バウンティ号の反乱の生存者がティモールに到着

バウンティ号の反乱の生存者がティモールに到着


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イギリスのキャプテンウィリアムブライと他の18人がHMSから漂流した バウンティ 7週間前、小さなオープンボートで4,000マイル近く移動した後、イーストインディーズのティモールに到着します。

続きを読む:HMSバウンティ号の反乱

4月28日、船長の配偶者であるフレッチャークリスチャン バウンティ、 ブライ大尉と彼の支持者に対して反乱を成功させた。イギリスの海軍艦艇は、カリブ海のイギリスの植民地に植えるためにタヒチからパンノキの苗木を輸送していました。航海は困難で、船長、将校、乗組員の間で悪感情が蔓延していた。ブライは、彼のキャリアの中で最終的に合計3つの反乱の餌食になるだろうが、抑圧的な指揮官であり、彼の下にいる人々を侮辱した。 4月28日、トンガ島の近くで、クリスチャンと25人の下士官と船員が船を押収しました。船長と18人の乗組員は、25ガロンの水、150ポンドのパン、30ポンドの豚肉、6クォートのラム酒、6本のワインを入れた小さなボートに漂流しました。

太平洋の真ん中で、船長とその将校を長さ23フィートの混雑したボートに漂流させることにより、クリスチャンと彼の共謀者たちは明らかに彼らに死刑判決を下した。しかし、驚くべき操船術により、ブライと彼の部下は、約3,600マイルの航海の後、1789年6月14日にイーストインディーズのティモールに到着しました。ブライはイギリスに戻り、すぐに再びタヒチに航海し、そこからパンノキの木を西インド諸島に輸送することに成功しました。

その間、クリスチャンと彼の部下はトゥブアイ島での地位を確立しようとしました。彼らの植民地化の努力に失敗した、 バウンティ 北にタヒチに向けて航海し、イギリス当局に捕らえられる危険性があるにもかかわらず、16人の乗組員がそこにとどまることに決めました。クリスチャンと他の8人は、6人のタヒチの男性、12人のタヒチの女性、そして1人の子供とともに、南太平洋で安全な避難所を探すことにしました。 1790年1月、 バウンティ タヒチの東1,000マイル以上にある孤立した無人の火山島であるピトケアン島に定住しました。タヒチに残っていた反逆者たちは捕らえられ、イギリスに連れ戻され、そこで3人が絞首刑にされました。イギリスの船がクリスチャンなどを捜索しましたが、見つかりませんでした。

1808年、アメリカの捕鯨船が調理用の火からの煙によってピトケアンに引き寄せられました。アメリカ人は、元の9人の反逆者の唯一の生存者であるジョンアダムズが率いる子供と女性のコミュニティを発見しました。アダムズによると、ピトケアンに定住した後、入植者たちは剥ぎ取って燃やした バウンティ、 そして、内戦と病気がフレッチャーとアダムスを除くすべての人の死をもたらしました。 1825年にイギリスの船が到着し、正式にアダムスに恩赦を与えました。彼は1829年に亡くなるまで、ピトケアンコミュニティの総主教を務めました。

1831年、ピトケアン諸島の人々はタヒチに再定住しましたが、そこでの生活に満足せず、すぐに故郷の島に戻りました。 1838年、近くの3つの無人島を含むピトケアン諸島が大英帝国に編入されました。 1855年までに、ピトケアンの人口は200人近くにまで増加し、2平方マイルの島はその住民を維持することができませんでした。 1856年、島民はノーフォーク島に移されました。ノーフォーク島は、西に4,000マイル近く離れた正式な流刑地です。しかし、2年も経たないうちに、17人の島民がピトケアンに戻り、1864年にはさらに多くの家族が続きました。現在、約40人がピトケアン島に住んでおり、ほんの一握りを除いてすべてがピトケアンの子孫です。 バウンティ ミューティナー。ノーフォーク島の約1,000人の居住者(人口の半分)は、フレッチャークリスチャンと他の8人のイギリス人からの血統をたどっています。


反乱の後:ブライ大尉の帰還

バウンティ号の反乱は非常に巧妙な犯罪ですが、ブライが次に達成したのは、物語の真に伝説的な部分です。

このコンテストは終了しました

1789年4月28日に太陽が昇る直前、HMSのウィリアムブライ大尉 バウンティ カットラスポイントで起こされました。武器は乗組員フレッチャークリスチャンによって保持されました。ブライは反逆者の群れによって彼の命令から強制的に解放され、7メートルの長さのボートに無礼に束ねられました。

18人の忠実な乗組員がブライと一緒に短距離で最大15人を運ぶように設計された船に詰め込まれました。彼らは4つのカトラス、象限とコンパス、28ガロンの水、150ポンドのパン、32ポンドの塩漬け豚肉、6クォートのラム酒と6本のワインを与えられ、太平洋に漂流しました。

2世紀半後、反乱は バウンティ は海軍の民間伝承の一部であり、ハリウッドのおかげで、クリスチャンは威勢のいい反逆者(エロール・フリン、クラーク・ゲーブル、マーロン・ブランド、メル・ギブソンなどの主演男優が画面上で演じる)と見なされ、ブライは意地悪な暴君として記憶されています。真実はもっと複雑ですが、大衆文化ではないにしても、海事の歴史におけるブライの遺産を支えるのは反乱の直後に起こったことです。

マストの色

反乱は無血でしたが、より多くのメンバーが バウンティの 44人の乗組員は、実際にはクリスチャンよりもキャプテンの側に立っていました。いくつか残っています バウンティ 運命のように見える彼の船でブライに加わることを物理的に抑制しなければなりませんでした。

しかし、これらの男性が彼らの船長に本当に忠実であったかどうか、または反乱に関連することの結果を恐れているかどうかは議論の余地があります。この船は、奴隷のための安価な食料の潜在的な供給源としてタヒチからパンノキを集めるという平和的な使命を帯びていましたが、英国海軍は19世紀後半を通して恒久的な戦争の足がかりを持っていました。反逆者がイギリスに戻った場合、彼らは反逆罪のために絞首台への旅行を保証されました。

彼の永続的な評判にもかかわらず、ブライは彼の時代には比較的穏健な懲戒者でしたが、彼は人々に悪質な口頭での暴行を開始したことで悪名高いほど短期間で悪名高いものでした(一部の歴史家は彼がトゥレット障害を持っていた可能性があると示唆しています)。の数 バウンティの 乗組員は、ブライが航海中に降格したセーリングマスターのジョンフライヤーのように、反乱の後に彼と一緒に打ち上げに行き着いたキャプテンを熱心に嫌い、クリスチャンを彼の代わりに中尉代理として設置しました。

ブライの下で以前のいくつかの旅で奉仕したクリスチャンとのブライの関係は複雑でした。二人の男は友達でしたが、 バウンティ、ブライは常にクリスチャンを殴り、乗組員の前で屈辱を与え、最終的に彼を限界点に追いやった。

打ち上げが自由にカットされたので バウンティ、ブライは彼の古い友人の目をじっと見つめ、彼に思い出させました:「あなたは私の子供たちをあなたの膝の上にぶら下げました…」

「私は地獄にいます」とクリスチャンは語り、感情的な反応を示しました。他の反逆者はそれほど衝突していませんでした。 「オタヒチの万歳!」の反逆者の乗組員からの最後の叫びでした バウンティ、それが地平線のために作ったように。オタハイトはタヒチの現代的な名前でした–恋に悩む船乗りたちは彼らの母国の妻に戻っていました。ブライの男性は、パンの実が輸送できる段階に達するのを待っている間、島ののんびりとしたライフスタイルと女性の仲間を楽しんで5か月を過ごしました。ボートでの生活に戻るのは決して簡単なことではありませんでした。

風に近い

ブライと海の真ん中で危険なほど過負荷の小さなボートに乗った乗組員のほぼ半数が死刑判決を受けた可能性がありますが、反逆者たちはおそらく近くのトンガに行くと思っていました。もしそうなら、彼らはかつてのキャプテンをひどく過小評価していました。キャプテンは、漂流者のように弱く人生に服従するつもりはありませんでした。

ブライは、HMSで船の少年と船長の使用人として船乗りのキャリアを始めました モンマス、7歳。彼は平時はクック大尉の下で、戦争ではネルソン提督の下で区別されて奉仕し、すべての説明で、素晴らしいナビゲーターでした。それでも、チャートやマリンクロノメーターのないかろうじて耐航性のあるボートで3,500海里以上の海を渡ってインドネシアのティモール(最も近いヨーロッパの集落)に向かうことは極端に大胆でした。

彼らが最初に立ち寄ったのは、30海里離れた小さな島であるトフア島でした。そこで彼らはわずかな食料を増やしようとしました。しかし、島の敵対的な住民が彼らを攻撃し、ジョン・ノートン、 バウンティ、 殺された。彼らはいくつかのカヌーによって島から追いかけられましたが、船外に衣服をロビー活動することによって追跡者の気をそらすことができました。

ブライはそれでも絶望的に供給不足でしたが、餌を与える口が1つ少なくなり、オーストラリアの北端に向かって西に進みました。途中で、彼はフィジーの島々を通る最初のヨーロッパの通路を導きました。細心の注意を払った地図製作者であるブライは、ヤサワ群島の海岸線をスケッチしましたが、トフア島の攻撃の後で緊張し、以前にフィジーでの共食いの噂を聞いていたため、立ち止まることを選びませんでした。乾舷(蠢く部屋の量)が人間の手よりも大きくないボートで、開いた南太平洋の大きなうねりを交渉することは、想像を絶するほどの神経を破壊する悪夢でした。

ボートを浮かせておくために、すべての手が絶えず保釈しなければならず、転覆を避けるために、操舵手の集中力は一瞬揺らぐことができませんでした。大きな海、嵐、集中豪雨が彼らを襲った。絶えず水に浸かって風にさらされていた男性たちは、絶え間なく凍っていましたが、新鮮な雨水が彼らを生かし続けました。

島の救助

1か月間、男性は1日に数オンスのパンと時折スプーン1杯のワインで生活していましたが、5月29日に着陸し、名前を付けました。
–オーストラリアの東海岸沖のレストレーション島。ティモールからまだ1,300海里の距離にある彼らは、救いを受け入れる男性のように浜辺に落ちました。

グレートバリアリーフに沿って島が北にホッピングしている間、カーペンターウィリアムパーセルとの口論が食物をめぐって噴火したとき、ブライは2番目の反乱をかろうじて逃れた。ブライがカットラスでパーセルを脅かすまで、それは急速にエスカレートしました。ジョン・フライヤーとウィリアム・コールも関与しましたが、最終的にはブライに降伏した乗組員は従う必要がありました。フライヤーは後に、ブライは「船の中と同じように船の中の彼の気性において暴君的だった」と言った。

ボートがかろうじて浮かんでいて士気が沈んでいる状態で、ブライはヨーク岬をうまく見つけました。彼らは6月初旬にエンデバー海峡を通ってアラフラ海に出航し、2週間後にティモールのオランダ人入植地であるクーパンに到着しました。トフアを出てから47日後、ようやく上陸したとき、乗組員は絶望的な状態にあり、多くの人が歩くことができませんでした。植物学者のデビッド・ネルソンはすぐに熱で亡くなりました。ブライは、バタビア、そしてヨーロッパに到達するために必死で、10メートルのスクーナー、HMSを購入しました リソース、そして生存者は8月20日に1,800マイルの旅に出発しました。

スラバヤでは、彼の乗組員との別の口論により、ブライはバヨネットポイントでフライヤーとパーセルを逮捕し、彼らにアイロンをかけさせました。しかし、1789年10月1日、不幸なアンサンブルがついにバタビアに到着しました。ほぼ即座に、ブライはジョン・サミュエルとジョン・スミスを伴ってヨーロッパに向けて出発しました。

軍法会議は、 バウンティ、およびHMS パンドラ ミューティナーを追い詰めるために送られたが、その多くはグリズリーエンドに出会った。生存者のうち、10人がイギリスに連れ戻され、4人が無罪となり、3人が赦免され、3人が絞首刑になりました。これは、ブライが2回目のパンノキミッションでタヒチに派遣されたために逃したという結論です。

の反乱 バウンティ その後、トフアからクーパンまでの3,500マイルを超える小さな混雑した打ち上げをナビゲートしたブライの業績は、ジェームズクック大尉とホレーショネルソン提督の隣に、同世代の最も有名な海軍兵としての名前を固めました。ブライでさえ、死後大画面の悪役として描かれたことに対する代償と見なしたかもしれません。


今日の歴史

2021年6月14日(MIA)

–米国の国旗制定記念日

1158年–ミュンヘンは、イザール川のほとりにハインリヒ3世によって設立されました。

1216年–第一次バロン戦争:フランスのルイ王子がウィンチェスターの街を占領し、すぐにイングランド王国の半分以上を征服しました。

1276年–中国南部の福州に亡命している間、前進するモンゴルから離れて、宋王朝の宮廷の残党が若い王子趙士の戴冠式を行い、彼を端宗皇帝にしました。

1285年–ベトナム侵攻の第2モンゴル:チャン・クアン・クアン王子が率いる軍隊が、チュオン・ドゥオンでの戦闘で、侵略中のモンゴル海軍艦隊のほとんどを破壊した。

1287年–クビライ・カーンは、東モンゴルと満州でナヤンと他の伝統主義者のボルジギン王子の勢力を打ち負かしました。

1381年–イギリスのリチャード2世が、ブラックヒースで農民の反乱の指導者と会う。ロンドン塔は、抵抗なく入る反逆者に襲われます。

1404年–ウェールズの反政府勢力の指導者、オワイン・グリンドゥールは、自分自身をプリンス・オブ・ウェールズと宣言し、イギリスのヘンリー4世に対してフランス人と同盟を結びました。

1618年– Joris Veselerが、最初のオランダの新聞Courante uyt Italien、Duytslandt、&ampcを印刷しました。アムステルダムで(おおよその日付)。

1645年–イングランド内戦:ネイズビーの戦い–12,000人の王立軍が15,000人の国会議員の兵士に殴打された。

1667年–第二次英蘭戦争におけるオランダ艦隊によるメドウェイ川襲撃が終了。それは5日間続き、英国海軍の史上最悪の敗北をもたらしました。

1690年–イギリスのウィリアム3世(オレンジのウィリアム)がアイルランドに上陸し、元王ジェームズ2世と対峙する。

1775年–アメリカ独立戦争:大陸軍は大陸会議によって設立され、アメリカ陸軍の誕生を記念しました。

1777年–星条旗は、米国の旗として議会に採用されました。

1789年–バウンティ号の反乱:ウィリアム・ブライ大尉と他の18人を含むHMSバウンティ号の反乱の生存者は、オープンボートで約7,400 km(4,600マイル)の旅をした後、ティモールに到着します。

1789年–トウモロコシから蒸留されたウイスキーは、アメリカの聖職者であるエライジャクレイグ牧師によって最初に製造されました。クレイグ牧師がケンタッキー州バーボン郡に住んでいたことから、バーボンと名付けられました。

1800年–ナポレオン・ボナパルト第一領事のフランス軍が北イタリアのマレンゴの戦いでオーストリア人を打ち負かし、イタリアを再征服しました。

1807年–ナポレオン皇帝のフランス大陸軍がポーランドのフリートラントの戦い(現代のロシアのカリーニングラード州)でロシア軍を破り、第四次対仏大同盟の戦争を終わらせました。

1821年–センナールの王バディ7世は、オスマン帝国の将軍であるイスマーイールパシャに王位と領土を明け渡し、スーダン王国の存在を終わらせました。

1822年–チャールズ・バベッジは、王立天文学会に「天文表と数表の計算への機械の適用に関する注記」というタイトルの論文で階差機関を提案しました。

1830年–フランス領アルジェリアの植民地化の始まり:34,000人のフランス兵がアルジェの侵略を開始し、西に27キロ離れたシディフレッドジュに上陸しました。

1839年–ヘンリーロイヤルレガッタ:オックスフォードシャーのテムズ川沿いにあるヘンリーオンテムズの村で、最初のレガッタが上演されます。

1846年–ベアフラッグ反乱が始まる–カリフォルニア州ソノマのアングロ入植者がメキシコに対する反乱を開始し、カリフォルニア共和国を宣言する。

1863年–南北戦争:第二次ウィンチェスターの戦い–北バージニア軍が、バージニア州ウィンチェスターのシェナンドアバレーの町で北バージニア軍に敗北した。

1863年–南北戦争中のポートハドソンの包囲戦で南軍に対する2回目の暴行が行われた。

1872年–カナダで労働組合が合法化されました。

1900年–ハワイはアメリカ合衆国の領土になります。

1900年–国会議事堂は、ドイツ海軍の拡大を許可する第2法を承認しました。

1907年–ノルウェーは女性に選挙権を与えました。

1919年–ジョン・アルコックとアーサー・ウィッテン・ブラウンがニューファンドランドのセントジョンズを出発し、最初のノンストップ大西洋横断飛行を行いました。

1926年–ブラジルが国際連盟を去る

1937年–ペンシルベニア州は、国旗制定記念日を州の祝日として公式に祝う、米国で最初の(そして唯一の)州になりました。

1937年–米国下院がマリファナ税法を可決。

1940年–第二次世界大戦:ドイツの秋の腐敗の一環として、パリは占領され、連合軍は撤退しました。

1940年–ソビエト連邦はリトアニアに最後通告を提示し、リトアニアの依存関係を失った。

1940年–タルヌフからの728人のポーランドの政治犯のグループがアウシュヴィッツ強制収容所の最初の仲間になりました。

1941年– 6月の強制送還:ソビエトの大量強制送還とエストニア人、ラトビア人、リトアニア人の殺害の最初の主要な波が始まります。

1944年–第二次世界大戦:何度か失敗した後、イギリス軍はパーチ作戦を放棄しました。パーチ作戦はドイツ占領下のカーンの町を占領する計画でした。

1945年–第二次世界大戦:第15、第66、第121のフィリピン軍空想連盟、フィリピン連邦軍、USAFIP-NLは、イロコススルで捕らえられたものを解放し、北ルソンでベサンガ渓谷の戦いを開始します。

1949年–アカゲザルのアルベール2世が、V-2ロケットに乗って高度134 km(83マイル)に到達し、宇宙で最初のサルになりました。

1951 – UNIVAC Iは、米国国勢調査局によって献身されています。

1952年–原子力潜水艦USSノーチラスのキールが設置されました。

1954年–米国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーは、「神の下で」という言葉を米国の忠誠の誓いに入れる法案に署名しました。

1955年–チリがブエノスアイレス著作権条約に署名。

1959年–西半球で最初の毎日稼働するモノレールシステムであるディズニーランドモノレールシステムが、カリフォルニア州アナハイムで一般公開されました。

1959年–ドミニカの亡命者のグループがキューバを出発し、ラファエル・トルヒーヨの全体主義政府を打倒する目的でドミニカ共和国に上陸しました。 4人を除くすべてが殺されるか実行されます。

1962年–欧州宇宙研究機構がパリに設立され、後に欧州宇宙機関になりました。

1966年–バチカン市国は、もともと1557年に制定された禁書目録(「禁止された本の禁書目録」)の廃止を発表しました。

1967 –マリナー計画:マリナー5号が金星に向けて打ち上げられました。

1967年–中華人民共和国が最初の水素爆弾をテストしました。

1982年–フォークランド紛争:首都スタンレーのアルゼンチン軍は条件付きでイギリス軍に降伏しました。

1985 – TWA 847便は、ギリシャのアテネから離陸した直後に、レバノンのイスラム主義組織ヒズボラによってハイジャックされました。

1986 –ミンドベンダーの事故がウェストエドモントンモールで発生しました。この事故で3人が死亡し、1人が負傷した。この事故により、WEMはアップグレードのためにMindbenderを数か月間閉鎖しました。 1986年以来、マインドベンダーはそれ以来無事故で走っています。

1994 – 1994年のバンクーバースタンレーカップ暴動は、ニューヨークレンジャースがバンクーバーからスタンレーカップに勝った後に発生し、推定110万カナダドルを引き起こし、200人の逮捕と陪審員を出しました。

2002 –地球近傍小惑星2002 MNは、地球と月の間の距離の約3分の1である75,000マイル(121,000 km)だけ地球を逃します。

2014年–ウクライナ軍のイリューシンIl-76空輸機が撃墜され、搭乗していた49人全員が死亡した。

2015年–アラスカ州ウィロー近郊のマタヌスカ・スシトナ自治区の山火事で、6,500エーカー以上が燃えました。


背景:バウンティ号の反乱

ブライ大尉と彼の乗組員は当初、タヒチから若いパンノキの木を集め、そこで働く労働者のための安価な食料源として西インド諸島(カリブ海)にそれらを持ってくるように命じられました。彼らは、ブライの伝説的な熱い気性と、最近のタヒチからの強制退去に対する乗組員の憤慨と、多くの女性が求愛していたことによって引き起こされたとされる、今や有名な反乱が起こったとき、西インド諸島に向かっていました。激怒したブライ大尉が、船の店からのココナッツの盗難の疑いで一等航海士のフレッチャー・クリスチャンに屈辱を与えたとき、緊張はピークに達しました。

1789年4月28日の朝、クリスチャンに率いられた17人の反逆者がブライを待ち伏せして眠りにつけ、船から降ろすよう命じ、タヒチに戻った。忠実なままだった船長と18人(一部の情報筋によると19人)の乗組員は、バウンティの小型衛星打上げ機に漂流しました。


バウンティ、ピトケアン島、フレッチャークリスチャンの子孫

ボルグナ・ブルナー

ピトケアン方言のフレーズ

ボウヨグウェン? ? どこに行くの?

私はファーダーのモーラをかじった。 ? 明日はお父さんのところに行きます。

ボウヨビン? ? あなたはどこにいた?

私はyennaferporpayを出しました。 ? 私は赤いグアバを求めて出かけます。

足がひどく来ますか? ? なぜここに来たのですか?

サイドアップ、トムサロール。 ? その場所でトムは倒れた。

ソース: ニュージーランドの住民であるレイとアイリーン・ヤングは、士官候補生のエドワード・ヤングの子孫でした。 バウンティ。ピトケアン島のWebサイトの礼儀。

すべての反乱の中で最も有名な、英国のHMSのそれは驚くべきことではありません バウンティ、ポピュラーヒストリーや伝説の理想的な飼料になっています。反乱は5本の映画(マーロン・ブランドを描かずにフレッチャー・クリスチャンを考えることができますか?)と無数の本(マーク・トウェインによる歴史小説を含む)を生み出しました。 ピットケアンの大革命).

南洋のパラディシアの島々を舞台にした反乱には、暴君のキャプテンブライ、貴族のフレッチャークリスチャン(ウィリアムワーズワースの遠い関係)、多数の抑制されていないタヒチの女性、そして構成された船員の群れなど、多くのカラフルなキャラクターが関与していましたコックニー孤児とルフィアン広告主の。

アングロタヒチ文化の保存

反乱へのロマンチックな魅力を永続させるのにも役立ったのは、反乱軍とそのタヒチ人の妻の直系の子孫であるピトケアン島に小さなコミュニティが存在することです。

確かに地球上で最も孤立した場所の1つである南太平洋の1.75平方マイルの火山の斑点に住んでいる現代のピトケアン諸島の人々は、18世紀の反逆者の名前を今でも持っています(たとえば、トムクリスチャンは偉大な​​偉大な人物です。フレッチャーの曾孫)。島民はタヒチ語と18世紀の英語のハイブリッドである方言を話します。それはまるで歴史がペトリ皿に保存されているかのようです(すでに広くロマンチックにされた過去についての別の確かにロマンチックな概念)。

パラダイス

NS バウンティ 1787年12月23日にイギリスを離れ、1788年にタヒチに到着しました。パンノキの苗木の貨物を集めるために送られ、ジャマイカに運ばれ、そこでパンノキは農園で働く奴隷の食糧として使われました。 10か月にわたって27,000マイルを航海した後、乗組員はタヒチでsybaritic牧歌を過ごしました。そこでは、亜熱帯気候、緑豊かな環境、そしてタヒチ人の圧倒的な暖かさとおもてなしを楽しみました。

当時の科学者は、喜んで情熱の理由を放棄し、タヒチ人は「他の神はいないが、毎日愛がそこに奉献され、島全体がその寺院であり、すべての女性がその偶像であり、すべての男性がその崇拝者であることを知っていた」と主張した。 「」男性の多くはタヒチ人の仲間を見つけ、フレッチャー・クリスチャンとマイミティという名前のタヒチ人は深く恋に落ち、後に結婚しました。クリスチャンにとって、マイミティは反乱を起こした船を1隻発射した顔をしていました。

パンノキブライ

1789年4月4日、 バウンティ 千本のパンノキの苗木を積んで、旅の第2戦に乗り出しました。 3週間余り後、トンガ島の近くで、一等航海士のフレッチャー・クリスチャンが率いる乗組員がウィリアム・ブライ大尉に対して反乱を起こし、その下で非人道的な扱いを受けたと主張しました。

ブライと18人の忠実な船員が23フィートのオープンボートに漂流しました。ブライ大尉の日記によると、彼が追い出されたとき、反逆者たちは彼の後にパンノキを投げました。 バウンティ、そして叫んだ、「そこに行く バウンティ 奇跡的に、ブライと彼の支持者たちは、窮屈なボートでの7週間の3,600マイルの航海を生き延び、ついにティモール島に到着しました。

ピトケアンの発見

反乱の後、クリスチャンと彼の船員はタヒチに戻り、そこで25人の男性のうち16人が永久に残ることを決心しました。クリスチャンは、他の8人、その女性、そして少数のタヒチ人男性とともに、安全な避難所を求めて南太平洋を捜索し、最終的に1790年1月23日にピトケアンに定住しました。

タヒチの南東1,350マイルにある孤立した火山島で、1767年7月2日に最初に島を目撃したイギリスの士官候補生ロバートピトケアンにちなんで名付けられました。したがって、反逆者にとって理想的な避難所でした。イギリスの船はそれらを探すのに3か月を費やしましたが、反逆者たちは発見を逃しました。タヒチに残っていた人々はそれほど幸運ではありませんでした。彼らは迅速に捕らえられ、イギリスで裁判にかけられました。そこでは7人が免罪され、3人が絞首刑になりました。

心理分析キャプテンブライ

反乱につながる状況は不明なままです。歴史は、ウィリアム・ブライを恐ろしく残酷なものとして、または単にタイトな船を走らせている規律ある船長として交互に提示してきました。彼が船員を海軍刑に処したり、パンノキの植物に水を与えたりした映画のシーンには歴史的な根拠はありませんが、外交と思いやりは明らかに彼の強いスーツではありませんでした。要するに、船長は優越感を持った、気性の悪い、非常に批判的な権威主義者であったと信じられています。

ブライ自身は、反逆者たちは「オタヒチ人[タヒチ人]の間で、女性とのつながりに加わったイギリスでの生活よりも幸せな生活を送っていた」と主張した。

ブライは板歩きの刑ではなく海軍のはしごを登る

確かに、タヒチの喜びとバウンティに乗った荒涼とした生活との明確な対照が反乱に火をつける役割を果たしましたが、責任は主にブライの船長としての失敗にあるようです。ブライが後にさらに別の反乱に巻き込まれ、再び「抑圧的な行動」で非難されたという事実は、彼の評判を回復しようとする時折の試みを納得のいくものにしません。 1805年、彼はイギリスのオーストラリア植民地であるニューサウスウェールズ州知事に任命されました。過酷な指導者と条件によく慣れている入植者たちは、ブライの支配が耐えられないことに気づきました。 3年以内に、彼らはブライを非難し、投獄されてイギリスに送り返されました。

皮肉なことに、彼の記録に2つの反乱があったからといって、ブライのキャリアは妨げられませんでしたか?彼は最終的に中将に昇進しました。彼は傲慢で残酷でしたが、勇気と知性を持ち、優れたナビゲーター、天文学者、地図製作者でもありました。

引き潮と流れピトケアンの人口の

1790: 27
1800: 34
1806: 35
1850: 156
1856: 194
1857: 0 *
1858: 17
1864: 43

1937: 233
1968: 75
1997: 54
2000: 44
2002: 47
2008: 48
2009: 48
2014: 48

*すべての住民がノーフォーク島に移住したとき、ピトケアンの人口はゼロに落ちました。

1790年にピトケアン島に上陸したミューティナーとタヒチ人は、18年間世界に見えないままでした。生まれたばかりの社会がゼロから自分自身を発明する機会があるにもかかわらず、島の文化はより似ていました 蠅の王 ルソーのユートピアよりも。 1808年にアメリカの捕鯨船が島を発見したとき、殺人と自殺により9人の反逆者のうち8人が死亡しました。

ピトケアンが連邦に加盟

ピトケアンは、最後に生き残ったミューティナー、ジョン・アダムズ、コックニーの孤児のリーダーシップの下で繁栄しました。 バウンティ 仮名アレクサンダースミスの下で。彼はピトケアンで本名に戻ったのですか?どうやらそれは彼が髪を下ろすことができるような場所であると判断したようです。首都のアダムスタウンは彼にちなんで名付けられました。

彼の以前の飲酒の日々とほとんど非識字にもかかわらず、アダムズは宗教と教育の重要性を強調しました バウンティフレッチャークリスチャンの息子、10月木曜日クリスチャン、島で生まれた最初の子供を含むの第2世代?

1825年にイギリスの船が到着し、正式にアダムスに恩赦を与えました。1838年11月30日、ピトケアン諸島(3つの無人島、ヘンダーソン、デューシー、オエノも含まれます)が大英帝国に編入されました。

ノーフォーク島への移民

1855年までに、人口は200人近くに増え、88エーカーの平坦な土地しか持たない小さな島はもはや人々を支えることができませんでした。その結果、ビクトリア女王は、西に3,700マイル以上離れたかつての流刑地であったノーフォーク島を彼らに遺贈しました。

1856年5月3日、194人の全人口がしぶしぶピトケアンを放棄しました。しかし、18か月以内に、17人の移民がピトケアンに戻り、1864年にはさらに4家族が続きました。現代のノーフォークには約1000人がいます。 バウンティ 子孫(人口の約半分)は、6月8日にバウンティデー(ピットケアナーが最初に到着した日)を祝います。

現代のピトケアン

統計

島長: マイク・ウォーレン(2007)
人口: 47
資本: アダムスタウン
宗教: セブンスデーアドベンチスト
言語: 英語(公式)アングロタヒチ語方言
主な職業: 自給自足農業と漁業
農業: 柑橘系の果物、サトウキビ、スイカ、バナナ、山芋、豆。
平均温度: 55-90F
主な収入源: 切手や手工芸品
通貨: ニュージーランドドル
領域: 1.75平方マイル

今日、約50人がピトケアンに住んでいます。一握りを除いて、牧師、学校の先生、その他は、反逆者の直系の子孫です。島に到達する唯一の方法は船ですが、嵐とピトケアンの危険な港が上陸を妨げることがあります。近年、ピトケアンの年3回の補給船の1つが、ノーフォークからピトケアンに向かう途中のサンゴ礁に座礁しました。

郵便サービスには約3か月かかり、医療処置のために、ピットケアナーは船がニュージーランドに輸送するのを待たなければなりません。ニュージーランドは西に数千マイル離れています。全員がセブンスデーアドベンチストで、1886年にアメリカ人宣教師が島に到着した後、改宗しました。

島民は、主に通過する船で訪問者に販売する切手を作成し、手工芸品を作ることによって彼ら自身を支えています。彼らのわずかな収入は、離島の運営を維持するために発生する莫大な費用をカバーしていません。とりわけ、電気は法外であり、貨物は輸送にトンあたり数千ドルの費用がかかります。英国はこれまで島に助成金を支給してきましたが、小さいながらも費用のかかる植民地の費用を引き受け続けるかどうかは定かではありません。

ワールドワイドウェブはピトケアンにワイドワールドをもたらします

ピットケアナー、その系図、および反乱の歴史に専念する個人や組織が世界中にあります(系図ツリーは世界中の7,500の既知の子孫にまで及びます)。ピトケアン島民の友人は、島をサイバースペースに立ち上げました。ピトケアン島のオンラインポータルであり、ノーフォーク島には独自のサイトがあります。ピトケアンアイランドオンラインショップでピトケアンアイランドの手工芸品を購入することも可能になりました!

ピトケアンは最近、そのインターネットドメイン名? "。pn"?を一意のURLを必要とする人々に販売し始めました。 「Yahoo.com」は問題外かもしれませんが、「Yahoo.pn」は手に入るかもしれません。島民のトム・クリスチャンは当初、「。pn」ドメインの権利を英国のインターネット会社に売却しました。 When the cash-strapped islanders realized they were seeing no financial reward they fought for and eventually took back control of their domain name.

ピトケアン島。 Courtesy of the Pitcairn Island Web Site.

Paradise Lost

In recent years, however, a sexual abuse scandal has cast a deep shadow over the island. Accounts of the victimization of women and young girls on Pitcairn began surfacing in 1999. Seven men?more than half the adult male population of the island?were charged with 96 counts of abuse, including rape and sexual assault. Some of the charges dated back four decades. Subject to British law, the accused faced trial in October 2004 on Pitcairn. Three judges, a number of lawyers, and legal staff members made the 3,000-mile journey to Pitcairn from New Zealand. Eight women, all former Pitcairn Islanders, testified by video link from Auckland, New Zealand.

On Oct. 29, 2004, four men were convicted of multiple sex offenses and received jail sentences of up to six years two others were sentenced to community service. Jay Warren, the island's magistrate, was found innocent. The appeals of all four men were dismissed, and they are currently being jailed on Pitcairn and guarded by a prison staff from New Zealand.


Bounty mutiny survivors reach Timor - Jun 14, 1789 - HISTORY.com

TSgt Joe C.

English Captain William Bligh and 18 others, cast adrift from the HMS Bounty seven weeks before, reach Timor in the East Indies after traveling nearly 4,000 miles in a small, open boat.

On April 28, Fletcher Christian, the master’s mate on the Bounty, led a successful mutiny against Captain Bligh and his supporters. The British naval vessel had been transporting breadfruit saplings from Tahiti for planting on British colonies in the Caribbean. The voyage was difficult, and ill feelings were rampant between the captain, officers, and crew. Bligh, who eventually would fall prey to a total of three mutinies in his career, was an oppressive commander and insulted those under him. On April 28, near the island of Tonga, Christian and 25 petty officers and seamen seized the ship. The captain and 18 of his crew were set adrift in a small boat with 25 gallons of water, 150 pounds of bread, 30 pounds of pork, six quarts of rum, and six bottles of wine.

By setting the captain and his officers adrift in an overcrowded 23-foot-long boat in the middle of the Pacific, Christian and his conspirators had apparently handed them a death sentence. By remarkable seamanship, however, Bligh and his men reached Timor in the East Indies on June 14, 1789, after a voyage of about 3,600 miles. Bligh returned to England and soon sailed again to Tahiti, from where he successfully transported breadfruit trees to the West Indies.

Meanwhile, Christian and his men attempted to establish themselves on the island of Tubuai. Unsuccessful in their colonizing effort, the Bounty sailed north to Tahiti, and 16 crewmen decided to stay there, despite the risk of capture by British authorities. Christian and eight others, together with six Tahitian men, a dozen Tahitian women, and a child, decided to search the South Pacific for a safe haven. In January 1790, the Bounty settled on Pitcairn Island, an isolated and uninhabited volcanic island more than 1,000 miles east of Tahiti. The mutineers who remained on Tahiti were captured and taken back to England, where three were hanged. A British ship searched for Christian and the others but did not find them.

In 1808, an American whaling vessel was drawn to Pitcairn by smoke from a cooking fire. The Americans discovered a community of children and women led by John Adams, the sole survivor of the original nine mutineers. According to Adams, after settling on Pitcairn the colonists had stripped and burned the Bounty, and internal strife and sickness had led to the death of Fletcher and all the men but Adams. In 1825, a British ship arrived and formally granted Adams amnesty, and he served as patriarch of the Pitcairn community until his death in 1829.

In 1831, the Pitcairn islanders were resettled on Tahiti, but unsatisfied with life there they soon returned to their native island. In 1838, the Pitcairn Islands, which includes three nearby uninhabited islands, were incorporated into the British Empire. By 1855, Pitcairn’s population had grown to nearly 200, and the two-square-mile island could not sustain its residents. In 1856, the islanders were removed to Norfolk Island, a formal penal colony nearly 4,000 miles to the west. However, less than two years later, 17 of the islanders returned to Pitcairn, followed by more families in 1864. Today, around 40 people live on Pitcairn Island, and all but a handful are descendants of the Bounty mutineers. About a thousand residents of Norfolk Island (half its population) trace their lineage from Fletcher Christian and the eight other Englishmen.

Bounty mutiny survivors reach Timor - Jun 14, 1789 - HISTORY.com

Short Documentary emphasizing the Faith that William Bligh had in God. Many people today don't really know much about Bligh other than that he was a hard and.

Thank you my friend TSgt Joe C. for making us aware that on June 14, 1789 English Captain William Bligh and 18 others, from the HMS Bounty seven weeks before, reached Timor in the East Indies after traveling nearly 4,000 miles in a an overcrowded and uncovered open 23-foot-long boat.
They were cast adrift by mutineer's led by former master’s mate Fletcher Christian.
At least the mutineers set adrift the captain and 18 of his crew with 25 gallons of water, 150 pounds of bread, 30 pounds of pork, six quarts of rum, and six bottles of wine.

Image: Captain William Bligh, Frontispiece to A Voyage to the South Sea 1792

Read more at rmg.co.uk/discover/explore/william-bligh#xpegQUaGSZEt3uE5.99
Background on William Bligh from rmg.co.uk/discover/explore/william-bligh#xpegQUaGSZEt3uE5.99
"William Bligh was an officer in the Royal Navy and was the victim of a mutiny on his ship, the Bounty, in 1789.
Bligh (1754–1817) had a reputation for having a volatile temper and often clashed with his fellow officers and crewmen. His crew mutinied against him during a return trip from Tahiti in 1789.

初期のキャリア
Bligh, the son of a Plymouth customs officer, went to sea aged seven as a captain's servant on board HM Monmouth. He became a skilled young seaman and navigator and in 1776, aged 22, he was appointed sailing master on HM Resolution, serving under Captain James Cook on his final Pacific voyage. He did fine chart and survey work, published alongside Cook's journals, but resented the lack of credit received for this.

1789 Mutiny on the Bounty
By 1781 he had made lieutenant, and six years later, he was recommended the role of acting captain to command the HM sloop Bounty. This was to lead a mission to transfer breadfruit from Tahiti to the Caribbean, as food for the slave labour force used on plantations there.
After five months on Tahiti, master’s mate Fletcher Christian led a mutiny on board the Bounty on 28 April 1789. Eighteen mutineers set Bligh and 18 of his loyal crewmen adrift in a small boat. Bligh, however, was a skilled navigator and managed to sail them nearly 4000 miles to Timor, in the Dutch East Indies. From there, he brought his men back to England to report the mutiny, arriving 14 March 1790.

1791 Return to Tahiti
Bligh was tried for the loss of the Bounty but acquitted and promoted to captain. In August 1791 he once again set sail for Tahiti, but this time he was better prepared, with two ships HMS Providence and Assistance. Despite difficulties it was a success Bligh transferred a cargo-load of breadfruit to the West Indies and returned to Britain with samples of ackee fruit from Jamaica, which he sent to the Royal Society.
However, upon his return Bligh found his reputation had been tarnished thanks to the trial of the Bounty mutineers. He was put on half pay and unemployed for 18 months. Bligh returned to active service in 1795 and served with distinction under Admiral Duncan at the Battle of Camperdown in 1797 and with Nelson at the Battle of Copenhagen in 1801.

1808 Rum Rebellion
In 1806 Bligh was appointed Governor and Captain-General of New South Wales, Australia. Under his strict authority, he set out to stamp out the corruption that was rife among officials and the military in Australia at that time. His interference was not met kindly and in 1808 the military deposed him and put him under house arrest – this was known as the ‘Rum Rebellion’.
Bligh returned to Britain in 1810 and in 1811 was promoted to Rear-Admiral, but his days of active service were over and he died in 1817."


フェイスブック

On June 14 1789, English Captain William Bligh and 18 others, cast adrift from the HMS Bounty seven weeks before, reach Timor in the East Indies after traveling nearly 4,000 miles in a small, open boat.

On April 28, Fletcher Christian, the master’s mate on the Bounty, led a successful mutiny against Captain Bligh and his supporters. The British naval vessel had been transporting breadfruit saplings from Tahiti for planting on British colonies in the Caribbean. The voyage was difficult, and ill feelings were rampant between the captain, officers, and crew. Bligh, who eventually would fall prey to a total of three mutinies in his career, was an oppressive commander and insulted those under him. On April 28, near the island of Tonga, Christian and 25 petty officers and seamen seized the ship. The captain and 18 of his crew were set adrift in a small boat with 25 gallons of water, 150 pounds of bread, 30 pounds of pork, six quarts of rum, and six bottles of wine.

By setting the captain and his officers adrift in an overcrowded 23-foot-long boat in the middle of the Pacific, Christian and his conspirators had apparently handed them a death sentence. By remarkable seamanship, however, Bligh and his men reached Timor in the East Indies on June 14, 1789, after a voyage of about 3,600 miles. Bligh returned to England and soon sailed again to Tahiti, from where he successfully transported breadfruit trees to the West Indies.

Meanwhile, Christian and his men attempted to establish themselves on the island of Tubuai. Unsuccessful in their colonizing effort, the Bounty sailed north to Tahiti, and 16 crewmen decided to stay there, despite the risk of capture by British authorities. Christian and eight others, together with six Tahitian men, a dozen Tahitian women, and a child, decided to search the South Pacific for a safe haven. In January 1790, the Bounty settled on Pitcairn Island, an isolated and uninhabited volcanic island more than 1,000 miles east of Tahiti. The mutineers who remained on Tahiti were captured and taken back to England, where three were hanged. A British ship searched for Christian and the others but did not find them.

In 1808, an American whaling vessel was drawn to Pitcairn by smoke from a cooking fire. The Americans discovered a community of children and women led by John Adams, the sole survivor of the original nine mutineers. According to Adams, after settling on Pitcairn the colonists had stripped and burned the Bounty, and internal strife and sickness had led to the death of Fletcher and all the men but Adams. In 1825, a British ship arrived and formally granted Adams amnesty, and he served as patriarch of the Pitcairn community until his death in 1829.

In 1831, the Pitcairn islanders were resettled on Tahiti, but unsatisfied with life there they soon returned to their native island. In 1838, the Pitcairn Islands, which includes three nearby uninhabited islands, were incorporated into the British Empire. By 1855, Pitcairn’s population had grown to nearly 200, and the two-square-mile island could not sustain its residents. In 1856, the islanders were removed to Norfolk Island, a formal penal colony nearly 4,000 miles to the west. However, less than two years later, 17 of the islanders returned to Pitcairn, followed by more families in 1864. Today, around 40 people live on Pitcairn Island, and all but a handful are descendants of the Bounty mutineers. About a thousand residents of Norfolk Island (half its population) trace their lineage from Fletcher Christian and the eight other Englishmen.


コンテンツ

William Bligh was born on 9 September 1754, but it is not clear where. It is likely that he was born in Plymouth, Devon, as he was baptised at St Andrew's Church on Royal Parade in Plymouth on 4 October 1754, [2] where Bligh's father, Francis (1721–1780), was serving as a customs officer. Bligh's ancestral home of Tinten Manor near St Tudy near Bodmin, Cornwall, is also a possibility. Bligh's mother, Jane Pearce (1713–1768), was a widow (née Balsam) who married Francis at the age of 40. [3]

Bligh was signed for the Royal Navy at age seven, at a time when it was common to sign on a "young gentleman" simply to gain, or at least record, the experience at sea required for a commission. In 1770, at age 16, he joined HMS 猟師 as an able seaman, the term used because there was no vacancy for a midshipman. He became a midshipman early in the following year. In September 1771, Bligh was transferred to 三日月 and remained on the ship for three years.

In 1776, Bligh was selected by Captain James Cook (1728–1779), for the position of sailing master of Resolution and accompanied Cook in July 1776 on Cook's third voyage to the Pacific Ocean, during which Cook was killed. Bligh returned to England at the end of 1780 and was able to supply details of Cook's last voyage.

Bligh married Elizabeth Betham, daughter of a customs collector (stationed in Douglas, Isle of Man), on 4 February 1781. The wedding took place at nearby Onchan. [4] A few days later, he was appointed to serve on HMS Belle Poule as master (senior warrant officer responsible for navigation). Soon after this, in August 1781, he fought in the Battle of Dogger Bank under Admiral Parker, which won him his commission as a lieutenant. For the next 18 months, he was a lieutenant on various ships. He also fought with Lord Howe at Gibraltar in 1782.

Between 1783 and 1787, Bligh was a captain in the merchant service. Like many lieutenants, he would have found full-pay employment in the Navy however, commissions were hard to obtain with the fleet largely demobilised at the end of the War with France when that country was allied with the North American rebelling colonies in the War of American Independence (1775–1783). In 1787, Bligh was selected as commander of His Majesty's Armed Transport バウンティ。 He rose eventually to the rank of vice admiral in the Royal Navy.

William Bligh's naval career involved various appointments and assignments. He first rose to prominence as Master of Resolution, under the command of Captain James Cook. Bligh received praise from Cook during what would be the latter's final voyage. Bligh served on three of the same ships on which Fletcher Christian also served simultaneously in his naval career.

日にち ランク Ship (number of guns)
1 July 1761 – 21 February 1763 Ship's boy and captain's servant HMS モンマス (64)
27 July 1770 Able seaman HMS 猟師 (10)
5 February 1771 Midshipman HMS 猟師
22 September 1771 Midshipman HMS 三日月 (28)
2 September 1774 Able seaman HMS 部隊
30 September 1775 Master's mate HMS 部隊
20 March 1776 – October 1780 主人 HMS Resolution (12)
14 February 1781 主人 HMS Belle Poule
5 October 1781 中尉 HMS ベリック (74)
1 January 1782 中尉 HMS Princess Amelia (80)
20 March 1782 Sixth lieutenant HMS ケンブリッジ (80)
14 January 1783 Joins merchant service
1785 Commanding lieutenant Merchant vessel リンクス
1786 キャプテン Merchant vessel ブリタニア
1787 Returns to Royal Navy
16 August 1787 Commanding lieutenant HM Armed Vessel バウンティ
14 November 1790 司令官 HM Brig-sloop ファルコン (14)
15 December 1790 キャプテン HMS Medea (28) (for rank only)
16 April 1791 – 1793 キャプテン HMS 摂理 (28)
16 April 1795 キャプテン HMS Calcutta (24)
7 January 1796 キャプテン HMS 監督 (64)
18 March 1801 キャプテン HMS グラットン (56)
12 April 1801 キャプテン HMS Monarch (74)
8 May 1801 – 28 May 1802 キャプテン HMS たまらない (74)
March 1802 – May 1803 Peace of Amiens
2 May 1804 キャプテン HMS 戦士 (74)
14 May 1805 Appointed Governor of New South Wales
27 September 1805 キャプテン HMS ネズミイルカ (12), voyage to New South Wales
13 August 1806 – 26 January 1808 Governor of New South Wales
31 July 1808 提督 HMS ネズミイルカ, Tasmania
3 April 1810 –
25 October 1810
提督 HMS Hindostan (50), returning to England.
31 July 1811 Appointed Rear-Admiral of the Blue (backdated to 31 July 1810)
12 August 1812 Appointed rear admiral of the white
4 December 1813 Appointed rear admiral of the red
4 June 1814 Appointed vice admiral of the blue

In the early 1780s, while in the merchant service, Bligh became acquainted with a young man named Fletcher Christian (1764–1793), who was eager to learn navigation from him. Bligh took Christian under his wing, and the two became friends.

The mutiny on the Royal Navy vessel HMAV バウンティ occurred in the South Pacific Ocean on 28 April 1789. Led by Master's Mate / Acting Lieutenant Fletcher Christian, disaffected crewmen seized control of the ship, and set the then Lieutenant Bligh, who was the ship's captain, and 18 loyalists adrift in the ship's open launch. The mutineers variously settled on Tahiti or on Pitcairn Island. Meanwhile, Bligh completed a voyage of more than 3,500 nautical miles (6,500 km 4,000 mi) to the west in the launch to reach safety north of Australia in the Dutch East Indies (modern Indonesia) and began the process of bringing the mutineers to justice.

First breadfruit voyage Edit

In 1787, Lieutenant Bligh, as he then was, took command of HMAV Bounty. In order to win a premium offered by the Royal Society, he first sailed to Tahiti to obtain breadfruit trees, then set course east across the South Pacific for South America and the Cape Horn and eventually to the Caribbean Sea, where breadfruit was wanted for experiments to see whether it would be a successful food crop for enslaved Africans there on British colonial plantations in the West Indies islands. According to one modern researcher, the notion that breadfruit had to be collected from Tahiti was intentionally misleading. Tahiti was merely one of many places where the esteemed seedless breadfruit could be found. The real reason for choosing Tahiti has its roots in the territorial contention that existed then between France and Great Britain at the time. [5] バウンティ never reached the Caribbean, as mutiny broke out on board shortly after the ship left Tahiti.

The voyage to Tahiti was difficult. After trying unsuccessfully for a month to go west by rounding South America and Cape Horn, バウンティ was finally defeated by the notoriously stormy weather and opposite winds and forced to take the longer way to the east around the southern tip of Africa (Cape of Good Hope and Cape Agulhas). That delay caused a further delay in Tahiti, as he had to wait five months for the breadfruit plants to mature sufficiently to be potted in soil and transported. バウンティ departed Tahiti heading east in April 1789.

反乱編集

Because the vessel was rated only as a cutter, バウンティ had no commissioned officers other than Bligh (who was then only a lieutenant), a very small crew, and no Royal Marines to provide protection from hostile natives during stops or to enforce security on board ship. To allow longer uninterrupted sleep, Bligh divided his crew into three watches instead of two, placing his 弟子 Fletcher Christian—rated as a Master's Mate—in charge of one of the watches. The mutiny, which took place on 28 April 1789 during the return voyage, was led by Christian and supported by eighteen of the crew. [6] They had seized firearms during Christian's night watch and surprised and bound Bligh in his cabin.

Despite being in the majority, none of the loyalists put up a significant struggle once they saw Bligh bound, and the ship was taken over without bloodshed. The mutineers provided Bligh and eighteen loyal crewmen a 23-foot (7.0 m) launch (so heavily loaded that the gunwales were only a few inches above the water). They were allowed four cutlasses, food and water for perhaps a week, a quadrant and a compass, but no charts, or marine chronometer. The gunner William Peckover, brought his pocket watch which was used to regulate time. [7] Most of these were obtained by the clerk, Mr Samuel, who acted with great calm and resolution, despite threats from the mutineers. The launch could not hold all the loyal crew members, so four were detained on バウンティ for their useful skills they were later released in Tahiti.

Tahiti was upwind from Bligh's initial position, and was the obvious destination of the mutineers. Many of the loyalists claimed to have heard the mutineers cry "Huzzah for Otaheite!"なので バウンティ pulled away. Timor was the nearest European colonial outpost in the Dutch East Indies (modern Indonesia), 3,618 nmi (6,701 km 4,164 mi) away. Bligh and his crew first made for Tofua, only a few leagues distant, to obtain supplies. However, they were attacked by hostile natives and John Norton, a quartermaster, was killed. [8] Fleeing from Tofua, Bligh did not dare to stop at the next islands to the west (the Fiji islands), as he had no weapons for defence and expected hostile receptions. He did however keep a log entitled "Log of the Proceedings of His Majesty's Ship Bounty Lieut. Wm Bligh Commander from Otaheite towards Jamaica" which he used to record events from 5 April 1789 to 13 March 1790. [7] He also made use of a small notebook to sketch a rough map of his discoveries.

Bligh had confidence in his navigational skills, which he had perfected under the instruction of Captain James Cook. His first responsibility was to bring his men to safety. Thus, he undertook the seemingly impossible 3,618-nautical-mile (6,701 km 4,164 mi) voyage to Timor, the nearest European settlement. Bligh succeeded in reaching Timor after a 47-day voyage, the only casualty being the crewman killed on Tofua. From 4 May until 29 May, when they reached the Great Barrier Reef north of Australia, the 18 men lived on 1 ⁄ 12 pound (40 grams) of bread per day. The weather was often stormy, and they were in constant fear of foundering due to the boat's heavily laden condition. On 29 May they landed on a small island off the coast of Australia, which they named Restoration Island, 29 May 1660 being the date of the restoration of the English monarchy after the English Civil War. Over the next week or more they island-hopped north along the Great Barrier reef—while Bligh, cartographer as always, sketched maps of the coast. Early in June they passed through the Endeavour Strait and sailed again on the open sea until they reached Coupang, a settlement on Timor, on 14 June 1789. [7] Several of the men who survived this arduous voyage with him were so weak that they soon died of sickness, possibly malaria, in the pestilential Dutch East Indies port of Batavia, the present-day Indonesian capital of Jakarta, as they waited for transport to Britain. [9]

Possible causes of the mutiny Edit

The reasons behind the mutiny are still debated some sources report that Bligh was a tyrant whose abuse of the crew led them to feel that they had no choice but to take over the ship. Other sources argue that Bligh was no worse (and in many cases gentler) than the average captain and naval officer of the era, and that the crew—inexperienced and unused to the rigours of the sea—were corrupted by the freedom, idleness and sexual licence of their five months in Tahiti, finding themselves unwilling to return to the "Jack Tar's" life of an ordinary seaman. This view holds that most of the men supported Christian's prideful personal vendetta against Bligh out of a misguided hope that their new captain would return them to Tahiti to live their lives hedonistically and in peace, free from Bligh's acid tongue and strict discipline.

The mutiny is made more mysterious by the friendship of Christian and Bligh, which dates back to Bligh's days in the merchant service. Christian was well acquainted with the Bligh family. As Bligh was being set adrift he appealed to this friendship, saying "you have dandled my children upon your knee". According to Bligh, Christian "appeared disturbed" and replied, "That,—Captain Bligh,—that is the thing——I am in hell—I am in hell". [10]

バウンティ ' s log shows that Bligh was relatively sparing in his punishments. He scolded when other captains would have whipped, and whipped when other captains would have hanged. He was an educated man, deeply interested in science, convinced that good diet and sanitation were necessary for the welfare of his crew. He took a great interest in his crew's exercise, was very careful about the quality of their food and insisted upon the バウンティ being kept very clean. He tried (unsuccessfully) to check the spread of venereal disease among the men. [ 要出典 ] The modern historian John Beaglehole has described the major flaw in this otherwise enlightened naval officer: "[Bligh made] dogmatic judgements which he felt himself entitled to make he saw fools about him too easily … thin-skinned vanity was his curse through life … [Bligh] never learnt that you do not make friends of men by insulting them." [11] Bligh was also capable of holding intense grudges against those whom he thought had betrayed him, such as Midshipman Peter Heywood and ship's gunner William Peckover in regard to Heywood, Bligh was convinced that the young man was as guilty as Christian. Bligh's first detailed comments on the mutiny are in a letter to his wife Betsy, in which he names Heywood (a mere boy not yet 16) as "one of the ringleaders", adding: "I have now reason to curse the day I ever knew a Christian or a Heywood or indeed a Manks [ママ] man. [12] Bligh's later official account to the Admiralty lists Heywood with Christian, Edward Young and George Stewart as the mutiny's leaders, describing Heywood as a young man of abilities for whom he had felt a particular regard. [13] To the Heywood family Bligh wrote: "His baseness is beyond all description." [14] Peckover applied for a position as gunner on HMS 摂理 (the second breadfruit expedition to Tahiti) but was refused by Bligh. In a letter to Sir Joseph Banks, 17 July 1791 (two weeks before departure), Bligh wrote:

Should Peckover my late Gunner ever trouble you to render him further services I shall esteem it a favour if you will tell him I informed you he was a vicious and worthless fellow – He applied to me to render him service & wanted to be appointed Gunner of the Providence but as I had determined never to suffer an officer who was with me in the バウンティ to sail with again, it was for the cause I did not apply for him. [15]

Bligh's refusal to appoint Peckover was partly due to Edward Christian's polemic testimony against Bligh in an effort to clear his brother's name. [15] Christian states in his appendix:

In the evidence of Mr. Peckover and Mr. Fryer, it is proved that Mr. Nelson the botanist said, upon hearing the commencement of the mutiny, "We know whose fault this is, or who is to blame, Mr. Fryer, what have we brought upon ourselves?" In addition to this, it ought to be known that Mr. Nelson, in conversation afterwards with an officer (Peckover) at Timor, who was speaking of returning with Captain Bligh if he got another ship, observed, "I am surprized that you should think of going a second time with [Bligh] (using a term of abuse) who has been the cause of all our losses." [15] [16]

Popular fiction often confuses Bligh with Edward Edwards of HMS パンドラ, who was sent on the Royal Navy's expedition to the South Pacific to find the mutineers and bring them to trial. Edwards is often made out to be the cruel man that Hollywood has portrayed. The 14 men from バウンティ who were captured by Edwards' men were confined in a cramped 18′ × 11′ × 5′8″ wooden cell on パンドラ ' s quarterdeck. Yet, when パンドラ ran aground on the Great Barrier Reef, three prisoners were immediately let out of the prison cell to help at the pumps. Finally, Captain Edwards gave orders to release the other 11 prisoners, to which end Joseph Hodges, the armourer's mate, went into the cell to remove the prisoners' irons. Unfortunately, before he could finish the job, the ship sank. Four of the prisoners and 31 of the crew died during the sinking. More prisoners would likely have perished, had not William Moulter, a bosun's mate, unlocked their cages before jumping off the sinking vessel. [17]

余波編集

In October 1790, Bligh was honourably acquitted at the court-martial inquiring into the loss of Bounty. Shortly thereafter, he published A Narrative of the Mutiny on board His Majesty's Ship "Bounty" And the Subsequent Voyage of Part of the Crew, In the Ship's Boat, from Tofoa, one of the Friendly Islands, to Timor, a Dutch Settlement in the East Indies. Of the 10 surviving prisoners eventually brought home in spite of Pandora's loss, four were acquitted, owing to Bligh's testimony that they were non-mutineers that Bligh was obliged to leave on バウンティ because of lack of space in the launch. Two others were convicted because, while not participating in the mutiny, they were passive and did not resist. They subsequently received royal pardons. One was convicted but excused on a technicality. The remaining three were convicted and hanged.


HMS Pandora

The Pandora was sent out by the British Admiralty in order to capture the Bounty mutineers and, if possible, the ship. Bligh arrived in England on March 14, 1790, and only ten days later the King ordered a ship to be sent out to hunt down the “pirates.” On April 1 the following notice appeared in the London Chronicles:

It is said that by the express command of His Majesty two new sloops of war are to be instantly fitted to go in pursuit of the pirates who have taken possession of the Bounty. An experienced officer will be appointed to superintend the little command, and the sloops will steer a direct course to Otaheite where, is is conjectured, the mutinous crew have established their rendezvous.

“Two sloops” were changed to one frigate, which was actually an upgrading of sorts. But the term “little command” accurately reflects the fact that to the Admiralty this expedition was of minor importance, especially since was expected at any moment.

The key dates of Pandora ’s voyage were:

  • November 7, 1790: Sailed from England
  • March 23, 1791: Arrived at Tahiti.
  • May 8, 1791: Sailed from Tahiti.
  • August 28, 1791: Struck the Great Barrier Reef and foundered.
  • September 15, 1791: Survivors reach Coupang on Timor.
  • June 19, 1792: Bounty men arrive at Spithead.

In November 1997, the wreck of the Pandora was discovered in seventeen fathoms of water on the outer edge of the reef near Cape York. For the story of the discovery and the exploration of the wreck see:

Marden, Luis. “Wreck of H.M.S. Pandora,” National Geographic , October 1985.

-- This sketch is from Dr. Sven Wahlroos’ book, Mutiny and Romance in the South Seas , and is used by permission. See Book Recommendations for a review of this outstanding work.



コメント:

  1. Elsworth

    あなたは、たまたま専門家ではありませんか?

  2. Freca

    長すぎません!

  3. Ahsalom

    私の意見では、あなたは正しくありません。私はその立場を守ることができます。午後に私に手紙を書いてください。

  4. Nagis

    わかりません。

  5. Edfu

    魅力的なメッセージ



メッセージを書く