ムシェツケー・ジェロヴィツェの英雄

ムシェツケー・ジェロヴィツェの英雄


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ムシェツケー・ジェロヴィツェの石の頭

NS ムシェツケー・ジェロヴィツェの石の頭 紀元前3世紀のものです。プレナー石灰岩から作られたラテーヌ時代の人物。高さ23.4cmの頭は、チェコ共和国からのケルトの記念碑的な彫刻の唯一の発見であり、現在プラハ国立博物館の所蔵品です。

この人物は、1943年5月19日にムシェツケージェロヴィツェ村の南500メートルの砂場でヨーゼフシュライヒトによっていくつかの部分に分割されているのが発見されました。 (場所:50°10 ′11 .2″ N、13°55 ′16.8″ E)50.169783333333 13.921330555556 190 ドイツの占領中、頭は没収されるのを防ぐために最初は隠されていました。 1952年、シュライヒトはそれをプラハ国立博物館に引き渡しました。その後の国立博物館による徹底的な調査により、暖炉、陶器、骨、ガガットブレスレット、より大きな動物の歯の残骸が明らかになりました。隣接する地域Libeňでは、旧石器時代以降の定住を示す発見がなされました。さらに、ケルトの四角い丘の遺跡が見つかりました。

原作はチェコ共和国で3回しか公開されていません。1958年にチェコスロバキアの初期の歴史に関する国立博物館の展示会で、2008年に国立博物館の190周年を記念して展示会で、2011年にケルト広場の丘リベシュとDžbánのガガフープメーカーの歴史に関するノヴェーストラシェシ美術館の展示。また、ヴェネツィア(1991)、ローゼンハイム(1993)、東京(1998)、アビラ(2001)、ベルン(2009)の国際展示会でも発表されました。さらなる展示会のためにコピーが作成されました。

トンスラと口ひげを考慮して、描かれている人物はドルイド僧または他の優れた人物であると想定されます。


歴史

考古学的な発見は、この地域が石器時代から人が住んでいたことを示しています。新石器時代と銅器時代の旧石器時代のフリントスクレーパーやその他の道具は、リベニの丘で発見されました。その他の発見物は、チェルヴェニーリブニックの南にあるカシュタンス回廊からのものです。クノヴィス文化の集落が廊下で発見されました ポッドvsí ムシェツケージェロヴィツェの南と Na vrchu ロジェニツェの西。ハルシュタット時代後期のリベシュでの壺と鉢の店の発見は、これらが埋葬地からの副葬品を対象としていたことを示唆しています。最も重要な発見は、ラテーヌ文化、特に1943年に発見された紀元前3世紀の石の頭から来ています。床が凹んだいくつかの長方形の家と2つの杭に基づく鞍構造からなる集落の遺跡、鉄製錬施設、鍛造、サプロペライトタイヤのワークショップが見つかりました。さらに、Libeň動物園では、面積が200×100mの正方形の丘の残骸が露出していました。

ジェロヴィツェについて最初に書かれた言及は、1045年にブジェチスラフ公爵が村の一部を離れてブジェヴノフの聖マーガレット修道院に行ったときに起こりました。 13世紀初頭に王家の管理者が修道院の支配者を征服しようとした後、彼らはジェロヴィツェを離れ、ロジェニツェの村が設立された修道院の中庭の周りに定住しました。オタカル1世ペミスル王は、1224年に、ジェロヴィツェの修道院部分の保護特権を修道院に与えました。これはまた、出家の部分の最後の言及でした。

14世紀にAlbrechtI vonKolowratが Zehrowicz チャールズ4世からの不動産。 1361年に、 MssecZehrowicz Albrecht I vonKolowratと王室に属する不動産 の領主 Křivoklátは国境条約で修正されました。少し後、アルブレヒトは、Mssecの要塞を新しい名前で更新しました。 コーンハウズ Kolowrat von Kornhauz(ラテン語)というタイトルを割り当てました Colowrat de Cornuss )。彼の後には同名の息子アルブレヒト2世が続きました。 Zehrow 城、クラッソー城とリブスタイン城も買収 14世紀の終わり。この時、コロウラット卿の家族のいくつかの支部がアルブレヒト2世を発展させ、コロウラット-リブシュテインスキー線の祖先であり、コーンハウズを所有していた彼の兄弟ミケシュがコロウラット-コルンハウツスキー線を設立しました。 15世紀半ば、Kolowrat-Žehrovský支店が Žehrow 城は、かつてのロジェニツェ修道院も買収したさらなる継承によって形成されました。 1445年から1447年の間、ジェロヴィツェの邸宅はハインリッヒコロウラット-ジェロフスキーに属していました。彼の後には息子のヨハンが続き、1465年から1467年にかけて、イジーのジョージ王に代わってヤロスラフ・レフ・フォン・ロゼンタルが率いるヨーロッパの外交使節団に参加しました。 Johannの息子MikeschKolowrat-ŽehrovskýはSchlaner地区の船長であり、1506年からKarlsteinの城伯でした。少し後、彼は荒廃したコーンハウズの地所をハインリッヒ・コロウラット・コーンハウツキーから7,000ショックのボヘミアン・グロシュで購入し、席をゼローからコーンハウスに移し、2つの団地を統合し、それ以降は自分自身をコロウラット・コーンハウツキーと呼んだ。 Mikeschの死により、Kolowrat-Žehrovský線は1510年に絶滅し、統一された支配はKornhauzGeorgKolowrat-Bezdružickýに落ち、1528年に未亡人のElisabeth vonVitzthumが続きました。その後、1536年から1538年までの統治は、ウェンゼル・ブドウェッツ・フォン・ブドワに属し、ディートリッヒ・コロウラット・ベズドルジッキ(†1547)がそれに続きました。 1548年10月12日、彼の甥であるプラハのニュータウンのキャプテンであるルートヴィヒ・コロウラット・ベズドルジッキは、城、農場、醸造所、モルトハウス、コーンハウスの町、ミリー、スルビーの村とともにマナーコーンハウスを継承しました。 、Lhota、Žehrovice、Třtice、Honice、Třebichovice、Hořešovice、Lodenice、Kačice、Žehroviceの近くの森、11の池、BdínとPozdeňの住宅ローンの村から収入を得る権利。

1506年以来廃墟となったゼロウ城は、 荒涼とした城 1550年に中庭があります。 16世紀半ば、Kolowrat-Bezdružickýの領主は、Kornhausの町を除いて、ほぼすべての土地を売却しました。フリードリヒ・ミチャン・フォン・クリンシュタインとロストクがジェロヴィツェの地所を買収しました。 1569年、ミカンは残りのコーンハウスを5875ショックボヘミアングロシュでヤン兄弟とズディスラフアブドンコロウラットベズドルジッキから購入しました。 1586年、シュラーナー・クライスの船長であるマティアス・スタンパック・フォン・スタンパックが55,000のショック・マイセン・グロッシェンのために不動産を購入し、その後、着実に買収を増やしました。マティアス・フォン・スタンパックは子供がいないままだったので、1615年に甥のヤン・レイチャートに支配が移りました。1618年の地所の蜂起の間、彼は地所の総局のメンバーであり、何度かコーンハウス城でフリードリヒ1世の司会を務めました。 。白山の戦いの後、ヤン・レイチャート・フォン・スタンパックは彼の財産の半分を失ったことを宣告され、コーンハウスの地所は1622年に没収されました。1623年に法廷はエリザベス・ポペル・フォン・ロブコヴィッチに規則を約束しました。同じ年に、コーンハウスは、87,932ショックのマイスニアン・グロシュの借金に対して、ラティスロウ・ライヒスグラフ・フォン・フュルステンベルク、ハイリゲンベルク、ヴェルデンベルクに移され、フェルディナント2世皇帝が自分で狩猟権を留保しました。更新された国家命令が可決された後、1628年にアナバーグに移住したヤン・レイチャート・フォン・スタンパックは、ザクセン選帝侯からの軍隊と共に1631年にボヘミアに戻り、彼の以前の財産を所有しました。彼は再びボヘミアから追放され、1634年に彼の侵入のために残っていたボヘミアンの財産を失いました。

1634年にWratislawvonFürstenbergが亡くなった後、彼の未亡人Lavinia Gonzaga vonNovellaraがこの規則を継承しました。彼女がオットーフリードリッヒフォンハラッハと2回目の結婚をした後、フュルステンベルク伯爵とオットーフリードリッヒフォンハラッハの間で相続紛争が発生しました。それが解決されたとき、コーンハウスの治世は、ラビニア・ゴンザガと結婚したラティスロウの子供たちに1639年に授与されました。フランツ・ラティスラフ・フォン・フュルステンベルクが1641年に10歳で亡くなった後、相続は妹のマリー・エレオノーレ・カタリーナに移り、フォン・ホーエネムス伯爵夫人と結婚しました。 1662年、Eleonore Katharina von Hohenemsは、Kornhausの不動産をFürstenbergischesHausamHradschinと一緒に、60,000ギルダーでJohann Adolph vonSchwarzenbergに売却しました。レジスターは1667年以来コーンハウスに保管されています。コーンハウス統治のキャプテンであるエリアスハイデルベルガーフォンハイデルベルクは、1681年にコーンハウス統治のために耕作可能な土地をレイアウトしました。古いチェコ語で書かれた613ページのディレクトリが現在あります。 TřeboňCastleのアーカイブ。 1683年に彼の息子フェルディナントズシュヴァルツェンベルクは規則を継承しました。 1703年にアダムフランツズシュヴァルツェンベルクは1732年から財産を相続し、彼の息子ジョセフI.ズシュヴァルツェンベルクが家族世襲財産に規則を提起しました。 1774年、聖マーティンの礼拝堂が建てられました。次の所有者は、1782年のヨハン・I・ズ・シュヴァルツェンベルク、1789年のヨーゼフ2世のシュヴァルツェンベルク、1833年の長男であり、フィデイコムミッセルベ・ヨハン・アドルフ2世のシュヴァルツェンベルクでした。

1843年に Žehrowitz また シェロウィッツ 478人の住民がいる58の家で構成されていました。大規模な教会の礼拝が年に2回行われる聖マーティンの公の礼拝堂と公式のマイヤーホフがありました。それとは別に、住宅と洗濯機のメンテナンス施設を備えた公式のマトン農場がありました。教区は穀倉地帯でした。 19世紀半ばまで、 Žehrowitz 残った 対象 カウノワとのルールコーンハウスを伴います。

家産制廃止後 ジェロヴィツェ / シェロウィッツ 1850年からラコニッツ地区とノイストラシッツ司法管轄区にマーケットタウンを形成。 1868年 ジェロヴィツェは シュラン地区に割り当てられました。同じ年に、ロジェニツェとジェロヴィツェの子供たちのための共同学校がジェロヴィツェに開設されました。同じ地区にあった他の村のジェロヴィツェと区別するために、コミュニティ名は少し後に拡張されました ムシェツケー・ジェロヴィツェ / Kornhaus-Scherowitz 。 1943年、ケルトの石の頭がリベシュ動物園の砂場で発掘されました。 1949年にコミュニティはOkresNovéStrašecíに割り当てられました。1960年に廃止されたMšeckéŽehroviceはOkresRakovníkに属しているためです。 1976年4月1日にロジェニツェが法人化されました。学校が閉鎖された後、2001年からMšecとNovéStrašecíで授業が行われ、以前の校舎が市役所の所在地になりました。コミュニティには2010年以来、紋章とバナーがあります。ムシェツケージェロヴィツェは、ホップが育つ場所です。


M&scaroneck&eacuteŽehrovice、Viereckschanze

ボヘミア出身のケルト人ヒーローの頭。現在プラハ国立博物館に第111938号としてあります。

Velk&aacute Dobr&aacute、古墳XXIII(11 km)

Velk&aacute Dobr&aacute(12 km)

先史時代の手押し車墓地(紀元前1600年から1000年)

このオブジェクトは、2017年4月6日にElżbietaによって追加されました。 2017年4月6日のElżbietaによる最終更新。永続的なURI:http://vici.org/vici/40558。 RDF / XML、KMLとしてダウンロードします。
Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0Unportedライセンスを使用して利用可能な注釈。特に明記されていない限り、クリエイティブ・コモンズのパブリックドメインの献身を使用して利用可能なメタデータ。


ルラリア

RURALIAは、中世および中世後の定住と農村生活の考古学のための国際協会です。

それは、考古学的に比較可能な研究における知識の交換と開発を強化し、考古学的結果を他の分野で利用できるようにするために、ほとんどの参加ヨーロッパ諸国からの農村考古学における現在の研究質問の会議を提供します。

  • Uzavřeníústavu
  • BadatelskývýzkumHabrůvka&#8211&#8222Býčískála&#82202021
  • 欧州考古学者協会の第27回年次総会
  • ルラリア

Stipendiumzavědeckévýsledky

DoktorandÚstavuproarcheologiiMgr。 FilipOndrkálbyloceněnKomisíprověduFFUKstipendiemzavědeckévýsledky。 VícenawebuFFUK。

PozvánkanapracovnísetkáníOtázkyneolituaeneolitunašichzemí2021

Pracovnísetkáníseuskutečnívednech29.9。 &#82111.10。 2021年vノヴェー・フラデック。 Pozvánkaapřihláškakestažení。 Přihláškyposílejtevelektronicképodobědo30。

ポスドク研究員

2021年に新たな申請募集が始まりました!申請者は2021年にプロジェクトのポジションに応募することができます:中世後期と18世紀の間の医学と魔法のポストヒューマ考古学部門は、考古学、文化的および社会的歴史/人類学、ならびに科学のアプローチを組み合わせたポスドクポジションの申請を募集しています[&hellip]

KonferencePočítačovápodporavarcheologii

ÚstavarcheologieamuzeologieMasarykovy univerzityBrnovespoluprácisKatedrouarcheologieZápadočeskéuniverzityvPlzniaArcheologickýmústavemAVČR、PrahasivásdovolujepozvatnaXX。 ročníkkonferencePočítačovápodporavarcheologii。 Podrobnostivpozvánce。

PotvrzeníelektronicképřihláškydoknihovenUK

KnihovnaFFUKprosívsouvislostischystanýmpřechodemnanovýknihovnísystémUniverzityKarlovyčtenáře、abysiconejdřívepotvrdilitzv。 elektronickoupřihláškukvyužíváníslužebknihoven英国。 Potvrzeníelektronicképřihláškyjejednoduchéanezaberevícenež3minutyvašehočasu、viz postup na webu FFUK。

VstupstudentůdobudovFFUK

Aktualizovanépokynyplatnéod30.5。 2021 najdete na webukoronavirus.ff.cuni.cz/pro-studenty。

KnihovnaÚPAzůstávánadáleuzavřena

Odúterý25.5。 došlokznovuotevřeníknihovennaFFUK。 Našeknihovnazůstávánadáleuzavřená、jelikožjemomentálnězdůvodurekonstrukcechodebadveříúplněnedostupná。 Pokudsesituacezměníaprácebudoupostupovatrychleji、budemevásvčasinformovat。 Oficiálněbymělabýtknihovnaastudovnaotevřenaaž6.září。 Knihybohuželnelzevynéstani[&hellip]

BibliografiekpředmětuEvropavranémstředověku(IvoŠtefan)

Evropa v RS_literatura_2021

RekonstrukcechodebvareáluCeletná

Upozorňujemevšechnystudenty、žeodpondělí3.května2021dozačátkuzáří(harmonogrampracíještěmůžebýtzměněun Podoburekonstrukcesídlímevposluchárněč。 211.Pokudbudetenutněpotřebovatněcovyříditústně、napištenámprosíme-domluvímese[&hellip]

Aktualizováno! Státnízávěrečnézkoušky

Státnízávěrečnézkoušky(BZK i SZZK)budouprobíhatnaÚstavuproarcheologiivobdobí14.června2021。 zrušitbezrelatedníhodůvodu(kterývřádnéomluvěbudepředánapřijatpředsedukomise)。 KontrolaplněnípovinnostíkSZK/Uzavření[&hellip]

PozvánkanapracovnísetkáníOtázkyneolituaeneolitunašichzemí2021

Pracovnísetkáníseuskutečnívednech29.9。 &#82111.10。 2021年vノヴェー・フラデック。 Pozvánkaapřihláškakestažení。 Přihláškyposílejtevelektronicképodobědo30。

KonferencePočítačovápodporavarcheologii

ÚstavarcheologieamuzeologieMasarykovyuniverzityBrnovespoluprácisKatedrouarcheologieZápadočeskéuniverzityvPlzniaArcheologickýmústavemAVČR、PrahasivásdovolujepozvatnaXX。 ročníkkonferencePočítačovápodporavarcheologii。 Podrobnostivpozvánce。

Letníakademie&#8211&#8222Veliki Preslav 2021&#8220(ブルガリア)

Open Space Foundation、neziskováorganizace、kterápodporujekulturuakulturnídědictvíBulharskannanárodníievropskéúrovni、vászvena&#8222Letníakademiialqueméarcí 8222StaréměstoPreslav&#8220avArcheologickémmuzeu。 Všechnypodstatnéinformaceapřihláškunajdetepodtímto[&hellip]

BadatelskývýzkumHabrůvka&#8211&#8222Býčískála&#8220

ZájemcizřadstudentůarcheologiesemohoupřihlásituMgr。マルティナゴルチェ博士([email protected])neboMgr。 ZuzanyMírové([email protected])nabadatelskývýzkumnaBýčískále、kterýproběhneod12。do 23. 7.2021。

KolokviumArcheologickévýzkumyvČechách2020&#8211informacektermínukonání

DvoudenníinformačníkolokviumArcheologickévýzkumyČechách(2020)V、kterépořádáチェスカarcheologickáSPOLECNOSTspolupráciSnašímÚstavemA SESpolečnostíNárodníhomuzea、SE VletošnímROCEbohuželOPET ZEznámýchdůvodůnepodaříuspořádatVobvyklémtermínuまし。 Doufámevšak、žesepodaříuskutečnitakcinapodzimvnáhradnímtermínu&#8211vúterýavestředu2。a3. listopadu 2021. Podle [&hellip]

Vinořskáprincezna

Poslechnětesikrátkýpříspěvekotakzvané&#8222vinořsképrincezně&#8220vrámcipořaduRanníplusnaČeskémrozhlasu(čascca7.24) HovoříHanaVondrováaIvoŠtefan。 https://program.rozhlas.cz/zaznamy#/plus/22/2021-03-09

FilozofickáfakultaUKotevíránovýstudijníprogramEmpirickáakomparativnílingvistika

FilozofickáfakultaUKdokončilaakreditacinovéhonavazujícíhomagisterskéhoprogramuEmpirickáakomparativnílingvistika。プログラムpředstavujejehoiniciátordr。 JanChromý。

KatedrapsychologiesenaFilozofickéfakultěUKrozvíjíuž100let

Kulatévýročíjejíhozaloženípřipomnělakonference「100letKatedry psychologie」、kterásekonala19.května2021–přesněsto let ajedendenodoficiálníhovznikupsychologickéhoústavu

KomiseprověduFFUKudělilastipendiazavědeckévýsledky

Komiserozdělilastudentůmvjarnímtermínu2021stipendiazavynikající、výzkumné、vývojovéainovační、uměleckénebodalšítvůrčívýsledkypřispívající

ÚstavgermánskýchstudiíFFUKspolupracujena projektu Aliance 4EU +

CílemprojektuGermanContrastiveLinguisticsNetworkjepropojovatvýzkumnéapedagogickéaktivityvoblastikontrastivnílingvistikyazapojovatStudentygermanistikyvmagisterskémadoktorskémstudiu、kteřímajízáje

UzavírkaknihovenFFUKvsouvislostispřechodemnanovýknihovnísystém

Vtýdnoud30.8。do 3. 9.2021budouvšechnyknihovnyFFUKuzavřenyvsouvislostispřechodemnanovýintegrovanýknihovnísystémUniverzityKarlovy。

Od folkloru k folkloru:včervenciseuskuteční65.ročníkfestivaluŠrámkovaSobotka

Festivalčeskéhojazyka、řečialiteraturyŠrámkovaSobotkasekonáod3。do 10.7.2021.Letošníročníkseponeseodfolkloru kfolkloru。 Festivaljeurčenpředevšímučitelůmvšechstupňůškol、studentůmfilologickýchoborů、kulturologie、pedagogiky、aleivšemzájemcůmoliteraturuamluvenéslovo。

テレザハベルコバ博士zÚstavuhudebnívědyFFUKvydalamonografiivprestižnímvydavatelstvíオックスフォード大学出版局

テマテム博士TerezyHavelkovéjsoupředevšímsoudobéaexperimentálníopery。 「Píšuhlavněotom、comámráda」、「smějesemuzikoložka」。 Omoderníchoperáchpíšetakdobře、žejívbřeznuvyšlaknižnímonografieOperaas Hypermedium:Meaning-Making、Immediacy、and the PoliticsofPerceptionvevydavatelstvíOxfordUniversityPress。

KandidátkownapříštíděkankuFFUKsestalaEvaLehečková

AkademickýsenátFilozofickéfakultyUKvečtvrtek10.června2021vprvnímkolezvolilkandidátkonafunkciděkankyfiloložkuzÚstavučeskéhojazykaateoriekomunikace FF UKMgr。 EvuLehečkovou博士Podporujívyjádřilo24senátorů。

MladíakademicizezahraničímohouprostřednictvímFonduJunioržádatoaždvouletýpobytnaFFUK

FFUKnabízípětprojektůvoborechklasickáarcheologie、archeologiestředověku、překladatelství、filozofie、řeckáalatinskástudia、donichžjemožnosezapojitodnovéhoroku。 Přihláškylzepodávatdo12.července2021。

Průvodceveštolách

RegionálnímuzeumvJílovémuPrahymáprovászajímavounabídku、stalbysezvásprůvodceveštolách。 Muzeumbysvámisepsalodohoduoprovenedípráce、nástupjeprýmožnýihned、momentálněbytedyprácebylaspíšovíkendech、včervenciažsrpnupakivšednídnyod13:00 do17:00。 Všepodstatné[&hellip]

Nabídkabrigády/ praxe&#8211ArcheologickýústavAVČR、ブルノ、v。v。i。

ArcheologickývýzkumpohřebištězdobystěhovánínárodůLokalita:NováVesuPohořelicTermín:21.6.až30.7。2021. Smlouva DPP、120Kč/ hodina。 Dostupnost z Brna do 30 minut autem、zdarmaubytovánínazákladněvDolníchDunajovicích(vybavenákuchyň、zázemí)adoprava nalokalitu。 TýmováprácenačerstvémvzduchuvnádhernékrajiněPálavy。 Unikátnílokalita[&hellip]

ArcheoskanzenBřeznohledásezonníhopracovníka

ArcheoskanzenBřeznohledásezonníhopracovníkanavíkendydopokladnyskanzenu! Nástupmožnýihned。 Prodej vstupenek、suvenýrůaobčerstvení。 Nabízídlouhodobouspolupráci、vhodnéjakopřivýdělekプロシニア、学生アポッド。 Províceinformacívolejtenatel。 771125716nebopiš[email protected]

Letníakademie&#8211&#8222Veliki Preslav 2021&#8220(ブルガリア)

Open Space Foundation、neziskováorganizace、kterápodporujekulturuakulturnídědictvíBulharskannanárodníievropskéúrovni、vászvena&#8222Letníakademiialqueméarcí 8222StaréměstoPreslav&#8220avArcheologickémmuzeu。 Všechnypodstatnéinformaceapřihláškunajdetepodtímto[&hellip]


ムシェツケー・ジェロヴィツェの英雄-歴史

パレード。忘れてください。 3月17日にアイルランドの精神を得る唯一の方法は、プラハ周辺にある多くのアイリッシュパブの1つに向かうことだと思います。ほとんどの人はおそらく、アイルランド人とチェコ人は歴史を通してほとんどつながりがないと言うでしょう。

チェコの土地に住む最初の歴史的に定義された人々は、実際にはケルト人でした。ケルト人は紀元前数世紀に最初にこの領土に住んだと言われています。チェコの土地で最も一般的に言及されているケルト族はボイイ族で、ボヘミアとバイエルンの両方に名前を付けています。

紀元前3世紀頃、ゲルマン北部の人々はローマの文化とケルトの富に興味を持つようになりました。彼らは攻撃を開始し、ほとんどのケルト人をチェコの地域から追い出しました。

考古学者は、ボヘミアとモラビアに散在するいくつかの古代ケルトのオッピドゥムを発見しました。

数世紀後、伯爵たちの退去後、ヨーロッパ大陸は、アイルランドでは達成できない地位に就職することを期待してやってきたカトリックのアイルランド人の大規模な流入を経験しました。

オーストリア帝国は、第一に仕事の見通しのために、そして第二に、そしておそらくもっと重要なことに、帝国の敬虔なカトリックの信念と政策のために、多くのアイルランド人にとって魅力的でした。

1618年、三十年戦争は、そのお気に入りのプラハの過去の時間、デフェネストレーション、または窓から人々を投げ出すことから始まりました。戦争の頂点に立つと、チェコの貴族は追放を余儀なくされ、彼らの土地はアイルランド、オーストリア、スペイン、フランス、イタリアの忠実なカトリック家族に分配されました。

ムシェツケー・ジェロヴィツェのケルト石灰岩の頭

1637年、フランシスコ会の僧侶たちがプラハに修道院を設立しました。この修道院は、今日ではハイバーンスカウリスまたは「アイルランドの通り」として知られています。

イエズス会神父アイルランド出身のピーター・ウォッディングは、1629年にカレル大学の学長に任命され、100年以上後、ジェイコバス・スミス博士が同じ役職に任命されました。オーストリア・ハンガリー軍には、偉大さと悪名の両方に優れたアイルランド人の報告もいくつかあります。

チェコとアイルランドはどちらも小さな国であるにもかかわらず、非常に豊かな文化的歴史を持っています。これは、両国が長期間耐えてきた政治的自由の欠如に起因する可能性があり、芸術的努力を多くの人々の自由への道として残していると言う人もいます。

両国では、インテリが民族自決の呼びかけに大きな役割を果たしました。チェコの場合、主要なプレーヤーはヨゼフ・ドブロフスキーとヨセフ・ユングマンでした。アイルランドでは、それは西ベンガル州でした。イェイツとレディグレゴリーが先導している。

両国には、亡命中の作家の歴史もあります。アイルランドの厳格な検閲法により、ジェイムズ・ジョイスとサミュエル・ベケットの両方が国を去りました。以前のオスカーワイルドとジョージバーナードショーはアイルランドを離れてロンドンに向かった。

アイルランドの場合、亡命者は自主的に課せられましたが、チェコの土地ではまったく逆でした。チェコの芸術家は、最初はナチスの脅威と彼らのファシズムによって、次に第二次世界大戦後に定着した共産主義政権によって、そして最後に旅行を制限する法律が自由化された1968年に追い出されました。

もっと軽薄なことに、ジェイムズ・ジョイスの妹であるアイリーンは、1915年にトリエステでフランティシェク・シュアレックと結婚しました。シュアレックは、チェスケー・ブジェヨヴィツェ出身の銀行の出納係でした。残念ながら、彼は銀行からの資金を横領し、後に自殺しました。ジョイスの典型的な作品、 ユリシーズは、パリでの最初の出版から6年後、1930年にチェコスロバキアで出版されました。

チェコ語訳の初版は完売しました。後に、ジェイムズ・ジョイスは、チェコ語とアイルランド語は似たようなルーツを持っているようだと言っていました。

サミュエル・ベケットとヴァーツラフ・ハヴェルは、お互いに賞賛を表明しました。ベケットの戯曲「大災害」は、特にハヴェルのために書かれました。 1982年にアヴィニョンで開催された第36回国際演劇祭で「ヴァーツラフ・ハヴェルの夜」と呼ばれる場所で上演されました。 1996年6月のアイルランドへの公式訪問で、ハヴェルは特別な敬意を表し、故ベケットに感謝の意を表した。

チェコ語とアイルランド語のリンクは最初ははっきりしていませんが、それらを見つけるために遠くを見る必要はありません。近年のプラハ周辺のアイリッシュパブのオープンと毎年3月の聖パトリックの日フェスティバルにより、アイルランドの文化がチェコの地で再び繁栄し始めていることは明らかです。


安いパート6の調査:さらに多くの&#8220警告サイン&#8221

時々、私がこのようなブログに取り組んでいるとき、私は思います、しかしそれはとても明白です。そして、人々が以前に私に言ったことのいくつかを覚えています、そして私はタイプし続けます。研究者が偏った立場で研究に取り組む際に、私たちが非常に注意しなければならないことの1つです。研究プロジェクトを始めるときは、トピックについてできるだけ多くのことを学ぼうとしますが、常に新しい解釈や新しい情報を受け入れています。

著者の声明を評価するとき、私は外れ値の位置に餌食にならないようにしていますが、それも無視しません。つまり、新しい情報、または情報の新しい解釈により、著者は他の著者のほとんどまたはすべてとは異なる結論を導き出す可能性があるということです。外れ値であるからといって、それが間違っているとは限りませんが、注意が必要です。

私が1970年代に学部生として地質学を最初に研究したとき、プレートテクトニクスはクレイジーな外れ値理論であると考えられていました。今では、地球の地殻が実際に機能する方法として受け入れられています。一方、これらの結論は科学的事実に基づいていました。あなたが読んでいる著者がエイリアンの侵略、宗教、または精神的な訪問の可能性に基づいて結論を出している場合は、その研究を脇に置いて別の情報源を見つけることをお勧めします。あなたの作者が極端な知的偏見の立場から話している場合、彼らの仕事も疑わしいです。

そして、「正しく見えない」が、そうであることがあります。私が何年も前にケルト美術の研究を始めたとき、私はケルトの結び目で覆われたアイテムをたくさん見つけることを期待していました。代わりに、現代美術の彫刻のように見える驚くべき金の工芸品を見つけました。ほとんどの作品にケルト族の結び目はまったくありません。金属の劇的なスイープ。わお!私はこれが偽物であると確信していました。しかし、さらなる調査により、偽物は芸術がどのように見えるべきかについての私の認識であることが証明されました。 &#8217t&#8220fit&#8221&#8211ではないものを見つけたら、さらに調査を行います。 「おかしな見た目」のケルト美術を調べた結果、ヨーロッパ中のドイツでのグループとしての最初の識別からイギリス諸島に至るまで、ケルトの人々についての理解が深まりました。私のケルト美術の認識は、ビクトリア朝とルネサンスフェアの宣伝に基づいていました。

また、別の方法で解釈について少し実用的である必要があります。数年前、バイキングの女性が真鍮のブラとしてタートルブローチを着用したことを示唆する記事が公開されました。マスコミはそれをつかみ、それがどこにでも現れることを確認しました。ちょっと信じましたか?いいえ。バイキングはおそらくヌードに関して私たちと同じ問題を抱えていませんでしたが、冬に乳首を凍らせるというアイデアは実際には実用的ではなかったようです。実行する必要がある生存の基本的なルールがあります。

次回:その他のヒントとコツ

チェコ共和国、スラニー近くのムシェツケージェロヴィツェの聖域からのケルトの英雄の石の彫刻。フランス語:Têtesculptéedanslapierre d&#8217unhéroceltique、ProventantdusanctuairedeMšeckéŽehrovice、prèsdeSlaný、danslarépubliqueTchèque。 (写真提供者:ウィキペディア)


ムシェツケー・ジェロヴィツェの英雄-歴史

チェコとバイエルンに名前とアメニティを追加

admin_level 8
境界 管理
名前 ムシェツケー・ジェロヴィツェ
名前:cs ムシェツケー・ジェロヴィツェ
名前:de Kornhaus Scherowitz
名前:プレフィックス obec
人口 526
ref CZ020C542113
ソース cuzk:ruian
出典:人口 csu:rso
タイプ 境界
ウィキデータ Q2703975
ウィキペディア cs:MšeckéŽehrovice

Участвуетв

Участники

  • ТочкаMšeckéŽehrovice(1601331048)вролиadmin_centre
  • ОтношениеMšeckéŽehrovice(425208)вролиサブエリア
  • Отношениеロジェニツェ(425405)•サブエリア
  • Линия181653489вролиアウター
  • Линия181653488вролиアウター
  • Линия181658223вролиアウター
  • Линия181658222вролиアウター
  • Линия181658226вролиアウター
  • Линия181658225×外側
  • Линия181971905вролиアウター
  • Линия181971946вролиアウター
  • Линия202439525вролиアウター

国立博物館創立200周年記念銀貨

2018年9月5日、チェコ国立銀行は、国立博物館の設立200周年を記念してCZK200記念銀貨を流通させています。 The coin is minted from an alloy containing 925 parts silver and 75 parts copper and is issued in two versions, normal quality and proof quality, which differ in surface treatment and edge marking. Proof-quality coins have a highly polished field, a matt relief and a plain edge with the inscription in Czech “ČESKÁ NÁRODNÍ BANKA * Ag 0.925 * 13 g *”. Normal quality coins have milled edges. The coin is 31 mm in diameter, weighs 13 g and is 2.3 mm thick. As with any other coins, deviations in diameter of 0.1 mm and thickness of 0.15 mm are allowed. Upward deviations in weight of 0.26 g and silver content of 1% are permitted.

The face side of the coin features two display cases containing selected exhibits of the National Museum. The upper case contains a fin whale skeleton, a trilobite fossil and the stone sculpted head of the Celtic Hero from Bohemia found in Mšecké Žehrovice. The lower case contains a thylacine, a Cape Verde giant skink and a Boleslaus II denarius. The name of the state “ČESKÁ REPUBLIKA” is located between the cases. The field around the upper, left-hand and right-hand edge of the coin is filled with the names of buildings managed by the National Museum. The denomination and abbreviated monetary unit “200 Kč” are written around the lower edge of the coin. The mark of the Czech Mint, in the form of the letters “Č” and “M”, is situated below the head of the thylacine. The reverse side of the coin features the Historical Building of the National Museum in the upper part and the New Building of the National Museum in the lower part. The upper edge of the coin contains the year "1818", and the year "2018" is situated near the bottom edge. The text “NÁRODNÍ ” is located in the middle of the field between the buildings. The Czech lion is located to the left of this text and the initials of the designer of the coin Petr Horák, in the form of the letters “H” and “P”, are located to the right.

Each coin comes with a cream-coloured catalogue card containing a description and the relief of the coin.

The Czech National Bank sells its commemorative coins through contractual partners licensed to trade in numismatic material.


Mšecké Žehrovice a okolí. Krajem „keltské hlavy“, keltských kovářů a černých náramků.

„Keltská tvář z Čech“ – tak nazval svůj článek v Obzoru prehistorickém již v roce 1946 prehistorik Ivan Borkovský. Týkal se tehdy nedávného nálezu opukové plastiky hlavy Kelta, výtvarným provedením v celém keltském světě tak unikátního, že se rychle stal nedílnou součástí všech zahraničních publikací o dějinách umění (obr.1). Do té doby nevýznamné místo, malá pískovna na katastru Mšeckých Žehrovic, se stalo naráz světově známým. Samozřejmě bylo během dalších let pečlivě prozkoumáno, již hned po nálezu kamenné hlavy v roce 1943, pak v roce 1968 a zejména výzkumem pražského archeologického ústavu probíhajícím v létech 1979 – 1988.

Dnes je naleziště v krásné krajině v zalesněném areálu obory, chránící stádo muflonů a částečně je oplocují koňské výběhy farmy s názvem Ranč u Soudného potoka (obr. 2). Kolem plotu obory vede naučná stezka, kde se na již omšelých plechových panelech můžete dočíst o keltské výrobě švartnových (lignitových) předmětů ze zdejší suroviny a zdejším keltském železářství. Leží na táhlém hřbetu v poloze Na Libeni (nebo V Oborách), poměrně vysoko - 421434 metrů nad mořem. Objevený rozměrný čtyřúhelníkový areál byl dlouho spojován s představou keltského kultovního okrsku, právě na základě slavného nálezu hlavy héroa, patrně významného předka tehdejší místní keltské komunity, snad druida, jak tomu nasvědčuje znázorněný účes. Dnes stále ještě nepřehlédnete sypaný hlinitý val, vysoký 0,5 m až dva metry, chránící nepravidelnou velikou plochu o rozměrech 194 x 94 x 188 x 90 m (obr. 3). Jeho existenci předcházela dřevěná ohrada vybudovaná kolem roku 200 př. Kr. Před valem byl vyhlouben ze tří stran příkop, ještě dnes o šířce až 6 m a hloubce až 2 m. Uvnitř ohrazené plochy byla někdy po roce 200 př. Kr. vybudována prostorná dřevěná stavba ze svislých kůlů s proutěnou armaturou omazanou upravenou hlínou, o rozměrech přibližně 13,5 x 10 m, později ji nahradil objekt roubený, doplněný řadou dalších objektů (obr. 4). Zřejmě zde stálo sídlo keltské elity, dvorec, k jejímž povinnostem patřily i aktivity religiózní a ceremoniální, jednoduše řečeno, místo mohlo být také významným kultovním areálem i shromaždištěm. Pravděpodobně se také mohlo nalézat u trasy důležité cesty. Areál byl opuštěn kolem roku 100 př. Kr.

Severovýchodním směrem na mírném svahu širokého údolí nad potokem stála ve 3. století př. Kr. (stále jsme v tzv. době laténské spojované s Kelty) také vesnice, to bylo období ještě před vybudováním valů, mohla zabírat až 10 hektarů. Byl zde prozkoumán dřevěný dům, polozemnice a jámy různých účelů. Kromě zemědělství a chovu dobytka zde kvetlo specializované řemeslo – výroba magických černých náramků a dalších ozdob ze švartny, těžené na nedalekých výchozech kounovské kamenouhelné sloje (obr. 5). Kromě toho zde žili hutníci a kováři (obr. 6).

Na severním svahu nad Červeným rybníkem v poloze „Kaštanka“ byla zjištěna jiná keltská osada z 3.2. stol. př. Kr., rovněž s dílnami na zpracování švartny a objevenou hutnickou pecí. Mohla mít rozsah kolem 6 ha. Další železářská osada byla objevena v poloze Na vrchu zhruba na stejné rozloze a další vesnice i na sousedních katastrech Čelechovic, Mšece a dalších místech. Celá oblast se specializovala na železářskou výrobu a výrobu ze švartny. Se švartnovými náramky se ve 2. stol. př. Kr. obchodovalo, pravděpodobně jim byla přisuzována magická moc a byly distribuovány na Moravu i na Slovensko a Dolní Rakousko, jak o tom svědčí nálezy z hrobů. Ano, jsou to ty náramky, jak o nich praví Poutníci v jedné písni: „….švartnový náramky jak smůla černý…“.

Chcete-li se dozvědět něco více o životě a všedních dnech keltských obyvatel, navštivte také půvabné Městské muzeum v Novém Strašecí!


参考文献

Bittel, Kurt, Siegwald Schiek, and Dieter Müller. Die keltischen Viereckschanzen. Stuttgart, Germany: Kommissionsverlag K. Theiss, 1990. (A comprehensive catalog of all known Viereckschanzen in Baden-Württemberg in southwestern Germany. Includes many informative essays about the construction, layout, setting and topography, artifact assemblages, and chronology.)

Irlinger, Walter. "Viereckschanze und Siedlung—Überlegungen zu einem forschungsgeschichtlichen Problem anhand ausgewählter südbayerischer Fundorte."の Festschrift für Otto-Herman Frey zum 65. Geburtstag. Edited by Claus Dobiat and Dirk Vorlauf, pp. 285–304. Marburg, Germany: Hitzeroth, 1994.

Murray, Matthew L. "Viereckschanzen and Feasting: Socio-Political Ritual in Iron-Age Central Europe." Journal of European Archaeology 3、いいえ。 2 (1995): 125–151. (The only English-language summary of Viereckschanzen research includes an original analysis of ceramic assemblages that suggests Viereckschanzen were feasting places.)

Rieckhoff-Pauli, Sabine, and Jörg Biel. Die Kelten inDeutschland. Stuttgart, Germany: Theiss, 2001. (A summary of the Iron Age archaeological record in Germany. Provides important background context to the Viereckschanzen.)

Schwarz, Klaus. "Die geschichte eines keltischen temenos im nördlichen Alpenvorland." Ausgrabungen in Deutschland. 巻1. Mainz, Germany: Römisch-Germanisches Zentralmuseums, 1975. (A summary of excavations at the important site of Holzhausen, which was the basis for the persistent interpretation of Viereckschanzen as religious sanctuaries until the early 1990s, an idea disputed by Günther Wieland in his 1999 book.)

Venclová, Natalie. Mˇsecké Žehrovice in Bohemia: Archaeological Background to a Celtic Hero, 3rd–2nd Cent.NS.NS. Sceaux, France: Kronos Editions, 1998. (A comprehensive English-language report of excavations conducted at a multiple enclosure in the Czech Republic presents the author's belief that the site is an elite rural-industrial household.)

——. "On Enclosures, Pots, and Trees in the Forest." Journal of European Archaeology 5、いいえ。 1 (1997): 131–150. (A critique of Matthew L. Murray's idea that feasting can be identified in the ceramic assemblages of Viereckschanzen in southern Germany. Argues that the assemblages from Viereckschanzen cannot be distinguished from settlement remains.)

Wieland, Günther, ed. Keltische Viereckschanzen:Einem Rätsel auf der Spur. Stuttgart, Germany: Theiss, 1999. (Presents the argument that Viereckschanzen were central foci within associated rural communities. Provides useful summaries of many of the most important Viereckschanzen, including all sites mentioned in this entry.)



コメント:

  1. Calchas

    申し訳ありませんが、それは干渉しました...私にも同様の状況があります。ここまたはPMに書いてください。

  2. Kordale

    あなたは間違いを犯しました、それは明らかです。

  3. Meshakar

    私は常に可能性があると信じています。

  4. Sajas

    権威ある視点、誘惑



メッセージを書く