T-64主力戦車

T-64主力戦車

T-64主力戦車

T-64は1966年に生産が開始され、1970年に初めて公開されました。これは戦後のソビエト戦車設計のランドマークでした。新しい装甲(セラミック材料を含む)、乗組員を3人に減らすことができるオートローダー付きの新しい125mm D-181滑腔砲(司令官、運転手、砲手)、高度なパワーパック(5DTF 5シリンダー対向ピストン、液冷ディーゼル)が組み込まれています。 700hpを開発中)。また、フロントにアイドラーを備えた6つのロードホイールのセットを備えた新しいサスペンションとシンクロメッシュ油圧アシストトランスミッションも備えていました。この革新的な設計の代償は、定期的に過熱する傾向があったエンジンの信頼性の低さに一部起因して、その信頼性、メンテナンスの容易さ、および可用性の低下でした。初期の試作バージョンはT-62(115mm滑腔砲)と同じ兵装を使用していましたが、戦車はすぐに125mm滑腔砲を採用し、回転式カルーセルが24発の発射体を保持し、+ 14度まで上げたり、-6まで押し下げたりすることができます。度。後のモデル(T-64BVなど)には、HEAT弾に対する防御を支援するために反応装甲モジュールが追加され、レーザー距離計とAT-8ソングスターミサイル(付属のT-64B)を発射する機能が追加されました。 1984年にサービスを開始)。 T-64はロシア連邦とウクライナで引き続き使用されていますが、その革新的な設計により、1台の車両に未使用のコンポーネントが多すぎて、8,000を超える戦車が生産されましたが、輸出されたものはありませんでした。

(T-64B)船体長:7.4m。船体幅:4.64m(スカート付)。高さ:2.2m。乗組員:3。重量:39,500kg(戦闘)最低地上高:0.38m。接地圧:0.86kg / sq.cm最高速度:75km / h。最大航続距離(内部燃料):道路で400km。兵装:125mm滑腔砲主砲、1 x 7.62mm MG同軸、1 x12.7mm対空MG。

参考文献
ヘイウッド、リン。 「T-64MBTの開発」 ジェーンのソビエトインテリジェンスレビュー、1989年3月、119〜122ページ。
シュナイダー、ヴォルフガング。 「T-64からT-80へ」 国際防衛レビュー、1987年6月、745〜750ページ。
シュナイダー、ヴォルフガング。 「T-64アップデート」 国際防衛レビュー、1989年9月、1145〜1146ページ。
ザロガ、スティーブン。 T-64およびT-80、1992年、第1版、Concord Publications、香港。

T-64主力戦車-歴史

当初、多くのT-64コンポーネントで問題が発生したため、T-64は満足のいく設計とは見なされませんでした。

T-64は、全溶接された船体を3つのメインコンパートメントに分割しており、フロントにドライバー、中央にファイティングコンパートメント、リアにエンジンとトランスミッションがあります。

  • 両側に6つの小さな等間隔のデュアルロードホイールがあり、リアにドライブスプロケット、フロントにアイドラー、4つのリターンローラーがあります。油圧式ショックアブソーバーは、第1、第2、第5、第6のロードホイールステーションにも装備されています。
  • V字型の水とデブリデフレクターを備えた急傾斜の上部斜堤。
  • 砲塔側面の弾薬/収納ボックス。
  • オプションのドラム式燃料タンクを装着可能。
  • 主砲の左側に取り付けられた赤外線サーチライト。
  • フェンダーに流線型の外観を与える統合された燃料電池と貯蔵容器。
  • ディープフォーディング用の2種類のシュノーケル。1つはタレットに取り付けられ、もう1つはエンジンコンパートメントに取り付けられます。シュノーケルは後部の砲塔の上部に搭載されています。

戦車は長い間秘密のままでしたが、Wasteftenはあまり進化していないT-72戦車と混同していました。 T-64 wisは、チェチェンの分離主義者に対するキャンペーンで、テクノロジーwisのように輸出されることはありません。

T-64は、1967年にキエフ軍事地区の第41警備隊戦車潜水艦で最初に就役しました。それには、工場のサポート要員が常に存在する必要があり、最初の乗組員は新しいタイプの訓練を受けたサービス要員を受け入れました。

T-64は、1992年にメイで戦闘に配備されたモルドバエの59tガードモーターライフルダイブシオンをベランギンしました。これは、戦車の最初の戦闘配備です。 [3]

ソビエト連邦は、その高度な準備ユニット、独立した戦車連隊、ハンガリーの東ドイツに拠点を置くダイビング、​​金銭の弁護士準備ユニットのaaでそれを配備しました。


生産履歴

1963年から1967年の間に設定された戦車の最初の製造日は、さまざまな情報源によって異なります。ただし、通常、T-64は1967年に正式に軍に就役し、1970年に公開されました。[11] [12] T-64は、独立した戦車大隊のIS-3およびT-10重戦車を置き換えることを目的とした、KMDBのハイテク製品でした。一方、T-72は、ソビエトの戦車と機械化された部隊の大部分を装備する際に、また輸出パートナーと東側の衛星国のために、T-55とT-62に取って代わることを目的としていました。

新しいオートローダーが導入されました。これは、現在稼働中のすべてのT-64と、ウクライナのT-84-120を除くT-80のすべてのバリエーションで引き続き使用されています。 T-64プロトタイプはT-62と同じ115mm滑腔砲を搭載し、本格的に生産されたものは125mm砲を搭載していました。

T-64は優れた戦車でしたが、より高価で物理的に複雑で、生産数も少なかったのです。 T-72は機械的にシンプルで、現場での保守が容易ですが、保護が不十分であり、それに応じて製造プロセスもシンプルです。ソビエトの教義に照らして、優れたT-64は準備ができており、最も重要な任務であるヨーロッパでの戦争の発生の可能性のために予約されていました。

ソビエト時代には、T-64は主に東ドイツに駐屯している部隊で使用されていました。 T-64はエクスポートされませんでした。多くのT-64は、ソビエト連邦の崩壊後、ロシアとウクライナのサービスに行き着きました。

モデル

  • Ob'yekt 430(1957)– D-10T 100 mm砲、120 mm装甲、4TPD 580 hp(427 kW)エンジン、36トンのプロトタイプ。
  • Ob'yekt 430U –プロジェクト、122mm砲と160mm装甲を装備。
  • T-64 また Ob'yekt 432(1961)– D-68 115 mm砲を使用したプロトタイプ、その後同じ機能を備えた初期生産バージョン、約600両の戦車が生産されました。
  • T-64R (remontirniy、再構築)[13]または Ob'yekt 432R – 1977年から1981年にかけて、T-64Aの外付けギアを使用して再設計されましたが、115mm砲を使用しています。
  • T-64A また Ob'yekt 434 – 125 mm砲、「ギル」装甲スカート、改良された照準器、および4番目のロードホイールのサスペンション。
  • T-64T (1963)– GTD-3TL 700 hp(515 kW)ガスタービンを備えた実験バージョン。
  • Ob'yekt 436 –代替バージョン Ob'yekt V-45エンジンを搭載した432。 3つ建てられました。
  • Ob'yekt 438および Ob'yekt 439 – Ob'yekt V-45ディーゼルエンジンを搭載した434。
  • T-64AK また Ob'yekt 446(1972)–コマンドバージョン。R-130M無線機とその10&#160m(33&#160ft)伸縮アンテナ、TNA-3ナビゲーションシステム、対機銃なし、38発の主砲弾薬を搭載。
  • Ob'yekt 447 –T-64Bのプロトタイプ。基本的には、9K112「コブラ」システムとa1G21照準器を搭載したT-64Aです。キエフ美術館に展示されている「T-64A」です。
  • T-64B また Ob'yekt 447A(1976)–再設計された装甲、1A33射撃統制システム、9K112-1「コブラ」ATGMシステム(NATOコード「AT-8ソングスター」)、TPN-1-49-23サイト、2A46-2銃、2E26Mスタビライザーを装備および6ETs40ローダー。後のB / BVモデルには、より近代的なシステム1A33-1、TPN-3-49、2E42、および2A46M-1砲が搭載されています。 1985年から、T-64Bはより強力な装甲装甲を装備し、古い戦車は16mm装甲板にアップグレードされました。 1,000馬力の6DTエンジンを搭載した戦車は、 T-64BM.
  • T-64BV –砲塔の左側には、「Kontakt-1」反応装甲と「Tucha」81mm発煙弾発射装置が搭載されています。
  • T-64BM2 また Ob'yekt 447AM-2 –「Kontakt-5」反応装甲、ゴム保護スカート、1A43U防火、6ETs43ローダー、9K119ミサイル(NATOコード「AT-11Aスナイパー」)、5TDFM 850 hp(625 kW)エンジンを発射可能。
  • T-64U, BMブラート、 また Ob'yekt 447AM-1 –ウクライナの近代化、T-64BをT-84の標準にもたらします。 「Nozh」反応装甲、9K120「Refleks」ミサイル(NATOコード「AT-11スナイパー」)、1A45「Irtysh」射撃管制、TKN-4S司令官の照準器、PZU-7対空機関銃照準器、TPN-4Eを装備Buran-E "ナイトビジョン、6TDF 1,000-hp(735 kW)エンジン。
  • T-64B1 また Ob'yekt 437 –射撃管制システムのないBと同じで、37個の砲弾を搭載しています。
  • T-64B1M – 1,000 hp6DTエンジンを搭載したT-64Ba。
  • T-64BKT-64B1K また Ob'yekt 446B –コマンドバージョン。R-130M無線機とその10 m伸縮アンテナ、TNA-3ナビゲーションシステム、AB-1P / 30 APU、対空機関銃なし、28発の砲弾を搭載。
  • Obyekt 476 – 6TDFエンジンを搭載した5つのプロトタイプ、T-80UD開発用のプロトタイプ。
  • BREM-64 また Ob'yekt 447T –軽量の2.5トンクレーン、ブルドーザーブレード、牽引バー、溶接装置などを備えた装甲回収車。少数しか製造されていませんでした。
  • T-55-64 –「Kontakt-1」ERAを搭載したT-64の完全な船体とシャーシを備えた大幅にアップグレードされたT-55。プロトタイプ。
  • T-80T-84 –T-64のさらなる開発。

近代化

  • 1977–1981 –にもたらされた T-64R T-64Aと同様に、標準の外部機器の再編成。
  • 1972年の再設計、射撃統制の改善(TPD-2-49およびTPN-1-49-23)、電気砲塔、R-123M無線機へのNSVT機関銃の搭載。
  • 1975年の再設計、新しい2E28Mスタビライザー、6ETs10Mローダー、マルチ燃料エンジン、2A46-1ガン、TNPA-65ナイトビジョン。
  • 1981年の再設計、6つの902A発煙グレネードランチャーの2セット、鰓保護の代わりにサスペンションのゴム製スカート。
  • 1983 T-64AM,T-64AKM、一部の戦車はメンテナンス中に6TDFエンジンを搭載していました。
  • 1981年の再設計、4基の902B2発煙グレネードランチャー2セット、2A26M1砲。
  • 1983 T-64BM,T-64B1M,T-64BMKT-64B1MK:一部の戦車は、メンテナンス中に6TDFエンジンを搭載していました。
  • 1985 T-64BV,T-64BV1,T-64BVKT-64BV1K:「Kontakt」反応装甲、砲塔の左側に発煙弾発射装置があります。
  • BMブラート –ウクライナのマリシェフ工場によるT-64の近代化(上記を参照)。 [9] [10]

バリアント

  • BMPV-64 – T-64のシャーシをベースにしたが、後部に1つの入口ハッチを備えた完全に再設計された船体を備えた重歩兵戦闘車。兵装は、遠​​隔操作の30mm砲で構成されています。戦闘重量は34.5トンです。最初のプロトタイプは2005年に準備ができました。[14]
  • BTRV-64 –同様のAPCバージョン。 [14]
  • UMBP-64 –火力支援車両、救急車、防空車両など、いくつかの(計画された)特殊車両の基礎となる修正バージョン。
  • BMPT-K-64 –このバリアントは追跡されていませんが、ソビエトBTRシリーズと同様に、4軸の新しいサスペンションがあります。この車両は5TDF-A / 700エンジンを搭載し、戦闘重量は17.7トンです。 RCWSが装備されており、3 +8人の男性を輸送できます。プロトタイプのみ。
  • BAT-2 – T-64のエンジン、下部船体、および「小型ロードホイール」サスペンションを備えた高速戦闘工兵車。 [15] 40トンのトラクターは、前部に非常に大きな全軸調整可能なV字型油圧ブルドーザーブレード、後部に1つのソイルリッパースパイク、上部に2トンのクレーンを備えています。乗務員室には8人が収容されます(運転手、司令官、無線通信士、および降車作業用の5人の工兵隊)。高性能のBAT-2は、古いT-54 / AT-TベースのBAT-Mを置き換えるように設計されましたが、WARPACの同盟国は、価格が高く、冷戦後期に新旧の車両が一緒に使用されたため、少数しか受け取りませんでした。
  • UMR-64 –余剰のT-64を使用してヘビーAPC / IFV設計を作成するウクライナの開発。これは、戦闘および支援車両の新しいファミリーの基礎として意図されています。基本的な変換には、エンジンコンパートメントを前方に移動すると同時に、砲塔と通常の乗員コンパートメントを取り外すことが含まれます。これにより、最大22トンの15種類の「機能モジュール」のいずれかを取り付けることができます。結果として得られるオプションの1つは、指定されたヘビーIFVです。 BMP-64E、最大10人の軍隊(ドライバーを含まない)の収容と遠隔兵器システムを組み合わせたものです。ヘビーAPCバージョンは指定されています BTR-64E、そしてより多くの軍隊を運ぶことができるだけでなく(RWSを犠牲にして)、迅速な積み下ろしのために後部に大きな装甲ダブルハッチが付属しています。他のオプションには、ユニバーサルサプライキャリアが含まれます(UMBP-64)、「最大41トンの重量を持つ非常に安全なコマンドおよびスタッフカー」、および120&#160mm迫撃砲運搬車。ハリコフ装甲修理工場(Zavod 311)はプロジェクトの背後にあります。 [16]プログラムの現在の状況は、2014年初頭の時点では不明です。

T-64主力戦車-歴史

T-64はロシアのMBT(正式に1つに分類された最初の戦車)であり、多くの技術を開拓しました。これは、今日のMBTに不可欠な複合装甲を使用した最初の装甲車両でした。それは1964年に就役し、今日いくつかの軍隊で就役しています(ただし、ほとんどの軍隊は、国際市場に投入できなかったため、ロシアから直接取得したわけではありません)。 1976年には、ATGMを発射する最初の戦車となり、オートローダーによって達成されたタスクであり、これも最初に使用されました。時代を先取りしていましたが、エンジニアリングの複雑さなど、多くの問題があり(多くの人が設計の失敗と見なしていました)、故障につながりました。

複合装甲を使用していることを考えると、T-64の装甲は場所によっては599mmまで上がります。これは、今日までロシアのMBTで使用されていた滑腔砲である125mm滑腔砲を使用していました。主力戦車の概念の改善への貢献は否定できず、その技術の多くはより近代的なT-80MBTに実装されました。


コンテンツ

T-64編集

T-72の開発は、T-64戦車の導入の直接の結果でした。 T-64(Object 432)は、重量が36トン以下の競争力のある装甲の高い戦車を製造するという非常に野心的なプロジェクトでした。ハリコフのアレクサンダーモロゾフの指揮の下、船体を可能な限り最小のサイズに縮小した新しいデザインが登場しました。これを行うために、乗組員は3人の兵士に減らされ、自動ローディングシステムを導入してローダーを取り外しました。 [11]

はるかに小さい設計では、適切なエンジンを選択するときに問題が発生しました。 [12]これにより、700 hp 5TDFエンジンが導入されました。これは、信頼性が低く[13]修理が難しく、第二次世界大戦の設計と同様の寿命が保証されていました。 [14]

115mm砲を搭載したT-64の生産は1964年に始まりました。より強力な125mm砲を搭載したT-64Aの計画は、1963年にすでに行われていました。最初から明らかでしたが、モスクワでT-64を提唱したモロゾフの周りに強力なロビーが形成され、ライバルの開発やアイデアについて議論することができませんでした。 [16] [17]

動員モデル編集

ハリコフのマリシェフ工場は、現在のV-45の約2倍の時間がかかった5TDFエンジンの建設に時間がかかったため、すべてのソビエト戦車工場に十分な数の5TDFエンジンを提供できませんでした。 [18]これは、ウラルヴァゴンザヴォドで、780馬力のより安価ではるかに信頼性の高いV-45エンジンを搭載したT-64のバージョンを設計する取り組みにつながりました。このモデルは、戦争の際にのみ連続生産される、いわゆる「動員モデル」でした。

1967年、ウラルヴァゴンザヴォドは「セクション520」を結成し、1970年に向けてT-64の量産を準備しました。[19]チームはすぐに、より強力なV-45エンジンがTに大きなストレスを与えることに気づきました。 -64の船体、しばらくすると亀裂が発生し始めました。より安定した解決策が求められました。 [18]

最後に、T-62の改造が議論されたとき、1960年のアイデアが使用されました。1961年に、ウラルヴァゴンザヴォドによって「オブジェクト167」の2つのプロトタイプが作成され、その戦車のより強力な船体とランニングギアの組み合わせがテストされました。ハリコフの影響下で、その考えはモスクワによって却下されました。 [20]しかし、この構造は、大きなゴムでコーティングされたロードホイールを備えており、T-64の動員モデルの基礎を形成しました。 [21]

自動ロードシステムに追加の変更が加えられました。これも以前のプロジェクトから取得されたもので、元々はT-62のアップグレードを目的としていました。別個の発射体と推進薬で構成される125mmの弾薬は、T-64のように1つのレベルではなく、2つのレベルで水平に保管されるようになりました。 [22] T-64オートローダーよりも信頼性が高いと言われていました。 [21] 1964年、D-81タイプの2門の125 mm砲が、T-62への設置を評価するために使用されたため、ウラル工場はT-64Aにも125mm口径を採用する準備ができていました。 。 [23]

T-72編集

ウラルヴァゴンザヴォドは、1968年に125mm砲とV-45Kエンジンを搭載した最初のプロトタイプを「オブジェクト172」として製造しました。 T-64Aとの徹底的な比較テストの後、オブジェクト172は、いくつかの小さな問題に対処するために1970年に再設計されました。 [24]しかしながら、動員モデルに過ぎないため、オブジェクト172の連続生産は平時では不可能でした。不明確な政治過程で[25]法令番号326-113が発行され、1972年1月1日からソビエト連邦でのオブジェクト172の生産が許可され、ウラルヴァゴンザヴォドがT-64Aの生産から解放されました。 [26]

最初のバッチは「オブジェクト172M」として作成され、いくつかの変更を加えた後、1973年に再度テストされ、1973年8月7日付のソビエト省指令番号554-172の下で「T-72」[27]として使用可能になりました。

T-72に関する少なくともいくつかの技術文書は、1971年から1982年の間にポーランドのリザードククリンスキ大佐によってCIAに渡されたことが知られています。

2018年、モスクワの第3中央研究所は、ロボットタンクの機動性に関する概念実証のデモンストレーションをテストし、T-72B3およびその他のプラットフォームに基づいてさらに開発することを計画していました。 [28]

T-72 Object 172Mの最初のシリーズ生産は、7月にニジニタギルのUKBMで始まりました。しかし、T-64からT-72への生産変更に向けて工場を組織化することが困難であったため、1973年には30台の完成した戦車しか納入されませんでした。宣言され、完成したタンクの実際の数は150に近い。その結果、工具への多額の投資が行われた。近代化の後でのみ、工場はT-72の本格的な生産を開始することができました。ニジニタギルは1992年までさまざまな改造で戦車を製造していました。

T-72は、1970年代から1991年にソビエト連邦が崩壊するまで、ワルシャワ条約機構で使用された最も一般的な戦車でした。また、フィンランド、インド、イラン、イラク、シリア、ユーゴスラビアなどの他の国にも輸出されました。また、ライセンスの有無にかかわらず、他の場所にコピーされます。

T-72のライセンス版は、ワルシャワ条約機構の消費者向けにポーランドとチェコスロバキアで製造されました。これらの戦車の製造品質はより良く、より一貫性がありましたが、装甲は劣り、砲塔前面と斜堤装甲の内側に樹脂が埋め込まれたセラミック層がありませんでした。 要出典 ]すべての鋼に置き換えられました。ポーランド製のT-72G戦車[ 要出典 ]また、ソビエト軍の標準(砲塔は410 mm)と比較して装甲が薄くなっています。 1990年以前は、ソビエト製のT-72輸出バージョンは、ワルシャワ条約機構以外の顧客(主にアラブ諸国)向けに同様にダウングレードされていました。 [ 要出典 ]多くの部品とツールは、ソビエト、ポーランド、チェコスロバキアのバージョン間で互換性がなく、ロジスティック上の問題を引き起こしていました。

ユーゴスラビアはT-72をより高度なM-84に発展させ、1980年代に世界中で数百台を販売しました。イラク人は彼らのT-72コピーを「バビロンのライオン」と呼んだ(アサドバビル)。これらのイラクの戦車は、国連が課した武器禁輸を回避する手段としてソビエト連邦から販売されたキットから組み立てられました。より現代的な派生物には、ポーランドのPT-91が含まれます Twardy。ロシアやウクライナを含むいくつかの国でも、古いT-72用の近代化パッケージを提供しています。

T-72のさまざまなバージョンが数十年にわたって生産されており、その装甲の仕様は大幅に変更されています。オリジナルのT-72戦車は、間隔を空けた装甲技術を組み込んだ均質な鋳鋼製の装甲を備えており、1970年代初頭の基準によって適度に十分に保護されていました。 1979年、ソビエトは砲塔の前部と船体の前部に、T-64複合装甲と同様の複合装甲を備えたT-72改造の構築を開始しました。 1980年代後半、ソビエトの在庫にあるT-72戦車(および世界の他の場所の多くの戦車)には、反応装甲タイルが装備されていました。

TPD-K1レーザー距離計システムは1974年以来T-72戦車に登場しており、以前の例では視差光学距離計が装備されていましたが、1,000メートル(1,100ヤード)未満の距離では使用できませんでした。 T-72の一部の輸出バージョンは、1985年までレーザー距離計を備えていなかったか、時には戦隊と小隊の指揮官戦車(バージョンK)のみがそれらを受け取っていました。 1985年以降、新しく製造されたすべてのT-72には、反応装甲、より強力な840 bhp(630 kW)V-84エンジン、およびバレルから誘導対戦車ミサイルを発射できるアップグレードされた設計の主砲が標準装備されました。これらの開発により、T-72は最終的にはより高価なT-80戦車とほぼ同じくらい強力になりましたが、1990年にソビエト圏が崩壊する前に、経済的に病んでいるワルシャワ条約機構の同盟国や外国の顧客に届いた後期型はほとんどありませんでした。

2000年以降、輸出車両にはフランス製の熱画像暗視装置も提供されています(ただし、フランス製の熱画像装置を組み込んだ、現地で製造された「ブラン-キャサリン」システムを使用する可能性が高いです)。 125 mm(4.9インチ)砲用の劣化ウラン徹甲弾は、1978年頃からロシアでBM-32発射体の形で製造されていますが、配備されたことはなく、後のタングステンBM-よりも貫通力が低くなっています。 42以降のBM-42M。

モデル編集

ソビエト連邦とロシアで製造されたT-72の主なモデル。コマンドタンクには K の指定に追加 komandirskiy、「コマンド」、たとえば T-72K 基本的なT-72のコマンドバージョンです。リアクティブアーマー付きのバージョンには V 追加、のために vzryvnoy、「爆発物」。

T-72 Ural(1973)[29]オリジナルバージョン、125mm滑腔砲と光学的同時距離計を装備。 [30] [31] [32]

2010)Sosna-Uマルチチャンネル砲手の視界、新しいデジタルVHF無線、改良されたオートローダー、新しい弾薬に対応する2A46M-5砲を含む、T-72B戦車のアップグレード。古いV-84-1840 hp(630 kW)エンジンとKontakt-5爆発反応装甲を保持し、衛星ナビゲーションを欠いています。 [33] [34] [35] T-72B3モデル2016またはT-72B3M / T-72B4 T-72B3のようにアップグレードし、Relikt爆発反応装甲、ソフトコンテナ反応装甲とスラットスクリーンを備えたサイドスカート、2A46M-5 9M119M Refleks誘導ミサイル、V-92S2F 1,130 hp(840 kW)エンジン、自動変速機、デジタルディスプレイ、リアビュービデオを発射できる銃。 [36] [37] [38] T-72 SIM-1K-1リアクティブおよびK-5パッシブアーマーの実装が増加しました。新しいFALCONコマンドおよび制御システム、GPSナビゲーションシステム、および熱画像装置とレーザー距離計を備えたポーランドのSKO-1T DRAWA-T射撃管制システム(PT-91 Twardyから)。 [39]それはまた、味方または敵の認識システムを持っています。

T-72の設計は、次のモデルにさらに発展しました:バビロンの獅子戦車(イラク)、M-84(ユゴスラビア)、M-95デグマン(クロアチア)、M-2001(セルビア)、PT-91トワーディ(ポーランド) )、タンクEX(インド)、[40]およびTR-125(クロアチア)。

バリアント編集

さらに、T-72の船体は、次のような他の大型車両設計の基礎として使用されています。

  • BMPTターミネーター –重いコンボイとクローズタンクサポート車両。
  • TOS-1 –砲塔の代わりに30チューブランチャーを備えた熱圧マルチロケットランチャー。 [32]
  • BREM-1 (Bronirovannaya Remonto-Evakuatsionnaya Mashina)– 12トンのクレーン、25トンのウインチ、ブルドーザーブレード、牽引装置、および工具を備えた装甲回収車。 [32]
  • IMR-2 (Inzhenernaya Mashina Razgrashdeniya)– 11トンの伸縮式クレーンとペンチ、構成可能なブルドーザーブレード/プラウ、および地雷除去システムを備えた戦闘工兵車。
  • MTU-72 (Tankovyy Mostoukladchik)–装甲橋層。3分で18 m(59フィート)に及ぶ50トン(55ショートトン)の容量の橋を架けることができます。 [32]
  • BMR-3 Vepr (Bronirovannaja Mashina Razminirovanija)–地雷除去車両。

リモート武器ステーション編集

T-72は、ソビエト起源の他の戦車設計と多くの設計機能を共有しています。これらのいくつかは、NATO戦車と直接比較すると欠陥と見なされていますが、ほとんどは、第二次世界大戦でのソビエトの実際の経験に基づいて、これらの戦車が使用されると想定された方法の産物です。

ウェイト編集

T-72は41トンと非常に軽量で、西側の主力戦車に比べて非常に小型です。旧ワルシャワ条約機構の国々の道路や橋のいくつかは、T-72が隊列を組んで移動できるように設計されていましたが、NATO戦車はまったく通過できなかったか、1台ずつ通過できなかったため、機動性が大幅に低下しました。基本的なT-72は比較的パワーが不足しており、第二次世界大戦時代のT-34用に設計された基本的な500 hp(370 kW)V-12ディーゼルエンジンの780 hp(580 kW)スーパーチャージャーバージョンを備えています。 0.58 m(1 ft 11 in)の幅のトラックは、大径のロードホイール上を走っています。これにより、T-72とその子孫を簡単に識別できます(T-64ファミリーのロードホイールは比較的小さい)。

T-72は、現場で組み立てられた小径のシュノーケルを使用して、最大5 m(16.4フィート)の深さの川を横断するように設計されています。乗組員には、緊急事態に備えて簡単なリブリーザーチェストパック装置が個別に提供されます。エンジンが水中で停止した場合は、6秒以内に再始動する必要があります。そうしないと、圧力損失のためにT-72のエンジンコンパートメントが浸水します。シュノーケリングの手順は危険であると考えられていますが、作戦の機動性を維持するために重要です。

核、生物学、および化学的保護編集

T-72には、核、生物学、化学(NBC)保護システムがあります。船体と砲塔の両方の内側は、中性子爆弾の爆発による透過放射線を減らすことを目的とした、ホウ素化合物で作られた合成繊維で裏打ちされています。乗組員には、エアフィルターシステムを介してきれいな空気が供給されます。わずかな過圧により、ベアリングやジョイントを介した汚染の侵入を防ぎます。メインガンにオートローダーを使用すると、従来の手動で装填された(「ピッグローダー」)戦車砲と比較して、より効率的な強制煙除去が可能になるため、理論上、戦闘室のNBC分離を無期限に維持できます。輸出されたT-72には対レーダーライニングがありません。 [ 要出典 ]

インテリア編集

すべてのソビエトレガシー戦車と同様に、T-72の設計は、非常に小さなシルエットと装甲の効率的な使用と引き換えに内部空間をトレードオフし、4人目の乗組員を機械式ローダーに置き換えました。基本的なT-72の設計では、戦闘戦車の基準が制約されていても、潜望鏡のビューポートが非常に小さく、ハッチを閉じるとドライバーの視野が大幅に狭くなります。ステアリングシステムは、現代の西洋の戦車で一般的な使いやすいステアリングホイールやステアリングヨークではなく、従来のデュアルティラーレイアウトです。このセットアップでは、両手をほぼ一定に使用する必要があり、7速マニュアルトランスミッションの使用が複雑になります。

T-72や他のソビエト戦車は非常に窮屈であるため、ソビエト軍の最大高さは1.6 m(5 ft 3 in)に設定されており、内部が短いため、より短い乗組員を使用する必要があるという冷戦時代の神話が広まっています。 [42]ただし、公式の規制によれば、実際の数値は1.75 m(5 ft 9 in)です[43]。

アーマー編集

T-72の装甲保護は、次の世代ごとに強化されました。オリジナルのT-72「ウラル」オブジェクト172M(1973年製)の砲塔は、ラミネートインサートのない従来の鋳造高硬度鋼(HHS)装甲で作られています。最大の厚さは280mm(11インチ)で、ノーズは80 mm(3.1インチ)であると考えられています。新しい積層装甲の氷河は205mm(8.1インチ)の厚さで、80 mm(3.1インチ)のHHS、105 mm(4.1インチ)の積層板の二重層、および20 mm(0.79インチ)のRHA鋼で構成されています。視線に沿って500〜600 mm(20〜24インチ)の厚さ。 1977年にT-72オブジェクト172Mの装甲がわずかに変更されました。砲塔は、セラミックサンドバー「クワルツ」ロッドで満たされたインサートを備え、斜堤プレートの構成が変更されました。現在は、60 mm(2.4インチ)のHHA鋼、105 mm(4.1インチ)のガラス製Tekstolitラミネート、および50 mm(2.0インチ)のRHA鋼で構成されています。このバージョンは、ソビエトのサークルではT-72「Ural-1」としてよく知られていました。次の装甲アップデートはT-72A(Object 176)によって導入されました。これは、1976年に設計され、1979年から1985年の間に生産ラインでオリジナルに取って代わりました。 T-72 Object1976はT-72Aとしても知られています。 1985年のT-72B(Object 184)の導入により、複合装甲は再び変更されました。引退した少佐、ジェームズM.ウォーフォードによると、T-72ベースモデルとT-72M / T-72G MBTの後に開発された変種は、米国と同様の形で石英または砂で満たされた空洞を含む鋳鋼タレットを特徴としていました。フューズドシリカ」アーマー。 [44] Steven J. Zalogaは、1977年に生産を開始したT-72モデル1978(Obiekt 172M sb-4)が、セラミックロッドで構成された特別な装甲を備えた新しい砲塔を備えていたと述べています。 [45]

T-72Aは、より厚く、ほぼ垂直な正面装甲を備えた新しい砲塔を備えていました。その外観のために、それは米陸軍によって非公式に「ドリー・パートン」鎧と呼ばれていました。 [46]これは、新しいセラミックロッドタレットフィラーを使用し、改良されたグラシスラミネートアーマーを組み込み、新しい反成形爆薬サイドスカートを取り付けました。 [47]

T-72Mは、保護の点でベースのT-72 Uralモデルと同一であり、[48]モノリシック鋼の砲塔を保持しています。 [49]近代化されたT-72M1は、保護の点でT-72Aに近かった。斜堤プレートに16mm(0.63インチ)の高硬度鋼アップリケ装甲が​​追加され、視線の厚さが43 mm(1.7インチ)増加しました。また、砲塔に複合装甲を備えた最初の輸出版であり、「サンドバー装甲」と呼ばれることもあるセラミックロッド[50]が含まれていました。 [45]砲塔の装甲構成は、T-72「Ural-1」と本質的に同一でしたが、ソビエトのみのT-72Aでは砲塔の保護がわずかに向上していました。

いくつかのT-72モデルは、主にHEATタイプの武器に対する保護を強化する爆発反応装甲(ERA)を備えていました。特定の後期モデルのT-72戦車は、運動エネルギー弾に対して部分的に有効な「ユニバーサル」ERAの形式であるKontak-5ERAを備えていました。ソビエト連邦が捕獲したイスラエルのマガフ-4戦車に対して実施したテストへの対応として、T-72に追加されました。このテストでは、T-72の斜堤に105mm M111APDSFS「ヘッツ」弾薬が貫通する可能性がありました。 [51] [52]

T-72Bなどの後期モデルのT-72は、改良された砲塔装甲を特徴としており、西側の諜報機関によって「スーパードリーパートン」装甲と呼ばれる砲塔前面が目に見えて膨らんでいます。 [53] T-72Bの砲塔装甲は、ソビエトのすべての戦車装甲の中で最も厚く、最も効果的であり、T-80Bの正面装甲よりもさらに厚かった。 [53] T-72Bは新しい「反射板装甲」を使用しました(bronya s otrazhayushchimi listami)、鋳造タレットの前部空洞は、交互の鋼と非金属(ゴム)層のラミネートで満たされていました。 [54]斜堤には、20 mm(0.8インチ)のアップリケ装甲も取り付けられていた。 T-72B / B1およびT-72Aバリアントの最新の製品バージョンも、船体の屋根に対レーダー層を備えていました。

Early model T-72s did not feature side skirts instead, the original base model featured gill or flipper-type armour panels on either side of the forward part of the hull. When the T-72A was introduced in 1979, it was the first model to feature the plastic side skirts covering the upper part of the suspension, with separate panels protecting the side of the fuel and stowage panniers.

After the collapse of the USSR, US and German analysts had a chance to examine Soviet-made T-72 tanks equipped with Kontakt-5 ERA, and they proved impenetrable to most Cold War US and German tank projectiles and anti-tank weapons. A U.S. Army spokesperson claimed at the show, "the myth of Soviet inferiority in this sector of arms production that has been perpetuated by the failure of downgraded T-72 export tanks in the Gulf Wars has, finally, been laid to rest. The results of these tests show that if a NATO/Warsaw Pact confrontation had erupted in Europe, the Soviets would have had parity (or perhaps even superiority) in armour". [55] KE-effective ERA, such as Kontakt-5, drove the development of M829A3 ammunition. [56]

Late 1980s, Soviet developed Object 187 (Объект 187, or T-72BI), it was a parallel project to Object 188 (the T-90 tank). It was based on the T-72B, with a heavily modified turret. The 'Object 187' used composite armour for the turret ("Super Dolly Parton" composite armor) and the hull front, and RHA for the rest of the tank. It possibly consisted of special materials including ceramic or high density uranium alloys. Maximum physical thickness of the passive armour (not counting the reactive armor – ERA) was up to 95 mm RHA. With Kontakt-5 ERA, T-72BI's frontal armour was immune to the NATO's 120 mm L/44 tank gun. [57] [58] However, after the Soviet collapse, the tank was not accepted.

Estimated protection level Edit

The following table shows the estimated protection level of different T-72 models in rolled homogeneous armour equivalency, i.e., the composite armour of the turret of a T-72B offers as much protection against an APFSDS round as a 520 mm (20 in) thick armour steel layer.

モデル Turret vs APFSDS Turret vs HEAT Hull vs APFSDS Hull vs HEAT
T-72 'Ural' [59] (1973) [60] [61] [62] 380–410 mm (15–16 in) 450–500 mm (18–20 in) 335–410 mm (13.2–16.1 in) 410–450 mm (16–18 in)
T-72A (1979–1985) [63] [64] /(1988)+Kontakt 1 [61] [64] [65] 410–500 mm (16–20 in) 500–560 mm (20–22 in) 360–420 mm (14–17 in) 490–500 mm (19–20 in)
T-72M (1980) [61] 380 mm (15 in) 490 mm (19 in) 335 mm (13.2 in) 450 mm (18 in)
T-72M1 (1982) [59] 380 mm (15 in) 490 mm (19 in) 400 mm (16 in) 490 mm (19 in)
T-72B+Kontakt 1 [59] [66] (1985) 520–540 mm (20–21 in) 900–950 mm (35–37 in) [67] 480–530 mm (19–21 in) 900 mm (35 in)
T-72B+Kontakt 5 [66] [68] (1988) [69] 770–800 mm (30–31 in) 1,180 mm (46 in) 690 mm (27 in) 940 mm (37 in)

Possible easy replacement of Kontakt 5 (or 1) with Relikt. Relikt defends against tandem warheads and reduces penetration of APFSDS rounds by over 50 percent. [70] 計算 T-72B + Relikt vs APFSDS, on turret 1,000–1,050 mm, on hull 950–1,000 mm. For T-90MS Relikt is a basic set, for the T-90S basic set – Kontakt 5. [71] [72] [73] [74]

The calculation vs HEAT is more complicated. [72]

Gun Edit

The T-72 is equipped with the 125 mm (4.9 in) 2A46 series main gun, a significantly larger (20-mm larger) calibre than the standard 105 mm (4.1 in) gun found in contemporary Western MBTs, and still slightly larger than the 120 mm/L44 found in many modern Western MBTs. As is typical of Soviet tanks, the gun is capable of firing anti-tank guided missiles, as well as standard main gun ammunition, including HEAT and APFSDS rounds.

The original T-72 Object 172M (1973) used 2A26M2 model gun first mounted on T-64. The barrel had a length of 6350mm or 50.8 calibers and had maximum rated chamber pressure of 450 MPa. The cannon had an electroplated chrome lining but lacked a thermal sleeve. The cannon was capable of firing 3VBM-3 round with 3BM-9 steel projectile sabot and 3VBM-6 round with 3BM-12 Tungsten sabot APFSDS projectile. Allowing respectively 245 mm (9.6 in) and 280 mm (11 in) penetration of RHA steel at 2000m at 0 degree angle. In addition to APFSDS rounds T-72 Object 172M could also fire 3VBK-7 round incorporating 3BK-12 HEAT warhead and 3VBK-10 round incorporating 3BK-14 HEAT warhead. HEAT rounds allowed respectively 420 mm (17 in) and 450 mm (18 in) penetration of RHA steel at 0 degree angle. The High Explosive rounds provided included 3WOF-22 with 3OF-19 warhead or 3WOF-36 with the 3OF-26 warhead. For all rounds, the Zh40 propellant was used. Complementing the original gun setup was 2E28M "Siren" two-plane electrohydraulic stabilizer allowing automatic stabilization with speeds from 0.05 to 6 degrees per second.

Even as the T-72 Object 172M (1973) was entering production new ammunition was developed to offset armor developments in the West. Beginning in 1972, two new APFSDS rounds were introduced, the 3VBM-7 round with 3BM-15 Tungsten sabot projectile and the "cheaper" 3VBM-8 round with 3BM-17 sabot but without the tungsten carbide plug. These allowed penetration of respectively 310 mm (12 in) and 290 mm (11 in) RHA steel at 2000m at 0 degree angle. At the same time, a universal Zh52 propellant charge was introduced. The 3VBM-7 was the most common APFSDS round found in T-72 Object 172M tanks during the 70s.

The stated barrel life expectancy of the 2A26M2 model gun was 600 rounds of HE/HEAT equivalent to 600 EFC (Effective Full Charge) or 150 rounds of APFSDS.

The main gun of the T-72 has a mean error of 1 m (39.4 in) at a range of 1,800 m (1,968.5 yd), considered substandard today. Its maximum firing distance is 3,000 m (3,280.8 yd), due to limited positive elevation. The limit of aimed fire is 4,000 m (4,374.5 yd) (with the gun-launched anti-tank guided missile, which is rarely used outside of former Soviet states). The T-72's main gun is fitted with an integral pressure reserve drum, which assists in rapid smoke evacuation from the bore after firing. The 125 millimeter gun barrel is certified strong enough to ram the tank through forty centimeters of iron-reinforced brick wall, though doing so will negatively affect the gun's accuracy when subsequently fired. Rumours in NATO armies of the late Cold War claimed that the tremendous recoil of the huge 125 mm gun could damage the fully mechanical transmission of the T-72. The tank commander reputedly had to order firing by repeating his command, when the T-72 is on the move: "Fire! Fire!" The first shout supposedly allowed the driver to disengage the clutch to prevent wrecking the transmission when the gunner fired the cannon on the second order. In reality, this still-common tactic substantively improves the tank's firing accuracy and has nothing to do with recoil or mechanical damage to anything. This might have to do with the lower quality (compared to Western tanks) of the T-72's stabilizers.

The vast majority of T-72s do not have FLIR thermal imaging sights, though all T-72s (even those exported to the Third World) possess the characteristic (and inferior) 'Luna' Infrared illuminator. Thermal imaging sights are extremely expensive, and the new Russian FLIR system, the 'Buran-Catherine Thermal Imaging Suite' was introduced only recently on the T-80UM tank. Most T-72s found outside the former Soviet Union do not have laser rangefinders. T-72s built for export have a downgraded fire-control system. [ 要出典 ]

Autoloader Edit

Like the earlier domestic-use-only T-64, the T-72 is equipped with an automatic loading system, eliminating the need for a dedicated crewmember, decreasing the size and weight of the tank.

However, the autoloader is of a noticeably different design. Both the T-64 and T-72 carry their two-section 125 mm ammunition (shell and full propellant charge, or missile and reduced propellant charge) in separate loading trays positioned on top of each other but firstly, in T-64, 28 of these were arranged vertically as a ring under the turret ring proper, and were rotated to put the correct tray into position under the hoist system in the turret rear. This had the disadvantage of cutting the turret off from the rest of the tank, most notably, the driver. Accessing the hull required partial removal of the trays. The T-72 uses a design that has lower width requirements and does not isolate the turret compartment: the trays are arranged in a circle at the very bottom of the fighting compartment the trade-off is the reduction of the number of trays to 22. The second difference is that in the T-64 the trays were hinged together and were flipped open as they were brought into position, allowing both the shell/missile and propellant charge to be rammed into the breech in one motion in the T-72 the tray is brought to the breech as-is, with the shell in the lower slot and the charge in the upper one, and the mechanical rammer sequentially loads each of them, resulting in a longer reloading cycle. [75]

The autoloader has a minimum cycle of 6.5 seconds (ATGM 8 seconds) and a maximum cycle of 15 seconds for reload, in later versions the sequence mode allows to reload in less than 5 seconds, allowing to reach 3 shots in 13 seconds.

The autoloader system also includes an automated casing removal mechanism that ejects the propellant case through an opening port in the back of the turret during the following reload cycle.

The autoloader disconnects the gun from the vertical stabilizer and cranks it up three degrees above the horizontal in order to depress the breech end of the gun and line it up with the loading tray and rammer. While loading, the gunner can still aim because he has a vertically independent sight. With a laser rangefinder and ballistic computer, final aiming takes at least another three to five seconds, but it is pipelined into the last steps of auto-loading and proceeds concurrently.

In addition to the 22 auto-loaded rounds, the T-72 carries 17 [76] rounds conventionally in the hull, which can be loaded into the emptied autoloader trays or directly into the gun.


T-80 (MBT)

The T-80 of the Russian Army was born in the era of the Soviet Empire during the Cold War. The type was a further evolution of the T-64 line with elements of the successful T-72 added for promising measure. The end result, the first production tank to utilize a gas turbine engine, proved a limited success with numbers never reaching those of its predecessor nor the overtly popular T-72. While still in active service today (2012), the days of the T-80 as a frontline battlefield solution are coming to an end as its available numbers are continually reduced with each passing year. The T-90 (based on the T-72) maintains the primary position in the modern Russian Army, leaving the T-80 as something of an interim solution at best, a measure serving to bridge the gap between the expired Soviet-era T-64 and modern Russian Federation T-90.

In 1963, the Red Army began use of the T-64 Main Battle Tank which formed the spearhead of Soviet armor strength during the critical years of the Cold War. The T-64 incorporated an automatic loader coupled to a 125mm smoothbore main gun capable of firing guided anti-tank missiles. Its arrival certainly forced the West to take notice as it represented the most modern Red Army tank of the time. The T-72 was then developed in short order as a simpler, economical counterpart to the T-64, though it ended up surpassing the T-64 in both numbers and world popularity (some 25,000 T-72 tanks were produced to the 13,000 T-64s). Soviet tank doctrine called for both tank types to serve concurrently and allowed for financial flexibility in the long term. As the T-64 was considered something of a "state secret" in terms of its technology and capabilities, it was not openly exported as the T-72 was.

As such, the T-64 remained the principle high-tech Soviet Main Battle Tank to lead the Red Army onto victory in the event of total war across Europe. In the late 1960s, thought was already being given to a new design built upon the inherent strengths of the T-64. Many developmental tank designs had been in play since the close of World War 2 (1939-1945) for the Soviets and many of these went on to lay the foundation of Soviet tank technologies to come. Such developments began to refine a gas turbine engine that would one day be used in powering an armored vehicle though tank engineers would have to wait for technology to catch up with the desire.

Object 288 was a tank testbed fitted with 2 x GTD-350 series aircraft turbine engines outputting at 690 horsepower. A second design, Object 219 SP1, utilized a single GTD-1000T multi-fuel gas turbine installation and this was able to output at 1,000 horsepower. After extensive testing of various chassis configurations, the Object 219 SP1 was modified into the refined Object 219 SP2 and it was this prototype that formed the basis of the "T-80". Design of the T-80 would span from 1967 until 1975 to which then serial production was ordered and the vehicle entered service in 1976 following the requisite army trials. Production of T-80s would last until 1992 to which 5,404 units would be delivered from LKZ and Omsk Transmash in Russia and Malyshev in the Ukraine. The gas turbine powerplant allowed for greater power over that of traditional diesel-fueled types at the expense of fuel consumption, general reliability and overall cost.

In keeping with Soviet tank design traditions, the T-80 managed a very low profile, exceptional inherent maneuverability and fielded a smoothbore main gun. The use of an autoloader in the turret reduced the traditional operating crew from four to three personnel to be made up of the driver (in the hull) and the commander and gunner (in the turret). The autoloader also allowed for a dimensionally shallower turret design and lighter overall weight. The tank's overall configuration was conventional with the engine at rear, the turret at center and the driver in front. The running gear of the T-80 consisted of six double-tired road wheels to a track side with the drive sprocket at the rear and the track idler at front. The upper track regions were protected over in side skirt armor. General armor protection is steel and composite which can be enhanced through add-on reactive armor blocks. Portions of the T-72's torsion bar suspension system was carried over into the T-80 which allowed for excellent inherent mobility for a vehicle of this weight class.

The T-80's primary armament was the 125mm 2A46-2 smoothbore main gun (same as on the T-72) residing in the front-center portion of the turret. The earlier T-80 marks had internal storage space for up to 36 x 125mm projectiles while newer variants housed up to 45. This could be made up of a mix of munitions to include HE-FRAG(FS), HEAT-FS and APFSDS-T projectiles as well as 9M112 or 9M119 laser-guided anti-tank missiles. Secondary armament was a 7.62mm PKT machine gun in a coaxial position. A 12.7mm NSVT or PKT series heavy machine gun took up the anti-aircraft role at the commander's cupola on the turret roof. The number of smoke grenade dischargers proved variable depending on the production model in question though at least eight were generally fitted (two banks of four launchers to each frontal turret facing.

The base SG-1000 gas turbine engine outputted at 1,000 horsepower. This was coupled to a transmission system featuring five forward and 1 reverse speed which allowed for an inherent operational range of 208 miles to be reached in theory. External tanks mounted along the rear of the hull could extent this to 270 miles under ideal conditions. Maximum road speed was 43 miles per hour while speeds of 30 miles per hour cross-country were attainable though largely based on the operating environment and driving habits.

Initial T-80 production models of 1976 were designation simply as "T-80" and fielded with a standard laser rangefinder but lacked support for Explosive Reactive Armor (ERA) blocks and firing of anti-tank missiles from the main gun. The first major upgrade in the line became the T-80B of 1982 and this version supported firing of anti-tank missiles 9K112 "Kobra" (NATO: AT-8 "Songster") and introduced an all-new stabilized fire control system in a revised turret shell. The T-80B was then revised in 1980 with a newer, more powerful engine outputting at 1,100 horsepower. In 1982, a new main gun was added to the production lines and, in 1985, provisions to support ERA blocks was added (this produced the T-80BVmark). The command tank version of the T-80B was the T-80BK. Also in 1982, the now-standardized T-80A form was introduced with a new turret and an improved fire control system. This was followed by the heavier T-80U which allowed for use of the 9K119 "Refleks" (NATO: AT-11 "Sniper") laser-guided, anti-tank missile fired from the main gun. Additionally, the T-80U was given additional armor protection through the use of "Kontakt-5" ("K5") ERA blocks while its fire control system was again improved. 1990 saw the T-80U gifted with a new engine of 1,250 horsepower output. The T-80UM1 "Bars" ("Snow Leopard") incorporated much improved anti-missile facilities ("Shtora-1" countermeasures). The T-80UM2 has been given a new cast turret design.

The T-80UD "Bereza" of 1987 was a further evolution of the T-80 handled by Ukraine and incorporated an indigenous 6TD series diesel engine as well as a remote-controlled anti-aircraft machine gun station. The latter allowed for firing of the weapon by the crew from within the turret. The Ukrainian T-80UD was then itself evolved to become the "T-84" of 1999, the standard (and present) Ukrainian Army Main Battle Tank as of this writing (2012).

The Soviet T-80 never saw combat through the envisioned large-scale ground war in Europe. The Soviet Union fell in 1991 and its T-80s were used in a failed coup attempt by communist and allied military leaders thereafter. At the time of the Soviet collapse, T-80 strength had reached close to 5,000 units and, in the years following, stocks of these tanks were passed onto successor states such as Ukraine, Kazakhstan and Belarus. Over time, Russian Army T-80 numbers began to dwindle by the hundreds, many being placed in reserve and then headed to storage. While available in numbers at the time, the T-80 was not deployed operationally with the Soviet Army during the Soviet-Aghan War (1979-1989).

The first true notable combat experience concerning T-80 tanks was in the First Chechen War (1994-1996). Russian military budget cuts led to ill-trained Russian tankers fighting across urban environments they were not entirely prepared for. This seemingly played to the strengths of the Chechen guerillas who developed viable defensive and offensive tactics that showcased their prowess in lethal fashion through surprise attacks with anti-tank measures, exacerbating weaknesses in both the T-80 design and modern Russian Army doctrine (the tanks lacked any infantry or armored vehicle support through the operations). Russian Army T-80s in Chechnya proved highly susceptible to anti-tank rocket-propelled grenades and, thusly, forced a program to improve the tank's anti-missile defenses. The attack on the city of Grozny alone cost the Russian Army over 200 tanks lost to action in a single month. Actions in the theater also proved the T-80's inherent range as quite limited (approximately 200 miles without external fuel stores being fitted), making her something of a tactical liability to Russian generals requiring more.

While the T-80 was not allowed to be sold on the export market under Soviet rule, the collapse of the Soviet Empire and, with it, the "old way of doing things", the Russian government opened the T-80 to sale. The vehicle subsequently entered the inventories of Cyprus, Egypt, South Korea, and Yemen while joining existing operators in Armenia, Belarus and Kazakhstan. The Chinese government purchased at least 50 T-80 tanks for trials though they elected not to proceed with large-scale procurement. Similarly, the T-80 failed to secure contracts with Turkey and Greece. Ukrainian-made T-80s found their way to Pakistan while Ukraine also delivered four examples to the United States for evaluation, these joining a single T-80U donated from Britain.

As it stands, the T-80 maintains an active though position in the Russian Army numbering some 1,400 available units with many remaining in key reserve storage facilities - perhaps as many as 3,000 have met this fate. The T-90, a modernization of the T-72 system, is the primary Russian Army Main Battle Tank and numbers 1,670 strong as of 2012. The T-90 incorporates key qualities of the successful T-72 system before it as well as developments refined through operational use of the T-80.

The T-80 chassis has been branched out to fulfill various other battlefield roles including that of engineering, recovery, bridge carrier/layer and mine clearance vehicle.

November 2016 - A new upgrade is available for the T-80BV MBT series. The modernization is intended to bring the T-80BV inline with upgraded T-72B3 tanks. Part of the upgrade includes the PNM Sosna-U gunner's sighting device and broader support for munition types fired from the main gun - including armor-defeating missiles. The onboard laser rangefinder will range out to 7,500 meters. Crew survivability will also be addressed through a dynamic, 3rd-generation protection system.


コンテンツ

Cold War

Medium tanks were the earliest MBTs. MBTs started replacing medium tanks when guns on medium tanks became powerful enough to win against heavy tanks. ΐ] Heavy tanks could not carry armor strong enough to win against medium tanks.

The nuclear weapon threat and other anti-tank weapons in the Cold War made countries add more protection to survive in all types of combat. Weapon designers made powerful cannons to defeat the armor. &#913&#93

The British Centurion is generally considered to have been the world’s first main battle tank, although the term was not popularised until long after it entered service. The British followed this up with the Chieftain main battle tank, which entered service in 1966. The first Soviet main battle tank was the T-64 Β] and the first American MBT was the M60 Patton. Γ] By the late 1970s, MBT's were manufactured by France, West Germany, Britain, India, Japan, the USSR, Sweden, Switzerland, and the United States. &#916&#93

The Soviet Union made MBTs very quickly because it needed them for their type of war. Ε] The Soviet Union improved the cannon by replacing the loader crewman with an automatic autoloader. This made the turret smaller which also makes the tank harder to see or hit Α] The Soviet Union made missiles that could be shot much farther than other ammunition. &#913&#93

湾岸戦争

After the Cold War, American tanks quickly defeated Iraqi tanks in the Gulf War. The American MBTs were still not as good as attack helicopters at destroying Iraqi tanks. Ζ] Some said that the MBTs could not stop an enemy force from attacking. &#919&#93


設計

The T-64’s second trend-setting innovation was the introduction of composite armor, which layered ceramics and steel together to provide superior resistance compared to only steel. Armor protection ranged up to 450mm in thickness. In spite of being armed and armored like a heavy tank, the T-64 weighed only 38 tonnes.

Further, the T-64 had lightweight, small diameter all-steel road wheels in contrast to the large, rubber rimmed ones on the T-55 and T-62. These features made the T-64 expensive to build, significantly higher than previous generations of Soviet tanks. This was especially true of the power pack, which was time-consuming to build and cost twice as much as more conventional designs.


Back to the Drawing Board: the T-64 Tank

By the early 1960s, Soviet T-54/55 tanks were finding themselves outclassed by the British 105mm gun that was fitted to most new NATO main battle tanks. The T-62 was entering service, but would do little more than achieve parity with the 105mm-armed Centurion and M60.

Soviet military intelligence was also becoming increasingly concerned about the development of the British Chieftain, whose thick armour and 120mm gun threatened to make the T-62 obsolescent.

It was clear that an entirely new type was needed to match the new generation of Western tanks, and the Soviets decided to back the futuristic design proposed by Alexander Morozov, who had been responsible for the development of the T-34/85 and the T-54/55.

Although its ‘high-tech’ features, such as an auto-loader for the main armament and its ultra-compact multi-fuel engine, were superficially impressive, they proved to be complex to maintain and were highly unreliable.

One Soviet engineer assessed the tank’s controls as being more complex than those of a jet fighter. But whereas jets were piloted by officers who underwent several years of training, the T-64 was usually commanded by a poorly educated conscript NCO who would only serve for two years

A step too far

The Soviet defector Viktor Suvorov, whose regiment was one of the first to be issued with the T-64 in 1967, recalled that ‘the engine itself was not only bad, it was disgusting. Several teams of workers and engineers, and a gang of designers, were sent along simply to maintain our one tank regiment. But they could not hope to solve problems arising from the engine’s design, try as they might.’

The prototypes’ engines had a life of barely 90 hours’ running time, and even when the tank entered service they had a 35% failure rate. Few lasted much more than 200 hours. One of the main culprits was the air-cleaner system, which had to be repeatedly redesigned.

Suvorov was equally scathing in his assessment of the sighting system for the smooth-bore main armament (initially a 115mm gun, soon replaced by a 125mm version). He called it ‘an all-powerful gun, which always missed its target.’

However, probably the worst aspect of the armament was the auto-loader, which gave a theoretical rate of fire of one round every 13 seconds. In practice, it too broke down with monotonous regularity, forcing the gunner to awkwardly reach around it to manually load the gun, reducing the rate of fire to barely one round per minute.

Even when it did work as intended, early models posed a significant risk to the turret crew, as there were no safety features and it was all too easy for clothing or equipment to be caught in the mechanism, jamming the auto-loader and seriously injuring the victim.

The fundamental problem was that the tank was ‘a step too far’ for the Soviet technology of the 1960s. It took years of work before the design was finally transformed into a reliable combat vehicle.

This article was published in the April 2020 issue of Military History Matters。 To find out more about subscribing to the magazine, click here.


ビデオを見る: מדוע כל האויבים חוששים מטנק המרכבה של ישראל