デビッド・ダンスキン

デビッド・ダンスキン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

デビッド・ダンスキンはカーコーディで生まれました。熱心なサッカー選手である彼はロンドンに移り、政府の主要な軍需工場の1つであるウーリッジの王立兵器廠で仕事を見つけました。 1886年、ダンスキンは3人の友人と一緒に、サッカークラブを結成することを決定しました。アーセナルの歴史家、バーナードジョイによると、ダンスキンはこの動きの背後にある主要人物であり、「最初の必需品であるサッカーを手に入れるためのワークショップの周りのサブスクリプションリスト」を送信しました。 15人が6dを購読しました。それぞれとダンスキンは合計で10秒になりました。 6d。彼自身のポケットから。

このクラブは、ワークショップの1つにちなんで、当初はダイヤルスクエアと呼ばれていました。ダンスキンはサイドのキャプテンであり、エリヤ・ワトキンスは秘書になることに同意した。ノッティンガムフォレストでプレーしていて、最近ウーウィッチアーセナルで仕事を見つけたばかりのフレッドビアーズリーとジョセフベイツは、クラブに参加することに同意しました。

クラブは1886年12月11日にイースタンワンダラーズとの最初の試合を行いました。各男性は独自のキットを提供し、さまざまな色のシャツとズボンを着用しました。 3つにはすねガードがあり、ほとんどすべてのブーツは普通のペアで、靴底にバーが釘付けになっています。

ダイヤルスクエアは6-0で勝利しましたが、プレーヤーはプレーしたピッチの質に満足していませんでした。エリヤ・ワトキンスは後に次のように報告しました。他の部分は-私は溝を言うつもりでしたが、開いた下水道がより適切だと思います。」

その後すぐにロイヤルオークでの会議で、男性はクラブの名前をロイヤルアーセナルに変更することを決定しました。クラブはまた、プラムステッドコモンでホームゲームをプレイすることに同意し、近くのスターパブでサッカーキットに変更しました。

男性はサッカーキットを購入する余裕がなかったので、フレッドビアーズリーは彼の古いクラブであるノッティンガムフォレストに手紙を書いて、彼らが助けてくれるかどうか尋ねることにしました。クラブは寛大にも赤いシャツの完全なセットを送ることに同意しました。

デビッド・ダンスキンはまた、スコットランドでより高いレベルでサッカーをした経験のある他の労働者を工場で採用することに成功しました。これには、Peter Connolly、Humphrey Babour、J。M。Charteris、John McBean、およびW.Scottが含まれていました。 1888年には、以前スウィンドンタウンでプレーしていたリチャードホージントンもクラブに加わりました。

バーナード・ジョイは、ダンスキンを「背が高くて太く、当時流行していた重い口ひげの厳しい効果を相殺するために、彼の目にはユーモラスなきらめきがあった」と説明しました。


デビッドダンスキン-歴史


アーセナルFCコベントリー墓地に埋葬された創設者

ライオネルバード、歴史家、コベントリーシティフットボールクラブ

(この記事は、主にコベントリーテレグラフのために2018年8月にライオネルによって書かれました。
Telegraphは、記事に基づいて、2018年9月3日に主要な機能を公開しました。)

最近、Friends of London RoadCemeteryの会長であるIanWoolleyから、アーセナルフットボールクラブの創設者であるDavidDanskinが墓地に埋葬されたとの連絡がありました。ダンスキンは1863年にファイフのバーンティスランドで生まれました。彼が学校を卒業したとき、彼は見習いエンジンフィッターになり、最終的には機械エンジニアとしての資格を取得しました。 10代の頃、彼はカーコーディワンダラーズでサッカーをしました。彼は1885年に22歳​​でスコットランドを離れ、ウーリッジの王立兵器廠の軍需工場で雇用を確保し、ダイヤルスクエアの工房で働いていました。彼は翌年GeorginaHarradonと結婚し、その夫婦には3人の子供がいました。

彼のサッカーへの情熱はまだ強かった。 1886年10月、彼は数人の同僚にチームの編成に興味があるかどうか尋ねました。約15人が志願し、全員が6ペンスをクラブ基金に寄付しました。ダンスキンは3シリングを寄付し、サッカーを購入し、クラブはDial SquareF.C。の称号を採用しました。彼らの最初の試合は12月11日にイースタンワンダラーズFCと対戦しました。ダンスキンがキャプテンに任命され、彼のチームは6-0で勝利しました。クリスマスの日に、ダイヤルスクエアのメンバーは近くのロイヤルオークのパブで会い、クラブ名をロイヤルアーセナルに変更することにしました。

1890年までに、ダンスキンのサッカーのキャリアは、主に脚の怪我と重い仕事のスケジュールのために終わったようです。彼は自営業になることを決心し、プラムステッドの敷地から運営される彼自身の自転車事業を始めました。店は成功し、1907年に彼は550円で事業を売却しました。彼はスタンダードモーターカンパニーの審査官としての仕事を得てコベントリーに移りました。彼は、アッパー・ストークのノースストリートにある、ローズ&ウッドバインのパブのほぼ隣にある2ベッドルームのセミデタッチドハウスを購入しました。隣人は元歌手F.C.のサミュエル・ブリバントでした。プレーヤー、そして現在はコベントリーシティFCトレーナー。彼らは地元のパブによく行き、昔はサッカーについて話していたのだろうか?彼は、コベントリーシティが住んでいた場所の近くにあるハイフィールドロードのグラウンドでプレーするのを見に行ったことがありますか?

悲しいことに、Georgina Danskinは1916年に亡くなりました。2年後、Davidは検査チームの同僚であるRosieRichardsonと結婚しました。その夫婦には3人の子供がいた。 1936年、デイビッドは路面電車で走っているときに転んだときに古いサッカーの怪我を悪化させた後、ガルソンロード病院に入院しました。彼は後に壊疽と診断され、冒された脚は切断を必要とするでしょう。これに対する彼の返事は、「私は今、2本の足を持っています。私が死ぬつもりなら、私は2本の足で死ぬでしょう」でした。アーセナルが4月25日にウェンブリースタジアムで行われたF.A.カップ決勝でシェフィールドユナイテッドと対戦したとき、彼はまだ病院で回復していました。病院の婦人は彼が全国ラジオで試合の報道を聞くことを許可しました。アーセナルは、93,000人の観客の前でテッドドレイクのゴールのおかげで1-0で勝ちました。

デビッドは、絶え間ない健康問題のために仕事を辞めることを余儀なくされました。彼は週に10シリングの企業年金を受け取りました。当時は多額の支払いがありました。ノースストリートの家族の家は、1940年11月の電撃戦でひどく爆弾で損傷しました。彼のフットボールのジャージ、メダル、家族の写真が入っていたデビッドの鋼鉄のトランクが破壊されました。彼はすぐに引っ越しを余儀なくされ、ケニルワースに住んでいた娘のエレン・ディッケンソンと一緒に暮らすようになりました。

1942年に彼はウォリック病院に入院しました。彼は1948年8月4日に85歳で亡くなるまでそこにとどまりました。彼は3日後にロンドンロード墓地に埋葬されました。アーセナルのニックネームは「TheGunners」で、クラブの紋章には野戦砲があります。第一次世界大戦中に王立野戦砲兵隊に仕えた2人の勇敢なガンナー兵士、ホレスベネットとウォルタークーパーが、連隊の「大砲」の記章が付いたダビデの墓から数フィート離れたところに埋葬されているのは、どれほどふさわしいことでしょう。

1883年にシンガーフットボールクラブの創設者であるウィリースタンリー(1898年にコベントリーシティFCになりました)も墓地に埋葬されています。これらの2人の男性の生活には驚くべき類似点があります。彼らは両方とも別の都市で仕事を探すために家族の家を出ました。彼らは彼らが設立したサッカークラブのためにプレーしました。彼らは資格のあるエンジニアであり、彼らは生涯自転車事業を営んでいました。スタンレーのマークのない墓が2007年に発見されたとき、私は適切に刻まれた墓石を提供するために資金を集めるのを手伝いました。デビッド・ダンスキンは今日、マークのない墓に横たわっています。彼が同じ認識を得る時が来たと思います。

ライオネルバード
2018年8月


デビッド・ダンスキン、彼自身の言葉で(1931年4月)

ライオネルバード、歴史家、コベントリーシティフットボールクラブによって転写された

デビッド・ダンスキンは、1931年4月24日にミッドランドデイリーテレグラフ(現在のコベントリーテレグラフ)からインタビューを受け、翌日新聞に記事が掲載されました。これらは彼がした最も重要な声明です:

私は1885年後半にベンチフィッターとしてウーウィッチアーセナル(作品)に行きました。その時ラグビーフットボールは大いに揺れ動き、1886年のクリケットシーズンに私はショップチームのためにプレーしました。シーズンが近づくと、スコットランドと同じようにアソシエーションサッカーをしたいと思っていたので、店の打ち合わせで提案を出しました。私の仲間は、そのような実験は失敗だと宣言して、その考えをうんざりさせましたが、私は固執しました。資金不足の難しさを乗り越えるために、私は店の周りでペニーコレクションを作りました、そしてこれによって私は5シリングと6ペンスの大金を集めました。私は少なくとも店の同僚全員の興味を引いていて、土曜日の朝、アーティレリープレイスのスポーツ用品店に行き、10シリングと6ペンスのボールを購入しました。スタートを切るのがとても心配だったので、さらに5シリングを進めました。ウーリッジのロイヤルアーセナルのダイヤルスクエアにクラブを結成しました。

私はボールをプラムステッドコモンに持っていきました。ボールを空中に蹴り上げて、それに対する最大のスクランブルを見ました。それを見るのは私の特権でした。しかし、プレーヤーはそれを処理し続け、観客の何人かがサッカーをしていたのを見つけて、私は彼らの援助を求めました。しばらくすると、他のプレイヤーが私たちを模倣し、手を邪魔しないようにし始めました。次の土曜日に、私たちは練習試合のために店から2つのチームを選びました。その後まもなく、私たちはミルウォールのイースタンワンダラーズとして知られるチームと試合をするのに十分な能力を身につけました。表面がひどい状態の畑で遊んだ。私たちは彼らを6-0で破りました、そして私はあなたにこの結果が私たちを終わりのないものにし、私たちに良い世界をもたらしたことを保証することができます。その日はフルバックしたと思います。

その後、クラブがエリスで始まり、私たちが知られるようになるまで、私たちは彼らと試合をしていました。徐々に私たちの評判は広がり、ノッティンガムフォレストのような外部地区の人々からチーム内の場所に多くの応募がありました。そのため、かなり複雑な立場になり、クラブの将来について話し合うための総会を開催し、私たちがいつもプレイしていたお店の名前を放棄するかどうかを決定することになりました。完全かつ自由な議論の末、全会一致で私たちの名前をロイヤルアーセナルフットボールクラブに変更することが決定されました。

名前を変更すると、他の地区のすべてのプレーヤーが参加できるようになり、新しいシャツを購入する必要がありました。その時、サンプルと価格を入手するように指示され、その結果、色を今では有名な赤いシャツに変更しました。ポケットブックで新しいシャツの元のサンプルを見つけて、それらが再びほとんど役に立たないと思って破壊したのは、ほんの2、3か月前のことでした。ウーリッジのウェリントンストリートにある紳士服飾店から購入しました。

初期の頃は、プレーメンバーであるだけでなく、委員会のメンバーでもあり、フィールドのあらゆるポジションでプレーしていました。アマチュアクラブとして1、2シーズンを過ごした後、私たちは多くのプロを引き受け、プラムステッドコモンでプレーし、後にウォルトンの豚舎としてよく知られているプラ​​ムステッド湿地のスポーツマンズグラウンドに移動しました。私たちはそこに約2シーズン滞在した後、飼料請負業者のケイブ氏が所有する畑に移り、しばらくそこで遊んだ。その後、別の変更が必要になり、最初に本社をインビクタという名前の地面に移動しました。この場所には、グランドスタンドとテラスが適切に装備されていました。その後、クラブに買収され、アーセナルの本社であったマナーフィールドに移動しました。彼らがハイベリーに移動するまで。

記事からの他の抜粋:

ダンスキン氏は、アーセナルクラブの最初のカップ決勝で優勝したチームのメンバーであり、ケントジュニアカップで優勝したときはリザーブチームのゴールキーパーとしてプレーしていました。このゲームでは、彼らはチャタムエクセルシオールとして知られるチームを破り、決勝戦はグレーブセンドで行われました。彼らは6-0で勝利し、ダンスキン氏は、寒くて荒天のため、気温を上げるためにクリケットのズボンをはいてスティックの間で遊んだことを覚えています。彼は、クラブの歴史の少し後に、ケントジュニアカップ、ケントシニアカップ、ロンドンチャリティーカップ、ロンドンカップ、ミルトンシールドを6人制の大会で優勝したときに写真を撮ったことを覚えています。そのうち、農業ホールのボード上で人工光で演奏されました。

彼のプレーの日が終わった後、ダンスキン氏はロンドンの審判として大きな需要があり、いくつかの代表的なゲームを担当していました。彼はコベントリーにいたので、サッカーに大きな関心を持ち、ストークアルビオンズFCの会長を務めました。彼らがFoleshillAlbionsF.C。を破ったときミッドランドデイリーテレグラフジュニアカップの決勝戦で。同じ年、クラブはリーミントンホスピタルカップとベッドワースチャリティーカップで優勝しました。今日、彼は非常に誇りに思っている男であり、46年後にクラブの誇り高きイングリッシュリーグのチャンピオンに会うことで彼の人生の野心の1つを実現しました。

ダンスキン氏は、アーセナルの有名なインサイドレフトであるアレックジェームスが最初に日の目を見る地区であるカーコーディでサッカーのキャリアを開始し、来月24年間コベントリーに滞在しています。 (コベントリー)オーディナンスワークスとモードスレイモーターカンパニーで部分的に過ごした6年間を除いて、彼はその間ずっとスタンダードモーターカンパニーに雇用されていました。ダンスキン氏は、現代のサッカーについての彼の意見について質問され、彼が最初に知ったゲームやメインの選手よりも、すべての部門で非常に優れていて、はるかに熟練していると述べました。彼はかつてコベントリーシティFCの熱心な支持者だったと語った。彼がクラブの運営方法に「うんざり」するまで。 「彼らが望んでいること」と彼は言った、「完全な範囲を与えられたマネージャーであり、それから私たちはあらゆる方向に改善が見られるはずです」。

この記事について私に警告してくれたコベントリーヒストリーセンターのダミアンキンバリーに感謝します .

ライオネルバード
2018年9月

追記: 2018年9月、アーセナルスコットランドサポーターズクラブは、コベントリーのロンドンロード墓地に建てられる、おそらく墓石であるデビッドダンスキンの恒久的な記念碑を手配し、必要な資金を確保することを申し出ました。この提案は温かく歓迎され、2019年4月29日にコベントリー大聖堂のカノンデイビッドストーン牧師によって実質的で適切な記念碑が捧げられました。詳細については、コベントリーソサエティのウェブサイトをご覧ください。


バーンティスランドヘリテージトラストは、ノースストリートの家の最近の写真についてはイアンウーリーに、古い家族の写真についてはリチャードワイアットに彼の記事と彼の写しを複製する許可を与えてくれたライオネルバードに感謝します。

LionelBird、Ian Woolley、Richard Wyatt、Burntisland Heritage Trust


デビッド・ダンスキン:アーセナルの創設者ですが、クラブの過半数と歩調を合わせていない男です。

2019年4月29日、多くの新聞が、「アーセナルFCの創設者は、何年もの間、コベントリーのマークのない墓に埋葬されていた」と発表しましたが、今では、世界の1人の背後にいる男がついに正解しました。最高のサッカークラブはついに彼にふさわしい休憩所を与えられました。&#8221

その男は1863年にこの日に生まれたデビッド・ダンスキンでした。

もちろん、ダンスキンは誰よりも記念の墓に値するものでしたが、彼が「背後にいる男」であったかどうかは、アーセナルの財団であるかどうかについては、いくつかの論争があります。そして確かに、彼はプレーヤーに彼らの労働のために支払うという考えに反対したので、クラブの大多数とすぐに脱落しました。このため、彼は王立兵器廠時代にアーセナルの事務を運営する委員会に投票されなかったため、南部で最初のプロクラブになるためのクラブの発展の一部ではなかった男でした。

したがって、ダンスキンは創設者でしたが、1893年にクラブをフットボールリーグに導いたクラブの主流の動きとは事実上接触していませんでした。

1863年1月9日:ダイヤルスクエアクラブの創設者の一人であると言われているデビッドダンスキンは、ファイフで生まれました。彼は最初のアーセナルの試合の手配に尽力したと考えられており、クラブに数年間滞在しました。しかし、1892年に委員会の選挙に立候補したとき、彼は選出されませんでした。これは、1891年にプロになる投票に反対したためです。

1883年1月9日:ウィリアム・ガーバット&#8211「イタリアのサッカーの父」となったアーセナルの男は、通常の労働者階級のホームストックポートに生まれました。彼は1905年12月にウーリッジアーセナルに来る前に、王立砲兵隊(軍隊にいる間)とレディング(サザンリーグの)のためにプレーした外部の権利でした。

1913年1月9日:ラルフ・バーケットがトーキーで生まれました。彼は1933年にトーキーからアーセナルに加入し、2シーズンにわたってアーセナルで19試合をプレーしました。

1915年1月9日:アーセナルがFAカップでマーサーを破ったとき、ハリーキングの記録破りの3回目のハットトリック。彼は今シーズンの37試合で26得点を挙げました。

1926年1月9日:ウォルヴァーハンプトン1アーセナル1.ハーバートチャップマンのアーセナルでの最初のFAカップの試合、クラブはついに第6ラウンドでスウォンジータウンに出場しました。次のシーズン、クラブは1つ良くなり、初めて決勝に進みました。

1932年1月9日: FAカップの第3ラウンドのアーセナル11ダーウェン1。アーセナルがカップで2桁の数字を記録したのは、1893年以来初めてで、今回は決勝に向けて進んでいます。バスティン(3)、ジャック(3)、ランバート(2)、フルム(2)がゴールを決めました。

1937年1月9日:アーセナルは、シーズン中にサンダーランドからローカーパークでポイントを獲得した最初のチームになりました。他の場所での結果とスコアは、アーセナルが1ポイント差でリーグのトップになったことを意味します。

1946年1月9日:アーセナルがウェストハムを破ったが、合計で負けたため、FAカップの第2戦でレスリージョーンズとレグカムナーの最終戦。 (ハイベリーがまだ軍事指揮下にある状態で、ゲームはトッテナムでプレイされました)。どちらもアバーデアでサッカーを始めた2人の選手は、ジョーンズがスカンソープのマネージャーだったときに再び会い、クマーに署名しました。これはまたのための最初のゲームでした ジミー・ロギー

1960年1月9日: アーセナル後のロザラム2アーセナル2(FAカップ)は、オウンゴールとジュリアンのゴールを通過するために20分で2-0となった。ハイベリーでは、延長戦の末、リプレイが1-1で終了し、ロザラムが会議室でトスを勝ち取り、3試合目のニュートラルな会場を選びました。彼らはヒルズボロを選び、2-0を通過しました。

1965年1月9日:この瞬間、ビリー・ライトがアーセナルのチームをまとめているかのように見えました。この日のカップでのダーリントンに対する0-2の勝利は日常的なものでしたが、クラブに希望を与えたのは4回連続の勝利の1つでした。

1971年1月9日:アーセナル2WHU0。最初のダブルシーズンのリーグ戦24。この勝利により、アーセナルはリーズに1ポイント差をつけ、平均ゴール数が増えました。グラハムとケネディは無敗で14点を獲得しました。 70年代のアーセナルパート3を参照してください。アーセナルにとってはなおさらです。主なライバルであるリーズは、トッテナムに1-2で敗れました。

1971年1月9日:後にジェニングスのアンダースタディとしてアーセナルにサインしたジョージ・ウッドは、イーストスターリングシャーvクイーンオブザサウスのゴールでプレーし、ボールを彼のエリアから蹴り出し、ピッチの全長を下ったと報告されました。

1993年1月9日:アーセナル1シェフィールドU 1.勝利のない8回連続の試合で、アーセナルは2得点を挙げました。ヒラーがゴールを決めた。すべてのアーセナルは、15のリーグ戦に出場しましたが、いずれも複数のゴールを決めていませんでした。

2005年1月9日:アーセナル2ストークシティ1、FAカップの別の成功を開始。ストークは先に進んだが、レイエスとファンペルシはハイベリーで36,579の前で得点した。

2007年1月9日:アレックスソング アーセナルがリーグカップでリバプールを6-3で下し、バプティスタが4で勝利したとき、彼の最初のゴールを決めました。リバプールが自宅で6人を認めたのは75年以上ぶりのことです。新しい契約に署名したトゥーレは、アーセナルのキャプテンを初めて務めました。

2008年1月9日:アーセナル1トッテナム1リーグカップ準決勝は、トッテナムの最初のチームに対するアーセナルの予備だったという事実を反映して、これまでのところエミレーツで最も少ない群衆の1つである53,136の前で行われました。

2014年1月9日:アクポムがブレントフォードに貸与。彼はコベントリーにも貸し出され、年末までに最初のチーム出場を開始しました。 2015年に彼はチャンピオンシップでハルと定期的に出演し始めました。


ウォッチ:コベントリーで発表されたアーセナルの創設者の墓石の特別な瞬間

何年もの間、アーセナルFCの創設者は、コベントリーのマークのない墓に埋葬されていました。

しかし、今日、世界で最も偉大なサッカークラブの1つの背後にいる男がついに彼にふさわしい休憩場所を与えられたとき、それはついに正しかった。

何ヶ月にもわたる議論、調査、計画の後、ロンドンロード墓地でデビッドダンスキンに敬意を表して新しい墓石を発表するサービスが行われました。

ちょうどこの機会のために、デイビッドの親戚がカナダやオーストラリアから遠く離れたコベントリーに飛び込んできた、多くの人にとって感動的な日でした。

アーセナルの伝説であるパット・ライスはクラブ自体からの代表団の1人であり、クラブのマネージングディレクターであるビナイ・ベンカテシャムも含まれていたため、彼らにはサッカーの王族が加わりました。

アーセナルとコベントリーシティの両方からのファンがあまりにも出席していました。クラブが最終的に墓石の代金を払ったにもかかわらず、その日をその機会にすることは主にファンの努力でした。

ギャラリーを見る

サービス

サービス自体は、コベントリーの晴れた春の日に、ロンドンロード墓地の墓地で開催されました。

ふさわしく、コベントリー大聖堂の副学部長であるカノン・デビッド・ストーン牧師が奉仕を行いました。アーセナルのロゴには大砲が付いているため、クラブとアポスのニックネームはガナーズです。

短いスピーチは、ロンドンロード墓地のフレンズの会長であるイアンウーリーとアーセナルスコットランドの会長であるマイクブキャナンによって行われました。

カナダからサービスのために飛んだデビッド・ダンスキンの孫であるリチャード・ワイアットは、デビッド&アポスの人生とキャリアについて話しました。

彼は次のように述べています。「今日、私たちはコベントリーのロンドンロード墓地で休息するために置かれているデビッドダンスキンと彼の家族の他の親しいメンバーの人生を認識し、祝っています。

&quotDavidは、1863年1月9日にスコットランドのファイフにあるバーンティスランドで生まれました。

&quotカーコーディでエンジニアリングの見習いを務めた後、デイビッドはロンドンに移り、ウーリッジのアーセナル軍需工場で雇用するという勇敢な決断をしました。

&quotここで、彼は仲間の労働者と一緒に、1886年にダイヤルスクエアという名前のワークスサッカーチームを結成し、後にロイヤルアーセナルFCと改名しました。

&quotこれは、今日世界中で知られているように、ウーリッジアーセナルFC、そして最終的にアーセナルFCに進化しました。

&quotDavidは、1886年にアーセナルフットボールクラブの創設者であり、最初のキャプテンであると認められています。

&quot彼のプレーの日が終わった後、デイビッドはコベントリーに移り、スタンダードモーターズで働いて、駆け出しの自動車産業に加わりました。

&quot悲しみは1916年に彼の最愛の妻GeorginaDanskinが亡くなったときに襲いました。デビッドはその時彼の妻のためにこの陰謀を買いました。

「ジョージーナ」の死後、1918年に兄のニコラスハラドンが亡くなり、その後、1939年にデビッドとアポスの2番目の妻とアポスの母親であるエレンリチャードソンが亡くなりました。デビッドは1948年に彼の計画に最後に加わった人物です。

&quotDavidと2番目の妻であるRose Claraは、コベントリーで3人の子供に恵まれ、子供たちが大人になり、新しい家族と一緒に生活が進むまで、この地域にとどまりました。

「これは家族の非常に珍しい組み合わせと見なされるかもしれませんが、デビッドからの先見性と彼が彼に残した遺産は何ですか!」


デビッド・ダンスキン

*シニアクラブの出場とゴールは国内リーグのみにカウントされます。

デビッド・ダンスキン (1863年1月9日-1948年8月4日)はスコットランドの機械技師およびサッカー選手でした。彼はDialSquare FCの主要な創設メンバーであり、後にRoyal Arsenalと改名されました。このチームは、現在Arsenalとして知られています。

ファイフのバーンティスランドで生まれたダンスキンは、カーコーディで育ちました。彼はカーコーディワンダラーズのアマチュアとしてプレーし、そのプレーヤーの中にはジャックマクビーンとピーターコノリーがいました。2人のプレーヤーは後にロイヤルアーセナルでダンスキンに加わりました。 1885年、ダンスキンは仕事を探すためにロンドンに移り、ウーリッジのロイヤルアーセナルにあるダイヤルスクエアワークショップに就職しました。そこで彼は、ジャック・ハンブルや元ノッティンガム・フォレストの選手であるフレッド・ビアーズリーやモリス・ベイツなど、サッカー愛好家に会いました。ダンスキンは、ハンブルとともに、ワークスフットボールチームであるダイヤルスクエアFCの結成の原動力として一般的に認められています。

ダンスキンは仲間の愛好家の間で鞭打ちを組織し、ダイヤルスクエアの最初のサッカーを購入し、1886年12月11日のイースタンワンダラーズとの最初の試合でチームのキャプテンを務めました。ダイヤルスクエアは6-0で勝利しました。ダンスキンは、その後すぐにクラブの名前が変更されたため、次の2年間、ロイヤルアーセナルでプレーを続けました。しかし、1889年1月のクラプトンとの試合で負傷した後、ダンスキンは横から降りることを選択し、その後はさらに数回しかプレーしませんでした。

アーセナルは1891年にプロに転向し、ダンスキンは1892年にクラブの委員会に選出されましたが、選出に成功しませんでした。彼はアーセナルとの公式の関係を終了し、後にその地域の新しい作業チームであるロイヤルオードナンスファクトリーと関係を持ちました。 NS。 1896年。彼はまた、地元の試合で審判を務めた。彼はまだ彼らのゲームに参加するのに十分なアーセナルが好きでした、そして彼の息子ビリーは子供の頃彼らのマナーグラウンドでプログラムを売っていました。

その後、プラムステッドで独自の自転車製造事業を開始し、1907年にスタンダードモーターカンパニーで働くためにコベントリーに移りました。晩年、彼はフットボール時代の足の怪我による健康障害に悩まされ、早期に引退した。それにもかかわらず、彼は、ラジオの解説を聞きながら、1930年代にクラブが成功を収めるのを見るために生きた数少ないアーセナルの創設メンバーの1人でした。長年の不健康の後、彼は1948年にワーウィックのホスピスで85歳で亡くなりました。

2007年、クラブの歴史における彼の役割を記念して、アーセナルスコットランドサポーターズクラブは、バーンティスランドの出身地近くのダンスキンに青いプラークを捧げました。 [1]

アーセナルFCの125周年記念式典で、デビッドダンスキンの曾孫、クラブの伝説の若い親戚の2人が、アーセナルが別のマイルストーンを祝ったときに、エミレーツスタジアムでエバートンを1-0で下したアーセナルのマッチボールを届けました。


ダンスキンの歴史、家紋、紋章

ダンスキンという名前は、ダンディーで最初に発見されました。ダンディーでは、自分たちの領土で居城を持っていました。ケネスマカルパインがすべてのスコットランドの王になった後、スコットランドの歴史に対するピクト人の影響は減少しました。しかし、それらの東海岸の家族は依然として政府において重要な役割を果たしており、西部の高地の家族よりも政府にアクセスしやすかった。ブラックは、この名前がポーランドのダンジグから来たと言っています。この名前のダンスキンは、三十年戦争でグスタフ2世アドルフスに加わった多くの生き残ったスコットランドの家族の1人であると私たちは考えます。その後、彼らはダンブレーンに不動産を所有しました。

紋章と名前の履歴パッケージ

$24.95 $21.20

ダンスキン家の初期の歴史

このウェブページは、ダンスキンの研究のほんの一部を示しています。 1717年、1745年、および1766年をカバーする別の97語(7行のテキスト)は、可能な限りすべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品のトピック「初期ダンスキンの歴史」に含まれています。

ユニセックスの紋章付きフード付きスウェットシャツ

ダンスキンのスペルのバリエーション

このファミリ名のスペルのバリエーションには、Dansken、Danskin、Danskeen、Danskineなどがあります。

ダンスキン家の初期の著名人(1700年以前)

詳細については、可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品の「EarlyDanskinNotables」というトピックに含まれています。

ダンスキンの移行+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

18世紀のアメリカ合衆国のダンスキン入植者

ダンスキンのカナダへの移住+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

19世紀のカナダのダンスキン入植者
  • 1827年にケベックに定住したトーマス・ダンスキン
  • 1871年にオンタリオに定住したジョージ・ダンスキン
  • 1871年にオンタリオに定住したアンドリュー・ダンスキン

ダンスキンという名前の現代の著名人(1700年以降)+

  • デビッド・ダンスキン(1863-1948)、スコットランドの機械エンジニアであり、ロイヤルアーセナル(1886-1889)でプレーしたサッカー選手
  • ジョン・M・ダンスキン、1967年にダンスキンの定理を開発したアメリカの数学者
  • ボブ・ダンスキン、英国のプロサッカー選手
  • アメリカの共和党の政治家、フロイド・ダンスキン夫人、1936年にワシントンから共和党全国大会に出席した[1]。
  • ベンジャミンH.ダンスキン、アメリカの共和党の政治家、ニュージャージーからの共和党全国大会への代表、1972年[1]

関連ストーリー+

ダンスキンのモットー+

モットーはもともと戦争の叫びやスローガンでした。モットーは14世紀と15世紀に最初に武器で示され始めましたが、17世紀まで一般的に使用されていませんでした。したがって、最も古い紋章には一般的にモットーが含まれていません。モットーが紋章の一部を形成することはめったにありません。ほとんどの紋章当局では、モットーは紋章のオプションのコンポーネントであり、多くの家族がモットーを表示しないことを選択して追加または変更できます。

モットー: Nec improvidus
モットー翻訳: 熱心ではない


コベントリーにあるアーセナルの創設者の新しい墓の写真17枚

コベントリーのロンドンロード墓地にあるアーセナルフットボールクラブの創設者であり最初のキャプテンであるデビッドダンスキンの生涯を祝う記念碑の奉献。 17の1 ダンスキン氏の話はほとんど忘れられていました、17のマーカー2のないコベントリーの彼の墓 クラブは今、彼らの創設者、彼の家族の祝福を称えています3 of 17 ダンスキン氏の親戚は、17人中4人に出席するためにカナダとオーストラリアまで旅行しました ダンスキン氏の墓の新しいマーカー5of 17 クラブのロゴ6/17が付いた奉仕プログラムの注文 新しい墓標の周りに花が残されました。 17の7 花のモルは、17の8のダンスキン氏の献身をもたらしました 孫娘のリンダ・エバンスとアーセナルの伝説のパット・ライスの家族。 17の9 発表:ダンスキン氏の新しい墓標10 of 17 孫娘のリンダ・エバンスとアーセナルの伝説のパット・ライスの家族。 11/17 孫娘のリンダ・エバンスと孫娘の写真12/17 新しいマーカーは、ダンスキン氏が17の13を設立したクラブによって資金提供されました 17の14の彼の新しい墓標上のダンスキン氏の写真 17の15の式典に30人以上が出席しました 彼の墓にいる家族。 17の16 コベントリーのロンドンロード墓地にあるアーセナルフットボールクラブの創設者であり最初のキャプテンであるデビッドダンスキンの生涯を祝う記念碑の奉献。 17の17

デビッド・ダンスキン (1863-1948)

デビッド・ダンスキン(1863年1月9日-1948年8月4日)は、スコットランドの機械エンジニア兼サッカー選手でした。彼はDialSquare F.C.の主要な創設メンバーであり、後にRoyal Arsenalと改名されました。このチームは、現在Arsenalとして知られています。ファイフのバーンティスランドで生まれたダンスキンは、カーコーディで育ちました。彼はカーコーディワンダラーズのアマチュアとしてプレーし、そのプレーヤーの中にはジャックマクビーンとピーターコノリーがいました。2人のプレーヤーは後にロイヤルアーセナルでダンスキンに加わりました。 1885年、ダンスキンは仕事を探すためにロンドンに移り、ウーリッジのロイヤルアーセナルにあるダイヤルスクエアワークショップに就職しました。そこで彼は、ジャック・ハンブルや元ノッティンガム・フォレストの選手であるフレッド・ビアーズリーやモリス・ベイツなど、サッカー愛好家に会いました。ダンスキンは、ハンブルとともに、ワークスフットボールチームであるダイヤルスクエアFCの結成の原動力として一般的に認められています。ダンスキンは仲間の愛好家の間で鞭打ちを組織し、ダイヤルスクエアの最初のサッカーを購入し、1886年12月11日のイースタンワンダラーズとの最初の試合でチームのキャプテンを務めました。ダイヤルスクエアは6-0で勝利しました。ダンスキンは、その後すぐにクラブの名前が変更されたため、次の2年間、ロイヤルアーセナルでプレーを続けました。しかし、1889年1月のクラプトンとの試合で負傷した後、ダンスキンは横から降りることを選択し、その後はさらに数回しかプレーしませんでした。 Arsenal turned professional in 1891, and although Danskin stood for election to the club's committee in 1892, he did not succeed in getting elected. He ended his official association with Arsenal and later became associated with a new works team from the area, Royal Ordnance Factories, which folded in circa 1896. He also officiated as a referee in local matches. He was still fond enough of Arsenal to attend their games, and his son Billy used to sell programmes at their Manor Ground as a child. He later started up his own bicycle manufacturing business in Plumstead, before moving to Coventry in 1907 to work for the Standard Motor Company. In his later life he was troubled by ill-health, caused by injuries to his legs in his footballing days, and took early retirement. Nevertheless, he was one of the few founding members of Arsenal to live to see the club's rise to success in the 1930s he reportedly cheered the side's 1936 FA Cup win from his sickbed, while listening to the radio commentary. After many years of ill-health, he died in a hospice in Warwick in 1948, at the age of 85 and was buried at London Road Cemetery in Coventry. In 2007, to commemorate his role in the club's history, the Arsenal Scotland Supporters Club dedicated a blue plaque to Danskin, near his birthplace in Burntisland. During Arsenal's 125th anniversary celebrations, two of David Danskin's great-grandchildren delivered the match ball for Arsenal's 1–0 victory over Everton at Emirates Stadium as Arsenal celebrated another milestone. In April 2019, Arsenal paid to restore Danskin's grave, with club managing director Vinai Venkatesham and coach and former captain Pat Rice joining relatives for a graveside ceremony in his honour.

DbPedia

David Danskin

* Senior club appearances and goals counted for the domestic league only.

David Danskin (9 January 1863 – 4 August 1948) was a Scottish mechanical engineer and footballer. He was a principal founding member of Dial Square FC, later renamed Royal Arsenal, the team that are today known as Arsenal.

Born in Burntisland, Fife, Danskin grew up in Kirkcaldy. He played as an amateur for Kirkcaldy Wanderers, and amongst their players were Jack McBean and Peter Connolly, two players who would later join Danskin at Royal Arsenal. In 1885 Danskin moved to London to find work, and took a job at the Dial Square workshop at the Royal Arsenal in Woolwich. There he met several football enthusiasts, amongst them Jack Humble and former Nottingham Forest players Fred Beardsley and Morris Bates. Together with Humble, Danskin is generally credited as the driving force behind the formation of a works football team, Dial Square FC.

Danskin organised a whip-round amongst his fellow enthusiasts and purchased Dial Square's first football, and captained the team in their very first match against Eastern Wanderers on 11 December 1886 Dial Square won 6-0. Danskin continued to play for Royal Arsenal, as the club were soon renamed afterwards, for the next two years. However after an injury incurred in a match against Clapton in January 1889, Danskin elected to step down from the side and only played a few more rare occasions after that.

Arsenal turned professional in 1891, and although Danskin stood for election to the club's committee in 1892, he did not succeed in getting elected. He ended his official association with Arsenal and later became associated with a new works team from the area, Royal Ordnance Factories, which folded in NS。 1896. He also officiated as a referee in local matches. He was still fond enough of Arsenal to attend their games, and his son Billy used to sell programmes at their Manor Ground as a child.

He later started up his own bicycle manufacturing business in Plumstead, before moving to Coventry in 1907 to work for the Standard Motor Company. In his later life he was troubled by ill-health, caused by injuries to his legs in his footballing days, and took early retirement. Nevertheless, he was one of the few founding members of Arsenal to live to see the club's rise to success in the 1930s he reportedly cheered the side's 1936 FA Cup win from his sickbed, whilst listening to the radio commentary. After many years of ill-health, he died in a hospice in Warwick in 1948, at the age of 85.

In 2007, to commemorate his role in the club's history, the Arsenal Scotland Supporters Club dedicated a blue plaque to Danskin, near his birthplace in Burntisland. [1]

During Arsenal FC's 125th anniversary celebrations, David Danskin’s great-grandchildren, Two of the Club legend’s young relatives delivered the match ball for Arsenal’s 1-0 victory over Everton at Emirates Stadium as Arsenal celebrated another milestone.


Arsenal’s captains from day one

We’ve been asked a number of times for a list of Arsenal’s captains. The club has Mikel Arteta as the 46th permanent captain. However, we have 60 and the list is not 100% complete. During the season prior to professsionalism and the season after it was embraced by the club the captain was set on a monthly basis so there were as many as six captains in a season! The local press regularly made jokes about being unable to keep up with who was the chosen captain at any given point.

Our list shows the players that we can verify were captain and what season’s they captained the team. There are also notes where the captain changed during the season (1955-56 being particularly dynamic).

季節 キャプテン ノート
1886-87 David Danskin
1887-88 David Danskin
1888-89 David Danskin / Arthur Brown
1889-90 Morris Bates
1890-91 Morris Bates / William Stewart / Humphrey Barbour / Peter Connolly / John McBean / Bill Julian
1891-92 Bill Julian / David Howat / Robert Buist / William Stewart / Tom Graham / Sandy Robertson
1892-93 Charles Booth
1893-94 Joe Powell
1894-95 David Howat
1895-96 Caesar Jenkyns
1896-97 Gavin Crawford
1897-98 Gavin Crawford
1898-99 ジョンアンダーソン
1899-1900 Joe Murphy
1900-01 Duncan McNichol
1901-02 Jimmy Jackson
1902-03 Jimmy Jackson
1903-04 Jimmy Jackson
1904-05 Jimmy Jackson
1905-06 John Dick
1906-07 Percy Sands
1907-08 Percy Sands
1908-09 Percy Sands
1909-10 Percy Sands
1910-11 Percy Sands
1911-12 Percy Sands
1912-13 Percy Sands
1913-14 Percy Sands
1914-15 Percy Sands
1915-16 Probably Percy Sands
1916-17 Probably Percy Sands
1917-18 Probably Percy Sands
1918-19 Probably Percy Sands
1919-20 Joe Shaw
1920-21 Frank Bradshaw
1921-22 Frank Bradshaw
1922-23 Alec Graham
1923-24 Billy Blyth
1924-25 Alf Baker
1925-26 Charlie Buchan
1926-27 Charlie Buchan
1927-28 Charlie Buchan
1928-29 Billy Blyth
1929-30 Tom Parker
1930-31 Tom Parker
1931-32 Tom Parker
1932-33 Charlie Jones Until 24 February 1933
1932-33 Alex James From 24 February 1933
1933-34 Alex James
1934-35 Alex James
1935-36 Alex James
1936-37 Alex James
1937-38 Eddie Hapgood
1938-39 Eddie Hapgood
1939-40 Eddie Hapgood
1940-41 Eddie Hapgood
1941-42 Eddie Hapgood
1942-43 Eddie Hapgood
1943-44 Eddie Hapgood
1944-45 Eddie Hapgood
1945-46 Eddie Hapgood
1945-46 George Male
1946-47 George Male
1947-48 Joe Mercer
1948-49 Joe Mercer
1949-50 Joe Mercer
1950-51 Joe Mercer
1951-52 Joe Mercer
1952-53 Joe Mercer
1953-54 Joe Mercer
1954-55 Jimmy Logie Until 10 November 1954
1954-55 Walley Barnes From 10 November 1954
1955-56 Walley Barnes Until 17 September 1955
1955-56 Don Roper 18 September to 8 January 1956
1955-56 Cliff Holton From 8 January 1956
1956-57 Peter Goring
1956-57 Cliff Holton
1957-58 Dennis Evans Until 4 January 1958
1957-58 Dave Bowen From 4 January 1958
1958-59 Dave Bowen
1959-60 Vic Groves
1960-61 Vic Groves
1961-62 Vic Groves
1962-63 Terry Neill
1963-64 George Eastham
1964-65 George Eastham
1965-66 George Eastham
1966-67 Don Howe
1967-68 Frank McLintock
1968-69 Frank McLintock
1969-70 Frank McLintock
1970-71 Frank McLintock
1971-72 Frank McLintock
1972-73 Frank McLintock
1973-74 Bob McNab
1974-75 Alan Ball
1975-76 Eddie Kelly / Terry Mancini Kelly was team captain, Mancini was club captain
1975-76 Alan Ball
1976-77 Alan Ball
1976-77 Pat Rice
1977-78 Pat Rice
1978-79 Pat Rice
1979-80 Pat Rice
1980-81 David O’Leary
1981-82 David O’Leary
1982-83 David O’Leary
1983-84 Graham Rix
1984-85 Graham Rix
1985-86 Graham Rix
1986-87 Kenny Sansom
1987-88 Kenny Sansom Until 6 March 1988
1987-88 Tony Adams From 6 March 1988
1988-89 Tony Adams
1989-90 Tony Adams
1990-91 Tony Adams
1991-92 Tony Adams
1992-93 Tony Adams
1993-94 Tony Adams
1994-95 Tony Adams
1995-96 Tony Adams
1996-97 Tony Adams
1997-98 Tony Adams
1998-99 Tony Adams
1999-2000 Tony Adams
2000-01 Tony Adams
2001-02 Tony Adams
2002-03 Patrick Vieira
2003-04 Patrick Vieira
2004-05 Patrick Vieira
2005-06 Thierry Henry
2006-07 Thierry Henry
2007-08 William Gallas
2008-09 William Gallas Until 24 November 2008
2008-09 Cesc Fabregas From 24 November 2008
2009-10 Cesc Fabregas
2010-11 Cesc Fabregas
2011-12 Robin van Persie
2012-13 Thomas Vermaelen
2013-14 Thomas Vermaelen
2014-15 Mikel Arteta
2015-16 Mikel Arteta
2016-17 Per Mertesacker
2017-18 Per Mertesacker
2018-19 Laurent Koscielny
2019-20 Granit Xhaka Appointed on 27 September 2019 although had captained the team until then.
Until 5 November 2019
2019-20 Pierre-Emrick Aubameyang From 5 November 2019

Don’t forget to subscribe to the blog (top right). You know it makes sense.

Or have a look at our other site: The Arsenal Collection for more Arsenal memorabilia.

Copies of our books Royal Arsenal – Champions of the South and Arsenal: The Complete Record 1886-2018 are still available from the publishers.


ビデオを見る: David deivid Eae


コメント:

  1. Mahfouz

    正解です。いい考えだと思います。

  2. Paiton

    カペット!

  3. Aonghus

    上記のすべてに参加します。問題について話し合いましょう。



メッセージを書く