Henry appointed Cromwell viceregent in spirituals, or ‘vicar-general’. This gave him considerable new powers over the church and he wasted no time in dispatching commissioners across the country to assess the state of each religious house. With typical attention to detail, he even investigated a few himself. Eustace Chapuys reported: “Wherever the King goes, Cromwell, who accompanies him, goes about visiting the abbeys in the neighbourhood, taking inventories of their lands and revenues.”

Motivated as much by tales of widespread corruption as by the prospect of seizing their immense wealth and landholdings, Cromwell began a programme of systematic dissolution which would see the closure and demolition of hundreds of monasteries. At the same time, he organised a series of executions to make an example of those who refused to recognise Henry’s supremacy. Principal among his victims were Bishop John Fisher and Sir Thomas More, both of whom had been thrown in the Tower for refusing to sign the oath of supremacy.

When Fisher and More resisted intense pressure from Cromwell to conform, they went to the block. His favour with the king now seemed unassailable. The Venetian ambassador scathingly remarked that although “this Cromwell was a person of low origin and condition he is now Secretary of State, the King’s prime minister, and has supreme authority”.

Anne Boleyn is executed

19 May 1536

Although Henry VIII had pursued Anne Boleyn relentlessly for seven long years, shaking England to its core in the process, once won, she had proved a disappointment. Her high-handed and ‘unqueenly’ manner made her dangerously unpopular and sparked frequent rows with her husband. Most damning of all her ‘sins’, though, was her failure to produce the longed-for Tudor prince. When she miscarried a male foetus on the day of Catherine of Aragon’s funeral in January 1536, things began to unravel rapidly. “This king has not spoken 10 times to the Concubine… when formerly he could not leave her for an hour,” reported a gleeful Eustace Chapuys in February.

Worse still, for Anne, was the fact that her royal husband had already found a new favourite to replace her: the virtuous and rather insipid Jane Seymour. Henry wanted rid of Anne and there was only one man who could fix it: the same man who had arranged the marriage in the first place. Cromwell was swift to act. He gathered ‘evidence’ (flimsy at best) of her adultery with not one but five men, including her own brother. It was one of the most brutal plots in history, resulting in the beheading not only of the queen, but of all her alleged lovers.

恩寵の巡礼

1 October 1536

On 1 October 1536 Thomas Kendall, vicar of Louth in Lincolnshire, used his weekly sermon to speak out against the royal commissioners who were expected in the town the following day. It was rumoured that these men were planning to raid all of the local churches, as well as the monasteries, seizing their treasures and laying waste to their adornments. The rumours spread like wildfire and, within days, almost all of northern Lincolnshire was up in arms. Henry VIII’s religious reforms had swiftly sparked widespread resentment among his subjects – and this was the first open expression of their fury.

The uprisings, which became known collectively as the Pilgrimage of Grace, spread rapidly across the northern counties, winning support from nobility and commoners alike. They constituted the greatest threat to Henry’s authority that he had faced during his 27 years on the throne. Although he was inclined to clemency at first, when fresh revolts continued to break out during the early months of 1537, he took swift and brutal action. All the ringleaders were executed, including the most influential: Robert Aske, a one-eyed Yorkshire lawyer, who was hanged from the walls of Clifford’s Tower in York as a grim warning to the inhabitants of that rebellious city. For all his bluster, though, Henry’s confidence in the Reformation had been badly shaken.

Birth of Edward VI

12 October 1537

Henry VIII had married his third wife just 11 days after the execution of his second. Jane Seymour had proved a welcome contrast to Anne Boleyn. Meek and compliant, she was likely to give the king little trouble as a wife. What he hoped she would give him was a son. In May 1537, it was announced at court that the new queen was pregnant. Henry was transported with joy, convinced that this time God would grant him a boy. A mass was held to celebrate later that month.

Jane’s pregnancy progressed without incident and, in the middle of September, she began her confinement at Hampton Court. The king and his courtiers waited anxiously for news as Jane’s labour dragged on for two days and three nights. Finally, at about two o’clock on the morning of 12 October, the child was born. It was a boy. Henry’s long struggle for a son and heir was over at last. There was great rejoicing throughout the court and beyond. England had a male heir her troubles would surely now be over. But Jane never recovered from the long and tortuous birth. She died, possibly of puerperal fever, some 12 days later. The grief-stricken king lamented: “Divine Providence has mingled my joy with the bitterness of the death of her who brought me to this happiness.”

Every parish is given an English Bible

One of the greatest legacies of the English Reformation was to provide every parish church in the country with a copy of the Bible in English. This gave the king’s subjects direct access to the word of God for the first time in history. The move was masterminded by Thomas Cromwell, whose reforming drive was motivated by personal piety, not just a desire to swell the royal coffers. So committed was he to the project that he had contributed £400 of his own money to bring it to fruition.

In 1538, he ordered that “one book of the whole Bible of the largest volume in English” should be set up in every church, so “that every man having free access to it by reading of the same may both be the more apt to understand the declaration of it at the preacher’s mouth, and also the more able to teach and instruct his wife, children and family at home”. The task of distributing copies of the ‘Great Bible’, translated by Miles Coverdale, to all 8,500 parishes in the country was a gargantuan one. It took several false starts before it was finally achieved.

Did you know…? Tudor London was a mudbath

Andreas Franciscius, an Italian visitor to London in 1497, was horrified by what he found. Although he admired the “fine” architecture, he was disgusted by the “vast amount of evil-smelling mud” that covered the streets and lasted a long time – nearly the whole year round.

The citizens, therefore, in order to remove this mud and filth from their boots, are accustomed to spread fresh rushes on the floors of all houses, on which they clean the soles of their shoes when they come in.”

Franciscius added disapprovingly that the English people had “fierce tempers and wicked dispositions”, as well as “a great antipathy to foreigners”.

Henry VIII marries Anne of Cleves

6 January 1540

Within weeks of the death of the king’s third wife, Jane Seymour, the search was on for a successor. With no obvious home-grown candidate, the net had to be cast further afield. Anne, daughter of the Duke of Cleves, soon became the lead contender. Her father had expelled papal authority from his realm and was therefore a natural ally for the English king.

But Henry’s ambassadors admitted they had heard “no great praise either of her personage or of her beauty”, so Henry demanded that Holbein be dispatched to Cleves to paint Anne’s likeness. The result was flattering enough to convince him that she would make a pleasant wife and the marriage treaty was duly signed. But when Henry met Anne of Cleves upon her arrival in England in December 1539, he was bitterly disappointed. “I like her not! I like her not!” he shouted at a dismayed Cromwell, and ordered him to find a way out of the marriage.

But the treaty was binding it was with extreme reluctance that Henry was obliged to “put his neck in the yoke” and marry Anne on 6 January 1540. He found his bride so repugnant that he was unable to consummate the union. This at least made it easier to secure an annulment, which Henry succeeded in doing just six months later on the grounds that Anne had been betrothed to someone else before their marriage.

Cromwell goes to the block

28 July 1540

In a move that sent shockwaves across the court, Henry VIII’s chief minister, Thomas Cromwell, was arrested at a meeting of the Privy Council on 10 June 1540. His fall from grace had been spectacular, even in a court renowned for its swift turns of fortune: just two months earlier, the king had shown Cromwell great favour by making him Earl of Essex. The coup was almost certainly engineered by the minister’s arch rivals, Thomas Howard, Duke of Norfolk and Stephen Gardiner, Bishop of Winchester, who had long sought his destruction.

A bill of attainder was passed on 29 June. This claimed that the base-born minister had plotted to make himself more powerful than the king in all matters – political as well as religious – and had thus committed high treason, for which Cromwell was condemned to die. It went on to list a host of trumped-up charges, the most outlandish being that he had plotted to marry the king’s eldest daughter, Mary. A beleaguered Cromwell wrote a long and impassioned letter to his royal master from the Tower, begging for “mercye mercye mercye”’. His plea fell on deaf ears and, on 28 July, Cromwell was beheaded with three blows of the bungling executioner’s axe. Within a few short months, Henry was bemoaning the death of “the most faithful servant he had ever had”.

Catherine Howard is executed

13 February 1542

Henry VIII married his fifth wife on the very same day as Cromwell’s execution. Catherine Howard was only about 16 years old, making her the king’s junior by more than 30 years. A lady-in-waiting to Anne of Cleves, Catherine had quickly beguiled the king with her seductive charms. But the new queen’s past did not bear scrutiny. Her first sexual liaison was with her music teacher when she may have been as young as 12 and it had been followed by a relationship with her kinsman, Francis Dereham.

None of this was known to Henry, who prized chastity in his brides. Neither was he aware that, not long after the wedding, Catherine began an illicit affair with Thomas Culpepper, a gentleman of the privy chamber. When their affair was discovered, an investigation was launched into the queen’s conduct. Her previous indiscretions soon came to light. Confronted with the evidence, Catherine confessed on 8 November 1541. Her affair with Culpepper had been testified to by her lady-in-waiting, Jane Rochford, as well as by a love letter that Catherine had written to him, which she had signed: “Yours, as long as life endures.” Meanwhile, Dereham, she said, had used her “in such sort as a man doth use his wife many and sundry times”. Heartbroken and humiliated, Henry had no hesitation in sending her to the block.


Competing claims to the throne and the beginning of civil war

Both houses claimed the throne through descent from the sons of Edward III. Since the Lancastrians had occupied the throne from 1399, the Yorkists might never have pressed a claim but for the near anarchy prevailing in the mid-15th century. After the death of Henry V in 1422 the country was subject to the long and factious minority of Henry VI (August 1422–November 1437), during which the English kingdom was managed by the king’s council, a predominantly aristocratic body. That arrangement, which probably did not accord with Henry V’s last wishes, was not maintained without difficulty. Like Richard II before him, Henry VI had powerful relatives eager to grasp after power and to place themselves at the head of factions in the state. The council soon became their battleground.

Great magnates with private armies dominated the countryside. Lawlessness was rife and taxation burdensome. Henry later proved to be feckless and simpleminded, subject to spells of madness, and dominated by his ambitious queen, Margaret of Anjou, whose party had allowed the English position in France to deteriorate.

Between 1450 and 1460 Richard, 3rd duke of York, had become the head of a great baronial league, of which the foremost members were his kinsmen, the Nevilles, the Mowbrays, and the Bourchiers. Among his principal lieutenants was his nephew Richard Neville, the earl of Warwick, a powerful man in his own right, who had hundreds of adherents among the gentry scattered over 20 counties. In 1453, when Henry lapsed into insanity, a powerful baronial clique, backed by Warwick, installed York, as protector of the realm. When Henry recovered in 1455, he reestablished the authority of Margaret’s party, forcing York to take up arms for self-protection. The first battle of the wars, at St. Albans (May 22, 1455), resulted in a Yorkist victory and four years of uneasy truce.

A new phase of the civil war began in 1459 when York, goaded by the queen’s undisguised preparations to attack him, rebelled for the last time. The Yorkists were successful at Blore Heath (September 23) but were scattered after a skirmish at Ludford Bridge (October 12). York fled to Ireland, and the Lancastrians, in a packed parliament at Coventry (November 1459), obtained a judicial condemnation of their opponents and executed those on whom they could lay hands.

From then on the struggle was bitter. Both parties laid aside their scruples and struck down their opponents without mercy. The coldblooded and calculated ferocity that now entered English political life certainly owed something to the political ideas of the Italian Renaissance, but, arguably, it was also in part a legacy of the lawless habits acquired by the nobility during the Hundred Years’ War.

In France Warwick regrouped the Yorkist forces and returned to England in June 1460, decisively defeating the Lancastrian forces at Northampton (July 10). York tried to claim the throne but settled for the right to succeed upon the death of Henry. That effectively disinherited Henry’s son, Prince Edward, and caused Queen Margaret to continue her opposition.

Gathering forces in northern England, the Lancastrians surprised and killed York at Wakefield in December and then marched south toward London, defeating Warwick on the way at the Second Battle of St. Albans (February 17, 1461). Meanwhile, York’s eldest son and heir, Edward, had defeated a Lancastrian force at Mortimer’s Cross (February 2) and marched to relieve London, arriving before Margaret on February 26. The young duke of York was proclaimed King Edward IV at Westminster on March 4. Then Edward, with the remainder of Warwick’s forces, pursued Margaret north to Towton. There, in the bloodiest battle of the war, the Yorkists won a complete victory. Henry, Margaret, and their son fled to Scotland. The first phase of the fighting was over, except for the reduction of a few pockets of Lancastrian resistance.


A Second Wife, A Second Husband: A Tudor Timeline

Not long after the wedding of King Henry VII and Margaret of Austria, many were quick to notice the differences between Margaret and Elizabeth of York. Whereas Elizabeth of York would rarely make a political move and resigned herself to being a Wife and a Mother, Margaret took a keen interest in politics and governance [1]. She often spoke to Henry VII of her views on certain matters and advised him on what he should do, though as to whether Henry took her advice seriously is unknown.


One example where Margaret of Austria influenced King Henry VII was when she talked him into giving Catherine of Aragon a salary of 300 crowns a month. Margaret had been shocked when she learnt Catherine had no income and pushed Henry to give her some [2]. While not much, for Catherine who had previously held no salary and was unable to pay her maids it was a major relief. She was at last able to pay her maids and support herself. Catherine would regularly thank Margaret for this in the years to come. The two also became close friends during this time.


Margaret also took to her duties as a Stepmother to two young children, Prince Henry and Princess Mary. Margaret would help teach Mary French and took interest in the child. Mary in turn became close to Margaret. Prince Henry however was a different fish entirely. Henry, while not hating Margaret, turned down Margaret's attempts to form a connection. Despite Margaret's best efforts to form a bond with the boy it just did not work. Many Historians today agree it was because Henry was still mourning the loss of his Mother and hence turned down any of Margaret's attempts to form a bond. Though Henry would forever treat Margaret with respect acknowledging that she was his Stepmother and Queen of England.

Margaret would also make sure to charm King Henry VII. The two had grown close during their wedding night, though it would be in the months that followed where the two grew closest. Henry VII was charmed by Margaret's humour and knowledge. Henry VII also adored how cultured Margaret was. The two would soon fall in love and become even closer than they were before. Many account from this time speak of Margaret as a positive impact on the King.

It would be Christmas of 1504 when the two events of note occurred. The first was the death of Queen Isabella of Spain, who had died in November, though the news only reached England in early December [4]. This caused Henry much stress over what to do wit Catherine's betrothal to Prince Henry. The second and more joyous event was the news that Margaret was pregnant with Henry VII's child [5]. Quickly much joy swept the English court and mass celebration occurred.

[1] Based on the fact she was the Governor of the Habsburg Lowlands for several years. She also seems like the type to make more political moves then Elizabeth.
[2] Is this a bit out there? Please let me know if it is.
[3] Couldn't find a portrait of Mary from this time so I used this one by Jan Gossart.
[4]This isn't coming out of nowhere, it will be the subject of the next Chapter and the second chapter to come after that.
[5] I am working under the assumption that the reason Margaret and Philibert didn't have children was because of philibert.

Feedback and Criticism is welcomed!

CaptainShadow

RedKing

CaptainShadow

Well I didn't know that, but if it happened OTL it's possible ig.

RedKing

Well I didn't know that, but if it happened OTL it's possible ig.

イザベラ

Well I didn't know that, but if it happened OTL it's possible ig.

RedKing

CaptainShadow

イザベラ

RedKing

Awkwardvulture

RedKing

The_Most_Happy

RedKing

RedKing

Awkwardvulture

RedKing

RedKing

The New Year of 1505 was to be a promising one for all of England. Their new Queen was pregnant and was clearly having a positive impact on their King. There was also a time of great peace and celebration as the populace awaited a new Duke of Somerset or a new Princess. Margaret and King Henry also spent much time praying for a healthy child, though Henry probably prayed more so for a healthy son.

While Henry VII was celebrating his wife's pregnancy, he was also busy thinking on what to do with the betrothal between Catherine and Prince Henry. Following the death of Queen Isabella, Henry VII believed Catherine's marital value was "diminished" [1]. This was because the Iberian Union was at risk of splitting as King Ferdinand was still young enough to have a son, who would in turn inherit Aragon instead of Joanna, the new Queen of Castile. Catherine now brought an alliance with only Aragon, the weaker of the two Kingdoms, at least in King Henry VII's eyes. As well as this, Henry VII believed that Ferdinand wasn't going to pay the rest of the dowry. In response Henry began to look for other, more prestigious brides for Henry [2]. However, not wanting to return Catherine and her dowry, Henry delayed the marriage indefinitely. This angered Ferdinand however, who saw it as an insult, as such Anglo-Aragonese relations began to break down.

Henry was not just concerned about his son's marriage he was also eager to find a suitable suitor for his daughter Mary. So it was that in February of 1505, Henry entered negotiations with the Duke of Burgundy, Philip for a betrothal between Princess Mary and Charles. Philip was interested in such a match and the two began discussing the details of a marriage contract and a new trade deal between England and Burgundy. By May a the marriage contract between Mary and Charles was all but signed, with a trade deal still being in the middle of the negotiations. Though by the years end a trade deal was agreed upon and Mary and Eleanor were betrothed.

Margaret meanwhile took much care with her pregnancy. She selected a Governess for child, this was Lady Margaret Bryan. The two were close friends and the 37-year-old woman was hired with a yearly salary of 100 pounds [3] being promised to her. Margaret also took a vow to be temperate and kind once her pregnancy concluded. She also spent hours a day praying for the safe delivery of her child, hoping to avoid a stillbirth like she did back in Spain.

As the pregnancy neared its conclusion it became clear that the King was in a good mood. The common fines placed on the nobility ceased momentarily. After much wait in late July news swept the court that the Queen had entered labour. In the middle of the night of July 27th at Richmond Palace, a child was born, a girl. Rumors quickly slept London over the fate of the child as the city awaited confirmation the child had survived. That confirmation would indeed come when on August 10th the Princess was baptised as Elizabeth Anne Tudor. The girl was named after Henry VII's late wife and Margaret's maternal Grandmother [4].

Much celebration swept London as the populace celebrated the healthy birth. Prince Henry welcomed his new sister who he lovingly referred to as "Bess". The 9-year-old Princess Mary couldn't stop jumping up and down at the joy of having a younger sister. King Henry VII took great comfort in the knowledge his wife had survived his pregnancy and had given him a beautiful new daughter. While King Henry VII was disappointed the child was not his much-desired Duke of York, he still took interest in Princess Elizabeth. The bond between Henry VII and Margaret was cemented by Elizabeth's birth.

[1] Sorry if this bit feels like it should be it's own chapter, it originally was but I felt it was tedious and too filler-y so I merged it with this one.
[2] The main reasons why Henry VII delayed/cancelled the marriage of Henry and Catherine in otl.
[3] About 40,000 in todays pounds. Found a website which gave me this info, will leave a link when I find it again.
[4] I am referring to Isabelle of Bourbon here, Isabelle being the French form of Elizabeth.



コメント:

  1. Darisar

    絶対にあなたと一緒に同意します。その中で何かが私にとってもそうですそれはそれが素晴らしいアイデアのようです。仰るとおりです。

  2. Treowe

    申し訳ありませんが、このバリアントは私に近づいていません。おそらくまだバリアントがありますか?



メッセージを書く