アンボワーズの陰謀、1560年3月

アンボワーズの陰謀、1560年3月


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アンボワーズの陰謀、1560年3月

アンボワーズの陰謀(1560年3月)は、若いフランソワ2世の短い統治時代にフランスで支配的な人物であったギーズ兄弟を倒そうとする試みに失敗しました。

1559年7月10日、ヘンリー2世は、6月30日のトーナメントで負傷したために亡くなり、幼い息子のフランソワ2世に引き継がれました。権力は、ギスの兄弟であるフランソワ、ギスの公爵、およびロレーヌの枢機卿であるシャルルによってほぼ即座に押収されました。血統親王や他の上級貴族は、権威のある地位から追い出されました。ギーズ家はヘンリーによるユグノーへの迫害を続け、彼らの支配に対する反対が高まり始めました。

この運動は、ゴッドフリー・ド・バリー、セニョール・ド・ラ・ルノディ(ペリゴール)が主導しました。彼の義理の兄弟は前年にGuisesによって処刑されており、deBarryはスイスの避難所でした。 1560年2月1日からブルターニュ高等法院のカバーの下でプロッターの会議がナントで開催されました。プロッターは500人の紳士を編成することを決定しました。彼らは3月10日、ロワール川のどこか、おそらくブロワにいる間にフランソワ2世とその宮廷を占領しました。ギース兄弟は証言録取され、フランシスは彼らの邪悪な影響から解放されました。

陰謀のニュースはすぐにGuisesに届きました。最初はドイツ、スペイン、イタリアの情報源からでしたが、最終的にはパリのルノディーの家主であるDesAvenellesからも届きました。ニュースが法廷に届いたとき、それはブロワからアンボワーズ城への移動を速めました。そして、それはどんな可能な攻撃に対しても強化されました。陰謀に関与した疑いがあり、陰謀家から接近された可能性のあるルイ1世のブルボン王子は、当時法廷に出廷し、城の門の1つを指揮していました。不忠の兆候がないか監視されています。

陰謀は3月中旬に法廷で大きなパニックを引き起こした。共謀者たちは秒までにアンボワーズの6つのリーグに到達しましたが、その後2週間彼らの計画の実行を遅らせました。この期間中、王立当局は逮捕を開始し、多くの場合、プロッターの小さなバンドが発見され、敗北しました。ルノディー自身は3月19日に小競り合いで殺されました。 Guisesはまた、寛容のトークンジェスチャーを行い、過去の異端を許す「許しの法令」を発行しました。彼らはまた、危機を利用して権力を強化しました。フランソワは、特にプロッターに罰を与えるために、絶対的な権力を持つ国王の副将に任命されました。

失敗した陰謀の余波で、政府は多数の容疑者、おそらく1,200人もの容疑者を処刑した。危機の最中に法廷に到着したコンデ王子は、関与の疑いがありました。彼は王と向き合うように召喚され、王立評議会の前で公聴会を要請した。この評議会で彼は一騎打ちで彼の無実を証明することを申し出ました、そしてこの時点でギース公は彼の2番目として行動することを申し出ました。これは一時的な猶予に過ぎませんでした。その年の後半、コンデと彼の兄弟であるナバラの王アントワーヌが法廷に召喚され、10月31日にコンデが逮捕されました。

11月に裁判が行われ、彼は裏切り者および異端者として死刑を宣告された。コンデは次の三部会の開始時に首をかしげられることになっていたが、1560年12月5日のフランソワ2世の突然の死によって救われた。フランソワは弟のシャルル9世に引き継がれ、ギースは権力を失い、コンデは解放された。カトリーヌ・ド・メディチが率いる新しい政権は、カトリック教徒とユグノーの間の共通点を見つけようとしました。この努力が失敗したとき、サンジェルマン寛容または1562年1月の判決が出されました。これにより、ユグノーは町の外や高貴な地所で崇拝する権利が与えられました。勅令は多くのカトリック教徒によって大きな敵意をもって迎えられ、それが発行されてから数ヶ月以内に第一次宗教戦争が始まりました。


アンボワーズ

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

アンボワーズ、町、Indre-et-Loire 、Centre-Val-de-Loire 領域、フランス中部、トゥールの東、ロワール川の両岸にあります。豊かでなだらかなロワール地方にある素晴らしい城の会社の1つである、後期ゴシック様式の城(ルネッサンスが追加された)の場所です。

町は504年にアンバティアとして最初に言及されました。サンジャン島(現在のイルドール)で、フランク人の王クローヴィスが西ゴート族の王アラリック2世と出会い、短命の協定を結びました。 11世紀、アンジュー伯のフルク3世ネラは、ブロワ伯から町を奪い、高い四角い石造りの砦を建設し、そこから現在の城が出現しました。川の上の岩から突き出たシャトーには、2つの巨大なスクワットタワーが隣接する3階建てのファサードがあります。 15世紀半ばから17世紀までフランスの君主のお気に入りの住居でした。そこで生まれて亡くなったシャルル8世は、イタリアから芸術家を連れてきて城を飾りました。

ギーズ家の影響からフランソワ2世を排除するユグノーの取り組みは、1560年にアンボワーズの陰謀として公開され、その後、城のゴシック様式の部分である王の家のバルコニーからプロテスタントの死体がぶら下がっていました。それにもかかわらず、エディクト・ダンボワーズ(1563)は、プロテスタントの貴族と紳士に崇拝の自由を与えました。ヘンリー4世の時代から、城はしばしば刑務所として使用され、アルジェリアの国家指導者であるアブデルカデルはそこに閉じ込められていました(1848–52)。 1872年、個人所有者が城の一部を取り壊した後、国会はオルレアン家への返還を投票しました。

町自体には、16世紀の市庁舎が博物館になっています。 Porte de l’Horlogeは、カリヨンのある15世紀の玄関口です。南東には、レオナルドダヴィンチが亡くなったクロリュセ城があり、現在は博物館になっています。すぐ南には、18世紀のシノワズリーの一部であるシャンテループの7層の塔があります。地域経済は多様化しています。パリから工業開発が広がり、精密機器、医薬品、車両部品の製造が含まれています。アンボワーズは地元のワイン産業の中心地でもあり、重要な観光地です。ポップ。 (1999)11,457(2014推定)13,371。


アンボワーズの陰謀

モンルイシュルロワールからアンボワーズまでのサイクリング、12 km

先週の記事の終わりに、私たちはM.とMmeとのワインテイスティングを楽しみました。でのしみ Domaine de la Taille aux Loups モンルイ=シュル=ロワールの東側、フソーにあります。ドメーヌを出て、ロワールアヴェロに沿って東に向かい、アンボワーズに向かいます。アンボワーズでは、素晴らしい王室の城を訪れます。モンルイからアンボワーズまでのルートをGoogleマップで確認するには、ここをクリックしてください。来週、私たちはアンボワーズのヴィクトルユーゴー通りをクロリュセまで歩きます。そこでは、レオナルドダヴィンチが彼の人生の最後の3年間を過ごしました。

アンボワーズへのルートはロワール川沿いではなく、高原にあり、静かな道路を時折車で共有しています。数キロ後、私たちは通り過ぎます ヴァルデロワール水族館、で止まらなかった人のための便利な休憩所(02 47 23 44 44)を提供します Taille aux Loups。私は2008年の夏にこのルートを自転車で走り、2009年に西洋の学生の自転車旅行を計画し、カフェのない田舎の高原で休憩所を探していました。

角を曲がったところに、20年前のトゥレーヌでの夏休みに幼い子供たちを連れて行った水族館がありました。いつも反対方向から車で来ていたのですが、実はその存在を忘れていました。私が提案した自転車ルートでそれを見つけたのはなんと驚きでしょう。完璧な休憩所:水族館に行きたくない場合は、カウンターで軽食を購入し、洗面所の使用に感謝します。

これはヨーロッパで最大の淡水水族館の1つで、400万リットルの水に約10,000匹の魚がいます。淡水ヨーロッパの魚に重点を置いていますが、熱帯魚、サンゴ礁、サメなど、海水に関するさまざまな展示もあります。私の好きな魚は ナマズ、ホラー映画の巨大なナマズのように見えます。彼らは川の底にたむろし、太りすぎて浮いたり泳いだりしているように見えます。長さは最大2.5m、体重は最大250 kgで、ヨーロッパ最大の淡水魚です。それらは、ロワール川を含むフランスの重要な河川の下流(標高400 m未満)でうまく機能します。ロワール川では、酸素の減少(汚染による)が他の種類の魚の生活を困難にする可能性があります。

水族館を出て、私たちのルートは東に続き、次に南に曲がり、丘を下って印象的なサンドニ教会を過ぎてロワールとアンボワーズに向かいます。ロワールに架かる橋からは、シャトーロイヤルダンボワーズの素晴らしい景色を眺めることができます。

15世紀後半、シャトーは大幅に拡張され、ルイ11世(1461年から1483年に君臨)とシャルル8世(1483年から1498年)によって改装されました。この作業は、フランスの君主が新しいイタリアルネサンス様式の建築を採用する直前に行われ、アンボワーズは要塞化された城の外観を維持していました。その後、フランソワ1世(1515-1547)とアンリ2世(1547-1559)による改修により、新しいイタリアンスタイルがシャトーに導入されました。シャトー内を訪れると、二重のアーチ型の石の天井と両端に美しい暖炉のある壮大なカウンシルルームを備えたロイヤルアパートメンツに行くことができます。

3. 2010年西部の自転車旅行の生徒たちは、非常に寒い春の日に、カウンシルルームのとどろく火の前に集まります。

写真2の本館の左側にある大きな丸い塔はミニムスタワーで、大きならせん状の傾斜路があり、カートを持った馬をテラスに運んでシャトーを提供するために使用されていました。塔からの眺めは壮観です。西を見ると、シャトーテラスの西端にあるボーイズタワー、アンボワーズの屋根、そして背景にある巨大なサンドニ教会を見ることができます。

4.アンボワーズ城のミニムズタワーから西を見る

東を見ると、ロワール川がアンボワーズに向かって曲がりくねっています。

5.ミニムズタワーでの2010年西部の自転車旅行の学生。

シャトーとその周辺の町の美しさと平和は、1560年3月にここで起こった残酷で血なまぐさい出来事の場所であったとは想像しがたいかもしれません。これらの出来事はフランスの歴史にその痕跡を残しています。

宗教と政治を混ぜてはいけません。フランスが1560年以降の70年間に経験したように、その結​​果はしばしば混乱と流血になります。フランスで最もよく知られている宗教戦争の出来事の中には、1572年のサンバルテルミの虐殺と2人の王アンリの暗殺があります。 1589年のIII、1610年の彼の息子アンリ4世。この流血の前兆は、1560年3月のアンボワーズでのいくつかの残忍な殺害であり、宗教的側面と政治的側面の両方がありました。

宗教面では、それはすべて、1517年に彼の「耽溺の力と効能に関するマルティン・ルターの論争」を書いたドイツの司祭、マルティン・ルターから始まりました(別名 95テセ)多くの現代の歴史家は彼が単に彼らを彼の司教に送ったと信じていますが、彼はそれらをヴィッテンベルクの教会のドアに貼り付けたかもしれません。ルターは、救いは買うことができず、イエス・キリストへの信仰によってのみ達成されると主張しました。彼は、私たちの神の知識は聖書から来ているので、教皇と彼のヒエラルキーの権威に異議を唱えていると書いています。これらの見解は確立された教会にとって不快であり、1521年にルーサーは教皇レオ10世によって破門されました。今日ドイツにはほぼ同数のローマカトリック教徒とプロテスタントがいます。

ルーサーのアイデアは、パンフレットやバラードを含む16世紀版のソーシャルネットワーキングでドイツをすばやく通過しました。[1]彼の教義はヨーロッパの他の国々にも広がった。フランスでは、改革運動は1509年にピカルディで生まれたジョンカルヴァンによって主導されました。大学では、カルバンはヒューマニズム、そして宗教改革に魅了されました。彼の見解は彼を1535年にスイスに逃げることを余儀なくさせた。

翌年、彼は彼の キリスト教の研究所、彼の改革の教義を設定します。断続的な迫害にもかかわらず、フランスの改革者またはプロテスタント(または敵が彼らを呼んだユグノー)の数は、特に貴族の間で、1850年以降急速に増加しました。改革派とローマ・カトリック教徒による互いの教会の批判はしばしば激しく、極端であり、それぞれがライバルの教会を支配する手段としてフランス国家の支配を求めていました。

これらの緊張は、1559年6月の馬上槍試合の事故の後、ヘンリー2世の突然の死で頭に浮かびました。彼の息子は、フランソワ2世としてわずか15歳で王になりました。フランソワは4歳のときに結ばれた取り決めにより、14歳でスコットランドの女王マリースチュアートと結婚しました(後にイギリスのエリザベス1世によって投獄され、殺害されました)。彼が王になったとき、彼の妻の叔父の2人、公爵夫人と彼の弟、枢機卿デロレーヌが彼の主任顧問になりました。彼らはすぐに政府を支配した。下のデュック・ド・ギースの絵は、フランソワ1世の公式画家であるフランソワ・クルーエによるものです。

Guisesは、プロテスタントを暴力的に抑圧したことで知られるようになりました。ギーズ家は、フランソワ1世の勇敢な軍事司令官、クロード・ド・ロレーヌ(1495-1550)によって発見されました。彼は、感謝の気持ちを込めて、彼に1世のギーズ家の称号を与えました。. 1525年、アルザスのサヴェルヌでの虐殺でプロテスタント派のアナバプテストの反乱が鎮圧され、「大肉屋」の称号が与えられました。 1560年のアンボワーズでの虐殺。フランソワの息子アンリ、第3公爵夫人は、1572年にパリで行われた聖バーソロミューのプロテスタントの虐殺で役割を果たし、後にカトリック連盟(la Ligue Catholique)を設立して主導しました。 )、反プロテスタントの大義に専念。彼は1588年にヘンリー3世の命令でブロワで暗殺されました。これは、自転車旅行がブロワに到着したときに伝える話です。

1560年初頭、ユグノー貴族のメンバーは王を誘拐し、ギーズ家を連れ去った後、王を権力に戻すことを企て始めました。 1560年2月1日にナントで共謀者の集会が開かれました。陰謀が発見され、王はブロワからアンボワーズに移されました。そこではシャトーがより防御されました。陰謀団は組織化が不十分であり、3月17日のシャトーの北側にあるヘルトータワーの下のボンオムの門での攻撃は、レギスの軍隊によってすぐに撃退されました。

7.ボンオムの門のあるヘルトータワー。遠くの壁の上部には、サンテュベール礼拝堂があります。

その後、すべての共謀者とその軍隊の血なまぐさい虐殺が続きました。町はすぐに絞首台を使い果たし、シャトーのバルコニーからユグノーをぶら下げ始めました。他のものは斬首されました。 &#8220中庭の石畳は斬首された貴族の血で赤く粘着性がありました。&#8221 [2] 1570年のジャック・トルトレルとジャン・ペリシンの彫刻は、アンボワーズで数日間にわたって制定されたシーンの恐怖を示しています。 TortorelとPerrisinはリヨンのプロテスタントアーティストでした。 1570年に彼らはジュネーブで1559年から1570年までのフランスの宗教紛争に関する彫刻のコレクションを発表しました。[3]

8. JacquesTortorelとJeanPerrisin、「The Execution of the Conspirators of Amboise」(1570)。

彫刻は写真2の方向から見たシャトーの北壁を示しています。存在する軍隊に加えて、右下隅の近くに若い男の子を持つ女性を含むかなり多くの観客がいます。ユグノーはレッスンを受けることになっています。

2人の男性が首にロープを巻いてシャトーのバルコニーから投げ出されています。さらに5つがすでにぶら下がっていて、6つ目は彫刻の中央にある絞首台にぶら下がっています。後者は陰謀のリーダーであり、ペリゴールのラ・ルノディ邸の領主であるジャン・ド・バリーです。ラ・ルノディは3月19日、シャトー・ルノーの森で小競り合いで殺され、小さな軍隊でアンボワーズに向かった。彼の体は彫刻が示すように展示され、その後5つに切り刻まれ、それぞれがシャトーの門に掛けられました。

左手前の絞首台には3つの頭があり、頭のない体が近くにあります。剣で斬首されようとしているユグノーの船長、M。deVillemongisは、彼の前に行った人々の血で手を洗うので、彼の運命の準備ができているようです。 [4]

この最後の数字は1世紀後に再び現れます。偉大なフランスの歴史家ジュール・ミシュレは、ユグノー軍と戦った人々がその日アンボワーズでどのように死に直面したかを説明しています。

&#8220死にかけ、彼らは神に忠実な手を上げました。そのうちの一人、M。deVillemongisは、すでに処刑された仲間の血に彼を浸し、赤い手を上げて、強い声で叫びました。&#8216これはあなたの子供たちの血です、主よ!あなたはそれを復讐するでしょう! '&#8221 [5]


宗教の戦争

1559年。フランスとスペインの間のカトーカンブレジ条約(4月)。

トーナメントでのヘンリー2世の死。

女王の叔父、ギースの覇権。

1560.ラ・ルノディの陰謀、アンボワーズの騒動(3月)。

ユグノーに対するロモランティンの勅令。

コンデの逮捕と判決。

カトリーヌ・ド・メディチとナバラのアンソニーの後見人の下でのシャルル9世の加入。

1561.オルレアンの三部会(1月)。

カトリックの三頭政治&#8212Guise、Montmorenci、S.André&#8212Estates of Pontoise(8月)。

カトリックとカルヴァン主義の神々の間のポワシの談話(9月)。

1562年。1月の寛容な勅令。ナバラはカトリック教徒に加わります。

Guiseの信者によるVassiの会衆の虐殺(3月)。

コンデとコリニはオルレアンを占領する(4月)。

ハバーでの英語。カトリック教徒によるルーアンの捕獲(10月)、およびナバラの死。

ドルーでのユグノーの敗北。

コンデとモントモーレンシーの占領。 S.アンドレの死

1563年。ポルトロットによるオルレアンの前でのギースの殺害(2月)。

英語からのハバーの捕獲(7月)。

1564.英語によるトロワの平和。キャサリンとチャールズのツアー。

1565年。スペインのエリザベスとバイヨンヌでのアルバとのインタビュー(6月)。

1566年。オランダのトラブル。

1567年。第二次戦争。コンデがモーの法廷を掌握しようとした(9月)。

コンデがパリを襲う。 S.デニスの戦い。モントモーレンシーの死(11月)。

1568年。ジョンカシミールのドイツ人がコンデに加わる。

ロンジュモーの和平またはシャルトル(3月)。

コンデとコリニの飛行(8月)。

1569年。ジャルナックでのユグノーの敗北(3月)。

コンデの死。 Deuxフォントの侵入。

モンコントゥールでのコリニの敗北(10月)。

S. Jean d&#8217Angelyの防衛。

ロシェルのナッソーのルイ。

1570. S. Germainの平和(8月)。

1571-2。オランダのフランスの計画。

フランスの援助を受けたナッソーのルイは、バランシエンヌとモンスを占領しました。

ナバラとマーガレットの結婚。

S.バーソロミューの虐殺(8月)。

1572年。ナバラとコンデのアブジュア改革。

ユグノーの町の地元の抵抗。

1573年。ロシェルとサンセールの包囲戦。

オレンジと王冠の交渉。

ポーランドの王位へのアンジューの選挙(5月)。

1574年。第5戦争。ナバラとアランソンの陰謀とその発見。

ラモールとココナの処刑。

モントモレンシー元帥とコッセ元帥の逮捕。

アランソンとエリザベスの結婚交渉(1573-4)

ラングドックのダンヴィルの下でのユグノーとポリティークの連合。

ポーランドからのヘンリー3世の帰還(9月)。

ロレーヌ枢機卿の死(12月)。

1575年。アランソンの脱出と反乱。ヤン2世の侵略(9月)。

1576.ナバラの脱出(2月)。

アランソン、ジョンカシミール、コンデがパリを行進します。

ムッシュの平和(4月)。ユグノーにとって有利な条件。

ピカルディのカトリック連盟(6月)。

ブロワの三部会とカトリックの復活。

1578年。オランダのアランソン。王冠への敵意の高まり。

1579年。イギリスのアランソン。カンブレとラフェールのフランスの占領。

1580.セブンスオアラバーズ&#8217戦争(2月)。

Alen9onとUnitedProvincesの間のPlessis条約。

ヘンリーは、アランソンのオランダへの遠征を認めています。

1581年。オランダのアランソン領主がイギリスを訪れ、エリザベスと婚約した。

1582年。オランダのアランソン。

キャサリンはポルトガルの独立を妨害します。

アゾレス諸島沖のフランス艦隊の敗北。

1583.アランソンのアントワープに対する危険な試み(1月)。

オレンジの暗殺(7月)。

1584.パリリーグ(12月)。

1585.ギース、バーボン枢機卿、スペインのエージェントの間のジョインビレ協定(1月)。

ヘンリー3世はオランダの主権を拒否します(2月)。

1587年。三アンリの戦い。

ナバラはクートラでジョワイユーズを破る(10月)。

王は、ギース(11月)によって細かく切り刻まれたドイツの助動詞と交渉します。

ユグノー馬の目覚ましい後退。

1588.バリケードの日(5月)。

王はパリから飛ぶことを余儀なくされました。

ブロワの三部会。

アンリ1世と王によるギース枢機卿の殺害(12月)。

1589年。カトリーヌ・ド・メディチの死(1月)。

王とナバラのリーグ。

パリでの彼らの行進。ヘンリー3世の殺人(8月)。

1589年。2人のブルボン王、アンリ4世とシャルル10世。

ヘンリーはパリからノルマンディーに撤退します。

パリのマイエンヌと16の違い。

パリにおけるスペインの影響。

1590年。ヘンリーのアイブリーでの勝利(3月)。

パリの包囲と飢餓。

パルマ公爵は町を救済します(9月)。

1591.ロイヤルリストは、S。デニスを捕らえ、パリを封鎖し、シャルトルを占領します。

16のテロリズムとマイエンヌによる彼らの抑圧。

1592年。ルーアンの包囲とパルマによるその救済。彼のオランダへの撤退と死(12月)。


アンボワーズの陰謀、1560年3月-歴史

私が提示したいのは、カトリックとプロテスタントがほぼ40年間対立した、フランスの宗教戦争への参入の状況に関する進行中の研究です。事実に基づく考察に加えて、海外(スペイン、イタリア、モナコ、ロシア)で保存されている地元の情報源とアーカイブの両方に基づいて、この作品は、ここでは「創設」イベントと見なされるそのようなイベントの状況に関する方法論的反射も構成します。伝統的な歴史学では、宗教戦争は1562年3月1日の「ワッシーの虐殺」から始まったと考えられています。その日、ワッシー地区のカルトを祝う際に1月の命令を尊重しなかった一部のカルビニストはDuc deGuiseと彼の軍隊。なぜこの大虐殺は創設事件と見なされたのに、他のいくつかの-さらに血なまぐさい-がそれよりも前に起こったのですか?ワッシーの選択は、この出来事の結果によって、またはそれに対する責任を確立する意志によって決定されましたか?

これらの対立の中で、南フランスは早熟を示しています。カルヴァン主義のコミュニティが最強の力で定着し、彼らのカルトに卓越した地方自治体と市民の性格を与えたのは、この同じ南フランスです。その後、宗教紛争はフランダース、ドイツ、スイスの都市に近づき、運動は都市空間を超えて、ブルクや村にまで拡大しました。

ここでは、「宗派化」(Konfessionalisierung)の比較的多元的なパラダイムに基づくアプローチとは区別します(Reinhard、1977 Schilling、1981)。最近、ミクロ歴史的アプローチにより、王子の優れた権威から体系的に進められなかった変化をより細かく分析することが可能になりました。したがって、オランダのエムデン市におけるカルヴァン主義への移行の研究は、その「市民」会議を通じて都市共同体の決定的な役割を示した(Schilling、1989)。しかし、これで「エムデンはどこにでもある」と思われることはないでしょうか。 (シュミット、1999)。まだ都市化された社会の枠組みの中で、ジュディス・ポールマンは、地方自治体の政治家が社会的規律と政治的および軍事的統制の手段として組織を組織することによってカルヴァン主義を課したとき、オランダのカトリック教徒の相対的な受動性を強調しました(ポールマン、2011)。これらの後者の研究は、ラングドックの場合と比較する必要があります。ここでは、自治体の買収の初期に焦点を当て、共存を求めるどころか、フランス南部の初期のカルヴァン主義コミュニティが、分割されていない信仰を課そうとして地元の制度をどのように使用するかを知っていたことを示します。

したがって、私たちは南部の自治体に固有の組織と、カルヴァン主義の教会会議の夜明けによって浸透するのに役立つ「領事館」(自治体)の性質に疑問を投げかける必要があります。

これは、プロテスタントの行動を特徴づけるために使用されるよく知られた言葉です。南フランスでは、王室の勅令に対する秘密の取引についてフランスの裁判所に警告する声が上がった。ガスコーニュのブレーズ・ド・モンルク、ラングドックのギヨーム・デ・ジョワイユーズ、ボルドーのアントワーヌ・デ・ノワイユは、教会を乗っ取ってプロテスタントのカルトを確立することを目的としたカバールに対して警告した。彼らは、古代ギリシャの信じられない運命の予言者として、すぐに「カサンドラ」という名前でラベル付けされました。

アンボワーズの陰謀(1560年3月16日)1

ラ・ルノディと呼ばれるペリゴール出身の無名の貴族が率いるアンボワーズの陰謀の中止により、プロテスタントのコミュニティによってすでに軍事的に支援されている大規模な陰謀の概要を明らかにすることができます。参加した人々は、プロテスタントの組織的な弾圧を支持していたギースの影響から彼を解放するために、王フランソワ2世を見つけることを計画しました。

フィリップ・ベネディクトは、1561年の終わりに改革派教会による軍隊の編成を書き直し、ワッシーの虐殺の翌日にコンデ王子による動員を発表しました(ベネディクトとフォルネロド、2009年、2012年ダウシー、2014年)。彼は、それらが数ヶ月前にテオドール・ド・ベーズと改革された議員によって礼拝所を勧誘するように求められたのと連続していると考えています。しかし、この年表は、1年前にプロテスタントが教会を乗っ取り、兵士の最初の調整された雇用を組織した南フランスには適用できません。宗教的対立が南部で始まったのは、ワッシーの虐殺であった1562年3月16日ではなく、アンボワーズの陰謀の最中の1560年3月1日という早い時期でした。

この蜂起の背景は、最初はプロテスタントに対する抑圧的な政策の再開によりプロテスタントの間で増大した不安であり、アンリ2世はイタリア戦争後に開始し、彼の死によって中断されていた。不当に無視されたこの環境の別​​の側面は、フランスの外にありました。それは、1530年から1549年までヘルベス連邦全体に改革を拡大するという彼のプロジェクトにおけるジャン・カルヴァンの失敗を伴いました。この幻滅により、彼は故郷であるフランスに戻ることになりました。ローザンヌとヴォーの宗教難民は大規模に教会を増やすようになりましたが、イタリア戦争の終結はすべての注意を集中させました(Bruening、2011)。

カルヴァンとテオドール・ド・ベーズが公然とそれを支持することを避けたとしても、アンボワーズの陰謀は、雇われた軍隊によって強化されたカルヴァン主義の教会による蜂起の中止された試みのままでした。簿記に基づく戦時中の軍隊の利用に関する研究は、戦争の開始時に武装した男性を育てる方法を特定することができません(Souriac、2008 Brunet、2015a)。改革された民兵と最初のカトリック連盟の民兵は、特定の資金に頼ることなく(兄弟の文脈で最新のものとして)集められたため、歴史家の聡明さを逃れた。スモークスクリーンに追加するために、これらの愚かな「コミュニティ」の行動は「歴史に値する」とは見なされず(Agrippa d’Aubigné)、その結果、アナリストによってしばしば無視されました。しかし、それらは不可欠なままでした。コミューンと、以前に「自由射手」(フランアーチャー)、次に「軍団」(レジオネラ)の軍隊の育成を完了した人々。数人の改革派に率いられ、プロテスタントの牧師たちの説教によって活気づけられた彼らは、彼らを保護することを目的としたが、集合することも意図した軍事力の構成に、最初はかなり重労働で参加した。 2月1日にナントで決定されたこの「アンボワーズの陰謀」で完了した調査は、プロットの広大な影響を示しています:リヨネ、ドーフィネ、ブルターニュ、アンジュー、トゥーレーヌ、ポワトウ、ノルマンディー、ピカルディ、イルドフランス、ブリー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、そして王国の南:ペリゴール、リムザン、サントンジュ、ガスコーニュ、バーン、プロヴァンスエラングドック。

アンボワーズとプロヴァンスの作戦が失敗した後、1560年8月と9月に、モンブルンとポール・ド・モーヴァンスは再びリヨンを占領しようとしました。特にニームからの資金援助の恩恵を受けて、武器は5月と6月に取得され、貯蔵され、翌9月の初めに、バスラングドックの教会によって育てられ武装した1,000人以上の兵士がモンペリエとニームからリヨンに移動しました。 (DeBarthélemy、1876:37-39)。 2

1561年の春と秋:軍隊の育成と偶像破壊

デニス・クルーゼによって記述された偶像破壊の流れは、南フランスで開始され、組織化されていました(クルーゼ、1990年)。 1561年の春、テオドール・ド・ベーズはネラックに、次の秋にはピエール・ヴィレットはニームにいました。カルバンは彼らを「外交使節団」に送り、協調してビレットは教会の訪問者の任務を行使し、教会会議がどうあるべきかについて鋭い議論に参加した(Roussel、1998)。どちらも教会の宗教的および軍事的組織に貢献しました。

1561年11月のサントフォイの教会会議の準備は、特にクレラックの教会会議(1560年11月)に続いた。教会史によると、1562年2月のラングドックの教会会議は70人の牧師を集めました。これは1年前にギヨーム・モーゲが与えた見積もりの​​7倍に相当します。 4これらの数値の正確さに関係なく、違いは重要です。同様の印象は、1561年の夏から1562年の初めにかけて、ジュネーブ牧師会社の書記であるニコラス・コラドンによって作成された3つのリストの分析によって与えられます。これにより、要求に応じてフランスに送られた牧師を特定できます。 1561年5月と6月に教会によって作られました(Wilcox、1993 Reid 2007)。 3問い合わせを行った地域の3分の2は、南フランスにありました。現在のGard、Hérault、Ardèche、Drômeの各部門は地域の22.5%を占め、Lot-et-GaronneとGirondeは合計18%を占めています。ベーズとビレはこれらの2つの地域に存在し、牧師を獲得して教会を建てるためにジュネーブに連絡していた地域の40%以上を占めていました。したがって、戦争が勃発したとき、4つの大きなシノディック州がすでに23のシンポジウムまたはクラスに細分化されていました:ギュイエンヌ、オー-ラングドック-ケルシー-ルーエルグ-ペイドフォワ、バス-ラングドック、ドーフィネ-リヨネーは、子午線の優位性と優位性を確認しました。

この緊張した雰囲気の中で、当時フランスの裁判所にいた地方のシノドによって義務付けられた大臣とプロテスタントの代理人であるテオドール・ド・ベーズが、教会の人口調査を行い、その軍事力を評価する主導権を握ったことは明らかでした。 This initiative followed the resolution adopted in March 1561 by the second national synod of Poitiers. At the general state of Pontoise (August 1 st to 27 th ), churches obtained to record in the lists of grievances the demand to be authorised to freely gather in their places of worship, however Bèze and the six church deputies chose to exercise an even stronger pressure. For this reason, the admiral of Coligny intentionally increased the number of churches presented to Catherine de Medicis, which then reached 2150 ( Benedict and Fornerod, 2009 ). 5 Form October onwards, the creation of military units by churches, notably the consistory of Nîmes, acquired a completely different scope. 6 The following November, the provincial synod of Guyenne, orders the churches of the province to organize themselves as an army, following a clear military hierarchy. Each church had to have a company led by a captain at the symposium level and depending on the parliament, colonels and generals lead the contingents ( De Bèze, 1882, I: 888 ). So where did the churches find the funding required to raise and arm these troops?

Besides the financing brought by the reformist bourgeois, notably from Nîmes, iconoclasm contributed to an increase in the resources of communities controlled by consistories. Noailles realized with surprise that, in Guyenne, iconoclasts burn ornamentations and decorations of churches so as to extract precious metals “to use them for the support [of] poors and other uses”, those other uses implying the arming and defence of Protestant churches. 7

During the summer 1561 and until the Edict of January 1562, this “ abatis d’images ” (destruction of pictures and statues) reaches the whole Languedoc region. Théodore de Bèze, seeing the movement as that of a population following God –vox populi, vox Dei– only disapproves its excesses. 8 Regarding Béarn, he advises Jeanne d’Albret “that nothing strikes that is not by good order and justice authority”. It was the same in Foix. Catholics, generally surprised by the dimension of those concerted actions led by churches, rarely reacted. With order, the resources of churches are taken and guarded attentively by municipalities passed under the control of consistories.

CONSISTORIES AND CONSULATES

In the South of France, the diffusion of Roman law and notary positions had led to the multiplication of consulates between the XI th and XIV th centuries. Even if their distribution was not even –as evidenced by Cévennes and Gévaudan– they were developed in burgs and villages, as opposed to northern France where the communal movement remained urban. This institution played a major role in the installation of the Protestant reform.

The force of political councils and the accession of jurists to the consulate

Generally speaking, the end of the Middle Ages had seen the assemblies of inhabitants of burgs and villages of the South of France to disappear in front of councils, with consuls that are real organs of decisions. This change came along with an increased concentration of the power of representation between the hands of a few lineages. In the meantime, these consulates confirmed their military and fiscal capacity, servicing monarchy (Garnier, 2006: 180-227 Cayla, 1938: 25-41 ). 9 They were organized following professional and territorial criteria.

The prosopography of municipal aedile highlights a cursus bonorum that involved charges in the making of churches and religious friaries eminently “civic”. Their prerogatives were not only administrative and judicial but also extended to the civic dimension of religion, notably in the choice of the preacher of Advent and Lent. To such a point that interrogations surrounded the potential link between the general movement of exclusion of lay persons from the management of the sacred at the end of the Middle Ages and the extension of the Reformation ( Lemaitre, 1991 ).

It is necessary to highlight, between a general assembly of inhabitants decreasingly used and efficient, and an oligarchic consulate, the major role taken by the intermediary political council. Composed by former consuls and the extension of consular brotherhoods, it supported the consulate through various methods and, in certain cases, could oppose it ( Mouysset, 2000: 126-136 Cabayé, 2008: 47-48 Saverne, 1914: 140-142 ). 10 Hard to define because it was fluctuating, this entity has not been studied sufficiently. However, it validated the main decisions of the local councils and, when a new influential structure appeared, the protestant consistory, two legitimacies opposed each other within local communities ( Hauser, 1909: 199-202 Garrisson, 1980: 31-33 Ricalens, 1999: 23-26 ). 11

In Montpellier, for example, since the middle of the 15 th century, notaries, lawyers and other notable from Montpellier had requested access to the consulate. The later, which appeared since 1141, was maintaining the usage to recruit the first four consuls among moneychangers, bourgeois and merchants and the remaining two among the “mechanical arts” and ploughmen. In 1483, the “Council of the Twenty-Four” was created. Substituting itself, de facto, to the old general citizen assembly, it was designated by the outgoing consuls and deliberated with the consuls on important affairs. It included three outgoing consuls, two nobles, two canons, six officers of the king at the Cour des Aides 12 (set in Montpellier in 1467), at the seneschal and at the Bureau of French treasurers ( Trésoriers de France 13 ), two lawyers, two notaries and two prosecutors. Nobles of the Robe then had the majority in this municipal council, at times when the merchant city was disappearing behind the administrative capital. In 1529, a notary became third consul and presidents or advisers to the Cour des Aides were appointed to the consulate, and refuse at first. In 1545, Francis I ordered them, as well as all his officers of the court, to accept joining the consulate if they were elected.

Following various modalities, a takeover of consulates by the consistories of Montpellier, Toulouse, Poitiers, Nîmes or Saint-Flour took place. In these places religious people took control over roughly between a quarter to half of position of consul and magistrates, while in Lyon they already controlled the quasi totality of the consulate after 1450. The relative importance of magistrates in secondary cities and simple burgs was a phenomenon specific to the South of France. This “capillary diffusion” of law graduates allowed the region to benefit from the renewal of elites after the great depression, at the expense of the declining aristocracy ( Verger, 1987 Coulet, 1991 Courcier, 2015 ). These graduates and humanists were be more receptive to innovative ideas.

The infiltration of consulates by Calvinist consistories

With the extension of the Reform, there emerged a struggle to control consulates through the intermediary political councils. In Nîmes, Guillaume de Joyeuse witnessed that, during the conspiracy of Amboise, “ le grand nombre de cette religion [ réformée, s ‘ ] étant déja saisis de la ville ” (the large number of this religion [reformed] had already taken the city), the consulate as the presidial were under the control of Protestants. “Citizen of Nîmes then take arms and revolt” and the few magistrates who were opposing the control of the city by the consistory were forced to leave the city. They “had no other expedient than to leave the city and being outside could not find other safety in the Languedoc region than in my house [the castle of Joyeuse, in Vivarais] as they are threatened of death by these scoundrels” ( De Barthélemy, 1876: 29-33 ). 14 From this time onwards, ministers coming from Geneva converged in Lower Languedoc ( De Barthélemy, 1876: 35-36 ). 15

The situation was similar in the diocese of Pamiers (county of Foix), according to a chronology as precocious ( Vidal, 1931: 150 ). During the consular elections of Easter 1561, the huguenots from Pamiers took possession of the six municipal mandates and immediately called ministers and deacons ( Baby, 1981: 219-221 ). 16 The processus was identical in Foix during the following months and churches were gradually erected in the Lèze Valley as consulates adopted the Reform ( Pebay-Clottes, 1988 ). 17

In Montauban, the assemblies were multiplying and reformists took control of Saint-Louis church in January 1561. The parliament of Toulouse attempted, without success, to block their conquest of the consulate by sending the seneschal, in May ( Guiraud, 1918d Benoît, 1910 ). On the following 15 August, the reformists entered “in fact in the principal church of Saint-Jacques and burn images, break altars, steal furniture and beat a consul and a priest who were praying there”. 18 The reformists from Montauban now controlled the consulate.

The evolution was even clearer in Dauphiné, in Nîmes and in its appendices in the Vivarais and Velay, where the influence of Geneva was precocious and strong ( Mours, 2001: 21-42 Tulchin, 2010 , who continues the work of Guggenheim, 1968 ). As in Gascogne, the reformists took control of the churches of Cordeliers to preach, in Valence, as early as 31 March, then in Montélimar and in Romans the following month. On 20 June 1560, the destruction of the calvary of Gap marked the beginning of the Calvinist assault. The return of Guillaume Farel, the following year, invigorated the communities. He visited the consistories of Gap, Die and Grenoble and a synod was held in Die. After heavyhandedly intervening in the consular elections of Valence, from which he wanted to exclude the reformists, the lieutenant general in Dauphiné for Guise, La Mothe-Gondrin, was murdered (27 April 1562). A political assembly of noble reformists, in Valence, replaced him with the baron of Adrets, follower of the prince of Condé. With the exception of Embrun, all cities of Dauphiné felt under the control of Huguenots, as early as the first days of May 1562.

In 1559, Guillaume Mauguet, minister, settled in Nîmes. During the summer of 1561, Antoine Vivés was sent from Geneva to found the consistory of Béziers. Predecessors and supervisors then provided political advice. In Montpellier, the intrusion of the consistory in the Council of the Twenty-Four was even more evident when the deliberations of the second replaced the first on the same register. Consulates were then controlled by churches. Symposiums and synods contributed to the development of a network of civic consistories. Guillaume Mauget went from Nîmes to build the church of Montpellier on 8 February 1560 and to designate ministers before the arrival of Jean Chassinon, known as La Chasse, from Geneva via Meaux ( De Bèze, 1882, II: 122-123 ). Théodore de Bèze noted how much, this year, as soon as the calvinist Guillaume de Chaume, lord of Poussan, became First consul of Montpellier “the assemblies gathered surely, with a marvellous expansion” ( De Bèze, 1882, II: 182 Guiraud, 1918d see also De Bèze, 1963, III ). However the church had to be straightened up by La Chasse, upon his return from the general synod of Poitiers, on 16 February of the following year ( De Bèze, 1882, II: 477 ). Bèze did not mention the successor of sir of Poussan, the lawyer Jacques David, doctor in law and co-lord of Montferrier, first consul from 25 March 1561 to 24 March 1562. He played, however, a decisive role in the Protestant domination of Montpellier ( De Bèze, 1882, II: 166-170, 185-191 and 221-223 ).

The union of churches in the South of France

Since Geneva, Calvin could not respond to the dimension of the demand for ministers, and a symposium was organized in Montpellier on November 12 th . A Calvinist theocracy, based on the one in force in Geneva, was then established in this city. Above it were ministers, the Consistory, and the political Council of Churches, created on December 20 1561 (Philippi in Guiraud, 1918d, II: 67-69 Guiraud, 1918b, II: 337-342 Guiraud, 1918c, II: 263-264 ). 19 Had the preaching of Pierre Viret throughout Languedoc been as soothing as he pretended? In a missive of unconfirmed authenticity, the minister exhorted Huguenots to follow the edict of January 1562 ( Bruening, 2012: 417-419 De Bèze, 1882, II: 480-481 Roussel, 1998: 803-839 Guiraud, 1918a, II: 227-228 Granval, 2010 ). 20

The multiplication of churches and the control of consulates were coming along with the creation of syndicates which allowed the mobilization of symposiums and provincial synods, following the will to take a census of churches. This habit was usual for local communities that wanted to regroup themselves so as to be represented in front of a jurisdiction or officer to claim their rights ( Cayla, 1964: 660-661 Dognon, 1895 ). On September 21 th , 1561, a new “ émotion et sédition de peuple ” (“commotion and popular riot”) took place in Nîmes, where the consuls protected the culprits. On November 12, the consistory of Nîmes asked local symposiums to organize syndicates and to send the court’s deputies documents highlighting the significant increase of the number of churches 21 . On the same day, it was the symposium of Montpellier that claimed temples and presented the complaints of churches to the States of Languedoc which should be organized in Béziers ( Guiraud, 1918c, II: 262 De Bèze, 1882, II: 477 ). 22 A week later, there were 53 cities and villages of the symposium of Albigeois ( Anonymous, 1861 ). Similar associations were formed in Dauphiné ( Arnaud, 1875, I: 70-72 ). Monluc observed the intensity of the mobilization around Agen when, in January 1562 close to La Plume, he met a former soldier of his “company in Piemont” who, having being named captain of the church of Nérac, obeyed the ministre Boisnormand in fundraising and hiring. “Et quelles diables d’églises sont ceci, qui font les capitaines ?” said Monluc ( Monluc, 1964: 477-478 ).

When the iconoclast wave started, the action taken by churches was coordinated, which made it terribly efficient. Military groups were quickly regrouped, attaining large numbers that could only win against the few guards opposing them. All observers then noted the presence of numerous foreigners in these operations.

It was at a clandestine synod at Aigladines that Sans Tartas, ministre of Sauve, regrouped fifteen pastors who decided the destructions of the spring 1561. The attack of the baron of Fumel’s castle in November also resulted from a coordinated action led by local consistories, taking the form of an expedited justice ( Brunet 2007: 50-53 and 2009 ). It responded to humiliations that the baron had imposed to the reformists of Condat, hitting a deacon in the temple on 21 November. The merchant Balthazar Vaquié united the consistory in his hour and, benefiting from the help of “the people of other nearby churches”, two days later, troops of 1,500 to 2,000 men coming from approximately thirty nearby localities were besieging the castle. On the list of the 223 persons accused, the activities of 45 could be explained. They were artisans, an apothecary, a notary, a prosecutor, a court clerk, a collector, three unfrocked priests and a consul of Fumel. The presence of a judge from Agenais and other men of law among the insurgents contributed a pseudojudicial character to this revolt, which was preceded by attacks against Catholic lords from Agenais-Condomois. As early as June 1560, Monluc was besieged in his castle of Estillac by a troop of 500 to 600 men 23 . Aggressions multiplied from the following summer onwards. “At the hen and chickens, all should be killed so that the race is lost!” is said while the baron of Fumel is massacred and his wife if humiliated.

The churchs’ coordination of troops allowed them to assemble an impressive number of armed men. Two thousand men were mentioned besieging the castle of Frégimont, near Fumel, on 19 August, and the castle of Lestelle near Tournon six days later.

We have access to a few testimonies regarding the content of the predications made by these ministers, all of them marked by an Anabaptist tone. As soon as October 1560, Pierre d’Albret, bishop of Comminges and great uncle of Jeanne, told Phillip II “[qu’]on promet aux gens du peuple que bientôt ils seront délivrés des impôts et des redevances qu’ils paient aux seigneurs / tell the population that they will be soon freed from the taxes they pay to lords” 24 .

Théodore de Bèze himself contributed to such preachings through his Traité de l’autorité du magistrat 25 . He had first suggested that “inferior magistrates” had the right and obligation to resist superior authorities if necessary to protect “the purity of religion” against a leader who fights “the rule of God”. The idea of the resistance of inferior magistrates is also the central idea of Droit des magistrats (1574).

The stigmatization of particular nobles and the call for elective urban magistracies are clear with Bèze, who would also give the power to resist to General Estates. The author of Vindiciae contra Tyrannos (1579), considering the situation of minority of Huguenots, only relied on these urban magistracies. Consulates in the South of France are an ideal environment to implement this program. Even Bèze had recommended passive resistance in Confession de la foy chestienne (written 1558 and published in 1559), circumstances led him to rewrite his articles regarding the right to resist in the Latin edition of 1560, including and extending the magistrate’s obligation to punish heresy. The Catholic cosmographer from Comminges, François de Belieferest, in a polemic text published in 1569, defended the idea that the rebellious Protestants from Toulouse in 1562 acted following the example of Thomas Münzer and German farmers against princes 26 .

We can now give greater credit to the statements of Blaise de Monluc who also listened to the reformist preaching in Nérac.

Ministers publicly preach that, if their follow their religion, they will not owe anything to nobles nor to the king that is not ordered by them. Others preach that kings cannot have any power that does not please the people. Others preach that nobles are nothing more than them and that therefore when their prosecutors will request rent from their tenants, they will respond that they show them in the Bible whether they would pay and that, if their predecessors were stupid, they did not want to be so.

MACH 1562: CONDÉ AND THÉODORE DE BÈZE CALL FOR A MILITARY UPRISING In the South of France: enhancement of the control of consulates through consistories

The Edict of Pacification of January 1562, according to Théodore de Bèze, made that “ceux de la religion [. ] devindrent merveilleusement insolents / men of religion started being wonderfully violent” ( De Bèze, 1882, II: 340 ). 27 Bèze, who said that the massacre of Wassy had been premeditated, was asking the king for justice. This request did not prevent him from writing to churches of Languedoc, probably as early as March 16 th , to ask for help in the form of men and financial resources. He stipulated that the defense of the king, his family and the religion “était prise ce jour par M. le prince de Condé, qui à tel effet avait pris les armes en italiques / is conducted by the prince of Condé, who has armed himself at this effect” ( Guggenheim, 1975 ). 28 On March 20 th , he sent another letter to all the churches of France to ask them to prepare to defend themselves. After Guyenne, Bèze’s letters clearly show the precocity of the military organization of the churches in Languedoc. When Condé attacked Orléans, his justification of armed resistance in support of an imprisoned king’s as well as a response to his own captivity evaporated, appearing simply as a rebel. Cities of the Loire valley, Normandy and Lyon, fell in the hands of Protestants. In the South, it was simply a matter of reinforcing a control already in force but the effort was less effective in Bordeaux, Toulouse or Avignon, where Catholics were resisting.

The case of Montpellier, presented by Jean Philippi, then Calvinist, evidences the complexity of consulates. Facing the threat of war and the militarisation of the citizens of Montpellier, on 30 May 1562, the Court of Aids, first court by order of honours, assembled “all estate of the city”. It advises to “drop weapons”, on both sides, in Montpellier and neighbouring cities.

On 3 May, celebration of the Invention of the Holy Cross, the calvinist insurrection was triggered in Béziers. Iconoclasm spreaded in the city and its surroundings. If the destructive troops leaft Béziers between the end of May and early June 1562, the city remained under the control of Protestants until the intervention of Henri de Montmorency-Damville, the new governor of Languedoc, in November 1563. The mass was removed and supervisors of the consistory, as in Montpellier, forced recalcitrant inhabitants to attend preachings by using the blows of sticks called “dust remover of the consistory” ( Vidal, 1931 ). 29 As in Fumel, the “ basochiens ” or men of justice, appointed a mock jury. “Little king shit” (“ reyot de merde ”) hears Monluc in Gascogne, while in Montpellier a confectioner “says that if he seized the king, [he] would force him make small pastries”, meaning against any Lent.

Catholics caught off-guard

Catholics, who largely remained the majority, despite the assertions of Théodore de Bèze, were surprised and did not react. The leagues of Agen or the “syndicate” of Bordeaux of the autumn 1561 were not sufficient. It will be necessary to wait until March 1563 for defensive Catholic leagues to be formed, as instigated by the cardinals d’Armagnac and Strozzi, Monluc, Terride, Nègrepelisse, Fourquevaux and Joyeuse, and to extend to the whole south of France ( Brunet, 2007: 176-202 and 2015b ). However, the Protestants who created the entities essential to urban power relied on external help. It is Claude de Narbonne, baron of Faugères, who called himself protector of the churches of Lunas, Faugères and probably Bédarieux. But hundreds of soldiers were coming from far away, including Rouergue and Albigeois, with local nobles. On May 30 th , it was Jacques de Crussol, lord of Baudiné, who came with his brother, lord of Acier. In May-June, the Calvinists of Nîmes placed him at the head of Protestants of Languedoc, while his brother, Antoine, was elected protector of Protestants of Languedoc in November. In November 1562, Philibert de Rapin was named governor of Montpellier by Antoine de Crussol. After Castres, Lodève and Béziers, it was Montpellier and all coastal cities which rapidly were taken over, giving the consulate to Catholics ( Serres, 1977: 37 ).

In Toulouse as in Bordeaux, the presence of a parliament defending Catholicism allowed resistance to the authority of the capitoulat and the échevinage (names given to the municipalities of Toulouse and Bordeaux). Thus, on 23 February 1562, the parliament of Toulouse did not hesitate to issue police orders intended to monitor circulation between the city and the outside and forbidding any remarks contrary to the Catholic religion. 30 In April 1562, Hunaud de Lanta, capitoul (town councillor) of Toulouse, is sent to the prince of Condé to propose to surrender the city to him. These transactions were finally known by Monluc, who informed the president of the parliament, Jean de Mansencal, who then stoped the capitouls in force and took over the government. Protestants tried to take over the city by surprise during the night between May 11 th and 12 th , but fail after an intense fight.

If the consulates of Narbonne and Carcassonne succeed in resisting the Calvinist takeover, it was thanks to their particular status as “frontier cities” where no assembly or exercise of the new Religion could establish itself ( De Vic and Vaissète, 1874-1892, XI: 377-378 and XII, col. 599 ). 31 The authority of a governor, the baron of Fourquevaux, allowed these cities to guard their doors and even to keep people suspected of heresy outside of them, using for this purpose a stratagem that Viret bitterly denounces to Calvin (1575: 270-271 See Philippi, 1918: 54 32 .

Each case followed an identical scenario, which we could detail: the takeover of the consulate has prepared the general uprising. Similar attempts to take control of the consulate could be found in Béziers, Ganges, Montagnac, Pézenas, Millau, Marsillargues and apparently in Uzès ( Guy, 1996: 18-19 Rouquette, 1987: 66-68 Daumas, 1984: 28-35 and Bourrilly, 1896 ). 33 The case of Serres, in Villeneuve-de-Berg is significant. Olivier, whose brother Jean, went to study at the Academy of Geneva, was elected deacon. As the consistory did not manage to obtain a minister from Nîmes (where a school of theology was founded in April 1561), in July 1561, Jean sent letters to the consuls of Villeneuve, but also to other reformist cities to enjoin them to organise themselves well and to maintain correspondence among themselves. Churches of the Vivarais then gathered in three symposiums (Annonay, Privas, Aubenas) to create a synodal province. On 4 January 1562, Villeneuve decided to send two messengers to Geneva and Olivier was one of the two elected. Once the war declared, Olivier de Serres was charged to keep at home objects of worship and reliquaries of the Churches of Villeneuve, with the same attention as in Montpellier and in other consulates ( Lequenne, 1970: 73-83 Mours, 2001: 40-41 ). In numerous southern consulates, the war that followed the massacre of Wassy was an opportunity to extend a Calvinist conquest already undertaken.

The religious war had started in the South of France during the conspiracy of Amboise. Churches, which were ready to fight in Provence, Dauphiné, Languedoc and Guyenne, fostering relationships more or less secret among conspirators. After the failure of Amboise, the death of Henri II kept the repression away ( Bourrilly, 1896: 399-400 Brunet, 2015b ). The iconoclast outburst of the summer and autumn of 1561 formed part of a Calvinist operation of taking over municipalities. It was a concerted action, the attentive study of which will highlight the participation and the direct influence of Geneva. If Calvin quickly denied any implication in the conspiracy of Amboise and the following massacres, the role played by Bèze seems obvious. Condé only had to call for the uprising following the slaughter of Wassy, and each consulate could extend its power without sharing and without requiring help from military chiefs. This general uprising, made of multiple individual revolts, whose leaders were later recognized by the prince of Condé, gave at the time the illusion that the action was not concerted. Aware of the weight of consulates, Damville in Languedoc and Henri de Navarre in Guyenne imposed mid-party consulates. Apart from an implicit recognition of municipal power, these measures appear to be another modality of the control of minority Calvinists over the rest of the population ( Brunet, 2007: 579 sq ).


Amboise, conspiracy of

conspiracy of Amboise, 1560, plot of the Huguenots (French Protestants) and the house of Bourbon to usurp the power of the Guise family, which virtually ruled France during the reign of the young Francis II. The plan, presumably worked out by Louis I de Bourbon, prince de Condé, provided for a march on the castle of Amboise, the abduction of King Francis II, and the arrest of François, duc de Guise, and his brother Charles, cardinal of Lorraine. The cardinal was forewarned, and the rebels, beaten before they had united their forces, were ruthlessly massacred. For weeks the bodies of hundreds of conspirators were hanging from the castle and from every tree in the vicinity. The Huguenots were enraged. A brief period of conciliation followed under the chancellorship of Michel de L'Hôpital, appointed by the king's mother, Catherine de' Medici. He temporarily halted Protestant persecution until the outbreak (1562) of the Wars of Religion.

この記事を引用する
以下のスタイルを選択し、参考文献のテキストをコピーしてください。

引用スタイル

Encyclopedia.comを使用すると、Modern Language Association(MLA)、Chicago Manual of Style、およびAmerican Psychological Association(APA)の一般的なスタイルに従って参照エントリと記事を引用できます。

「この記事を引用」ツール内でスタイルを選択して、そのスタイルに従ってフォーマットしたときに利用可能なすべての情報がどのように表示されるかを確認します。次に、テキストをコピーして、参考文献または作品の引用リストに貼り付けます。


Conspiracy of Amboise, March 1560 - History

On this date in 1560 the second Baron de Castelnau, Jean Boileau, was beheaded as a Huguenot traitor. His was one of the opening casualties of France’s devastating Wars of Religion.

We find Castelnau’s end before war began, when the Huguenot party — although it had been pressed sorely enough for martyr–making in the years of the Reformation — was perhaps not yet quite steeled for the measure of purposeful violence it would require to conquer state power. After the events in this post, the great Huguenot leader Gaspard de Coligny would remonstrate at a royal Council of Notables protesting the loyalty of the realm’s Protestant subjects. Two years later, he was commanding rebels in the field a decade later, he would be murdered in the St. Bartholomew’s Day Massacre.

“Rashly designed and feebly executed,”* the plan of these 1560 pre-rebellion Huguenots was to tilt France’s religious policy by muscling out the top Catholic.

If it were possible to imagine such a gambit it was amidst the flux following King Henri II‘s sudden death at the jousts in 1559. his sickly 15-year-old heir Francis was dominated by the staunchly Catholic Duke of Guise policy accordingly trended away from religious accommodation for the Calvinist Huguenot minority.

Considering the new king’s youth and Guise’s prestige, here was the potential to lock in for decades to come a situation intolerable to France’s Protestants. (In actual fact, Francis had not long to live himself and the country soon fell into civil war … but the characters in this post did not have the benefit of hindsight.)

So the muscling-out plan was born: the Amboise conspiracy. Named for the castle where the attempt was unsuccessfully executed, this plot aimed to seize the Duke of Guise by main force and.


Tumult of Amboise conspiracy execution of rebells 1560 France - stock illustration

Easy-access(EZA)アカウントを使用すると、組織内のユーザーは次の用途でコンテンツをダウンロードできます。

  • テスト
  • サンプル
  • コンポジット
  • レイアウト
  • ラフカット
  • 予備編集

これは、ゲッティイメージズのWebサイトにある静止画像とビデオの標準のオンライン合成ライセンスを上書きします。 EZAアカウントはライセンスではありません。 EZAアカウントからダウンロードした素材でプロジェクトを完成させるには、ライセンスを確保する必要があります。ライセンスがないと、次のようにそれ以上使用することはできません。

  • フォーカスグループプレゼンテーション
  • 外部プレゼンテーション
  • 組織内で配布される最終資料
  • 組織外に配布された資料
  • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。ゲッティイメージズのウェブサイトでライセンス対象物に付随する制限を注意深く確認し、それらについて質問がある場合はゲッティイメージズの担当者に連絡してください。 EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

[ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


Amboise, conspiracy of

1560, plot of the Huguenots (French Protestants) and the house of Bourbon バーボン
, European royal family, originally of France a cadet branch of the Capetian dynasty (see Capetians). One branch of the Bourbons occupies the modern Spanish throne, and other branches ruled the Two Sicilies and Parma.
. Click the link for more information. to usurp the power of the Guise Guise
, influential ducal family of France. The First Duke of Guise

The family was founded as a cadet branch of the ruling house of Lorraine by Claude de Lorraine, 1st duc de Guise, 1496�, who received the French fiefs of his father, René II, duke
. Click the link for more information. family, which virtually ruled France during the reign of the young Francis II Francis II,
1544󈞨, king of France (1559󈞨), son of King Henry II and Catherine de' Medici. He married (1558) Mary Queen of Scots (Mary Stuart), and during his brief reign the government was in the hands of her uncles, François and Charles de Guise.
. Click the link for more information. 。 The plan, presumably worked out by Louis I de Bourbon, prince de Condé Condé
, family name of a cadet branch of the French royal house of Bourbon. The name was first borne by Louis I de Bourbon, prince de Condé, 1530󈞱, Protestant leader and general.
. Click the link for more information. , provided for a march on the castle of Amboise, the abduction of King Francis II, and the arrest of François, duc de Guise, and his brother Charles, cardinal of Lorraine. The cardinal was forewarned, and the rebels, beaten before they had united their forces, were ruthlessly massacred. For weeks the bodies of hundreds of conspirators were hanging from the castle and from every tree in the vicinity. The Huguenots were enraged. A brief period of conciliation followed under the chancellorship of Michel de L'Hôpital L'Hôpital or L'Hospital, Michel de
, c.1505�, chancellor of France under Catherine de' Medici.
. Click the link for more information. , appointed by the king's mother, Catherine de' Medici Catherine de' Medici
, 1519󈟅, queen of France, daughter of Lorenzo de' Medici, duke of Urbino. She was married (1533) to the duc d'Orléans, later King Henry II.
. Click the link for more information. 。 He temporarily halted Protestant persecution until the outbreak (1562) of the Wars of Religion.


The Amboise Conspiracy

Biking from Montlouis-sur-Loire to Amboise, 12 km

At the end of last week’s article we enjoyed a winetasting with M. and Mme. Blot at the Domaine de la Taille aux Loups in Husseau, on the east side of Montlouis-sur-Loire. Leaving the domaine, we head east along the Loire à Vélo to Amboise, where we visit the great royal chateau. To see our route from Montlouis to Amboise in Google Maps, click here. Next week we walk up the rue Victor Hugo in Amboise to Clos-Lucé, where Leonardo da Vinci spent the last three years of his life.

Our route to Amboise is not along the Loire River, but up on the plateau, where we share the quiet roads with an occasional car. After a few kilometers we pass by the Aquarium du Val de Loire, which offers a convenient rest stop (02 47 23 44 44) for those who did not stop at the Taille aux Loups。 I was biking this route in the summer of 2008, planning our Western student bike trip for 2009, and looking for a rest stop on a rural plateau with no cafes.

I came around a corner and there was the Aquarium, to which we had taken our young children during summer vacations in Touraine two decades earlier. I had always come to it from the opposite direction by car, and indeed I had forgotten its existence. What a surprise to find it there on my proposed bike route. The perfect rest stop: if you don’t want to visit the aquarium, buy a snack at the counter, to thank them for the use of the washrooms.

This is one of the largest fresh water aquariums in Europe, with some 10,000 fish in 4 million litres of water. The emphasis is on fresh water European fish, but there are also various exhibits involving sea water, including tropical fish, a coral reef, and sharks. My favorite fish is the silure, which looks like an enormous catfish out of a horror movie. They hang out on river bottoms and seem too fat too float or swim. They can be up to 2.5 m long and weigh up to 250 kg, making them the largest fresh water fish in Europe. They do well in the lower reaches (below 400 m altitude) of the significant rivers of France, including the Loire, where a reduction in oxygen (through pollution) can make life difficult for other sorts of fish.

Leaving the Aquarium, our route continues east, and then turns south, down the hill past the impressive St. Denis Church to the Loire and Amboise. From the bridge over the Loire we have a fine view of the Chateau Royal d’Amboise.

In the late 15th century the chateau was substantially expanded and renovated by Kings Louis X1 (who reigned 1461-1483) and Charles VIII (1483-1498). The work occurred just before the adoption by French monarchs of the new Italian Renaissance styles in architecture, and Amboise maintained the look of a fortified castle. Later renovations by Francois I (1515-1547) and Henri II (1547-1559) introduced the new Italian styles to the chateau. Our visit inside the chateau takes us to the Royal Apartments, which include a magnificent Council Room, with a double vaulted stone ceiling and beautiful fireplaces at either end.

3. Students from the Western 2010 bike trip gather in front of a roaring fire in the Council Room on a very cold spring day.

The large round tower on the left of the main building in photo 2 is the Minimes Tower, housing a large spiral ramp which was used to bring horses with carts up to the terrace to provision the chateau. The views from the tower are spectacular. Looking west we can see the Boys’ Tower at the western edge of the Chateau terrace, the roofs of Amboise, and the massive St-Denis Church in the background.

4. Looking west from the Minimes Tower at the Chateau d'Amboise

Looking east, we can the Loire winding down to Amboise.

5. Students on the Western 2010 bike trip on the Minimes Tower.

The beauty and peace of the chateau and the surrounding town may make it hard to imagine that they were the site of cruel, bloody events that took place here in March, 1560. Those events have left their mark on French history.

Religion and politics should not be mixed. When they are, the result is often disorder and bloodshed, as France experienced in the seven decades after 1560. Among the best known events of the Religious Wars in France are the Saint-Barthélemy Massacre in 1572, and the assassinations of two kings, Henry III in 1589, and his son Henry IV in 1610. A portent of all this bloodshed were some brutal killings in Amboise in March, 1560, which had both religious and political dimensions.

On the religious side, it all began with a German priest, Martin Luther, who in 1517 wrote his “Disputation of Martin Luther on the Power and Efficacy of Indulgences” (also known as the Ninety-Five Theses) he may have affixed them to the door of the church in Wittenberg, although many modern historians believe he simply sent them to his bishop. Luther argued that salvation could not be bought, but only achieved through faith in Jesus Christ. He wrote that our knowledge of God comes from the Bible, thereby disputing the authority of the Pope and his hierarchy. These views were offensive to the established Church, and in 1521 Luther was excommunicated by Pope Leo X. Today in Germany there are roughly equal numbers of Roman Catholics and Protestants.

Luther’s ideas travelled quickly through Germany in a 16th century version of social networking involving pamphlets and ballads.[1] His doctrines also spread to other countries in Europe. In France, the Reform movement was led by John Calvin, born in 1509 in Picardy. In university, Calvin was attracted to humanism, and then to religious Reform. His views forced him to flee to Switzerland in 1535.

The following year he published his Institutes of the Christian Religion, setting out his Reform doctrines. Despite intermittent persecution, the number of Reformers or Protestants in France (or Huguenots, as their enemies called them) grew rapidly after 1850, especially among the nobility. The criticism of each other’s church by Reformers and Roman Catholics was often bitter and extreme each sought control of the French state as a means to control the rival church.

These tensions came to a head with the sudden death of Henry II, after a jousting accident in June, 1559. His son became king at just 15 years of age, as François II. Through an arrangment concluded when he was four, François was married at age 14 to Marie Stuart, Queen of Scots (later imprisoned and put to death by Elizabeth I of England). When he became King, two of his wife’s uncles, the duc de Guise and his younger brother, the cardinal de Lorraine, became his chief advisors. They quickly took control of the government. The painting below of the duc de Guise is by François Clouet, the official painter of King François I.

The Guises became known for their violent suppression of Protestantism. The House of Guise was found by Claude de Lorraine (1495-1550), a valiant military commander under François I, who in appreciation gave him the title of 1st duc de Guise. In 1525 the duc de Guise suppressed a revolt of Anabaptists, a Protestant sect, in a massacre in Saverne, Alsace, which earned him the title of “the Great Butcher.” His son François, the 2nd duc de Guise, organized the massacre at Amboise in 1560. François’ son Henri, the 3rd duc de Guise, played a role in the St. Bartholomew’s Day Massacre of Protestants in Paris in 1572, and later founded and led the Catholic League (la Ligue Catholique), devoted to the anti-Protestant cause. He was assassinated at Blois in 1588 on order of King Henry III, a story we will tell when our bike trips arrive in Blois.

In early 1560 members of the Huguenot nobility began plotting to kidnap the King, and return him to power after they had removed the Guises. A meeting of the conspirators was held in Nantes on Feb. 1, 1560. The plot was discovered and the King was moved from Blois to Amboise, where the Chateau was more defensible. The conspirators were poorly organized, and an attack on March 17, at the gate of the Bons-hommes under the Heurtault Tower on the north side of the Chateau, was quickly repulsed by the troops of les Guises.

7. The Heurtault Tower, with the gate of the Bons-homme. In the distance, at the top of the wall, is the St-Hubert Chapel.

There followed a bloody massacre of all the conspirators and their troops. The town quickly ran out of gallows and began hanging Huguenots from the balconies of the chateau. Others were decapitated. “The cobblestones of the interior courtyards were red and sticky from the blood of decapitated nobles.” [2] An engraving by Jacques Tortorel and Jean Perrisin from 1570 shows the horror of the scene enacted in Amboise over several days. Tortorel and Perrisin were Protestant artists in Lyon. In 1570 they published in Geneva a collection of engravings on the religious conflicts in France between 1559 and 1570. [3]

8.8。JacquesTortorelとJeanPerrisin、「The Execution of the Conspirators of Amboise」(1570年)。

彫刻は写真2の方向から見たシャトーの北壁を示しています。存在する軍隊に加えて、右下隅の近くに若い男の子を持つ女性を含むかなり多くの観客がいます。ユグノーはレッスンを受けることになっています。

2人の男性が首にロープを巻いてシャトーのバルコニーから投げ出されています。さらに5つがすでにぶら下がっていて、6つ目は彫刻の中央にある絞首台にぶら下がっています。後者は陰謀のリーダーであり、ペリゴールのラ・ルノディ邸の領主であるジャン・ド・バリーです。ラ・ルノディは3月19日、シャトー・ルノーの森で小競り合いで殺され、小さな軍隊でアンボワーズに向かった。彼の体は彫刻が示すように展示され、その後5つに切り刻まれ、それぞれがシャトーの門に掛けられました。

左手前の絞首台には3つの頭があり、頭のない体が近くにあります。剣で斬首されようとしているユグノーの船長、M。deVillemongisは、彼の前に行った人々の血で手を洗うので、彼の運命の準備ができているようです。 [4]

この最後の数字は1世紀後に再び現れます。偉大なフランスの歴史家ジュール・ミシュレは、ユグノー軍と戦った人々がその日アンボワーズでどのように死に直面したかを説明しています。

&#8220死にかけ、彼らは神に忠実な手を上げました。そのうちの一人、M。deVillemongisは、すでに処刑された仲間の血に彼を浸し、赤い手を上げて、強い声で叫びました。&#8216これはあなたの子供たちの血です、主よ!あなたはそれを復讐するでしょう! '&#8221 [5]



コメント:

  1. Eadig

    それは無意味です。

  2. Kyros

    ありがとう、読み残しました。

  3. Wajih

    まったく正しい。それは良い考えです。私はあなたをサポートします。

  4. Todd

    これには何かがあります。この問題についてあなたの助けに感謝します、今私はそのような間違いをしません。

  5. Ya'qub

    現在、ディスカッションに参加できず申し訳ありません。忙しいです。私は戻ってきます-私はこの問題について間違いなく私の意見を表明します。

  6. Arnt

    そしてそのようなこと

  7. Eadwine

    私はあなたが正しくないと思います。私は確信しています。私たちは議論する予定です。



メッセージを書く